ディグ る 意味。 「ディグる」って何?

ブランディングとは?意外と知らない正しい意味と3つの効果

ディグ る 意味

バレーボールはここ数年で専門用語が増えてきました。 その中でよく聞かれるのが 「レセプション」と「ディグ」の違いって何?ということ。 かつてはどちらも「レシーブ」と呼ばれるプレーだったものです。 今回はこの2つの用語の違いと、そしてなぜ新しい用語を使うようになったのか、その効果とは何か、という説明をしましょう。 サーブを受けるプレーがレセプション、アタックを受けるプレーがディグ これが答えです。 チャンチャン。 いやいや、もうちょっと詳しく説明します。 レセプション 相手からのサーブを受けるプレーのことをいいます。 これはサーブレシーブと同義。 加えてサーブを受ける状態を指すこともあります。 「次はレセプションだよ」と言えば、プレーそのものではなく、相手にサーブ権がありサーブを受ける状態のことになります。 ディグ アタックを受けるプレー、全般に使われます。 サーブを受けるプレー以外は全てディグと考えてください。 「ディグが良い」というと強烈なスパイクを拾うイメージがありますが、フェイントやツーアタックを上げるプレーもディグにあたります。 ブロックされたボールを上げるのもディグとなります。 なぜ新しい用語を使うのか 今までの「レシーブ」でいいじゃん、と思った方、なぜ新しい用語が必要なのかを説明します。 戦術進化 野球好きの方、ここ数年でセイバーメトリクスという概念が定着しましたよね。 OPS(打者の評価指標)やQS(先発投手の評価指標)、WAR(投手と野手どちらでも並べて評価する指標)などはもう一般的になってきました。 サッカー好きな方、10年程前によく聞くようになった「ボランチ」という言葉。 今では同じようなポジションなのに「アンカー」という言葉が使われることもありますよね。 野球やサッカーで新たな用語が登場する時、それは 戦術・戦略に進化した時と言えます。 それまでの価値観がガラッと変わり、旧態然とした考えが通用しなくなってきているのです。 つまり 用語を知ることは、進化した戦術を知ることなのです。 逆に言うと、新しい用語を知らないままだと戦術がアップデートされません。 バレーを見る目が無い、と判断されてしまいます。 練習の変化 新しい用語は練習の変化にも繋がります。 それまでは「レシーブ練習」として一括りにされてきた練習が、「サーブレシーブの練習」「ディグの練習」と細分化されることにより、練習の目的意識が変わります。 サーブレシーブとディグは全く違う技術と感覚が必要なプレーです。 これは経験者なら分かるのではないでしょうか。 「ディグはある程度できるけど、サーブレシーブはチョー苦手」こんな人も多いはず(私のことです)。 それは サーブレシーブ、ディグと別の練習をする必要がある、ということです。 用語を細分化することにより、目的意識のはっきりした練習となります。 それは上手くなるためにはどうしたらいいからという分析が出来ている、ということ。 「レシーブが駄目だった」と敗因を語るだけだったのが、「サーブレシーブが駄目だった」に変わることで、練習はより高度になり濃度が高くなるでしょう。 用語を知るということは、練習の目的意識が変わり、上達が早くなるのです。 用語を知るには さて、では最近の用語を知るにはどうしたらいいか。 ハイキュー!!がオススメ。 はじめまして。 25年以上前に全日本インカレでベスト8まで進んだチームのレギュラー経験者です。 レセプション、ディグという呼び名がどうもピンと来なくて、このサイトに辿りつきました。 結局、「サーブレシーブ」、「レシーブ」という呼び名でも何ら問題ないのではないでしょうか? 戦術が進化したと言っても、果たして呼び名を変えなければならないほどのディフェンスの戦術が何なのか分かりませんし(この記事にも特に記載がありませんし)、私がバレーを始めた約40年前から練習の際は「サーブレシーブ」、「スパイクのレシーブ」、「ワンタッチのレシーブ」、「二段トス」などなど多岐に渡って目的意識を持って細分化して行っていました。 恐らくそこそこ本気でやってるチームであれば、小学生でも当たり前にそうやって練習してきたと思います。 まあ、世の流れで「レセプション」、「ディグ」と呼ばなければ伝わらないのであれば仕方ありませんが…。

次の

「ディグる」の意味 : ZEEBRA vs Kj

ディグ る 意味

dig a ribs• 5 他…に目を止める,…に耳を傾ける; やや古 …が気に入る• 6 自 英略式 (借家人・下宿人として)住む,居住する digの慣用句・イディオム• dig down• 1 掘り下げる• 3 米略式 自腹を切る• dig in• 1 自塹壕 ざんごうを掘る; 他〔受身形で〕〈兵士に〉塹壕を掘らせる• 1a 自腰を据える,居座る;足場[地位]を固める• 2 他〈肥料などを〉混ぜ込む• 3 自〔命令文で〕 略式 食べ始める,がっつく• 4 他〈つめなどを〉突き立てる,食い込ませる; 自突き立つ,食い込む• 5 自 略式 こつこつ[せっせと]働く• dig into• 1 自+…を掘り進む• 2 〔dig A into B〕A(肥料など)をB(土)に混ぜ込む• 3 自+ 略式 …をがつがつ食べ始める• 3a 自+〈貯金などに〉手をつける;〈財産などを〉ほとんど使い果たす• 4 〔dig A into B〕A(つめなど)をB(体など)に突き立てる,食い込ませる; 自+…に突き立つ,食い込む• 5 自+…を詳しく調べる• dig out• 1 〔dig A out of B〕A(埋もれた物)をB(地中)から掘り出す; 他…を掘り出す• 1a 〔dig A out of B〕A(人・物など)をB(場所)から探し出す,救出する; 他…を探し出す,救出する; 略式 〈情報などを〉掘り出す,見つけ出す• dig over• 1 〈土を〉掘り返す;〈田畑を〉耕す• 2 …を考え直す• dig oneself in• 1 塹壕を掘る• 2 (ある場所に)腰を据える;地位を固める• dig oneself into A• Aで地位を固める• dig up• 1 〈地面・道路などを〉掘り起こす;…を掘り出す• 2 略式 〈情報などを〉探り出す,見つけ出す.

次の

【疑問】バレーのディグとレセプションってなに?バレーボール用語を解説

ディグ る 意味

デグレードとは、新しいバージョンのソフトウェアの品質が、以前より悪くなること。 また、以前修正したやが再発・復活すること。 新しいファイルなどを古い内容で上書きしてしまい、更新内容が失われることを指す場合もある。 ソフトウェアが更新・修正される場合、利用者は機能・性能の向上、バグや不具合の減少を期待するが、性能が悪化したり、これまで使えた機能が使えなくなったり、バグや不具合が増えるなど、かえって品質が下がってしまうことがある。 この現象をデグレードという。 主な原因としては、新たに開発した部分のテストやが不十分だったり、ソースコードのに失敗してバグの残っている古いコードを使ってしまったり、ある部分に施した修正が別の部分に及ぼす影響の評価が不十分であることなどが挙げられる。 デグレードを防ぐため、機能追加やバグ修正などでコードの一部が改修されたあと、それまでの動作に変更や問題が起きないことを確認するために実施されるテストを「」「リグレッションテスト」「回帰テスト」「退行テスト」などという。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の