はだける 漢字。 Wiktionary:漢字索引 音訓 は

秋田弁講座「はだげる」

はだける 漢字

Q 先週、国際交流系のイベントに参加しました。 外国の子どもたちとの交流であり、折角だから和服でお出迎えしようということになり、皆が1着は持っているであろう浴衣を着ることになりました。 イベント会場には着替える場所がないとのことで、流石にトイレを占領して着替えるわけにもいかず、家から浴衣を着ていくことになりました。 その、家からイベント会場の道中であったことなのですが・・・。 私は、母から譲り受けた手縫い手染めで白地に藍の朝顔の柄の浴衣+半幅帯という出で立ちの格好で会場に向かいました。 道中、電車で30分・・・。 その時、たまたま鉢合わせた老婆に叱咤されました。 「浴衣なんかで外を出歩くもんじゃない。 浴衣は風呂あがりに着るもんだ。 安い生地の浴衣なんか着て外出歩いているのは風呂あがりの使い古したバスタオルだけを巻いて出歩いているようなもんだ。 半幅帯なんて正装でもないものを人様の前に出るときにつけるもんじゃない。 みっともないものを人様に見せるんじゃない」 老婆に言われたことをまとめると、こんな感じです。 正直私は20代になったばかりですが、浴衣がバスローブ・・・という感覚は全くないのです。 勿論正装かと言われたら、そうでないのは解ります。 ですが、私の中では浴衣=Tシャツ+ジーパンくらいの感覚なのです。 家に着物もありますし、年に1回以上着物も着ますし、自分で着付けもできる程度に和服に触れてきましたが、しかしやはり、ひどく叱られてからもバスローブという感覚は全くピンときません。 私は京都に住んでいますが、京都三大祭りなんかが近くなると、私より年上の30~40代の方でも電車に浴衣姿で乗っておられますし、京都駅で立っていると100人単位で浴衣姿の方が電車から降りてくるのも見かけます。 そういった風景を見慣れているので、私の感覚がおかしくなった・・・ということなんでしょうか? 今でも多くの人は、公共の場で浴衣なんて非常識だ!浴衣はバスローブだ!半幅帯なんて外でつけるもんじゃない!という認識なのでしょうか? 知識的な部分ではなくて、感覚的な部分で皆さんどう感じられていらっしゃるか教えて下さい。 先週、国際交流系のイベントに参加しました。 外国の子どもたちとの交流であり、折角だから和服でお出迎えしようということになり、皆が1着は持っているであろう浴衣を着ることになりました。 イベント会場には着替える場所がないとのことで、流石にトイレを占領して着替えるわけにもいかず、家から浴衣を着ていくことになりました。 その、家からイベント会場の道中であったことなのですが・・・。 私は、母から譲り受けた手縫い手染めで白地に藍の朝顔の柄の浴衣+半幅帯という出で立ちの格好で会場に向か... A ベストアンサー こんばんは。 まあこういう話(浴衣に関する物議)は毎年のように話題に上りますね。 結論から言うとそのお婆さんの言うのも間違いではない。 そしてあなたの感覚もおかしくはない。 シンプルに言えば年代による感覚の差だと思います。 京都にお住まいと言う事で和装の関する感覚は他のちがうところもあると思います。 もう10年も前の話ですが、全国の成人式の模様をテレビで流していました。 その時に、振袖の上に羽織る鳥の羽のようなひらひらしたショール、あれをほぼ全員が室内でも外さないのを見て大変違和感を持ちました。 羽織りものやコートは室内では脱ぐというマナーを知らないのか、もはや振袖の一部、アクセサリー扱いなのか?と。 そんな中、京都の成人式だけは一人もそのような人がいなかったのです。 ああ、さすがだな、和服の伝承が根付いた土地だな、と思いました。 ところが6月上旬に京都へ行った時に浴衣で街歩きする女性達を見ました。 たぶん観光客だったと思われますが、着物レンタルで借りたのかも知れません。 6月に浴衣はちょっとなあ、と思いました。 京都の人はどういう思いで見てるのだろう? お客さんだから何でもアリなんだろうか、と。 けど今や浴衣はイベント着。 そういう時代なのねと納得させました。 その老婆の言うように浴衣は湯上り着、という感覚はさすがに古いと思います。 老婆と言うからには70代以上と思われますが、だったらそういう感覚を持っていて不思議はないです。 私は二十歳の頃から自分で和服を着始めておよそ30年が経ちますが、まあ時代時代で感覚は変遷しています。 私が二十代の頃には真っ昼間に浴衣を着て外を歩くのははばかられました。 30代でもそういう感覚は残ってましたが、それで若い人が和服に親しんでくれるなら問題ないと思いました。 40代にもなるともう何でもアリで良いんじゃない?と。 着るものなんて好き好きで結構と。 ましてやイベントならコスチュームですから。 時代で感覚や習慣が変わるのは致し方ないことです。 でも若い方はその変遷を知らずに着ているわけですね。 お婆さんの若い頃にはNGだったものが今は堂々と認められている。 なにもおかしい事ではありません。 それを教えてくれたのだと思う事ですよ。 勉強させてもらってありがとうございます、と。 だからお婆さんの感覚に合わせろとか言うことを聞けという意味ではないですが、「知る」という事は何においても大切なことです。 無関心が当たり前の現代ですが、昔はそうして年寄りは若い者に小言を言うのが当たり前だったのです。 五月蠅い叱責とばかり思わずそういう感覚の人がいるという事実を受けとめる事だと思いますよ。 事実こうしてここで質問を立てて皆さんからご意見を頂けて、ずいぶんとお勉強できたのではないですか? つい昨日です。 うちの大学生の娘が「浴衣で大学来てる子もいるよ」って言ってました。 「あら、そう、良いじゃない?あなたも着て行けば?」って言いました。 「作業があるから無理だよ」と娘は笑ってましたが、二十歳くらいの子なら何したって許せます。 いっぱい失敗したり叱られたりして経験する事の方がずっと大事なので、怖がらないで何でもやってどんどん叱られたら良いと思います。 そして「ふーん、そういう意見もあるのね」と柔軟に受け入れて行けば良い。 私もそうして来たのです。 最初から何でもわかってる人なんていませんからね。 こんばんは。 まあこういう話(浴衣に関する物議)は毎年のように話題に上りますね。 結論から言うとそのお婆さんの言うのも間違いではない。 そしてあなたの感覚もおかしくはない。 シンプルに言えば年代による感覚の差だと思います。 京都にお住まいと言う事で和装の関する感覚は他のちがうところもあると思います。 もう10年も前の話ですが、全国の成人式の模様をテレビで流していました。 その時に、振袖の上に羽織る鳥の羽のようなひらひらしたショール、あれをほぼ全員が室内でも外さないのを見て大変違...

次の

意外な漢字の読み方の一覧

はだける 漢字

このページにアクセスしたあなたは、仕事などで普段、着物を着られる方でしょう。 今後、観光産業が発達すれば、日常的に着物を着る人は増えてゆくかもしれません。 私も神社の神主をしており、日常的に着物を着ています。 着物というのはどんなにベテランであっても、着崩れるものです。 着物が着崩れる原因は以下のとおりです。 姿勢が悪い• 動きが乱雑• 帯がゆるい• ふところに物を入れすぎ 解決方法としては、常に姿勢を正し、動作はゆるやかに、帯をきちっと締め、ふところには一切物を入れない。 このようであれば理想です。 しかし、これは極めて現実的ではありません! 着物を着る職業をされている方ならお分かりだと思います。 姿勢が悪い たとえば私の場合、平日は9時間、着物を着ています。 その間、あらゆる業務をこなしながら、常に背骨をまっすぐ伸ばし、姿勢正しく過ごす事なんて出来るはずがありません。 動きが乱雑 仕事中は、来客であったり、雑務、雑用など、これらをすべて着物を着てこなさなくてはなりません。 優雅に、「ご機嫌うるわしゅう」なんてやっていたらあっという間に日が暮れてしまいます。 帯がゆるい 接客応対、雑務・雑用、着物を着ながらあらゆる動作を行う中で、8~9時間ものあいだ、腹を締め付けられると苦しいです。 さらに、帯をいうのは強く締めても、動いていればずれてきます。 強く締めすぎていた場合、ずれた後の修正が困難です。 ですから、意図的にやや緩めに帯を締める人も多いでしょう。 写真撮影用の着付けと、現場の着付けは違うということです。 ふところに物を入れすぎ 着物には洋服と違い、ポケットがありません。 着物では、ふところや袖の下がポケットの代わりを担います。 例えば仕事中に、携帯電話を持っていなければならない場合、袖の下に入れておくか、ふところに入れておくかのどちらかです。 筆者の場合、ハンカチなどの軽いものであれば袖の下に、携帯電話などの重いものであれば、ふところにいれます。 さらに仕事中には、様々なものが手渡されます。 たとえば、何かの伝票であったり、資料であったりを、ふところにしまいこんでいるうちに、だんだんとふところは膨らんでゆき、着崩れが起こります。 解決方法:安全ピンを駆使せよ! 着物がはだけてしまったり、着崩れが起こったら、着なおせば良いのですが、着なおす時間を取れない事もあります。 仕事の内容にもよりますが、例えば神社の神主の場合、どんなにベテランであっても、必ず着崩れは起こります。 着崩れが起こらないようにするためには、着崩れないように、あらかじめ「仕込み」をする以外に方法はありません。 その「仕込み」に使うのが安全ピンです。 安全ピンは日本人が一般的に着物を着ていた時代には無かったもので、敬遠する方も多いですが、効果は抜群です。 安全ピンで留める箇所は人それぞれだと思いますが、私の場合は次の通りです。 襟元がはだけないよう、襟が交差する部分に• ふところの部分が膨らまないよう、腰の部分に• 帯が上方にずれないように 既に実践されている方もたまに見かけますが、試したことの無い方は、ぜひ一度試してみてください。 【注意】大事な着物では安全ピンは使わないほうが良い ただし、安全ピンを使うと、穴が開いたり、着物が裂けたりするリスクがあります。 この裏技が使えるのは、普段着用の、少々痛んでも問題の無い着物のみです。 安全ピンの使用はあくまでも着物を日常的に着るプロフェッショナル向けのノウハウですので、大事な着物や高級な着物には絶対に使用してはなりません。 着物の襟元を固定できるS字型ピン 男性の場合、襟元が特に乱れやすいでしょう。 安全ピンで留めても良いですが、先ほども述べたとおり、安全ピンは着物が破れてしまうリスクがあります。 襟元が乱れずに、なおかつ着物が傷まない留め具はないのか? そんなニーズに答えたアイテムがあります。 着物の襟元を固定できるS字型ピン.

次の

Wiktionary:漢字索引 音訓 は

はだける 漢字

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 は [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 姓名の読み はあ [ ] [ ]• 常用漢字表外音訓 はい [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓 はう [ ] [ ]• 表外漢字 はえ [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 はお [ ] [ ]• 表外漢字 はか [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 [ ]• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓 [ ]• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表外音訓 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表外音訓 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 はき [ ] [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 はく [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 姓名の読み [ ]• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓 はけ [ ] [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓 はこ [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 はさ [ ] [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 はし [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 はす [ ] [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓 はせ [ ] [ ]• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓 はそ [ ] [ ]• 表外漢字 はた [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表外音訓 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 はち [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 はつ [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓 はて [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓 [ ]• 常用漢字表内音訓 はと [ ] [ ]• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 姓名の読み はな [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 はに [ ] [ ]• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 姓名の読み はね [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 はは [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 はひ [ ] [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 はふ [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表外音訓• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 はへ [ ] [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 はま [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 はむ [ ] [ ]• 常用漢字表外音訓 はめ [ ] [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 はも [ ] [ ]• 表外漢字 はや [ ] [ ]• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 姓名の読み [ ]• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表内音訓 [ ]• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表内音訓 [ ]• 常用漢字表外音訓 はら [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 はり [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表外音訓 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 はる [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表外音訓 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 姓名の読み [ ]• 姓名の読み はれ [ ] [ ]• 常用漢字表外音訓• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表内音訓• 表外漢字 はん [ ] [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 姓名の読み [ ]• 常用漢字表内音訓• 常用漢字表外音訓• 表外漢字 [ ]• 常用漢字表外音訓• 表外漢字• 姓名の読み [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字 [ ]• 表外漢字.

次の