アズール レーン アニメ。 【感想】アニメ「アズールレーン」第1話を忖度なしでレビューしてみた!

アズールレーン : 一般アニメエロシーンまとめ (Anime Ecchi Fanservice Aggregator)

アズール レーン アニメ

アズールレーン あらすじ 物語の舞台は、我々の知らない、地表の71%が水で覆われた青き星。 異世界より突如現れた、異形の敵「セイレーン」。 圧倒的な力を有する外敵に対抗するべく、人類は4大陣営を中心に世界的な連合組織「アズールレーン」を結成した。 自由を敬う「ユニオン」。 栄光を重んじる「ロイヤル」。 結束を讃える「鉄血」。 羈絆を尊ぶ「重桜」。 そんな人々の英知を結集した「キューブ」を用いて誕生されたのは、鋼鉄の艨艟(もうどう)たちの力を有する少女たち。 そんな「レッドアクシズ」の動向を監視するため、「アズールレーン」は大洋の中で新たな基地を新設し戦力を集結。 状況は一触即発。 少女たちの運命はまだ誰も知らない…… アズールレーン 声優• エンタープライズ:• ラフィー:• クリーブランド:• ヴェスタル:• ベイリー:• サンディエゴ:• ノーザンプトン:• ホーネット:• ヘレナ:• ロング・アイランド:• アリゾナ:• ヨークタウン:• サラトガ:• グリッドレイ:• オクラホマ:• モントピリア:• デンバー:• ラングレー:• ヒューストン:• ポートランド:• エルドリッジ:• ボーグ:• スペンス:• サッチャー:• チャールズ・オースバーン:• ベルファスト:• ジャベリン:• ユニコーン:• イラストリアス:• プリンス・オブ・ウェールズ:• ノーフォーク:• グローウォーム:• シグニット:• フッド:• シェフィールド:• エディンバラ:• サフォーク:• レナウン:• アマゾン:• ロンドン:• ケント:• 赤城:• 綾波:• 古鷹:• 時雨:• 夕立:• 蒼龍:• 飛龍:• 長門:• 扶桑:• 不知火:• 睦月:• 卯月:• 文月:• 伊勢:• 日向:• 吹雪:• 陽炎:• 長良:• 天城:• 初春:• 夕暮:• Z23 ニーミ :• プリンツ・オイゲン:• ケルン:• アドミラル・ヒッパー:• 寧海: アニメ広場 以下当サイト は各動画共有サイトにあるアニメ情報をまとめたリンク集サイトです。 運営者は動画の違法アップロード、またはそれの推奨・援助を含め著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。 動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問に関しまては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 なお、当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがあっても、当サイト運営者に責任は及ばないものとします。 リンク切れや紹介記事に不適切な箇所がございましたら、お手数ですがコメント、またはからお知らせいただけますと幸いです。 All Rights reserved.

次の

【感想】アニメ「アズールレーン」第1話を忖度なしでレビューしてみた!

アズール レーン アニメ

しかし、戦いはいつの世も変わることはない。 かつて人類が海の覇権を争ったのと同じように、 理念の違いから「アズールレーン」と「レッドアクシズ」は対立。 ,Ltd. ,/Yongshi Co. ,Ltd. 「アズールレーン」 監督:天衝 シリーズ構成:鋼屋ジン キャラクターデザイン・総作画監督:野中正幸 音楽プロデューサー:木皿陽平 アニメーション制作:バイブリーアニメーションスタジオ C Manjuu Co. ,Ltd. , Yongshi Co. ,Ltd. /アニメ「アズールレーン」製作委員会.

次の

【感想】アニメ「アズールレーン」第1話を忖度なしでレビューしてみた!

アズール レーン アニメ

TVアニメ『アズールレーン』公式サイトより 現在放送中のTVアニメ『アズールレーン』(TOKYO MXほか/以下、アズレン)の作画をめぐり、あるアニメーターの発言が炎上騒動を巻き起こしている。 事の発端となったのは、同作で一部の原画を担当したアニメーター・温泉中也氏のニコ生配信中での発言だ。 配信の中で温泉氏は、「『アズレン』で一番何を試したか。 実は、どこまで手を抜いたら成立するかやってたんだよ」と発言。 温泉のこの発言の裏には、彼が他の仕事も受けていたことも関係するという。 その場合は他のスタジオや作品の仕事を一切できないこととなりますが、彼はその形はとらず、プロデューサーに話を通した上で『アズレン』に参加していたようです。 『メインの仕事終わってから家に帰ってきて、夜寝る間を惜しんで全力でやった』と、限られた時間の中で効率的に作業を行ったそうです。 配信の中では、『アズレーンなんて誰が見てんだよって思いながら、どうせ来期には誰も覚えてないだろ、こんなシーンって思いながら描いてた』と当時を振り返っていました。 騒動を受けて同アニメの監督である天衝氏はTwitterで謝罪し、温泉氏もTumblrに謝罪文を掲載したが、あまりに砕けた文章だったため、さらなる火に油を注ぐことに。 その後謝罪文は削除され、温泉氏は再度、Twitterで謝罪している。 ファン軽視の暴言の点を省いて擁護する意見を見ますが問題の本質はファンを不当に軽視する発言です。 作品に対する評価、批評なら個人の意見として尊重すべきでしょうが、今回のは卑しい暴言でした。 強く反省して改めます。 待遇やそれに伴う技術的なアプローチに関しては時間をかけて周知していきます。 ネット上では、「自分が関係者であるアズレン、FGOをまさかの放送期間中にこき下すのは正気じゃない」「技術あるんだろうけどモラルがなさすぎ」「今後も『意図的に手抜きしているのでは?』と勘ぐってしまう」「もう素直に楽しめない」「二度と関わってほしくない」などなど、怒りの声が続出している。 それでも、ファンが目にするであろう場で、わざわざその作品を侮辱するような発言をしたのは、あまりにも配慮に欠ける行為だろう。 愚行の代償はあまりにも大きい。

次の