司書 仕事 内容。 司書教諭の仕事内容とは?

図書館司書の仕事内容は?

司書 仕事 内容

人が好き 意外に思うかもしれませんが、司書は人と接する職業、サービス業です。 司書の仕事とは「本と人との架け橋になること」。 したがって、「本は好きだけど人と話すことは嫌い」という場合は業務に支障が生じるかもしれません。 利用者の求めている本を探す「レファレンスサービス」を行なうためには、相手と適切にコミュニケーションが取れなければ調べたい情報にたどり着けません。 また、同じ図書館の司書同士はもちろん、他の図書館の司書に資料の問い合わせをしなければならない場面もあります。 どんな人が相手でも思いやり深くやりとりができる人は、司書に向いているといえるでしょう。 司書に必要なスキル・能力 司書として働くために必要なスキルはなんでしょうか。 たくさんの本に詳しいことや幅広い分野の知識があることはもちろん重要ですが、実はそれ以上に求められるのは「コツコツと地道に作業する能力」だといわれています。 図書館業務の多くは、地道な事務仕事の積み重ねです。 一例をあげると、膨大な数の蔵書点検、傷んだ書籍の修繕、新刊の配架(棚に並べて読めるようにすること)などのような細かい仕事がたくさんあります。 裏方の作業は利用者から「ありがとう」と声をかけてもらえるようなものではありませんが、このような作業を短時間で正確に、飽きることなくこなすことができなければ、円滑に図書館を運営できなくなってしまいます。 図書館の司書には正確性と要領の良さ、根気強さが求められるのです。 他人から注目されないような細かくて単調な仕事でも、自分なりに達成感ややりがいを見出して努力できるような人は、司書に向いているといえるでしょう。 司書に向いていないのはどんな人? このようなことから考えると、逆に司書として向いていないのは地道な作業が苦手な人ともいえます。 できるだけ目立つ華やかな仕事がしたい、他人から感謝されないとやる気が出ない、細かい作業を続けるのが面倒くさい、というタイプの人の場合は、司書としての裏方の仕事が苦痛に感じるかもしれません。 ただし、このような性格の人であっても、自分の仕事が巡り巡って誰かの役に立っているという実感を持つことで司書の仕事を好きになれるのではないでしょうか。 地道な作業は苦手だけど「本が好き」「人が好き」という気持ちが強く、どうしても司書になりたいという思いがある人は、地道な努力を大切にしながら自分の夢に向かって突き進むとよいでしょう。

次の

派遣の図書館司書の仕事内容~低時給だが年齢制限が無い人気案件

司書 仕事 内容

図書館業務全般を担当する司書の仕事は多岐に渡ります。 図書館の質は担当する司書の質によって決まると言っても過言ではなく、所属する図書館を充実した施設にするための重要な業務を多く担っているのです。 司書の仕事内容は以下の3つです。 利用者対応とレファレンスサービス• 蔵書の選定・購入・管理• 図書館イベントの企画・運営 1. 利用者対応とレファレンスサービス 司書の仕事としてよく知られるのが、図書館における貸出・返却業務です。 また、新規利用者の登録やルール説明といった業務も司書が担当します。 利用者が読みたいと思っている本が、貸出中だったり蔵書に無かったりした場合には、予約やリクエストをすることができ、こうした予約・リクエストに対応するのも司書です。 レファレンスサービスとは、利用者が知りたい情報が、どの本に掲載されているのかを検索して紹介することで、司書が利用者に対して提供するサービスの中でも重要なものです。 最近では、図書館の蔵書検索端末を使えば候補を絞り込むことはできますが、より的確に検索したい場合は司書が案内します。 本に関する高度な知識が求められる、司書の真髄とも言える業務です。 蔵書の選定・購入・管理 予算の限られている図書館において、本を選書・購入するのも司書の大切な役割です。 利用者からのリクエストや社会情勢などを見極め、図書館の満足度を上げられるような選書を行います。 購入済みの本が届いたら、目録・バーコードを作成し、分類番号に基づいて、正しい場所に配置します。 図書館の蔵書は不特定多数の人が手に取るため、ブックコートフィルムと呼ばれる保護フィルムを貼る必要があるのですが、これも司書の業務です。 さらに、図書館の蔵書は膨大ですから、壊れたり汚れたりしている本があれば修理し、並び順が乱れていれば直すなど、適切な管理が必要です。 日々の細かな管理業務も司書の業務範囲なのです。 図書館イベントの企画・運営 図書館では、より多くの人が本に親しめるよう、読み聞かせ会や講演会といったイベントを定期的に開催しています。 こうしたイベントの企画・運営を担当するのも司書です。 また、季節や流行に応じて特設コーナーを設置したり、利用者に向けた案内ポスターを作成・掲出したりというのも大切な業務です。 本に関する知識だけでなく、時代を感じる力やPOPを作成するセンスなども求められるのです。 司書が勤務する図書館にも、以下のようにいくつかの種類があります。 公共図書館• 小中高の学校図書館• 大学図書館• 専門図書館 公立図書館は、国や地方公共団体が運営する公立図書館や、民間が設置する私立図書館の総称で、最も一般的な形態の図書館です。 小中高の学校図書館は学校内にある図書館で、その学校の生徒への対応を行います。 大学図書館は大学付属の図書館で、専門的な蔵書が多く、他大学との相互貸借が行われるのが特徴です。 専門図書館は蔵書、利用者とも専門分野に特化しており、司書もその分野に関する深い知識が求められます。 このように、図書館にも種類があるため、司書の仕事にもそれぞれの仕事先によって特性があります。 司書のやりがいとしては、以下のことが挙げられます。 本から多くの知識を得られる• 図書館の利用者との関わり 1. 本から多くの知識を得られる 事務作業が多い司書の仕事ですが、普段から膨大な本に触れるため、日々幅広い分野を勉強できるというのは大きな魅力です。 知的好奇心が高い人にとって、自身の成長を実感できるのは大きなやりがいです。 図書館の利用者との関わり 図書館の利用者と関われることも、司書の仕事のやりがいです。 自分がおすすめした本が実際に読まれたり、「面白かった」と声をかけてもらえたりした瞬間にこの上ない喜びを感じます。 多くの事務作業をこなすのは大変ですが、図書館を利用してくれる人のためなら頑張れるのです。 司書の仕事で必要な能力 以下の特徴がある人は、司書に向いていると言えます。 とにかく本そのものが好きな人• 人とコミュニケーションを取るのが好きな人• 地道な事務作業を根気よくコツコツとこなせる人 1. とにかく本そのものが好きな人 司書は、専門図書館でない限り、図書館はあらゆる分野の本を取り扱っています。 さらに、様々な分野の本に関する知識が必要になるので、そのために仕事中ひたすら本と向き合うことになります。 司書は、小説や雑誌といった特定分野の本が好きと言うよりも、本そのものが好きというのが大切になります。 人とコミュニケーションを取るのが好きな人 司書は、返却や貸し出しの際に多くの人と接します。 また、レファレンス業務では、図書館利用者が探している本を検索して紹介するため、どのような本を探しているのかを聞き出すことになります。 このように、司書は人と接する機会が多いので、コミュニケーションを取ることが好きな人は司書に向いていると言えます。 地道な事務作業を根気よくコツコツとこなせる人 司書の業務は、蔵書の選定・管理をはじめ、人の目に見えないものが多いです。 膨大な数の本に対して壊れたり汚れたりしている本があれば修理し、並び順が乱れていれば直して、管理していくことになります。 司書の仕事は地道な作業が多いため、そのような作業でも根気よくコツコツとこなせる人が司書に向いています。 まとめ.

次の

図書館司書の仕事内容は?

司書 仕事 内容

司書教諭について Q.司書教諭は、どのような仕事をするのですか? A.学校図書館法では、学校図書館の専門的職務を担う教員として、「司書教諭」を学校に置くこととしています。 (学級数が合計12学級以上の学校には、必ず司書教諭を置かなければなりません。 ) 司書教諭は、教諭として採用された者が学校内の役割としてその職務を担当し、学校図書館資料の選択・収集・提供や子どもの読書活動に対する指導、さらには、学校図書館の利用指導計画を立案し、実施の中心となるなど、学校図書館の運営・活用について中心的な役割を担います。 なお、教員としてではなく、事務職員として採用された者が学校図書館に勤務する場合は「学校司書」と呼ばれます。 司書教諭と学校司書の違いについては、下記のリンクをご覧ください。 Q.司書教諭には、どのようにしたらなることができますか? A.小学校、中学校、高等学校又は特別支援学校の教諭の免許状を取得するとともに、所定の機関で司書教諭講習を受講して司書教諭の資格を取得し、教育委員会や学校法人に教諭として採用された後に、学校内の役割として司書教諭となるよう命じられた者が司書教諭の職務を担当します。 司書教諭の資格について Q.資格の更新は必要ですか? A.司書教諭資格には期限はありませんので、更新は必要ありません。 なお、司書教諭として勤務するために前提となる小学校、中学校、高等学校又は特別支援学校の教諭の免許状については、教員免許更新制に基づく手続き等が必要です。 教員免許更新制について、詳細は下記のリンクをご覧ください。 Q.資格を取得するのに年齢制限はありますか? A.司書教諭資格の取得について、年齢制限はありません。 ただし、司書教諭は、教諭として採用された後に、学校内の役割として司書教諭としての職務を担当するものであり、教諭としての採用試験の年齢制限は、試験を実施する教育委員会や学校法人によって異なります。 Q.養護教諭の免許状のみ取得していますが、司書教諭の資格を取得することは可能ですか? A.司書教諭の職務に就くことができるのは、教諭、指導教諭、主幹教諭のみです。 このため、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の教諭の免許状を取得している者が司書教諭の資格を取得することができます。 したがって、養護教諭免許状のみ、あるいは栄養教諭免許状のみを取得している者は司書教諭の資格を取得することはできません。 司書教諭講習修了証書について Q.司書教諭の免許状はありますか? A.司書教諭は教員免許とは異なる「資格」なので免許状はありません。 文部科学省が交付する「司書教諭講習修了証書」が資格の証明となります。 Q.姓名を変更した場合、修了証書の姓名変更は必要ですか? A.不要です。 姓名変更の手続きを行わなくても、修了証書は有効です。 しかし、希望する場合には変更後の姓名での修了証書を再交付しています。 再交付手続きについては担当までお問い合わせください。 Q.修了証書を紛失してしまいました。 再交付してもらえますか? A.再交付は可能です。 手続きに約1ヶ月かかりますのでご了承ください。 ご希望の方は担当までお問い合わせください。 Q.以前に大学で司書教諭講習の科目の単位を全て修得しましたが、修了証書が交付されていません。 修了証書を交付してもらいたいのですがどうすればいいですか? A.修了証書の申請窓口や申請方法について、詳しくは担当までお問い合わせください。 学校図書館司書教諭講習について Q.誰でも司書教諭講習を受講することができますか? A.司書教諭講習を受講できるのは「小学校、中学校、高等学校又は特別支援学校の教諭の免許状を有する者」、もしくは「大学に2年以上在学する学生で62単位以上を修得した者」です。 Q.司書、学校司書などの実務経験で司書教諭講習の科目は免除されますか? A.現在、実務経験による科目の免除はありません。 Q.司書に関する科目の単位を修得しましたが、司書教諭講習の科目は免除されますか? A.図書館法第5条第1項第1号に規定する「文部科学省令で定める図書館に関する科目」については、「図書館情報資源概論」(2単位)及び「情報資源組織論」(2単位)の修得が「学校図書館メディアの構成」(2単位)の修得に相当するものとしています。 Q.ずいぶん前に現在の司書教諭科目と違う名前の司書教諭科目を受講しました。 この科目の単位は今でも有効ですか? A.平成10年に学校図書館司書教諭講習規程が改正され、平成11年4月1日に施行される以前は、司書教諭科目は7科目8単位でした。 (「学校図書館通論」、「学校図書館の管理と運用」、「図書の選択」、「図書の整理」、「図書以外の資料の利用」、「児童生徒の読書活動」、「学校図書館の利用指導」) 平成11年3月31日までに、改正前の司書教諭科目(7科目8単位)の単位の全てを司書教諭講習において修得している場合には、現行の規程の趣旨を踏まえて司書教諭講習を修了したものとしています。 したがって、司書教諭講習修了証書の交付の申請をしていただければ、講習を受講することなく修了証書の交付を受けることができます。 他方、平成11年3月31日までに、改正前の司書教諭科目(7科目8単位)の単位の一部を司書教諭講習において修得している場合は、現行の規程においては経過措置が終了し、改正前の科目の単位は無効になっています。 したがって、現在の司書教諭科目(5科目10単位)の単位を全て修得する必要があります。 Q.ずいぶん前に大学で司書教諭に関する科目の単位を修得しましたが、今でも単位は有効なのでしょうか? A.平成11年3月31日までに、大学において、改正前の司書教諭科目(7科目8単位)に相当する科目の単位を修得した場合は、現行の規程において改正前の科目の単位を有効とみなす取扱をしていないため、修得した単位は無効になっています。 お問合せ先.

次の