サカイ引越センター 不用品。 アート引越センターの不用品処分の流れとゴミ処分のオプション

サカイ引越センター(9039)の株主優待紹介

サカイ引越センター 不用品

引っ越しの際は、不要になった家具・家電などを処分するいい機会でもあります。 不用品を処分するには、各自治体が提供している粗大ゴミの回収サービスを利用すると、回収費用を支払わなければなりません。 この辺の全般的な方法については、以前の記事、の中で紹介しました。 しかしこれでは、せっかく引っ越し費用を安く見積もりしてもらっても、リサイクルの方にお金が出て行ってしまっては意味がありません。 ということで、今回は、 もう一歩進んで、引越し業者を中心とした「不用品買取サービス」に焦点を絞り、ちょっと掘り下げて紹介してみようと思います。 このサービスを利用すれば、本来お金を払って引き取ってもらう不用品も、思いがけず現金化することが出来、引っ越し費用の足しに出来るかもしれません。 引っ越し準備で忙しい中、他の業者を手配する手間や、別に日程を空ける必要もありません。 普通の引っ越しと同じように、引っ越し当日まで過ごしていればいいだけなのです。 実はこれ、かなり時間の削減になります。 一般的な不要品の処分・買取方法では、自治体の場合は回収日時が決まっている(月何回、何曜日とか)ため、それに合わせて品物を出さなくてはいけなかったり、リサイクルショップの場合は基本的には自分でお店に持ち込む必要があるということで、結構手間と時間が掛かります。 この時間を省けるという点で、引っ越し業者に不用品の引き取り・買い取りをしてもらう意味があるのです。 引っ越し業者に引き取りを依頼する場合の注意点 家庭で使用していた家具家電であれば、 ほとんどの物が回収可能なため、不用品の処分が確実に出来る点が、ヤマトホームコンビニエンスとの大きな違いです。 詳細は、 キタザワ引越センターの不用品買取サービスの特徴 photo credit: chinnian via 東京を地場とする中小の引っ越し業者、キタザワ引越センターです。 この会社は中小とは言え、地域に根差した引っ越しで、既に創業から50年を超える老舗の引っ越し業者です。 大手引っ越し業者でも不用品買取を行っているところが少ない中、中小でやっている会社はかなり珍しいです。 不用品の買取は、家具や家電、電動工具や美容機器、衣類や貴金属、ブランド品に至るまで一通り買取が可能です。 詳細は、 サカイ引越センターの不用品買取サービスの特徴 photo credit: marumeganechan via サカイ引越センターの不用品買取サービスでは、何と言っても、その買い取り可能な商品の幅がとても広いという事が一番の特徴です。 生活家電やアウトドア・スポーツ用品はもちろん事、金券やブランド品、おもちゃやお歳暮に貰ったギフト品まで、ほとんど、街の買取ショップと同じレベルの買取が可能です。 4種類のサイズのダンボールが用意され、「 箱に入るものであれば、何でも買取してくれる」「宅配キット」を利用することにより、あなたの家から、サカイ引越センターの不用品買取サービス宛てに着払い伝票で送るだけでOKという、 オール無料の買取サービスを提供しています。 また、通常、ヤマトホームコンビニエンスなどでは、現地で現品を見て買取査定を行うのですが、サカイ引越センターの不用品買取サービスでは、 オンラインでの買取査定も可能です。 この辺でも普通の買取ショップと同じレベルの利便性があり、もはや、引っ越し業者レベルの買取ではありません。 という簡単なものです。 また、LINEを利用し写真を送ることで査定をしてもらう「LINE査定」も行っています。 なお、 買い取りサービスの業務代行は、神奈川県内に44店舗を構えリユース事業を運営している、 ㈱ワットマンが行っています。 詳細は、 その他引っ越し業者の不用品回収サービス、各社の対応状況 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 最後に(まとめ) 以上のように、大手の引っ越し業者10社の中でも、家電リサイクル対象4品目のみの対応であったり、不用品引き取りや買取サービスを行っていない会社もあるのが実情です。 また、買取できるもの出来ないもの、得意とする品物そうでないものと、各社で特徴があることが分かってもらえたかと思います。

次の

アート引越センターの不用品処分サービスと回収費用を安くするコツ

サカイ引越センター 不用品

サカイ引越センターは家具の買取をしている? サカイ引越センターでは、買取サービスを運営しています。 割と最近できたサービスで、買取サービスのほうの知名度はまだ高くありませんが、人気の大手サカイ引越センターが運営している買取サービスということで、期待値は抜群。 また、安心して依頼できるのが魅力です。 引越し業者が運営している買取サービスということで、家具の買取に対応してそうなイメージがありますが、家具の買取には基本的に対応していないようです。 同じく引越しで出る定番の大型不用品、家電については一部買取対応しています。 「これって買取ってもらえるの?それとも不用品回収になるの?」と気になる品物については、サカイ引越センターに確認してみましょう。 サカイ引越センターの買取の強みは、買取れない家具や家電は不用品回収で対応してもらえることです。 サカイ引越センターは「買取」にも「回収」にも両方対応していて、臨機応変に利用するサービスを変えることができます。 サカイ引越センターの買取料金は? サカイ引越センターの買取料金は品物によってバラバラですが、オンライン買取に特化しているという特徴上、経費を削減できていることから高額査定に期待できます。 もし実際にサカイ引越センターに品物を送って査定してもらったものの、査定額が気に入らなければキャンセルすることができますが、手間になるのでそれより先に査定額の目安を知りたいということであれば電話でもだいたいの目安を相談することができます。 希望する方は先に相談してみるのがおすすめです。 サカイ引越センターの運営だけど引越し利用者以外も使える? サカイ引越センターの買取サービスは引越し利用者以外も利用することができます。 サカイ引越センターが引越し業者として知名度がとても高い関係で、引越しサービス利用者のみが利用できるサービスのようなイメージを持っている方も、もしかしたらいるかもしれませんが、幅広くご利用頂けます。 引越しのときに出た「売れない」不用品の回収は別途対応してくれる? 引越しでサカイ引越センターを利用して、さらにサカイ引越センターの買取サービスを利用する場合、不用品処分はグッと楽になる期待ができますが、中には買取れない家具や家電が登場してくる可能性があります。 もし、買取サービスでは対応できない家具や家電等の不用品があった場合、サカイ引越センターでも回収してくれます。 ただし、回収の品物も全ての分野に対応しているとは言い切れないので、見積り段階で事前の確認をおすすめします。 エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機の処分は引越し「不用品回収」でも対応! エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機といった家電については、サカイ引越センターの不用品回収で対応しています。 このような不用品が出る場合は、サカイ引越センターに「回収」で相談してみてくださいね。 サカイ引越センターの不用品処分は無料なの? 不用品回収を依頼すると有料になります。 料金は、品物によって異なるので、こちらも引越し料金の見積りと併せて査定が必要になります。 ピアノやその他大型家具家電についても不用品回収の相談OK イレギュラーな品物で、ときにはピアノを処分したいという方もいますが、ピアノも不用品回収(場合によっては買取)による処分が可能です。 ただし、ピアノについてはサカイ引越センターが直接買取や回収を行うのではなく、サカイ引越センターと提携しているヤマハピアノサービスが買取や処分の査定を行います。 提携先が担当するとはいえ、不用品になったら扱いに困るピアノもしっかりと対応してくれるので安心です。 サカイ引越センターの買取は「宅配キット」もある! サカイ引越センターの買取サービスは、品物をサカイ引越センター側に送って査定をしてもらうスタイルになります。 売りたい品物を入れるダンボールがないときは、サカイ引越センターから宅配キットをもらうことができます。 宅配キットは無料、送料も無料です。 (宅配キットと一緒に着払い伝票をもらえます) サカイ引越センターで買取対応できる品物一覧 サカイ引越センターで買取対応できる品物一覧を確認していきましょう。 生活家電・AV機器 工具 衣類・ファッション小物 ベビー用品 ギフト品 金券 お酒 ブランド品 腕時計 金・プラチナ・ジュエリー パソコン・スマホ おもちゃ・ゲーム機・フィギュア アウトドア・スポーツ用品 楽器 引越し業者のサカイ引越センターが運営している買取サービスということで、家具や家電のように引越しで不用品になりやすい品物を買取するのかと思いきや、衣類やお酒も買取に対応しています。 逆に買取ってくれそうなイメージのある家具や家電は一覧に入っていません。 売りたい内容によっては2社くらい組み合わせて活用して売っていくと幅広いジャンルカバーできて良いかもしれませんね。 サカイ引越センターの買取査定は無料? サカイ引越センターの買取査定は無料です。 買取査定だけではなく、宅配キットも、宅配キットの送料も全部無料です。 全部無料なので売ったお金はまるまる手に入るイメージです。 サカイ引越センターの買取を選ぶメリットとは? 巷には様々な買取サービスが登場していますが、その中でサカイ引越センターの買取を選ぶメリットといえば、取り扱い種類が豊富なことと、宅配キットが無料で店舗までいかなくても買取対応してくれること(利用者としては楽なことが多いです) また、サカイ引越センターという知名度による安心感も魅力です。 あとは、サカイ引越センターの買取サービスが活きるのは、やっぱりサカイ引越センターを利用した引越しのとき。 引越しでも利用しているサカイ引越センターで不用品買取に対応してもらえるわけなので、何かと気軽に感じるのではないでしょうか。 不用品を売りたいときは「買取王子」もおすすめ! ちなみに、不用品を売りたいとき「買取王子」もおすすめです。 最近知名度上昇中の買取サービスで、こちらもサカイ引越センターの買取同様、宅配キットで査定に出せます。 買取王子も高額査定になりやすく評判が良いです。 「まとめ」引越しの不用品はサカイ引越センターをチェック! 今回の記事では、サカイ引越センターの買取サービスと不用品回収について視点を当てて詳しくご紹介しました。 昔は不用品を買取ってもらうのも準備に手間がかかりやすかったですが、最近ではサカイ引越センターを含め宅配キットの台頭で本当に楽になりました。 これから引越しを予定している方は、作業も買取も回収も全てサカイ引越センターで統一してみてはいかがでしょうか。 サカイ引越センターは引越し作業の実力でも評判で、リーズナブルなことでも知られています。 サカイ引越センターなら、きっと満足度の高い快適な引越しに期待できます!.

次の

サカイ引越センターの評判・口コミ~作業内容はピカイチも営業マンはとにかくしつこい

サカイ引越センター 不用品

引越しのタイミングで、家具や家電を買い替える人もいるかと思います。 そこで、必要となるのが「不用品の処分」です。 不用品は事前に処分し、物を少しでも減らしてから引っ越したいものです。 不用品を処分する方法はいくつかありますが、引越し業者が引き取ってくれるのであれば越したことはありません。 そのほうが手間もかかりませんし、引越しもスムーズです。 ただ、アート引越センターの場合、不用品を引き取ってくれるのでしょうか。 アート引越センターが回収してくれるのは、家電リサイクル法の対象品であるエアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機の4品目のみです。 それ以外の家電や家具などの粗大ゴミは引き取ってもらえません。 ここでは、アート引越センターを含め、不用品を処分するベストな方法について検討したいと思います。 家電リサイクル法の対象品である エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機・衣類乾燥機の5品目のみは、アート引越センターでも引き取ってもらうことができます。 しかし、アート引越センターのなかでも、不用品の回収における対応の仕方は営業所によって異なるようです。 ですから、アート引越しセンターに不用品を引き取ってもらいたい場合は、直接問い合わせて確認しておくと良いです。 アート引越センターの不用品回収費用 それでは、アート引越センターにリサイクル家電を回収してもらう場合、費用はいくらかかるのでしょうか。 家電リサイクル法の対象品を処分する場合、主に以下の費用がかかります。 リサイクル料金• 収集・運搬料金• 取り外し工賃(エアコンのみ) それぞれ家電の種類によって、金額は異なります。 家電ごとに処分費用の目安を詳しく見てみましょう。 エアコンの料金目安 費用項目 費用目安 取り外し工賃 4,000~6,000円程度 リサイクル料金 900円+税~ 収集・運搬料金 500~3,000円程度 エアコンは取り外しの工事が必要になるため、費用は少し高めになります。 アートの手数料を含めると、エアコン回収にかかる費用は「 5,000~12,000円程度」が目安になります。 テレビの料金目安 テレビの場合、画面サイズによってリサイクル料金が異なります。 費用項目 費用目安 リサイクル料金• 【15型以下】1,700円+税• 【16型以上】2,700円+税 収集・運搬料金 500~3,000円程度 アートの手数料を含めると、テレビの回収にかかる費用は「 4,000~8,000円程度」が目安になります。 冷蔵庫の料金目安 冷蔵庫の場合も、容量によってリサイクル料金が異なります。 費用項目 費用目安 リサイクル料金• 【170L以下】3,400円+税• 【171L以上】4,300円+税 収集・運搬料金 500~3,000円程度 冷蔵庫はリサイクル料金が少し高いです。 アートの手数料を含めると、冷蔵庫の回収にかかる費用は「 5,000~10,000円程度」が目安になります。 洗濯機の料金目安 洗濯機の場合、メーカーによってリサイクル料金が異なります。 費用項目 費用目安 リサイクル料金• 【国内主要メーカー】2,300円+税• 【海外メーカー】 2,900円程度 収集・運搬料金 1,000~3,000円程度 アートの手数料を含めると、洗濯機の回収にかかる費用は「 5,000~8,000円程度」が目安になります。 このように、家電1つを引き取ってもらうにも、数千円の費用がかかります。 ただ、手間を考えると、引越し業者にお願いするのが一番ラクです。 それに、家電リサイクル法の対象品は「粗大ゴミ」として捨てることができませんし、リサイクル料金がかかるので、処分費用が高くなるのは仕方のないことです。 しかし、リサイクル家電を処分するには他にも方法があります。 引越し業者に処分をお願いすると、費用はやや高くなってしまいます。 少しでも費用の節約をしたい人は、以下の記事で処分方法を検討してみましょう。 アート引越センターに不用品回収を依頼する前にリサイクルショップでの買取を検討しよう ただ、大前提として、「使えるものは売る」ことを考えるべきです。 アートでは引き取ってもらえない家具などでも、まだ使えるものであれば売れるかもしれません。 そうすれば、 数千円の処分費用を負担せずに、少しでも現金に換えることができます。 家具や家電の買取を行っているのは、主にリサイクルショップなどです。 リサイクルショップで買取りしてもらうときは、以下の手順で進めてください。 【不用品をリサイクルショップに売るときの手順】• 近くのリサイクルショップを検索する• 電話をして、買取可能か聞いてみる• 出張査定を依頼する• そのまま不用品を引き取ってもらう• 買取金額を受け取る 【不用品の買取り風景】 ただし、物によっては買値がつかないケースもあります。 ですから、あらかじめ電話で「買取可能か」を確認しておくと良いです。 また、お店によって査定基準も異なります。 ですから、候補となるお店をネットで何店舗かピックアップしておくことも重要です。 アートの場合、家具など粗大ゴミは引き取りしてもらえない ただし、リサイクルショップで売れるのは、「まだ使えるもの」「状態がある程度きれいなもの」が条件です。 ですから、必ずしも売れないことは理解しておきましょう。 また、アート引越センターに依頼するにしても、引き取ってもらえるのは「家電リサイクル法の対象品」のみです。 それでは、買値がつかない家具などは、どのように処分すれば良いのでしょうか。 家具などの粗大ゴミを処分するなら自治体に回収してもらうのが一番安上がり 最も確実なのは、粗大ゴミとして自治体に回収してもらう方法です。 この方法であれば、処分にかかる費用も一番安いです。 ただし、大きな家具などを収集してもらうには、事前に予約が必要になります。 収集日は月に1~2回程度しかないため、早めに申し込むことが肝心です。 依頼が遅れると、引越しまでに回収が間に合わないこともあるので注意してください。 粗大ゴミの処分方法については、以下の記事に詳しくまとめています。 リサイクルショップに売れず、処分に困っている場合は、ぜひ参考にしてください。 とくに サカイ引越センターは、他社に比べ、対応してくれる不用品の種類が多いです。 また、サカイ引越センターは、リサイクルショップも運営しています。 ですから、不用品の「買取り」と「処分」をいっしょに検討することができます。 引越しの準備は何かと忙しいですから、手間が省けるのは助かります。 詳しくは、以下の記事にまとめています。 ただ、不用品の回収においては、やや不便な面もあります。 ですから、引越しで不用品の処分をお願いした場合は、サカイ引越センターも候補に入れておいたほうが良いです。 不用品回収が安い引越し業者はどこ? ただし、不用品回収に対応してくれる引越し業者はあるものの、それにかかる費用はもちろん一律ではありません。 各社のホームページを見ても、処分費用については書かれていません。 つまり、処分費用がいくらか知るには、見積もりを取る必要があります。 しかし、当然ながら、「引越し費用」と「不用品の処分費用」は業者によって差が生じます。 ですから、 複数社から見積もりを取り、料金を比べることが非常に重要です。 ただ、すべての引越し業者が不用品の回収に対応してくれるわけではありません。 それでは、不用品回収に対応してくれる引越し業者をどのように見つければ良いでしょうか。 不用品回収の対応可能な引越し業者を簡単に見つける方法 その際に便利なのが「 引越し一括見積もり」です。 一括見積もりを申し込む際に、「不用品回収」を希望する条件に加えます。 そうすると、対応可能な業者がいくつか自動でピックアップされます。 ですから、わざわざ自分で探さなくても、 対応可能な業者がすぐに見つかります。 さらに、一括見積もりサービスは、各社の概算料金を一覧ですぐに確認することができます。 見積もりの予約もまとめてできるため、 比較して安い業者を探すのに便利です。 引越し一括見積もりは 無料のサービスです。 引越し業者を選ぶ際は、ぜひ活用してみてください。 アート引越センターの場合、基本的に不用品の引き取りは行っていませんが、家電リサイクル法の対象品であるエアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機であれば対応してもらえます。 ただし、その前に、リサイクルショップで売ることも検討してみてください。 買取ってもらえれば、処分費用を負担せずに現金化できます。 リサイクルショップでも売れず、アートでも引き取ってもらえないものは、粗大ゴミとして自治体に回収してもらうのもオススメです。 しかし、運搬や予約のことを考えると、必ずしも最適な方法とは言えません。 どうしても処分に困った場合は、やはり不用品回収に対応してくれる引越し業者にお願いするのが一番です。 ただし、業者によって料金に大きな差が生じるので、検討するときは必ず各社の見積もりを比較するようにしてください。

次の