ひさ ひと さま が る ちゃん。 孤立する眞子さま 悠仁さまがよろしくない態度を取ることも|NEWSポストセブン

孤立する眞子さま 悠仁さまがよろしくない態度を取ることも|NEWSポストセブン

ひさ ひと さま が る ちゃん

ご家族の中で孤立を深めている眞子さま 秋篠宮家の長女・眞子さま(27才)の婚約内定者である小室圭さん(27才)が1月22日に発表した文書が波紋を呼び続けている。 母・佳代さんの借金問題について釈明したこの文書だが、発表した当日、共同通信は《眞子さまと小室さんの結婚の意思は固い。 眞子さまも文書の公表を把握している》と報じた。 「秋篠宮さまは、眞子さまが文書をどの程度把握していたのか、内容にどれほどかかわっていたのかを知りたいのですが、眞子さまがまったく応じないそうです。 文書が世間で反発を受けたことも、事前に想定していたのかも知りたいのに、眞子さまは話をしようとされないそうです。 公務の引き継ぎの相談など、実務的なことでは父子でコミュニケーションはあるようです。 しかし、こと小室さんにかかわることになると、眞子さまは口を閉ざされてしまう。 成年皇族として公務に臨むうちに、気持ちが変わるかもしれないという期待もあると思います。 紀子さまは、秋篠宮さまよりも、結婚問題が長引くことに強く危機感をお持ちだそうだ。 そのため、悠仁さまにとってマイナスとなる要素はすべて遠ざけたいとお考えです。 悠仁さまにとって負の側面があるのであれば、結婚はするべきでないとお考えなのです。 秋篠宮さまよりも紀子さまの方が、小室さんに対しては厳しい考えを示されているそうです」(皇室関係者) しかし、そんな紀子さまに対し、眞子さまは猛反発されているという。

次の

悠仁(ひさひと)さま

ひさ ひと さま が る ちゃん

Contents• 文/編集部 悠仁さま、佳子さまとご一緒に少年の主張大会に参加 今月8日、秋篠宮家の次女佳子さまと長男悠仁さまは、東京都内で開かれた 「第41回少年の主張全国大会」に出席され、48万人余りの応募から選ばれた中学生12人の発表に耳を傾けられた。 お二人だけで公務に臨むのは初めて。 昨年は佳子さま単独の公務だったが、今年は発表者と同年代の悠仁さまも同行した。 「佳子さまと悠仁さまがお二人で過ごされる姿は、あまり拝見することはないですが、時にお二人での会話中にジョークも交えて笑い合ったりと、大変仲の良い様子を見せられておりました。 」(皇室ジャーナリスト) 今年は、週刊誌などで悠仁さまと眞子さまの不仲説などが囁かれることもあったが、佳子さまと悠仁さまの関係は大変良好なようだ。 佳子さまと悠仁さまは真剣な表情で聞き入り、12人の発表者のスピーチが終わるごとに拍手を送られていた。 現在、この悠仁さまの首についたアザは、Twitterや匿名掲示板等で大変な話題となっており、様々な憶測を呼んでいる。 確かに、写真で見ると妙にくっきりとアザが出来ており、ネット上でも、 「どうしたらここにアザができるの?」と訝しがる意見が多い。 また、これだけはっきりとアザになっているのに隠すことなく堂々と大勢の人前に出ていることにも疑問の声が上がっていた。 謎のアザの真相は? 今回、話題を呼んでいるこのアザについて、秋篠宮家と親しいある皇室関係者は次のように語る。 しかし悠仁さまに対してはそのようなことは一切ありません。 蝶よ花よと、大事にお育てになっている悠仁さまにその様な手段を取るはずがありません。 断言いたします!」(同前) 不自然なアザではあるが、確かに何らかのトラブルの結果としてこのようなアザが出来たとするなら、現代に於いて大変な問題になりかねない。 そのような意味では、 不自然な位置のアザを隠さずに堂々と見せているということ自体が、問題行動の結果ではなく ちょっとしたアクシデントの結果として出来たアザであることの証左といえる。 一見、強い違和感を覚えるほどにクッキリしたアザではあるが、おそらくそれほど大騒ぎするほどの問題ではないのだろう。 ありのままのお姿を隠さずお見せくださる秋篠宮家を、今後も熱烈に応援したい。

次の

悠仁様の発達障害の噂を調査!低い学力や補聴器の噂の真相は?つり目な影武者画像との比較も!

ひさ ひと さま が る ちゃん

《学校の文化祭に秋篠宮様と悠仁さまが来てめっちゃびびった》 そんな興奮のつぶやきが投稿された9月28日、秋篠宮さまと悠仁さまは東京都世田谷区の東京農業大学第一高校(農大一高)の文化祭を見学されていた。 「紀子さまは、農大一高を悠仁さまの有力な進学先候補と考えていらっしゃるようです。 悠仁さまが通われているお茶の水女子大学附属中学校は共学ですが、附属高校は女子校なのです。 すなわち、悠仁さまは高校には内部進学できず、別の学校へ進学されなければなりません。 さらに、紀子さまの実弟である川嶋舟さんも東農大の准教授を務めています。 秋篠宮家にもっとも深い縁がある学校といっても過言ではないのです」(皇室担当記者) しかし、こうした見解に宮内庁関係者は首をかしげる。 「東農大は日本で初めて設立された私立の農学校という伝統があります。 そもそも秋篠宮さまと紀子さまは学習院大学の出身で、お二人の出会いも学習院のキャンパスでした。 「紀子さまが悠仁さまを学習院に進学させることは、まずないでしょう。 その際は「自主性を重んじる教育方針」「2年間の学習院幼稚園にはない3年間の一貫保育」が選択の理由とされていたが……。 「学習院のOBやOGの間では『秋篠宮さまの学年は優秀ではないのに落第生がいない』と平気で吹聴する人もいるのです」(前出・学習院関係者) すなわち、秋篠宮さまより成績の低い生徒がいなかったために誰も落第させられなかった、という噂話が流れていたというのだ。 「眞子さまや佳子さまの在学中、初等科や女子中・高等科の改修工事が続きました。 これは、愛子さまを受け入れるための準備でした。 古くて評判が悪かった女子部のプールまできれいになりました。 愛子さまのご入学にあわせたタイミングでの改修でしたので、秋篠宮家としてはないがしろにされていると感じられたでしょう」 眞子さまも佳子さまも、大学は国際基督教大学(ICU)を選ばれた。 しかも佳子さまは、一度は進学した学習院大学文学部を中退してまで、ICUに入られた。 「当時の教授の話によると、大学側にはほとんど相談もなく退学されたそうです。 学校側にも理由があったのだと思いますが、紀子さまは学習院への心証を悪くされたようです」 悠仁さまの進学は2年半後。

次の