ロボトミーコーポレーション 溶ける愛。 【Lobotomy Corporation:攻略】ネタバレをみないで攻略するコツ|ウィキダ|note

O

ロボトミーコーポレーション 溶ける愛

3 確率 …そして私の愛する職員の皆さん。 先ほどここに入る時に、支給されたマスクは着用しましたか? …and my dear employees, I do hope you all put on the gas masks we distributed to you before we enter. - Melting Love Melting Love(D-03-109、溶ける愛)は、少女の姿をしたピンク色の粘液のです。 頭部からは、腰ほどの長さを持つ髪のような粘液が垂れ下がっています。 彼女は、白い瞳を持つ2つの目、閉じた口、細身の体、一対の腕を持ち、常に胸元に片手を当てています。 下半身は不定形で、水たまりのように溶けています。 コンテンツ [] 特殊能力 溶ける愛は独立した複数の特殊能力を持ちます。 特殊能力が発動すると溶ける愛は作業を終えた最初の職員にピンク色の粘液でできたハートを贈ります。 ハートは職員の頭上に浮かび、以降その職員は" D-03-109-1"という名で呼ばれます。 ハートは職員の作業成功率を5強化し、更に15秒ごとにMPを30ポイント回復させます。 粘液のハートは常に1人の職員にしか与えられません。 粘液のハートは該当職員が死亡する、または一日を終えると消滅します。 D-03-109-1は 10秒ごとに粘液を放出し、同室内の職員を 約25%の確率で感染させます。 D-03-109-1が 洞察作業で 24個以上のPE-BOXを生成すると、30秒間粘液の放出が行われなくなります。 感染した職員は頬に粘液が付着し、以降" D-03-109-2"という名で呼ばれます。 D-03-109-2は職員が 接触すると粘液を放出し、接触した職員を 約25%の確率で感染させます。 感染した職員を発見次第処分を行わないと、部門が壊滅する危険性が高いです。 頬に付着した粘液はやがて顔全体に広がり、最後には全身を飲み込まれて 『眷属』に変貌します。 カウンターは以下の条件で減少します。 作業結果が普通以下:カウンターが1つ減少• D-03-109-1が溶ける愛に 抑圧作業を行う:カウンターが1つ減少• D-03-109-1が死亡する:カウンターが0に減少• D-03-109-1が生存した状態で、部門の合計職員の約半数の眷属が生まれる :カウンターが0に減少 D-03-109-1が生存した状態でクリフォトカウンターが0になると、D-03-109-1は死亡して 眷属に変貌します。 特殊能力が発動すると 収容違反を起こします。 収容違反中の溶ける愛は、内部に幾つもの骨が浮かぶ、長い腕を持つ巨大な粘液の塊に変身します。 彼女は約1,500ポイントのHPを持ち、平均的な移動速度で施設内を徘徊します。 視界に入った職員やアブノーマリティに近接攻撃を行い、15~25ポイントの BLACKダメージを与えます。 時に彼女は口から粘液を吐き出し、25~45ポイントの BLACKダメージを与える遠距離攻撃を行います。 吐き出された粘液を浴びた職員は10秒間、2秒ごとに2~3ポイントの BLACKダメージを受けます。 彼女の攻撃によって死亡した職員は粘液に飲み込まれ、 眷属に変貌します。 職員のMPが先に0になった場合、眷属にはならずパニックに陥ります。 HPが一定以下になると、付近の 眷属を吸収してHPを200ポイント回復します。 このとき、D-03-109-1から生まれた眷属が吸収されることはありません。 溶ける愛より先にD-03-109-1を鎮圧すると、ハートが割れるエフェクトと共に「 憤怒」状態に変化します。 憤怒状態に移行すると、HPが 全量回復して、攻撃力が上昇します。 近接攻撃のダメージは20~32ポイントに、遠距離攻撃のダメージは30~60ポイントに強化されます。 彼女の収容違反は、一日を終えるか鎮圧されるまで続きます。 眷属 眷属には「D-03-109-1」と「D-03-109-2」の2種類が存在し、それぞれ性質が異なります。 眷属たちは外見と危険レベルから、その種類を判断することが可能です。 彼らは、収容違反中の溶ける愛に付き従うように行動します。 眷属たちは、視界に入った職員やアブノーマリティを攻撃して BLACKダメージを与えます。 D-03-109-2は、感染が進行した、あるいは溶ける愛に殺害された職員が変貌したものです。 クラスに分類されており、やや低い移動速度と200ポイントのHP、6~12ポイントの攻撃力を持ちます。 溶ける愛のHPが一定以下になると、周囲に存在するD-03-109-2を吸収することがあります。 吸収されたD-03-109-2は死亡し、溶ける愛のHPは200ポイント回復します。 D-03-109-1は、溶ける愛から粘液のハートを受け取った職員が変貌したものです。 クラスに分類されており、D-03-109-2よりもサイズが大きく、頭上に粘液のハートが浮かんでいます。 彼らは高い移動速度と800ポイントのHP、12~20ポイントの攻撃力を持ちます。 D-03-109-1を鎮圧すると、溶ける愛は前述の「憤怒」状態に移行します。 溶ける愛が先に鎮圧されると、残された眷属たちも同時に死亡します。 由来 その由来は現在明らかになっていません。 詳細 溶ける愛は、 愛着、 洞察、 本能、 抑圧の順に作業を好みます。 愛着には作業レベル3以上で普通の反応を示し、それ以外だと低い反応を示します。 洞察には作業レベルに関わらず普通の反応を示します。 本能には作業レベル4以上で普通の反応を示し、それ以外だと低い反応を示します。 抑圧には作業レベルに関わらず最低の反応を示します。 他のアブノーマリティと同様に、エネルギー生成量は作業終了時のPE-BOXの数によって決まります。 溶ける愛の作業結果は、悪い、普通、良いの3つのセクションに分かれています。 作業終了時のPE-BOXが0~10個だと悪い、11~24個だと普通、25~32個だと良い結果になります。 作業終了後の待機時間は約15秒で、クリフォトカウンターの初期値は3です。 <管理方法 1>• 作業結果が普通、あるいは悪かった場合、クリフォトカウンターが減少した。 <管理方法 2>• 溶ける愛は抑圧以外の作業を初めて行った職員(以下、D-03-109-1)に粘液の塊を与えた。 粘液はD-03-109-1の精神力を回復させ、作業の成功率を向上させた。 しかし、粘液の影響がアブノーマリティの状態に応じてどのように変化するかは、更なる観察を要する。 <管理方法 3>• D-03-109-1が抑圧作業を完了すると、クリフォトカウンターが減少した。 <管理方法 4>• D-03-109-1と同じ区域にいる職員は低い確率で粘液に汚染される可能性がある。 粘液に汚染された職員 以下D-03-109-2とする は 頬に粘液の跡を確認することができる。 D-03-109-2と接触した職員は低い確率で粘液に汚染された。 <管理方法 5>• <管理方法 6>• D-03-109-1が死亡するとクリフォトカウンターが0になった。 <管理方法 7>• 数度の実験の末、洞察作業が粘液の伝染に関係してると判明した。 D-03-109-1に洞察作業を行い24個のPE-Boxを生成すると、30秒間、粘液が他の職員に汚染しなかった。 脱走情報 Cost: 30 PE Boxes 脱走可能であるかの情報と属性耐性、クリフォトカウンターの最大値 3 をアンロックします。 収容違反時の耐性: 溶ける愛の属性耐性: RED: 吸収 -1. 0 - WHITE:普通 1. 0 - BLACK:弱点 1. 5 - PALE:耐性 0. 8 眷属(D-03-109-1)の属性耐性: RED: 吸収 -1. 0 - WHITE:普通 1. 0 - BLACK: 脆弱 2. 0 - PALE:耐性 0. 8 眷属(D-03-109-2)の属性耐性: RED: 免疫 0. 0 - WHITE:普通 1. 0 - BLACK: 脆弱 2. 0 - PALE:普通 1. 0 作業 レベル 1 成功率 レベル 2 成功率 レベル 3 成功率 レベル 4 成功率 レベル 5 成功率 本能 最低 0 最低 0 最低 0 最低 0 最低 0 観測レベル E. ストーリー 溶ける愛の肖像 スポンサー「mul」様のアイデアを基に作られたアブノーマリティです。 本来の外見は融解したスライムのような物です。 人間に似た仮の姿は調査の進行につれて徐々に暴かれます。 収容室は当該アブノーマリティから分泌された粘液によって覆われています。 当社の誰もが一度は耳にした事のあるここ最近の事件についてお話し致しましょう。 スライム共が群れを成し、当施設が[編集済み]分間に渡って埋め尽くされたあの恐ろしい出来事に関する話です。 [編集済み]研究所では[編集済み]に関する実験の最中、幾つかの収容室が適切な処置を受けていなかったのです。 [編集済み]に関する実験を知っているという事は、そうした収容室の中身が単なる無用な失敗の産物であったという事も既に御存知でしょう。 研究者達はそれらを廃棄する必要性を感じませんでした。 研究班の新人が内容物の正体について何も判っていなかったのは明確です。 職員の一人、マリーは収容ユニットの中に桃色のスライムを発見し、それらが脅威たり得るとの結論を出しました。 恐らく彼女はそれらに対して徹底的な封じ込めを行い、結果として[編集済み]の状態を保ったと思われます。 私の推測が正しければ、この溶解した物体は[編集済み]の[編集済み]でしょう。 幸か不幸か、そいつは生前の全ての記憶、もちろん一連の実験で経験したことも含めて、全て失っていました。 口に出せるのも簡単な単語の一つ二つがやっとの状態でした。 精神的にもひどく不安定な状態で、職員マリーが席を空ける時はいつも怯えた様子を見せたそうです。 弟を1人、職員マリーは幼少時に兄弟を1人亡くしていました。 件の事件の起りは、自分のそばを離れようとしない子供の形をした粘液体に職員マリーが無意識ながらも愛着を感じていたことです。 上層部もマリーの精神的変化には頓着していませんでした。 この期間、職員マリーの精神汚染値は急激に減少しました。 異例と言えるほどの数値でした。 えぇ、あのアブノーマリティが職員マリーに非常に肯定的な心理的効果をもたらしたことは確実です。 ですが、良かったのはそこまでの話でした。 次第に職員マリーの一連の行動に違和感を感じた同僚の職員たちが、彼女を追及し始めました。 職員たちがマリーについてそのようなことをするのも致し方ない事でした。 精神汚染値が急激に下がり、休憩時間の度に姿を消すというのは、とても危険な予兆であると教育されていたからです。 しかし、職員マリーは彼らに何も明かしませんでした。 最終的にはカウンセリングルームに隔離され、真実を話すまで管理に割り当てられないようされました。 一方、あらゆる記憶が消えたと思われていたこの粘液体も、1つのことだけは本能的に覚えていました。 何があっても、「この会社から脱出しなければならない」ということです。 職員マリーが決まった時刻に来ない、そのことでこのアブノーマリティはまた強烈な不安を感じました。 彼女の身に起きたことを察知し、「彼女と共に」この場所から脱出しようという意志を強くしたのです。 二人の絆はより強いものになりました。 互いが互いを心から愛した、珍しい事例でした。 カウンセリングルームに長期間隔離された職員マリは、諦めたように打ち明け始めました。 自分がどうやって粘液体を保護しており、そして、それとどのような繋がりを形成してきたか。 しかし、最後までその言葉を聞くことは出来ませんでした。 肌に異常な兆候が見え、そして瞬く間に全身が溶けてしまったのです。 ええ、完全に溶けてしまいました。 それだけでなく、その状態で動き始めました。 職員マリーだった粘液にカウンセリングルームのドアの隙間を抜けることなど容易いことでした。 それに一抹の理性が残っていたか、ですか? いえ、それに理性などありません。 生まれたばかりの子供がとにかく親へ追従する。 そんな本能に沿ったかのように、アブノーマリティのいる方向へと動き始めたのです。 職員マリーだけではありませんでした。 彼女と生前に接触した職員の体も溶け始めました。 職員マリーを追及した同僚、昼食を共にした職員、一緒に作業に向かった職員... 恐ろしい数に増えたこの粘液たちは我先にと目に見える職員たちを攻撃し始めました。 全ては自分たちが愛する粘液のアブノーマリティために。 ただその愛の為だけに。 そして私の愛する職員の皆さん。 先ほどここに入る時に、支給されたマスクは着用しましたか? 私が話している途中に、あまりの退屈さにマスクを少しでも外した職員はいない事を願いますよ。 お伝えしなければいけないことがあります。 私の話した粘液のアブノーマリティに感染している方がこの中にいます。 先ほどマスクが支給されなかった職員が何人かいるはずです。 あれは在庫不足ではなく感染者と非感染者を区別する為のものでした。 すぐには異常は感じないでしょうが、1時間も経てば骨と肉は全て溶け、理性も麻痺してくるでしょう。 そしてあなたたちの愛する粘液のアブノーマリティの為にこの会社をめちゃくちゃにするつもりです。 まずはこの場にいる職員たちの皆殺しでしょうか。 ええ、わかっていますよ。 信じられないのでしょう。 今、こんなにもはっきりとした意識を持っているのに、もうすぐ粘液へと変わるなんて、ですよね。 皆さんのせいではありませんよ。 恐らくどこかにアブノーマリティと接触した最初の感染者がいたでしょうし、そして皆さんはそれを知ることなくその人の周りにいただけなのでしょう。 でも、今になって最初の感染者を捜す意味などありません。 本人が一番よくわかっているでしょう。 純粋な愛着でやった行動が、このような残酷な惨事を引き起こすことになってしまった、と。 さて、マスクを着用中の非感染者の皆さま、どうか衛生管理には十分に注意してください。 そして、もし異常な職員がいるのならまずは報告をしてください。 生半可に彼らを助けようとすると、あなたも感染する恐れがあるからです。 皆さんが座った机の引き出しには、会社から支給された9mm拳銃があるはずです。 銃弾は装填されています。 皆さんのすることはもうわかったでしょう。 全ての状況が解決するまで、このドアを開けるつもりはありません。 もしあまりにも残酷な仕打ちだと思うのならば、こう考えください。 それがあなた達の仕事だと。 全てが終わりましたら、またお会いしましょう。 フレーバーテキスト• 溶ける愛は相手に対し、無意識のうちに愛着を感じさせる。 溶ける愛はピンク一色の粘液であり、収容室内を動き回っている。 職員<Name>がいつも以上に衛生管理と安全規則に気を配らなかった場合、ここを瞬時のうちに地獄へと作り変えるかもしれない。 溶ける愛の軍勢は、だれも知らないうちに徐々に生まれてゆく。 溶ける愛は、ゲームのスポンサー'mul'氏のアイデアを基に作られたアブノーマリティである。 ゲームの内部ファイルでは「SlimeGirl(スライム娘)」という名が付けられている。 ゲームの内部ファイルでは、D-03-109-1には「Lover(恋人)」という名が、D-03-109-2には「Pawn(歩兵、駒)」という名が付けられている。 要検証 以下の項目について情報が不足しています。 また、記載情報に誤りの可能性があれば、コメントしてください。 管理方法5について• 眷属に変貌する前のD-03-109-2の数ではなく、眷属が生まれた数をカウント?• 条件は収容部門によって異なるのか ギャラリー if window. config. wikia. nocookie.

次の

Melting Love

ロボトミーコーポレーション 溶ける愛

< < < < ALEPH このレベルの収容室を担当する場合、脱走の阻止に尽力してください。 今までで一番危険なアブノーマリティであり、施設全体の壊滅もありえます。 この警告は誇張ではありません。 If your containment room holds a Abnormality of this level, pay full attention to stop it from escaping. It is the most dangerous Abnormality ever and is capable of destroying the entire facility. This warning is not exaggerated. - エンサイクロペディア ALEPHクラスは能力が発動すると極めて危険です。 鎮圧の失敗が、『ゲームオーバー』になる可能性があります。 このタイプのアブノーマリティはゲーム後半にのみ現れます。 日本語名 英語名 分類番号 攻撃タイプ E-Boxes クリフォト カウンター 「何もない」 O-06-20 RED 6 - 9 33 1 静かなオーケストラ T-01-31 WHITE 7 - 9 30 2 白夜 T-03-46 PALE 7 - 8 35 3 終末鳥 O-02-63 BLACK 1 - 3 12 X 笑う死体の山 T-01-75 BLACK 6 - 8 30 2 規制済み O-03-89 BLACK 5 - 10 32 2 蒼星 O-03-93 WHITE 6 - 9 33 2 黒の兵隊 D-01-106 WHITE 7 - 9 30 3 溶ける愛 D-03-109 BLACK 4 - 10 32 3 日本語名 英語名 分類番号 攻撃タイプ E-Boxes クリフォト カウンター は管理が容易いアブノーマリティです。 クリフォト暴走やミス以外ではまず脱走しません。 しかし、脱走した時の個としての戦闘力は最強であり、犠牲なしに鎮圧するのは困難です。 は安定した管理が難しく、作業終了の度に脱走を起こします。 特性を理解しないまま脱走された場合、鎮圧に失敗し、その特殊能力が発動するでしょう。 は唯一脱走が即時に『ゲームオーバー』に直結する潜在的能力があります。 祝福された職員をにするうえに、以降のゲームでその形態を維持したままで出現します。 は、が同時に脱走した場合、イベントの発生を経て現れます。 特殊な鎮圧方法・他収容室やゲームシステムに干渉する能力を有し、鎮圧には困難が生じるでしょう。 は施設全体のグローバルな管理が求められ、脱走を頻繁に起こします。 脱走条件と強化条件にシナジーがあるため、放置していると瞬く間に手に負えない状況に陥ります。 は管理が容易い部類です。 しかしその条件から、初見では脱走を許してしまう可能性があります。 職員のパニック化に特化した能力を持ち、鎮圧時に発狂した職員による副次的被害が生じる恐れがあります。 は管理が難しくありませんが、脱走した際の攻撃範囲に関しては他の追随を許しません。 鎮圧にもたついた場合、残った職員が数人しかいないというのは珍しい光景ではありません。 は管理自体は難しくありませんが、どこに収容するか、その区画に気を付けなければいけません。 部門・階層レベルのパンデミックが生じ、下手すれば施設の職員全てに感染する危険性を秘めています。

次の

LobotomyCorporation (ろぼとみーこーぽれーしょん)とは【ピクシブ百科事典】

ロボトミーコーポレーション 溶ける愛

アブノーマリティにどんな作業をすべきか、職員の能力に適正はあるかどうかの試行錯誤と発見を楽しむゲームだが少し進めると 地雷もいえるような行動をとるとすぐ職員を殺すことも多いため、プレイしはじめはセオリーがわかりにくい。 攻略wikiのアブノーマリティ別の攻略記事を見て対応がわかれば怖くないものも序盤は多いがそのぶん未知の存在を探る楽しみという本作の魅力が失われてしまう。 それにうっかりまだ見ぬアブノーマリティの姿を見てしまうかもしれない。 そのためこの記事では「チュートリルは終わったけどうまくいかない」「なんかよくわからんうちに死んだ」という人に アブノーマリティ個別の攻略は避けつつ序盤はどうやって進行すればよいかアブノーマリティの特徴の探り方、雇用や強化、鎮圧のコツをまとめたい。 このあいだにあっさり職員がやられたりアブノーマリティが脱走することも珍しくない。 職員の特定の能力が低かったり、高すぎるばあいでもアウトなことがあるため育っていない職員でも一通り試してみる価値はある。 特に作業途中なのに突然脱走や異常な行動を起こした場合はなにか特別な条件によって機嫌を損ねたと思ってよいだろう。 あつめたボックスは作業好感度からアンロックするのがおすすめだ。 多くの場合は作業の失敗によってアブノーマリティはやっかいな行動をおこす。 ただ成功しやすい作業を行うと暴れだすというひっかけもよくあるので、不可解な行動をされたら管理情報のアンロックを優先してみよう。 管理方法を見たあとは基本情報をアンロックすれば脱走などの条件になるクリフォトカウンターが表示されるので取扱がわかったらアンロックしよう。 死んだら育てたポイント、装備がなくなりもらえるポイントも少なくなるので死んだら次の日に進めず再挑戦すること。 ただし一度死んだら即リセットせずほかの職員で作業させて情報を見てから再挑戦すればプレイ時間効率がよいのでアリだ。 職員の雇用、強化した状態は再挑戦しても保存されてしまうので新しいアブノーマリティが来たときは強化、雇用はせずにアブノーマリティの特徴を探ってから強化することを見越してとりあえずスタートしてみるのもいい。 どうしても対応できないアブノーマリティが来たとき5日ごとのチェックポイントへ戻ることができる。 その間のプレイヤーの強化、雇用、収容したアブノーマリティなどはもどるがアンロックした、アブノーマリティ情報は保持される。 チェックポイントから再びに選択するアブノーマリティはあらためて抽選となるものの、今後同じアブノーマリティを選んだ際は情報がまたアンロックされているのであつかいやすいアブノーマリティを戻せば、戻した時間のすべては無駄にならないしそのとき対応できなくても進行度によっては、改めて対応できるようになっているかもしれない。 チェックポイントに戻った時もし基本情報が解放されていれば 上部の番号も名前に置き換わっている。 あとは作業中のアブノーマリティが体力、精神力のどちらを減らすかによって勇気、慎重をあげよう。 正義は移動スピード、攻撃スピードが上昇する。 試練などで出てきたアブノーマリティの鎮圧効率に大きく影響するので試練に躓き始めたり、部門間の移動が多くなってから考慮したい。 連続で作業できるほど体力、精神力があればアブノーマリティにたいしてマンツーマンの人数でもなんとかなる。 余裕ができたらポイントを使い切らずに貯めてしておくとうっかり凶悪なアブノーマリティが来たときのために一気に強化できる。 各部門の担当キャラはウィンドウで鎮圧するようプレイヤーをけしかけるが 鎮圧できなくてもエネルギーを集めてその日を終えることができれば何の被害もなく進めることができるのでまずは残りのノルマをみてから判断する。 装備がないとまともなダメージが与えられないため最序盤は特にノルマを優先すること。 (ただし脱走したまま一日を終えた時もらえるLOBポイントはすこし減る。 試練はペナルティなし) 2箇所目の情報部門でミッションをクリアすると敵と職員の体力、精神力のゲージ表示をアンロック出来る。 鎮圧するべきか作業するべきか、勝機はあるかを判断するため優先してアンロックしたい。 鎮圧するときのコツ 職員のAIはアブノーマリティと同じ部屋にいるときは指示が無くても自動で鎮圧にはいる。 なので施設のどこかに突然湧いてくる試練は能力の低い職員が無謀にも戦っていないかを確認すること。 作業を行っているうちは脱走中のアブノーマリティの影響を受けないことも多いのでノルマの達成も含めて弱い職員は作業に集中させよう。 銃などの遠距離を攻撃できる武器は一方的に攻撃できるが一度攻撃をはじめると相手が素手で殴れる範囲にいてもその場にとどまって攻撃し続けるので一度他の部屋への移動を指示して距離をとったら鎮圧を再開させることで被害を防げる。 ボウガンを構えて試練「完全食」を鎮圧する様子。 もし敵が近づいたら右の方へ移動して距離をとりたい。 プレイヤーが雇用した職員とは別にゲーム開始時に自動で施設を徘徊しているオフィサーとよばれる職員がいる。 オフィサーはプレイヤーが指示を出せない上にアブノーマリティを鎮圧するには悲しいほど弱いがいくらやられても評価に影響がないので逃げるときや攻撃するときも可能な限りオフィサーを盾にすると被害を少なくできる。 作業中のフレーバーテキストや情報をアンロックするたびに見えるアブノーマリティ記録などのバックボーンも作業の成否に関連していることもあるので知れば知るほどより効率よく深く楽しめるゲームだろう。 まだまだこのゲームを遊びきれていないのでもし記事のおかしなところ、やるべきことがあれば教えてくれれば幸いだ。

次の