ポリフェノール 効果。 カカオの効果とは?カカオポリフェノールの意外な力や注意点をご紹介します。

ピーナッツの薄皮の効能 ポリフェノール「レスベラトロール」の老化予防効果 おおまさりが人気 NHKあさイチ

ポリフェノール 効果

NHKテレビあさイチ11月6日でピーナッツについて放送されましたので紹介したいと思います。 解説してくれた先生は、ピーナッツ研究の第一人者、慶應義塾大学医学部 教授 井上 浩義先生です。 ピーナッツの薄皮の効能 ピーナッツは、日本ではおつまみとして親しまれていますが、海外では、健康食品として大注目されている食品なんです。 その研究論文も4千以上にものぼります。 ハーバード大学のウォルター・ウィレット教授によると、ピーナッツを食べれば、長生きが期待できるだけでなく、生きている間も健康でいられるといいます。 ポリフェノール「レスベラトロール」の効果は? ピーナッツの薄皮にはポリフェノールが豊富含まれています。 このポリフェノールが、体内に発生した活性酸素から守ってくれ、細胞の老化を防いでくれます。 さらにポリフェノールの中でもレスベラトロールと呼ばれるポリフェノールは、細胞の中に入り込み、細胞の中の核と結合し細胞全体をゆっくりと動かせる作用があります。 これで、老化スピードがゆっくりとなり、老化を遅らせてくれます。 このレスベラトロールは、ピーナッツでは薄皮しか存在しません。 つまり、薄皮を食べないとレスベラトロールの効果はありません。 レスベラトロールは、ピーナッツの他には、ぶどうの皮や赤ワインにも含まれます。 薄皮付きのピーナッツの抗酸化力は、他のナッツに比べダントツに高い値を示します。 もちろんピーナッツの健康効果は薄皮だけではありません。 ピーナッツは食物繊維も多く、GI値が低いので血糖値の急上昇を抑えてくれます。 オレイン酸も豊富に含まれており、悪玉コレステロールを減らす効果があります。 ピーナッツを毎日食べているという井上先生、50歳半ばですが、血液検査が正常値なのは、ピーナッツのおかげなのかもしれないといいます。 GI値とは? 食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを測った値のこと。 GI値が低ければ低いほど、血糖値の上昇が緩やかになる。 ブドウ糖を100とした時に、70以上を高GI食品、55以下のものを低GI食品と呼ぶ。 このように様々な効果効能があるピーナッツですが、日本では、以下のような様々な良くない噂があります。 ・ピーナツを食べると太る? ・ピーナツを食べるとニキビや吹き出物がでる? ・ピーナツを食べると鼻血がでる? 井上先生によると、この噂、全て当てはまらないそうです。 ただし、ピーナッツはカロリーが高く、脂質も多いです。 食べ過ぎると太るし、ニキビや吹き出物が出やすくなりますが、それは、ピーナッツに限ったことではないといいます。 ピーナッツは、アーモンドやカシューナッツなど他のナッツに比べて安価な点も良い点です。 アレルギーのある人は、食べてはいけないので注意が必要です。 ピーナッツで健康効果が期待できる1日の量は? 1日の目安:薄皮付きで20粒~30粒 この量で、中に含まれる食物繊維、ビタミンEもきちんと摂れます。 毎日、取り続けることが大事です。 塩味が付いたピーナッツは、血圧への影響もありますので、 できれば、素焼きのものがオススメです。 ピーナッツの効果的な食べ方は? 人は午前中が一番、体が錆びると言われています。 そのため、ピーナッツは朝に食べるのがおすすめです。 小腹が空いた午後の間食にもおすすめです。 よく噛んで食べることで少ない量で満腹感が得られ、少ない量なので眠くなりにくいです。 また、ピーナッツの栄養を効率よく取るなら、フードプロセッサーで粉末状にするのが おすすめです。 細胞壁が壊れ、細胞の中の栄養を取りやすくなります。 中国産のピーナッツは、安全? 今から9年前に厚生労働省がポジティブリストという詳しい検査を義務付けました。 これ以降に入ってきたものはきちんと検査がされていますので、中国産も危険なことはないそうです。 ピーナッツのお汁粉 レシピ お隣中国では、健康食材としてピーナッツが料理に積極的に取り入れられています。 日本でも、薬膳料理研究家新開ミヤ子さんが簡単ピーナツ料理として、ピーナッツのお汁粉の作り方を紹介してくれました。 <材料>10人分 薄皮付きピーナッツ … 200g 水 … 800ml 黒砂糖 … 大さじ2分の1 塩 … 適量 <作り方> 1 薄皮付きピーナッツを鍋の水に一晩つける。 2 柔らかくなったピーナッツを火にかけて30分煮る 3 煮汁ごとミキサーにかける。 4 再び鍋に戻し、水を入れてお好みの濃さになるまで水を入れてのばす。 5 黒砂糖を加えて甘みを付ける。 6 仕上げに塩を入れて味を調えたらできあがり。 今回、ピーナッツの健康効果について解説してくれた井上浩義先生のピーナッツに関しての本を紹介しておきます。

次の

ピーナッツの薄皮の効能 ポリフェノール「レスベラトロール」の老化予防効果 おおまさりが人気 NHKあさイチ

ポリフェノール 効果

認知症予防になる!?ワインポリフェノールの効能効果とは? ワインはアルコール飲料ではありますがポリフェノールが含まれているため、身体に良いと知られていますね。 なんとなく健康に良さそうだけど具体的にはどのようなメリットがあるのか知らない人も多いのではありませんか。 認知症予防にも効果が期待されている、ワインの効果についてわかりやすく説明していきます。 眼精疲労回復 ワインの原料のぶどうには、ポリフェノールの一種である アントシアニンが含まれています。 ポリフェノールは成分の総称で、アントシアニンもポリフェノールと呼ばれる成分の一つです。 アントシアニンは、高い抗酸化作用を持ち血行促進の効能があります。 血行が良くなるので、疲れた目にも栄養が行き届き、 眼精疲労に効果的といわれています。 強い紫外線から植物を守っているのがアントシアニンですが、人間の目に対しても同じような効果があり目の紫外線対策にもなります。 ワインの成分であるぶどうと同様に、ブルーベリーにもアントシアニンが多く含まれています。 免疫力の改善 ポリフェノールには、カテキンという成分も含まれているのですがこちらは免疫力の改善に効果があります。 お茶にも含まれているカテキンは、古くから身体に良いと親しまれている成分で、最近の研究では インフルエンザウイルスにも有効だということが判りました。 カテキンは、細菌とともにウィルスにもその効果を発揮します。 ウィルスは、細菌と違い自分で増殖するのではなく、特定の細胞に取りついてその細胞の中で増殖します。 ウィルスは突起 スパイク を持っていて、その先に細胞と取りつくジョイント部分があります。 スパイクにはウィルスによってそれぞれ固有のマークがついています。 一般的にワクチンによる予防は、体の中にウィルスの抗体を作り、その抗体がスパイクのマークをとらえて細胞に取りつくのを防ぐものです。 そのため、例えばインフルエンザではマークの種類の違うインフルエンザウィルスが複数あるため、ワクチンで作られた抗体とマークの合わないインフルエンザウィルスの感染を防ぐことができません。 一方、カテキンのウィルス感染予防効果は、ジョイントの部分をふさぐものであるため、ウィルスのマークの違いによらず発揮することができます。 参照元: 肝機能改善 肝機能改善に効果が期待されているのが、こちらもポリフェノールの一種であるクルクミンです。 肝臓は、胆汁を分泌し脂肪を分解したり解毒の作用があるといわれています。 クルクミンは胆汁の分泌をサポートし、解毒酵素を増加させるといった効能があります。 疲労回復や二日酔いにも良いといわれ、ウコンにも含まれている成分です。 認知症予防 高齢化社会の日本では話題に上ることが多い認知症ですが、65歳以上の高齢者の15%の人が悩んでいる疾患です。 認知症は、記憶障害、見当識障害、判断力の低下(中核症状)を引き起こす脳の認知機能障害を指す。 この障害が日常生活に支障をきたすようになると認知症と呼ばれる。 認知症とは症候に対する名称であり、種々の原疾患がある。 最も多く代表的な疾患はアルツハイマー病である。 その他の原疾患としては脳梗塞に引き続いておこる脳血管性認知症、幻視を伴うレビー小体病、前側頭型認知症などがある。 参照元: ワインに含まれる マグネシウムは脳細胞の活性化に効果が期待されています。 また、ポリフェノールはDNAを保護する役割さえ持っていると言われています。 認知症やがん予防といった観点からも同成分は注目されているのです。 赤と白どっちが良いの?ポリフェノールの含有量の比較はこちら! 赤ワインと白ワインですが、どちらも違った味わいがあり食事を楽しくさせてくれますよね。 赤ワインと白ワインの成分を比較した場合、それぞれどれくらいのポリフェノールが含まれているのでしょうか。 赤のポリフェノー 赤ワインはきれいな赤紫をしていますが、あれは天然色素であるアントシアニンによって色づいています。 赤ワイン100mlに含まれるポリフェノール含有量は300mgとなっています。 白のポリフェノール それでは白ワインには、全くポリフェノールが含まれていないのでしょうか。 実は白ワインにも赤ワインほどではありませんがポリフェノールは含まれているんです。 白ワイン100mlに含まれるポリフェノール含有量は50mgでした。 赤ワインポリフェノールの美肌効果がスゴイ! やはり赤ワインの方がポリフェノールをたくさん含んでいるんですね。 そんな 赤ワインには、美肌効果もあることが知られています。 抗酸化作用 ポリフェノールで話題になるのが 抗酸化作用ですが、細胞を活性化する役割を持っているため肌の再生に効果的であると言われています。 肌の老化防止 老化の大敵と言われているのが活性酸素です。 抗酸化物質は体内でも作られるのですが、過剰に発生する活性酸素を除去する役割を持っています。 ポリフェノールも抗酸化作用のある抗酸化物質として知られており、 お肌の老化を防止することができます。 ポリフェノール、カロテノイドなどの種類がある。 活性酸素を取り除き、酸化の働きを抑える物質のことです。 活性酸素は微量であれば人体に有用な働きをしますが、大量に生成されると過酸化脂質を作り出し、動脈硬化・がん・老化・免疫機能の低下などを引き起こします。 抗酸化物質には、体内で合成される体内合成抗酸化物質のほかに、ポリフェノールとカロテノイドがあります。 近年注目されているポリフェノールには、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニン、大豆に含まれるイソフラボンやサポニン、ゴマの成分が変化してできるセサミノール、そばに含まれるルチン、緑茶のカテキンと発酵茶(紅茶・ウーロン茶など)のテアフラビンの総称であるタンニンなどがあります。 参照元: ワイン風呂で角質ケア ワインは飲む以外にも入浴剤としてもおすすめです。 ワインをお風呂に入れることで冷え性を防止する効果もあります。 また、ワインに含まれる タンニンがお肌の引き締めにも役立つのです。 古い角質を取り除くと言われているフルーツ酸もワインには含まれているので、入浴剤としても良いんです。 赤ワインをお風呂に入れる時は、風呂釜に色素がついてしまう可能性がありますので、入浴後は良く洗う必要があります。 もし、飲み忘れて酸化し味が楽しめなくなったワインがあれば、入浴剤として再利用するのも良いですね。 1日1~2杯が適量 ワインにポリフェノールが含まれているとはいえ、アルコールを大量に飲みすぎると身体には良くありません。 大量の飲酒は、認知症の原因ともいわれていますので 飲みすぎには注意が必要です。 ワインは 1日グラスで1〜2杯程度が望ましいのですが、体調を考慮し適度に楽しみましょう。 白ワインは腸内環境正常化に効く!? 赤ワインの方がポリフェノールが多く含まれていますが、白ワインにも多くの効果が期待できます。 白ワインの効能について紹介します。 有機酸が豊富 白ワインのポリフェノール含有量は赤ワインには及びませんが、 有機酸が多く含まれている白ワインは腸内環境を良くしてくれるのです。 お酢にも含まれている有機酸ですが、この成分により腸が弱酸性になり、結果的に悪玉菌を弱めるのです。 便秘にも効果が期待できるので、デドックスにもつながります。 下痢や食中毒予防 有機酸で腸内が弱酸性になると、下痢や食中毒の予防にも効果が期待できるのです。 白ワインは殺菌作用が強く、病原菌の減った腸は消化吸収が良くなり下痢にも良いといわれています。 骨粗鬆症予防 白ワインにはミネラルの一種である カルシウムや マグネシウムがバランスよく含まれています。 骨粗しょう症予防には、カルシウムやマグネシウムを摂取することで骨密度を高めることが必要なのですが白ワインは二つの成分がバランスよく含まれているため、白ワインの健康効果も捨てがたいですね。 お酒は苦手・・・ノンアルコールワインでポリフェノールを摂ろう! ポリフェノールやミネラルが豊富で、身体に良いといってもお酒を飲めない人や、アルコールの悪影響について心配な人も多いのではないでしょうか。 お酒で楽しくストレス発散するのも良いですが、安心して健康効果を楽しみたい場合は ノンアルコールワインがおすすめです。 ノンアルでも効果は同じ ポリフェノールを含んでいるのはブドウであるため、アルコールが入っていない飲料であっても問題はありません。 ブドウが原料に使われていれば、ポリフェノールの含有量は変化することがないので、お酒が苦手な人も同じ健康成分を楽しむことができます。 ブドウの皮が決め手 ポリフェノールの健康成分をしっかりと享受したい人は、ぶどうの皮に注目しましょう。 ポリフェノールはブドウの皮に多く含まれているため、皮ごと使用して作られたノンアルコールワインを選べば、効果的に成分を摂取することができます。

次の

知って得するチョコレートの効果!注意点や食べるタイミングも紹介

ポリフェノール 効果

ポリフェノールの効果 ポリフェノールとは テレビや雑誌などでよく耳にする「ポリフェノール」。 健康にいいというのは何となく知っていますが、どのようなものなのでしょうか。 ポリフェノールとは、植物が持っている抗酸化物質のことで、ビタミンの一種になります。 目にいいと言われるアントシアニンや、お茶に含まれるカテキンなどもポリフェノールの仲間です。 そもそもポリフェノールは植物が身を守るための成分であるため、苦味や渋みをともなっているのも特徴のひとつ。 また、抗酸化作用を持つビタミンは多くありますが、なかでもポリフェノールはとても強い抗酸化作用を持っていることから、たびたび注目を集めるわけですね。 ポリフェノールにはカカオポリフェノールやコーヒーポリフェノールなど種類が8千以上もあり、その効果もそれぞれ違います。 摂取すると短時間のうちにその効果を発揮しますが、長く持続するものではないので、食事や飲み物から小まめに摂ることが必要とされます。 抗酸化とは 私たちの身体は酸素が無ければ生きていけません。 酸素を取り入れることで体内には常に活性酸素というものが生まれていて、これは加齢とともに増えていきます。 さらにはタバコやお酒の飲みすぎ、ストレス、紫外線、食品の添加物などによっても増加。 活性酸素は、文字の響きとしては健康に良さそうなイメージですが、実はこれが身体を酸化させ、細胞に傷をつけてシワやしみなど皮膚の老化をはじめ様々な病気を引き起こすのです。 黙っていても増え続ける、この厄介な活性酸素から身体を守ってくれるのが、ポリフェノールなどに含まれる抗酸化物質。 人間の体内はもともと抗酸化のはたらきを持っているのですが、これは活性酸素と逆に加齢によってどんどん減ってしまうため、食べ物や飲み物から摂取する必要があるのです。 どれくらいの摂取量が必要? ではポリフェノールは1日にどのくらい摂取すればいいのでしょう。 抗酸化作用を期待するのなら、1日に1000ミリグラム程度を摂らなければならないのだとか。 こんな数字で言われても、何をどう摂れば1000ミリグラムになるのか、分かりませんよね。 食品から全てを摂ろうとすると食べる量も増えてしまうので、多くはお茶やコーヒーなどの飲み物から摂ると考えるのがいいでしょう。 先ほども書いたように、ポリフェノールには種類があるので、これだけ摂れば!というものではありませんが、緑茶で10杯くらい、コーヒーで5杯程度飲めば1日に必要な量を摂取できると言われています。 ただし、どの栄養素にも言えますが、単体では効果を最大限に発揮できません。 バランスのよい食事と一緒に摂取することが大切です。 花粉症の緩和にポリフェノールが効果的? 炎症を抑えるはたらきが花粉症を緩和 花粉症はそもそも、花粉(異物)に対してアレルギー反応を起こし、それを排出しようと鼻水や涙、くしゃみが過剰に出る状態を言います。 また、疲れやストレスなどで免疫力が低下していると風邪を引きやすいように、花粉に対する反応を大きくしてしまい、花粉症を発症するといった場合もあります。 そんな花粉症になぜポリフェノールが効くのでしょうか。 ポリフェノールの中にはアレルギー反応による炎症を抑えたり、免疫機能を正常にしてくれるものがあり、これらが花粉症の症状を軽減すると言われています。 また、抗酸化作用によって起こってしまった炎症を素早く回復させるはたらきもあることから、花粉症に効果があると言われるようですね。 効果的とはいえ薬ではない ポリフェノールが花粉症に効果的とはいえ、すぐに効果が出て花粉症がピタリと治まるようなものではありませんから、過剰な期待は禁物です。 現在は薬に頼らない治療などもあるようですが、あまりにつらい症状であればまずは病院へ行くことも大切です。 ポリフェノールの摂取はあくまで「花粉に負けない身体づくりのサポート」ですから、花粉の季節に一時的に摂取するというよりは1年を通してポリフェノールを摂取し、花粉に負けない身体をつくっていくイメージを持ちましょう。 ポリフェノールを含む食べ物 花粉症対策におすすめの食べ物 花粉症対策としてポリフェノールを摂取するのなら、免疫機能の改善や抗炎症、抗アレルギーなどの作用がある食べ物がおすすめ。 これらの作用を持っているのが、お茶・紅茶・レンコン・りんご・バナナ・赤ワイン・ブルーベリー・セロリ・ピーマン・シソ・ローズマリーなど。 普段の生活に積極的に取り入れましょう。 ポリフェノールはここに紹介する以外の野菜にも含まれています。 自分は花粉症だからこれだけ!と決め付けずに、バランスよく色々なものを食べることが大切です。 日常に取り入れやすいのはこれ 仕事が不規則で食事がおろそかになってしまうという人にも、取り入れやすいポリフェノールがあります。 例えば、コーヒーやチョコレートにはクロロゲン酸やカカオポリフェノールが含まれています。 朝はコーヒーを飲む、休憩にチョコレートを食べるという行為でもポリフェノール自体は摂取できるんですね。 食後にお茶を飲むというのもいいでしょう。 花粉症に効果のあるポリフェノールじゃなくても、抗酸化作用はありますから積極的に取り入れてみてください。 ただし、きちんと食べられるときには野菜や果物からもポリフェノールを摂取するように心がけましょう。 まとめ 花粉症に効果があると期待される、ポリフェノールについて紹介しました。 ポリフェノールと言っても様々な種類があり、それぞれにはたらきがあるのですね。 とはいえポリフェノールが花粉症をピタッと止めてくれるわけではありません。 花粉症に負けない身体をつくるための栄養だということを忘れず、日常の食生活に取り入れていくといいでしょう。 キーワード•

次の