49 日 法要 香典 袋。 四十九日法要での香典の金額はいくら?書き方やマナーも解説

香典を郵送【手紙を添える時の例文】友人や親戚に送る場合は?

49 日 法要 香典 袋

この記事に書かれていること• 仏教の四十九日の水引について さて、まずは香典袋を買いに行った時、 どの香典袋を買えばいいのか?ということが大事になってきますよね。 まず、水引の結び方なのですが蝶結びではなく、結び切りを選びます。 まぁ基本的に弔事の香典袋で蝶結びは売っていないと思いますが… 結び切りは「二度とあってはならない・一度きりにしたい事柄」の時の水引の結び方になります。 そして、香典袋を買う時に1番気を付けなければならないのが「水引の色」になってきます。 上で書いたように地域で水引の色が変わったり、香典の金額でも水引の色が変わってくるので、しっかりチェックしていきましょう。 私が住んでいる石川県も使われているところがありますし(県内でも、他の地域はどうなのか微妙ですが…)、普通にコンビニなどでも売っています。 香典袋などの風習は素直に聞いてみよう! こういった香典袋や仏事のしきたりというのは、地域差もあったり、その法要を取り仕切る人によってもルールが変わりがちになりますので、 「風習・しきたりが分からなくて当たり前」であり、知らないことは聞いてみることが大事になってきます。 葬儀や法要というのはそれを取りまとめている人が必ずいますので、そういった人に、負担にならないくらいにサラッと聞いてみるのが賢い方法です。 スポンサーリンク 仏教の四十九日の香典袋の表書きについて 次に、香典袋と言ったら大事になってくるのが 「表書き」ですよね。 仏事は皆さんそれほど頻繁に経験する事ではなく、前回どうしたか?というのを忘れがちだったりします。 スポンサーリンク 四十九日は仏教だけ!では他の宗教の場合香典はどうする?参考にどうぞ ・うちの親せきはキリスト教で葬儀をあげたけど、四十九日ってあるのかしら? ・うちの親せきは神社の神主だから神道だけど、四十九日ってあるのかな? こういう方もいらっしゃるでしょう。 実は四十九日というのは仏教だけのものなので、キリスト教や神道の方は四十九日はありません。 そのかわり、四十九日に変わった法要のようなものがあります。 では、その時に香典はどうすればいいのでしょうか? 一つ一つ見ていきましょう。 キリスト教の場合 キリスト教では四十九日はありませんが、一か月目に「追悼ミサ」というものがあります。 (プロテスタントでは昇天記念日) この集まりの時に香典を持っていきます。 白い封筒に入れ、水引はかけません。 表書きは.

次の

お布施・お香典

49 日 法要 香典 袋

四十九日法要の目的や意味は? まず、四十九日法要とはなんなのか、法要を行う意味を見ていきましょう。 人は亡くなった後、四十九日後に仏の元へ向かうとされています。 その四十九日の間、 七日ごとに閻魔様の裁きを受け、四十九日に極楽浄土に行けるかどうかの最後の審判を受ける、と考えられています。 故人が極楽浄土に行けるように、遺族も七日ごとに祈ることで故人に善行を足していくのです。 故人の審判が下る四十九日が一番重要だと考えられているため、盛大な法要を行い供養を行うというわけです。 また、四十九日は忌明けとなり、喪に服していた遺族が日常生活に戻る日でもあるとされています。 参列をお願いするのはどこまで? 四十九日法要を行う際には、参列していただく方を決めなければいけません。 四十九日法要は、故人の友人や仕事関係の方を呼んで盛大に行う場合や近親者のみで行う場合などさまざまです。 遺族や親族の方針、地域などによって違いがありますので、一般的にこの人を呼ばなければならない、などの決まりはありません。 そのため、法要を行う会場の場所や広さ、会食の準備などを考えながら家族で話し合って決める必要があります。 また、故人と縁の深い方のみでしんみりと、という考えから、近親者のみで四十九日法要を行うケースも増えてきています。 四十九日法要の準備。 事前に手配が必要なものは? まずはじめに、日程の調整と式場の手配をしましょう。 日時を決める際には、四十九日前の土日がいいとされています。 これは、多くの人が集まりやすい日時でという配慮からです。 式場は菩提寺があればお寺で、なければ自宅などでも構いません。 あまり遅くなると、お寺や式場の日程の都合がつかない場合もありますので、葬儀が終わったらすぐに手配を始めた方が無難です。 法要で読経を行う僧侶の手配も行います。 日程次第では僧侶の都合がつかない場合もありますので、こちらもできるだけ早く依頼することが重要です。 お付き合いのあるお寺がない場合には、などもあります。 参列してもらう方への案内状の準備も必要になります。 日時が決まったらすぐに手配をはじめてご連絡をし、参列する方の日程調整がしやすいように配慮しましょう。 その他の手配としては、法要後に行う会食や引き出物の手配も必要です。 法要を終えた後で場所を移動して会食をする場合は会場の手配もしましょう。 自宅で行う場合は、仕出し店などに注文しておいてください。 会食は必ずしも必要というわけではありませんが、会食をして故人を偲ぶのが一般的です。 もし、会食をしない場合は引き出物と一緒に、お酒とお弁当を持ち帰っていただきましょう。 また、四十九日を境にして、白木位牌から本位牌に魂を移し仏壇の開眼供養も行いますので、仏壇と本位牌も準備しておいてください。 本位牌には戒名の文字入れをします。 そのため、完成には1~2週間はかかりますので、こちらも早めに依頼しておきましょう。 一般的な四十九日法要の流れは? 当日の流れを簡単に説明します。 まずは、開式の準備です。 この時の席順は個人と血縁の近い順になります。 血縁の深い順に祭壇の近くに座りましょう。 一般参列者はその後ろに着席します。 僧侶が着席したら、開式です。 ここで施主による開式の挨拶があります。 これは、簡単な挨拶で構いません。 次は、読経・焼香です。 僧侶による読経を聞きます。 そして僧侶の合図で施主から血縁の近い順に焼香をします。 読経の後、僧侶による法話(仏教の教義)などを聞きます。 法話が終了すると僧侶が退場します。 この後は会食です。 会食前に施主による簡単な挨拶があります。 会食が終わると、四十九日法要は終了となります。 四十九日法要にかかる費用の目安は? 四十九日法要の際にかかる費用は、 僧侶へのお布施や会食費用、式場の使用料、引き出物代などがあります。 四十九日法要のお布施は、葬儀のお布施の一割程度が一般的だと言われています。 そのため3万円~5万円が相場になるのではないでしょうか。 お布施とは別に、お車代として5千円~1万円、会食を辞退された場合には御膳料として5千円~1万円程度が必要になります。 引き出物代は、およそ3千円程度で準備するといいでしょう。 会食費は1人あたり3千円~1万円が目安になります。 会食費は頼む料理のグレードによって変わってきますから、予算に応じて決めてください。 自宅以外で法要を行う場合には、式場の使用料もかかります。 場所や広さによっても異なりますが、3万円~5万円ぐらいが相場だと言われています。 四十九日法要に参列するときの注意点は? 四十九日法要に参列することになった場合はまず、香典を用意しましょう。 香典の表書きは「御佛前」「御仏前」「御供物料」などで、水引は黒白、双銀などの結び切りのものを使用します。 金額は、故人との関係によって変わってきますが、血縁者なら1万円~5万円、友人知人なら3千円~5千円程度が相場だと言われています。 これは地域などによっても違いますので、参列される方同士で相談して決めてもいいでしょう。 お供え物は必ずしも必要なものではありません。 しかしこれも地域などによって異なりますので、不安であれば他の親族に聞いておくといいでしょう。 持参する場合は、一般的には花やお菓子、果物、線香などが多いようです。 四十九日法要までは遺族以外も喪服で参列します。 光る時計やアクセサリー類などは控えましょう。 このように、四十九日法要にはさまざまな準備や手配が必要になります。 慌てずに法要を迎えるためには、事前になにが必要か把握することが大切です。 故人を偲び供養するために、しっかりと四十九日法要の準備を整えましょう。 法事・法要に関するマナーは、 でもご紹介しています。 日本最大級の葬儀ポータルサイト「 」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。 お電話での問い合わせも 24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。 また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。 まずはお気軽にご相談ください。 |受付時間 平日9:30-18:30 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の

香典を郵送【手紙を添える時の例文】友人や親戚に送る場合は?

49 日 法要 香典 袋

四十九日とは 四十九日法要は故人が亡くなって48日目に行われる法要のことで、「忌明け」、「七七日」、関西では「満中陰法要」などと呼ばれたりもします。 浄土真宗以外の宗派では人は亡くなると7日ごとに裁判が行われ、49日目に裁きが下り、魂の行く先が決まるとされています。 裁判期間である初七日から六七日までを、この世とあの世をさまよう「中陰」とし、判決が下る七七日を、忌服期間の終わる「忌明け」として、故人の成仏と極楽浄土への生まれ変わりを祈るため、遺族は親族や友人・知人を招き法要を行い、法要の一区切りとすることが多くみられます。 昔は裁判が行われるとされる7日ごとに法要をしていましたが、現在では葬儀・告別式の後に初七日法要を行い、その後は四十九日法要を行うことがほとんどです。 一方、浄土真宗では、人は亡くなってすぐに阿弥陀如来の力によって成仏し、極楽へ生まれ変わるとされているので、服喪期間は故人を偲びつつ、阿弥陀如来の教えについて理解を深める期間ととらえています。 ですので、浄土真宗における四十九日は遺された家族が仏さまへ感謝し、念仏の教えを深くするための法要という性質が強く、他宗派が故人のために法要をするのに対し、遺された家族のための法要と言うこともできます。 四十九日法要には喪服で参列し、香典も持参します。 次では香典の意味と、悩むことが多い金額の相場について説明したいと思います。 香典ってなに? 香典(こうでん)とは葬儀の際に故人の霊前にお供えする金品のことをいいます。 「香」とはお香を差し、「典(奠)」とは霊前へのお供え物という意味で、「お香の代わりのお供え」という意味があります。 かつては弔問客一人ひとりがお香を持って行き、それを焚くことで故人の供養をしていました。 その風習はほとんど無くなり、代わりに現金を包むようになりましたが、「香典」という呼び方にこの風習の名残りが感じられます。 香典袋の準備 どこに売っているの? 文房具店のほか、コンビニやスーパーでも取り扱っています。 水引の色 仏事では白と黒、金額によっては双銀の水引を使用します。 関西地方では四十九日以降は白と黄色の水引を使うこともあるようです。 表書き 香典袋の表面にはそのお供えにどのような意味があるのかを記します。 これを表書き(おもてがき)と言い、四十九日の法要では「御仏前」「御佛前」や「御供」を用います。 名前と金額 香典袋の表面には名前を記します。 夫婦や兄弟、同僚など揃って参加する場合がありますが、その際はそれぞれ用意するのではなく連名とすることができます。 連名の場合3名くらいまではそれぞれの名前を記し、それ以上となる場合は、代表者名の横に「外一同」と記しましょう。 また、内袋には住所、氏名、金額を記入します。 これは集計する際に分かりやすいよう先方への配慮の意味があります。 お金を包むときの注意点 香典に使うお札ですが、新札は避けたほうが無難です。 不幸を予測してあらかじめお札を用意していたと考えられるためですが、かといって使い古したお札もよくありません。 新札を一度折って使うか、比較的きれいなお札を使用するようにしましょう。 お札の向きについてもいろいろ言われていますが、特に決まった入れ方はありません。 ただし、複数枚お札を入れるときに向きや上下を揃えるのは最低限のマナーです。 金額の相場は? いくら包むかは最も悩まれるところだと思います。 故人や遺族との関係性によって変動が大きく、一概にどのくらい包めば良いとは言いがたいものですが、一応目安の金額を記しておきます。 故人との関係 平均 勤務先の上司 5000〜10000円 勤務先の同僚 5000円 勤務先社員の家族 5000円 親類 10000〜50000円 近所 5000〜10000円 友人・知人 5000〜10000円 香典の渡し方 香典はそのままではなく、ふくさに包んで持っていきます。 弔辞用であれば黒・グレー・紫などの派手ではない色のふくさを選びましょう。 ふくさには弔辞・慶事でそれぞれ包み方が異なります。 下の図を参考に包んでみてください。 渡す時はふくさを丁寧に広げ、香典袋を出して相手から名前が読めるように向けて手渡しします。 その際にどうぞ御仏前にお供えください」など、一言添えると丁寧ですね。 郵送する場合 どうしても法要に伺えない時は、現金書留で郵送しても差し支えありません。 その場合も必ず香典袋に入れてから現金書留の封筒に入れるようにし、名前や金額もしっかりと記しましょう。 また、お悔やみの言葉などを書いた手紙を添えます。 例文 【日時】において【故人名】様の七七日忌の法要の 御案内をいただき誠にありがとうございます。 【故人名】様には一方ならぬお世話を受けました。 なにをおきましても参列いたすべきところ、【理由】でして、誠に残念でございますが、出席が叶わなくなってしまいました。 同封のものは心ばかりですがどうぞ御仏前にお供えください。 不本意ながら、取り急ぎ書中をもって不参のお詫びを申し上げます。 最後に 香典はその成り立ちからもわかるように、故人を弔う気持ちをあらわすとても大切なものですので、意味や作法をしっかりと理解した上で、失礼のないようお渡ししたいものです。 当店ではふくさをはじめ、法要に参列する際に揃えておきたいアイテムを多数取り扱っております。 一度ご覧ください。

次の