布団 干し シート。 布団干し&人気の便利グッズおすすめ22選!干す頻度・時間の目安を知れば今日からぐっすり快眠に

ベランダでの布団の干し方は?汚れ防止対策はこうする!

布団 干し シート

除湿シートでカビの増殖を抑える 最大のカビ対策は、カビが生えないように布団の湿気を下げることです。 そのためには、除湿シートを敷いて体内から放出される水分を吸収するのがおすすめです。 布団は、毎日人間の汗を吸い込んでいます。 天日干しすることによって湿気を飛ばすことはできますが、雨の日や雪の日には無理ですよね。 そもそも、多忙な毎日の中で布団を干すヒマがない…という人も少なくないでしょう。 布団は重いので、干す作業も結構負担です。 そこで、 除湿シートによって布団が吸収する水分量を減らす方法は非常にお手軽です。 特に、 水分を吸収しないフローリング床に寝る人にとっても、 強力なカビ予防手段となることでしょう。 除湿シートの使い方 除湿シートの効果を最大化するために、大事なことが2つあります。 ・除湿シートを布団の下に敷くこと• ・定期的にお手入れすること この2点です。 除湿シートは、布団の上ではなく下に敷きます。 布団と床の間に除湿シートを設置することで、布団に吸いこまれた水分を受け止めるとともに、床が水分で結露することを防ぎます。 また、除湿シートは定期的にお手入れする必要があります。 布団の代わりに水分を吸い込んでいるわけですから、お手入れしないと吸湿力がだんだん失われていきます。 製品によりますが、水洗いできるものもあります。 水洗いできないとしても、天日干しないし陰干しすることで水分を飛ばし、性能を復活させられることが多いです。 薄いシートなので、持ち運びも布団よりはるかに楽ですよ。 除湿シートの選び方は?「一体型」もおすすめです! 一口に「除湿シート」と言ってもいろいろあるのですが、できれば 放湿性を持ったシートを選ぶのがよいでしょう。 除湿シートの商品仕様(素材)の説明を見てください。 安い除湿シートですと、「シリカゲル」という素材を利用した中国製のものが多いはずです。 シリカゲルは、スナック菓子の袋に入っている乾燥剤と同じもの。 吸湿性はありますが、放湿性が低いのでひんぱんに干さないとベチャベチャになってしまいます。 少し値段の張るものの方が吸湿性は高いですし、軽くてお手入れもしやすいです。 また、除湿シートを敷き布団の下に簡単に差し込める、も発売されています。 たとえば、 「トルマット」はわずか30mmの厚さの除湿シートをマットレスに差し込んで使用します。

次の

【楽天市場】【送料無料】布団干しシート 1枚入り 収納袋付き 外壁の汚れ、手すりの汚れから布団を守ります! 【送料無料・送料込】:雑貨ショップ cocoiro

布団 干し シート

どうもタニオです。 いきなりだけど、「 布団干しシート」ってご存知?でしょうか? 知らない人のために簡単に説明しましょう。 布団を干す時、 布団に手すりや外壁の汚れが移らないよう…下に敷くため用の保護シートのことです。 手すりや家の壁って絶対汚れまくってるので、直干しすると、布団が汚れてしまうこと必至! そこで、この布団干しシートの 出 番 ってなわけ。 今回は、それをセリアで見つけたので即GET也〜!ってなわけであります。 品名は、「 ベランダ用布団干しシート」。 すでに説明したように、「手すりや外壁の汚れから布団をしっかりガード」してくれる不織布のシートです。 素材ポリプロピレンの不識布で厚みはわりと薄々。 引っ張った感じはティッシュペーパー2枚を8つ折りしたくらい。 お世辞も丈夫とは言い難しですが、まあ100円だしこんなもんでわ?ってなところ、かとー。 ネズミ男のコスプレ製作中?と思いきや、広げてみた様子。 シングル布団なら「敷布団」「掛け布団」ともにOKですが、セミダブル以降のロングサイズの掛け布団は無理みたいです。 ってか、そんな大きな布団が買える家なら色々と大丈夫でしょ。 感想 「素材の薄さ」 が気にならなければ、お得感は間違いなく高いアイテムといえましょう。 ホムセンとか行くと、似たような布団干しシートがそこそこの値段で販売されてますからね。 ホムセンのが高いってわけじゃないけど、これは100円なのでちょっと比較にはなり得ません。 ちなみに、裏技じゃないですが、ブルーシートを下に敷く方法も全然アリっちゃアリです。 …が!ブルーシートは「布団が滑る」「下手すりゃシートごと落っこちる」ってデメリットがあるんで、お財布に優しい布団干しシートをお求めならば、とりまセリアにGOしてみましょう。 それでは! 以上 オマケ プチリフォームってゆーか、先日カラーボード6枚(ダイソーのやつ)を押入れ天井のベニヤ板下に敷きつめました。 なんで?なんとなく~。 ってわけじゃなく、今後の予定で、押入れの一部分を開放して作業用スペースにしたろうと思ってるので、前もってダサいベニヤ天井をカモフラージュしておいた次第。 次は、床をなんとかしようと思います。 最近のコメント• に より• に より• に カンナ より• に 礼司スタンス より• に 礼二スタンス より アーカイブ• 2 カテゴリー• 23 よく読まれる記事•

次の

布団干しシート(M)通販

布団 干し シート

アインメディアの「布団干し汚れ防止シート」は安価で便利! まずは、ベランダにお布団を干す際に汚れ防止になるアイテムをご紹介します。 ここでご紹介するアイテムは、アインメディアの「布団干し汚れ防止シート ブラウン」です。 こちらは、ポリプロピレン不織布素材のシートで、ベランダの手すりや柵にかけて使用することができます。 シングルサイズの敷布団や掛け布団から、ダブルサイズのお布団まで対応しています。 こちらのシートの最大の特徴は、固定ボタンが付いている点です。 ベランダの手すりにボタンで固定して取り付けることができ、風で飛ばされたりズレる心配がありません。 また、ベランダにかける際、ボタンの留める位置を変えることで、シートの内側の長さと外側の長さの割合を調整できます。 ベランダの外側にかける面積を長くすれば、お布団を効率良く日に当てることが可能になります。 さらに、不織布なので、通気性が良く清潔である点もおすすめしたいポイントです。 簡単にお布団の汚れを防止することができる「布団干し汚れ防止シートブラウン」は、およそ900円で購入が可能です。 「洗える布団干し袋」は鳥のフンなどの汚れも防止できる! 続いてご紹介する、お布団を干す際の汚れ防止になるグッズは、「洗える&出し入れ簡単 布団干し袋 2枚セット」です。 こちらは、袋の中にお布団を入れて干すことができるタイプで、ベランダの手すりや外壁の汚れだけでなく、鳥のフンなどの外からの汚れも防止することができる優れものです。 「袋の中にお布団を入れて干したら、乾きにくくなるのではないか?」と感じる方もいるかと思いますが、その心配はいりません。 こちらの布団干し袋は色が黒いので、太陽の熱を効率的に吸収することができるのです。 お布団をそのまま干すよりも効率良く、熱を吸収できるのでお布団がふっくらと仕上がります。 また、ファスナーが袋の中央に付いているためお布団の出し入れも簡単です。 使い方としては、お布団を3つに折って袋へ入れ、中で広げて干せば完了です。 さらに、こちらの布団干し袋は洗濯機で洗うこともできます。 ポリエステルタフタ生地で、洗って繰り返し使うことができ、お布団を清潔な状態で干すことが可能です。 そんな、使い方が簡単で、外からの汚れも防止できる「洗える&出し入れ簡単 布団干し袋 2枚セット」の価格は、およそ2,300円です。 タイベックの「布団干し袋」はワイドサイズで花粉予防効果も! タイベックの「汚れ防止シートにもなる花粉防止ふとん干し袋」は、300cmとワイドサイズで、2つの使用方法がある布団干し袋です。 布団干し袋のファスナーを全開にしベランダにかければ、お布団を手すりや外壁の汚れから守ることができます。 また、袋にお布団を入れファスナーを締めて干せば、花粉や砂埃などの付着を効果的に防止できます。 こちらの布団干し袋の素材には、防護服にも使われている極細繊維不織布のタイベックを採用しているので、花粉やPM2. 5などの、粒子が細かいアレルゲンもしっかり防止することができます。 アレルギー体質の方や赤ちゃんがいるご家庭におすすめで、厄介なアレルゲンを寝室に持ち込むことなく、清潔なお布団で眠ることができます。 さらに、物干し竿に使用する場合は、布団干し袋のファスナーを全開にして洗濯物全体の上にかけることもできます。 近所で工事をしている場合や鳥のフン害に悩む方にもおすすめしたい商品です。 また、汚れ防止の他に、目隠しとしての役割も果たします。 表面と裏面の色分けがはっきりしているので、悩まずに済む点も便利なポイントです。 そんなアレルギーの方に嬉しい「汚れ防止シートにもなる花粉防止ふとん干し袋」は、およそ3,200円で購入することができます。 「洗濯機で洗える布団干し袋」は汚れ防止と防虫効果がある 「洗濯機で洗える ふとん干し袋(シングル用 」は、ポリエステルタフタ生地を使用しており、洗濯機で洗うことができます。 こちらは、汚れ防止の効果だけでなく花粉や埃、鳥のフンなども防止することができる優れものです。 また、強い紫外線の影響によるお布団の色あせや色焼けも防止することができます。 高級な羽毛布団や婚礼祝い品などの大切なお布団を干す際に便利です。 さらに、嬉しいポイントとして防虫効果が挙げられます。 こちらの布団干し袋を使用して、お布団を干すことで太陽熱を効率良く吸収することができ、お布団の温度が上昇します。 ダニは、50度以上で死滅すると言われているので、布団干し袋なしで干す場合よりも防ダニ効果が上がります。 また、こちらの布団干し袋のファスナーは3方向に付いているので、大きく広げることができ、かさばるお布団も簡単に入れて干すことができます。 そんな、防ダニ効果がポイントで、使い方も簡単な「洗濯機で洗える ふとん干し袋(シングル用 」の価格は、2,500円程度です。 ちなみに、同じシリーズのまくら干し袋もあります。 「洗濯機で洗えるまくら干し袋」は、枕を2つ干すことができ、価格はおよそ1,300円です。 ブルーシートはお布団の汚れ防止グッズになる! これまで、布団干しの際の汚れ防止に便利なアイテムをご紹介してきましたが、ここではブルーシートを使ったお布団の汚れ防止策をご紹介します。 専用品には、使いやすさやサイズの点で劣りますが、意外と使えるアイテムなので参考にしてみてください。 ブルーシートは、お布団をベランダに干す際に便利です。 早速、活用法をご紹介します。 まず、ベランダの手すりにブルーシートをかけます。 このとき、お布団用の大きな洗濯ばさみでしっかりと留めるようにしましょう。 その上からお布団をかけて、洗濯ばさみで留めれば完了です。 ブルーシートはポリエステル素材でしっかりとしていて、防水効果もあるため、雨の日の翌日にお布団を干す際に便利、と言えます。 また、サイズが大きめのブルーシートを使用すれば、お布団を2枚一緒に干すこともできます。 さらに、紐を通す穴が空いているブルーシートを使えば、ベランダの手すりにかけた際に紐で固定することも可能です。 このように、ブルーシートは工夫次第でお布団の汚れ防止に役立ちます。 100均のビニールシートもお布団の汚れ防止に役立つ! 100円ショップで購入できるビニールシートやレジャーシートも布団干しの際の汚れ防止に役立ちます。 こちらは、低予算で手軽に取り入れることができるという点でおすすめです。 ブルーシートと同じように、ベランダにかけてその上からお布団を干すだけなので簡単です。 ブルーシートと比べて薄いので、しっかりと洗濯ばさみで留めるようにしましょう。 100円ショップのレジャーシートは大きなサイズのものがあるので、探して活用してみてください。 ブルーシートは、目立ってしまって抵抗感がある、という方にもおすすめです。 ちなみに100均には、「布団干しハサミ」もありますが、そちらも便利ですよ。 また、他にも洗濯やベランダ掃除に役立つアイテムがありますので、いろいろと見てみてください。 ベランダでの布団干しには汚れ防止シートを! これまでベランダでの布団干しに便利な汚れ防止シートや、汚れ防止に役立つアイテムについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか? お布団の汚れ防止シートや布団袋は、花粉やダニを防止する効果のあるタイプもありました。 また、専用品以外にもブルーシートや100円ショップで購入可能なビニールシートやレジャーシートも活用できるので、参考にしてみてください。

次の