お申し付けください 意味。 「お申し付けください」の意味とは?敬語として間違い?類語や英語表現・使い方を例文付きで紹介

「お申し付けくださいますようお願い申し上げます」意味と使い方・例文

お申し付けください 意味

「ご用命ください」という言葉の意味を理解するためには、このフレーズを2つの部分に分けて考えることができます。 1つ目に意味を理解したいのは「ご用命ください」の「用」という言葉になります。 「用事」の「用」という言葉が「ご用命ください」の組み込まれることによって「用事を申し付けてください」という意味を相手に対して伝えていることになります。 「ご用命ください」の「命」からわかること 2つ目の部分は「ご用命ください」の 「命」という言葉になります。 この言葉から連想されるのは「命令」というフレーズではないでしょうか。 そのため、用事があったら自分に「命じてください」という意味も含まれているフレーズになります。 そのため「ご用命ください」の意味は「用事を私に命じてください」 となります。 「ご用命ください」という言葉の漢字の意味がそのまま反映されていることになりますので、比較的わかりやすいです。 「ご用命ください」の例文 ますよう まず、最初に取り上げることのできる例文は「ご用命ください」と「ますよう」と組み合わせたフレーズになります。 簡単に「ご用命くださいますよう」という文章を作成することができます。 注目したいのは「ご用命くださいますよう」の後に、他の文章を付け足すことができるという点です。 そのため、1つの文章であったとしても2つ以上の考えを表現したい時に「ご用命くださいますよう」というフレーズを使用することができることになります。 後半に「よろしくお願いいたします」を 例えば「ご用命くださいますよう、よろしくお願いいたします」というフレーズを作成したとします。 この表現を使うことによって「用事があった時には、何でも命令してください。 よろしくお願いします」という意味を相手に対して伝えていることになります。 必ずしも用事が生じるかどうかはわかりませんが、用事が生じた時に備えてこのフレーズを使うことができます。 目上の人に対する深い気遣いを示したい時や、目上の人が抱えているたくさんの仕事を少しでも助けてあげたいと考えているのであれば「ご用命くださいますよう、よろしくお願いいたします」で自分の気持ちを率直に相手に対して表現することが可能になります。 おそらく、この言葉を言われている人も嬉しく感じるはずです。 まして 「ご用命ください」と「まして」という言葉を組み合わせたフレーズを作成することができます。 この場合も「ご用命くださいまして」と、2つのフレーズを一緒に組み合わせることによって使用することが可能です。 しかし、この場合は、自分に対する命令が「過去に」行われていることによって使用できるフレーズであることがわかります。 例えば「ご用命くださいまして、誠にありがとうございました」という例文を作成することができます。 このフレーズによって「あなたは、その用事について、私に対して命令してくれました。 本当にありがとうございました」という意味を相手に対して伝えることが可能になります。 まだ、相手が自分に対して何の命令もしていないのにもかかわらず「ご用命くださいまして」というフレーズを使ってしまうと非常に違和感があります。 相手が意味をしっかりと理解できるように、使い方に注意することが大切です。 ビジネスでの「ご用命ください」の使い方 ビジネスの場面で「ご用命ください」というフレーズを使いたいのであれば「またのご用命を心よりお待ちしております」という表現が非常におすすめです。 このフレーズを使用すれば「用事があればいつでもお申し付けてください。 これからもお待ちしています」という意味を相手に出して伝えることが可能になります。 主にこのフレーズは、自分の会社のお客さんに対して使うことのできる表現です。 お客さんがなにかのクレームを自分の会社に報告したとします。 そして、クレームに対応した後に「今後も不具合が生じることがあれば、いつでも連絡してください」という意味をメッセージをお客さんに対して伝えなければなりません。 それと同じメッセージを伝えることができるのが「またのご用命を心よりお待ちしております」という敬語表現になります。 真摯な対応することによって、お客さんのからの敬意を勝ち得ることができるようになります。 上司への「ご用命ください」の使い方 どんな人であったとしても、職場の上司と会話している時には、気を使うことがあるのではないでしょうか。 言葉遣いが原因で、職場の上司を怒らせたい人は1人もいないからです。 そのため、これから「ご用命ください」の職場の上司への使い方について詳しく紹介します。 どうぞ 職場の上司と会話をしている時に「ご用命ください」というフレーズをそのまま使うことも可能です。 しかし、少しだけや職場の上司に対して示すことのできる敬意を深めたいと考えているのであれば「どうぞ」とセットで使うことをお勧めいたします。 つまり「どうぞ、ご用命ください」というフレーズを職場の上司に対して使えることがわかります。 「どうぞ」には「人に丁寧に願い、進める気持ちを示す語」という意味が含まれていることを、辞書などから確認することができます。 そのため「ご用命ください」よりも、もっと丁寧に職場の上司に対して発言したいと感じている時に「どうぞ」とを使用することができます。 なんなりと 「なんなりと」という言葉には「何であろうと」という意味が含まれています。 そのため「何であろうと、用事がある時には私に命令してください」という意味を職場の上司に対して言いたいのであれば「なんなりと、ご用命ください」と発言することができます。 職場の上司の仕事を経験してあげたいと感じている時にも使用することのできる便利なフレーズです。 「ご用命ください」の類語 「ご用命ください」というフレーズの意味を正確に理解している人は「ご用命ください」を普段の会話の中で上手に使っています。 しかし 「ご用命ください」を会話の中で不必要に何度も使用してしまうと、周りの人に対して違和感を与えてしまう場合があるのも事実です。 そのような失敗を避けるためにも「ご用命ください」の類語を詳しく紹介します。 ご要望ください 「ご用命ください」という言葉を言う代わりに「ご要望ください」と発言することも可能です。 どちらであったとしても、同じような意味を相手に対して伝えることができるからです。 例えば「要望」には「これこれのことをして欲しいと望むこと」という意味があります。 そのため「自分に対して何かをしてほしいと望んでいるのであれば、そのことを私に言ってください」という意味で「ご要望ください」と発言することができます。 「ご用命ください」よりも理解しやすいので、相手にとってわかりやすいフレーズになります。 ご注文ください 他にも「ご用命ください」の類語の1つに「ご注文ください」という言葉があります。 「注文」には「詳細を指示して、作らせたり遅らせたりすること」という意味が含まれています。 そのため「ご注文ください」というフレーズを使用することによって「希望どおりのものを作ることができるように、詳細を教えてください」という意味を相手に対して伝えています。 飲食店で働いている人や、お客さんに対してサービス業をしている人にとって非常に便利なフレーズになります。 相手の希望を詳細に理解することによって、お客さんのニーズに応えることができるからです。 「ご用命ください」の敬語.

次の

「お申し付けくださいますようお願い申し上げます」意味と使い方・例文

お申し付けください 意味

「なんなりと」の意味と漢字 「なんなりと」の意味は「なんでも」「どんなことでも」 「なんなりと」の意味は「 なんでも」「 どんなことでも」です。 どんなことでも・どんなものでもという 相手の意向に任せる気持ちを言い表した言葉であり、 相手に対する気遣いや配慮の言葉で、副詞として使用されるので動詞の前に使用されます。 とてもカジュアルな言葉のように感じられますが、敬語表現と共に使用すると、「 なんでも受け入れます」という相手に対する誠意をしめすことができる言葉です。 「なんなりと」の漢字は「何なりと」 「なんなりと」は漢字で表記すると「 何なりと」となります。 「何」には「なに・どれ・いずれ・どの」という意味があり、 断定の助動詞「なり」の終止形「なりと」と組み合わせて使用されています。 「なんなりとも」という日本語はない 「なんなり」の強調形として「なんなりとも」という表現を使う人が極稀にいますが、これは誤用です。 「なんなりとも」という日本語は存在しません。 正しくは「なんなりと」になります。 「なんなりと」の使い方と例文 「なんなりとお申し付けください」は「なんでも言ってください」の意味 「なんなりとお申し付けください」は「 なんでも言ってください」という意味で使用で使用される言い回しです。 「お申し付けください」は、「申し付ける」「言いつける」を丁寧にした言葉で、 「自分には引き受ける意思があります」「準備しています」ということを伝えるニュアンスがある謙譲語です。 ビジネスシーンでは「 自分に何か言いつけて欲しい」とお願いするときに使用されるフレーズです。 その他にも ・なんなりとお聞かせください ・なんなりとご連絡ください ・なんなりとご指摘ください などがあります。 「なんなりとご用命ください」は「なんでも用事を言いつけてください」の意味 「なんなりとご用命ください」は、「 なんでも用事を言いつけてください」という意味で使用される言い回しです。 「ご用命」は「用名」という言葉を丁寧にした表現で、「 用事をいいつけること」という意味です。 「用事」とは「しなければならないこと」という意味なので、「なんなりとご用命ください」は「命じられたことは何でもします」というニュアンスになります。 「なんなりとご用命賜りますよう、お願い申し上げます」だとより丁寧 「なんなりとご用命賜りますよう、お願いお願い申し上げます」だと、より丁寧な言い回しとなります。 「賜る」にの意味はこの場合、 「もらう」の謙譲語になります。 辞書には「神の許可を得て、通行を許してもらう」という意味も記されています。 かなりかしこまった表現であるため状況や相手によって使い分けるといいでしょう。 「なんなりと言って下さい」「なんなりとお聞かせください」も正しい敬語 上記では堅い敬語表現を紹介しましたが、 ・なんなりと言って下さい ・なんなりとお聞かせください ・なんなりとお尋ねください なども正しい敬語です。 しかし、「なんなりとお申し付けください」が最も一般的に使われる表現です。 「素材です。 なんなりとお使いください」はネットスラング 「なんなりとお使いください」というネットスラングも存在します。 「なんなりとお使いください」は「なんでも使ってください」という意味で、意味は通じますが、この表現を使用する場面は日常生活ではありませんよね。 インターネット上では、著作権フリーの画像の転用を許可する文章として使われます。 「なんなりと」の使用場面と例文 お客様対応・営業などで質問を受け入れる 「なんなりと」は、 うしろに「〜してください」というように動詞をつけることが基本です。 お客様対応・営業などで質問を受け入れるといった場合には、「 なんなりとご質問ください」というような言い回しを使用します。 お客様や、取引先相手に「なんなりとご質問ください」用すると、気になった点を質問することができます。 また、「 なんなりとお問い合わせください」という言い回しをすることもできます。 「お問い合せ」は、「 メールや電話などを使用して尋ねること」という意味で使用される言葉です。 例文 「なにか気になる点などございましたら、なんなりとご質問ください」 「なにか質問などございましたら、なんなりとお問い合わせくださいませ」 「なにかございましたら、なんなりとお気軽にご質問ください」 メールや電話の結びの言葉 「なんなりと」は、 メールや電話の結び言葉 としても使用されます。 何か用件をメールや電話で伝えたあとなどに、「何かご不明な点があればなんなとお問い合わせください」というように使用することで、相手は気軽に質問をしたり問い合わせの連絡をすることができます。 つまりメールや電話での結びとして使用される言葉は、 相手から連絡しやすくするという気遣いの言葉となります。 例文 「なにかご不明な点がございましたら、なんなりとお問い合わせください」 「なにかご不明な点ございましたら、なんなりとご連絡ください」 「なにかご不明な点などございましたら、なんなりとご指摘ください」 「なんなりと」の類語・言い換え 「どうぞ」は勧誘を表す最も一般的な言葉 「そうぞ」は、 副詞の「どう」に、助詞に「ぞ」がついた言葉です。 相手の動作を促したり、勧誘を表す最も一般的な言葉が「どうぞ」です。 ・なにかご不明な点がございましたらどうぞご質問ください ・私にできることがあればどうぞご用命ください というように、「どうぞ〜してください」という形で使用することがほとんどです。 話し言葉でも使用されることもあり、かなりカジュアルな表現になります。 「何卒」は「どうぞ」より丁寧 「何卒」は「なにとぞ」と読み、「どうぞ」をより丁寧にした言い回しです。 「期待する」というニュアンスが含まれていて、相手に何かを強くお願いする場合に用いる表現となります。 依頼の強調表現になります。 ・ご不明な点があれば何卒お問い合わせください ・なにかございましたら何卒お申し付けください 「どうぞ」ではカジュアルすぎるというかしこまった場面では「何卒」を使用するといいでしょう。

次の

「忌憚なく」の意味と使い方・類語・例文・目上の人への使い方

お申し付けください 意味

「忌憚なく」とは、ビジネスの相手に対して、遠慮せずに発言や行動をしてほしいと思うときに使える敬語の表現です。 「忌憚」は、遠慮や気兼ねすることを意味しますから、「忌憚なく」で遠慮や気兼ねを否定して、積極的で率直になっていただきたいという思いを込めることができます。 「忌」という漢字の読み方には、「忌み嫌う」という直接の意味がありますが、「避ける」というニュアンスでも使います。 「憚」は、読み方として「憚る(はばかる)」という意味を持っており、遠慮や気兼ねと同じ意味の類語です。 そのため、 「忌憚なく」は、遠慮して避けることをしないようにすすめるときに用いることができる丁寧な表現になります。 ビジネスで役立つ「忌憚なく」の正しい使い方とは? ビジネスの中で、ある取り引きにおける交渉で、折り合いがつかないという場合があります。 それぞれ思惑があるのですが、なかなか言い出せないでいるというシチュエーションを経験したことがある方も多いと思います。 そんなときに便利に使えるのが、この「忌憚なく」というフレーズです。 営業側は、どれぐらいの費用感なら取り引きに乗ってくれるのかを知りたいと思いますから、金額についての提示を忌憚なく言ってほしいと思うものです。 停滞している取り引きの突破口を開いてくれる第一歩となるのが、忌憚なく話し合える雰囲気と、それを引き出す丁寧な表現のトークなのではないでしょうか。 「忌憚なく」は目上の人でも使える表現である。

次の