カーテン カビ 落とし。 シャワーカーテンのカビをとる方法を教えて!|おうちにプロ

カーテンにカビが生える原因とは? カビの落とし方と予防法をご紹介|オーダーカーテンオンラインショップ【WARDROBE sangetsu】

カーテン カビ 落とし

お部屋のカーテンに、実はとてもカビが生えやすいことをご存知ですか? 特にレースのカーテンは窓の結露などでカビが発生しやすくなっており、こまめなチェックが必要です。 もし黒いポツポツが見つかったら、すでにカビが発生中。 カーテンのカビは、体にさまざまな悪影響を及ぼすので、ただちに退治しましょう。 【カーテンのカビを放置するとこんなに危険】 カーテンのカビは普段生活している中ではあまり目立たないかもしれませんが、放置しておくと室内にカビの胞子を大量に飛ばし、いろいろなアレルギー症状を引き起こす原因になります。 例えば、皮膚に付くとアトピー性皮膚炎に、鼻に入るとアレルギー性鼻炎に、肺に入ると気管支ぜんそくや肺炎を引き起こし、悪化すれば呼吸困難に陥ることも。 カーテンのカビを発見したら、ただちに除去したいものです。 【カーテンのカビの落とし方】 カーテンのカビは通常の洗濯だけで除去することはできません。 「カビキラー」などのカビ取り洗浄剤や、キッチンなどに使用する塩素系漂白剤を使用して、カビを除去してから洗濯するようにします。 【カビ取り洗浄剤を使う場合】 発生から時間の経った頑固なカビには「カビキラー」などのカビ取り洗浄剤の使用がおすすめです。 カーテンの黒カビ部分にカビ取り洗浄剤をたっぷりと吹きかけ、5~10分放置します。 このとき「弱水流モード」「手洗いコース」「ドライコース」などで洗うようにするとよいでしょう。 また、柔軟剤も使うと静電気予防になり、カーテンが汚れにくくなります。 早く乾かしたいので、窓を開けて風を通すか、除湿機などの使用をおすすめします。 塩素系漂白剤を使う場合 初期のカビなら「キッチンハイター」などの塩素系漂白剤でカビ除去が行えます。 ただし、漂白剤なので色柄もののカーテンにはむきません。 塩素系漂白剤の分量は表記されている量よりやや多めに入れ、かきまぜます。 カビの部分は歯ブラシでこすると落ちやすくなります。 洗濯用洗剤液を使う場合 色柄もののカーテンの場合は、洗濯用洗剤駅を使ったカビ取り方法がおすすめです。 タオルをずらしながら、この作業を繰り返します。 カーテンのカビを落とす際の注意点 最初にカーテンの洗濯マークを確認します。 洗濯機洗いと水洗いが可能かどうか確かめた上で、カビ退治に取りかかりましょう。 カビ取り洗浄剤や塩素系漂白剤を使用する場合は、カーテンの目立たない場所に液を付け、色落ちなどしないかどうか確認してから作業をすすめます。 作業中は手袋を使用し、薬剤などが目に入らないようメガネをかけるのもいいでしょう。 また、必ず換気扇を回しておきます。 カーテンのカビ取り方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 細心の注意を払っても、カビ落としではどうしても生地を痛めてしまう可能性があります。 場合によっては思い切って買い換えるのもおすすめ。 カーテンが新しくなると部屋全体が明るくなり、気分まで軽やかになります。

次の

レースカーテンのカビや黒ずみを落とす方法!白さを戻す洗濯のコツ!

カーテン カビ 落とし

「カビ」・「雑菌の繁殖」・「ダニの発生」・「悪臭」 こんな状態のカーテンは部屋の中にあるだけで 健康被害にも大きく影響を及ぼしますし、風に吹かれたり、窓を開閉する際に汚れや菌を部屋中に拡散させてしまう恐れもあるんです。 特にカビの胞子やダニはアレルギーやアトピー・喘息の原因となってしまうリスクもあるため、防止を兼ねる意味でも「定期的なクリーニング」を心掛けるようにしてください。 カーテンは、自宅(自分)で洗っても大丈夫な種類のものと自宅(自分)では洗えない種類のものがあります。 カーテンは材質ごとの収縮率によって水(丸)洗い出来るものと溶剤(油)を使ったドライクリーニングするものとに分けられます。 例えばポリエステル素材のレースカーテンなどは縮むことはほとんど無いため、家庭の洗濯機などで洗ってしまっても問題ありません。 一方綿や麻といった素材を使った混紡カーテンや目詰めされずに生産されたカーテン、オーダーメイドされたシルクや麻のカーテンは収縮率が高く、中にはドライクリーニングであっても縮んでしまう恐れがあるものもあるんです。 万が一これらを自宅で水洗いしてしまうと生地が傷んだり、最悪 思いっきり縮んでしまい使えなくなってしまうことも…。 一度生えてしまったカビは、洗濯して一見綺麗になったように見えても繊維の内部奥まで根っこをはっているため、 全て除去しないと何度でも発生してしまう厄介者なんです。 カビの色自体も残りやすく変色してしまう恐れもあるため、プロのクリーニング店でしっかり洗ってもらうようにしてくださいね。 カーテンクリーニングの正しい頻度 家事メディアやカーテン等インテリアクリーニングのサイトを調べてみると、カーテンのクリーニング頻度は年に1~2回がベストとされているようです。 ・ドレープカーテン=年に1回 ・レースカーテン=年に2~3回 ドレープカーテンはハウスダストや掃除で舞い上がり吸い込んでしまったホコリ、タバコのヤニ、料理のニオイなどを落とすために年に1度ほど。 レースカーテンは網戸の汚れや結露が原因で発生するカビの防止も兼ねて、梅雨入り前など年に2~3回クリーニングしておくと最適なんだとか。 「そんな頻繁にクリーニングは出来ない…」 と思われる方は、なども参考にしてみてくださいね。 カーテンクリーニングの値段と料金相場について それでは、カーテンをクリーニングに出すとどれくらいの料金がかかるのか、相場を確認していきましょう。 大手クリーニング店を中心に、専門宅や宅配クリーニング店なども調べてまとめてみました。 ただしカビ落としやシルク素材の取り扱い不可など、大手であってもカーテンクリーニングにおいては、専門性が少ないお店が混じっていることも見受けられます。 カーテンクリーニングにおすすめの宅配クリーニング カーテンクリーニングのお店を選ぶ際覚えておきたいのはお店に「カーテンクリーニングの専門性」があるかどうかが大事です! また注意しておきたいのが、「シルクなど高級素材の取り扱い」や「カビ落とし」といった専門メニューの有無についてと「送料」の存在です。 創業30年の実績を持つクリーニング会社によるサービスだから安心• 徹底された溶剤管理・京都式しみ抜き機など仕上がりもバッチリ!• シルク等繊細な素材も受付OK• 頑固な黒カビ専用メニュー有り 徹底された溶剤管理や京都式しみ抜き機の導入など技術・仕上がりレベルも申し分なく、高級スーツ・ダウン、革製品といった扱いが難しい品でも任せられると評判を集めている優良店! レースカーテンは丸洗い、ドレープカーテンは綺麗な溶剤でドライクリーニングを行い、乾燥は縮みのリスクを最小限に抑えた低温乾燥とカーテンに合わせたクリーニング方法を心得ているため安心して任せられます。 カビをきれいさっぱり落としてくれる黒カビ取りオプションもしっかり用意されており、その過程、Before、Afterも写真付きで公式サイトに公開、仕上がりがイメージしやすい点も魅力の一つです。 ドレープカーテンであれば裏地付きであろうと値段が変わらないので、裏地付きや遮光など他店舗では追加料金がかかるカーテンを出すのにもぴったり。 送料が一律1,500円と最安値ラインなのも大きなポイントです! また、シルクや麻といった繊細な素材のカーテンクリーニング実績も多いため、大事なカーテンを任せるのにもオススメですよ。 失敗しないお店選びのポイントは? お店選びのポイントをここでは少し詳しく説明しておきたいと思います。 繊細な素材の取り扱いが明記 シルクや麻といった素材が使われたカーテンは、ドライクリーニングであっても縮んでしまうほど繊細な扱いを求められる品です。 逆に言うと、シルクを受け付けている・今までにクリーニングした事がある=それほどカーテンクリーニングの技術があるお店、ということになります。 シルク・麻といった素材のカーテンをクリーニングするなら、必ず「専用メニュー」や「過去取り扱い例」が明記されているお店を選ぶようにしてくださいね。 カビ落としの専用メニューがある 何度も言うようですが、一度生えてしまったカビは洗濯して一見綺麗になったように見えても繊維の内部奥まで根っこをはっているため、 全て除去しないと何度でも発生してしまう厄介者です。 しかしちゃんとした技術を持ったクリーニング店であれば、手間はかかりますがこのしつこいカビを落とす技術をしっかり持っています。 ニオイの除去にはリセッシュやファブリーズなどの消臭スプレーがお手軽ですね ただし、カーテンに直撃させるよう至近距離で吹き付けると、成分に含まれる界面活性剤の作用で汚れの濃淡ができてしまい、シミができたように目立つことがあります。 消臭スプレーは、 霧がふわっと布に着地するよう、距離をとって吹き付けましょう。 消臭スプレーの中では、ハイジア(トップ)が優秀。 雑誌LDKによる消臭剤比較では、汗臭、焼肉臭、雑菌臭(雑巾臭さ)の異なる3種のニオイ全てに効果があったというオールマイティさです。 カーテンに目立つ汚れがなく、ニオイだけが気になる場合は、消臭スプレーを活用しましょう。

次の

カビつきカーテンは自宅で洗濯!洗濯機での洗い方カビの落とし方4選

カーテン カビ 落とし

ここではカーテンについたカビの落とし方を解説します。 カーテンには、カビが生えることがあります。 結露などの湿気と、部屋の壁際や窓際に集まる淀んだ空気や適度に暖かい温度の空気などが原因で、黒カビが生えたり、窓の汚れがカーテンに移ってしまい汚れることがあるのです。 カビをそのままにしておくと、健康被害につながります。 見つけたらすぐに落としましょう。 この記事ではカビの写真は使っていません。 安心してお読みください。 カーテンにカビが生えた場合の落とし方 1. 消毒用エタノールを含ませた布でカビの生えている部分の除菌をする カビは消毒用エタノールで落とすことができます。 消毒用エタノールは、カビのたんぱく質を分解し除去することができるのです。 消毒用エタノールはドラッグストアなどで買うことができます。 まず、古くなったタオルなどの布に消毒用エタノールを含ませます。 まずはカーテンの目立たないところにエタノールを付けてみて、変色などが起きないか確かめましょう。 変色などの問題がなければ、消毒用エタノールでカビを拭き取ります。 カビの生えている場所が小さければ、布の代わりに消毒用エタノールを含ませた歯ブラシや綿棒などを使ってもいいでしょう。 この時に、裏側にもタオルなどであて布をして拭くと、落としやすいです。 洗濯表示を確認する カビの除菌をしたら洗濯をします。 洗濯の前に、カーテンの洗濯表示を確認しましょう。 洗濯表示に沿って洗濯をする 洗濯表示を見て、家で洗えるものであれば、その表示に従って洗濯をしましょう。 ・手洗い表示 ・洗濯液の温度の上限 ・洗濯機での洗い方の弱さ などの表示がある場合があります。 脱水時間も30秒や1分程度の短い時間にします。 洗濯機を使う場合は、カーテンのプリーツに沿って丁寧に畳んで洗濯ネットに入れて洗います。 干し方 脱水が終わったら、カーテンレールに戻し、軽く叩いてしわを伸ばして干します。 洗ったカーテンを干す前に、カーテンレールや窓も拭いてきれいにしておくといいですね。 カーテン干すときは窓を開けて風通しを良くして、扇風機を当てたりエアコンの除湿機能を使ったりと、乾きやすい工夫をするといいでしょう。 カーテンのしつこいカビの落とし方 1. 消毒用エタノールを含ませた布でカビの生えている部分の除菌をする まずはカビの生えている部分の除菌をしてみます。 まずは目立たない部分で、変色などが起きないかの確認は忘れないようにしましょう。 方法は先ほど解説した通りです。 この方法で落ちないしつこいカビの場合は、洗濯の前にひと手間かける必要があります。 洗濯表示を確認する 洗濯表示を確認します。 三角に二本の斜め線が付いたマークの場合は塩素系は使えませんが酸素系は使えます。 酸素系漂白剤につけ置きする 洗面器や洗面台のシンクなどを使って、カビの部分を中心に、酸素系漂白剤につけ置きします。 漂白剤の容器に書いてある水量と洗剤量、つけ置きの時間は必ず守りましょう。 守らないと色落ちしたり、生地を傷めたりする場合があります。 洗濯表示に沿って洗濯をする つけ置き後に、洗濯表示に沿って洗濯機を使って洗います。 洗濯機に入れる前にすすぐ必要はありません。 軽く水を切って、プリーツに沿って畳んで洗濯ネットに入れて洗いましょう。 干し方 通常の場合と同じようにカーテンレールに干します。 干す前に、窓周辺や窓枠などの掃除をしましょう。 カーテンのカビ落としの際に注意するポイント 1. 洗濯表示を確認する(特に厚手カーテン) 必ず洗濯前には洗濯表示を確認しましょう。 特に厚手のカーテンなどはデリケートな生地のこともあるため、必ず確認します。 洗濯(洗い方)記号(桶または洗濯機のマーク)と漂白記号(三角またはフラスコのマーク)を見ます。 家での洗濯ができるかどうかや洗い方の弱さ、洗濯液の温度の上限、漂白剤が使えるかどうかなどが分かります。 洗濯表示がない場合は、メーカーや販売元に洗濯方法を問い合わせる カーテンに洗濯表示がない場合は購入したお店やメーカーなどに洗濯方法を問い合わせた方がいいでしょう。 どこで買ったかが分からない場合は、クリーニング業者に相談しましょう。 厚手カーテンは塩素系漂白剤を使わない! 洗濯表示を見れば塩素系や酸素系の漂白剤が使えるかどうかが分かりますが、厚手カーテンなどによくある綿や麻などのデリケートな生地の場合は、塩素系の漂白剤使用は避けましょう。 塩素系は酸素系よりも漂白力が強いですが、繊維を傷めやすく色落ちもするので、デリケートな生地や色柄物には使いません。 レースカーテンで、完全に白いカーテンは塩素系漂白剤を使用する方法も(ただし自己責任で) 完全に白いレースカーテンなどは塩素系漂白剤を使ってもいいかもしれませんが、やはり、生地が傷む可能性もあります。 使う場合は自己責任で、ということになります。 色落ちの心配がないカーテン(すでに真っ白など)は、カビキラーにつけ置きする方法も(ただし自己責任で) 色落ちの心配がない、もともと真っ白のカーテンでしつこいカビ汚れがある場合は、カビの部分をカビキラーにつけ置きするという方法もあります。 しかし強い洗剤は生地自体を弱めてしまうことがあります。 これも、試す場合は自己責任でお願いします。 カビの原因と予防方法 1. カビの原因は湿気(結露)と淀んだ空気 カビの原因は湿気で、最大の要因は窓についた結露です。 結露の水分とカーテンのほこりなどを栄養源としてカビが発生します。 結露は、特に室内と室外の温度差が大きくなる冬に発生します。 そして冬は寒いため、換気もあまり行わないことも多く、部屋の空気も淀んでしまいます。 予防方法〜換気をする 部屋の中に湿気がたまらないように、天気のいい日には換気をしましょう。 暖房を使って部屋に暖かい空気を留めておきたい冬場でも、定期的に換気をして風を通すことで、窓周辺の湿度を下げ、カビが発生しにくい環境を作りましょう。 予防方法〜結露はこまめに拭き取る 結露に気づいたらこまめに拭き取ります。 最近は便利な「結露取りシート」や「結露を取りやすい掃除道具」などもありますので、そういった便利グッズを活用するのもいいでしょう。 予防方法〜こまめに洗濯をする、カビが生えるまで放置しない カビは湿気だけではなくほこりや汚れなども養分にして発生します。 カビが生える前に、こまめにカーテンを洗濯してきれいにするのも大きな予防になります。 シャワーカーテンにカビが生えた時はカビキラーを使う ユニットバスなどについているシャワーカーテンにカビが生えた場合は、カビの部分にカビキラーを吹きつけて少し放置してから水で洗い流しましょう。 色付きのシャワーカーテンの場合はまれに色落ちすることがありますので、目立たないところで試してみてから使うとよいでしょう。 この作業中は、窓を開けてしっかり換気をすることを忘れないようにしてください。 最後に カーテンは、しっかり予防すればカビを防ぐことができます。 できれば、結露対策やこまめな換気を行い、定期的にカーテンを洗濯するということが習慣づけられるといいですね。 もしカビが発生してしまったら、この記事で紹介した方法で落として見てください。 それでもどうしても取れない時は、クリーニング業者に依頼するといいでしょう。 ただしどうしても常にカビが生えてしまうなど、場合によっては、新しいカーテンに買い替えたり、結露しにくいような窓にリフォームするという手段も考えてもいいかもしれませんね。

次の