振込 郵便局 時間。 郵便局の営業時間で振込は何時まで?ゆうちょATMでの振込なら何時まで?

郵便局の窓口!振込のイロハ教えます!

振込 郵便局 時間

2019年10月27日現在の都市銀行の振込手数料比較。 消費税込み。 自行は本支店宛て。 同一支店は含まず。 電信扱い。 他行宛ての振込手数料は、窓口の場合、振込金額3万円以上なら、どの銀行でも880円もかかります。 ネット振込の場合は、三菱UFJ銀行が3万円以上でも330円と他より安めの設定。 窓口振込よりもATM振込、同じATM振込でも現金よりキャッシュカードによる振込を安く設定している銀行が多いですね。 ATMでは現金による10万円超の振込はできません。 キャッシュカードによるATM振込とネット振込は、同額の銀行と、ネット振込のほうが安い銀行に分かれます。 銀行に行く手間やATMの利用時間の制約を考えると、ネット振込は便利で安いということになります。 優遇サービスで振込手数料がもっと安くなる 振込手数料は、各行が実施している優遇サービスを利用することで、もっと安くなるケースがあります。 優遇サービスの確認をお忘れなく。 上の表でマス目が青くなっている部分は、取引状況に応じて手数料が無料など割安になります。 各行の優遇サービスのおおまかな内容は以下の通りです。 みずほ銀行「みずほマイレージクラブ」 残高50万円以上などの条件を満たすと、ATM(カード利用)やネットでの自行や他行宛ての振込手数料が月1回無料に。 残高500万円以上などの条件を満たすと月4回まで無料に。 ネットまたはATMでの振込が対象です。 三菱UFJ銀行 「スーパー普通預金(メインバンクプラス)」 残高500万円以上または住宅ローン借入れで(完済後2年間まで対象)、他行宛てネット振込手数料が月3回まで無料になります。 三井住友銀行「SMBCポイントパック」 2018年4月よりサービス内容が改訂され、新ポイントは振込手数料の割引には使えなくなりました。 りそな銀行「りそなクラブ」 「りそなクラブ」に入会すると取引をポイントに換算し、ポイント数に応じてネット振込手数料が半額または無料になります。 さて、ネット銀行の振込手数料はどうなっているのでしょうか? 主なネット銀行の振込手数料比較 ネット銀行では、ネットでの他行宛て振込手数料が月数回無料になるところがあります。 2019年10月28日現在のネット銀行の振込手数料比較。 消費税込。 楽天銀行はハッピープログラムにエントリーし、口座で給与や年金を受け取ると他行宛て振込手数料が3回無料になる。 ソニー銀行はSony Bank WALLETを持っていれば月2回まで無料に。 楽天銀行は通常は表の手数料がかかりますが、給与や年金の受け取りがあれば月3回まで無料になります。 ちょっと変わっているのは大和ネクスト銀行です。 自分名義なら他行宛てでも振込手数料が無料、他人名義他行宛てでも月3回まで無料で振り込めます。 ネット銀行は、都市銀行に比べて他行宛て振込手数料が安い傾向にあります。 とはいえ、先に紹介した優遇サービスを使えば、都市銀行も負けてはいません。 優遇サービスに申し込むというひと手間で、手数料が安く済みます。 新生銀行はネット専業ではありませんが、ネットでの他行宛て振込手数料が割安なので、表に入れました。 月1回無料、さらに、取引状況に応じて月5回または10回まで他行宛て振込手数料が無料になります。 無料回数を超えた分は、取引状況により314円/210円/105円の手数料がかかります。 流通系の銀行は振込金額にかかわらず一律 流通系銀行といわれるイオン銀行とセブン銀行の振込手数料についても、紹介しておきましょう。

次の

郵便局の振込用紙は赤と青の2種類!?手数料などどう違うの?

振込 郵便局 時間

相手の口座が「ゆうちょ口座」の場合、通常払い込み、電信振替とも、ゆうちょキャッシュカード、現金で送金でき、記号・番号が間違ってなければ即時反映です。 土日、祝祭日の他銀行への振込は振込み予約扱い 平日時間外に、他銀行に振込みした場合、 振込予約扱いになり、反映されるのは翌営業日になります。 例えば2017年のゴールデンウィーク、4月28日 金 15時以降に他銀行に振込みした場合、反映されるのは5月1日 月 になるということです。 5月2日 火 15時以降に他銀行に振込みした場合、反映されるのは5月8日になってしまいます。 他銀行に振込みがある人は、ゴールデンウィーク前に済ませておきましょう。 ちなみに、ゆうちょダイレクトも、サービスは利用できますが、振込はできません。 ゆうちょATMの利用手数料 ゆうちょのキャッシュカードや通帳で、ゆうちょATMを利用する場合は、曜日・時間帯関係なく、手数料はかかりません。 通常払込み 払込取扱票で払う場合 、青い用紙の場合は所定の手数料が必要です。 電信振替は、月3回までは無料ですが、月4回目以降は一回に付き¥123円必要です。 提携金融機関のATMで、ゆうちょのキャッシュカードを使う場合は、手数料平日¥108円、平日以外¥216円必要です。 できるだけゆうちょATMを探しましょう。 *ゴールデンウィーク中の郵便局の業務全体は下の関連記事を参照してください。

次の

RKC 一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター

振込 郵便局 時間

貯金窓口• 保険窓口• 郵便窓口 です。 それぞれ別々の業務として考えてくださいね。 貯金と保険は一緒の窓口になっていることも多いです。 振り込みなどは貯金窓口の利用ですね。 郵便局 貯金窓口と保険窓口の時間 平日 9:00~16:00(一部 10:00~17:00 、9:00~18:00) 貯金も保険も16時までの郵便局がほとんどです。 郵便局が開いていても16時をすぎると窓口での振込などはできなくなります。 17時・18時までやってる窓口も数は少ないですがあります。 ただどうしても人が集まってしまうので待ち時間も長いです。 なので銀行でするようなこと(振込とか)は16時までと思っておくといいかと思います。 貯金と保険の窓口は土日祝日は営業してません。 郵便局 郵便窓口の時間 普通郵便物だけなら切手を貼ってポストに投函でもOKです。 でも簡易書留のオプションをつけたり、内容証明など重要な書類を贈る場合はどうしても窓口に行く必要がありますよね。 この郵便窓口は郵便局によって営業時間が違います。 郵便局は中央郵便局などの郵便物が集まる大きなところと、町の小さな郵便局があります。 大きい郵便局 9:00~19:00 小さめの郵便局 9:00~17:00(一部 10:00~18:00) 基本的には17時までで、大きい郵便局は遅くまでやってるということになります。 郵便物を出したり受け取ったりするのは郵便局が開いていれば可能です。 この営業時間内でなくても、大きい郵便局の郵便窓口に限っては時間外の「ゆうゆう窓口」というものがあります。 ゆうゆう窓口の時間 時間外の郵便窓口である「ゆうゆう窓口」は郵便局によって営業時間が違います。 20時までだったり、都市の中央郵便局は24時間営業で深夜もやっていたり、さまざまです。 ちなみに朝は8時から開く窓口も多いですよ。 やってるかやってないか微妙な時間に行くのであれば、行く予定の郵便局の営業時間を調べてからの方がいいかと思います。 スポンサーリンク 郵便局 土日の営業時間について 基本的に郵便局は平日のみの営業ですが土日休日もやっている大型郵便局もあります。 でも貯金と保険の窓口は完全に平日のみの営業なので、全ての郵便局において土日・祝日など休日はやっていません。 開いていても郵便窓口(もしくはゆうゆう窓口)です。 土日・祝日に郵便窓口が開いているのは大型の郵便局や、都心・繁華街にある郵便局です。 ただし内容証明は一部の郵便局では平日しか取り扱いが出来ないようです。 あらかじめ郵便局に確認しておく方がいいですね。 郵便局の営業時間 土曜日 9:00~15:00(一部 9:00~17:00、10:00~18:00など) ゆうゆう窓口については24時間営業もあれば8時から営業している郵便局もあります。 郵便局の窓口 日曜日 日曜日は郵便窓口もゆうゆう窓口も営業時間がバラバラです。 午前中で終わりの場所があるので注意しましょう。 郵便局は祝日休み? 郵便局は祝日は日曜日と同じ扱いになります。 つまり大型郵便局や繁華街ならやっているところは多く、町の小さめの郵便局はお休みです。 その他には集配している郵便局ならゆうゆう窓口がやっていることが多いです。 保険や貯金の窓口はやってませんがATMならやっていることが多いですよ。 スポンサーリンク 郵便局の窓口は何時から何時まで?のまとめ 貯金と保険の窓口は土日祝日はやってません。 でもATMで可能なことであれば窓口を待たなくても良いかもしれません。 払込や返済などはATMでも出来る場合がありますよ。 郵便窓口については大型郵便局を探せば、ゆうゆう窓口があったり24時間営業してたりします。 ゆうパックであればローソン、ミニストップ、セイコーマートのコンビニ(一部店舗を除く)で取扱いしているので大型郵便局を探さなくても差し出せます。 平日の昼以外にもできることはあるので、まずは行きやすい郵便局の時間をチェックしてみてくださいね。 ゆうゆう窓口がある郵便局を調べることもできますよ。

次の