東洋鋼鈑。 東洋鋼鈑(洋鋼鈑)【5453】の業績・財務推移[通期・半期・四半期]|株探(かぶたん)

「東洋鋼鈑」のニュース一覧: 日本経済新聞

東洋鋼鈑

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

東洋鋼鈑 (5453) : ニュース・適時開示 [Toyo Kohan]

東洋鋼鈑

スポンサーリンク 東洋鋼鈑のサラリーマンの住宅ローン借入額 東洋鋼鈑社員の場合はどれくらいのローンを組むのが良いでしょうか。 まず、住宅ローンを組むなら30歳あたりで組むと定年までに返済が終わるのでオススメです。 なので今回は東洋鋼鈑に勤めている、30歳で年収562万円のサラリーマンの場合で考えてみましょう。 住宅ローンは返済額が手取り月給の25%くらいまで抑えられていれば良いかと思うので、その場合の住宅ローン借入額を計算してみます。 ボーナスが4. 4ヶ月で年収562万円の場合は手取り月給が25. 9万円となるので、そのうち25%の6. 48万円をローン返済に回すということであれば比較的安全に返済できるかと思います。 月々6. 48万円返済のローン借入額 毎月6. 48万円返済の場合、金利1. 110%の35年ローンで計算すると ローン借入額は2250万円となります。 東洋鋼鈑で30歳の場合、この金額までなら返済の負担をそれほど心配せずに借りても大丈夫かと思います。 東洋鋼鈑社員の住宅ローン借入限度額 参考までに東洋鋼鈑で30歳のサラリーマンの借入限度額を計算すると5700万円で、この場合は月々の返済額が16. 4万円となります。 住宅ローンについてもっと詳しく知りたいなら も書いています。 年収を入力して計算することもできるので、違う年収の場合の住宅ローンの借入目安額を計算する場合はこちらも試してみてください。 人気の記事•

次の

東洋鋼鈑株式会社の年収や生涯賃金など収入の全てがわかるページ【年収ガイド】

東洋鋼鈑

決算年月日 2014年3月31日 2015年3月31日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 現預金等 22,838 18,202 22,007 21,091 20,577 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 51,150 53,844 63,515 61,661 60,917 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 47,467 47,533 51,462 48,442 47,956 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 624 660 4,830 5,172 4,466 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 7,611 13,802 14,921 16,163 14,490 総資産 資産合計。 129,690 134,041 156,735 152,529 148,406 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 40,642 35,348 56,273 47,425 44,505 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 5,037 9,231 12,044 17,428 14,842 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 84,011 89,462 88,418 87,676 89,059 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 61,661 60,903 61,049 59,526 60,917 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 48,442 47,292 46,557 47,013 47,956 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 5,172 4,978 4,699 4,555 4,466 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 16,163 15,630 15,078 15,169 14,490 総資産 資産合計。 152,529 150,026 150,779 148,363 148,406 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 47,425 36,802 37,085 35,002 44,505 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 17,428 24,781 25,056 24,402 14,842 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 87,676 88,443 88,638 88,959 89,059 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 103,482 104,933 104,237 105,703 - その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 27,998 25,141 27,554 25,969 - その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 9,962 7,947 9,891 10,266 13,379 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -6,713 -10,370 -13,917 -7,177 -5,954 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -852 -1,442 8,096 -3,928 -7,892 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 3,071 - 7,621 - 5,758 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -3,658 - -1,648 - -4,306 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -2,420 - -3,629 - -4,263 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 676位 758位 696位 718位 512位 総資産 資産合計。 775位 772位 733位 762位 703位 現預金等 640位 791位 731位 819位 651位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 629位 642位 652位 684位 614位 現預金等増減 590位 2,354位 460位 2,210位 1,603位 0位 昭和34年1月5日 昭和56年4月 当社入社 平成17年4月 当社本社電子材料部長 平成20年12月 当社生産本部製板部長 平成22年4月 当社参与生産担当兼薄板・めっき工場長 平成23年4月 当社参与資材・SCM部長 平成24年4月 当社執行役員営業管理担当兼資材・SCM部長 平成25年4月 当社執行役員鋼板事業部長 平成28年4月 当社常務執行役員鋼板事業担当兼営業管理担当兼下松事業所担当 平成28年6月 当社取締役常務執行役員鋼板事業担当兼営業管理担当兼下松事業所担当 平成29年4月 当社取締役常務執行役員鋼板事業、営業管理部門、下松事業所管掌 平成30年4月 当社取締役専務執行役員鋼板事業、下松事業所管掌 平成30年6月 当社代表取締役社長兼鋼板事業管掌現在に至る 昭和29年2月6日 昭和51年4月 当社入社 平成9年6月 当社本社営業管理部長 平成13年6月 当社本社販売第1部長 平成13年10月 当社本社缶材部長 平成18年4月 当社執行役員鋼板営業本部鋼板営業部長 平成19年4月 当社執行役員社長室長 平成22年4月 当社常務執行役員海外事業担当 平成22年6月 当社取締役常務執行役員海外事業担当 平成23年9月 当社取締役常務執行役員海外事業担当兼海外事業部長 平成24年4月 当社取締役常務執行役員財務・総務・人事担当 平成25年4月 当社取締役常務執行役員管理担当 平成26年4月 当社取締役常務執行役員CSR・リスクマネジメント事務局担当兼管理担当 平成26年6月 当社取締役常務執行役員経営企画担当兼CSR・リスクマネジメント事務局担当兼管理担当 平成27年4月 当社取締役専務執行役員経営企画管掌兼管理管掌 平成27年11月 当社取締役専務執行役員経営企画管掌兼管理管掌兼機械事業管掌 平成29年4月 当社取締役専務執行役員経営企画部門、管理部門、財務部門、機械事業部門管掌 平成30年4月 当社取締役専務執行役員経営企画部門、管理部門、財務部門管掌現在に至る 昭和34年12月19日 昭和61年4月 東洋製罐株式会社 現東洋製罐グループホールディングス株式会社 入社 平成19年6月 東洋製罐グループ綜合研究所派遣同社部長待遇 平成21年6月 当社技術研究所副所長 平成22年4月 当社技術研究所長兼研究部長 平成23年4月 当社技術開発担当兼技術研究所長兼研究部長 平成25年4月 当社執行役員技術開発担当兼技術研究所長 平成26年4月 当社執行役員電子材料事業部長兼技術開発担当兼事業推進室長兼技術研究所長 平成28年4月 当社常務執行役員電子材料事業部長兼技術開発担当兼技術研究所長 平成28年6月 当社取締役常務執行役員電子材料事業担当兼化成品事業担当兼技術開発担当兼技術研究所長 平成29年4月 当社取締役常務執行役員電子材料事業、化成品事業、技術開発部門管掌兼技術開発部門長兼技術研究所長 平成30年4月 当社取締役専務執行役員機能材料事業、技術開発部門管掌 平成30年6月 当社取締役専務執行役員機能材料事業、技術開発部門、下松事業所管掌現在に至る 昭和34年1月9日 昭和60年4月 当社入社 平成16年8月 当社本社電子材料部長 平成17年4月 鋼鈑工業株式会社出向 平成18年1月 当社本社電子材料部長 平成18年4月 当社機能材料事業本部電子材料部長 平成20年4月 当社機能材料事業本部技術センター長 平成22年4月 当社参与電子材料事業担当 平成23年1月 当社参与電子材料事業担当兼電子材料部長 平成23年4月 当社参与電子材料事業担当 平成24年4月 当社執行役員電子材料事業部長 平成25年4月 鋼鈑工業株式会社取締役専務執行役員当社執行役員電子材料事業部長 平成26年4月 鋼鈑工業株式会社代表取締役社長現在に至る 平成27年11月 当社執行役員機械事業担当 平成28年4月 当社常務執行役員機械事業担当 平成28年6月 当社取締役常務執行役員エンジニアリング担当兼機械事業担当 平成29年4月 当社取締役常務執行役員エンジニアリング部門管掌兼機械事業部門長 平成30年4月 当社取締役専務執行役員機械事業部門、エンジニアリング部門管掌兼機械事業部門長現在に至る 昭和27年6月12日 昭和51年4月 通商産業省入省 平成4年6月 資源エネルギー庁石炭部鉱害課長 平成5年5月 佐賀県商工労働部長 平成8年5月 生活産業局繊維製品課長 平成9年6月 生活産業局紙業印刷業課長 平成11年6月 日本貿易振興会インドネシア・ジャカルタセンター所長 平成13年7月 大臣官房審議官 通商戦略担当 平成14年7月 情報処理技術者試験センター所長 平成17年6月 志布志石油備蓄株式会社常務取締役 平成19年4月 丸紅株式会社顧問 平成20年4月 丸紅株式会社執行役員 平成25年4月 丸紅株式会社顧問 平成25年7月 一般財団法人日中経済協会専務理事 平成28年6月 当社社外監査役現在に至る 平成29年4月 日本経済大学経営学部教授現在に至る 決算年月日 2014年3月31日 2015年3月31日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 従業員数(単独) 1,197人 1,222人 1,218人 1,223人 1,255人 従業員数(連結) 2,153人 2,194人 2,804人 2,809人 2,815人 平均年齢(単独) 40. 2歳 39. 5歳 39. 5歳 38. 6歳 38. 7歳 平均勤続年数(単独) 18. 7年 17. 5年 17. 9年 16. 6年 16. すべて• powered by 訂正有価証券報告書や大量保有報告書等の内容を確認するにあたっては、当サイト内の「EDINET提出書類一覧」ページ、あるいはをご参照頂きますようお願い致します。 『Ullet』では投資に関連する情報を提供しておりますが、投資の勧誘を目的とするものではありません。 当サイトを利用しての情報収集・投資判断は、利用者ご自身の責任において行なって頂きますようにお願いいたします。 また、当サイトは、相応の注意を払って運営されておりますが、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。

次の