三木 ステマ。 aniplexstema • 【「電撃ステマ事件」(別名:早漏事件)の概要】

面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録

三木 ステマ

ミキ(より 京都市が、市の施策を地元出身の人気お笑いコンビ・ ミキに2回にわたってツイッターでPRしてもらい、100万円を支払っていたと京都新聞が報じ、波紋を呼んでいる。 もちろん、芸人が京都市をPRすること自体は、まったく問題ない。 ツイート1回につき50万円という報酬額については、高すぎるという批判が一部では出ているものの、議論の中心ではない。 問題視されているのは、報酬が発生する「広告」でありながら、明確に広告であるとの記載がなかった点である。 2012年に、複数の芸能人が報酬を受け取りながら、それを隠して宣伝をしていたことが大きな社会問題となった。 その宣伝していた内容が、実態のないオークションサイトだったことから、「詐欺の片棒を担いだ」として、SNSなどで同サイトの広告をしていた芸能人たちが芸能活動の自粛などに追い込まれた。 この事件をきっかけに、広告であることを隠して宣伝をするステルスマーケティング( ステマ)を排除しようという機運が高まった。 ただし、法律などで規制されているわけではないため、広告業界やウェブ業界での自主規制でしかない。 そのため、今回のミキによるツイートでの宣伝についても、京都市は「問題があるとは考えていない」「ツイートを市の委託だと理解できる人は少ないだろうが、隠そうという意図はない」「必ずしも(広告であることを)明記しなければいけないという意識はない」などと強弁しているのだ。 20万人のフォロワーを持つミキの発信力に期待した広報活動であって、金額も手法も問題なしとのスタンスだ。 京都市の広報は、ハッシュタグやリンクを付けているから広告だとわかると説明しているが、ハッシュタグは広告であることを知らせるものではなく、さらなる批判を浴びる結果となっている。 多くの識者も、「ハッシュタグが付いていたとしても、報酬が発生しているとは思わないだろう」と指摘。 また、自治体の広報として不適切だとの声も多い。

次の

世界の敵、三木一馬

三木 ステマ

担当作品累計6000万部!! この働き方、最弱 さいきょう。 エンタメ業界の最前線を走る男が明かす、明日役立つ仕事のメソッド。 その裏に隠された秘密『どうしてこの作品は面白いのか』『なぜ作品はヒットするのか』『担当作が売れなかったときの向き合い方』をはじめ、『失敗した仕事への取り組み方』『激務にどう向き合い、考え方を変えるか』に至るまで、『面白ければなんでもあり』を元にした『発想が広がる仕事術』。 最弱で最強の働き方のすべてが綴られた一冊。 編集者とアニメ監督プラスプロデューサー、立場は違えど似てますね。 面白かったです! 』監督 「三木一馬というラノベ界のシュクレサレ。 疲れた身体を癒すスイーツのように、今日もどこかで誰かをほんのすこし幸せにする。 それはさておき近くて遠い編集さんの事が良く分かる一冊です。 この本をデビューした年に読みたかった……! 2000年に上智大学理工学部を卒業後、メディアワークス入社。 2001年、電撃文庫編集部に配属される。 そこで、『とある魔術の禁書目録』 累計1580万部 、『とある科学の超電磁砲』 電撃コミックス。 累計680万部 、『ソードアート・オンライン』 全世界累計1670万部 、『灼眼のシャナ』 累計860万部 、『魔法科高校の劣等生』 累計675万部 、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 累計500万部 、『アクセル・ワールド』 累計420万部 、『電波女と青春男』 累計150万部 、『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』 累計135万部 、『しにがみのバラッド。 』 累計130万部 、『撲殺天使ドクロちゃん』 累計110万部 など、ベストセラー小説シリーズの企画・編集を多数担当する。 今まで担当編集を務めた作品は約500冊に及び、累計部数は6000万部を突破している。 長年、電撃文庫の編集に携わり、川原礫、鎌池和馬、伏見つかさ、入間人間、五十嵐雄策と いった錚々たる作家たちを担当し編集長まで登り詰め、現在は作家やイラストレーターを マネジメントする著作権エージェンシー『株式会社ストレートエッジ』の代表取締役を 務める筆者自らが、アスキー・メディアワークス時代の仕事ぶりを一冊の本にまとめた ものであり、発行そのものは2015年12月と少々古いが、2019年6月に筆者と邂逅すると いう僥倖に恵まれたため、予習も兼ねて手に取った。 「はじめに」において、「電撃文庫のコンセプトは『面白ければなんでもあり』です」と言及 しているが、あくまで自分自身が抱いた印象であることを断っておくが、彼が副編集長・ 編集長だった時期の電撃文庫が最もトレンドを重視し、それゆえにいくつものメガヒットが 生まれ、尋常ではない数の作品がアニメ化されていった一方、多くの広告宣伝費を かけることができないエッジの効いた良作が埋もれることが多かったというイメージが強く、 皮肉にも彼が編集長の座を「勇退」してからは、イベントの縮小やアニメ化作品の減少は あったものの、電撃文庫で刊行される作品のプロットやストーリーラインの多様化は むしろ進んでいったという印象を覚えている。 また、冒頭で「面白い小説と、つまらない小説の差とはなんでしょうか? 」と疑問を呈し、 さらには「文章力があるかどうか」「キャラの描写が上手いかどうか」「パッケージイラストが 美しいかどうか」「売れているかどうか」をすべて否定しておきながら結局は何も定義 しないまま「面白ければなんでもあり」という見切り発車のまま話が始まってしまって いることに違和感を覚える。 第四章「『売れる』と『売れない』はココが違う」において、『創作物に、面白くない 作品はひとつもない』と言い切ってみせるものの、それは言い換えれば最低でもひとり、 作家は自分が書く物語が面白いと思って書いているので、すべての作品は面白いのだと 主張する一方で、作品の売れ行きは文章力でもキャラクターでもイラストでも面白さ でもなく、面白さを伝えられるかどうかであり、それができるのは『演出』であるとしている。 言い換えれば編集者の積極的な介入とプロモーションが鍵であるとしており、 これは見方によってはプロモーションに恵まれなかった作者と作品は一体何なのだろう ということを改めて考えさせられる。 ただし、ライトノベルにおける作家と編集の関係は週刊少年ジャンプを舞台にした 大場つぐみ・小畑健『バクマン。 』 集英社 におけるそれと非常に近く、一般文芸とは 大きく異なり、編集者がプロットや改稿に深く介入することが一般的なスタイルで あることを知りおく必要がある。 せめてもの救いは、業界ではやり手と言われる筆者でさえヒットにできる確率は 二割程度であることを自ら素直に認め、それを受け入れているということだろう。 アマゾンレビューを見ると評価が低く、読む気が失せていたが、実際に読んでみたらなかなか面白かった。 章立てがうまく、失敗を糧にして前に進むというような最後の方の文章は、ベタだが感動した。 実際に色々ありながらも、前向きでい続けるというのは誰でもできることではないだろう。 そこはやはりやり手の編集者さんという感じ。 面白ければなんでもあり、ということで、ラノベから遠ざかりつつある俺でも、つい新刊に手が伸びてしまう電撃文庫のマインドにはやはり感心させられるものがある。 俺妹は編集者がネタの発端を口にしたようで、そこはかなり残念ではあった。 ただ……ネタだけでは俺妹のような魅力的なキャラクター小説が出来上がることはなかっただろうし、そこは伏見つかささんがチャンスを勝ち取ったのだと考えたい。 それに俺は中学生の時に灼眼のシャナにハマっていたので、あの小説がどのような経緯で作者と編集者の二人三脚で進められたのかを読めて、なかなか感慨深かった。 どう作品を人気にし、売れるようにするか。 そういったことをポジティブに考えてくれる編集者の協力により、チャンスをものにした作家だっているんだろう。 それは売れないまま終わるよりは遥かにいいことではないか。 編集者の協力もあり、世に作品がよりキャッチーに、より売れるような形で発表されるなら、それは当然喜ばしいことだ。 ネット上のノイジーマイノリティについての見解はもっとも参考になった。 ネット上の意見は正しく世の中の声を反映していると思いがちだ。 しかし、ネット上の発信者をすべて足しても、読者・購入者の総数には、遠く遥かに及ばないのだ。 このことは今の時代に作品を発表するクリエイターには必要な認識と言える。 ネット上の文句ではなく、物言わず買ってくれる読者を信じろという訳だ。 これは大筋で正しい。 俺もアマゾンで人気作品がちょっとでも調子を落とすと狂ったように酷評する悪鬼の群れを見てきた。 そうすると購買意欲がかなり削がれる。 どんだけ面白さ落ちてるんだよ、と感じてしまう。 しかし、人気作品がクオリティをガクッと落とすのは相当のレアケースで、実際に買って読んでみれば、それなりに今巻も面白いじゃん、となることがそこそこあった。 人気作品の面白さは、ノイジーマイノリティ的な感想ではなく、売り上げが証明する。 これは一つの真理だろう。 本書には担当作品の累計売り上げが六千万部とか書いてある。 そして、成功した作品は一握りで、その裏には売れない作品が山とあった、と。 編集者はたとえ数多く作家が売れなくても、売れた作家を仕事の履歴として書けるかもしれないが、時には作家は自分の売れなさや面白い作品を作れない苦悶とよりダイレクトに向き合うことにもなるだろう。 その中ですぐにポジティブな切り替えが出来るとも限らない。 成果が見えない中で書き続けられるか。 売れない作品を書くことに意味はあるか。 この本は実は編集者向けに書かれた本ではある。 それでも一線級の編集者のポジティブなマインドについて知ることが出来たし、電撃文庫が面白い作品を生み出し続けられる一端にも触れられた気がする。 個人的には読んでよかった。 とても面白かったです。 書かれていることは当たり前のことのように思えますが、この当たり前のことも出来ていない編集者さんに当たってしまう…というのが現実だったりします。 (経験あり) 必死になって書き上げてやっと受賞しても、運が悪ければ仕事が下手な編集者(皆さん難関を突破されてるわけですから、無能なわけはなく、単に下手、なのだと思います。 伝える力がなかったり…)に当たってしまう…という構図、あまりに書き手側に不利だと思うんです。 そしてツイッター上ではこんな編集がいたという暴露話が横行する。 そんな状況で、若い人が敢えて危険を冒してまで商業作家を目指すでしょうか? webでさくっと発表してしまえばすむ話です。 個人的にはまだまだ紙の本が好きなので、なくならないために、是非現役編集者、編集者を目指す人に読んでもらいたいです。 創作のヒントになることもたくさん含まれていますので、もちろん書き手の方にも。 あくまで同人誌やwebでいいやって方にも、キャッチーなあらすじの書き方、イラストの選び方など、実践的な方法論はとても勉強になると思います!.

次の

世界の敵、三木一馬

三木 ステマ

ミキ(より 京都市が、市の施策を地元出身の人気お笑いコンビ・ ミキに2回にわたってツイッターでPRしてもらい、100万円を支払っていたと京都新聞が報じ、波紋を呼んでいる。 もちろん、芸人が京都市をPRすること自体は、まったく問題ない。 ツイート1回につき50万円という報酬額については、高すぎるという批判が一部では出ているものの、議論の中心ではない。 問題視されているのは、報酬が発生する「広告」でありながら、明確に広告であるとの記載がなかった点である。 2012年に、複数の芸能人が報酬を受け取りながら、それを隠して宣伝をしていたことが大きな社会問題となった。 その宣伝していた内容が、実態のないオークションサイトだったことから、「詐欺の片棒を担いだ」として、SNSなどで同サイトの広告をしていた芸能人たちが芸能活動の自粛などに追い込まれた。 この事件をきっかけに、広告であることを隠して宣伝をするステルスマーケティング( ステマ)を排除しようという機運が高まった。 ただし、法律などで規制されているわけではないため、広告業界やウェブ業界での自主規制でしかない。 そのため、今回のミキによるツイートでの宣伝についても、京都市は「問題があるとは考えていない」「ツイートを市の委託だと理解できる人は少ないだろうが、隠そうという意図はない」「必ずしも(広告であることを)明記しなければいけないという意識はない」などと強弁しているのだ。 20万人のフォロワーを持つミキの発信力に期待した広報活動であって、金額も手法も問題なしとのスタンスだ。 京都市の広報は、ハッシュタグやリンクを付けているから広告だとわかると説明しているが、ハッシュタグは広告であることを知らせるものではなく、さらなる批判を浴びる結果となっている。 多くの識者も、「ハッシュタグが付いていたとしても、報酬が発生しているとは思わないだろう」と指摘。 また、自治体の広報として不適切だとの声も多い。

次の