ライン 友達 削除 する に は。 LINE友達を削除するやり方とメリット!友達リストを整理しよう!

【裏ワザ !?】あまり知られていない【LINEの友達を削除する方法】

ライン 友達 削除 する に は

LINEで友だちを削除すると相手にバレるのか? 企業のLINEアカウントなら躊躇なく削除できますが、以前に勢いで友だちになった人とか削除したら相手にバレるのかな…?という心配をする人もいるでしょう。 結論から言うと、よく連絡を取り合うような人なら多分バレます。 削除するとどうなるのかをざっくりまとめました。 削除したことは相手に通知されない• 自分の友だちの一覧からは消える(相手の一覧からは消えない)• トーク履歴は残る• 自分からトークを送ることができる• 相手からトークを送ることができる(が、自分には表示されないので永遠に既読にならない)• 相手から音声通話をしても繋がらない(相手には永遠に発信音が流れるだけ)• 自分の投稿が相手のタイムラインに表示されなくなる 削除されたことは明確に相手に伝わることはありません。 しかし、相手から自分宛てに送られたトークが既読にならなかったり、タイムラインが見えなくなる状況から「あれ?もしかしてブロックされてるのでは?」と感づかれる可能性が高いです。 普段ほとんど連絡取らないけど友だち解除すると面倒になりそうな場合は、削除ではなく非表示にしてうまくやり過ごしましょう。

次の

LINE無料スタンプ目当てで追加した「友達」を削除する方法

ライン 友達 削除 する に は

LINEは相手を削除してもばれない LINEで削除・ブロックした場合ですが 削除してもすぐに相手にバレることはありません。 ボタンを押したからといって瞬時にLINEでそういった通知はされませんのでご安心を。 こっちに通知がきませんが、相手はこちらにメッセージを送ることができます。 でも、相手はメッセージを送っても いつまでも既読がつかない状態になるんですね。 長い間既読がつかないので相手も 「ブロック・削除された」と感づくとは思います。 友達削除機能・ブロック・非表示の違い イマイチ違いが分からない!という方に機能について紹介します。 それぞれ簡単に表にまとめました。 表にするとわかりますがどれを選んでも自分の友達リストから消えて、相手にもなんら影響がないです。 連絡を取りたくない人を完全に消したい! LINEスタンプ目当てで友達追加したアカウントの通知がうっとおしい! なんて時に使えます。 条件としては削除するにはまず相手をブロックしなくてはいけません。 ブロックをしても削除と同様に相手にはそのことが通知されることはないので安心して下さい。 注意しておきたいのがブロックや非表示と違って一度 削除機能を設定すると 解除することができなくなります。 ただ 復活させる方法もあるので記事の後半で紹介しますね。 削除との違いは ブロックさえ解除すればすぐに元通りにできるとこですかね。 友達リストからは消すことができますが、 相手からのメッセージは受け取る事が可能です。 ブロックや削除まではいかないけど友達が増えすぎて整理したい場合などに有効です。 LINEで友達を削除する方法 削除する手順 1 相手をブロックする 削除するためにはまず相手をブロックしないといけません。 ブロックをした後は最初の画面に戻ります。 LINEで削除した友達を復活させる方法 もしも削除してしまった人との 「トーク履歴」が残っていれば再度友達追加することができます。 トーク履歴も消してしまった!という方は残念ながら復活させることはできません。 相手のLINEに自分の名前を残したくない LINEで友達削除をしても相手にはまだあなたの名前は表示はされています。 相手に自分の名前を表示されないようにするにはあなたの LINEのアカウントを一度削除する必要があります。 現段階では残念ながらこの方法しかないようです 削除したい相手一人の為にそこまではしたくない!よく連絡する友達まで消えることになるし!LINEのグループも消えるし! こういう愚痴もいいたくなりますがその機能が備わる日を待つしかなさそうですね おわりに 私もLINEを最初にはじめた時は、「友達を自動的に追加する」などを全部設定して、連絡をとりたい人からそうでない人まで一斉に友達になって焦った時もありました。 その時は、一度アカウント削除してまたやり直し。 LINEやっていることはすでにバレてるのであまり意味ないですが。 ブロック等をしたことはいずれ相手にも伝わるでしょうが、どうしてもやらざるを得ない状況になった時は仕方のない事だと思います。 安心して使う為にも、これらの機能の上手に活用していきましょう!.

次の

Android 版 LINE の友達を削除する方法と削除時の注意点

ライン 友達 削除 する に は

相手の友達リストには自分の表示は残りますのでここから削除された場合すぐにブロックしたことが友達にバレることになるので当然ともいえます。 過去に相手の友達の投稿へ付けた自分のいいねやコメントは削除されることなく残ります。 これも急に消えてしまってはすぐにバレることになるので当然ともいえます。 自分のホーム上では「まだ投稿がありません」と表示されます。 LINEのホームとは自分が投稿したものが表示される掲示板のようなものです。 公開範囲は任意で変更できるのですが今まで見れていたものが急に見えなくなるとブロックを疑いそこからバレるかもしれません。 また相手のタイムライン上で自分がした投稿が削除されますのでここから気づかれてバレる可能性もあります。 グループトークの場合にはブロック前と変わらず特に何かが削除されることなくいままで通りトークが表示されます。 相手のメッセージも同じ見え方ですしトークも可能ですが個別のトークは出来ないのでそこからブロックされているとバレるかもしれません。 ちなみにブロックした自分のLINEではどのように見えるのでしょうか。 ブロック機能は相手の存在をできるだけ隠したいということなので可能な限り相手を認識できないように変更されると考えてください。 まず自分のLINEで友達リストから相手が削除されることになります。 これはブロックされた相手方のLINEで起こることと違っていますね。 また過去の自分のタイムラインの投稿に相手がつけた「いいね」やコメントは削除されることはありません。 この点はブロックした側もされた側も同じといえます。 次にブロックした相手のホームやタイムライン投稿は閲覧できない状態になります。 そして自分のタイムライン上でも相手の投稿が削除されているように表示されなくなります。 相手方の状態でも説明しましたがタイムラインには公開範囲を設定することが出来るようになっていますがそれとは関係なく表示されなくなります。 次は重要ですがブロックした友達とのトーク画面で相手とメッセージの送受信ができなくなります。 ブロックした時からブロック相手がいくらメッセージを送っていてもこちらは気づくことが出来ません。 ただ今までブロックする前にしていた友達とのトーク履歴はブロック後もそのままの見え方です。 LINEで相手を非表示にしてから削除した場合には相手からどう見えるのでしょうか?上でも説明したとおり非表示にしても相手のLINEにブロックのような効果はありませんのでいままでと何も変わっていないように見えます。 相手にトークも送ることが出来ますし無料電話も掛けることが出来ます。 ブロックとは違って拒絶する意味はありませんのであまり効果はないかと思います。 つまり非表示から削除したとしてもブロックして削除する場合のようなことにはなりません。 そのため非表示から削除という方法を実際に使用する場面はあまり多くないと言えると思います。 非表示から削除するんであればブロックしてから削除という方法を取る場面のほうが多いと思います。

次の