ぼたん こしょう。 北信州の伝統食、「ぼたんこしょう味噌」と「なめ茸」が限定販売中!

信州中野の伝統野菜 ぼたんこしょう|ぼたんこしょうについて

ぼたん こしょう

Social Problem あなたの周りで起きている問題• Your Problems あなたのお悩み• Healthy Food 健康的な食生活• Hot Topics 人気の話題• Organic Recipe 今日食べたいオーガニックレシピ• Organic Shop オーガニック・ベジタリアン店• 連載特集を組んでいた「信州・伝統野菜」。 今回は「ぼたんこしょう」をお伝えしたいと思います。 ぼたんこしょうとは、ナス科トウガラシ族のピーマン型トウガラシで、ピーマンよりも高い抗酸化活性を持っています。 70年以上の栽培歴を持ち、1,000m近い標高の冷涼な気候の地域でしか辛く大きくならないのでこの野菜は信州だけのものと言えます。 唐辛子の様な辛さに、ピーマンの様な果肉に甘さを持ち合わせているのが特徴で肉厚な果実の先端周辺には、深い溝があり、複雑な形状が牡丹の花のように見えることから「ぼたんこしょう」と呼ばれるようになったといいます。 北信州の中心都市である、中野市は斑尾山の麓にあります。 中野市(旧豊田村)永田西組地区では古くから唐辛子が作られてきました。 旧永田村の標高の高い地域では、昔から隣接する信濃町や飯綱町などと姻戚関係があり、交流も深く、種子をやりとりする中で栽培が広まっていったという話もあるそうです。 その後、自家用として栽培が続けられ、自家採種により独自の唐辛子となった経緯があります。 平成に入って豊田村商工会を中心に産地化にむけた生産振興が図られ、一時生産者が増加しましたが、標高の低いところでは品質が安定しません。 やはり標高が高いとこの方が栽培に適しています。 新潟県の中越地方(十日町市、魚沼市、小千谷市あたり)でも同じような唐辛子が栽培されており、果実形状が神楽の獅子面に似ていることから、こちらは「かぐらなんばん」と呼ばれています。 「ぼたんこしょう」と果実形状や栽培環境も類似していますが、昔から千曲川(信濃川)を介して交流があったと考えられ、北信州と中越地域の山間部で似た唐辛子が栽培されてきたと考えられています。 ぼたんこしょう味噌はこの地域に伝わる伝統食 ぼたんこしょう味噌はこの土地に古くからある郷土料理です。 鍋に味噌、砂糖を入れ弱火でまぜ、みじん切りにしたぼたんこしょうを練りこみ、そのあと青じそを加え、なじませたものです。 熱々のご飯の上にのせて食べると、結構やみつきになります。 鮮やかな紅色のぼたんこしょうは通常販売はされていないのですが、大変貴重で青いものに比べるととてもまろやかな辛みを持っています。 独特の旨味を出すためにぼたんこしょう味噌に加工するときは必ずこの紅色のものを混ぜます。 「ぼたんこしょうなめ茸」は、ぼたんこしょうと中野市産「えのきたけ」を炊き込んだ「なめ茸」です。 ぼたんこしょうの緑色と赤色の実をみじん切りにして入れてあり、商品は辛口と甘口の2種類。 伝統野菜を守る「斑尾ぼたんこしょう保存会」のみなさん 斑尾ぼたんこしょう保存会は、ぼたんこしょうの保存と普及を目的に斑尾山麓の長野県中野市(旧豊田村)永江地区(永江、親川、梨久保、涌井)の農家の有志が集まり平成20年3月に創設。 同年長野県の「信州の伝統野菜」に選定され、伝承地栽培認定を受けました。 これまで限られた地域で栽培され各農家独自の方法で行っていた自家採種から、品質の向上、安定化を図るため北信農業改良普及センター協力のもと栽培方法の研究を行い、良質な種を継承することで、現在では10トンもの安定した収穫が可能となっています。 現在会員数は24名。 良品質の種を継承し、ぼたんこしょうの生産・販売を行っています。 ぼたんこしょう料理の講習会の開催をはじめ、地元飲食関係ご協力のもと、ぼたんこしょうを使用したオリジナルメニューの推奨等、「多くの方に味わって頂きたい」と様々な活動をしています。 保存会では道の駅「ふるさと豊田」や「まだらおの湯」「もみじ荘」等の温泉施設「JAふるさと豊田農産物直販所」での販売の他に通信販売、首都圏への出荷も増加し「ぼたんこしょうなめ茸」等オリジナル商品も生み出しています。 第47回県調理師会料理コンクール大会「信州の伝統野菜料理部門」において「ぼたん こしょう入りやたら」が最高位の「県知事賞」に輝きました。 こちらが北信濃の一部地域の伝統的な郷土食「やたら」。 この語源は「やたらに野菜を何でも入れるから」とか、「やたらめったに野菜を切るから」と諸説あります。 このやたらの作り方はいたってシンプル。 ナスとミョウガを主に、キュウリ、オクラ、青唐辛子、大根の味噌漬けなど加えて熱々のご飯にのせるだけ。 これと熱い味噌汁があったら朝御飯にも良さそうです。 唐辛子や生姜は、 陰陽理論的には、冷やす食材です。 熱帯性の野菜や果物は体を冷やす効果があるので、夏以外は食べない、寒い日は食べない、病気の時は食べない、という認識の方も多いかと思います。 辛いものをたくさん食べると、汗がたくさん出ます。 ということはカラダを冷やそうとする作用です。 けれども少しだけ食べるとぽかぽかしますよね。 これは生姜も同じですが、血流を良くする成分が含まれているからです。 血流アップ食材として代表的なものは、ニンニクやタマネギなどのユリ科野菜、ブロッコリーなどのアブラナ科野菜、抗酸化成分を多く含む緑黄色野菜などです。 それに加えてポカポカさせる食材というものもあります。 体を温めて血管を広げ、結果的に血流を上げるように働くもので、唐辛子やシナモンなどのスパイス類はこれに当ります。 とはいえ、過度に摂り過ぎるとやはり冷えを招きますので適量で。 スローフード、それはその土地の伝統的な食文化や食材を見直す運動 信州の伝統野菜についてこれまで何度かお伝えさせていただきました。 地産地消の考え方が徐々に浸透していく中で「そこでしかとれない伝統野菜」は非常に大切な農産物だと考えられます。 固定種の野菜は、毎年、栽培して種を収穫して、またその種をまくことで受け継がれてきました。 スーパーなどで販売されているF1種(雑種第一代)の野菜に比べると病気や害虫に弱い上に、栽培に手間がかかり、効率性は決して良いとは言えず、おまけに大量生産できません。 しかしこれは私たち消費者にとってデメリットでしょうか? ひとつひとつに歴史や物語があり、郷土食、伝統食に欠かせないものも少なくない伝統野菜は、安さだけにつられる食生活からできるだけ脱し、「意味のある食材」を自分と、そして次世代に語り継いでいきたいと考える人にとっては守り続けなければいけないものです。 同時に伝統野菜を守り続ける農家さんたちが農業従事高齢化の波に負けずに奮闘している姿を少しでもみなさんにお届けしたかった思いがあります。 スローフードという考え方は、1986年にイタリアのカルロ・ペトリーニによって提唱された国際的な社会運動で、ハンバーガーのファストフード店がローマに出店しようとした際に反対運動を起こしたことに端を発していますが、その土地の伝統的な食文化や食材を見直す運動とも言えるものです。 持続可能な食文化を見直し、地元の小規模事業(農業)を支える等のその目的は、農産物のグローバリズムに反対する政治的な位置づけ、とまで言ってしまうと少々過激ですが、奇しくも最近よく目にする大手ファストフード店の食品汚染問題が安全な食についてのあり方と本質を浮き彫りにしているように見えて仕方ありません。 今まさに、「顔が見える食材」が求められている時代なのではないでしょうか。

次の

農産物の紹介「ぼたんこしょう」

ぼたん こしょう

家庭菜園初心者向けのピーマン ピーマンは初心者でも失敗が少ないピーマンはとても好まれる家庭菜園のひとつで、栄養価も高く収穫時期も長いです。 さらに苗が大量に出回るので初心者は苗から育てるとより簡単に育てられます。 苗を選ぶときはすでに一輪くらい開花していて茎が太くしっかりしているものがいいです。 外気の寒さに弱いため十分暖かくなる 5月から植えて収穫は6月ごろできるようになります。 そして、株が疲れなければ霜が降りる時期まで長い時期収穫できます。 肥料も家庭で出る残飯などが利用できるのです。 コーヒーかすや野菜くずなどが利用できるのです。 このようにとても手軽で育てやすく、とても長く収穫できる家庭菜園の一つなのです。 トウガラシの横にピーマンを植えると辛くなる? 手軽で育てやすいピーマンですが、こんなに手軽なのに何故辛いピーマンになってしまったりするのでしょうか? よく、同じ畑でトウガラシやしし唐などと一緒に植えると辛くなると言われています。 これはあながち間違えではありませんが、必ず辛くなるわけではありません。 では何故辛くなる時もあるのかというと、ピーマンもトウガラシももとはナス科の植物です。 しかし、ピーマンには辛みの遺伝子はないので普通に育てば辛くなることはまずありませんが、トウガラシもピーマンも親戚のようなものなので受粉の際に何らかの理由でお互いの品種同士で受粉してしまって辛いピーマンが出来上がることがあります。 なので、 トウガラシなどピーマンと親戚の辛みの野菜を隣に植えると稀に辛いピーマンが出来るというわけです。 スポンサードリンク ピーマンじゃない?辛いピーマンってあるの? ピーマンにそっくりなトウガラシが長野に存在します。 「ぼたんこしょう」という名前で見た目は本当にピーマンそっくりです。 長野県中野市の伝統野菜で相当辛い物です。 普通のトウガラシは暖かい気候で育ちますが、ぼたんこしょうは標高が高いところでないと辛みを持たないので過酷な栽培下で栽培します。 ピーマンに似ている為ピーマンと間違ってしまう人もいるほど。 ピーマンと同じ夏野菜でいびつな形のものほど辛いぼたんこしょうは野菜のふりかけにしてみたり、ナスと一緒に味噌で炒めたりと食べ方もピーマンとにたものが多いです。 辛いピーマンと思ってたらぼたんこしょうだ、という事もあるかもしれません。 まとめ 初心者にも育てやすく、料理のレパートリーも多く収穫時期も長いというとても万能な夏野菜のピーマン。 せっかく畑で育てるのなら美味しくいただきたいものですが、他の同種の野菜に影響される野菜でもありました。 育てやすさの為、色々な野菜と同時に育てることが多いかもしれませんが、同じナス科の野菜とはちょっと話した状態で栽培する方がいいようです。

次の

北信州の伝統食、「ぼたんこしょう味噌」と「なめ茸」が限定販売中!

ぼたん こしょう

信州中野市の伝統野菜のぼたんこしょう 何気にピーマンなんですが実は唐辛子の仲間です、当然辛いんですよ、まぁトウガラシですから・・・でも騙されるんですよこの形に、でも食べると美味いんですよ。 辛いだけどこの暑い時期にいっぱい食べたくなるんです、食が進むって言うんでしょうかこれだけあれば他は無くても大丈夫って感じです。 ぼたんこしょうとは・・・ ナス科トウガラシ族のピーマン型トウガラシで、ピーマンよりも高い抗酸化活性を持ち辛み成分のカプサイシン、ビタミンA、ビタミンC、の他に豊富なミネラル、フェノールやギャバが含まれています。 70年以上の栽培歴を持ち、1000m近い標高の冷涼な気候の地域でしか辛く大きくならず、唐辛子の様な辛さに、ピーマンの様な果肉に甘さを持ち合わせているのが特徴で肉厚な果実の先端周辺には、深い溝があり、複雑な形状が牡丹の花のように見えることから「ぼたんこしょう(ぼたごしょう)」と呼ばれるようになりました。 種のついている白い芯の部分に強烈な辛み成分があり、肉厚な果肉の甘みと絶妙にバランスされ、辛さの中に甘みがある癖になる美味しさです。 引用元 信州中野の伝統野菜 ぼたんこしょう リンク 近所のスーパーに、地元の方が作った「野菜」を売っているのですがその中に季節になるとピーマンと一緒に売っています、朝早く開店と同時くらいにいかないと売り切れちゃうこともたびたび・・・。 ぼたんこしょうをどうやって食べるのか? ぼたんこしょう・ミョウガ・ナスとお漬物等を細かく刻んで食べる「やたら」という食べ方や「あぶらみそ」等があります。 調理するのが面倒なので私の食べ方はいたって簡単な方法で・・・火あぶり~。 コンロの網の上に置く前に、当然ですが洗ってくださいね、強火で一気に焼いちゃいますが目を離すと直ぐ焦げちゃうので注意して・・・写真撮ってたら焦げちゃいそうですね・・・。 この時できれば、ヘタの部分は取っておいた方が良いかもしれませんね半分に切って焼いても良いんですが私は、あまり細かくしたくないので最初にヘタを取ってから網の上に置いてます。 見事に黒く焦げてますねぇ~、これぐらいが実は美味いんですよ、この後熱いんですが包丁で好みの大きさに刻むんですが、ある程度こしょうが冷めてからなんて言わないで熱いうちに 熱いうちに切ってみました、指先っちょが熱いんですけど火傷するほどではないので美味い物を食べるには少しぐらいは我慢が必要ですか? この時、種やら中のワタ等はそのままつけています、これが美味いところですから間違っても取って捨てないようにお願いします。 次に密閉のできる容器に刻んだこしょうを入れるのですが、倒してもこぼれないような容器が良いですね我が家では100均のガラス瓶を使ってます、これで8年目に突入してるので元は充分取れましたね。 こしょうが冷めてから容器に入れてください、温かいままでもイイチャいいんですけどね。 ガラス瓶を上から見た写真?いるのかな・・・ この容器に醤油を入れるのですが、早い話が醤油漬けを作るって事ですので容器に半分くらいの醤油を注いでください。 他の調味料等は私の場合入れません、醤油だけで十分美味しくいただけますので、この段階でつまみ食いしても十分美味しいと思います。 白いご飯に載せて食べても、そうめんやそばのつゆに入れても良いですしそのままお酒のつまみにもなりますね。 醤油につけて一週間から十日くらいまで美味しくいただけると思います、その後の醤油も他の料理に使ったりと我が家ではこの時期の信州中野市の伝統野菜「ぼたんこしょう」は重宝しています。 ちなみに「万願寺とうがらし」ってヤツもあります ししとうみたいな形ですがししとうよりはかなり大きいので見分けはつくと思います、これも甘とうがらしの一種だそうですが私には普通のししとうでした。 基本的な調理方法は一緒です、我が家の子供たちはこは食べやすいって言ってますが辛みが・・・。 私が食べた物が、この時それほど辛みの強い物ではなかったのかもしれませんが「赤万願寺とうがらしはブランド京野菜」だそうです。 食してみて 信州中野市の伝統野菜「ぼたんこしょう」地元の伝統的な野菜ってものを食べるようにしないといつか無くなってしまうのでと心配になります。 我が家の子供たちも食べながらこれが「ぼたんこしょう」中野市のねぇ~なんて言いながら食べています、若い世代の人たちがどんどん食べてくれれば生産者の方も増えて無くなるような事はないと思います。 地産地消ってだいじなんですねぇ~ ぼたんこしょう入りなめ茸 長野県産のエノキタケとぼたんこしょうを使用したなめ茸で、ぼたんこしょう特有のピリッとした青辛さが食欲を誘い、やみつきになる味わいです。 ご飯のお供に・お酒のおつまみに最適です。

次の