パーフェクトワールド主題歌。 【2019春 】4月放送ドラマ『パーフェクトワールド』あらすじ、主題歌、出演者(キャスト)まとめ

パーフェクトワールド【ドラマ】主題歌や発売日は?歌詞やあらすじも!

パーフェクトワールド主題歌

スポンサーリンク 今春の新ドラマとして始まる松坂桃李さんが主人公の 「 パーフェクトワールド」の主題歌が『 まちがいさがし』に決定しました。 現在、俳優として活躍する傍ら、 音楽活動でも注目を集めている 菅田将暉さんの待望の新曲。 菅田さんに音楽を提供するのは 米津玄師さんということでこれまた注目を集めそうですね! 今回は、そんな 「パーフェクトワールド」の主題歌『まちがいさがし』の歌詞や発売日、担当される菅田さんや米津さんのことについてご紹介したいと思います。 VOCALOIDシーンの中で、中毒性のあるロックサウンドで存在感を切り開いていき、日本だけでなく世界からも注目されるという、群を抜いた実績を誇ります。 2012年には本名の米津玄師の名義で、自身がボーカルをとったアルバム「diorama」をリリースし全曲に渡り、作詞・作曲・アレンジ・プログラミング・歌唱・演奏・ミックスを自身で手掛けているのに加え、動画・アートワークも独りで制作するという、驚異の才能を持っています。 最近では、ドラマ「 アンナチュラル」の主題歌「 Lemon」を書き下ろし、 ドラマアカデミー「最優秀ドラマソング賞」を受賞しました。 「Lemon」は、2018年各主要年間チャートを総なめにし、MV3億再生、配信200万DL、フィジカル50万枚を突破という、音楽史に残る記録をのこしました。 パーフェクトワールド|主題歌『まちがいさがし』の歌詞と発売日 パーフェクトワールド|主題歌『まちがいさがし』の歌詞 スポンサーリンク 「まちがいさがし」菅田将暉のコメント まず松坂桃李さんは、同業者の中で、常に、間近で、背中を見ていた人です。 気づけば10年近くなりますでしょうか? 今では会えば家族のような挨拶をし、離れれば先輩後輩として作品のみで触れ合う。 そんな方のドラマの主題歌を僕が歌う。 しかも米津玄師が作ってくれる。 正直、何から整理すればいいのかわからない状況でした。 ちょっと吐きそうでした。 ただこんな贅沢なことはないと胸躍る自分が間違いなくいました。 『パーフェクトワールド』という作品が、皆さまの心に残るよう、少しでもお力になれればと思っております。 当たり前のことですが、一生懸命歌わせて頂きます。 宜しくお願い致します。 引用:パーフェクトワールド公式サイト 関テレ 「まちがいさがし」松坂桃李のコメント 初めて聴いた時、歌声から菅田の作品への想いがビシビシと伝わってきました。 米津さんの書かれた歌詞に樹の心情とリンクする言葉が多く、ドラマの世界観からそのまま曲が流れていくことを容易に想像できるくらいピッタリだと思いました。 お互い、同じ時期にデビューをした菅田とこういう形で作品作りに関わるということに不思議な縁、巡り合わせを感じます。 10年前には全く想像しなかった出来事です。 この楽曲を聴きながら、ワンシーンずつを大切に、撮影に臨んでいきたいと思います。 引用:パーフェクトワールド公式サイト 関テレ 「まちがいさがし」関テレ河西秀幸プロデューサーのコメント 菅田将暉さんの歌声は、優しさの中にも芯が強くて心に訴える印象を持っており、このドラマにぴったり合うと思っていました。 なぜなら『パーフェクトワールド』はラブストーリーでありながらも、自分の足りない部分を誰かに助けてもらったり、完璧にはならない人生の中に希望を見つけたりと、メッセージ性が強いドラマだからです。 直感的に、そして衝動的に菅田さんにオファーをさせて頂きました。 はじめて聞いた時、自分の選択は間違っていなかったと確信する素晴らしい楽曲に興奮したのを覚えています。 米津玄師さんが菅田将暉さんへ書いた楽曲は、ドラマとの親和性も抜群で、既にパーフェクトワールドにとって「まちがいさがし」はなくてはならない存在です。 ぜひ初回を楽しみにしていてください! 引用:パーフェクトワールド公式サイト 関テレ 菅田さんにとっては初めてのドラマ主題歌で、作詞作曲を手掛けたのは 石崎ひゅーいさんです。 菅田さんと石崎さんはプライベートでも親交があるようで、「さよならエレジー」を作ったときは、1、2週間、家やスタジオにこもって一緒に過ごしながら楽曲を作ったんだそうです。 菅田さんが抱いたイメージを元に作られていて、孤独の中で見出す愛情の形にもがく様子をまっすぐにぶつけた切ないロックに仕上がっていますよね。 その時にこの主題歌『 まちがいさがし』が流れるということで、ドラマ放送が見逃せないですね!!.

次の

ドラマ『パーフェクトワールド』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌!【松坂桃李×山本美月ラブストーリー】

パーフェクトワールド主題歌

— 菅田将暉 sudaofficial 菅田将暉(すだ まさき)さんは、1993年2月21日生まれの現在26歳、大阪府箕面市出身の俳優・歌手です。 2007年に芸能事務所・アミューズ主催の 「アミューズ30周年記念オーディション」に応募し、応募者65368人の中からファイナリスト31人に残りましたが残念ながら最終的に落選になります。 翌2008年に 「第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に応募しファイナリスト12名に選出され、これを機に現在の所属事務所であるトップコートに所属が決定し芸能界入りします。 所属事務所が決まった後、高校の春休みに挨拶回りをマネージャーとしていたところ、たまたま東映本社があったので飛び込みで挨拶に行ってみると仮面ライダーのプロデューサーがおり、次の日にオーディションがあると聞き試しに受けてみたところ、見事に主役に合格し 2009年9月に平成ライダーシリーズ第11作の『仮面ライダーW』(テレビ朝日)にて連続テレビドラマ初出演・初主演を飾り俳優デビューします。 以降、テレビドラマ・映画・舞台と俳優として経験を積み、 2013年公開映画『共喰い』で主人公・篠垣遠馬役を好演し、「第37回日本アカデミー賞新人俳優賞」を受賞し一気に注目を集める俳優となり現在までに数多くのドラマ・映画に出演し様々な賞を受賞し俳優としての地位を確立します。 また、2017年公開 映画『キセキ-あの日のソビト-』に出演したことをきっかけに「グリーンボーイズ」名義で歌手デビューを果たし、同年6月auのCM曲として起用されていた曲 『見たこともない景色』でソロ歌手としてもデビューします。 現在、俳優・歌手として大活躍中です!! 菅田将暉さんの作品紹介!! 【劇中ユニット・グリーンボーイズ「キセキ」】 ドラマ『パーフェクトワールド』主題歌『まちがいさがし』の歌詞は? 主題歌『まちがいさがし』の 歌詞も残念ながら現在のところ不明です。 主題歌の音源はドラマ『パーフェクトワールド』初回放送4月16日(火)よる9時から放送の第1話の中で初解禁となります 情報が入り次第更新します。 代わりに菅田将暉さん・主演の松坂桃李さん・河西秀幸プロデューサー(カンテレ)のコメントを紹介します。 【菅田将暉さんのコメント紹介!!】 まず松坂桃李さんは、同業者の中で、常に、間近で、背中を見ていた人です。 気づけば10年近くなりますでしょうか? 今では会えば家族のような挨拶をし、離れれば先輩後輩として作品のみで触れ合う。 そんな方のドラマの主題歌を僕が歌う。 しかも米津玄師が作ってくれる。 正直、何から整理すればいいのかわからない状況でした。 ちょっと吐きそうでした。 ただこんな贅沢なことはないと胸躍る自分が間違いなくいました。 「パーフェクトワールド」という作品が、皆さまの心に残るよう、少しでもお力になれればと思っております。 当たり前のことですが、一生懸命歌わせて頂きます。 宜しくお願い致します。 【松坂桃李さんのコメント紹介!!】 初めて聴いた時、歌声から菅田の作品への想いがビシビシと伝わってきました。 米津さんの書かれた歌詞に樹の心情とリンクする言葉が多く、ドラマの世界観からそのまま曲が流れていくことを容易に想像できるくらいピッタリだと思いました。 お互い、同じ時期にデビューをした菅田とこういう形で作品作りに関わるということに不思議な縁、巡り合わせを感じます。 10年前には全く想像しなかった出来事です。 この楽曲を聴きながら、ワンシーンずつを大切に、撮影に臨んでいきたいと思います。 【河西秀幸プロデューサー(カンテレ)のコメント紹介!!】 菅田将暉さんの歌声は、優しさの中にも芯が強くて心に訴える印象を持っており、このドラマにぴったり合うと思っていました。 なぜなら『パーフェクトワールド』はラブストーリーでありながらも、自分の足りない部分を誰かに助けてもらったり、完璧にはならない人生の中に希望を見つけたりと、メッセージ性が強いドラマだからです。 直感的に、そして衝動的に菅田さんにオファーをさせて頂きました。 はじめて聞いた時、自分の選択は間違っていなかったと確信する素晴らしい楽曲に興奮したのを覚えています。 米津玄師さんが菅田将暉さんへ書いた楽曲は、ドラマとの親和性も抜群で、既にパーフェクトワールドにとって「まちがいさがし」はなくてはならない存在です。 ぜひ初回を楽しみにしていてください! (より引用) SNSを調査 菅田将暉さんのWEBでの情報を調べたところ、以下が見つかりました。 まとめ ドラマ『パーフェクトワールド』の主題歌を担当する、菅田将暉さんの新曲『まちがいさがし』の歌詞・発売日情報、過去の作品などについてご紹介しました!.

次の

パーフェクトワールド【ドラマ】主題歌や発売日は?歌詞やあらすじも!

パーフェクトワールド主題歌

NET カルチャーメディア CINRANET 菅田将暉さんの為に 米津玄師(よねづ けんし)さんが作詞・作曲・プロデュースされました。 歌詞はまだ正式には発表されていません。 そのため、耳コピしたものですが、歌詞(仮)として書いてみますね。 まちがいさがしの まちがいの方に 生まれてきたような気でいた まちがいさがしの正解の方じゃ きっと出会えなかったと そうして 笑い合えること なぜだろう 涙がでるほど 君の目が 貫いた 僕の胸をまっすぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 退屈なくらいに何気なく そばにいて まちがいだらけの 些細な隙間で くだらない話を くたばるまで 正しく在りたい 在れない淋しさが 何を育んだ 歌詞は、 鮎川樹(松坂桃李)と川奈つぐみ(山本美月)が紡いでゆく人生を、そのまま素直に表現しているようで、歯がゆさと、切なさと、愛しさと、すべてが優しく表現されているような気がします。 だからといって、障害があるとか、特別な人のためだけに書かれているような歌詞ではありません。 ごく普通の生活をしている私やあなたにも、「わかるわ~その気持ち」って思わせるようなそんな歌詞です。 3年A組の先生役の影響もあるのか、菅田将暉さんが歌っているところを想像すると、体の中心から湧き出る思いを全身に響かせながら歌っている姿が目に浮かびますね。 菅田将暉『まちがいさがし』の歌詞を解説! 『パーフェクトワールド』の主題歌「まちがいさがし」の歌詞を独自の目線で解説したいと思います。 菅田将暉さんが歌う「まちがいさがし」は「 まちがいさがしの まちがいの方に生まれてきたような気でいた」という歌詞で始まります。 「まちがいさがし」とはゲームの一種で、完璧なものと、完璧なものにアレンジを加えたものを比較して違っているところを探していくゲームです。 比較的に違っているという事を人間は「悪い」と思いがちですが、実は、 単純に「違っているところがある」それだけのことで「良い」とか「悪い」とかという事はその人が思う判断なのです。 「まちがいさがし」の歌詞は、それを自分の人生に例えて書かれていると思います。 さきほどの歌詞を当サイト独自に解説してみました 完璧になろうと、完璧でいようと 頑張っていた自分がいた 頑張ることが出来なくなり完璧じゃないのを 卑屈に思う自分がいる だけど、完璧じゃなかったから お互いに補うために二人は出会えた マイナス思考だった考えを プラスに変換することで、 たわいもないことで笑える 幸せで心が温かくなる そして、プラス思考に変換できたのは ピュアな君の心が僕の胸を貫き 卑屈のベールを破ってくれたから 時には強風が吹くようなこの世界でも 君といるだけでこの場所は暖かく感じる お互いに空気と感じるくらい 自然に寄り添っていたい 不完全な人間が住むこの世界で ごく普通の日常会話を 命が自然に尽きるまで話していたい 完璧でありたいと思ったけど なれなかったおかげで 心に幸せを育んだ こんな感じでしょうか。 見方を変えることで、「悪い」と思われていることでも、「幸せ」に感じることができる。 そして、心の豊かな人生が送れるのだと、私たちに伝えてくれているような気がします。 パーフェクトワールドと菅田将暉の縁とは? パーフェクトワールドと菅田将暉さんを結ぶ縁といえば 松坂桃李さんだと思います。 「パーフェクトワールド」という作品が、皆さまの心に残るよう、少しでもお力になれればと思っております。 当たり前のことですが、一生懸命歌わせて頂きます。 宜しくお願い致します。 — 菅田将暉 sudaofficial 松坂さんと菅田さんは同じ事務所の先輩後輩で、出会ってから10年近くの月日が流れているそうです。 はじめて会ったその日の「どうも どうも」の挨拶から、ふたりの距離感は変わらずで、距離があいているわけでもなく、近すぎるわけでもなく、あまり見ない関係性らしいです。 家族のような間柄とか。 今回の『パーフェクトワールド』は、お兄ちゃんのドラマを弟が主題歌で応援しているって感じでしょうか。 なんか微笑ましいですね。 チケット発売は5月11日です。 もちろん、松坂桃李さんや山本美月さんドラマ出演者によるドラマの裏話などのトークセッションもあります。 チケットをゲットして菅田将暉さんの魂を揺さぶるような歌声を聞きながら、ドラマ『パーフェクトワールド』の世界に浸ってみるもの素敵ですね。

次の