睡眠 恐怖 症。 恐眠症

睡眠恐怖症

睡眠 恐怖 症

睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症が楽になりたいあなたは愛媛県松山市の不眠・恐怖症専門心療整体院 健優館へ あなたは 「睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症」でお悩みではありませんか。 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症の症状があると、眠る事に対して強い恐怖を感じたり、また悪夢を見るのではないかと不安を感じたり、眠るよりも起きて何かをする方が効率的でいいのではないかと思ったり、また今日も眠れないのではと恐怖や不安を感じたり、夜眠る時間が来ることに恐怖を感じたり、睡眠に恐怖や不安を感じずにゆったりと安らいで眠りたい、でもどうすればいいのか分からない、そんな方もおられると思います。 そこで、このページでは 「睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症が楽になる」と題して、睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症でお悩みのあなたにお役立ちできる本質的な情報をお伝えしていきます。 あなたが少しでも ホッと安心するキッカケにつながりましたら幸いです。 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症とは、以下のように定義されています。 恐眠症(きょうみんしょう、英:Hypnophobia)は、眠ることに対する不合理で過剰な恐怖を抱く現象である。 寝台恐怖症や睡眠恐怖症と呼ばれることもある。 これは、眠ることでコントロールのできない状態になったり、悪夢を繰り返し見ることへの不安や、「寝る時間を作業に充てられたのではないか」「もっと遊べたのではないだろうか」という時間の損失に対する不安によるものであると考えられる。 英語のHypnophobiaの接頭語Hypnoは、ギリシャ語で眠りを意味するhypnosから来ている。 引用元:より引用 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症とは、 眠ることに恐怖や不安を感じる症状です。 睡眠に関して恐怖や不安を抱えている人は多いものです。 中には睡眠について話したり考えたりするだけで強い不安や恐怖に襲われる方もおられます。 睡眠は人が生きていく中で切っても切れない部分でもあり、しかも毎日睡眠が必要になるため、ずっと眠らないわけにもいかず、ある意味で避ける事ができない恐怖や不安だと言えます。 しかも、一度その症状に悩むと、また今日も同じように悩まされるかもしれないと思うと、余計に不安になり、慢性的に苦しんでいる方も多いと言えます。 眠っている間は意識もなく自分でコントロールできない恐怖、悪夢を見る恐怖、トラウマを抱えていて眠る度にそれがフラッシュバックしてしまったり、眠ることで自分だけ置いていかれるのではないかという時間の損失に対する不安や、また今日も眠れなかったらどうしようという不安、眠ること自体にストレスを感じ眠りが苦痛に感じてしまう、その繰り返しに心も身体も限界を感じているそんな方もおられると思います。 そんな睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症の症状から解放されるためにも、 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症について本当の原因や本質について知ることが大切になります。 このページでは、他ではなかなか語られない、睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症の本当の原因や本質についてお伝えしていきます。 まずは、睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症の症状についてお伝えしていきます。 症状について 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症の症状は以下のようなものがあります。 呼吸がしづらい• 息切れ• パニック・恐怖• 口の渇き• 傾眠状態• 不整脈• 吐き気• イライラ• 気分の落ち込み• うつ症状• 注意力・集中力の低下• めまい• 肩こり• 胃の痛み• 疲れやすい• やる気がでない• 体の震え• 足がむずむずする• 一旦眠りについても何度も目が覚める• 寝つくまでに時間がかかる• 眠りが浅い などの症状があります。 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症は心と体に様々な症状が現れます。 不眠を悪化させる睡眠習慣 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症により、寝付きが悪い、途中で目が覚めるなどの慢性的な不眠症状で困っている人ほど、不眠を悪化させる行動をしているケースがあります。 つまり 「誤った睡眠習慣」がなくなることで不眠の状態が楽になる可能性があります。 不眠を悪化させる睡眠習慣は以下のようなものがあります。 寝床へのしがみつき 不眠を悪化させる行動として「寝床へのしがみつき」があります。 不眠症の人は「横になっていれば眠くなるはず」「体が休まる」などの思いにより、まだ眠くないのに早い時間に寝床に入ろうとする傾向があります。 そして、無理に眠ろうとして眠れず、まずます眠ることにストレスを感じてしまうケースもあります。 ですから「眠れないときは寝床から出る」ことも大切です。 眠れないままに寝床にいる時間が長いほど、不眠恐怖が強まってしまうからです。 その状態が続くと、電車の中やリビングのソファではうとうとできるのに、寝床では緊張して目がさえるという状態につながります。 これを「不眠の条件付け」と呼び、不眠の人ほど寝床にいる時間は短くして、実際に眠れている時間プラス30分〜1時間程度に抑えることが効果的になります。 寝床で睡眠以外の習慣がある 不眠の人は寝床で本を読んだり、スマホでYoutubeを見たり、テレビやラジオを視聴したりするケースが多いです。 実は、これも不眠症には悪影響につながる可能性があります。 ベッドで睡眠以外のことを習慣的に行っていると、横になるだけで自動的に頭が活性化して目が覚めてしまう「不眠の条件付け」が作り上げられてしまうからです。 不眠症は不眠恐怖症、ベッド恐怖症でもあります。 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症で寝付けないときは、 寝床からいったん出ること、寝床では眠ること以外はしないこと、しっかりと眠気が来るまで寝床に向かわないことなどがポイントになります。 睡眠妨害連想 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症に関連する症状として 「睡眠妨害連想」というものがあります。 睡眠妨害連想とは、その名の通り、睡眠を妨害する連想をすることです。 例えば、今日も眠れなかったらどうしようという不安を連想したり、また悪夢をみたらどうしようという連想、眠っている間に何かあったらどうしようという恐怖の連想などです。 その根底には、正しい睡眠に囚われていることが関係してるケースも多いです。 例えば、• 8時間眠れなければ健康に良くない• 睡眠時間が短いと認知症になってしまう• 十分な眠りが健康や美容にとって欠かせない• 寝つきが悪かったら早く就寝しないといけない• 若いころと同じように眠らなければいけない などです。 このような正しい睡眠に囚われることで、それができない自分を責めてしまったり、苦しみを感じてしまいます。 ですから、 睡眠とはこうだという基準を一旦手放し、自分に合った睡眠を意識したり、今の睡眠の状態を受け入れることも大切になります。 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症の原因 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症の本質的な原因は 「私という思いこみ」だと言えます。 眠れない「私」がいるから眠れないことに恐怖を感じます、悪夢を見ている「私」がいるから眠りに恐怖を感じます、眠る時間を惜しんで何かができる「私」がいるから眠りに恐怖を感じます。 逆に言うと、もし仮に例えば「私」がいなければ、眠れない「私」がいないため眠れないことに恐怖を感じる必要がなくなります、悪夢を見ている「私」がいないため眠りに恐怖を感じることもなくなります、眠る時間を惜しんで何かができる「私」がいないと眠りに恐怖を感じることもなくなります。 つまり 「私」という中心がいることで「私」を守る必要が生まれ、その「私」を守るために睡眠について恐怖を感じ苦しんでいると言えます。 実は、 「私」とは思い込みです。 つまり、当たり前に当然ように存在していると感じている「私」は思い込みであり、本当は存在していないのです。 「え?そんなわけない」「確かに私は存在する」そのように思われた方もおられると思います。 確かにそのように思いますよね。 ですが、思い込みとは思い込んでいるがゆえに自分では気づけない部分もあります。 そして、実は誰もが「私」がいない状態を体験済みでもあります。 それは 「赤ちゃん」の状態です。 私という思い込み 誰もが生まれた頃は赤ちゃんでした。 そして、赤ちゃんから大人へ成長する過程で、様々な思い込みを抱えていきます。 思い込みと 「これはこうでなければならない」という無意識に抱えているルールのようなものです。 そして、当たり前に感じている「私」という感覚も成長する過程で抱えた思い込みなのです。 その証拠に、 生まれたばかりの赤ちゃんは「私」という思い込みを抱えていません。 むしろ、何の思い込みも抱えておらず、まさにありのままの裸の状態で存在しています。 それは、赤ちゃんには、私という概念も、私という言葉の認識もないからです。 思い込みという概念や認識すらありません。 赤ちゃんは、ある意味で空っぽです。 誰でもない何かとして存在しています。 誰でもない何でもないということは全てでもあるということになります。 それは、全てが一つとして存在している、全てしかない状態で存在しているからです。 大人は、赤ちゃんを見ると笑顔になったり癒されたりします。 そして、大人は赤ちゃんに惹かれます。 それは、 自分も何の思い込みも抱えていない赤ちゃんのような存在だったことを思い出すからです。 そして、 本質的にはそれが自然な状態であり、そこに戻ることを求めているからです。 赤ちゃんは「私」という思い込みを抱えていないため、睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症に苦しむことはありません。 それは、睡眠恐怖症になれる「私」も、不眠恐怖症に悩む「私」も、恐眠症に苦しむ「私」も存在しないからです。 つまり、「私」という思い込みがなければ、苦しむ「私」もいないため、苦しみも存在しないことになります。 正確には、苦しみは起きますが、苦しみに苦しむ誰かは存在しない状態であり、それは苦しみがないのと同じです。 ですから、 「私」という思い込みが手放されると、睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症も本質的に楽になると言えます。 思い込みを手放す方法 「私という思い込みが手放されると、睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症が楽になると言われても、どうやって思い込みを手放せばいいの?」そんな風に感じた人もおられると思います。 確かに、そのように感じますよね。 ですが、ご安心下さい。 思い込みを手放す方法はとてもシンプルだからです。 思い込みを手放すには、まずは 思い込みに気づく必要があります。 それは、通常思い込みとは自分と一体化していて気づけないものだからです。 そして、一体化している限りはそれを手放すこともできません。 では、どうすればいいのでしょうか。 そのヒントになるのが 「感情」です。 実は、 感情が動くところに思い込みが隠れているからです。 例えば、 睡眠に恐怖の感情を感じる場合、睡眠に恐怖を感じる思い込みを抱えている、そんなイメージです。 具体的に睡眠に恐怖を感じる思い込みとは、例えば、 「夜は眠らなければならない」「睡眠をしっかりとれないと健康に良くない」「悪夢とは悪いものだ」「眠るよりも何かをしなければならない」「眠ることは怖いことだ」などといった思い込みを抱えている可能性があります。 そのように、感情をヒントに自分が抱えている思い込みに気づくことで、一体化していた自分と思い込みの間に距離ができ、客観的に思い込みを眺められるようになります。 この状態が思い込みを手放す準備ができた状態でもあります。 思い込みが手放す準備ができたらあとは 思い込みを手放すと決意するだけです。 「私にはもうこの思い込みは必要ないため手放します。 今までありがとう」そんなイメージで手放すと決意することです。 思い込みを手放すと決意することで、思い込みは自然と手放されていきます。 そして、思い込みが手放されるほど、赤ちゃんの頃のような自然で自由な苦しみのない状態に戻っていきます。 私がいないもう一つの世界 「私」も後天的に抱えた思い込みのようなものです。 そのため、まずは 「私」が思い込みである可能性に気づくことが大切になります。 今まで当たり前すぎて疑うことのなかった、あまりにも近すぎて気づけなかった、「私」が思い込みなのかもしれないという視点を持つことです。 ただ、誰もが赤ちゃんだったように、 誰もが「私」が思い込みであることにどこかで気づいていて、知っています。 つまり、「私」が思い込みだと気づくことは、新しい何かを獲得するのではなく、新しい何かを付け足すのでもなく、ただ思い出すだけだと言えます。 「あ、そうだった!私なんて本当はいなかった」そのように、当たり前の「私」が思い込みであったことに気づくことです。 実は、大人になった今でも「私」はいません。 それは、 大人は「私」がいると思い込み「私」という夢を見ているような状態だからです。 つまり、「私」とは思い込みであり、本当は「私」はいないことに気づくことは、夢から覚めるようなものです。 「私」がいることで、「私」を守るために苦しみが生まれます。 つまり、 「私」とは苦しみの悪夢のようなものだと言えます。 逆に言うと 「私」という夢から覚めることは、悪夢から目覚めるようなものだと言えます。 「私」という夢から覚めることは、悪夢から目覚め「なんだ夢だったのか」とホッと安心することです。 そのためのキッカケになるのが、 「私が思い込みである可能性」「本当は私はいない可能性」にフォーカスすることです。 まずは 可能性を信じてみることです。 そうすることで 「私がいないもう一つの世界」「私がいない赤ちゃんの頃のような自然な世界」が明らかになっていきます。 そして、それが 本当の意味で、睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症から解放されることであり、人類が本当に求めているものでもあります。 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症は、本当に求めているものに気づき、そこに還っていくために発生していると言えます。 そのような意識で、 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症に苦しむのではなく、睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症を活かすことが大切だと言えます。 このページのまとめ このページの内容をまとめますと、• 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症とは、眠ることに恐怖や不安を感じる症状。 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症について本当の原因や本質について知ることが大切。 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症で寝付けないときは、寝床からいったん出ること、寝床では眠ること以外はしないこと、しっかりと眠気が来るまで寝床に向かわないことが大切。 睡眠とはこうだという基準を一旦手放し、自分に合った睡眠を意識したり、今の睡眠の状態を受け入れることも大切。 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症の本質的な原因は「私という思いこみ」• 「私」という中心がいることで「私」を守る必要が生まれ、その「私」を守るために睡眠について恐怖を感じ苦しんでいる。 思い込みと「これはこうでなければならない」という無意識に抱えているルールのようなもの。 何の思い込みも抱えていない赤ちゃんのような状態が自然な状態でありそこに戻ることを求めている。 感情が動くところに思い込みが隠れている。 睡眠に恐怖の感情を感じる場合、睡眠に恐怖を感じる思い込みを抱えている。 感情をヒントに抱えている思い込みに気づき、その思い込みを手放すと決意することで思い込みは手放される。 「私」が思い込みである可能性に気づくことが大切。 誰もが「私」が思い込みであることにどこかで気づいていて、知っている。 大人は「私」がいると思い込み「私」という夢を見ているような状態。 「私」という夢から覚めることは、悪夢から目覚めるようなもの。 「私が思い込みである可能性」「本当は私はいない可能性」にフォーカスし、その可能性を信じてみることが大切。 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症に苦しむのではなく、睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症を活かすことが大切。 以上です。 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症が発生している本質的な意味に気づき、それを受け入れ調和していくことで、睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症が楽になることにつながります。 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症から解放される整体 当院の整体は、 睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症や苦しみそのものから解放される整体を行なっています。 体の感覚に意識を向けることで、症状や自分という思い込みに飲み込まれている自分を客観的に観ることができる整体です。 そして、症状や思い込みの自分を手放していく整体です。 さらに、症状の意味に気づき、本質を思い出す整体です。 そんな不思議な整体ですが、 本気で睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症の苦しみから解放されたいあなたにピッタリの整体だと言えます。 当院は、 整体とカウンセリング、生活習慣の改善アドバイス、在り方そのものを通して、目の前のご縁のある方が、本当の自分を知り、本当の自分を思い出し、本当の自分に還っていく、そんな整体院です。 最後まで、このページを読んでいただき、本当にありがとうございます。 このページが、 ご縁のあるあなたの、睡眠恐怖症・不眠恐怖症・恐眠症の苦しみが少しでも楽になるキッカケにつながりましたら幸いです。 このページを読んでくださり、当院の整体にピンと来たあなたのご来院を心よりお待ちしております。 ここでは、そのほんの一部をご紹介させていただきます。 全ての方に効果を保障するわけではございません。 全ての方に効果を保障するわけではございません。 全ての方に効果を保障するわけではございません。 「すべてが優しくてふんわりとした雰囲気でいやされます。 全ての方に効果を保障するわけではございません。 全ての方に効果を保障するわけではございません。 全ての方に効果を保障するわけではございません。 全ての方に効果を保障するわけではございません。 全ての方に効果を保障するわけではございません。 全ての方に効果を保障するわけではございません。 全ての方に効果を保障するわけではございません。 残念ながらこんなあなたには合わない整体院です• 1回で全ての痛みや症状を取り除いてほしい方• 根本的な改善ではなくその場で痛みや症状だけを治してほしいという方• 自分で生活習慣の改善やセルフケアを行う意欲のない方• 当院の整体や考え方に共感や興味を持たずにご来院される方• ご来院される本人が自分の意思で当院に行きたいと思われていない方• カウンセリングや説明はどうでもいいという方• マッサージのように強くもんでほしい方や骨をポキポキ矯正してほしい方• 保険がきく治療院やとにかく安い整体院を探している方• 態度や言葉が横柄で攻撃的な方• 痛みや症状でほとんど身動きができない方 このような方は残念ながら当院の整体が合わない可能性がありますので、他の治療院をご検討されることをオススメします。 ご来院されてからやっぱり合わなかったという ミスマッチや、時間とお金などの エネルギーのロスにつながってしまわないように、あえてこのようにハッキリと 合う人と合わない人をお伝えさせていただいています。 「選ばれ続ける7つの理由」 藤原先生は愛媛県から宮城県の仙台市まで 毎月熱心に通って多次元操体法を学びに来てくださいました。 そして講習会の後の懇親会も必ず出席して お酒を呑み交わしながら時には明け方まで熱く語り合い そのまま寝ずに愛媛に帰るということもありました。 いつもニコニコ笑顔を絶やさず物静かな方ですが 内に秘めた情熱はすごいです。 操体法の技術とともにその背後にある哲学や 人として大切なものも含めてしっかりと学び取ってくれました。 藤原先生の優しさはその操法にも表れています。 とても繊細で丁寧なお人柄が技術にもそのまま反映されています。 きっと心も体も安心して施術を受けていただけることでしょう。 優しい先生を望んでいる方、 心にも体にも丁寧に寄り添ってくれる先生を望んでいる方でしたら 藤原先生は優しく親身になってあなたに寄り添ってくださると思います。 やすらぎの杜整体院院長 多次元操体法創始者 上川名 修 施術料金について 今なら 初回特別特典として、ご来院時に 「当院特製のセルフケアアドバイス小冊子」をプレゼントさせていただきます。 症状の根本的な改善には 生活習慣の改善が必要です。 その生活習慣改善の具体的な方法を 呼吸・食事・動作・考え方の4つの分野に分け 21のアドバイスにまとめたのがこの セルフケアアドバイス小冊子です。 正直この小冊子に書かれている内容を 素直に実践されるだけで、症状改善の 大きなキッカケになるそのくらいの内容となっています。 当院が心を込めて作成したこの小冊子が、あなたの症状の本質的な改善のキッカケにつながりましたら幸いです。 なんとさらに! 当院の整体は保険が適用されないため、全額自費になります。 どんな施術なの?効果は出るのかな?と不安なことも多いと思います。 そこで、そんな不安を少しでも解消するため、安心・納得の 初回施術料金返金保証をいたします。 万が一、当院の施術に満足されない場合は施術料金をいただきませんので、遠慮なくお申し付けください。 当院にピンときたご縁のあるあなたのご来院を心からお待ちしております。 心も体も深い部分から楽になりたい、悩みや苦しさから根本的に解放されたい、もっと楽に楽しく生きたい、幸せになりたい、人生を変えたい本気のあなたのための 自律神経やメンタル・心の症状に特化した専門のメニューです。 自分で自分の整体ができるようになることは、今後のあなたの人生にとって 大きな財産になると言っても過言ではありません。 先の見えない不安や未知への恐怖をなんとかしたい、心も体も深い部分から楽になりたい、悩みや苦しさ生きづらさから根本的に解放されたい、もっと楽に楽しく生きたい、自分を変えたい、人生を変えたい本気のあなたのための オンラインで心・体・人生が楽になる専門のメニューです。 松山市の自律神経メンタル専門心療整体院 健優館院長の藤原優 ふじわらゆう です。 このホームページをご覧になっているあなたは、 「自律神経やメンタルに関する症状をなんとかしたい」 「心や体の症状、人生の苦しみ、生きづらさから楽になりたい」 「自然体の本当の自分で楽に楽しく生きたい」 「自分らしく輝いて幸せになりたい」 「自分を変えたい、人生を変えたい」 と感じられていることと思います。 ですが、本当に良くなるのか、このままこの状態が続いたらどうしよう、初めての整体院へ行くのは緊張するなどの 不安も多いですよね。 当院は、整体を通して 「あなた本来の、あなたらしい生き方を取り戻し、あなたらしく輝き、健康で幸せで豊かな毎日を送るお手伝い」を目指している整体院です。 この自分らしい生き方にこだわっているのには、過去の自分自身の経験が関係しています。 私は、元々不器用な性格で、つい無理をしてがんばりすぎてしまう傾向があります。 20代前半に、デザイン事務所で働いていたことがあるのですが、そこでも仕事が立て込み、2日連続で徹夜など無理をしすぎて、気胸という肺に穴が空く病気になり、即入院、手術という経験をしました。 これは今思うと、自分の心の声や本音を我慢したりフタをしたり無視をして、無理をした結果だと感じています。 そして、病院のベットの上で、健康で元気じゃなくては、何もできないし、苦しみばかりで楽しくない、やっぱり 健康が一番大事だなぁと身を持って痛感すると同時に、普段当たり前で気づきにくい健康であることのありがたさ、幸せ、豊かさに気づきました。 そんな体験から 健康に関する仕事がしたい、自分と同じ思いする人を1人でも減らしたいと強く心に思っていたところ、縁あって整体の道に出逢いました。 おかげさまで整体を通して、日々みなさまの 健康と幸せと豊かさのお手伝いをさせていただいている中で当院が大事にしていることがあります。 それは 「自然法則」にしたがって生きることです。 「自然法則」にしたがって生きるとは、 無理にがんばったり、まだ起きてもいない未来のことを心配したり、過去の後悔で悩んだりせず、自然の流れに逆らわず自然の流れに身をまかせて「今この瞬間」を生きることです。 例えば、楽しみにしていた遠足の日の天気が雨でもどんなにがんばっても、天気を変えることはできません。 雨が降ったら雨でできる楽しみ方をするだけです。 例えば、がんばって川の流れに逆らって泳ぐよりも、川の流れに乗って泳いだ方が、楽に早く泳ぐことができます。 そのようなイメージで、自然法則にそった生き方ができるほど、 自律神経失調症やメンタル疾患などの症状が自然と改善したり、心の違和感やモヤモヤが消え、毎日に幸せや豊かさを感じ楽しく過ごすことができるようになります。 その自然法則と調和した状態になると、 あなた本来の、あなたらしい「自然体」な生き方をすることにつながります。 当院は、整体を通してそんな 自然法則と調和し自然体で生きるコツをお伝えし、それを 実践できるようにやさしくサポートする整体院です。 あなたに、 あなた本来の生き方を取り戻していただき、より健康に幸せに豊かになっていただくお手伝いをする整体院です。 「もっと早く来ていればよかった」 「整体って痛くないんですね」 「今まで受けたことのない不思議な整体ですね」 「こんなに心から安心してリラックスできたのは初めてかもしれない」 とびっくりされる方も多い整体院です。 「どこに行ってもなかなか良くならない」 「自律神経やメンタルなどの心と体の症状や人生の苦しみ、生きづらさを根本から解決したい」 「不安や苦しみから解放され心から安心して毎日を思いっきり楽しみたい」 「自分らしく楽に楽しく輝いて生きて幸せになりたい」 「もう整体院探し治療院めぐりは最後にしたい」 そんなあなたにピッタリの整体院です。 当院の自然法則と調和した 「体を感じて楽になる人生が変わるヒーリング整体」をぜひ一度体感してみませんか? あなたの 「勇気ある一歩」を応援しその思いに心を込めて施術させて頂きます。 あなたのご来院を心よりお待ちしています! 動画で当院についてシンプルにまとめてみました。 興味のある方はぜひ 再生ボタンを押してご覧になってみてくださいね(音が出ますのでご注意下さい) 当院では、 LINE&メールで無料相談を 24時間受付しています。 電話はちょっと抵抗があるという方や、 私の症状は整体を受けても大丈夫なの?という方、 健康に関することや不安なことやお悩みなどがありましたら何でも遠慮なくご相談ください。 こんなこと今更恥ずかしくて聞けないということや、どんな小さな疑問・質問でも大歓迎です。 納得や安心していただけるまで何度でもご相談ください。 あなたに少しでも ホッと安心していただけますよう、当院でお答えできる事は、 心を込めて丁寧にお返事させていただきます。 まずは、お気軽に今すぐ下記のボタンを押してご相談くださいね。 真理・カウンセリング・整体が融合し、心も体も人生も楽になるお手伝いをしています。 【講習会・セミナー開催実績】 2011年12月 松山市男女共同参画推進センターコムズで「健康セミナー」講師担当。 2017年8月より 「愛媛操体法練習会」主催。 2018年4月 「第3回多次元操体法合宿練習会in愛媛道後」主催。

次の

睡眠恐怖症とは。男と同じで、眠りを追いかけると眠りは逃げて行く

睡眠 恐怖 症

前述の通り、 眠くても眠るのが怖い恐いと感じる恐怖症で、悩む人の数はそれほど多くはないものの、睡眠をせずに生きていく事は難しく、危険度は間違いなく高い恐怖症だと言えるでしょう。 完全に克服する事も難しいと考えられており、克服よりまずは少しでも軽減させる治療を行う事が推奨されています。 睡眠恐怖症の原因と症状 睡眠を怖いと思う原因としては様々なものがあります。 睡眠中は自分の事がコントロールできないという理由や、悪夢を見る事に対する恐怖、時間の損失に対する恐怖、突発的な病気への対応ができない事も睡眠に対して恐怖を感じる原因になります。 ただし、やのように宗教が関連する事は比較的少なく、合併の例も多くはありません。 睡眠恐怖症の原因は完全に明らかにはなっておらず、 世界的にも研究の対象となっています。 症状としては 不安障害に非常に似ている事が特徴で、激しい頭痛や息切れ、発汗、振戦、パニック発作などがあります。 眠くなった時に症状が出る場合もありますが、睡眠の事を考えたり連想するだけで症状が出るケースも報告されています。 睡眠恐怖症への対処、克服法や注意点 幼児期の場合は思春期を経て大人になるにつれて自然と軽減される例もありますが、睡眠に対する恐怖が さらなる恐怖を促進するという性質から、治療は慎重に行われます。 原因や症状によって治療法は異なり、間違った診断をしてしまうと 悪化を招く事態にもなるので、合併などの危険性もふまえて長期的な計画を立てる必要があります。 症状の度合いによっては睡眠薬や睡眠導入剤が選択される場がありますが、激しいパニック発作を引き起こす等、 逆効果になる可能性があるので投薬は慎重に行われます。 まずは認知行動療法が優先され、特に認知再構成法や森田療法を取り入れた治療が試されます。 それでも改善に向かわない場合は薬物治療に切り替える事も多くあります。 完全な克服は難しいとされますが、治療によって軽減できる可能性があるので、根気強く取り組む方が良いでしょう。

次の

恐眠症

睡眠 恐怖 症

前述の通り、 眠くても眠るのが怖い恐いと感じる恐怖症で、悩む人の数はそれほど多くはないものの、睡眠をせずに生きていく事は難しく、危険度は間違いなく高い恐怖症だと言えるでしょう。 完全に克服する事も難しいと考えられており、克服よりまずは少しでも軽減させる治療を行う事が推奨されています。 睡眠恐怖症の原因と症状 睡眠を怖いと思う原因としては様々なものがあります。 睡眠中は自分の事がコントロールできないという理由や、悪夢を見る事に対する恐怖、時間の損失に対する恐怖、突発的な病気への対応ができない事も睡眠に対して恐怖を感じる原因になります。 ただし、やのように宗教が関連する事は比較的少なく、合併の例も多くはありません。 睡眠恐怖症の原因は完全に明らかにはなっておらず、 世界的にも研究の対象となっています。 症状としては 不安障害に非常に似ている事が特徴で、激しい頭痛や息切れ、発汗、振戦、パニック発作などがあります。 眠くなった時に症状が出る場合もありますが、睡眠の事を考えたり連想するだけで症状が出るケースも報告されています。 睡眠恐怖症への対処、克服法や注意点 幼児期の場合は思春期を経て大人になるにつれて自然と軽減される例もありますが、睡眠に対する恐怖が さらなる恐怖を促進するという性質から、治療は慎重に行われます。 原因や症状によって治療法は異なり、間違った診断をしてしまうと 悪化を招く事態にもなるので、合併などの危険性もふまえて長期的な計画を立てる必要があります。 症状の度合いによっては睡眠薬や睡眠導入剤が選択される場がありますが、激しいパニック発作を引き起こす等、 逆効果になる可能性があるので投薬は慎重に行われます。 まずは認知行動療法が優先され、特に認知再構成法や森田療法を取り入れた治療が試されます。 それでも改善に向かわない場合は薬物治療に切り替える事も多くあります。 完全な克服は難しいとされますが、治療によって軽減できる可能性があるので、根気強く取り組む方が良いでしょう。

次の