あざとい女の特徴。 あざとい女の特徴・男心のツボを知っている

あざとい女は、やっぱりモテる!あざとい女の性格・行動・会話術を徹底調査

あざとい女の特徴

ゆっくりと歩いてみる 男性と女性では歩幅と脚の筋肉が全く違うので、歩く速さが全然違います。 特にヒールを履いている女性は、早歩きしたくてもできないものですよね。 そのため、「男性に面倒に思われてるんじゃ…」と心配になっている女性も多いと思いますが、むしろ男性は、ゆっくりと歩く女性に女の子らしさを感じてしまうのです。 あざとい女性は「歩くの疲れた~。 」と撫で越えで甘え、さらに男ウケを狙いにかかります。 また、男性は、女性の歩く速さになかなか気づくことができないので モテる「あざとい」女性は優しさチェックも出来る• 疲れてない• 歩くの早いと思ったら言ってね などと気づかってくれることもあります。 そのため、同時に男性の優しさもチェックすることができますよ!女性に気を使えない男にはあざとくしなくても良いかも知れません。 行ける!と思ったら疲れていても全然大丈夫と「あざとく」疲れをさり気なくアピールする事も上手に行います。 ぽっぺを膨らませてぶりっ子アピール! あざとく、そしてぶりっ子と思わせる王道とも言える特徴が、ほっぺをプクッと膨らませることです。 子供っぽいところがよりあざといですが、意地悪なことを言ってくる男性や、少し上から目線になってしまう兄貴肌な男性には、非常に効果がありますね。 恥ずかしがらずにあざとくほっぺをプックリ 学生世代ならすんなり実行できるでしょうが、20歳以上の女性ですと、恥ずかしくてできないものかもしれません。 しかし、大人の女性や色気がある女性がほっぺをプックリとさせると、ギャップ萌えで男ウケすることができます。 「もう大人になったしぶりっ子はちょっと…」という大人な女性も、あえてギャップ萌えをドンドン狙っていきましょう! あざとい女子は誉めるのが得意 男性の細かい部分を誉めるのが得意な女性は、あざといと思われつつも男ウケがいいですね。 本当は全く好みではない男性に対しても モテる「あざとい」女性はとにかく褒める• 物知りですよね• 体のラインが好み• 眉毛が素敵 など、適当なワードを拾って積極的に褒めることで、男性をその気にさせるのです。 嘘が苦手な女性には難しい特徴ですが、上手に異性を誉める能力は、仕事の職種によっては大いに生かすことができます。 そのため、社会勉強の一環として、男ウケを狙える嘘の特訓をしてみてはいかがでしょう。 近づいたりボディタッチで男ウケ! 男性と普通に話している時などに、少し近くに寄ってみてください。 男性は、女性との距離感を敏感なほど意識しているものですので、髪の毛が触れただけでもドキッとしてしまいます。 ピュアに「あざとく」ボディタッチが基本 また、軽いボディタッチも有効です。 手で腕や太ももに触ってみたり、笑いながら体に触るだけで、男性は簡単に勘違いします。 ただし、やりすぎなほど大胆なボディタッチには注意です。 男性が急に肉食系男子になったり、ピュアな男性のハートを傷つけてしまう可能性も。 好きなのか勘違いかどっちだろう、と相手に思わせる程度のボディタッチにするのがオススメです。 ナチュラルメイクで清楚なファッション 近年、バッチリ目のナチュラルメイクに、黒髪パッツンのヘアスタイルの女性が増加しましたよね。 女性アイドルのようなルックスに仕上げているため 男ウケが良く同性からは「あざとい見た目」 と冷ややかな目で見られやすいです。 ファッションも、露出控えめで白や黒、そしてピンクなどのかわいいカラーのスカートを履いて、清楚な自分を演出しています。 見え見えなくらいあざとい女性に思われる恐れもありますが、男ウケは抜群ですので、気分転換にイメチェンしてみてもいいかもしれません。 甘えた声も効果抜群 自分でもあざとすぎると思うほど、甘えた声で男性に迫ってみましょう。 男性はかわいい声の女性が大好きですので、ボディタッチも含めれば、大体の男性をその気にさせることが簡単にできます。 男ウケは「あざとく」甘え声! 中には、「甘えた声がどういう声なのかわからない!」という女性もいるでしょう。 芸能人ですと、ママタレントとして活躍中の小倉優子さんの声質は、男ウケしやすい甘えた声ですね。 他にも、同じくママタレントの辻希美さんも、甘えた声に加え、少々子供っぽい声質ですね。 彼女たちの声質をマネするように声を出してみると、自分でも驚いてしまうような甘えた声質が出るかもしれませんよ! あざとさを身に着けてモテ女になろう! 本記事を見て、あざとい女性もモテるために努力しているということに気づいた人もいるでしょう。 あざとい女性は、一見、男性の気持ちをもてあそんでいる適当な性格だと思われがちです。 しかし、どうすれば男ウケするのかしっかりと分析し、男性心理を読み解く術も手に入れているので、あざとさを身に着けることは楽なことではありません。 男性も同じですが、女性も努力なしでは、男性を振り向かせることはできないのです。 周囲の女性に悪女だと思われてしまうリスクはありますが、あざとい自分になって、男ウケをガッツリ狙いに向かいましょう!.

次の

あざとい男の特徴9つ

あざとい女の特徴

あざといの意味 「あざとい」という意味を国語辞典で調べてみると、 1. やり方があくどい。 ずうずうしく抜け目がない。 小利口である。 思慮が浅い。 あさはかだ。 現在どちらかというと1. の意味の方が優勢かもしれませんね。 とてもネガティブな意味で使われます。 なぜそう思われてしまうのでしょうか? それは、あざとい女が基本的な立ち位置として、自分の事を最優先に考える利己的な立ち振る舞いだからです。 そのため、見ているこちら側はカチンと来るわけです。 あざとい女の特徴 あざとい女の特徴にせまってみましょう。 とくにその言動には「あざといなあ・・」と思わせる行動や立ち振る舞いがたくさんあります。 一つ一つ見て行きましょう。 計算高い あざとい女は、計算高い特徴があります。 常に自分の立場が優勢になるように、有利に働くように計算しています。 ただ、頭で本当に計算しているわけではありません。 どちらかというと、ちょっとした時に無意識に出てしまう行動なのです。 ですので、周りからは「計算高い・・」「あざとい・・」と思われていても、あざとい女は気づいていない事が多いのです。 自分のことを可愛いと思っている あざとい女は、自分の事を可愛いと考えており、それを最大限に生かそうとます。 そのため、立ち振る舞いやしぐさに「自分ってかわいいでしょ?」アピールが半端ないのです。 しかし、逆な言い方をすると、あざとい女は自分の持っているリソース(素質や才能)を最大限生かそうと努力している人、という言い方もできます。 そのため自分磨き(化粧、美容など)もしっかりしています。 八方美人 あざとい女は、八方美人です。 色々な人間関係において必要以上に「いい顔」をするという特徴があるのです。 ただ「八方美人」と周りに思われる、という事はそうでない陰の部分が透けてみえるという事です。 あざとい女は、陰でボロクソに相手をけなしている、本心は全然違う、という事が周りにバレてしまっているのです。 男性の前で態度が変わる あざとい女は、男性に対して必要以上に「女性らしさ」を演出するので、同性に対しての態度とガラリと変わる場合があります。 こうした特徴は、同性つまり女子からは、とても嫌われ「あいつ、あざといなあ・・」と言われてしまいます。 スポンサーリンク 自分の魅力を活かそうとする あざとい女は自分の魅力を最大限生かそうとします。 そのため、服装や化粧などにはとても敏感でしっかりメークの場合も多いのが特徴です。 また、あざとい女の服装は、女性らしさを男性にアピールするような大胆な肌の露出などが多い事があります。 目的を達成するためには手段を選ばない あざとい女は、自己最優先で、手段を選ばない傾向があります。 つまり周りの空気を読まない、という事です。 こうした自分勝手で利己的な立ち振る舞いは、あざとい女の大きな特徴でもあります。 周りの女子からみれば「そんなの興味あったっけ?」という感じで見えるので、あざとい女というレッテルが貼られてしまいます。 天然ぶる あざとい女は天然ぶるのが得意です。 相手を怒らせない程度の、失敗やボケをかまします。 ただそれを特定の好きな男性の前だけでやるので、その目的はあからさまです。 男性は、しっかりした女性よりも、天然の方がかわいいと感じる特徴があるので、コロッといってしまう場合があります。 あざとい女は無意識にそれを狙っています。 人の話を聞ける あざとい女は、本心はともかく、相手に合わせる事ができますので、人の話を聞く事ができます。 ただ、その特徴として本心ではないので、共感や受容とは程遠い状況になります。 あざとい女の本心は、利己的で打算的なのです。 スポンサーリンク ボディタッチが多い あざとい女は、男性に対するボディタッチが多いのが特徴です。 ちょっとした機会に、肩を叩いたり、手を触ったり、軽いボディタッチを繰り返します。 こうした行動は、男性の気を引きたい、たくさんの男性をホールド(保つ)したい、という本心が透けて見えます。 同性の女子から見ると、とても「あざとい女」にみえますね。 思惑が見える あざとい女はその思惑が透けて見える事があります。 その思惑は、他人の事を考えておらず、利己的で自分勝手な自己愛である事が特徴です。 そうした利己的な思惑が見える時、周りの人達は、あいつはあざとい女だ、と認識するわけです。 イケメンの近くに座る あざとい女は、飲み会などでイケメンの近くに座ります。 そうして、過度に甘えてみたり、ボディタッチを繰り返すので、周りの人からは「あざとい女」と思われてしまいます。 こうした態度は、もちろん同性の女子からも嫌われますが、男性からも嫌われる場合があります。 「酔ってきた」と言う あざとい女は、飲み会などで「酔ってきた~」などのアピールをする事があります。 これは、男性に隙を見せる事で、男性の保護欲や性欲(あわよくばお持ち帰りみたいな妄想)を助長させているのです。 そうする事で多くの男性の気を引きたい、というあざとい女の思惑が透けて見えているのです。 スポンサーリンク いい子キャラを演じる あざとい女は、いいタイミングで、かいがいしく働いたり、面倒見のよい所を見せたり、いわゆる「いい子キャラ」を演じる特徴があります。 普段そんな事をしないのに、好きな男性や上司の前でのみ行うので「あざとい女」の本心や目的が透けて見えてしまうのです。 自分のことを卑下して「そんなことないよ」と言ってもらいたい あざとい女は、自分を低く見せたり、弱気な部分を見せたりする場合があります。 これは、「そんな事ないよ」と言ってもらいたいための利己的な行動です。 保護欲の強い男性は「そんな事ないよ」を連発するので、あざとい女と保護欲の強い男性の組み合わせは、時に滑稽でくだらない三文芝居のように見える事があります。 いざとなったら友達を出し抜く あざとい女は、いざとなったら友達を出し抜きます。 つまり自己優先で、他人の事など考えていないわけです。 「あんな男に興味ない」と言いつつ、友達が知らないところでその男とデートをしていた、なんて事があります。 子供や動物に「可愛い」と連発する あざとい女は、子供や動物に「可愛い」を連発する特徴があります。 これは、男性に対するアピールの一種で、自分はこうした母性的で愛情に満ちた女性ですよ、とアピールしているわけです。 こうしたあざとい女のテクニックに男性はコロッと行ってしまう場合があります。 あざとい女の外見 あざとい女は、外見にも特徴があります。 基本的には、男性ウケする「かわいらしさ」「女性らしさ」を演出する外見になります。 また、本当の美人さんは意外にシンプルで地味な服装の場合も多いのですが、あざとい女は基本派手でしっかりメークです。 露出が多い・ボディラインを強調する服装 あざとい女は、肌の露出が多く、ボディライン(胸、腰、脚など)を強調する服装を好む特徴があります。 もちろん、目的は多く(特定)の男性の気を引きたいという事です。 あざとい女のこうした服装は、目的が透けて見えるので、周りからはあざとく見えてしまうのです。 フリルなど女の子らしい服装 あざとい女は、女性らしさを男性にアピールするので、フリルやリボンなどの付いた服装を好む傾向があります。 色合いもピンクやパステル色などの「かわいらしさ」を演出する特徴があります。 こうした男性受けする服装は、えてして同性の女子にはウケが悪い場合があります。 男ウケを狙ったメイク あざとい女は、男ウケを狙ったメイクをします。 基本的には「かわいい系」のナチュラルなファンデーション、アイシャドウ、リップが使われます。 ただ、あざとい女はナチュラル系なのですが、しっかりメークなので、同性の女子から見れば何を狙っているか一目瞭然なのです。 スポンサーリンク あざとい女の髪形 あざとい女は、基本的にはセミロングからロングの髪型を好みます。 女性らしさを演出するためには髪型はかかせないアイテムだからです。 ある程度髪が長ければ、目的の男性の好みに合わせて、カラーやパーマで違う自分を演出できます。 あざとい女は、自分の目的に合わせて髪型を変える事ができます。 あざとい女のLINE あざとい女はLINEにも特徴があります。 その特徴を見ていきましょう。 思わせぶりな内容のLINE あざとい女は、気を引きたいがために思わせぶりなLINEを送る特徴があります。 「今日はとてもブルーな気分なの」「何で自分はこうなったしまったのか、ふと考える」などなど。 これは、相手に「大丈夫?何か悩みがあるの?」と聞いてもらいたいための行動なのです。 あざとい女は、こうした思わせぶりな態度で相手を振り回すのです。 褒めるLINEをする あざとい女は、相手を褒めるLINEを送る場合があります。 「本当にすごい!なんでそんな事できるの?」みたいな感じです。 これは、相手を称賛する事で、自分に信頼感を持ってもらい、好意を抱いてもらいたい、という裏の真の目的が隠れています。 あざとい女は、褒められて少なくとも悪い気分になる人はいない、という事を知っています。 スポンサーリンク ハートの絵文字を使う あざとい女は、女子らしさ、かわいらしさの演出として、絵文字やハートなどを多用します。 男性に対して「かわいらしさ」を演出する事で気を引きたいのです。 逆にあざとい女は、同性の友達に対してのLINEは粗雑でつっけんどんな場合があるので、そのギャップに驚く場合があります。 返事をすぐに返さない あざとい女は、わざと返事が遅れたふりをする場合があります。 要はじらす事で、相手の気を引いたり、心配させたりして自分が優位に立ちたいという心理の現れです。 あざとい女は、「既読」になっているのに、「ごめん~読んでなかった。 」という嘘っぽい言い訳をする場合があります。 あざとい女の飲み会での行動 あざとい女の特徴は、特に飲み会や合コンの席で顕著に現れます。 下手をすると、キャバクラのお姉さんのように見える事もあります。 一緒に見て行きましょう。 空きのグラスに気を配る あざとい女は、飲み会の最初の頃は、なんだかんだで周りに気を使っています。 これは、周りに対して(特に男性)自分は気が利く女子なのだ、という事のアピールでもあります。 あざとい女の本性は、飲み会も後半になると現れてきます。 (下記参照) 料理を取り分ける あざとい女は、積極的に料理を取り分けたりもします。 これも、男性に対するアピールで、家庭的な部分や女性らしさ、かわいらしさのアピールでもあります。 あざとい女は、飲み会の前半部では、自己愛を隠して、利他愛に満ちたいい人を演じる場合があります。 かっこいい男性の近くに座る 飲み会も後半になると、あざとい女はちゃっかり目的の男性の隣に座っています。 そして、いかにも親しげに男性を褒めたり、持ち上げたりして、男性をいい気分にさせます。 もちろん、その本心は、いい男をゲットしたいという自己愛に満ちています。 あざとい女は、後半は打って変わって身勝手さが目立ち、周りへの気配りや気遣いが皆無となる特徴があります。 ボディタッチが多い 飲み会も後半になると、あざとい女は目的の男性にボディタッチを始めます。 ちょっと肩を叩いたり、触ったりからエスカレートすると、体をくっつけたり、しだれかかったりして男性の気を引こうと画策します。 はたから見ると、あざとい女は、どうみてもキャバクラのお姉さんにしか見えない場合があります。 あざとい女はモテる? あざとい女は男性にモテるのでしょうか? 残念な事に、男性はこの手の押しに弱くコロッと行ってしまう場合が多いのです。 どうして男性はあざとい女に弱いのでしょうか?その理由を解説してゆきます。 男性はあざとい女のテクニックに弱い 男はプライドの生き物みたいなところがあります。 ですので、誰かに頼られたり、女性が弱い部分を見せると保護したくなります。 あざとい女はこうしたテクニックを駆使していますので、ついつい自分が守ってやらなきゃ、という心理に陥ってしまいます。 こうなると、あざとい女の手の中で踊っているようなものです。 男性は、かよわい女子を守っているようで、実はあざとい女の方がしたたかでよほど精神的にはタフである、といえるでしょう。 あざとさが見えても嫌な気持ちにはならない あざとい女と付き合うと、他の場面で「あざとさ」を出している場面に遭遇する場合があります。 例えば、自分とは別の男性に「かわいい」アピールをしているような場合です。 このような場合でも男性側が愛想を尽かさないのは、「自分だけは特別な存在だ」と勘違いしているからです。 あざとい女は、「あなただけは特別よ」という有形・無形のシグナルを発しては相手を捕まえて離さない才能・特徴も持ち合わせているのです。 素直に見えてモテる 男性でも、好きな相手に告白するのは勇気がいります。 そういった意味では、あざとい女は素直に自分に対して「好き」という感情・そぶりを出してくれるので、男性としてもとても楽なのです。 そのため、結果的には、とても男性にはモテます。 ただ、男性側は、あざとい女にはそういった行動を取る相手が何人もいるのだ、という事に気づいていません。 あざとい女のテクニック ここでは、あざとい女の様々なテクニックを見てみましょう。 こんな事やっている人を一度は見た事があるのではないでしょうか? 上目遣いをする あざとい女は上目遣いをする特徴があります。 これは、女子の方が下から上を見上げて甘えるので、ちょうど子供が甘えているのを見るような感覚になるのです。 そのため、男性は「かわいい」「守ってあげたい」という気持ちになります。 また、男性よりも立場が下、という立ち位置にもなりますので、男性としては優越感を感じられ、あざとい女にコロッと落ちてしまいます。 顔や体を近づいて話す あざとい女は、顔や体を近づけて話をする特徴があります。 男性としては、顔を近づけられるとドキッとしてしまいます。 また、ボディタッチなども併用して使われますので、さらに効果的です。 あざとい女は、こうしたパーソナルスペース(自分と相手との距離感:信頼関係が高いほど近づく)をうまく利用して男性に近づきます。 気配り上手なのをアピールする あざとい女は、周りに気配り上手な事をアピールします。 例えば、飲み会の席で大皿の料理を小皿に取り分けるなどして、気配り上手をアピールします。 また、会議などで積極的に資料の配布などを手伝い、気配りの良さをアピールします。 ただ、こうしたアピールは、そのターゲットとなる人(多くは男性)がいる場合だけで、それ以外だと、とたんに自己中になります。 あざとい女は、その場所その場所で態度が全然違うのです。 これは、自分の積極性やポジティブさを前面に押し出しているというアピールでもあります。 つまり、意中の人に「へえ~そんな事始めたの、すごいねー」と言ってもらいたいわけです。 逆な言い方をすると、あざとい女は、誰にも言わず黙々と何かを進める事が苦手な特徴があります。 オーバーリアクションをする あざとい女は、オーバーリアクションで相手にアピールをする傾向があります。 例えば、ちょっとけがしただけなのに、オーバーに痛がってみたり、極度に甘えてみたり、そして突き放してみたりと、感情がコロコロ変化します。 あざとい女に特徴的なのが、こうしたオーバーリアクションはすべて他人の目を意識して行われている事です。 つまり、他人に依存しているのであり、確固たる自分を持っていない、という言い方もできます。 ギャップを演出する あざとい女は、性格のギャップをうまく演出する場合があります。 例えば、いつもは冷たく冷淡に付き合うふりをして、ある時少し甘えてみたり、という感じで相手の反応をみます。 男性はこうしたギャップに弱く、少し女性的に甘えてくると、普段とのギャップで「こいつ、俺に気があるんじゃないか・・」と勘違いしてしまうのです。 あざとい女はこうしたギャップの演出に長けています。 家事・家族が好きとアピールする あざとい女は、家事や家族が好きといって、家庭的な女子力をアピールする特徴があります。 男女共働きが普通になって久しいですが、男性の中にはやっぱり女性には家事をしてもらい、自分をサポートして欲しい、帰ってきたら笑顔で「おかえり」と言ってほしい、という願望を持っている人も多いのです。 ですので、そうした願望のある男性にとっては、家庭的である、家事が好き、というあざとい女のアピールはとても響くのです。 男性に嫌われるあざとい女の特徴 これまで見てきたように、あざとい女の行動原理の多くは、意中の男性へのアピールです。 ただ、それが裏目に出て反対に嫌われてしまう場合があります。 それはどういった時なのでしょうか?一緒に見て行きましょう。 本性があざとい女 本性があざとい女は嫌われます。 「本性があざとい」というのは相手の事を考えているようで、実は自分の事しか考えていないという事が男性にバレてしまった、という事です。 誰でも自分は大事です。 多かれ少なかれ誰でもそんな自己中心的な考え方を持っています。 ただ、男性に「本性があざとい女」と思われてしまったというのは、「こいつは、俺ではなく自分がかわいいだけだな・・」と感じられ、一気に冷めてしまったという事です。 あざとい女を気取る あざとい女を気取っている女子も男性から嫌われます。 「気取っている」というのは振りをしているだけですので、本心は逆に真面目だったり、弱い自分を隠そうとしている場合が多いのです。 本当にあざとい女は、逆にある意味ふっきれているので、すがすがしく感じられる場合もあります。 あざとい女を気取っている場合、そうしたストレートさや素直さは感じられないので男性から反感だけを買う事になります。 偉い人・権威がある人に取り入る あざとい女が、年上の偉い人、権威のある人にも同じような行為をする場合がありますが、こうした事をすると一気に(同年代の)男性陣から嫌われます。 これは、つまり「自分だけが特別だと思っていた」という優位感情が傷つけられ「誰にでもああゆう事するのね・・」と一気に冷めてしまうからです。 利己的で思いやりがない あざとい女もあまりにも利己的で思いやりがないと、男性から嫌われてしまいます。 多かれ少なかれ誰でも自分はかわいいものです。 あざとい女もそうした意味で受け入れられているのですが、あまりにも利己的で他人への思いやりが皆無である、他人の気持ちが考えられない、という事であると、さすがに人間としての常識が疑われます。 人間として成っていなければ、どんなに可愛くても、女性的であっても、受け入れられないのです。 あざとい女は同性ウケが悪い? あざとい女は同性へのウケは悪いのでしょうか?「はい」「いいえ」で答えるとするならば「はい、ウケは悪いです」となります。 理由は簡単で、行動原理が男性向けなので、当然ですよね。 つまり男性に媚びているように見えるわけです。 また、本当は自分もあのぐらい大胆に(意中の男性に向け)アピールしたい、という願望もあるので、嫉妬ややっかみみたいな部分もあります。 ただ、大事なのは使い分けです。 誰でも意中の男性には近づきたいと思っているわけですし、周りの女子たちとの関係がどうでもよいものであれば、遠慮はいりません。 大切な同性友達や仲間の前ではひかえるようにしてはいかがでしょうか? まとめ あざとい女は嫌われる事も多いですが(特に同性に)、自分の欲求に素直である、男性の弱い部分を良く知っている、という意味では参考にしてもよいかもしれません。 「そこまであざとくできないわー」と考えている人も、好きな男性はいる事でしょうし、すこし日常生活のスパイスとして活用してみるのも良いかもしれませんよ。 【関連記事】.

次の

あざとい女の15個の特徴

あざとい女の特徴

男性が「あざとい」と思う女性の特徴19パターン さりげなく上目遣いしてみたり、男性の服の袖をちょんと引っ張ったり。 こんな女性が身近にいたら思わず好きになってしまいそうですよね。 男性を翻弄するような恋愛上手な「あざと可愛い」女性。 ドキッとしてしまいますが、実際恋愛に繋がるの? 今回は巷で話題の「あざとい女性」について、男性のみなさんにぶっちゃけてもらいました! Q. あざとい女性は好き? 好き 16% どちらかといえば好き 24% どちらかといえば苦手 27% 苦手 33% 苦手だと感じる男性が6割でした。 わざとらしかったり、やり過ぎたあざとさに「うっ……」と引いてしまうのですかね。 ではどんな女性を「あざとい」と思うのでしょうか? Q. あざとい女性はどんな女性? 【1】ぶりっ子 「ぶりっ子の女性 」 (回答多数) 「とたんに女性になる」(20代) 「可愛い子ぶる」(20代) 「ぶりっ子の雰囲気を出してくる」(30代) ぶりっ子とは、「可愛い子ぶっている子」ということ。 自分のことを名前で呼んだり怒ったときにほっぺを膨らませたりと、少しでも可愛く魅せようとするとあざといと思われるそう。 本心ならば良いのですが、やりすぎると不自然なようです。 【3】態度を変える女性 「相手の性別で態度が異なる」「人によって態度を変える」(回答多数) 「異性の前では性格が別人」(30代) 「男の前では口調が変わる」(30代) 異性の前になると声が高くなったり良い子ぶったりと、人によって態度が変わるのはあまり信用できないんだとか。 もし付き合えたとしても、すぐに化けの皮が剥がれますよ……! 【4】誰にでも気を持たせる女性 「誰にでもすり寄ってくる」(20代) 「八方美人な本心を読みにくい女性」(30代) 「だれにでも気があるふりをする」(20代) 多くの人に気に入られようと行動するのは逆効果。 色んな男性に同じようなことをしていたら、特別感がありませんよね! さらに腹黒そうに思われてしまうようです。 【5】恋愛対象にしない女性 「ちゃっかりしてる」(20代) 「物乞いだけするやつ」(20代) 「カネに汚い」(20代) 恋愛対象に考えていないにも関わらず、相手をその気に思わせる女性はあざといそう。 お金目当てのために相手を翻弄するのは良くないですよね……。 【6】思わせるだけ 「思わせぶり」(回答多数) 「最終的には付き合わない」(20代) 「思わせぶりな態度のくせに、つっこむと避ける女」(20代) 「小悪魔」(30代) 男性の心を鷲掴みにしたのにも、結局は恋愛に発展させない「思わせるだけ」の女性。 ちやほやされたい心理らですが、小悪魔的な態度に男性はコロッと騙されてしまいます。 【2】作られた声や表情 「可愛い声を出してくる」(20代) 「作った顔や声でこびてくる」(30代) 「あひる口」(20代) ぶりっ子の特徴とも重なりますが、作られた声や表情はアウト。 甘えた声や語尾を伸ばすのは、聞いていて嫌なんだとか。 いつかバレる嘘をついても、信用度が落ちてしまうだけですよ。 【4】惚れる仕草や表情 「男心をくすぐる表情やしぐさ」(回答多数) 「グッとくる表情をしてくる」(20代) 「ちょっとしたしぐさ」(20代) 「男の好みを分かっている女」(20代 「仕草や表情がうまい」(20代) 「子供っぽい仕草をする女性」(20代) 「モテ仕草」(30代) 「甘えるような話し方やしぐさ」(30代) 「髪をかきあげる仕草」(30代) こちらが男性もドキッとする仕草。 「押して引く」を徹底すれば、彼の心を揺さぶれるかも? 【6】オーバーすぎる 「リアクションが大きい」(20代) 「オーバーリアクション」(20代) 「仕草がすごい」(20代) 「いろいろとアピールがすぎる」(30代) 喜怒哀楽で表情がコロコロ変わる女性って可愛いですよね。 大きなリアクションは男性も話していて心地よくさせます。 ですが、やりすぎると演技だと思われてしまうので注意! 【7】服装 「やけに短いスカートを男ウケなんて意識してませんって面で履いている」(20代) 「ゆるい服装」(30代) 「セクシー」(30代) 「萌え袖」(30代) 「肌の露出が多い」(30代) 「薄着」(30代) 極端に露出をしていると、男性に少し引かれてしまいます。 【10】体を触ってくる 「スキンシップが多い」 「ボディタッチがある」 「距離が近い」 (回答多数) 「色仕掛けをしてくる」(20代) 「身体をすり寄せてくる」(20代) 「ソフトタッチ」(30代) 「近くに寄ってくる」(30代) 「色気を使ってその気はないのに誘惑される」(30代) 軽く手が触れたり、立つときに肩に触れたり。 あくまでも「ふわっと」触ることが重要なんです。 ベタベタ触ると下品ですが、自然に触ることで男性も意識せずドキッとしているそう。 【11】目線 「上目遣い」(回答多数) 「仕事で上目遣いやボディタッチをしてくるとき」(20代) 「興味のあるような目で見てくる」(30代) 「色目を使う」(30代) 「やらしい視線を送る」(20代) 上目遣いには男性は弱いんです。 真顔でするよりも、相手の目を3秒くらいじっと見つめることがポイント。 あざといと分かっていても、その目に男性はクラッとしてしまいます。 【12】自己中心的 「自分の欲望を最優先に行動すること」(30代) 「周りを巻き込んで自分を正当化しようとする」(30代) 自分を正当化させることで、よい印象を与えることができますよね。 様々な男性からモテたいからか、あざとい女性はいざとなると友人をも出し抜きます。 【13】天然ぶる 「天然っぽい仕草」(30代) 「天然気取り」(30代) 「常に笑顔で迫ってくる」(30代) 隙がない人って近づきにくいですよね。 ちょっと抜けた言動をすることで、空気が和んだり男性もほっとけなくなるんだそう。 ですがやりすぎると嘘っぽくなりますよ! 【その他】 「こちらに何とかアプローチをしてこようとする人」(30代) 「誘い上手」(20代) 「いろんな観点から突っ込んでくる人」(20代) 他にはこんな回答も。 つい女性の術中にハマっていた……という男性が多いようです。 あからさまなものだと、気持ちも冷めてしまうんですね。 誰にでもあざとい行動をするのではなく、ここぞという時にやると効果はありそう。 一番大事なのは素の自分を忘れないこと。 3 作成.

次の