イソジン コロナ ウイルス。 うがい薬 官房長官は検証注視 専門家「防御力落ちる可能性」

【今度はうがい薬】ポピドンヨード商品名イソジンは、コロナウイルスに効果はあるのか?【転売横行】

イソジン コロナ ウイルス

「Getty Images」より 大阪府・ 吉村洋文知事が8月4日に記者会見を開き、「うがい薬でうがいすることで、ある意味、コロナに打ち勝てるのではないかと思っています」と発言した。 この会見では「 イソジンうがい薬」に代表されるポビドンヨード製剤で「8月20日まで、集中的にぜひ『うがい』を励行してもらいたい」と呼びかけた。 この会見がテレビで放送されると、瞬く間に多くの薬局にイソジンを求める客が押し寄せた。 東京都内の薬局に取材すると、会見のわずか1時間後には売り切れたという。 「午後3時くらいから急に『イソジンありますか?』と問い合わせるお客様が増えました。 電話もひっきりなしで困惑しています。 すぐに売り切れとなり、卸へ発注するも供給が追いつかないとの理由で、入荷は未定です」(都内の薬局) 処方薬にも「ポビドンヨードうがい薬」があるが、メーカーの出荷調整がかかり、どの薬局にも入荷の見通しがつかない状態となっている。 これほどの混乱を巻き起こしたポビドンヨードは、実際に新型コロナウイルスを抑制する効果が期待できるのだろうか。 SARSへの効果 ポビドンヨードうがい薬は複数の医薬品メーカーで製造されているが、添付文書を見ると共通して「薬効薬理」の項目に細菌、SARSウイルスへの効果が表で示されている。 その表には、ポビドンヨード液を15倍希釈し、60秒の作用時間でウイルス不活化率は99. 99%と示されている。 SARSウイルスは新型コロナウイルスと非常に似た形、性質を持つため、新型コロナウイルスに対しても不活化効果があると考えることができるだろう。 in vitro試験とは、動物個体から組織の断片や細胞などを取り出して行う実験であり、人を被験者として行ったものではない。 感染拡大阻止の期待 これまで新型コロナウイルスの感染防止のために、石鹸による手洗い、アルコール消毒が推奨されてきたが、それらは皮膚への効果であり、粘膜には使用できない。 ポビドンヨードのみがヒト皮膚および粘膜に使用できる消毒剤であり、すでにウイルスを保持した感染者からの感染拡大予防には有効といえるかもしれない。 会見の中で吉村知事は、ポビドンヨードによる「うがいの励行」を促したいという、3つの対象者条件を挙げた。 ・発熱など風邪に似た症状のある方及びその同居家族 ・接待を伴う飲食店の従業員 ・医療従事者や介護従事者 これらの条件に当てはまる人は、感染リスクが高い。 感染者は自覚症状の有無にかかわらず、その飛沫には多くのウイルスが含まれると考えられる。 ポビドンヨードうがい薬は、粘膜表面のウイルスには有効と期待されるため、現在進行形でウイルスを保持する人が使用すれば飛沫に含まれるウイルスは不活化され、周りへ飛散させるウイルスを減少させる可能性があると考えることもできる。

次の

イソジン®について

イソジン コロナ ウイルス

現在、世界中で猛威を振るっているコロナウィルスですが、我が家はマスクを買いそびれまして、不安が募るばかりです。 そんななか、何か予防策はないものかと考えていたところ、リステリンがインフルエンザウィルスやエイズウィルスの予防に効果があることを思い出しました。 殺菌効果の高いリステリンは、わずか30秒のうがいで口内の虫歯菌のみならず、インフルエンザウィルスやエイズウィルスも殺してくれるそうなのです。 以下は『』という各国で実施された臨床試験結果のまとめ資料からの抜粋ですが、インフルエンザウィルスなどを30秒以内に殺菌または不活性化することが実証されたとあります。 数日前のニュースによれば、コロナウィルスはエイズウィルスに似た特徴があるとのことなので、効果はかなり期待できるのではないかと思います。 まぁ、外出先でウィルスを拾ってしまった場合、家に帰宅してからうがいをしても、すでに時すでに遅し、、という可能性はありますが。 どうせうがいするならリステリン使った方が安心ですよね。 副作用ないですし。 イソジンもコロナウィルスを殺してくれるようですが、イソジンは体に良い菌も殺してしまうので使いすぎは良くないとも聞きますし、すでに入手困難となっているので、どうせ買うならリステリンが良いのではないかと思います。 あと、リステリンのもう一つメリットです。 歯医者に行くのもコロナの感染リスクがあると言われていますね。 たしかに、歯科衛生士や医者が感染していたら確実に感染しそうですよね。 ですから、いまこそ、虫歯にならない対策を徹底すべきだと思うのです。 このブログでは何度もに書いていますが、虫歯予防としては、国内では販売されていない最強リステリンと名高い が断然おすすめです。 我が家では、このリステリンを数年前に導入してから、誰一人虫歯になっていません。 ということで、手持ちの在庫が残りわずかだったこともありまして、オオサカ堂にて を注文しました。 ちなみに、オオサカ堂は1度注文すると、4週間は再注文ができません。 今回は家族アカウントを使って2セット分。 無料おまけつきで 合計 16本を大人買いしました。 リステリンを使い切るまでに、早くコロナ騒動が終息するとよいのですが・・.

次の

うがい薬 官房長官は検証注視 専門家「防御力落ちる可能性」

イソジン コロナ ウイルス

イソジンを風邪の予防に使っても効果はない?? カゼの噂に「イソジンでうがいをしても風邪を予防する効果は無い」との話を耳にして長い年月が経過しました。 うがい薬としてのイソジンのブランドに関して明治(あれっ、明治製薬じゃ無いんだ)とシオノギ製薬、ムンディファーマ間でパッケージのデザインをめぐって裁判沙汰が生じたのが、本年2016年2月でした(インフルエンザ等の流行期になんで揉めるのよ)。 実は以前より イソジン(成分としては「ポビドンヨード」が正式)でうがいしても、あんまり効果無いんだよね そのうちに保険診療じゃ処方できなくなるんだよね的な話は医師間でも出回っていました。 実際に 2014年から風邪の予防にイソジンは保険診療では処方できなくなっています 医師になった当時「月から帰還したアポロ11号は未知の病原菌を消毒するために、イソジンで丸ごと消毒したんだぞ」との先輩のお言葉(真贋は不明)を素直に受け止めていた、純情な時代の私としては「史上最強の消毒薬はイソジン」と信じていました。 isodine. 京都大学で研究によれば、イソジンのうがい効果は無かった、との引用が多数ありますけど・・・ イソジンによるうがい効果はウソだよ、と書かれたサイトを多く見かけます。 それらのサイトでは「「2002年から2003年にかけて京都大学でうがいは風邪の予防になるか」の研究が行われ、その結果「イソジンによるうがいの効果は無かった」との意味合いで書かれています。 しかし、このほとんどが「イソジン効果なし」の元の論文を明記していません。 一般常識を覆す記事を書く場合はくれぐれも一次ソース、あるいは信頼たる論文を明記してくださいませ。 これらの元ネタとなった論文は「Prevention of Upper Respiratory Tract Infections by Gargling」(「」 November 2005 Volume 29, Issue 4, Pages 302—307)です。 この医学論文によれば「水うがい」「ポピドンヨードうがい(イソジンうがい)」「コントロール」の3群にグループ分けしたところ 風邪を引いた人は「イソジンうがい」>「コントロール」>「水うがい」 との結果になりました。 つまりイソジンでうがいをしても、なーんにも効果が無かっただけでなく、水でうがいをした人よりも風邪をひきやすかったのです。 これがイソジンでのうがいの効果は風邪予防として期待できない、って話になったしだいです。 だって(より) これって完璧に予防になります、って多くの皆さんが信じ込んでいるイソジンの効果を強く主張していないじゃん。 すでに風邪をひいて喉が痛い、大声?を出して喉が痛い時の使用を勧めているってことは、予防効果にはならないのでは。 さらにツッコむと「風邪やインフルエンザが流行しているとき」では、本当にイソジンに予防効果があるのなら、効果・効能として「風邪やインフルエンザの予防に」と記すはずです。 なんだか怪しげになってきたぞ、イソジンうがいの効果。 イソジンの秘密 「イソジンスクラブ液7. しかし、使用上の注意として「粘膜には使用しないこと」と添付文書には書かれているのです。 うがいをする目的は喉をばい菌から守るためだけど、喉って粘膜じゃん!! うがい薬として販売されているイソジンは実はポピドンヨードが主成分ではあるのですが、医療機関が使用している目的が主ではなく「喉の粘膜の炎症を抑える」ことが主目的になっているとしか解釈できません。 腸の常在菌の大切さが重要視されているように、喉にも常在菌がいて、いわゆる「善玉菌」の役目を果たしていると多くの医療関係者は考えています。 イソジンで綺麗さっぱりバイキンをぜーんぶ綺麗にちゃうと、喉を守ってくれる細菌叢も死なせちゃうことになり、だからこそ京都大学での研究のような結果になったワケです。 このように感染症予防としてのイソジンによるうがいは疑問点だらけですが、うがい自体の感染症予防効果も本当なのか、少々疑問を抱いています。 口腔粘膜自体にバイ菌の侵入を防ぐシステムがあり、粘膜のバリアを突破したバイ菌に対してもマクロファージ等によって防御システムが稼働します。 風邪をひいて咳をした人の体液を吸い込んじゃった(医師は患者さんの喉を見るときによく経験します)場合に即うがいをすることはそれなりに効果があるとは思いますけどね。 うがい関連エントリー・・・こんなのはいかがでしょうか?.

次の