ちんちんガード。 痒みを和らげる方法・掻いて傷つけない方法 [アトピー性皮膚炎] All About

【火曜グルメ】上野ガード下の珍々軒。読み方は、読んで字のごとく、ちんちんけん。 シンプルチャーハンは絶品です。

ちんちんガード

ふわっと香るチャーハンが旨い。 アメ横ガード下の大衆中華「珍々軒」 上野からJR高架沿いにアメ横御徒町方面に歩くこ3分ぐらい。 ガード下の飲食店が密集した地帯にお店はありました。 外観は赤い看板に書かれた「珍々軒」の文字がデカデカと書かれていて目立っています。 お店の周囲には昼呑みOKのもつ焼き屋さんなどがあり、この周囲はお昼時からユルい空気が流れてます。 店頭軒先にはテーブル席があり、オープンテラス席チック。。。 店内は厨房に沿ったカウンター席、テーブル席がありますね。 外観こそ派手目なキレイな看板ですが、店内に入るとケッコウ古い感じで歴史を感じます。 雰囲気はまさに大衆中華屋さんの趣で、ビールで一杯やりながらの昼呑みや、フツーに食事としても利用できますね。 メニューはラーメン、タンメン等の麺系を筆頭に、炒飯、レバニラ炒めなどがあります。 ツマミ系は意外と少なめで、チャーシュー、餃子、メンマぐらいかな。 お店の雰囲気から大衆中華のチャーハンが食べたくなり早速オーダーして見ました。 周りのお客さんはレバニラやタンメンを頼まれてる人が多かったですね。 厨房からは中華鍋を振ってチャーハンを炒めてる音が聞こえてきます。 ジャージャーと炒める音が聞こえてくるとますますお腹がすいてきますよ。 そして10分ほどで炒飯とスープ、漬け物が供されました。 一口だべるとフンワリと香る大衆中華の炒飯で旨いです。 この手の大衆中華の炒飯にしては塩コショウの効きがやさしく、ふわっと香る課長の感じも良くチャーハンが進みますよ。 具材は玉子、チャーシュー、ネギと至ってシンプル。 玉子の香りがふんわりと漂います。 パラパラの仕上がりですが、米ひとつひとつに回った油の感じでちょいオイリー目。 それでもクドさはないのでサラリと食べられますね。 量はチャーハンとしてはフツーな感じ。 メニューには書かれてないが、他のお客さんが注文していた大盛りもあるようでした。 スープはご飯用の大きめの丼に入れられてタップリ。 醤油味の典型的な中華屋さんスープですね。 付け合せの漬け物はキュウリの浅漬。 チャーハンの箸休めにシャキシャキのキュウリの食感がいいですね。 量もしっかり多めですよ。 食べてみると、シンプルな具材のチャーハンは、大衆中華の味付けにしては塩コショウは抑えめなやさしい味付けで、玉子の香りがフンワリと漂い旨いですね。 多めのスープが付いて600円なのもナカナカのCP。 なんといっても、お店の昼呑みOKな空気感とガード下という雰囲気で、ナカナカ味のある大衆中華を満喫できました。 次回はビールとレバニラで参りたいですね。 できれば昼呑みで。。

次の

女性が小さいペニス(おちんちん)に思うこととは?本音を探ります。

ちんちんガード

【コットン100% Wガーゼ】 おむつ替えの時に赤ちゃんのおちんちんにかぶせるだけ! 急なおしっこをガードしてくれます。 (簡易・箱はありません) 商品番号 b00033100ti お支払いについて 配送について 振込手数料、代引き手数料はお客様負担となります。 ・ご注文確認(前払いの場合はご入金確認)の翌日発送を こころがけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合は メールでご連絡致します。 ・また、時間指定もうけたまわります。 指定できる時間帯は[午前][午後]です。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 Monkey@Panda 池田今日子 長崎県公安委員会 古物商許可番号第921060000274号.

次の

男の子ママ必見!おしっこキャップ(おしっこブロック)の超簡単な作り方

ちんちんガード

上野のガード下はやはり活気があります。 飲食店には厳しい時期ですが、昼間から近隣の居酒屋は盛況な感じを見て取れます。 そんな光景を見つつ、自分はこちらでランチを頂くことに致しました。 訪問時間は13時半頃。 それでも埋まり具合が8割ほどと、空いているとは言えない感じ。 ただ、食事が終わっている感じの方も見えたので、そのまま人数を伝えて空いている場所に。 この系統のお店に関しては、食後はあまり喋っていない方がいいと思う自分なのでした。 毎度こちらではタンメン、炒飯、餃子をメインに注文が偏っていました。 そのため、今回は趣向を変えてご飯物を注文してみることに。 そこで自分が食べたいと思ったのが レバニラ炒めライス(900円)。 他のメニューに比べると、比較的高額なライスメニューを注文です! 注文の品が届くまで、お店の様子、その周辺のお店の様子を観察。 お店ではやはりタンメン、炒飯、餃子、ラーメンを食べている方が多いです。 そして他のお店は昼から外に席を設置しています。 ガード下の活気がこれから戻ってくるんだなと実感したのでした。 そんなこんなで、先ずはスープから提供開始。 追ってライスとキューリの漬物。 最後にレバニラ炒めが目の前に到着。 このセットかなりボリューミーで興奮します! レバニラ炒めの汁ヒタヒタ感も、町中華感があっていいです。 スープはラーメンスープの醤油感が強めなタイプで塩味が強め。 ライスは他店で言うと大盛り程度の盛りというセット。 やはりかなりボリューム感があります! 先ずはスープで喉を潤します。 その後は、ライスを片手に持ち、レバニラを程よい比率で箸にのせ口に運びます。 その前にライスにバウンド。 程よく汁を切りいざ口へ。 こちらも塩味が強めではあるものの、濃いめな味付けのレバニラ。 数噛みした後、バンドした箇所の汁を程よく吸ったライスを一口。 こんな旨さを感じるルーティーンを何度も繰り返し、至福の時間を堪能します。 自分的には炒飯が一番好みですが、ご飯物もかなり好みになった今回の訪問となりました。 ここ数年は夜に訪問できていなかったので、もう少し落ち着いたら行けたらと思いました。 その時はライス抜きの単品でレバニラと瓶ビールを嗜みたいなって思ったのでした。 自分的には上野周辺の町中華ではここが一番好きです。 ただメニュー数が少ないので、その点ではほかも魅力的ですがね… ただ雰囲気が好きというのも相まってここが好みなのでした。 それではご馳走様でした。 以前は何度も訪問していたこちらのお店。 久々にここの炒飯が食べたくなり、お店に向けて歩を進めてみたのでした。 訪問時間は13時半頃。 店内カウンターに1名と、テーブルに1名のみ。 かなり空いている状態でしたが、やはり外席で食べたいと思い外に座ります。 その前に女将に 炒飯大盛(800円)を注文してからです。 席に着くやいなや、水ときゅうりが提供されてきます。 そして次にスープ。 その1分後に、大トリで炒飯が提供されてきました。 この間、約3分程度のスピード感。 この町中華的な感じが自分的にはどストライクなんです。 そして目の前に届いた炒飯。 具材は少量のネギ、チャーシューを確認できるものの、メインはご飯と玉子のみ。 それをスピーディーにしっとり且つ、若干ぱらつきのあるテイストに仕上げています。 早速一口いただくと、シンプルですが美味い! これを求めていたんだと言わんばかりのテイストに安心感すら感じます。 正直、これぞ町中華炒飯だと思うのでした! スープはこちらのラーメンスープ。 ただタレが多めで少ししょっぱ目。 自分は若干お酢を投入して、よりスッキリ仕上げにします。 生姜感を若干感じつつ、炒飯でこってりした口をスッキリさせてくれます。 付け合せのきゅうりの糠漬けもアクセントになります。 これがあってこその、ここの炒飯というのが感じられる構成です。 今回はかなり久々に訪問となりましたが、これからは比較的訪問できるかな? 近場になった分、なんとか年に数回は通いたいと思った今回の訪問でございました。 それではご馳走さまでした。 <2015. 10 再訪問> 急遽店が閉まってから数カ月ぶりに再開したという噂を聞きつけ訪問しました。 シャッターが閉まっている時から、看板が綺麗になったりしていたので期待していました。 今か今かと待ちわびた瞬間でございました! 11時半頃の訪問でしたが、やはり人の入りが良いですこのお店は! 食べ終えて出て行く人、入ってくる人のバランスがいいですねぇ〜 そんな今まで見ていた光景を見つつ、注文をしたのは ラーメン(500円)&炒飯(700円)。 やはりこの日も空腹だったので2つたのんでしまいました…汗 注文から約5分程度で提供というスピード感もいいです! 醤油ラーメンは塩っぱ目な一杯です。 チャーシューの煮汁が決め手な、塩っぱい中に甘みを感じます。 チャーシューもいい感じで美味いです! 炒飯の安定感も健在です。 具が少なめですが、自分的には米メインの炒飯が好きです。 そして 炒飯を食べた直後に、ラーメンのスープを口に入れた時の風味が一番好きです! これっていつも不思議に思うんですが、若干の酸味を帯びるスープがいいんですよねぇ〜 本当に自分好みの店が再開してくれて嬉しいです。 約2週間前から再会出来たようですが、聞くとけっこう痛かったよぉ〜って言ってらっしゃいました… ということでサクッと完食してお店を離れました。 イメージとしてはお酒が昼間から飲めるなんかが有名です。 餃子だとなんかも有名ですよね! そんな様々なお店にも引けをとらないのがこちらのお店ます。 ここも結構有名だからそんなこと言わなくても知ってる方は多いと思いますがね…汗 自分的には3、4回訪問しつつも、なかなか良い写真が撮れなかったんでレビューしてませんでした。 何となく文章だけで伝えるのって、自分的には技術が無くて難しいんですよねぇ〜 そんなことで、今回は10時50分に訪問してきました。 お店は先客無しで、店内でも、店先でもどこでも座れる状況でした。 自分は店内をチョイスして、厨房の華麗な鍋さばきを見つつ待つことにしました。 いつもは湯麺(タンメン)か、炒飯に餃子といった注文が多い自分。 単品でも結構ボリュームはあるので満足はします。 しかしこの日は、前日に酒を飲んでいて、ほとんど食事を取らなかった影響もあり極度の空腹状態。 そのお腹とも会話をし、意を決して女将にいざ注文しました。 そのメニューが以下の様な感じです。 ・湯麺(700円) ・炒飯(700円) これだけを見ると、2名で来店した方のようなオーダーですが、これを1人で食べれるぞと自分の胃が言ったんです! その言葉を信じて注文してみました。 自分一人だけだったので、注文してからの厨房の動きを見ていました。 先ずはタンメンから調理が始まったようです。 豚肉、キャベツ、タマネギ、モヤシ、ニラが中華鍋で炒められていきます。 踊るような鍋捌きに感心しつつ、約1分程度でガラスープが投入されました。 そこで先にゆでていた麺が丼に入り、その上からいと煮立ちした野菜が上から流し込まれます。 ここまで約2分程度でタンメンの完成です! 早速その勇姿を拝みつつ、タンメンを食べることに集中していきます。 タンメンは 野菜の甘味、コクが、塩味のシンプルスープにしっかり溶け込んでいます。 優しい味といった表現が一番合うと思える絶品の一杯です! 日によっては酢、辣油を入れて食べることもありますが、今回はシンプルにそのままをいただきました。 そんな感想を語っている間に、炒飯の調理は中盤戦に差し掛かっています。 鍋はタンメンの時よりも、更に速度、回転数が増しています! ご飯をクッツケないように必死に玉子、油でコーティングさせている感じです。 そんな炒飯も、タンメン提供後約3、4分程度で到着です。 タンメン、炒飯合わせても5、6分しかかかっていないという早業に感動しました! 早速その炒飯にもレンゲを伸ばします。 レンゲは軽く炒飯を救えてしまえます。 しっかりご飯はパラパラしていますので、すくい心地が柔らかいです。 その炒飯は毎回思うんですが、味の中心にあるものが何なのかが未だわかりません… 醤油、塩でもない、とても旨味を感じる何かがソコには存在しています。 自分的に勝手に思っているのは、チャーシューを煮た醤油ダレだと思っています。 そぉ〜するとどうでしょう! なんとまだ胃に余裕をもたせつつ完食してしまったじゃないですか! 何となく物足りなさを感じつつの完食だったんで、餃子を追加で注文してもいけた気がします。 今回は自分の胃袋がすこぶる絶好調だったので、こんな感じでしたが次回は難しいかもですね…汗 そろそろ40歳を迎えますので、あまり暴食はしないように気をつけないと行けませんよねぇ〜 こんな感じで1,400円を支払ってお店を後にしました。 とても満足の行く食事でしたし、これからも定期的に通いたいとまた思わせてくれました。

次の