広島 市 教育 委員 会。 教育委員会

新型コロナウイルス感染症の対応について

広島 市 教育 委員 会

2 学校改善支援プランの概要 全国学力・学習状況調査の調査結果を見ると、本市の児童生徒の各教科の平均正答率は、全国平均と同程度かやや上回っているものの、B問題では、平均正答率60パーセント未満の児童生徒の割合が高いことなどから、小学校、中学校の国語、算数・数学のすべてにおいて、知識や技能を活用する力に課題があるという結果が見られた。 これらを受け、広島市検証改善委員会としては、課題解決に向けての以下の6つの提言を行い、学校改善支援プランとしてまとめた。 (1) すべての教科で、調べ・考え・表現する授業の実践• (2) 実態を踏まえ、PDCAサイクルを生かした取組• (3) 校内研修会の工夫・充実• (4) 生活習慣や学習習慣の改善・定着• (5) 「ひろしま型カリキュラム」の推進・充実• (6) 少人数教育の推進・充実 (1)各教科の調査の結果から• 広島市の児童生徒の各教科の平均正答率は、全国平均と同程度かやや上回っている。 また、正答数の分布状況についても、全国とほぼ同様の状況である。 A問題については、小学校の国語、算数、中学校の国語において、平均正答率が80パーセントを超えており、相当数の児童生徒が今回出題されている学習内容を概ね理解していると考えられる。 中学校の数学においては、基礎的・基本的な知識や技能を更に身に付けさせる必要がある。 A問題と比較すると、B問題の平均正答率が9. 9パーセント~18. 5パーセント低くなっていることや、正答数の分布状況を見ると、平均正答率60パーセント未満の児童生徒の割合が高いことなどから、小学校、中学校の国語、算数・数学のすべてにおいて、知識や技能を活用する力に課題が見られる。 問題形式別では、記述式の正答率が低く、この傾向は、算数・数学において顕著である。 国語では、複数の資料を比較して共通点や相違点を整理した上で、自分の考えを表現することや、与えられた条件に沿って書くことなどに課題がある。 算数・数学では、問題解決に必要な情報を整理・分類することや、解決の過程を式や言葉で表現し、根拠を明確にして説明することに課題がある。

次の

全国の協議会

広島 市 教育 委員 会

2 学校改善支援プランの概要 全国学力・学習状況調査の調査結果を見ると、本市の児童生徒の各教科の平均正答率は、全国平均と同程度かやや上回っているものの、B問題では、平均正答率60パーセント未満の児童生徒の割合が高いことなどから、小学校、中学校の国語、算数・数学のすべてにおいて、知識や技能を活用する力に課題があるという結果が見られた。 これらを受け、広島市検証改善委員会としては、課題解決に向けての以下の6つの提言を行い、学校改善支援プランとしてまとめた。 (1) すべての教科で、調べ・考え・表現する授業の実践• (2) 実態を踏まえ、PDCAサイクルを生かした取組• (3) 校内研修会の工夫・充実• (4) 生活習慣や学習習慣の改善・定着• (5) 「ひろしま型カリキュラム」の推進・充実• (6) 少人数教育の推進・充実 (1)各教科の調査の結果から• 広島市の児童生徒の各教科の平均正答率は、全国平均と同程度かやや上回っている。 また、正答数の分布状況についても、全国とほぼ同様の状況である。 A問題については、小学校の国語、算数、中学校の国語において、平均正答率が80パーセントを超えており、相当数の児童生徒が今回出題されている学習内容を概ね理解していると考えられる。 中学校の数学においては、基礎的・基本的な知識や技能を更に身に付けさせる必要がある。 A問題と比較すると、B問題の平均正答率が9. 9パーセント~18. 5パーセント低くなっていることや、正答数の分布状況を見ると、平均正答率60パーセント未満の児童生徒の割合が高いことなどから、小学校、中学校の国語、算数・数学のすべてにおいて、知識や技能を活用する力に課題が見られる。 問題形式別では、記述式の正答率が低く、この傾向は、算数・数学において顕著である。 国語では、複数の資料を比較して共通点や相違点を整理した上で、自分の考えを表現することや、与えられた条件に沿って書くことなどに課題がある。 算数・数学では、問題解決に必要な情報を整理・分類することや、解決の過程を式や言葉で表現し、根拠を明確にして説明することに課題がある。

次の

江田島市教育委員会

広島 市 教育 委員 会

2 学校改善支援プランの概要 全国学力・学習状況調査の調査結果を見ると、本市の児童生徒の各教科の平均正答率は、全国平均と同程度かやや上回っているものの、B問題では、平均正答率60パーセント未満の児童生徒の割合が高いことなどから、小学校、中学校の国語、算数・数学のすべてにおいて、知識や技能を活用する力に課題があるという結果が見られた。 これらを受け、広島市検証改善委員会としては、課題解決に向けての以下の6つの提言を行い、学校改善支援プランとしてまとめた。 (1) すべての教科で、調べ・考え・表現する授業の実践• (2) 実態を踏まえ、PDCAサイクルを生かした取組• (3) 校内研修会の工夫・充実• (4) 生活習慣や学習習慣の改善・定着• (5) 「ひろしま型カリキュラム」の推進・充実• (6) 少人数教育の推進・充実 (1)各教科の調査の結果から• 広島市の児童生徒の各教科の平均正答率は、全国平均と同程度かやや上回っている。 また、正答数の分布状況についても、全国とほぼ同様の状況である。 A問題については、小学校の国語、算数、中学校の国語において、平均正答率が80パーセントを超えており、相当数の児童生徒が今回出題されている学習内容を概ね理解していると考えられる。 中学校の数学においては、基礎的・基本的な知識や技能を更に身に付けさせる必要がある。 A問題と比較すると、B問題の平均正答率が9. 9パーセント~18. 5パーセント低くなっていることや、正答数の分布状況を見ると、平均正答率60パーセント未満の児童生徒の割合が高いことなどから、小学校、中学校の国語、算数・数学のすべてにおいて、知識や技能を活用する力に課題が見られる。 問題形式別では、記述式の正答率が低く、この傾向は、算数・数学において顕著である。 国語では、複数の資料を比較して共通点や相違点を整理した上で、自分の考えを表現することや、与えられた条件に沿って書くことなどに課題がある。 算数・数学では、問題解決に必要な情報を整理・分類することや、解決の過程を式や言葉で表現し、根拠を明確にして説明することに課題がある。

次の