ペット 吹き替え ひどい。 static.shopadvisor.com

映画ペットはミニオンズには敵わない!ネタバレと感想

ペット 吹き替え ひどい

映画「ペット」のあらすじはざっくりと言ってしまえば映画「トイ・ストーリー 1995 」そのもののストーリーをおもちゃではなく、ペットに置き換えただけの作品です。 人間の見ている前では大人しい犬を演じますが、人目がなければ荒んだ関係性を構築している姿が描かれています。 ニューヨーク・マンハッタンで飼い主ケイティとともにアパート暮らしをしていた小型犬マックスのもとに、新たに保健所から大型犬デュークがやってきます。 新しいペットに嫉妬したマックスと、体格もあるデュークは相性が悪く喧嘩をしてばかりでした。 そんなある時、マックスとデュークの2匹はいつものようにケイティが外出中に外に出て遊んでいましたが、首輪を切られて野良犬として動物管理局に捕まってしまいます。 野良犬になってしまった2匹の前に、野良兎スノーボールが現れたことで2匹は事件に巻き込まれていきます。 マックスとデュークの2匹は無事にケイティの元に帰れるのか?を描いたコメディ作品です。 映画「ペット」の評価・感想|吹き替え声優がひどい下手でつまらない! では、映画「ペット」の吹き替え声優がひどい下手くそでつまらないといった評価や感想について紹介していきます。 吹き替え声優のバナナマンがひどい下手くそで最悪 映画ペット吹替版みたー🎵 豪華声優陣を楽しみにしてたのに、メインが芸人って台無し感半端ない!設楽さん下手くそすぎ!レンタルでよかった💦 — ながれみん peach110flower 吹替版を観たけど、バナナマンはちょっとねえ。 やっぱり、吹替は全員プロの声優が務めなきゃダメでしょ。 引用: 脇役には山寺宏一など声優を担当してくれているのですが、主人公となるマックスとデュークがバナナマンの2人。 特に設楽統の演技がひどい棒読みで主人公を演じるほどの力量は一切感じられません。 著名人や俳優などを起用すれば宣伝をしやすくなるとしても、どうして主人公なのか?が理解できません。 リアリティのない擬人化しただけの話でつまらない 飼い主がどこに行くのか、なぜ出掛けて、ペットは留守番するのか、すこしくらい出しても良かったんじゃないのかな 予告みて想像したストーリーと全然違うからなんかがっかり そりゃかわいいアニメ映画にはなってますがオリジナリティはない よくある話でした 引用: ペット、犬である必要性が分からないです。 犬なのに車を運転することも特に苦労なく描かれていたりするため、犬の活躍ではなく、意外性のためにペットという見た目を使っただけに感じてしまいます。 飼い主のいない時間のペットの生態というリアルに迫ると見せかけておいて、なんでもありのファンタジーというのがひどいです。 トイストーリーのパクリでつまらない そもそも留守時のペットが何をしているか まぁ確かに違いないが 細かい悪戯で楽しめるのかと思えば、何だまたその展開なのかよ…というあの名作と被りまくってやや意気消沈。 ソーセージ工場など楽しい場面もあるがテーマが暈けるとあとはガチャガチャ。 引用: 20年越しでトイストーリーのパクリを作る必要性がわかりません。 むしろ友情や恋愛要素など詰め込まれている割には一つ一つがトイストーリーの劣化版にしか見えません。 ソーセージ工場のシーンが意味不明でつまらない そしてある工場のシーンが正直意味不明。 クスリでもキメたの!?ってぐらい脈絡のないシーンが出てくる。 あのシーンはマジちょっとイかれてるわ。 引用: 突然挿入されるソーセージ工場のシーンの必要性や意味が全くわかりません。 ブラックユーモアとして肉の中身はなんなのか?ということで笑いを取ろうという意図なのでしょうが、なぜこの映画に入れたのかが意味不明です。 犬らしさがなく気持ち悪いしつまらない 何も考えないで観た方がいいです。 本物の犬は好きだが、卑しい作りもののそれは、残念ながら純朴な犬には見えなかった。 引用: 犬の擬人化がいき過ぎていて、「人間が犬の皮をかぶって演じている」と考えた方が自然なほどに犬らしさが全くありません。 何のためにペットを題材にしたのか、その制約を生かしたストーリーにもなっていないため、理屈を考え出すと中身のない作品だと分かるので何も考えないで観た方が純粋に楽しめるでしょう。 吹き替えの日本語がおかしいし意味不明 翻訳がなんか変 私が観たのは吹き替えだったのですが 翻訳の仕方が悪いのか言い回しが「?」な部分が多く 子供っぽいというか 幼稚な感じがしました。 引用: 日本語の吹き替えの表現が何か文章的におかしいのではないか?と思わせるものが多々あります。 日本語としてではなく、英語をそのまま直訳したかのような感じのところが目立ちました。 仲良くなったり心変わりの理由が意味不明でつまらない ・マックスとデューク。 仲が悪かったはずなのに、ピンチになったらすぐに仲良しになる。 しかもかなり序盤に。 だから、マックスとデュークが仲良くなっていく過程が全然描けてません。 ・ウサギちゃんが何をしたかったのか、よくわからない。 マックス達をとっちめるために追っかけてたんじゃないでしょうか? なのに、急に善人になって救助活動。 引用: 映画「ペット」の序盤は小型犬マックスと大型犬デュークの仲が悪いところからはじまり、飼い主ケイティが外出している間に問題が起こって2匹共が家に帰れない状況になり、少しずつ心を開いて最後に認め合う流れかと思えば、すぐに打ち解けてしまいます。 何のための導入部分だったのか?と思ってしまいます。 また、野良兎のスノーボールも軸がなく、ご都合主義にキャラクター設定が変わる理由がよくわかりません。 映画「ペット」を楽しいし面白いと感じられるのはこんな人 映画「ペット」は大人にとっては比べてしまうものが多すぎたりするために、批判的な意見を抱きやすい作品ですが、面白いと感じる意見もあります。 展開の速さと要素の多さに子供は楽しめて面白いと感じる 最初の予告編だけを見ると、様々な動物の飼い主がいない間の日常を描いているように見えるが、この映画のメインは様々な要素を敷き詰めた非日常冒険譚である。 恋愛要素、ロードムービー、友情要素、少量ながら様々なものを敷き詰めていて、飽きることができないくらいにハイスピードで展開していく。 子どもの年齢層にターゲットを当てたのなら的確な映画の構成ではあったと思う。 引用: 子供にとっては理屈はあまり必要なく、インパクトと雰囲気が大事なところがあります。 その意味では映画「ペット」のテンポ感や冒険物語っぽさ、ごちゃついた雰囲気などは、まさに子供向けと言えそうです。 犬猫ペットを飼っていると飼い方について考えさせられる 愛犬家としていろいろと考えさせられる映画だった。 人間の都合で捨てられたペットたち。 本作では、人間に報復を誓う白ウサギがとてもかわいい。 しかし、現実には、人間を恨むどころか、殺処分されるその日まで、人間を信じ、捨てた飼い主を恋しく思う犬や猫がきっとたくさんいるのだ。 そう思うと切なくなった。 引用: 映画「ペット」に出てくる動物はほとんどが一度は飼い主に捨てられた経験があったりした過去を持っています。 そうしたところや、飼い主が家にいない間に映画のようなストーリーは起こっていないでしょうが、寂しく待たせてしまっているペットのことを考えさせられるところもあるようです。 ペットを飼っている人には単純にコメディ作品という見方以外に、自分自身の飼っているペットについての考え方を見直す良い機会になるようです。 まとめ ・映画「ペット」のあらすじは? 映画「ペット」のあらすじはざっくりと言ってしまえば映画「トイ・ストーリー 1995 」そのもののストーリーをおもちゃではなく、ペットに置き換えただけの作品です。 ・映画「ペット」の評価・感想|吹き替え声優がひどい下手でつまらない!• 吹き替え声優のバナナマンがひどい下手くそで最悪• リアリティのない擬人化しただけの話でつまらない• トイストーリーのパクリでつまらない• ソーセージ工場のシーンが意味不明でつまらない• 犬らしさがなく気持ち悪いしつまらない• 吹き替えの日本語がおかしいし意味不明• 仲良くなったり心変わりの理由が意味不明でつまらない ・映画「ペット」を楽しいし面白いと感じられるのはこんな人• 展開の速さと要素の多さに子供は楽しめて面白いと感じる• 犬猫ペットを飼っていると飼い方について考えさせられる いつもたくさんのコメントありがとうございます。 他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。 カテゴリー•

次の

映画「ペット・セメタリー」2019年版吹き替えフル動画の配信はどこで?

ペット 吹き替え ひどい

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。 さて最近、「映画は字幕?それとも吹き替えで観るべき?」みたいな議論があちこちで繰り広げられているようですが、個人的には「どちらもアリかな〜」と思っています。 以前は字幕で観ることが多かったんですけど、今は吹き替えで観るパターンも増えてるし、特に3D映画の場合は画面に集中できるので、吹き替えの方が観やすい場合もあるんですよね。 ただ、日本語吹替え版を選択する際に注意したいのが、 「声優は誰なのか?」という点でしょう。 もし、声優未経験の人気アイドルが主人公を演じている映画を知らずに観たりしたら、とんでもない目に遭うかもしれません。 実際、「日本語版の出来が悪くて映画に集中できなかった」という人もいるようで、出来ればそういう吹き替えは避けたいものですよねえ。 しかし、それらのヒーローが勢揃いする『』では、ブラック・ウィドウに 、ニック・フューリーに 、そしてに のが起用されたのである。 この突然の変更にファンは大激怒。 中でも『アイアンマン』から『』までの4作品でニック・フューリーを演じたの降板に対しては、「よりによって集大成となる『』で外すとは何事だ!」と不満を爆発させ、元の声優に戻す呼びかけを行ったところ、1000人を超える賛同者が集まったという。 だがファンの要望は聞き入れられることなく、結局、芸能人による吹き替え版で公開されてしまった。 さらに本作のソフトが発売される際にも、劇場公開版とオリジナル声優版の2種類を収録するようにディズニー・スタジオ・ジャパンへ申し入れたが無視されたため、「絶対にブルーレイは買わない!」とまで起こったらしい。 このようにのカスタマーレビューも荒れまくり、大量の批判コメントが書き込まれることになってしまった(作品に対する不満ではなく、「吹き替えをどうにかしろ」という内容が大半だったらしい)。 なお、『』の芸能人吹き替え問題は続編の『エイジ・オブ・ウルトロン』や『インフィニティ・ウォー』でも全く改善されることなく、現在も継続中である。 しかし、あまりにも棒読みすぎる演技に批判が殺到。 さらに『コージ苑』や『かってにシロクマ』などで知られるマンガ家のが、「キャスティングした奴はすべき」とでつぶやいたら「お前がしろ!」「麻里子様に謝れ!」と逆にAKBファンから総攻撃を食らうまで発生したらしい。 「TIME」。 人間の寿命が貨幣のようにやり取りされる世界という設定が大変面白い。 でも私が観たのは吹替え版で、ヒロインの吹替えが酷すぎて気になって面白さ半減。 ググってみたらがやってたのね。 これじゃ映画そのものも関わった人達も余りに気の毒。 キャスティングした奴はすべき。 演じる主人公:エリザベス・ショウの声を担当したのは。 その第一声を聞いた瞬間、全国の映画ファンが「やめてくれ!」と悲鳴を上げた…かどうかは分からないが、とにかく本作におけるの酷評は熾烈を極めたのである。 なんせ、声優初挑戦でハリウッド大作映画の主役を演じるという無謀さに加え、エリザベス・ショウのキャターにも声質が全く合っていない上に年齢も若すぎる との年齢差13歳 など、「人選ミスでしょ?」としか思えない配役に非難轟々。 中には「剛力さんはダンスが上手い」と擁護する者もいたようだが、残念ながらその才能は『プロメテウス』に1ミリも活かされていなかった。 このため、世間からは「ゴリ押し女優」とか「剛力出すぎ」など、大変なバッシングを受けていたらしい。 その劇場版が2007年に公開された際、なぜかプロの声優が担当していたテレビ版の主要キャストを全て変更し、 や、の田村淳やなど、お笑い芸人やタレントが多数起用された。 この変更についての日本支社は、「『日本人が理想とする明るく楽しい家庭』をテーマにそれぞれの配役を決めました」と理由を説明するものの、従来のファンからは「ウソつけ!」「そんなの知らねーよ!」などと批判が殺到。 新聞や雑誌でも報じられるほどの大騒動が勃発した。 その抗議活動は日増しにカレートし、オリジナル声優の復活を求める署名サイトやブログが次々と開設され、3000人を超える署名が集まり、ついには のがの日本支社を訪れて直談判するという、前代未聞の異常事態にまで発展したのである。 結局、劇場公開時には芸能人吹き替え版で上映されたが、ソフト化される際にオリジナル声優による吹き替え版が新たに製作され、DVDとブルーレイには劇場公開版とオリジナル声優版の2種類の日本語吹き替え音声が収録されることになった。 改めて言うまでもないが大変な不評で、演技が上手いとか下手とかの問題以前に、 「どこからどう聞いてもただのDAIGO」というヒドい有様だった。 なお、本作がテレビで放映された際も、「主人公の声が下手だと思ったらDAIGOじゃねーか」「吹き替えが下手くそすぎる」「声優に向いてない」「DAIGOマジひどいな」「下手過ぎて笑うwww」などの罵詈雑言でTLが埋め尽くされ、それを見たDAIGOがショックのあまり「旅に出ます」とつぶやくほどだった。 ここまでは良くある話だが、2017年にでTV初放送が決まった際、なんとは「違う俳優でアフレコし直そう」と決定したのである。 こうして、新たにとを起用し、「金ロー版吹き替え」を独自に制作。 ところが、これを知った玉木と木村の両事務所は「そんなにウチの俳優が気に入らないのか!」と激怒し、日テレ側との間に険悪なムードが漂う事態になってしまった(ちなみに金ローで放送したとの吹き替え版も評価はイマイチで、アフレコをやり直した成果ゼロ)。 しかも、その後に『』の公開が控えていたため、「う~ん困った!次の吹き替えを誰に依頼すればいいんだ?」と配給会社や宣伝担当者は大慌て(なぜ「プロの声優に依頼する」という発想が出て来ないのか…)。 こうしたゴタゴタの末、結局『炎の王国』では元通りとが吹き替えを担当することになったんだけど、せっかく時間とお金をかけて作った「山本&仲間の吹き替え版」はブルーレイに収録されることもなく、このまま封印されてしまうわけで「何やってんだよ!」としか言いようがない、トホホ。 中でも、「今世紀最悪の吹き替え」「ひどすぎて体が震える」など、ぶっちぎりの低評価を獲得している伝説的な吹き替えが『スーパール』だ。 本作は、2005年に放送が開始されたカのTVドラマで、日本でも2007年から放送されたが、2人の主人公のうち、1人をお笑コンビの のが演じたことで大問題が発生する(もう一人は俳優ので、こちらもひどかった)。 恐らく本人は真面目にセリフを読んでいるのだろう。 ワーナー・ホームビデオからシーズン1と2のソフトが発売された際も、信じられないほどの苦情が寄せられ、シーズン3からは別の声優に変えられてしまった。

次の

ライオンキング(実写)の日本語吹き替えがひどい?声優一覧まとめ

ペット 吹き替え ひどい

名前:岡村隆史 おかむら・たかし 生年月日:1970年7月3日 出身地:大阪府 声優吹き替え作品:『LIFE!』ウォルター・ミティ役 続いて声優吹き替え下手ランキングの9位にランクインしたのは、お笑い芸人の岡村隆史さん。 お笑い芸人さんって、様々なコントなども行うから演技力ありそうな気がしますが、岡村隆史さんの吹き替えにはかなり批判が殺到したようです。 その理由の一つが、「関西弁だったから」。 なぜ!?なぜ外国人が関西弁!?あり得なさ過ぎて違和感たっぷり。 岡村隆史さんが本領発揮するのはハイテンションな時だけで、普段のしゃべりはボソボソとしているので聞き取りづらいというのもあったかもしれませんね。 名前:川島海荷 かわしま・うみか 生年月日:1994年3月3日 出身地:埼玉県 声優吹き替え作品:『ナナマルサンバツ』深見真理役、『STAR DRIVER 輝きのタクト』オカダ・ハナ役、『モンスターホテル』メイヴィス役、ほか 続いて6位にランクインしたのは、アイドルグループの一員としてローティーンの頃から活躍し、女優としてもキャリアが長い川島海荷さん。 朝の情報番組のMCとしても頑張っているとっても可愛い川島海荷さんですが、こと声優になると酷評がつきまといます。 声質が声優向きじゃないのが最大の理由のようですが、それにしても結構色々な役でアニメの声優吹き替えやっているんですよね…。 もう少し成長して欲しいところです。 演技の面で「下手」と聞いたことはあまりない俳優さんなのに、どうして?とも思いますが、実は吹き替えをした俳優さんが悪かった。 あのハリウッドスター、トム・クルーズの名作『トップガン』でトムの吹き替えを担当したのです! とにかく声が絶望的に合っていない…。 一体どうして塚本高史さんがトム・クルーズの吹き替え声優を務めることになったのでしょう…。 これは誰も得をしない結果だった気がします。 名前:DAIGO 本名:内藤大湖 生年月日:1978年4月8日 出身地:東京都 声優吹き替え作品:『ウォンテッド』ウェスリー・ギブソン役、『きかんしゃトーマス 探せ!! DAIGOさんの場合、声優が下手とかいう以前に普段から特徴的なしゃべり方をしている人なので、どんなに頑張ってもどうしてもDAIGOさんの顔がチラついてしまうんですよね…。 洋画の吹き替え声優なんてもってのほか、ということです。 レンタルDVD店の説明POPに『マリコ様の吹き替えが最悪』とまで書かれてしまった篠田麻里子さん。 元々お芝居はそんなに…という感じでしたが、ちょっと鼻声っぽいこもった声質のせいで輪をかけて下手くそに聞こえてしまったのです。 アイドルとしては超一流だった篠田麻里子さんも、吹き替え声優としては超最悪だったという事実。 声優というお仕事がいかに難しいのかが分かりますね。 名前:神田沙也加 かんだ・さやか 生年月日:1986年10月1日 出身地:東京都 吹き替え声優作品:『アナと雪の女王』アナ役、『貧乏神が!』艶光路撫子役、『3D彼女 リアルガール』えぞみち役、その他多数 第19位にランクインしたのは、『アナと雪の女王』のアナ役で大ブレイクを果たした神田沙也加さん。 声優としての実力を考えるともっと上位にランクインしても良いかと思うのですが、神田沙也加さんは声優になりたくて学校に通い専門的に勉強された方なので、一般の芸能人枠とはちょっと外れるな…ということでこの位置にランキングさせていただきました。 演技も歌も上手いのはもちろんですが、声質が良いですよね!やりすぎないアニメ声という感じで、カワイイし個人的に大好きです。

次の