一般 社団 法人 設立 費用。 社団法人の設立費用はいくら?

法人の種類と設立にかかる費用|やさしく解説!一般社団法人・一般財団法人設立|会社設立・経営サポートセンター

一般 社団 法人 設立 費用

一般社団法人の設立を考えはじめたころに気になるのが、「設立費用にいくらかかるのか?」ということではないでしょうか? 株式会社を設立することを思い浮かべてください。 株式会社を設立する際には、登記などの手続きに費用がかかります。 一般社団法人も株式会社と同じく法人になります。 一般社団法人を設立する際にも、登記などの手続きに必要な費用がかかります。 同じ一般社団法人の設立でも、すべて自分で設立する場合には、費用を抑えることができます。 士業者に依頼して設立する場合には、登記などに関する費用以外に、士業者への手数料がかかります。 では、実際に一般社団法人を設立する際にかかる費用はいくらなのか?具体的な数字を用いながらご紹介していきます。 一般社団法人の設立費用とは? そもそも一般社団法人とは、平成20年12月1日施行の「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」に基づいて、新たに誕生した社団法人のことです。 「一般社団法人を設立する」ということは、法務省法務局(登記所)に対して、法人登記簿に記載するために、定款やその他必要書類を登記官に提出することを言います。 一般社団法人設立にかかる費用とは、それにかかる手数料や税金に関することを言います。 一般社団法人の設立に必要な費用はいくらか? 一般社団法人の設立は、拠出金は0円からできます。 一般社団法人の拠出金とは、株式会社に例えると、資本金のことを言います。 しかし、一般社団法人設立の手続きには、おおよそ12万円程度の費用がかかります。 その設立費用を大別すると、以下の3点になります。 定款認証時の公証人費用• 設立登記の登録免許税• 設立後の証明書類の取得 2-1. すべて自分で設立する場合にかかる費用 一般社団法人の設立に必要な費用は、少なくとも12万円程度必要となります。 法定費用として、以下の2つがかかります。 定款認証手数料:5万円• 登録免許税(登記手数料):6万円 それ以外にも、以下が必要になります。 定款の謄本費用:2千円程度• 印鑑証明書交付手数料:1千円程度(設立時社員や理事の人数等による)• 代表者印の代金:1千円くらいから(販売店や印鑑の材質などによる) 2-2. 士業者に依頼する場合にかかる費用 一般社団法人設立の手続を司法書士に依頼した場合には、上記のほか、依頼先への報酬が必要となります。 同じく、行政書士に定款の作成やその他書類の作成を依頼した際にも、依頼先への報酬が必要となります。 報酬額は事務所によって大きく異なります。 そのため、依頼する予定の事務所から予め見積もりを取り、比較検討すると良いでしょう。 書類作成のみ:2~5万円程度• 書類作成から申請まで:5~10万円 交通費や宿泊費などの諸経費が生じる場合には、別途請求されることが多いです。 一般社団法人の設立後にかかる費用は? 法務局で登記後には、銀行口座を開設し、税務署へ届出しなければなりません。 その際に、登記事項をすべて記載した『履歴事項全部証明書』を請求する必要があります。 これは1通500円かかります。 また、法人の印鑑証明書も必要になります。 これは1通500円になります。 一般社団法人と株式会社の設立費用の違い 以下、一般社団法人と株式会社の設立費用の違いになります。 4-1. 一般社団法人の設立の場合 一般社団法人の設立は、拠出金が0円からできるとしても、一般社団法人設立の手続きには、別途、約12万円程度の費用がかかります。 一般社団法人設立には定款の作成が必要ですが、定款は「文書」による定款の作成と「電子定款」で作成する方法があります。 いずれも、公証役場で認証手続きを受けることになります。 公証人役場でかかる定款認証手数料は、5万円です。 4-2. 株式会社の設立の場合 株式会社の設立には、最低21万円が必要になります。 また、株式会社の「文書」による定款には、収入印紙を貼って、印紙税を納めなければなりません。 印紙税は、4万円です。 (電子定款の場合は印紙税が不要になります) 一般社団法人の定款は、印紙税法で定められている課税対象にはなっておりません。 印紙税は不要となります。 一般社団法人設立の期間 一般社団法人設立にかかる期間は、定款を作成し、認証を得るのに数日。 法務局に書類を提出して2週間。 合わせて20日間程度かかります。 ただし、法務局に定款を申請した日が一般社団法人の設立日になりますので、実際には、公証役場の認証がおりて、その日に法務局に赴けば、ほんの数日で設立ということも可能です。 ちなみに、しばしば一般社団法人と比較されるNPO法人(非営利特定法人)ですが、NPO法人の場合には、設立までおおよそ6カ月程度の期間が必要となります。 一般社団法人の設立費用の留意点 最近、一般社団法人設立の「代行手数料0円」の広告を目にします。 士業の手数料にも、デフレの波が押し寄せています。 しかし、これには当然、公証役場に支払う定款認証手数料や、法務局に収める登録免許税などの法定費用は含まれていません。 別途、費用がかかりますので、ご注意ください。 またその際に、一般社団法人設立後には、その税理士などとコンサルタント契約を結ぶことが条件であることが多くあります。 十分お気をつけください。 尚、一般社団法人設立の登記に関しては、その代理権を有する司法書士に依頼をした場合には、その報酬が必要になります。 しかし、行政書士は申請の代理を業務として行うことができません。 行政書士ができる範囲は、定款作成や認証手続き、会社設立関連書類の一部作成に限られます。 税理士および行政書士は、登記申請の代理業務によって報酬を得ることは認められていません。 一般社団法人の設立費用まとめ 一般社団法人設立に関する費用は、独自で行う場合には、おおよそ12万円かかります。 従って、これを下回って法人格を取得することはできません。 その際に、司法書士に登記を依頼したり、行政書士に定款の作成をお願いする場合には、その他に書士の先生への報酬が必要になります。 数万円から10万円程度が妥当です。 一般社団法人を設立する設立時社員や理事の方は、その法人が発展し、滞りなく運営できることが大切なことなので、運転資金に多くを回せるよう計画することをお勧めします。 逆に、忙しい中一般社団法人を設立する場合には、行政書士などの専門機関にお願いすることで、大変な定款の作成や申請書類を揃える時間を省略できます。 これは費用には変えられないものという考え方もできます。 いずれにしても、一般社団法人設立に関する費用がいくらかかるのか、確認しておいてください。 一般社団法人については「」こちらの記事で徹底的に解説しているので、より詳しく知りたい方は是非ご覧ください。 協会ルネサンス 吉岡岳彦.

次の

一般社団法人設立時に知っておきたい経理・会計のポイント

一般 社団 法人 設立 費用

一般社団法人とはどんな法人なのか 一般社団法人とは、営利を目的とせずに活動する非営利組織でありながら、幅広い内容の事業を行うことができる使い勝手の良い法人形態です。 非営利の組織であるために事業から得た収益を出資者に分配することができない一方で、事業から得た収益については基本的に非課税とすることができるという大きなメリットがあります。 個人が集まって運営しているサークルから、個人財産を管理するためのプライベートカンパニーとしての利用まで、幅広い活用が見込める組織形態といえるでしょう。 この記事では、一般社団法人を設立するメリットやデメリット・設立手続きの大まかな流れといった内容について解説しますので、参考にしてみてください。 一般社団法人とは?普通の法人とはどう違う? 一般社団法人とは、 営利を目的としない事業を行う場合に設立されることの多い法人です。 「営利を目的としない」とは お金儲けをまったくしないという意味ではなく、「事業から利益が生じても、その利益を出資者等に分配しないこと」を意味します。 これは事業活動の結果として得た利益はすべて事業に再投資されることを意味しますから、特定の人に利益を分配しないことが適切な事業では、一般社団法人の形態を選択するのが適しているといえます。 例えば、以下のような組織参加者の相互扶助的な意味合いの強い団体では、組織形態として一般社団法人を選択されることが少なくありません。 青年会議所や商工会議所• 業界団体• 複数の企業が共同して調査や研究を行う組織• 伝統芸能や武道の道場など 株式会社や合同会社との違い 上でも少しみましたが、株式会社や合同会社といった「営利企業」と、一般社団法人などの「非営利企業」の 最も大きな違いは、特定の出資者に対して利益の分配を行わない点です。 通常、事業活動(ビジネス)は営利を得ることを最大の目的として運営するものですから、通常事業を起こすときには、株式会社や合同会社といった企業形態を選択するのが適しているでしょう。 その他、設立や運営の要件においても、株式会社(合同会社)と一般社団法人とでは以下のような違いがあります。 設立時に必要な人数の違い 株式会社の設立手続きを行う人は1人で問題ありませんが、一般社団法人では2名以上の設立者が必要です(一般社団法人の設立手続きを行う人のことを「設立時社員」と呼びます) また、設立時社員は一般個人でなく、法人であっても問題ありません。 そのため、複数の企業(株式会社などの法人)が集まって業界団体的な組織を作りたい場合には、一般社団法人を設立するケースが多いです。 出資金(基金)の扱い 法人を設立する際に、その法人の所有財産として拠出されるお金のことを「出資金」と呼びます(一般社団法人では「基金」とよびます) 一般社団法人では基金の支出を伴わない設立方式が原則とされていますから、設立時に基金を募りたい場合には定款に基金の募集要項等をくわしく規定する必要があることに注意しておきましょう。 (株式会社では出資を受けるのが原則的な形とされていますから、定款には資本金の金額を記載すればたります) 出資者が取得する権利の違い 株式会社の出資金も、一般社団法人の基金も、出資者の所有財産と法人の財産を分離するという意味では同じですが、資金を拠出した人の権利に関しては大きく扱いが異なります。 株式会社の出資者であれば、出資を行なった金額に応じて割り当てられる株式数に応じて、株主としての権利を行使することができます。 株主としての権利とは、例えば発行済株式総数の過半数を取得することによって、経営者を任免する権利を取得したり、事業から利益が出た場合に配当を受けたりする権利をいいます。 一方で、一般社団法人の設立時に基金を拠出した人は、法人の組織運営や事業利益の分配について何ら権利を持つことがありません。 一般社団法人においても資金を拠出した人がその法人の運営メンバーとなることは問題ありませんが、その場合には別途運営メンバーとして任命を行う手続きが必要となります。 設立時に資金を拠出することが直ちに組織運営に影響を及ぼすことにつながらないことが、株式会社と一般社団法人とで異なる点です。 設立のために必要になる費用の違い 一般社団法人の設立を行うためには、12万円程度の法定費用(役所に対して納めるお金)が必要となります(12万円の内訳としては以下の通りです) 定款認証の手数料 5万円 登録免許税 6万円 その他謄本の取得費用や印鑑証明の取得費用など 数千円程度 また、設立手続きを行政書士や司法書士といった専門家に依頼した場合には、5万円~10万円程度の費用が必要となります。 (書類作成のみで済ませるか、申請手続きまで代行してもらうかによって費用が大きく変わります) 株式会社の場合には25万円程度の費用が必要ですから、一般社団法人の方がやや設立にかかるコストは少なくなるでしょう。 公益社団法人との違い 一般社団法人を設立した後、都道府県に「公益認定申請」という手続きを行うことによって、公益社団法人という団体を設立することも可能です。 公益認定を受けるためには、事業内容が公益的なものであるのか、より厳格な形の組織運営が行われているのかといった点についてチェックを受けなくてはなりません。 (一般社団法人では事業内容にしばりはありませんので、法律上の要件を満たす定款等を作成して登記手続きを済ませればその時点で設立が完了します) なお、公益社団法人の認定を受ければ税金の計算において有利な扱いを受けることができます。 一般財団法人との違い 一般社団法人と同様に、出資者等に対して利益分配を行うことを目的としない組織として、一般財団法人という団体を設立することも可能です。 一般財団法人では、一般社団法人と異なり拠出された財産に法人格を与えるのが特色ですので、300万円以上の拠出金が必要となりますが、一般社団法人では上でも見たように資金が拠出されることは設立の要件とはならない点が異なります。 (拠出金0円でも設立できます) NPO法人との違い NPO法人とは、特定非営利活動促進法(NPO法とも呼びます)という法律に基づいて設立される法人のことを言います。 NPO法人を設立するためには、事業目的が非営利であり、しかもその具体的な内容が法律で指定される20種類のものに該当する必要があります。 法律で指定される20種類の事業内容とは、介護や医療といった公益的なものが中心となります。 NPO法人を設立するためには、所轄庁(都道府県)の審査を受けなくてはならないほか、設立後にも運営実績についての報告を定期的に行う必要があります。 合わせて読みたいおすすめ記事 一般社団法人が受けられる税制上の優遇措置 一般社団法人やNPO法人といった「非営利の企業」では、税法上の「収益事業」を継続的に行う場合にのみ、法人税や消費税といった税金が課税されます。 なお、メイン事業である非営利事業から利益が生じた場合にも、その事業が税法上の収益事業に該当しない限りは課税されることはありません。 そのため、非営利事業に関連して受け取った寄付金や、補助金などのお金に対しては、税金は課税されません。 源泉所得税や固定資産税について 非営利事業で法人税その他の税金が課税されるのは、メインである非営利事業のほかにサイドビジネスとして営んでいる営利事業による利益に限られます。 なお、一般社団法人で雇用している従業員がいるという場合には、その人のお給料からは源泉所得税や社会保険料を徴収して納付しなくてはならないのは通常の法人と同じです。 また、一般社団法人の名義で土地や建物といった固定資産を持っているときの固定資産税や、契約書などを作成した場合に印紙税を課税されるのも通常の法人と同様です。 株式会社や合同会社といった普通の営利企業と、一般社団法人の税金の負担が異なるのは、事業から生じた利益に対して課税される税金(法人税や消費税など)についての扱いに限られることに注意しておきましょう。 一般社団法人を設立する手続きについて 一般社団法人の設立手続きは、株式会社の設立などと比べて簡便なものとなっていますから、早ければ数日程度で設立手続きを完了することが可能です。 一般社団法人を設立する際の手続きの流れは、大まかにいうと以下のようになります。 2名以上の社員を決める(そのうち1人以上の人が理事となります)• 社員となる人の印鑑証明を準備する• 定款(一般社団法人設立時定款)を作る• 定款に社員が実印を押す• 公証人役場とアポイントを取り、定款を持参して認証の手続きを受ける• 法人代表印などを準備します• 設立時登記書類を作成します• 設立時登記書類に社員と法人の代表印を押す• 設立時登記書類を法務局に提出し、登記が完了したら設立手続きは完了です なお、定款とは一般社団法人の存在目的(事業目的)や名称、住所など重要な情報を記した組織の根本ルールのようなものです。 一般社団法人の定款記載事項 一般社団法人の設立時定款には以下のような内容を記載する必要があります。 これらはどのような一般社団法人でも必ず記載しなくてはならない項目で、 絶対的記載事項と呼ばれます。 ・設立する一般社団法人の名称(必ず「一般社団法人」という文言を含めなくてはなりません)• 目的とする事業の内容• 主たる事務所の所在地• 設立時社員となる人の氏名住所• 社員資格の得喪に関するルール• 公告の方法• 事業年度をいつからいつまでの区切りとするか このうち「目的とする事業の内容」は最も重要な内容ですが、一般社団法人では特に事業内容に制限がありませんから、どのような内容であっても自由に記載することができます。 公告の方法については、官報へ掲載する方法や事務所周辺の閲覧しやすい場所に掲載するなどの方法を選択できます。 相対的記載事項(特別にルールを定めておきたいときに記載する項目) 上で紹介した絶対的記載事項に対して、以下のような内容は相対的記載事項(特にルールを決めておきたいときに自由に記載できる内容)と呼びます。 社員総会で決める内容について• 理事の任期や業務執行に関するルール• 理事会の招集手続き このほかにも、様々な内容について定款でルールを決めておくことができます。 一般社団法人では、対等な立場の社員が集まって運営されることも少なくありませんから、 運営に関する重要なルール(理事の任期など)については定款に明確に定めておくのが望ましいでしょう。 税理士法人としての基本機能である会計・税務申告をメインに、経営のアドバイスや労務管理、経理代行や人材紹介、マーケティング(宣伝広告)など、様々な分野で総合的にクライアントの事業を共にサポートしています。 このTips Noteは未来の経営者様や今現在経営を頑張っていらっしゃる方々に向けて、様々な情報を配信するために運営しています。 掲載中の情報だけでは足りたい、もっと知りたいという方は、是非お気軽に私たちBricks&UKにご相談ください。

次の

一般社団法人設立のメリット・デメリットとは?費用・流れも解説!

一般 社団 法人 設立 費用

法人の種類と設立にかかる費用 法人の種類 現在、日本には法律で定められた数多くの種類の法人があります。 学校法人、宗教法人、社会福祉法人などは皆さんも身近に見かけたり、お世話になったりした経験もあるのではないでしょうか。 これらのうちどの法人を選ぶかですが、大きく事業を拡大してゆくゆくは上場を・・といった場合には会社、その中でも株式会社を選ぶべきでしょうが、それ以外の多くの場合、一概にどの法人がいいとは言えませんので、各々の事情に応じて選んでいただくことになります。 会社について詳しく知りたい方は、当グループが運営する姉妹サイトの中のをご覧下さい。 残る会社以外の法人についてですが、特定非営利活動法人というのはいわゆる「NPO法人」です。 設立に際して10人以上が必要であることや、行政の認証を受ける必要があるため、設立までに時間がかかることから、私どもとしては、どなたにもおすすめできる形態ではないと考えております。 積極的にはおすすめしておりませんが、もし、どうしてもNPO法人を設立したいとお考えの方は、私どもの事務所でもNPO設立の実績がございますので、ご相談下さい。 というわけで、ここでは、最も一般的におすすめできる形態である 一般社団法人および 一般財団法人について、詳しく解説させていただきます。 まず、設立にあたって特徴を把握していただくため、ご参考までに以下に会社との比較をまとめました。 手間はほとんど会社と変わりません。 少数ですが、 株式会社でないと許認可が下りない事業も存在します。 もちろん、役員等として働いた人に給与を支払うことは可能です。 一般社団法人・一般財団法人設立にかかる費用 必要な費用を表にまとめました。 専門用語が並んでますが、気にせず金額だけ見て下さい。 会社と違い 「紙の定款の場合」と「電子定款の場合」とでは、金額が変わりません。 説明を読んで、 一般社団法人または 一般財団法人をつくることを決意されたという方は、設立の手続きに入る前に確認すべきポイントがありますので、 「許認可を確認しよう」へと進んでください。 日本全国よりご依頼いただき、2000件超の実績があります! 過去に依頼実績がある地域はこちら 【北海道地方】北海道 【東北地方】青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県 【関東地方】茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県 【中部地方】新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県 【近畿地方】三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県 【中国地方】鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県 【四国地方】徳島県,香川県,愛媛県,高知県 【九州地方】福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県 【沖縄地方】沖縄県 おかげさまで全都道府県からの依頼を受けることができました。

次の