ウーバーイーツ 現金 おつり。 Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金払いが可能に!注文方法を紹介

出前のお釣り問題。

ウーバーイーツ 現金 おつり

数え易いので、枚数を2枚か20枚で統一• 5のつく硬貨は、他の硬貨で代用できるので枚数は少な目• 五千円札は、金額が大きいので用意しなくてもよい• 一万円札の支払いが2回連続しても、対応できるようにする 【釣銭の参考例のご紹介】 実際にわたしが準備している釣銭の枚数と金額をご紹介します。 ほとんどの場合はコレで対応できていますので、ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。 金種 枚数 金額 千円札 20枚 ¥20,000 500円玉 2枚 ¥2,000 100円玉 20枚 ¥2,000 50円玉 2枚 ¥100 10円玉 20枚 ¥200 5円玉 2枚 ¥10 1円玉 10枚 ¥10 五千円札を用意しない理由は、上のポイントにも書いたように千円札で代用できるからです。 注文者が一万円札で支払うときは、千円札を沢山渡すことになりますが、そんなときは「 申し訳ありませんが千円札で失礼いたします」とひとことお伝えすれば、経験上まず問題は起きません。 どうしても五千円札でお釣りを渡したいなら、五千円札も2枚ほど用意しておけば充分でしょう。 慣れてきたら、自分なりにアレンジしていこう!! 用意すべき釣銭(おつり)の枚数:理由 先ほどご紹介したような釣銭枚数を用意すべき理由について、これからご紹介していきますので、ご興味のある方はご覧ください。 釣銭は必要最低限の用意 実際に配達をしてみるとわかりますが、 お釣りが少ないように支払いしてくれる注文者が多いです。 そのため、1日の配達を終えたときには、釣銭は増えていることが多いです。 心配して釣銭をたくさん用意する必要はないので、必要最低限の準備をしましょう。 そうでないと、小銭が重くて配達に支障がでてしまいます。 Uber Eatsの支払いは1円単位なので1円玉が必要 配達パートナーのブログなどを見てみると、釣銭を10円単位までしか準備していないひといるようです。 しかし、Uber Eatsの加盟店のメニューの中には1円単のメニューがあるレストランもあるので、 1円玉の釣銭の準備は必要と考えた方がよいです。 もし配達していて千円札が足りなくなるとすれば、 「一万円札での支払いが配達の初めの方に連続してしまう場合」に限ります。 わたしの配達の経験上では、 一万円札の支払い2連続くらいはあり得ます。 一万円札の支払いが、配達の初めに来た場合を想定して、9枚の千円札を2回お釣りで渡せるようにしておきます。 以上のような理由で、切りのいいところで千円札20枚を用意することにしています。 硬貨を何枚用意するか 硬貨の枚数についても、 基本的に上の千円札と同じ考え方をします。 1円、10円、100円硬貨を20枚ずつ、5円、50円、500円硬貨を2枚ずつ用意します。 賛否が分かれるかもしれませんが、例えば85円のお釣りが必要なときに、100円玉しかないといった場合には、100円を渡してしまいます。 注文者に事情をご説明しつつ 「釣銭の85円が手元にないので、100円玉でのお返しとさせていただいてよいでしょうか」 という確認をしてOKをいただければ、個人的には問題ないと考えます。 注文者と自分にとって、 余計な手間と時間を取らせない対処法です。 その時は、 先に注文者に料理をお渡ししつつ、事情をご説明したのちに急いで両替に走りましょう。 両替をしにいく際は、以下の3つのことに気を付けましょう。 注文者から先にお金を受け取ってから、コンビニなどでくずす• 注文者からお金を受け取らずに、コンビニなどでくずす どちらが正解というものでもありませんが、個人的には2番目をおすすめします。 なぜなら、自分が注文者の立場の場合、配達パートナーが自分のお金を持っていくのは不安だからです。 手数料をかけずに釣り銭(おつり)を調達する方法 釣り銭を調達するにまず思い浮かぶのが銀行での両替です。 実は銀行で両替すると数百円以上の 手数料が掛かることが多いです。 【硬貨の入出金が可能なATMで端数出金する(無料)】 出金の 手数料が無料の時間帯に出金するという前提です。 小銭が必要なら、 9990円を出金• 千円札だけたくさん必要なときは、金額入力の際に「15千円」とすれば千円札 x 15枚で出金されます。 現金配達をこれから始めるときは、 何回か引き出しをすればまとまった釣銭が手に入ります。 【日常生活の中で小銭をストックしておく(無料)】 配達業務を日々継続していくなかで釣銭を維持するにはこの方法をおススメします。 配達に使うコインケースと同じものをもう一つ家に常備しておいて 「小銭を常にストックしておく」方法です。 配達用とストック用のコインケースの間で、以下のように枚数を調整します。 【コンビニで少額の買い物をする(緊急時)】 緊急時のみにしておきたいですが、 銀行で両替手数料を支払うよりはマシな方法だと思います。 【パチンコ・ゲーセンでの両替はやめた方がよい(非推奨)】 業務目的の両替はお断りになっているはずなので、こういった店の両替機で両替をするのはやめておいた方がよいです。 トラブルのもとになります。 まとめ 本記事では、現金配達をはじめるときの釣銭の用意の仕方を中心に書いてみました。 仮に釣銭が不足しても 対処方法さえ先に決めておけばあわてずに済みます。 現金配達に二の足を踏んでいる配達パートナーは、一度トライしてみることをおススメします。

次の

ウーバーイーツ支払い方法変更・追加|現金払い設定できないエラー・使い方・決済方法

ウーバーイーツ 現金 おつり

Uber Eatsが現金払いに対応したって本当?! クレジットカードを持っていなくても、Uber Eatsが使えるようになるの?? 現金でUber Eatsを使うにはどうしたら良いの? そんな疑問に応えます。 今回は、Uber Eats ウーバーイーツ のフード注文利用者と配達パートナー両方の観点から解説をしているので、必要な部分を選んで読み進めてください。 【利用者用】Uber Eats現金払いの利用方法【超簡単】 Uber Eats ウーバーイーツ でフード注文をする方が現金払いを行うためには、少しだけ設定をする必要があります。 とはいえ、ほんの1分程度でできる、非常に簡単な設定です。 「お支払い」メニューから「現金」を選択するだけ Uber Eats ウーバーイーツ のフード注文アプリを開き、右下にある 「人型」のアイコンをタップします。 すると、縦にいくつかのメニューが並んだ画面に遷移します。 そこの上から2番目に、 「お支払い」というメニューがあるのでタップをします。 すると、現時点ではクレジットカードのみが登録されている人が大半でしょう。 そこで、緑の文字で書かれている 「お支払い方法を追加」という部分をタップします。 すると、画面が遷移して、 「現金 Cash 」という項目が現れますので、迷わずタップをします。 以上で現金支払いの設定の完了です。 簡単だったでしょう? 現金払いでフードを注文する際の注意点 もしあなたが現金払いで現金払いでUber Eats ウーバーイーツ のフード注文をしようを思ったら、ちょっと待ってください。 少しだけ注意点があるので、解説します。 配達パートナーを嫌がらせないで!! 金額はピッタリ用意できたら最高!! まず、現金払いをする際は、マナーとして、配達パートナーを嫌がらせないように貨幣を用意することです。 誤っても、極端な例 「1円玉1000枚」とかでの支払いはしないでください。 配達パートナーが嫌がるうえ、受取拒否される可能性もあります。 お釣りが出ないように、 支払金額ちょうどピッタリの金額で支払うことができたら理想的です。 必ずしも配達パートナーがお釣りを持っているとは限らない 配達パートナーは銀行ではないため、常に最適な小銭を持っているわけではありません。 理想は、現金支払いする際に、配達パートナーに 「足りていない小銭などありますか」と聞いてあげると非常に親切です。 現金対応している配達パートナーはできるだけどのような状況にあってもお釣りを用意できるよう最善の準備を心がけていますが、つねにお釣りが用意できるわけではありません。 なお、もしあなたが細かいお金を持っておらず、配達パートナーもお釣りを持っていない場合、つまり現金を適切に支払うことが出来ない場合は、現金を支払わず、後ほどカードからの引き落としをすることも可能です。 現金払いに対応している配達パートナーが付近にいない可能性もある Uber Eats ウーバーイーツ の配達パートナーは全員が現金支払いに対応している訳ではないため、もしかするとあなたの周辺に現金対応の配達パートナーがいない、という可能性も十分にありえます。 その場合は残念ですが現金支払いを諦め、カード支払いを行いましょう。 現金支払い対応はここ最近始まったもので、現金を持っている配達パートナーの方が稀であるというのが現状です。 これから先にかけて、少しづつ現金対応の配達パートナーは増えていくかと思いますが、今のところは 「対応していたらラッキー」程度にとどめておいたほうが後悔が少ないでしょう。 【朗報】Uber Eatsの注文をタダで使用できる限定クーポン配布中 ここで朗報ですが、Uber Eats ウーバーイーツ のフード注文をタダで利用することができるクーポンを当サイトでは配布をしています。 条件として、これからUber Eats ウーバーイーツ のフード注文を始めて行う、という新規登録者 初回注文者 限定のクーポンですが、 750円分の割引クーポンになります。 1500円分の割引になったら、Uber Eats ウーバーイーツ の場合、 ランチ1食分くらいはまるまる無料で注文出来ることが多いかなと思います。 Uber Eats ウーバーイーツ は配達手数料などがかかり1回の注文が高くなってしまいがちですが、このようなクーポンを活用することでお得にフード注文を行うことができます。 なお、このクーポンは当サイトのために特別に発行してもらっているものなので、他サイトでは配布をしていません。 この機会に、ぜひ利用してください。 フード注文750円クーポンコードは 「interjpq2206j23h」です。 「interjpq2206j23h」、 「interjpq2206j23h」です! 【注意】Uber Eats ウーバーイーツ の現金払いには上限金額がある 最後にUber Eats ウーバーイーツ のフード注文の現金払いの注意点ですが、現金払いには上限金額があり、最大でも10,000円までしか現金支払することはできません。 1回の注文で10,000円を超える人はなかなかいないかもしれませんが、それ以上の金額をUber Eats ウーバーイーツ で注文する場合、クレジットカードでの決済をすることになります。 ここまでが、Uber Eats ウーバーイーツ フード注文者のための現金払いの解説になります。 次は、配達パートナーに向けた現金払いの対応方法を解説します。 配達パートナーのための現金払い対応方法 現金対応始まったって、マジですか?! ・・・ということは、お客さんと現金のやり取りがあるってことだよね。 そのお金の取り扱い方とか全くわからないんだけど、どうすれば良いの?? そんな疑問に応えます。 【前座】Uber Eatsの現金払い対応について Uber Eats ウーバーイーツ の注文では、最近、現金での支払いに対応を開始しました。 今まではクレジットカードのみの決済で完全にキャッシュレスでお客さんと現金のやり取りが一切ない状態でしたが、いよいよお客さんと現金をやり取りをする手段が登場しました。 とはいえ、配達パートナーが恐れるべきことは一切ありません。 現金対応したくない人は対応をしなくても良い Uber Eats ウーバーイーツ の現金注文が登場しましたが、配達パートナーの中で現金支払いに対応したくないという人は大勢いることでしょう。 そのように考えている人は、現金の対応を無理に行わないことも可能です。 実は、配達パートナーの現金対応/非対応は自分で選ぶことができ、設定画面で簡単に変更が可能です。 設定方法については、後ほど解説をします。 Uber Eatsの現金払い対応エリア Uber Eats ウーバーイーツ の現金払い対応エリアですが、東京から大阪へ、京都へ・・・と、順次現金払いの対応を進めてきましたが、現時点では、ついに全エリアでの現金払いが対応しています。 現金払いの需要が多かったのでしょう。 これに伴い、Uber Eats ウーバーイーツ の現金払いでの注文数はどんどん増加していくことでしょう。 ・・・それにしても、日本のこの現金主義、いつになったら収まるのでしょうか? 現金払い対応をすることのメリット 配達パートナーにとって一見面倒そうなUber Eats ウーバーイーツ の現金払い対応。 しかし、これには大きなメリットがあるんです。 現金対応をすることによって、収益がアップする!! 配達パートナーが現金払い対応をする大きなメリット。 それは、現金対応をすることによって、大きく収益がアップする、ということです。 配達パートナーの中には、やはり現金対応を嫌がる人が多いのも現状です。 お釣りを用意するのが面倒であるためです。 その中で現金対応にすることによって、現金支払いをしたいお客さんを自分の顧客として総取りすることができるので、純粋に配達のニーズが高まります。 その結果、たくさんの配達案件をこなすことができるようになり、報酬額もしれに伴って増加する、ということです。 配達パートナーの現金払い対応方法 Uber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーの現金払い対応は、アプリの設定画面から簡単に行うことができます。 Uber Driverアプリから設定をする Uber Driverアプリを開き、画面右下のメニューアイコンのマークをタップします。 すると、 「乗車の予定表」という画面に遷移します。 この画面の右下に、設定アイコンのマークがあるので、ここをタップします。 すると 「運転の設定」という画面に遷移します。 ここで、 「現金払いを受け付ける」という設定項目があるので、そこをタップして設定をオンにします。 以上でUber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーのための現金払い対応が完了です。 ちなみに、お客さんが現金払いをしたいということが分かるタイミングは、 「飲食店へのピック後、お客さんの家に向かう時」に初めて判明します。 そのため、現金払いしたいお客さんを事前に避ける、などはできません。 ただし、タイミングが悪くお釣りの現金を持ち合わせていない場合は、現金を受け取らないという選択をすることも可能です。 配達パートナーが現金対応をする上で注意するべき点は? Uber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーが現金対応をする際に気をつけておきたいポイントがあります。 そう、 「お釣り」に関してです。 おつりを用意すること!! お釣りの用意の仕方を解説 Uber Eats ウーバーイーツ 配達で現金払いに対応する場合には、必ずお釣りを潤沢に用意しましょう。 おつり用のコインケースを持っておくと非常に便利です。 以下のような、小銭がジャラジャラしないようまとめて保管できるケースを用意しておき、各小銭20枚づつ程度常に持ち運ぶようにしておけば 「お釣りが切れて払えない」などのトラブルを防ぐことができます。 なお、小銭は銀行などで両替をしてもらうことが可能です。 現金対応をする場合には、予め各種類の小銭を揃えておくと非常に便利です。 現金対応は多少面倒に感じるかもしれませんが、少し準備するだけで配達のニーズが圧倒的に広がるので対応をしておくことを強くおすすめします。

次の

配達用アプリ 現金配達ON⇔OFFの話 その依頼、受ける?断る?

ウーバーイーツ 現金 おつり

数え易いので、枚数を2枚か20枚で統一• 5のつく硬貨は、他の硬貨で代用できるので枚数は少な目• 五千円札は、金額が大きいので用意しなくてもよい• 一万円札の支払いが2回連続しても、対応できるようにする 【釣銭の参考例のご紹介】 実際にわたしが準備している釣銭の枚数と金額をご紹介します。 ほとんどの場合はコレで対応できていますので、ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。 金種 枚数 金額 千円札 20枚 ¥20,000 500円玉 2枚 ¥2,000 100円玉 20枚 ¥2,000 50円玉 2枚 ¥100 10円玉 20枚 ¥200 5円玉 2枚 ¥10 1円玉 10枚 ¥10 五千円札を用意しない理由は、上のポイントにも書いたように千円札で代用できるからです。 注文者が一万円札で支払うときは、千円札を沢山渡すことになりますが、そんなときは「 申し訳ありませんが千円札で失礼いたします」とひとことお伝えすれば、経験上まず問題は起きません。 どうしても五千円札でお釣りを渡したいなら、五千円札も2枚ほど用意しておけば充分でしょう。 慣れてきたら、自分なりにアレンジしていこう!! 用意すべき釣銭(おつり)の枚数:理由 先ほどご紹介したような釣銭枚数を用意すべき理由について、これからご紹介していきますので、ご興味のある方はご覧ください。 釣銭は必要最低限の用意 実際に配達をしてみるとわかりますが、 お釣りが少ないように支払いしてくれる注文者が多いです。 そのため、1日の配達を終えたときには、釣銭は増えていることが多いです。 心配して釣銭をたくさん用意する必要はないので、必要最低限の準備をしましょう。 そうでないと、小銭が重くて配達に支障がでてしまいます。 Uber Eatsの支払いは1円単位なので1円玉が必要 配達パートナーのブログなどを見てみると、釣銭を10円単位までしか準備していないひといるようです。 しかし、Uber Eatsの加盟店のメニューの中には1円単のメニューがあるレストランもあるので、 1円玉の釣銭の準備は必要と考えた方がよいです。 もし配達していて千円札が足りなくなるとすれば、 「一万円札での支払いが配達の初めの方に連続してしまう場合」に限ります。 わたしの配達の経験上では、 一万円札の支払い2連続くらいはあり得ます。 一万円札の支払いが、配達の初めに来た場合を想定して、9枚の千円札を2回お釣りで渡せるようにしておきます。 以上のような理由で、切りのいいところで千円札20枚を用意することにしています。 硬貨を何枚用意するか 硬貨の枚数についても、 基本的に上の千円札と同じ考え方をします。 1円、10円、100円硬貨を20枚ずつ、5円、50円、500円硬貨を2枚ずつ用意します。 賛否が分かれるかもしれませんが、例えば85円のお釣りが必要なときに、100円玉しかないといった場合には、100円を渡してしまいます。 注文者に事情をご説明しつつ 「釣銭の85円が手元にないので、100円玉でのお返しとさせていただいてよいでしょうか」 という確認をしてOKをいただければ、個人的には問題ないと考えます。 注文者と自分にとって、 余計な手間と時間を取らせない対処法です。 その時は、 先に注文者に料理をお渡ししつつ、事情をご説明したのちに急いで両替に走りましょう。 両替をしにいく際は、以下の3つのことに気を付けましょう。 注文者から先にお金を受け取ってから、コンビニなどでくずす• 注文者からお金を受け取らずに、コンビニなどでくずす どちらが正解というものでもありませんが、個人的には2番目をおすすめします。 なぜなら、自分が注文者の立場の場合、配達パートナーが自分のお金を持っていくのは不安だからです。 手数料をかけずに釣り銭(おつり)を調達する方法 釣り銭を調達するにまず思い浮かぶのが銀行での両替です。 実は銀行で両替すると数百円以上の 手数料が掛かることが多いです。 【硬貨の入出金が可能なATMで端数出金する(無料)】 出金の 手数料が無料の時間帯に出金するという前提です。 小銭が必要なら、 9990円を出金• 千円札だけたくさん必要なときは、金額入力の際に「15千円」とすれば千円札 x 15枚で出金されます。 現金配達をこれから始めるときは、 何回か引き出しをすればまとまった釣銭が手に入ります。 【日常生活の中で小銭をストックしておく(無料)】 配達業務を日々継続していくなかで釣銭を維持するにはこの方法をおススメします。 配達に使うコインケースと同じものをもう一つ家に常備しておいて 「小銭を常にストックしておく」方法です。 配達用とストック用のコインケースの間で、以下のように枚数を調整します。 【コンビニで少額の買い物をする(緊急時)】 緊急時のみにしておきたいですが、 銀行で両替手数料を支払うよりはマシな方法だと思います。 【パチンコ・ゲーセンでの両替はやめた方がよい(非推奨)】 業務目的の両替はお断りになっているはずなので、こういった店の両替機で両替をするのはやめておいた方がよいです。 トラブルのもとになります。 まとめ 本記事では、現金配達をはじめるときの釣銭の用意の仕方を中心に書いてみました。 仮に釣銭が不足しても 対処方法さえ先に決めておけばあわてずに済みます。 現金配達に二の足を踏んでいる配達パートナーは、一度トライしてみることをおススメします。

次の