天皇 誕生 日。 天皇誕生日(てんのうたんじょうび)とは

平成最後の天皇誕生日は2018年12月23日!2019年の祝日はどうなるの?

天皇 誕生 日

2019年4月30日、平成天皇(明仁さま)が退位され、今上天皇陛下(徳仁さま)が即位された。 およそ200年ぶりとなる譲位が行われ、元号が平成から令和へと変わったのは記憶に新しい。 元号は変わったものの「現在の天皇陛下の誕生日は祝日になるのか」「上皇さまの誕生日(旧天皇誕生日の12月23日)は祝日になるのか」について、気になっている方も多いだろう。 そこで本記事では、2020年からの天皇誕生日と上皇誕生日の扱いについてと、歴代の天皇誕生日は祝日になっているのかを解説する。 天皇誕生日とは 天皇の誕生を祝う日として知られる天皇誕生日は、かつて「天長節(てんちょうせつ)」とも呼ばれ、1873年(明治6年)に日本の祝日として制定された。 その後、1948年(昭和23年)に「天皇誕生日」と改称され、現上皇さまが即位されていた2018年までは12月23日が祝日だった。 今生天皇の誕生日はいつ? 今生天皇(第126代天皇)の誕生日は、2月23日。 1960年(昭和35年)生まれで、現在は59歳、2020年の同日に60歳を迎えられる。 (2020年2月7日現在) 「天皇の退位等に関する皇室典範特例法 附則第10条」により、国民の祝日に関する法律が一部改正され、2020年からは2月23日が天皇誕生日として祝日となった。 さらに、2020年は2月23日が日曜日にあたるため、翌24日が振替休日で三連休となる。 平成天皇(上皇)の誕生日は祝日になるの? 現在は、天皇陛下と上皇が存在する状態にあり「二重権威」を懸念する声から、12月23日の「上皇誕生日」は祝日としないという流れになっているようだ。 今後は事情が変わる可能性もあるが、少なくとも上皇陛下がご存命中は祝日にはならない見込みだという。 そのため、2018年まで祝日であった12月23日は、2019年に続き2020年も平日となる。 歴代天皇の誕生日は祝日になっている? では、歴代の天皇の誕生日は今も祝日として残っているのだろうか。 最後に、明治、大正、昭和、それぞれの天皇の誕生日を見ていこう。 昭和天皇の誕生日は「昭和の日(旧:みどりの日)」 昭和天皇の誕生日は4月29日。 この日は、ゴールデンウィーク期間の祝日「昭和の日」と知られており、2007年に制定されたものだ。 2006年までは「みどりの日」として親しまれていたが、改正祝日法により「昭和の日」と改称された。 大正天皇の誕生日は祝日になっていない!? 大正天皇の誕生日は8月31日。 現在この日は祝日と制定されていないが、1926年(大正15年)の12月25日に大正天皇が崩御し、翌年1927年(昭和2年)から1947年(昭和22年)までの20年間は同日が「大正天皇祭」として休日になっていた。 この「大正天皇祭」が休日であったことから、日本でもクリスマスの文化が広まったという説がある。 明治天皇の誕生日はいつ?祝日? 明治天皇の誕生日は11月3日。 この日は「文化の日」として知られ、日本の祝日に制定されている。 1912年7月30日に明治天皇が崩御された後、「明治天皇の功績を後世に」との国民の声から、15年を経た1927年に「明治節」という祝日に制定された。 その後、第二次世界大戦後にGHQから明治節は廃止とされるものの、1948年から「文化の日」として再び日本の祝日となった。 文/oki.

次の

2019年以降、12月23日はどうなるのか――平成最後の天皇誕生日を迎えて(山下晋司)

天皇 誕生 日

「スポーツの日」について 令和2年(2020年)以降、「体育の日」は 「スポーツの日」になります。 国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律(平成30年法律第57号)が平成30年6月20日に公布され、国民の祝日である「体育の日」の名称が 「スポーツの日」に改められ、 その意義は「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」とされました。 (施行日:令和2年1月1日) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)の特例について 令和2年(2020年)に限り、 「海の日」は 7月23日に、 「スポーツの日」は 7月24日に、 「山の日」は 8月10日になります。 平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法及び 平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法の一部を改正する法律(平成30年法律第55号)が平成30年6月20日に公布され、 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の円滑な準備及び運営に資するため、同法第一条により、「国民の祝日に関する法律」の特例が設けられました。 (施行日:平成30年6月20日) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号) 第1条 自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。 第2条 「国民の祝日」を次のように定める。 元日 1月1日 年のはじめを祝う。 成人の日 1月の第2月曜日 おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。 建国記念の日 政令で定める日 建国をしのび、国を愛する心を養う。 天皇誕生日 2月23日 天皇の誕生日を祝う。 春分の日 春分日 自然をたたえ、生物をいつくしむ。 昭和の日 4月29日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。 憲法記念日 5月3日 日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。 みどりの日 5月4日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。 こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。 海の日 7月の第3月曜日 海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。 山の日 8月11日 山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。 敬老の日 9月の第3月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。 秋分の日 秋分日 祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。 スポーツの日 10月の第2月曜日 スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。 文化の日 11月3日 自由と平和を愛し、文化をすすめる。 勤労感謝の日 11月23日 勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。 第3条 「国民の祝日」は、休日とする。 「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。 その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。 )は、休日とする。 附則 (省略) 令和2年(2020年)及び令和3年(2021年)の「国民の祝日」 令和2年(2020年)及び令和3年(2021年)の「国民の祝日」は、現在制定されている国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)の規定によれば、以下のとおりとなります。 〇令和2年(2020年)の国民の祝日・休日 名称 日付 備考 元日 1月1日 成人の日 1月13日 建国記念の日 2月11日 天皇誕生日 2月23日 休日 2月24日 祝日法第3条第2項による休日 春分の日 3月20日 昭和の日 4月29日 憲法記念日 5月3日 みどりの日 5月4日 こどもの日 5月5日 休日 5月6日 祝日法第3条第2項による休日 海の日 7月23日 スポーツの日 7月24日 山の日 8月10日 敬老の日 9月21日 秋分の日 9月22日 文化の日 11月3日 勤労感謝の日 11月23日 〇令和3年(2021年)の国民の祝日・休日 名称 日付 備考 元日 1月1日 成人の日 1月11日 建国記念の日 2月11日 天皇誕生日 2月23日 春分の日 3月20日 昭和の日 4月29日 憲法記念日 5月3日 みどりの日 5月4日 こどもの日 5月5日 海の日 7月19日 山の日 8月11日 敬老の日 9月20日 秋分の日 9月23日 スポーツの日 10月11日 文化の日 11月3日 勤労感謝の日 11月23日•

次の

国民の祝日について

天皇 誕生 日

2019年5月1日に今上天皇が即位され、元号は「令和」となりました。 今上天皇のお誕生日である2月23日は「天皇誕生日」という祝日になりますが、いつからなのでしょうか? また、退位された上皇陛下のお誕生日だった12月23日がどのようになるのかも気になりませんか? 今回は、「天皇誕生日」どうなるかについて調べてみました。 2月23日が天皇誕生日になるのはいつから? 「天皇誕生日」という祝日は、国民の祝日に関する法律(祝日法)によって「天皇の誕生日を祝う日」とされていますので、皇太子殿下が新天皇に即位された時からこの法律が適用されます。 即位なさったのは、2019年(令和元年)5月1日ですので、 最初の「天皇誕生日」は令和2年(2020年)2月23日(日)ということになりますね。 12月23日は祝日でなくなる? では、これまで「天皇誕生日」という祝日だった上皇陛下のお誕生日の12月23日は今後はどうなるのでしょうか? まず、これまでの天皇誕生日がどうなっているのかを見ていきましましょう。 明治天皇の誕生日の11月3日は「文化の日」として残っています。 明治天皇が崩御されると、国民が「明治天皇が近代日本の礎を築いた功績を後世に伝えていくために11月3日を祝日としてほしい」という運動を起こし、昭和2年(1927年)に「明治節」という名称で祝日になりました。 しかし、敗戦後の昭和22年(1947年)、当時日本を占領していたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)は、「明治節」を廃止しました。 GHQは、天皇と国民の繋がりを少しでも排除しようとしたのでしょう。 明治節が廃止され、11月3日を「憲法記念日」にしようという動きがありました。 日本国憲法の前の大日本帝国憲法の公布日は2月11日です。 2月11日は「建国記念の日」ですが、もともとは「紀元節」といって、日本の初代天皇とされる神武天皇の即位日です。 神武天皇の即位日という縁起の良い日を選んで大日本帝国憲法を公布したことに倣って(ならって)、日本国憲法の公布日を明治節である11月3日にして「憲法記念日」にしようとしましたが、GHQから強く反対されました。 国にとって重要な憲法記念日と、明治天皇の誕生日を結びつけたくなかったのでしょう。 そのかわり「憲法記念日じゃなければいい」ということで、昭和23年(1948年)に近代文化が目覚ましい発展を遂げた明治の時代を年頭に「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨とし「文化の日」が祝日に加えられました。 大正天皇の誕生日は8月31日です。 しかし、 8月31日は祝日として残っていません。 大正天皇が崩御されたあと「名称を変えて残そう」という運動がなかったことや、大正時代は15年間と短かったこと、明治天皇や昭和天皇のように後世に伝えたい偉業がないなど、さまざまな考え方があるようですが、祝日法で定められなかっただけのことです。 昭和天皇の誕生日の4月29日は「昭和の日」として残っています。 昭和天皇の誕生日であった4月29日は、ゴールデンウィークを構成する祝日となっていたことから、国民生活への影響が懸念され「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを趣旨とした「みどりの日」という祝日として残ることになりました。 その後、昭和天皇とともにあった昭和という激動の時代を忘れないためにも「昭和の日」としようという動きがあり、国民の要望もあったことから、平成17年(2005年)の祝日法改正により、4月29日は「昭和の日」となり、「みどりの日」は5月4日に移動しました。 このように、明治天皇や昭和天皇の誕生日が祝日となっていることは特別だと考えた方が良いかもしれません。 上皇陛下のお誕生日12月23日はどうなる? 政府は平成29年(2017年)12月21日に、 退位後の12月23日は当面の間は平日にする検討に入ったと発表しました。 この発表で菅官房長官は「どのような日を祝日にするかは多様な論点があり、皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするかは国民各層の幅広い議論が必要だと思っている」と述べました。 12月23日を「上皇誕生日」として祝日にした場合、「二重権威」ともなりかねないため、当面は平日にするのがふさわしいとの指摘もあります。 このような経緯から、 令和元年( 2019年)12月23日(月)は平日ということになります。 12月23日が祝日として残って、今上天皇のお誕生日が新たに天皇誕生日という祝日になれば、祝日が1日増える!と単純に考えて喜んでしまいそうですが、当面の間は12月23日は平日ということで、そんなに簡単なお話ではないようですね。 現在のところ、上皇陛下のお誕生日の2019年12月23日は平日、今上天皇が即位され、初めてのお誕生日は2020年2月23日ということになるので、 2019年には「天皇誕生日」という祝日が存在しないことになりそうですね。 今後、どうなっていくのか見守りましょう。 関連: - , , 陛下はお示しになられた御聖慮のなかに一言も「退位」とは下賜されておりません。 そもそも退位というのは不敬・無礼であり不適切な表現です。 正しくは「譲位」です。 テレビや新聞が故意に乱用する「退位」という言葉の不適切性を認識くださるようおねがい致します。 テレビ局や新聞は、一般視聴者、一般日本国民から何度も何度もこの誤りと不適切性を指摘し訂正を求められていますが無視しつづけています。 再三苦情を受けているのに尚も執拗に「退位」を使い続けるのは、 国体である天皇・皇室を貶め、そうして日本を貶めるためです。 日本の情報媒体は、日本が敗戦して赤を内包する戦勝勢力に占領されたときから 完全に戦勝勢力に支配され今現在に至っているのです。 今現在も日本は占領体制でガチガチに縛られています。 皇室典範も敗戦後に設けられたもので、緩やかにしかし確実に皇統が途絶えて消滅させるためのものです。 憲法も本当の現行憲法は帝国憲法ですが、 日本国民のほとんどは騙されており、法的無効で使う根拠も動機もない危険な日本国憲法という名の占領基本法を日本の憲法だと思い込んでいます。 テレビ、新聞といった報道・情報媒体は今現在もSCAPIN33を遵守しているのです。 大事なことなので繰り返しますが、退位ではなく、「譲位」、「御譲位」です。

次の