キジ猫 性格。 キジトラ猫ってどんな猫?性格と特徴からわかる飼い方のコツとは?

キジトラ・サバトラ・サビ模様の猫を特集|特徴や性格、飼う方法は?|コネコ~ネコネコ~モフモフダイアリ~

キジ猫 性格

shutterstock. com 猫と一言でいっても、様々な種類の毛色や柄がありますが、皆さんが一度は必ず見たことがある猫は、キジトラではないでしょうか。 一見、何の変哲もない雑種猫に思えるかもしれませんが、何を隠そうキジトラは猫のルーツと言われているのです。 まさに、ねこの中のねこ! キジトラから派生して、黒猫や白猫、サバトラや茶トラ、サビ猫やハチワレなどが誕生しました。 身体的な特徴 キジトラはこげ茶色ベースの被毛に、黒の縞模様が入っています。 名前の由来は、鳥のキジに似ていることからそう呼ばれるようになりました。 柄の名称になるわけですが、日本ではキジトラ、英語だとブラウンマッカレルタビーです。 見るからに、元祖!ねこ!なので、トラ柄模様の猫好きさんにはたまりませんね。 キジトラと一言で言っても、瞳や鼻の色、尾っぽの形や長さも様々です。 種類が同じでも個体差があることも猫の魅力のひとつですね。 ちなみに、トラ柄で言えば、キジトラ以外にもサバトラや茶トラが有名です。 サバトラは灰色地に縞模様、茶トラは茶色地に縞模様が入っています。 寿命や体型 猫の平均寿命は15年前後と言われていますが、個体差や環境によって寿命は様々です。 近年、ペットとして飼育されている猫は大半が室内飼いなので、外で生活する野良猫と比べると、怪我や事故、病気のリスクも少ないので、室内飼いの猫が長生きする傾向にあります。 キジトラ猫の体型はとても猫らしく、しなやかです。 しかし猫によっては去勢や避妊の手術をしたあと肥満になる傾向があるので、食事など健康管理には気をつけてあげましょう。 com 猫は私たちにとって非常に身近な存在ですが、猫が日本にやってきたのは1300年前の奈良時代まで遡ります。 当時、中国からは貴重な文献や書物が日本へ輸入されていたのですが、そうした大事な書物を食べてしまうネズミを駆除する目的で、猫も一緒に輸入されたのです。 当時の猫はペットと言うよりも、人の生活に利益をもたらす益獣(動物)として活躍していたのですね。 この時代に輸入された猫というのが、リビアヤマネコであるといわれています。 現代の日本においてキジトラ模様の猫が多いのは、こうした経緯があったのです。 キジトラ猫と私たちの出会いは日本に猫が来た時までに遡り、そこからの現代に至るまでの、とても長い付き合いだったという事ですね! 家のキジトラ猫、町内の遊園地の草刈りの日に、捨てられていて 連れてきました。 まだ、1ヶ月位。 歩くがやっと。 初めてだからよく分からず缶詰を与え。 7ヶ月で妊娠。 ビックリしました。 4匹の色とりどりの猫が。 お腹は、みな白い。 三毛猫、黒っぽいキジトラ。 ねずみ色ぽいキジトラ。 黄色のキジトラ。 全員色が違う。 これも不思議。 三ヶ月立った頃、母猫を避妊手術。 大変でした。 所が子猫が五ヶ月頃になった頃、子猫が餌を母猫のそばに来ると「シャーシャー」と、いって。 これはなんだろう? 母猫は、はじめから、とってもかわいがってそだてました。 が シャーシャー とうのがどうしたら良いかわからなくて。 子猫が7ヶ月のころに、突然家を出て、かえりません。 母猫の居ない四子猫だけなり... 三年になりました。 子猫4才に キジトラの猫を見ると「ミーちゃん?」 母猫の名前 と声を掛けてみますが 似てるけど.... 今だにかえりません。 あきらめたほうがよいか? なぜ、出ていってしまったか? 知りたいのです。

次の

猫の性格は毛柄で決まる? 大学で調査 飼い主との相性も

キジ猫 性格

<目次>• 猫の性格はどうやって決まる? 私は1頭の猫の中にはいくつもの『にゃん格(人格)』があるのではないかと考えています。 ベースの性質は生まれ持ったものですが、その後の環境や経験、相手、その場の状況によって様々な『にゃん格』が姿を表すのではないかと。 ここでいう性質は持って生まれた基本的な『にゃん格』で、性格はその後の環境や経験等によって付加された『にゃん格』とご理解ください。 もともと単独で狩りをする猫は縄張り意識が強く、同族の猫を含め人や他の動物と共生することがあまり得意ではありません。 しかし、自分に敵意を見せず、好意を示してくれ、自分の存在をそのまま受け入れてくれる相手であれば、猫側の受け入れ度もあがります。 子猫の時から一緒に成長すれば、他の動物とも仲良しになれます 幼猫の時には、攻撃されたり痛い目に遭わない限りほとんどの動物と仲良くでき、そのまま一緒に成長すれば仲良しの関係が続きますが、離ればなれになって成長すると、ほとんどは忘れてしまいます。 多くの犬は幼い時に分かれた親兄弟や、例えば3日だけ一緒に過ごした人のことを一生覚えています。 しかし、猫はそれぞれの記憶力によって違いがありますが、親兄弟や育ててくれた人と久しぶりに再会しても警戒して隠れてしまったり、攻撃したりと忘れてしまって、受け入れができなくなることが多いようです。 猫は相手を『個』として認識・区別ができる動物です。 それまで人と猫が1対1で暮らしていたところに新人猫が仲間入りしたり、結婚して同居人が増えたり、赤ちゃんが生まれたりと環境に変化が起きた時、猫は不安感から今までと違う『にゃん格』を見せるかも知れません。 この猫の多面性も猫の魅力のひとつでしょう。 猫の毛色から見る性格・性質 多面性を持った猫の性格を一言で表すのは非常に難しいですが、同じ毛色柄を持つ猫の本来の性質は、似通った部分が多いようです。 「でも、うちの子はキジ猫だけど、こんな性質じゃない」という猫もいるでしょう。 猫の毛色は、両親双方からひとつずつ毛の色の遺伝子をもらうことにより決定されます。 ですから、表面上はキジトラに見える猫が実は黒の遺伝子を持っていれば、キジトラだけど黒の性質が表れている可能性もあるのです。 こうして猫の性質はますます複雑になるのです。 ここでは、猫の毛色・柄が持っている可能性の高い、猫の基本的な性質についてご紹介します。 キジ猫(ブラウンタビー) 三毛猫(三色の毛をもつ日本猫) サビと同じく、ほとんどがメスで、猫らしい性質の子が多いです。 メス猫特有のワガママで気位が高く、警戒心が強い、気分屋、その時によって甘えたさんになったり、手のひら返しで人を避けたり。 人にはなれなれだけど、猫の好き嫌いははっきりしていて、相性が合わない猫は徹底的に追いつめる高ピーな子もいます。 非常に母性本能が強い子が多いですが、自分の子どもは命がけで守っても、よその猫の子には全く無関心・興味を示さないことも。 しかし、一度受け入れたら他の猫でも命がけで守る強さがあります。 洞察力に優れていて、にゃん格をたくさん持っている猫が多いようです。

次の

サバトラ猫(サバ猫)ってどんな猫?サバトラ猫の性格と特徴を知ろう!

キジ猫 性格

キジ猫、茶トラ、三毛に白猫…。 ネコ歴=年齢のワタクシ、今までいろんな「柄」の猫と暮らして来ました。 出会いは全て路地裏の軒先や自宅の庭。 しかし猫は過酷な環境の中で暮らしていながら、どちらかというといつも私には上から目線。 「お腹が空いたニャ!」 「そんなに猫が好きなら俺様の面倒を見るが良い」 と猫の方からグイグイとアピールして来るような……。 どの猫もそれぞれ毛柄は違いますが、だいたい性格は 「グータラでわがまま、そしてどことなく偉そう」 な感じ。 まぁ猫の性格ってこんなもんだよね。。。 と毎日世話を「させて」もらっていますが、『猫のプロ』に言わせると、 「猫の性格は毛柄によって似た傾向があるような気がする」 とのこと。 ななんですと!もしかして、毛柄によっては、飼い主を「尊敬」してくれる優しい性格の猫もいるのかも? 今回は猫歴40年の猫のプロ、保護猫活動などで何千匹もの猫と関わって来たMさんによる、『柄で判断する猫の性格』についてご紹介しましょう。 日本によくいる猫の毛柄はおよそ9種類。 それぞれの毛柄に共通する性格をご紹介しましょう。 しかし他の猫に対してはとても強気でプライドが高い猫が多い。 甘えん坊で飼い主によく話しかける傾向がある。 しかし内面は繊細でナーバスなこだわりがあることも。 ちょっと引っ込み思案でお客が来ると逃げる子も多い。 自分の美しさを自覚しているのかも。 他の猫には気が強く、孤立する傾向がある。 しかしこだわりが強い頑固な性格の猫も多いかも。 猫の柄の中で最も「猫らしい」オーソドックスな猫かも。 茶トラの猫は雄猫はやんちゃで活発な子が多い。 毎日刺激的な暮らしになるかも。 気が強い部分と気が弱い部分が混じり、ミステリアスな性格が多い。 それは毛柄も起因するかも知れませんが、よく言われるのが「猫の性格はオスとメスで違う」ということ。 私もこれは同意見です。 今までたくさんの猫と一緒に暮らしてきましたが、おおむねオス猫はやんちゃで甘えん坊。 よく食べ、よく遊びます。 そして現在の愛猫カイトもそうですが、オス猫は去勢をすると、性格がデレデレの甘えん坊になる猫が多かった気がします。 そしてメス猫はというと、しっかり者というか、ツンデレでやや神経質な傾向が。 ご飯やトイレなど、こだわりが強い猫が多かったような? オス猫はタタターッと遠くから走ってきて「遊んで遊んで~!」と飼い主にまとわり付くのに対し、メス猫は読んでいる新聞紙の上にどっかりと座るタイプ。 流し目で飼い主を見ながら、「アンタ、何してるの?えっ、遊びたい?それなら遊んであげてもいいけど~。 」とやや上から目線。 オス猫もメス猫もどちらも可愛さマックスですが、猫らしい猫、というとメス猫。 そして相棒と呼べる存在がオス猫。 というのが私の個人的意見です。 いかがですか。 柄で傾向があるという猫の性格。 我が家の愛猫カイトはキジトラのオス猫。 遊び上手で甘え上手という性格はまさにその通り。 あなたの愛猫には当てはまるでしょうか。 ちょっとチェックしてみてくださいね。

次の