パチンコ 回転数。 1パチは釘調整がひどいし回らなすぎ!千円当たりの回転数など打った感想まとめ

パチンコの回転数の狙い目とは?当たりやすい数について徹底解説!

パチンコ 回転数

どうも、かっつんですm(__)m 今回は、「パチンコ回転数の見方」 についてお話しますm(__)m パチンコの回転数とは? このパチンコでいうところの 「回転数」というのは、 デジタル機(デジパチ)なら 図柄(数字)が変動した 回数(大当たり抽選回数)のことです。 ハネモノ(普通機)なら、 盤面下左右にある「1」ないし「2」と 書かれたスタートチャッカーに玉が入賞し、 ハネが開いた回数を指します。 ほとんどのパチンコ屋には、 各台ごとに「データランプ」という 計測機が台の上に設置されています。 なので、そのデータランプで 回転数を確認することができます。 データランプで一番大きな数字が、 大当たり回数になります。 では、回転数は、、、? 図柄が変動するたびに、 データランプをジーーっと見ていれば 数値が増えていく数字があるはずです。 それが回転数を表す数値データ ということになります。 そしてこの増えていく回転数のことを、 「スタート回数」などと呼んだりする場合もあります。 この表示されているスタート回数は、 大当たり直後から、 現在までのスタート回数がカウントされ、 表示されています。 お店側に都合が悪ければ 表示させないはずです。 なぜなら、、、 回転数がパチンコで勝つための 攻略に使えるのであれば、 表示させるとは思えないからです。 しかし、現実には表示させています。 それは、お店にとっての収益源は、 「稼動」そのものである、という事です。 ちなみに「稼働」というのは、 皆さんがパチンコを打っている状態の事ですね。 お店は、 「みなさんの稼働率が高ければ儲かる」 システムになっています。 それを踏まえたうえで、 パチンコ屋の中を覗いてみます。 何か気がつきませんか? そう、そのとおりです! 回転数がデータランプに 表示される一番の理由は、、、 「台に座るときの判断基準に回転数を 使っている人が多いから」なんですね。 おそらくパチンカー人口の9割以上は データランプを見て台選びしていますねw お店がデータランプで台の状況 (大当たり回数・確変回数・ スタート回数・初当たり確率など)を 表示させているのは、 それだけで販促になるからなんです。 お客様を台に座らせるための、 販促グッズといったところですm(__)m 回転数はパチンコ攻略に使えるのか? では、その回転数ですが、 お店は販促のために情報提供 しているわけですが、 パチンコの攻略要素などで使われる ことはないのでしょうか? この世の中には、パチプロと 呼ばれる人たちがいます。 パチプロがパチンコで安定して勝つために、 回転数というのはかなり重要です。 しかし、あなたが考えているような 使い方ではありません。 あなたが考える回転数を使った 攻略法と言うのはおそらく、、、 「当たりやすい回転数」だったり、 「大当たりとスタート回数の関係性で 大当たり回転数の周期を読む」 だったりするかもしれません。 これらは結果論であり、 次の大当たり回転数の予測には使えません。 なぜ、そういうのが予測したり、 打つ前にわからないのか? という論理的説明は以下の記事を 参考にしてください。 あなたのその日の稼動履歴から 大当たり確率を出すことはできますが、 それはあくまでその日の稼動履歴からの サンプルデータでしかありません。 つまり、30回転で大当たりすることもあれば、 250回転で大当たりすることもある、 さらに1回転で大当たりする場合もあれば、 1000回転させも当たらない場合も、 あるということです。 「さっきは大ハマリしたから、 次は当たりが軽いだろう!」 コレはまったく関係ありません。 次にの大当たりする回転数は、 予測不能ですm(__)m しかも、データが膨大になればなるほど、 2倍ハマリの回転数程度であれば、 その膨大なサンプルデータに 飲み込まれてしまいます。 確率は直近の未来を予測するというより、 より長くより膨大なサンプルの前で平均を出す、 という場合にしか役に立ちません。 つまり、3回に1回は大当たり確率分母以上の 回転数をまわすことになるということです。 しかし、これも絶対ではありません。 人によっては大当たり確率分母回転数以内に 初当たりが10回もクル場合もあります。 しかしこれはたまたまで、完全にその日の、 あるいはそれまでの「運」なのです。 パチンコでは打ち手側でもお店側でも 基本的には大当たりを操作することは できません。 なので、確率はあくまで確率なので、 少ないサンプル数(1日や2日)では まったく通用しません。 効果が現れてくるのは、稼働時間 (ハンドルを握って実際に玉を 打ち出した時間)は、 200時間以上からといわれています。 スタート回数や大当たりの回数は攻略に結びつくのか? スタート回数や大当たり回数などは そのままの数字で攻略に結びつくのか? といわれれば、 「それは結びつきませんm(__)m」 というのが答えになります。 なぜなら、表面上のスタート回数はただ単に 最後の大当たりから現在までのスタート回数を 表示しているにすぎないからです。 ましてや、そのハズレの抽選を受けたのは 貴方ではなく「他の誰か」です。 データランプに表示されている スタート回数というのは、 「そのスタート回数まで回した人の記録」 と認識するのが正確です。 パチンコ台は常に誰がいつ打っても 通常時の大当たりの抽選の条件は変わりません。 つまり、誰がいつ打っても通常時は 有利不利がないという事です。 そういうスペックなのに、 有利不利がある、つまり、 「ゾーン的なものがある」、 「当たりやすいポイントがある」、 そう考えるのは論理的というよりむしろ、 「自分に都合がいい夢を見ている」 と、いった方がいいでしょう。 まとめ• 図柄が一度変動したら1スタート回数となる• スタート回数はお店の促販で使えるデータである• スタート回数や大当たり回数はそのままの数字ではパチンコ攻略に使えない 参考記事 スタート回数はそのままでは あまり意味ないという話をしましたが、 僕たち勝ち組は当然、 このスタート回数を使って パチンコで勝ち組になっています。 m(__)m そのままでは勝ちにつながらないけど、 勝ちにつなげるためにかなり重要な 使い方をしています。 実際にサラパチ講座を使って、 サラリーマンながら劇的な成果を 上げている人がいます。 また、どの様に僕のコンテンツを利用すれば、 サラリーマンでも最速でパチンコ負け組から 脱却できるのか? その傾向もレポートしています。 では、また更新します。 今年で2年目になる。 この会社にすべてを捧げてきただけに 身も心もボロボロ。。。 挙句に心療内科に通う日々が続き、 やっと仕事にいける様になったのが 1年後。。。 その後も安定して続けられる仕事もなく、 リストラから4年後にようやく落ち着いた 仕事も首のヘルニアの勃発で 続けられなくなる。 お金がないどん底状況を打破すべく、 ギャンブル的な考えでパチンコにハマリ、 さらに首がまわらなくったところで、 本気でパチンコの勝ち方を学び始める。 そのとき出会ったのが今僕が 電子書籍で公開している パチンコで勝つための正攻法でした。 四苦八苦して身に着けたこの方法で、 現在は当たり前のようにパチンコで 勝ち組になりました。

次の

1パチは釘調整がひどいし回らなすぎ!千円当たりの回転数など打った感想まとめ

パチンコ 回転数

参考になった 208件 前々から気になっていた事があります。 まず、スロットには天井があります。 例えばその天井が1000回転と仮定します。 そして、前日500回転で閉店とします。 この場合、店側がリセット及び設定変更すると、機種にもよりますが基本的に次の日は朝一、0回転スタートになり、天井までは1000回転となります。 リセット及び設定変更しなければ、次の日は前日回転数を引き継ぎ、500回転スタートの、天井まで500回転という事になります。 そこで、本題です! パチンコの場合、リセットはありますが、設定変更とかありませんよね? ボーナス及びSTや時短中閉店以外は電源オフだけだと思うのですが、よく2000回ハマりの次の日もアタリなしでまた2000回転とかの台をしばしば見るのですが、これって前日回転数引き継ぎの4000回転ハマってると解釈して良いのでしょうか? それとも、パチンコは全台電源オフ=リセットになり、前日回転数を引き継がず、朝一0回転スタートと考えれば良いのでしょうか? なんか、わかりにくい文章かもしれませんが、回答よろしくお願いします。 先ず最初に、今現在のパチンコには設定機能は付いてません。 初代源さん 初代モンスターハウス 等の機種には、設定3段階の設定機能が付いてました。 これは、パチスロの設定とは少し意味合いが違って来ます。 分かり易く説明すると、1台で3つのスペック違い 大当り確率 の台に出来ると言う意味合いです。 釘調整に代わる機能として登場したのですが……… 結局は、釘調整しますので、釘を弄らないで設定で割調整する店は殆ど有りませんでしたよう。 釘が渋ければ、釘を見れる人は座らないしねぇ。 また、パチスロと違い設定推測するものが有りませんので、客は設定推測しようがないし、釘が渋いから設定が良いだなんて考えないしねぇ……… ここが、パチスロの設定機能と違うとこです。 過去には『天上のランプマスター』と言う機種には天井が有りましたが、必ずしも出玉を得られる天井機能では有りませんでした。 パチンコのリセット機能は、大当り、確変、時短、これらの状態をリセットして通常状態にする機能です。 また、前日の回転数を引き継ぎ、引き継がないってのは、パチンコの内部状態とは無関係です。 データ表示器 フリッカー は、大当り回数、現在の回転数、総回転数などを、店側がサービスとして客が見れるようにしてるだけの機器であり、パチンコのリセット機能とは無関係です。 また、今現在のパチンコは、電源を落としただけではリセットしません。 時短を残す店ならだけど、朝イチに座り打ち出せば分かりますねぇ。 確変は、電サポ無しの場合は、確変を残したのか、リセットしたのか分からない場合も有ります。

次の

パチンコで当たりやすい回転数や狙い目回転数で勝とうとするのが無駄な理由

パチンコ 回転数

大当たり時は必ずSTに突入します。 また、通常時の保留が8個まで貯められるのも特徴です。 天井回転数・時短 天井は 500回転となっています。 400回転以降、10回転おきにカウントが表示されます。 天井到達後は 759回転の時短に突入。 199ですからさすがに759回転以内に当たるでしょう。 STタイプの確変ですが、抜けても時短をもらえることがあり時短の使い方が面白い台。 天井回転数・時短 天井は 950回転となっています。 天井までの残り回転数は左側のサブ液晶に表示されます。 天井到達後は 1200回転の時短に突入。 この台は天井に到達すると突如ラッシュに入ります。 天井回転数・時短 天井は 666回転となっています。 引ける確率は約97. お馴染みのリング。 初当たり時の15%で潜伏確変があるので少し注意が必要ですが、潜伏ループはありません。 天井回転数・時短 天井は 885回転となっています。 同じ319でも仮面ライダーより遊タイムに入りやすい! 天井回転数・時短 天井は 599回転となっています。 他の機種と比べると天井恩恵が弱いです。 ちなみにこの100回転の時短を抜けると再び599回転後に遊タイムへ... とはならずに青天井になります。 シンフォギアのようなよくある1種2種混合と言った感じでですが... 天井回転数・時短 天井は 500回転となっています。 つまり 次回大当たりがほぼ確定です。 まとめ ・天井回転数は概ね 大当たり確率の3倍ハマりくらい。 ・天井に到達すればほぼ 追加投資せずに済む。 ・天井に到達すれば ラッシュ突入率は98%くらい。 一部を除く だいたいこんな感じですね。

次の