ヴァネッサ ハジェンズ インスタ。 ヴァネッサハジェンズ今現在のインスタ写真!彼氏と結婚?謝罪は性格が悪いから炎上?|消えた有名人今現在の画像管理システム

ヴァネッサ・ハジェンズ、セクシーすぎる場所にキュートな新タトゥー /2020年2月1日 1ページ目

ヴァネッサ ハジェンズ インスタ

9日午後、ユニヴァーサル・シティのギブソン・アンフィシアターにて開かれた『2009ティーン・チョイス・アワード』の授賞式。 ティーンが投票して決まる賞だけに、会場は限りなく明るい雰囲気。 そこにプレゼンテーターとして登場したコメンディアンが、人々の笑顔を一瞬凍りつかせるようなジョークを放った。 ティーンが選んだ2009年の最もHotな女性には、ミーガン・フォックス。 そして最もHotな男性にはロバート・パティンソンが決まった。 ミーガンは、マイリー・サイラスやビヨンセ・ノウルズ、ヴァネッサ・ハジェンズやブレイク・ライブリーを押しのけての受賞である。 ノミネートされた女優ヴァネッサ・ハジェンズ(20)の、ドキドキしたような笑顔も確認される。 プレゼンテーターは37歳のデイン・クックが務めた。 彼はTVでも映画でも活躍するイケメン・コメディアンである。 会場も少しはそれに期待しているのが、今回クックはヴァネッサ・ハジェンズを槍玉に挙げた。 「ヴァネッサ・ハジェンズ!どこにいるかな?」クックがこう話すと、テレビ・カメラは会場のヴァネッサをアップで捕える。 ニコニコ笑顔の彼女は、ステージのクックに向かって両手を大きめに振る。 するとクックは一呼吸置いて、「ヴァネッサ、いつも洋服を着ていないとダメだよ~っ!電話機は電話するためにあるんだからさぁ!」。 ご存じの方も多いと思うが、ヴァネッサ・ハジェンズが自分で鏡を使って撮影したヌードが、またもやネットに出回っている。 この事態にクックはお叱りの一発を放ったわけだ。 ヴァネッサの表情は途端に変わった。 振っていた手も下がり、表情も好戦的。 周囲の人々も顔をこわばらせながら笑顔を維持したが、ヴァネッサ・ファンも大勢いる会場からはクックにブーイングが起きた。 噛んでいたガムに怒りを込めたのか、やけに大きな口でクッチャァ~、クッチャァ~とゆっくりと噛みながらクックを睨んだヴァネッサ。 「こんな場でその話かよ」という苛立ちか、それとも単に「服を着ろ」という助言が気に食わなかったのか…!? (TechinsightJapan編集部 Joy横手).

次の

ヴァネッサ・ハジェンズの妹ステラが可愛すぎる!ファッションや恋人を検証

ヴァネッサ ハジェンズ インスタ

A post shared by vanessahudgens on Feb 3, 2019 at 10:34am PST 「とても自然に付き合い始めたの。 あんな恋愛関係を築けたことにこの上なく感謝してる」と話すヴァネッサ。 『私たち以外(キャストとして)いないよね!』ってお互いに言ってたの」と明かした。 第一作目の「ハイスクール・ミュージカル」が大ヒットし、一躍スターとなったヴァネッサとザック。 彼女は「私たちは爆発したみたいだった。 突然巨大な現象が起きて、みんなが私を見ているようだったの。 すごく変で、受け入れるのが大変だった。 でも(ザックと)恋愛していたことによってある程度ブレずに落ち着いていられたんだと思う。 有名になることを受け入れる過程で、頼れる人がいたから」と、ザックが当時心の支えになっていたことを明かした。 しかし、5年間の恋愛は常にハッピーでロマンティックな時期だけではなかったとも話すヴァネッサ。 「映画のリハーサル中に大ゲンカしたことを覚えてる。 そしたら共演者の ケニー・オルテガが本当に心配した顔をしてやってきて、『この映画はここでダメになっちゃうの?』って聞いてきたの(笑)」と、ケンカエピソードを披露した。

次の

ヴァネッサ・ハジェンズ30歳 「美容整形? ありでしょ、そういう社会なのよ」

ヴァネッサ ハジェンズ インスタ

18歳で経験した「ヌード流出騒動」 ディズニーチャンネルのオリジナルムービー『ハイスクール・ミュージカル』で一躍ブレイクしたは、俳優として活動の幅をさらに拡大しようとしていた矢先の2007年、女性セレブたちを標的にした悪質ハッカーの仕業によりプライベートで撮影したヌード写真がネット上に流出するというスキャンダルに見舞われた。 当時18歳で、子供や若いファンも多かったヴァネッサは、被害者でありながら、素肌を露わにした写真を撮影してしまったという事実を公式声明を通じて謝罪。 「私を信頼し支えてくれる、私にとってすべてであるファンの皆さんに謝罪します。 今回の件をとても恥ずかしく感じ、あのような写真を撮影してしまったことを後悔しています」と、反省の言葉を綴った。 ハッカーも然り、人々が、ときに、セレブとの境界線を見失ってしまう理由について「映画館のスクリーンでお気に入りの俳優を観て、今度は自宅のテレビで観て…見たい時にいつでも姿その人のを見ることができる。 あまりネガティブな言い方はしたくないけど、リスペクトの欠如っていうのかな、本当は知らない人なのに、勝手にその人のことを何でも知ってると思い込んでしまうっていう食い違いが起きていると思う」と自らの体験をもとに持論を語ったヴァネッサ。 スキャンダルが発生してから約12年の間に、さまざまな角度から事件について考えてきた様子の彼女は、騒動で負ったトラウマを抱えつつも、冷静な視点でファンたちの姿勢や世の中の流れを観察し、今では、間違っていると思うことには、躊躇なく声を上げられるようにもなったという。 同インタビューで、ハリウッドにおける「 MeToo」ムーブメントについても言及したヴァネッサは、仕事の場で不適切な口調で話しかけられた経験があることを認めつつ、「オーディションの場であろうと撮影現場であろうと、もし居心地が悪いと感じたら、私は、その場から立ち去るか、そう感じさせた張本人に対して嫌な思いをしていると正直に伝える。 もし、それでもやめないなら、『どっか行け!』って感じ。 もし、私の主張が気に入らないなら消え失せてくださいって思う」とコメント。 続けて、「地に足をつけてしっかりと立っていれば、誰も私のことを引きずり下ろすことはできないはず」と、セクハラや不当な扱いには、断固として立ち向かう強さを身に着けたと明かした。 (フロントロウ編集部).

次の