感動 する アニメ ランキング。 【2020年最新版】絶対に泣けるアニメランキングTOP40 感動したいなら観ておくべき名作!

【2020年最新版】絶対に泣けるアニメランキングTOP40 感動したいなら観ておくべき名作!

感動 する アニメ ランキング

スポンサーリンク 管理人がおすすめする「感動アニメ」 Charlotte 〈原作:麻枝准〉 画像は【 】より引用 ある日を境に主人公は過酷な運命に立ち向かう。 あることをきっかけにして、他人に数秒乗り移れるという能力を得た主人公「乙坂有宇」、しかし彼は後に知ることとなる。 能力を持ってしまった故に訪れる悲しい出来事を。 青春、思春期に訪れる病のような能力、しかしそれは大人になるにつれて薄れていくのだが、その能力をめぐって残酷な運命に主人公達は立ち向かうこととなる。 「乙坂有宇」と「友利奈緒」の関係に注目です、そこが感動シーン。 この2人の関係にも注目して見ると面白いし、このアニメを感動させる要素です。 最初は本当にぎくしゃくしていたのですが、後半あることをきっかけにして二人の距離はグッと縮まります。 ぜひおすすめの作品ですので、見て下さい。 登場人物:声優• 乙坂有宇:内山昂輝• 友利奈緒:佐倉綾音• 高城丈士郎:水島大宙• 西森柚咲:内田真礼• 黒羽美砂:内田真礼• 乙坂歩未:麻倉もも 制作会社・各話放送 〈2015年7月~9月〉• WORKS〈制作会社〉• しかし、定期テストでカンニング疑惑があって呼び出され、そこにいた「友利奈緒 」に特殊能力があることがばれてしまい、逃走するも捕まえられ、能力を持っていることがどれだけの危険があるのかを聞かされるのであった。 Angel Beats! 〈原作:麻枝准〉 画像は【】より引用 舞台は死後の世界、そしてその世界で抗い続ける少年少女達の物語です。 主人公「音無結弦」は、目が覚めるとそこは学園であり、突如謎の少女に刺されることとなる。 意味が分からず、死んでしまったと思っていた「音無結弦」は、血だらけのはずなのに目を覚ます。 そしてそこにいた少女「仲村ゆり」から告げられることとなる。 ここは死ぬことはない死後の世界だと、そしてその学園は理不尽な死を遂げた少年少女達が学園で楽しい生活を送り、そして成仏する場所なのだと…。 しかしそのことに抗い続ける「仲村ゆり」を筆頭とする「死んだ世界戦線」のメンバー達、彼らは「天使」と戦い、そんな理不尽な事と抗い続ける。 なんか、いっぱい詰まったアニメです!! このアニメは、「コメディー」あり、「バトル」あり、「青春」あり、「感動」ありといろんなものが詰まっているすごくいい作品ですので、見ていない方はぜひ見て下さい。 管理人が一番感動したのは、やはり「ユイ」のシーンですね。 ここで「LiSA」が歌う「一番の宝物」が流れるのですが、もうここで涙がポロポロ出てきます。 登場人物:声優• 音無結弦:神谷浩史• 仲村ゆり:櫻井浩美• 天使:花澤香菜• ユイ:喜多村英梨• 日向秀樹:木村良平• 高松:水島大宙• 野田:高木俊• 椎名:斎藤楓子• 遊佐:牧野由依• 藤巻:増田裕生• TK:MichaelRivas• 松下:徳本英一郎• 大山:小林由美子• チャー:東地宏樹• 岩沢:沢城みゆき• ひさ子:松浦チエ• 入江:阿澄佳奈• 関根:加藤英美里• 直井文人:緒方恵美 制作会社・各話放送 〈2010年4月~6月〉• WORKS〈制作会社〉• 」のPV 「Angel Beats! 」のあらすじ 学生時代に理不尽な死を遂げた主人公「音無結弦 」は死後の世界へとやってくる。 そこは青春時代をまともに送れずに死んだ人たちにとって用意された場所であり、学園で楽しい青春時代を送り、成仏させる場所であった。 しかしそのことにあらがう少女「仲村ゆり 」をリーダーとする「死んだ世界戦線」のメンバーがいた。 そのメンバーに「音無結弦 」も入り、「天使 」と名乗る少女と戦い続けることになるのだが、その学園に異変が起こり始めようとしていた。 リトルバスターズ! 〈原作:Key〉 画像は【 】より引用 第1期からはほのぼのと見ていたのですが、第2期ではともかく急展開! 第1期では、感動はそこまでなのですが、第2期から急展開で涙が出てきます。 第1期では、「棗恭介」が「リトルバスターズ」という野球チームを作り、「直枝理樹」をリーダーに仲間を増やしていきます。 そしてその過程でそれぞれの登場人物の悩みを「直枝理樹」は解決していきます。 そして第2期では、今まで作り上げた「リトルバスターズ」のメンバーが突如、次々と消えていきます。 そして何故、第1期で不思議な現象が起きていたのかも、全ての謎が解明されます。 ぜひ、感動する作品なので見て下さい。 登場人物:声優• 直枝理樹:堀江由衣• 棗鈴:たみやすともえ• 棗恭介:緑川光• 井ノ原真人:神奈延年• 宮沢謙吾:織田優成• 神北小毬:やなせなつみ• 三枝葉留佳:すずきけいこ• 能美クドリャフカ:若林直美• 来ヶ谷唯湖:田中涼子• 西園美魚:河原木志穂• 二木佳奈多:すずきけいこ• 笹瀬川佐々美:徳井青空• 朱鷺戸沙耶:櫻井浩美 制作会社・各話放送 〈第1期:2012年10月~2013年4月 第2期:2013年10月~12月〉• STAFF〈制作会社〉• 第1期1話~26話【OVAあり】• 第2期1話~13話【OVAあり】(アニメ完結)• 「リトルバスターズ」に入る前、「理樹 」は両親と死別し塞ぎこんでいたのだが、「 理樹 」を助けたのが「リトルバスターズ」のグループの一人、「恭介 」であった。 そして数年が経ったある日、高校3年生の「恭介 」が就職活動から帰って来た。 そして「理樹 」は「リトルバスターズ」の4人で「昔みたいに何かしよう」と告げ、「リトルバスターズ」を再び結成することとなる。 さくら荘のペットな彼女 〈原作:鴨志田一〉 画像は【 】より引用 天才画家「椎名ましろ」との出会い 『さくら荘』という寮に移り住むこととなった「神田空田」。 しかし、『さくら荘』は、変人達の巣窟…。 そして春になり、一人の少女が『水明芸術大学附属高校』に入学してくることとなる。 彼女の名前は、「椎名ましろ」で、天才画家として知られる。 そんな彼女も『さくら荘』に入ってくるのだが…、ぱんつもはけないほどの常識がなかった。 そんな現実に「神田空田」は直面するのだが…。 コメディあり、恋愛あり、まさに青春しているアニメ 最終回は号泣してしまいましたし、途中の名場面でも号泣してしまいました。 また、夢に向かって努力しているシーンもまさに青春であり、そんな中、才能のある人と才能のない人を見比べるシーンやそれに葛藤するシーンなど、それでも努力をし、あきらめない姿勢は感動します。 登場人物:声優• 神田空田:松岡禎丞• 椎名ましろ:茅野愛衣• 青山七海:中津真莉子• 上井草美咲:高森奈津美• 三鷹仁:櫻井孝宏• 赤坂龍之介:堀江由衣 制作会社・各話放送 〈2012年10月~2013年3月〉• STAFF〈制作会社〉• そしてそこの変人達と暮らすことになるのだが、春になって、「空太」と同じ高校に入学してきたのは、世界的天才画家の「椎名ましろ」であった。 その女の子も「さくら荘」に入ってくるのだが…、今までの「空太」の生活が一転することとなる。 とらドラ! 〈原作:竹宮ゆゆこ〉 画像は【 】より引用 「逢坂大河」の秘密を知ってしまった「高須竜児」 長年想いを寄せている女の子「櫛枝実乃梨」と同じクラスになれて喜んでいる「高須竜児」。 そんな喜びも束の間、同じクラスの「手乗りタイガー」こと「逢坂大河」の好きな相手を知ってしまった「高須竜児」、彼は、そんな彼女の応援することになるのだが…。 大切な友達を作りたくなる、そんな気持ちにさせてくれます。 主に恋愛、恋をめぐるアニメです。 そうした中で三角関係、四角関係になっていくのですが、そんな中でも誰かを蹴落としてまで…とかではなく、誰かの幸せを願って、他人を思いやるシーンや激怒するシーンは本当に感動しました。 「友達って 大切に大切なんだぁ~」と改めて思うアニメです。 登場人物:声優• 高須竜児:間島淳司• 逢坂大河:釘宮理恵• 櫛枝実乃梨:堀江由衣• 北村祐作: 野島裕史• 川島亜美:喜多村英梨 制作会社・各話放送 〈2008年10月~2009年3月〉• STAFF〈制作会社〉• 「竜児」も高校2年生になり、好意を寄せている「櫛枝実乃梨」と同じクラスになることができた。 しかし、そのクラスには同じく主人公の「手乗りタイガー」こと「逢坂大河」という女の子も同じクラスになり、いきなりいざこざに巻き込まれていくことになるのだが…、日にちを重ねていくにつれて、二人の関係は徐々に変わっていくこととなる。 2019年冬アニメランキング• 2019年新作ライトノベル・ノベルズランキング 【2018年12月~2019年2月編】• おすすめライトノベル25選• 2018年アニメランキング• 2018年アニメ映画ランキング• 2018年新作ライトノベルランキング• 2018年新作ノベルズランキング• スニーカー文庫おすすめライトノベル• MF文庫Jおすすめのライトノベル• おすすめの記事• 3,047,095ビュー• 1,654,041ビュー• 1,386,060ビュー• 976,958ビュー• 328,141ビュー• 324,399ビュー• 321,329ビュー• 153,866ビュー• 124,200ビュー• 78,998ビュー• Twitter でフォロー• 本日の人気記事• 「反逆のソウルイーター」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『アース・スターノベル』で出版され […] 「月曜日の友達」という漫画をご存じでしょうか? この作品は『ビッグコミックススピリッツ』で出版されているマンガ […] 「事情を知らない転校生がグイグイくる。 」という漫画をご存じでしょうか? この作品は、『ガンガンコミックスJOK […] 「ダンベル何キロ持てる? 」というアニメをご存じでしょうか? この作品は、『動画工房』が制作したアニメであり、原 […] 「炎炎ノ消防隊」というアニメをご存じでしょうか? この作品は、『david production』が制作したア […]• 読者からの声• に うんごーるでんふりーざ より• に 通りすがりの菊池風香推し より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 山田与作 より• ブログをメールで購読.

次の

最高に泣けるアニメおすすめランキング30選【2020更新】絶対涙する感動作品を紹介

感動 する アニメ ランキング

数千あるアニメの中で泣けるアニメというのは、決して多くはありません。 しかし、泣けるアニメのカテゴリーに入るアニメは、必ずと言っていいほど良作です。 ラインナップを見ても分かるでしょうし、実際に見てもらえれば絶対良作と思えるはず。 このページでは、そんな最高に感動する・泣けるアニメをご紹介していきます。 対象読者としては、もちろん全てのアニメファンを対象にしています。 この記事を読んでくれたということは、あなたはアニメが大好きなんでしょう。 そして、感動できるアニメ・泣けるアニメを見たい!と思っているのでしょう。 そんなあなたに最適なアニメをご用意したつもりです。 ぜひ参考にしてください。 1期と2期合わせて全51話放送されましたが、その中の 9割は泣いてました。 登場人物1人1人のエピソードでまず泣かされ、団体戦での仲間たちの絆に泣かされ、個人戦で戦う 主人公・千早の奮闘劇にまた泣かされ、 泣かすことしか考えてないとも言えるほどずっと感動しっぱなしです。 「競技かるた」というスポーツを通して刻まれる仲間同士の信頼関係に感銘を受け、スポーツというすばらしさを知ることができます。 誰が見ても絶対に泣ける、と自信を持って言える作品です。 関連ジャンル あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。 物語序盤は異能力を持つ主人公たちのちょっとふざけたコメディ感ある内容でしたが、 終盤に差し当たっていく内にどんどんシリアス展開になっていきます。 それは悪い意味ではなく、むしろすごくいい内容でした。 作中で登場する異能は子どもの頃しか見られない力で、それを悪用しようとする大人たちがいます。 それを阻止すべく、主人公・ 乙坂有宇が全負担を負って社会と戦っていくわけですが、 その 壮絶な戦いの末に待っていた結末にただ泣くしかありませんでした。 そのときに流れる 「君の文字」というBGMも相まって、最高に感動できます。 関連ジャンル 一週間フレンズ。 人々が地下で暮らす世界。 その中の1人シモンは、ただひたすらにドリルで穴を掘り続けていた。 そんなある日、天上から巨大な怪物が襲ってきて、地上から来たヨーコ、兄貴として慕っているカミナと一緒に、地下に埋まっていた「ラガン」を操り勝利。 それから運命に抗い続ける男の物語が始まる。 とろけてしまいそうになる超カッコいい セリフ、BGM、合体、ドリルが最高です。 合体は男のロマンですからね。 合体シーンが出て燃えない男はいないでしょう! 最初は敵「ガンメン」とひたすら戦う感じで、よくわからないかもしれません。 しかし、一瞬にして考えが変わることでしょう。 まさか、まさかの展開が盛りだくさんで、鳥肌のあとに感動が押し寄せてきます。 世界の3分の1を支配する超大国「神聖ブリタニア帝国」。 元王子ルルーシュは実の親であるブリタニア国王に国から追放され、妹ナナリーとともに死んだことにさせられた。 そんなある日、「C2」と名乗る謎の女に「絶対遵守の力 ギアス」を授けられる。 母と妹のために反乱軍を束ね、強大な敵に挑む。 「ギアス」という超人的な能力を持った人物たちが登場します。 ルルーシュの絶対遵守の力は直接的な攻撃に関して効果を発揮しませんが、ルルーシュのような頭脳を持ちあせた者が使うと世界を変えてしまう力になるところが魅力です。 戦略戦とロボットの戦いが繰り広げられ、ロボット戦はかなり熱いです。 その中でも「紅蓮」と呼ばれるナイトメアは段違いにカッコイイので必見! そして、物語の最後に 衝撃のラストが待っており、とても切なく涙が落ちてしまいます。 母親を早くに亡くし、プロ野球選手の父親と暮らす吾郎。 野球が大好きな少年であるが、ある不運な事故により若干5歳の子どもに絶望という名の重圧がのしかかる。 それでも野球を続け、仲間と共に成長していく。 21世紀の野球漫画の中では一番だと個人的に思います 全部の野球漫画を読んだわけではありませんがw。 どんなに辛いことがあっても諦めず、前に進もうとする吾郎の背中に涙が溢れてしまうでしょう。 話全体を通して泣けるシーンがたくさんありますが、物語序盤で早速超感動の名場面が登場します。 切なすぎて何も言えなくなるくらい。 ちょうど見始めたのが吾郎と同じくらいの年齢のときで、その当時は感動というものがよくわかっていなかったので、ただ単におもしろいものとして見ていました。 しかし、成長して改めて見ると、その内容に感動せずにはいられませんでした。 数百年前のポケモンの世界で、主・アーロンに杖に封印されたルカリオが、同じ波動を持つサトシとともに命がけの冒険へと出る。 個人的にポケモンの映画の中で一番感動しました。 ポケモンの映画は劇場版になると一気に重い話になりますが、この作品もかなり答えます。 こういうところもあって、今でもポケモンファンの中でもルカリオが人気なのでしょう。 「波動」という表現を使って、 ポケモンも人間も心を通じ合わせているんだよ、というメッセージを感じ、彼らの友情のすばらしさを感じることができる作品になっています。 当時小学生だった私は、ポケモンレンジャーがあまりにもかっこよくて、おもちゃを買ってもらい、「キャプチャー・オン!」と言って遊んでいましたw それくらい魅力のあるキャラクターと内容だったのです。 この作品のメインはマナフィとハルカで、ハルカの母親感がたまりません。 マナフィと一緒にいることがマナフィにとってよくないと言われ、マナフィと距離を作ってしまうハルカ。 アニメでは見られないハルカの一面が濃く描かれている最高の作 品です。 これが大学生なのか、と当時の私は夢物語を描いていました 実際は全然違いました m 作品としてすごく上手くまとまっていて、登場人物の心境が色濃く描かれています。 昔同級生だった先輩 事故で一年遅れたため や現在の彼女ととの修羅場があり、 ハラハラする展開が盛り沢山です。 自分自身とどう向き合うのかを考えさせられる作品でもあり、 周囲の人たちの大切さを身に染みて感じることができます。 関連ジャンル カーズ 乗り物が擬人化した世界で、その中でも「車」である彼らに焦点を当てた物語。 新星の如く現れたレーサールーキー・マックイーン。 1を決める大会で辛くも同着1位になり、ベテランレーサーと3車で後日競うことになる。 その移動中のトラブルで相棒とはぐれてしまったマックイーンは、田舎町「ラジエーター・スプリングス」に辿り着く。 そこで世の中を知らなかったマックイーンが大切な仲間たちに出合う。 子ども向けだとか言って舐めないでほしいです。 日本のアニメは確かに最高ですが、『カーズ』も最高のアニメです。 何でもかんでも自分本意だったマックイーンが、メーターやサリー、ドックたちと出会い、自分の愚かさに気づき、本物のレーサーになる内容です。 それを自分に置き換えて考えてみると、自分はなんて愚かなんだ、と考えさせられてしまうでしょう。 人 ここでは車 を大切にすることが自分にとって、その人たちにとってどれだけ重要なことなのか分かると思います。 レミーのおいしいレストラン ネズミだけど食べ物にはこだわりがあり、料理の楽しさを体全体で楽しんでいる様子が描かれています。 田舎の民家に他のネズミたちと暮らすレミーは、他のネズミの食への関心の無さに幻滅していた。 普段通り、家主の隙をみて食料を調達していたレミーたちだが失敗してしまい、下水道の中を逃げることになる。 しかし、レミーだけはぐれてしまう。 そんなレミーが辿り着いた先は「食」の国・フランスだった。 レミーと一人のダメダメ料理人の奮闘劇が始まる。 料理ってこんなに楽しいものなんだよ!、と教えてくれる作品です。 登場してくる料理はどれもおいしそうで、本物の料理よりおいしそうに見えます。 見てるだけでお腹がなってしまいますね。 当然ネズミが厨房に入り込むわけですから、大きな問題が発生します。 サトシたち一行は、1000年に一度、7日間だけ見られるという1000年彗星を見に、遊園地に赴く。 その遊園地でマサトは、1000年に一度7日間だけ目覚め、願い事を3つだけ叶えてくれるというポケモン・ジラーチに出合う。 しかし、ジラーチの力を悪質な私利私欲のために使おうとするマジシャン・バトラーに狙われてしまう。 ジラーチを守ろうと、マサトたちの七夜が始まる。 ポケモン映画の中でもかなり異彩を放った作品ともいえます。 無印時代では劇場版でも物語の中心はサトシでしたから、初めての主役交代です。 サトシたちと比べるとまだ幼いマサトが主役になることで、七夜の時間がより大事なものだと感じれます。 主題歌も傑作で、より一層この作品の存在感を引き出しています。 WALL・E ウォーリー ゴミが溢れかえり、人類が生存できなくなった地球。 そんな地球に取り残されたゴミ処理ロボット・ WALL・Eの物語。 いずれ私たちが住んでいる地球もこうなるのか、と社会問題も取り入れており、環境への配慮を訴えかけてくる内容になっています。 ウォーリーの子どもっぽい行動に笑ってしまいますが、1台のゴミ処理ロボットが地球を救うために動く姿には感動してしまいます。 瞳美の一族は魔法使いの家系で、彼女の祖母から『高校2年生の私に会いに行きなさい』と言われ過去に飛ばされます。 そこで出会った祖母の琥珀をはじめ、写真美術部の唯翔 ゆいと たちと活動をともに。 その中で失った『色』を取り戻していきます。 泣けるし、すごく切ないお話。 まず、 自分が見ている世界から『色』がなくなることを想像できますか? 白黒写真の中にいるような感覚ですよね。 正直耐えられる気がしません。 そしてもう1つ。 瞳美は未来からやってきたのですから、 また未来に戻らなければならない、ということ。 友情が芽生えたり恋愛だってしますから、別れというのはとても悲しいものです。 彼が訪れた町で少女・神尾観鈴と出会うことで、物語が再び動き始めます。 正直最初はよくわからないアニメ。 だって、 超現実的な世界でファンタジー感あふれる演出がされてますから。 しかし、中盤からようやく物語の見通しができるようになり、 一気に物語に引き込まれるでしょう。 ラストは号泣必至! 「Dream編」「Summer編」「Air編」の構成に分かれているのが特徴。 アニメを全部見終えてから、それぞれのタイトルの意味が分かると思います。 そもそも、アニメを見て詳細設定とかを調べないと、物語の把握は難しいでしょう。 それほど、難しい内容なのです。 上官・ギルベルトから告げられた『愛してる』の意味を探し、誰かの思いを言葉として届ける少女の物語が描かれています。 京アニが力に力を込めてつくった最高の作品の1つ。 2016年5月にテレビcmが放送されるようになりましたが、実際にアニメが放送され始めたのは2018年1月。 これだけの良作を作ろうとすれば、制作に2年近くかかるのは当然ですよね。 そしてその期待を裏切らない作品に仕上げる京アニの素晴らしさも伺えます。 また、誰かの思いを言葉にする、タイプライターという新しいジャンルも取り扱っています。 人の心と触れ成長していくヴァイオレットの姿は最高に泣けます。 しかし、突如現れた強い光と吹き付ける突風により、湖に落下してしまう。 翌日なぜか家の布団から起きた海人と、その日転校してきたという3年の貴月イチカとの「夏」がはじまる。 夏もしくは 夏の終わりにおすすめしたい作品。 清涼感あふれる作画はやみつきになること間違いなし! 仲間と映画を作るという若干ベターな内容かもしれないです。 しかし、レンズを通してそのキャラの感情を見ることができ、演出としてすばらしいかと。 また、 opの演出も最高! 実際に見てもらえば分かると思いますが、opの入りでこのアニメがおもしろいことがわかるはず。 ダ・カーポ 「D. 「和菓子を作りだす」という変な魔法を持った朝倉純一は平凡な高校生活を送っていたが、アメリカに行ったはずの幼なじみが『約束を果たしに来た』と突然現れる。 一言で言うと、 よくわからないアニメ。 美少女ロボット高校生がいたり、ネコが擬人化したメイドがいたり、とにかくキャラ設定が変わってます。 アニメ本編が終わった後の「おまけ」みたいなコーナーがありますが、それもマジでよくわからない。 なのにラストで泣ける! よくわかんないでしょ? 最初はラブコメ全開で楽しく見れるんですが、半分いったあたりから急にシリアス要素強めに。 さらに ラストの25話と26話は、胸がきつくなるほどシリアスになります。 その辺をふまえて、 他とは一線を画す作品だと評価しています。

次の

歴代人気アニメランキングまとめ(平成アニメ名作一覧)

感動 する アニメ ランキング

幽霊が見えるようになってしまった少年とその日常を描く! 軽トラックとの衝突事故をきっかけに、頭に傷が出来てしまったわんぱく少年・花田一路(はなだ いちろ)。 この事故を機に幽霊が見えるようになってしまいます。 そして生前にやり残した事があり一路に助けを求める幽霊が現れるほか、一路を取り巻く家族や友達との心温まるストーリーが描かれていきますよ。 わんぱく少年と未練ある幽霊というアンバランスな関係ですが、そのアンバランスさが逆に良く出来ており、飽きさせない魅せ方をしていますね。 少年だからこそ、しんみりした部分を湿っぽくならずに描けていると思います。 「死」を扱っているだけに 涙無しでは見られない話もあるのが良いです。 出てくる幽霊の性別や年齢や環境が様々なので、誰かしらに感情移入する事ができるほか、本当に泣ける場面もあって惹き込まれますね。 絵は子供向けですが、どんな年齢の方でも楽しめるアニメです。 ホロッと泣ける作品なのでとてもオススメ。 中学3年生の少女が古い本をキッカケに異世界へと迷い込む! 主人公は現代の女子中学3年生。 ある日、図書館の立入禁止コーナーに迷い込み、一冊の古い本を見つけます。 本を開くと眩しい光に包まれ、気付いた時には見知らぬ古代中国に似た土地に居ます。 本は開いた者を「本の中に呼び込む魔導書」と呼ばれる物だった…というストーリーです。 主人公は国を助ける存在である朱雀の巫女となり、七星士と呼ばれる7人の仲間達と共に「朱雀の神力」を得るため旅をすることになります。 その先には、元の世界では親友でありながら敵になった「青龍の巫女と七星士」との命を懸けた戦いが待っています。 主人公は神力を得て元の世界に帰ることができるのか。 もう20年程前のアニメですが、作画が奇麗で音楽も心に残る名作です。 中でも仲間達の死闘の後に流れる独自の回顧演出は原作にはなくアニメでしか楽しむことが出来ません。 キャラが一人一人個性的で、彼らの絆の深さに泣けること間違いなしです。 不良の桜木花道が高校に入学後、バスケに目覚めて全国制覇を目指す! 主人公の桜木花道は不良でしたが、バスケ部マネージャーのハルコに一目惚れしたことからバスケ部へ入部する決意をします。 バスケ初心者の花道ですが、最終的にはスタメンへ入り、ハルコの兄・ゴリを含めて個性あふれるチームメイトとともに全国制覇を目指していきます。 笑えるシーン、感動するシーンがたくさんあるほか、バスケ初心者の方でも楽しめる内容になっていますね。 監督の言葉もぐっと心に刺さるし、バスケ部それぞれ過去の出来事が出てきたり、泣けるシーンも存在しています。 試合の描写も迫力があり面白く観ることができます。 スラムダンクに影響を受けてバスケ部に入った方も多いのではないでしょうか。 主人公のネロと老犬パトラッシュが一生懸命に生きる名作アニメ! 主人公のネロは両親をなくしておりお爺さんと2人で暮らしていました。 ある日、乱暴な飼い主にこき使われている老犬パトラッシュと出会い、この犬を助けて一緒に暮らすことになります。 ネロは絵を描くことが上手でしたが貧乏だったため、紙と鉛筆はなかなか買えませんでした。 重い牛乳をパトラッシュと一緒に街まで運び、少ないお金を稼ぎ、いつかルーベンスの絵を見に行きたいと思いながら生き抜こうとします。 純粋で一生懸命な姿に胸を打たれること間違いなしです。 観たことがなくても最後の結末を知っている方は多いかも知れませんね。 救いがないとも言えますが、 命の儚さを描いた泣けるアニメだと思います。 連続アニメはU-NEXT、劇場版はHuluで見れますよ。 音楽が大好きなギター少年が死者の国へと迷い込む! 過去の出来事がきっかけで「音楽禁止」という厳しい掟の元に育てられる主人公・ミゲル。 彼は音楽が大好きで天性の才能を持っていますが、ギターを弾くのはもちろん音楽を聴くことすら許されません。 ある日『霊廟に飾られたギター』を手にしたことをキッカケに夢のように美しいテーマパークのような場所へ迷い込みます。 そこは死者の場所であり、ガイコツたちが暮らしている国でした。 死者の国で自分の先祖や孤独な思いに触れるほか、ミゲルが成長していく姿、そして 家族の絆を描いている素敵な作品です。 劇中の音楽、歌声のほか、見ごたえがたくさんあるアニメです。 タイトルにある『リメンバーミー』の意味に込められた思いも、映画を観ていくうちに分かってきますよ。 この映画を通じて大切な人のことを思い出して欲しいですね。 孤独な優等生と落ちこぼれの魔物が王を決める戦いへ赴く! 次の魔物の王様を決めるため、魔物の子100人が人間界へとやってきます。 王になるためには「人間と協力して戦う」必要があり、主人公の清麿は成り行きで落ちこぼれの魔物・ガッシュベルを「優しい王様」にするため戦う決意をします。 清麿は天才で孤独、ガッシュベルは落ちこぼれですが人の心を動かす魅力がある。 対象的な2人のやり取りが面白いですね。 優しい王になる決意をした2人の前には邪悪な魔物と人間のペアが立ち塞がることも。 戦う中で友情が生まれたり、主人公たちが成長姿が描かれており、 一生懸命な彼らの姿が泣けるアニメです。 登場するキャラクターたちは本当に個性豊かですよ。 少年漫画が好きな方、熱くなれる王道的な漫画が好きな方にもおすすめです。 原作もあわせてチェックしてみてください。 数百年に渡り因縁のある敵同士が世継ぎ争いのため命を賭ける! 甲賀卍谷、伊賀鍔隠れに、それぞれ忍者の一族が住んでいます。 お互い数百年に渡って敵対していましたが、甲賀の頭領、伊賀の頭領の2人は恋仲になり、長き戦いに終止符が打たれるはずでした。 ですが、徳川の世継ぎ争いのために両陣営から10人の猛者を選び 「勝利した陣営によって世継ぎを決める」と命令を行います。 徳川の命令によって殺しあう忍者たち、そして愛しあう2人はどのように動いていくのか。 登場人物ごとにストーリーがあり一話一話面白いです。 それぞれ特殊な忍法を用いて戦うのも魅力的ですね。 命を賭けて全力で戦う姿にはグッと来ました。 最終回まで目が離せない作品ですよ。 原作の漫画も面白いので読んで欲しいです。 獣の槍を持った少年が伝説の妖怪とともに旅をする怪奇ファンタジー! 主人公の蒼月潮 あおつきうしお は普通の中学生。 ある日、自宅の寺にある蔵の地下で「獣の槍」と封印されていた伝説の妖怪と出会います。 槍を抜いて妖怪を解き放ってしまった潮は、これをキッカケに 「自身の秘密」と「日本全国の様々な妖怪たち」と関わっていくことになります。 妖怪を「とら」と名付けた潮。 悪態をつきながらも徐々に心を通わせていく妖怪・とら。 終盤は世界に脅威をもたらす大妖怪「白面の者」を倒すため、出会った仲間たちとともに立ち向かっていきます。 登場人物や妖怪たちと関わっていくことで潮が成長していき、友情を育んでいく流れが良いですね。 話の流れひとつひとつに深みがあり、泣けるエピソードが満載ですよ。 原作の漫画も面白いのでチェックして欲しいです。 能力者の存在する街を舞台に「マクガフィン」を巡る事件が起こる 登場する人物たちは、皆が何かしらの特殊能力を持っている「サクラダ」。 主人公の浅井ケイは見聞きしたことを思い出す「記憶保持」能力を持っています。 ケイはクラス委員のそうまから、ある少女を紹介されます。 紹介された少女には感受性がありませんが、ケイと接していくことで徐々に彼女にも人間らしさが戻るようになります。 人間性を取り戻していく姿、ケイの周りで起こる不思議な事件、お互いの能力をうまく使い、周りにも助けられながら乗り越えていく姿は感動を覚えますね。 クラス委員のそうまが突如行方不明になり、数年後再会することになるのですが、この行方不明になった理由にも泣ける部分があります。 グッとくる連続アニメ作品になっています。 不思議な能力を持つ主人公・夏目貴志と様々な妖怪との触れ合いを描いた名作! 主人公の夏目貴志は幼い頃に両親を亡くします。 『妖怪が見えてしまう不思議な能力』を持っていた貴志は、親戚から忌み嫌われてしまいたらい回しにされることに。 それでも遠縁にあたる子供の居ない夫婦に引き取られる事になった彼は、自分の特殊な能力を用いて様々な妖怪と出会い、心を通わせて、最後には 「友人帳」に刻まれた名前を返してあげることを使命に行動していきます。 見所は主人公である貴志の心優しい所です。 相手が妖怪であっても、何故そうなったのかを探りながら、その妖怪が望むようにしてあげるところが泣けるんですよね。 クスッと笑える話もありますが、こんな優しい気持ちになれたらなぁと感動して泣けてしまうおすすめアニメです。 第六期まで存在しており、劇場版も公開された人気作品でもありますよ。 魔法少女の世界観を覆した名作!最高峰のダークファンタジーアニメ作品! 主人公の鹿目まどかは普通の中学生。 ある日、クラスに暁美ほむらという転校生がやってきます。 夢に出てきた少女と同じ容姿、そしてどこか既視感を覚える不思議な彼女。 ほむらのことが気になるまどかですが、何も思い出すことはありません。 後に「魔法少女」の存在を知るまどかですが、ほむらはまどかに「魔法少女になるな」と警告します。 登場人物たちの思い、まどかとほむらの関係性、そして 序盤と終盤ではキャラクターに対する印象や見方が変わっていくところが本当に魅力的です。 ほむらの想いが明らかになっていく流れは最高に泣けると思いました。 良い意味で期待を裏切られ、観るたびに新しい発見がある名作アニメになっています。 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 』のメインスタッフが再集結!感動するアニメ映画! 主人公の成瀬順は、親から言われた言葉に傷つき上手く話せなくなってしまう。 しかし、劇であれば自分の気持ちを歌に乗せることができた。 彼女は言葉をメロディとして歌えるようにして欲しいと、DTM研究会の拓実へ依頼を行います。 クラス会でミュージカルを行うことになるのですが、順は上手く歌えるのか、そして話せるようになるのか、続きが気になって最後まで観たくなる作品です。 淡い恋心、破れてしまった後のドタキャン、そしてみんなが彼女の到着を待つ流れなど、 青春を感じさせてくれる名作になっています。 自分の存在意義、仲間のあたたかさなど、人生で大切なことをアニメから学ぶことができますね。 ラストシーンは観ていて思わず微笑んでしまうこと間違いなし。 超平和バスターズのファンの方はぜひ観てほしいです。 心を閉ざした杏奈の前に謎の金髪少女が現れて不思議な出来事が起きていく! 主人公の杏奈は身体が強くないうえに喘息を持っていました。 里親に引き取られている彼女は、夏休みの間だけ、里親の親戚の家に療養を兼ねて過ごすことになります。 何もなさそうな田舎町ですが、そこの 古い屋敷で不思議な少女・マーニーと出会うことに。 彼女の正体は一体なんなのか。 話の所々に伏線となるシーンも存在しており、後々キレイに回収されるので観終わった後スッキリしますね。 宮崎監督と高畑監督が関わっていないジブリ作品ですが、観ている人を魅了してくれるアニメになっています。 どこか懐かしい気分にさせてくれる、不思議と泣けるアニメ作品ですよ。 平凡な女子高生たちが南極を目指す個性的な青春アニメ! 主人公のキマリはどこにでもいる平凡な高校生。 南極へ行くという夢を持った報瀬との出会いをキッカケに、その夢を叶えるため奮闘することになります。 そして途中から加わった日向と結月の4人で南極観測隊の同行メンバーに選ばれます。 メインとしてこの4人の少女を中心に話が進むのですが、どの子も個性があって魅力的です。 観測船の船内や昭和基地での南極生活を通じて、メンバー4人のそれぞれの生い立ちや抱えてきた葛藤などが描かれていき、苦難を乗り越えながら友情を深めていくストーリーはとても見応えがありますね。 4人の友情が深まっていく所が良いです。 特に報瀬の母へ対する想いと葛藤は涙なしでは観れません。 普段あまり知ることができない船内活動や南極基地での様子は興味深く観ることができますよ。 明るく元気なハイジと不器用な登場人物たちが織りなす心温まるストーリー スイス・アルプスとドイツ・フランクフルトを舞台に主人公のハイジが成長していく物語。 アルプスに住む頑固なおじいさん、羊飼いのピーター、足の不自由なクララなど、その他たくさんの登場人物と共に様々なドラマが描かれていきます。 素直で優しいハイジを中心に、個性的な人物が織りなすドラマは視聴者を飽きさせませんね。 アルプスの山々やそこに生息する動物達の描写もすばらしく、大きな犬のヨーゼフや、いつまでも大きくなれないヤギのエピソードなど、動物好きの方にもおすすめできるアニメです。 人との出会いや別れのシーンも上手く描いており、泣ける古き良き名作アニメになっていますよ。 子供に見せるのにも向いていますね。 記憶を消してもう一度観たくなる!ストーリーの評価が高いSFアニメ! 秋葉原を拠点に活動する小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダー岡部倫太郎。 毎日しょうもない発明を繰り返す彼ですが、ある日講義会場で17歳の天才少女・牧瀬紅莉栖と出会います。 血を流して倒れる紅莉栖を目撃した主人公は、その出来事を携帯メールで送るも目眩に襲われます。 我に返った後、現場は警察に封鎖されており、なぜかメールは一週間前の日付に。 彼の身に何が起こっているのか、そして謎の現象は何をキッカケに起こったのか。 序盤はストーリーの流れを理解するのが大変かもしれませんが、続きが気になって目が離せなくなる名作です。 多くの伏線が張り巡らされており、最後はきっちりと回収して終わるのが凄いですね。 ランキングは泣ける定義のため低くしていますが、本当に面白いアニメなのでまだ観ていない方は是非チェックしてください。 スポーツ推薦で入学した高校でケガにより部活を辞めてしまった主人公と、身体の弱いヒロインの純愛ストーリー 無気力な毎日を送っていた主人公・岡崎朋也。 ある日、学校に行く途中で古河渚と出会います。 彼女は身体が弱く、学校を休みがちのため留年していました。 行きづらいにも関わらず、毎日健気に学校へ向かう彼女をバカにしながらも、一生懸命な彼女に惹かれていきます。 ヒロインとの恋愛要素ももちろん良いのですが、同じ境遇の男友達との友情や、ある 登場人物を通してのストーリーは泣けるのでハンカチ必須です。 また、主人公の父親やヒロインの家族など周りの話にも力を入れており、主人公とヒロインへの気持ち関わりが素晴らしいですね。 長く愛され続ける「名作x泣けるアニメ」になっていますよ。 こうの史代先生が描いた漫画を原作にした泣けるアニメ映画。 「戦争と広島」をテーマに「昭和時代の広島」を舞台としたアニメ作品。 主人公の女性・すずは広島の呉へとお嫁に行きます。 新しい家族と近所の人々に囲まれて妻としての生活を始めます。 配給物資はだんだんと減っていき、着る服を繕うような毎日ですが、工夫を凝らしながら毎日を過ごしていきます。 しかし、戦争によってすずは大切な人やものを失っていきます。 テーマが重いため凄惨でつらい物語のように思われるかも知れませんが、 「この世界の片隅に」はどこか優しさで包まれている作風です。 悲劇と隣り合いながらも、必死に生きる人々の姿を垣間見ることができますよ。 戦争に巻き込まれながらも生き抜いた「私たちと同じ人々の物語」。 終わってエンドロールを眺めている時、じんわりと涙がこぼれるようなアニメです。 運動神経が悪く友達も居ないオタクの主人公が高校就学を機会に自転車競技部へ所属する! スポーツを心から楽しみ、その中で大切な仲間や先輩、ライバルに出会い日々成長していく青春部活系アニメ。 主人公の小野田坂道はどこにでもいる高校生ですが、趣味や立ち居振る舞いから友人がほとんどいませんでした。 そんな彼が自転車競技を通してスポーツに対して熱くなったり、友人から慕われるようになっていきます。 物語を通じて成長する姿が描かれるのが良いですね。 過程をみていると、忘れてしまった純粋さや、 熱くものごとに取り掛かることの大切さを改めて感じることが出来ます。 おすすめはインターハイの場面です。 数々の試練を突破してきた小野田の成長と周りの仲間たちの色々な思いや葛藤に感動します。 箱根学園とのレースやクライマーやスプリンターなど、自分の得意な分野同士が集まってレースをクリアしていく姿に感動すること間違いなしですよ。 青春系が好きな方はチェックして欲しいです。 代筆屋として働くようになった少女が言葉の意味を理解し成長する物語。 戦争の道具として生きてきた少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデン。 彼女は大切な人が残した言葉の意味さえ理解できずにいましたが、残された言葉の意味を知るため手紙の代筆屋として働くようになります。 依頼人に代わって手紙を書くうちに人の気持ち、 言葉の意味を理解しながら成長していく魅せ方が素敵です。 人間の感情を取り扱いながら上手く描いているので、観ている側も心を動かされますね。 人の感情が純粋に分からず、ダイレクトに心へと踏み込もうとする彼女の姿にも目が離せません。 人の気持ちを理解できるようになったとき、彼女はどのような感情を表現するのか。 美しい映像も必見です。 泣けるアニメxファンタジー群像劇になっていますよ。 東京でマグニチュード8. 0の海溝型大地震が発生する!帰宅を目指す泣ける連続アニメ作品! 中1の姉と小3の弟は、お台場へ遊びに来ている最中に被災します。 その後、2人はお台場で出会った社会人の女性と共に、世田谷の自宅まで徒歩で帰宅を目指すことになります。 過酷な題材と幼い子達が主人公になっており、その行動や描写には考えさせられるものがあります。 思春期特有の思考で行動する姿は、人によってはもどかしく時に苛立たしく感じるかもしれません。 最初は普通に観ていられますが、途中でとても残酷な事実が判明します。 泣けるキーポイントは最終回とその前話です。 それまでの話を踏まえて苦しい程に泣かせにきます。 『ボロボロ泣けるアニメはこれが初めて』という回答もありましたね。 子供を持つ親には特に心へ来るものがある作品だと思いますが、スッキリした泣けるではないのでご注意下さい。 東京消防庁や陸上自衛隊も作成に協力しており 「もしも首都直下地震が発生したら」をリアルに描かれている作品でもあります。 防災意識を高めることもでき、子どもや大人を問わず啓発にも使えるアニメですよ。 聴覚に障害を持った少女と同じクラスの少年から始まるアニメ映画! 小学6年生の将也は、同じクラスに転校してきた聴覚障害を持つ西宮硝子をいじめます。 ですが、やがて将也が新たないじめの標的となり、いじめられていた硝子は転校していきます。 その5年後、高校3年生となった二人は再開し、過去と再び向き合うことになるという物語です。 障害を持つ子供を取り巻く環境と、それによって発生したいじめ、更にいじめを実行した子供と周囲の関係性まで丁寧に描かれているアニメ作品です。 いじめという切り口について、多くの作品では一観点から描かれがちです。 この作品では、いじめが発生する メカニズムやいじめっ子のその後という所まで着目しているところが良いです。 いじめる側といじめられる側、それらを傍観する側には、各々の事情や言い分があり、明確に言葉にし難いそれらを、絶妙な雰囲気や表情、セリフやその間合いで表現しています。 自身の学生時代を振り返り「こういう雰囲気あった」とか「こういう奴いた」と共感するポイントもたくさんありますよ。 一度は観てほしいアニメですね。 幸せだった4人家族が戦争によってバラバラに。 リアルで泣ける名作アニメ映画! 戦争をキッカケに両親がいなくなり、兄と妹は親戚の家へ行きます。 ですが、折り合いが悪く家を出て2人だけで生活を始めます。 戦時中の物語は現実味が欠けてしまいがちですが、火垂るの墓は実際に 『戦争で使われていた飛行機の名前』や『大日本帝国海軍の軍艦の名』など実名を使っているためアニメの世界観へ入り込みやすいです。 妹のせつ子がすごくあどけなく、無邪気でかわいらしく描かれています。 その分せつ子が次第に弱っていく姿、そしてそれをただ見つめるしかできない兄の姿に泣けるんですよね…。 兄の行動を咎めるレビューも見かけますが、こういった結末を含めて戦争を物語っていると言えます。 命の儚さと兄妹愛が心に突き刺さる最高に泣けるアニメです。 主人公・ルフィが大勢の仲間たちと共に海賊王を目指す物語! 仲間とともに強敵を倒しながら大秘宝ワンピースを探す旅に出ます。 悪魔の実と呼ばれる果実を食べると能力が得られるのですが、その能力を持った人間同士の手に汗握るバトルも見所です。 もちろん能力を待たずに生身で勝負する登場人物も魅力的なほか、その仲間との絆を熱く描いているシーンがたくさんあります。 キャラクターごとのエピソードがしっかりしており背景も色濃く描かれていますね。 魅力的で少し癖のある敵キャラも物語のいいアクセントになります。 とても有名なアニメなのでオススメポイントは沢山ありますが、 麦わらの一味一人ひとりが仲間になっていくシーンはグッとくるものがあります。 放送されてから時間は経っていますが、今見ても面白いアニメですよ。 バラバラになった幼馴染たちが大切な人のために再び集う!おすすめの泣けるアニメ! 昔は仲が良かった男女6人グループ。 幼少期は山の中にある小屋を秘密基地にして「超平和バスターズ」を結成します。 ですがメンバーのひとりである「本間芽衣子(めんま)」の死をきっかけに、仲間内で亀裂が生まれ関係はバラバラになっていきます。 時が過ぎ、主人公の「じんた」は高校受験に失敗して引きこもりに。 そんなある日、突然じんたの前に「じんたにしか見えない死んだはずのめんま」が現れます。 「願い事を叶えてほしい」と語る彼女の存在に戸惑いながらも、じんたはめんまの願いを叶える決意をします。 ほかの幼なじみたちも集まってその願いを叶えていくという流れです。 解決しようと行動する中で、それぞれが直面している 個人の問題に改めて向き合い、友情を再確認していくストーリーが凄く良いです。 登場人物の心境がとても練りこまれており、どのキャラにも熱を帯びて観ることができる点が魅力的ですね。 負い目や劣等感、嫉妬など様々な感情を濃厚に描いており、観ていて共感せずにはいられないでしょう。 ラストシーンは感動間違いなしの最高に泣けるおすすめアニメです。

次の