コバエ。 いつ、どこからやってくる?小さくても不快指数絶大!住まいの天敵・コバエ対策

コバエはなぜ私の周りを飛ぶの?アース製薬に対処法を聞いてきた

コバエ

ショウジョウバエ類 ショウジョウバエ科に属するハエで、欧米ではFruitFly(果実バエ)とよばれるように、腐敗した果物や樹液を好んで集まります。 代表的な種としてキイロショウジョウバエ とクロショウジョウバエなどが挙げられます。 キイロショウジョウバエは、体長約2mm、黄褐色で目は赤色。 世界中に分布します。 雌成虫は羽化後3〜4日目で産卵をはじめ、発酵した腐植物質や酒粕、ぬか味噌、生ゴミなどに産み付けます。 成虫は室内の明かりにもよく誘引される。 建物の出入口付近や前室、廊下などにを取り付けると、飛んで入ってくるコバエを駆除するので、コバエ侵入の防止対策になります。 (2)コバエを誘引防止 コバエ類は食品のニオイや、建物の灯り、熱などに引き寄せられて飛んできます。 【ニオイ対策】 製品のニオイ自体に飛んできている場合、対策は非常に困難です。 (1)の侵入防止対策など物理的に防除してください。 【灯り・照明対策】 店舗の照明に大量の虫が飛んできている場合、室内の蛍光灯など照明は、虫が好む波長の光(紫外線)をカットした蛍光灯()に変更したり、紫外線を遮断するもの()を取り付けます。 もしくは、窓に紫外線を遮断するフィルム()を貼れば、室内の灯り(虫が好む波長の光)が外へもれず、コバエが集まってくるのを抑制します。 【屋外の外灯】 外灯が、コバエの多数飛来で困っている場合は、外灯も紫外線を放出しないランプ()に取替えると有効です。 (3)殺虫剤による駆除 コバエが窓に止まって困っている場合、を散布すると、窓に止まるコバエを駆除します。 台所の三角コーナー周辺や漬物容器など食品を置いている所など殺虫剤が使いにくい場所では、 を吊り下げておくとコバエを捕獲します。 また、を設置すると中に入ってきたコバエを捕獲することが可能です。 コバエ類の種類がショウジョウバエの場合、も有効です。 (2)発生源対策 屋内でコバエが発生している場合は、 発生源対策が最も重要となります。 まず、コバエ(幼虫)が発生している所や、腐敗物などを探します。 発生原因が廃棄できるものは捨てます。 浄化槽内や側溝内などの場合は、 清掃をして発生源となる腐敗物を取り除きます。 薬剤で駆除する場合、安全性の高いを散布して殺虫します。 そのためする場合、同時に、成虫対策も重要となります。 (成虫対策) 部屋全体にコバエが多数飛んでいる場合は くん煙剤で、室内の成虫を駆除することも有効です。 (室内全体に薬剤処理がOKな場合、処理してください。

次の

コバエの効果的な駆除と予防方法!大量発生の原因とは?

コバエ

小さなハエのことをコバエと呼びますが、コバエは様々な種類のハエを総称した呼び方です。 コバエと呼ばれるハエの種類は、『ショウジョウバエ』『キノコバエ』『ノミバエ』『チョウバエ』などがいますが特徴は種類によって違います。 ・ショウジョウバエ:大きさ約2mm、体色は黄赤色、目が赤い。 ・キノコバエ :大きさ約2mm、体色は濃いグレー、細身体型。 ・ノミバエ :大きさ約2mm、体色は黒、動きが非常に早い。 ・チョウバエ :大きさ約5mm、体色は黒、動きは遅い。 コバエは見た目が不快なだけでなく、不衛生な場所にいることから60種類以上の病原菌 O-157やチフスなど を持っている昆虫です。 そのため、コバエを介して人に感染する可能性もゼロではありません。 特に、飲食店や食品加工する工場はコバエが混入するなどの被害を受けることがあり、深刻な問題に発展することもあります。 コバエが大量発生しやすい場所は、 ・腐った果物や食品がある場所 ・お酒やジュースが入っている容器 ・三角コーナーの生ゴミや生ゴミが入っているゴミ箱 ・ヘドロや排水口にできた汚れ スカム ・浄化槽の水面 ・観葉植物や観葉植物生えているキノコ ・家畜やペットがいるところ などです。 コバエが大量発生しやすい場所は種類によって違うため、全種類のコバエがご紹介した場所に大量発生するわけではありません。 では、4種類のコバエの例で大量発生する場所を見てみましょう。 【ショウジョウバエ】と【ノミバエ】 腐ったものがある場所が大好きで台所にいることも多く、他にもお酒が入っている容器や生ゴミも好き。 【チョウバエ】 ヘドロやスカムが大好きで風呂場の排水口やトイレなどの水周りにもよくいますが、観葉植物や観葉植物生えているキノコにも集まる。 【キノコバエ】 名前にキノコと入っていることから、観葉植物生えているキノコはもちろん、観葉植物も好き。 コバエを駆除するなら『ハエ取りリボン』や『ハエ取り棒』『ハエ捕獲器』を使いましょう。 使い方は簡単で、『ハエ取りリボン』はコバエがいる場所にぶら下げて、『ハエ取り棒』や『ハエ捕獲器』も同じくコバエがいる場所に置くだけです。 コバエが大量発生している場所に設置すれば、遅くても翌日にはコバエが大量に駆除できます。 『ハエ取りリボン』や『ハエ取り棒』は粘着剤が付いていて、コバエが好きな香りで誘引しくっ付けるため大量発生したコバエもどんどんキャッチするのが特徴です。 一方、『ハエ捕獲器』は容器の中に匂い付きのゼリーが入っていて、コバエを匂いで誘引し容器の中に落として駆除します。 コバエは容器の中に1度落ちると、這い上がることができない構造になっているためコバエは逃げることができません。 『ハエ取りリボン』や『ハエ取り棒』『ハエ捕獲器』はコバエの習性を利用した駆除グッズで、コバエは物に止まる習性があります。 コバエが好きな香りを仕込み、コバエを止まりやすくして駆除するトラップ式の駆除グッズでもあります。 目の前にいるコバエや大量発生したコバエをすぐに駆除するなら、コバエ用の殺虫スプレーを使いましょう。 コバエ用の殺虫スプレーは天然成分でコバエを駆除するのが特徴で、殺虫成分入りの殺虫剤を使いたくない台所や植物の周辺にも使えます。 三角コーナーなどにいるコバエに直接スプレーして駆除しましょう。 また、ムース状のコバエ専用殺虫剤があり、台所以外でコバエが大量発生している場合はムース状タイプを使っても良いでしょう。 ムース状のコバエ専用殺虫剤は『ピレスロイド系の殺虫剤成分』が含まれており、コバエがムースに触れると神経に素早く作用し動きを鈍らせて駆除します。 形状がムース状の殺虫剤のため、お風呂の排水口や配管に密着しながらコバエを駆除する特徴です。 コバエの侵入を防ぎ家の中で大量発生させないようにするなら『網戸の網目をコバエの体長より小さくする方法』も効果的です。 コバエの体長は約2mm~5mmくらいの大きさのため 網戸の網目を1mm以下のものに張り替えるとコバエの侵入を防ぎ、室内でコバエが大量発生する予防対策もできます。 64mm』に張り替えると良いでしょう。 網戸を張り替えてコバエ対策をする方法ですが、自分で作業をするとコストを抑えてできる一方で作業に時間がかかります。 自分で網戸の張替えするのが面倒な方は、コストはかかりますが業者にお願いするのも良いでしょう。 飲み干したお酒の缶やジュースの缶・食品が入っていた袋や容器は密閉した状態で捨てましょう。 密閉した状態にするなら蓋付きのゴミ箱が最適で、 お酒、ジュース、食品などの匂いが外に漏れなくなることでコバエが寄り付かなくなり、大量発生を防ぐことができます。 アパートやマンションに住んでいて室内に蓋付きのゴミ箱が置けない場合は、飲み干したお酒の缶やジュースの缶・食品が入っていた袋や容器は洗ってから袋に入れて口をきつく縛りましょう。 コバエは不衛生な環境を好むため、飲み干したお酒の缶やジュースの缶・食品が入っていた袋や容器をそのまま捨てるとコバエが集まってきて大量発生する原因になります。 コバエを大量発生させないためには匂いを遮断し、コバエが寄ってこない環境にすることが重要です。 三角コーナーにある生ゴミや台所の排水口に溜まっている生ゴミは、毎日捨ててコバエが寄り付かないようにします。 さらに、蓋付きのゴミ箱に入れて匂いが出ないようにしてコバエ対策をしましょう。 コバエ対策をするなら蓋付きのゴミ箱がベストですが、住宅事情により蓋付きのゴミ箱が置けない場合は、二重にしたビニール袋の中に生ゴミを入れて口を縛り密閉してから捨てても構いません。 特に、ショウジョウバエやノミバエは生ゴミが大好きなコバエで、生ゴミを毎日捨てないと集まり大量発生します。 1人暮らしの方や料理を時々しかしない方は、三角コーナーや台所の排水口に生ゴミがたくさん溜まることはあまりないかもしれません。 少量の生ゴミの場合は捨てるのが面倒でつい放置しがちですが、コバエはわずかな量の生ゴミにも集まってきます。 コバエを大量発生させないようにするなら、少量の生ゴミでも放置しないでその日のうちに捨てましょう。 コバエがマンションで大量発生した時は、燻煙剤を部屋でたくのが最適です。 燻煙剤は煙が部屋のすみずみまで殺虫成分が届くため、効率よく室内にいるコバエを全滅させることができます。 燻煙剤は確かに大量発生したコバエを駆除できますが、問題なのはどこでコバエが大量発生しているかです。 厄介なのは上下左右の部屋のいずれかがコバエの発生源になっている場合で、燻煙剤でコバエを駆除しても再びコバエが大量発生します。 他の部屋に住んでいる住民が不衛生にしていると、配管を通じてあなたの部屋にコバエが侵入してきたり、またベランダでコバエが大量発生しているとあなたの部屋の窓や玄関からも侵入してくるでしょう。 自分の部屋にコバエの発生源がない場合は他の住民を疑い、大家や管理会社に連絡すれば何かしらの対策をしてくれる可能性があります。 あとは、コバエ用の忌避剤を屋内と屋外に置いて、コバエが侵入しないように対策をしましょう。

次の

部屋に大量発生したコバエがゼロになった5つの方法

コバエ

目 次• コバエ対策 コバエ対策はいろいろな方法が存在します。 網戸や酢・スプレー、コバエがほいほいなど様々な対策手段があるのですが、中にはめんつゆでコバエに対するトラップを作るという方法があるほどです。 このような対策方法はお手軽にできるものが多く、簡単に行うことが可能なので、コバエで悩んでいる方はご紹介する対策をぜひ実施していただけたらと思います。 地域や方法によっては効果があるかどうかが変わりますので、いろいろな方法を実施して対策を行ってみていただけたらと思います。 コバエ対策は網戸にも まずコバエ対策をご紹介する前に、コバエはどこから発生するのか、侵入してくるのかご存じですか? コバエは生ごみなどを放置していた際などで出てきやすいのですが、実は網戸から侵入してくるというパターンも存在します。 というのも、網戸でも目の隙間の大きさが存在するのはご存知でしょうか? 一言で網戸と言っても網戸の目の隙間の大きさは様々存在し、この網戸の目の隙間が大きければ大きいほどやはり外部からコバエが侵入しやすいです。 当然一度侵入したコバエにとって、室内はエサが豊富な心地よい環境でもあるので、繁殖しやすいです。 工場などで使用していることが多い250メッシュなどは網戸の目の隙間が0. 01mmとかなり細かいのですが、一般ではなかなかこのような網戸を使用するのは難しいです。 普段の一般家庭で多いのは20メッシュから30、40メッシュが多いです。 40メッシュでおよそ0. 64mm、30メッシュで0. 67mm、24メッシュで0. 84mm、20メッシュで1. 03mmとなっています。 コバエの大きさからしても 24メッシュ以上が好ましいと言われていますので、網目が大きい人はこのような点を改善すると外部からの侵入を防ぐことが可能です。 コバエ対策でお酢もおすすめ! 次にご紹介するおすすめのコバエ対策はお酢です。 お酢と言えばご家庭の料理などで使うことが多いお酢の事を指します。 これはお酢によってコバエを引き寄せるトラップのようなもので、後述でもご紹介するめんつゆトラップと一緒に使われることが多いです。 お酢を使った方法でのトラップは作成が簡単で普段使う機会が多いものばかりなので、かなりおすすめです。 〇お酢トラップ 水+お酢+洗剤 水の中にお酢と洗剤を数滴入れて置いておくだけで大丈夫です。 これは台所回りに発生するコバエに特に効果的で、お酢を入れることによってコバエを引き寄せ、洗剤の力によって水に浮く油分などを取り除く効果があります。 そのため、お酢に引き寄せられたコバエたちは水に浮こうとしても洗剤がその特性を打ち消し、コバエが水に浮くことができず、溺死するというトラップになります。 お手軽に作ることができるので、台所回りに発生するコバエで悩んでいる方にはおすすめです。 コバエ対策でのスプレー駆除方法 コバエ対策方法としてスプレーも人気です。 スプレーではスーパーや薬局で市販されていることが多いと共に、即効性が高いので、来客が来る際などにも活躍してくれやすいです。 特にコバエ対策で効果的と言われているのが、アース製薬で販売している コバエがコロリです。 コバエがコロリではコバエがたくさんいる方向に吹き付けることによってコバエを撃退するものとなっています。 コバエを完全に死滅させるものではないので、一時的な対策として使うのが好ましいです。 【楽天:コバエがコロリ】 コバエ対策 「ゴキブリにも効果的!ハッカ油を使った方法」 次にご紹介するのはハッカ油を使ったコバエ対策です。 ハッカ油は知る人ぞ知るコバエ対策でもあるのですが、コバエだけでなくゴキブリにも効果的と言われています。 特に害虫には効果が高いハッカ油なのですが、ハッカ油とは皆さんがご想像するスーッと清涼感があるにおいです。 このハッカやミントの透き通るようなにおいはゴキブリやコバエなどといった害虫の嫌な臭いになります。 そのため、ハッカ油を使ったコバエ対策を行うだけでコバエが寄ってきにくい状態を作ることが可能です。 ハッカ油では水で希釈したハッカ油スプレーがとくに有名なのですが、ハッカ油をティッシュやキッチンペーパーなどに染み込ませ、台所などコバエが発生するような場所に設置するだけでいいといったかなりシンプルな対策となります。 定期的に交換するだけでも効果が出やすいので、市販でハッカ油を購入してコバエ対策として使うのもおすすめです。 コバエ対策 アロマを使った方法 次にご紹介するのはアロマを使った方法です。 アロマと言えば最近ではアロマグッズが豊富に登場しているようにアロマブームでもあるのですが、このアロマもコバエ対策として活躍してくれます。 このアロマがコバエ対策として活躍してくれるのは先ほどご紹介したハッカ油と同じような原理です。 ペパーミント系の香りが特にコバエなどの害虫は苦手ですが、シトロネロール、レモングラス、ユーカリレモンなども害虫が嫌な臭いとされています。 そのため、このような香りのアロマを焚くことによってコバエの接近を防ぐことが可能です。 市販で販売されているトラップと比べるとやや効果は薄いですが、アロマで対策が行うことができるため、見栄えもいいという点が魅力的です。 コバエ対策は自作も可能! コバエが大量発生して悩む際には市販されているコバエ対策グッズを購入することが多いと思います。 しかし、コバエ対策は実は市販されているものだけでなく、先ほどもご紹介したように自作で簡単に作ることが可能です。 特にご家庭にあるものを水で希釈して合わせるだけで作ることができるものばかりなので、コバエで悩んでいる方も自作トラップ・自作対策スプレーなどを作ることをお勧めします。 コバエ対策として手作り画像・動画もたくさん挙げられている コバエ対策として自作・手作りしたトラップやスプレーは最近では良く動画や画像として挙げられていることが多いです。 これはさきほども触れたようにコバエ対策が自作で簡単に作りやすい、手作りしやすいためです。 組み合わせをしっかりと把握しているだけで簡単に手作りすることが可能なので、ペットボトルなどを使って受け皿を作り、そこにトラップとなるものをいれて手作りする人も多いので、ぜひ皆さんも試していただけたらと思います。 コバエ対策 ペットと一緒に過ごしている家庭はどうするべき? ご家庭によってはペットと一緒に過ごしているご家庭もあると思います。 このペットがいるご家庭では害虫などを一気に撃退、死滅させてくれる「バルサン」を焚くことが不可能だと思います。 さらに、ペットなどの老廃物の影響でコバエが湧いてしまうというご家庭も少なくありません。 このような ペットと一緒に過ごしているご家庭などはお酢トラップやスプレーなどがおすすめです。 お酢トラップやハッカ油トラップだと台所に置くことができるので、コバエが発生しやすいところに置くことができ、一緒に過ごしているペットも触れる機会が少ないので安全です。 さらに、スプレーだとすぐに撃退することができやすいのですが、ペットと一緒に過ごしている部分にペパーミント系のアロマを焚くのもおすすめです。 コバエ対策は排水溝にも コバエは生ごみ部分にも発生しやすいのですが、不衛生・掃除があまり良き届かないところにも発生しやすいです。 特に排水溝などはコバエやゴキブリにとっては住み心地がいい環境と言っても過言ではないです。 このような排水溝には途中でもご紹介した ハッカ油などを数滴たらしてあげるのもおすすめです。 さらに言えば清潔な状態にしてあげると害虫なども寄ってきにくいので、排水溝をできるだけ清潔な状態にし、ハッカ油やお酢などを合わせて使うとさらに、コバエ対策として効果が出やすいです。 このことからもわかるように、コバエ対策としてだけでなく、できるだけ排水溝なども掃除することを心がけるようにしましょう。 コバエの駆除方法もたくさん! コバエが発生する前の対策方法をご紹介しましたが、次はコバエが発生してしまった際の駆除方法をご紹介したいと思います。 対策では少量のコバエが発生してしまう、特に夏場などに効果的な方法をご紹介しましたが、次にご紹介する駆除方法は本格的コバエを撃退する方法ばかりです。 コバエが嫌な人は次にご紹介していくコバエ駆除方法と、先ほどご紹介したコバエ対策方法と合わせて使用すると効果が出やすいです。 コバエで悩んでいる方はぜひコバエ対策と合わせてご確認いただけたらと思います。 コバエ駆除に効果的なスプレー まず最初にご紹介するのはスプレーです。 これは対策でもご紹介しましたが、コバエがコロリなどのスプレーが効果的です。 スプレーはトラップなどと比べてやはり即効性が高いのが魅力的と言えます。 スプレーでは途中でもご紹介したハッカ油スプレーなども効果的なのですが、市販で販売されているコバエ駆除スプレーだとやはり効き目が大きいです。 特におすすめのコバエ駆除スプレーは、コバエがコロリや天然成分を使用して作成された、イカリ消毒のムシクリンコバエ用スプレーが特におすすめです。 ムシクリンコバエ用スプレーでは天然成分でもあるので、ペットを飼っているご家庭でも使いやすいのが魅力的です。 もちろんコバエがコロリもペットに直接吹きかけることがなければ問題ないとされているのですが、心配な方はムシクリンコバエ用スプレーを使うのがおすすめです。 【楽天:ムシクリン コバエ用スプレー】 さらに効果的なコバエ駆除方法は? コバエ駆除としてスプレーがおすすめとご紹介しましたが、他にもコバエ駆除方法はたくさん存在します。 工場などでも使われていることが多いのが天井からつるしていることが多い粘着式テープなどもおすすめです。 コバエはやはり宙に舞っていてうざいと感じる方も多いと思います。 もちろん衛生的でない点が気になる人もほとんどだと思いますが、粘着式だとコバエが好きな臭いを発生させ、コバエを引き寄せて逃がさないようにすることができます。 粘着式は意外とめんつゆトラップやお酢トラップ・ハッカ油と比べて即効性が高いです。 対策としても使うことができやすいのですが、コバエが発生して駆除したい際にも効果的なので、天井からつるすタイプの粘着式テープもかなりおすすめです。 粘着式テープなどで駆除する際にはできれば人目につかない部分や、テープの真下が汚れても大丈夫な部分に設置するのがおすすめです。 やはり空気中のゴミも粘着式で絡まってしまうことが多いので、長期間放置していると粘着性も効果が薄れ、くっついていたコバエなども落ちてしまう可能性があります。 そのため、このような点を踏まえて設置個所などは考えるようにしましょう。 【楽天:コバエがポットン吊るタイプ】 コバエ駆除として電気もおすすめ! コバエ駆除方法についてご紹介していますが、コバエ駆除方法として電気も効果的なのでおすすめです。 というのも、やはり害虫も電気系統は苦手で一瞬で瞬殺することができます。 特に最近ではコバエなどがふれて感電死するような電気ラケットなども販売されています。 人が触れても大丈夫なように何層構造にもなっているのですが、人の手では触れられない隙間にコバエが触れることによって電気を流し、感電死させるタイプとなっています。 さらに、コバエなどの害虫は夜になると電気におびき寄せられる傾向があります。 その習性を利用して電気がついている部分に電撃殺虫機を設置して駆除する人も多いです。 このように、コバエの習性を上手に使った駆除・対策方法もあるので、コバエ駆除・対策方法はたくさんあると言えます。 コバエ駆除でおすすめなものは? コバエ駆除で他にもおすすめなアイテムはたくさん登場しています。 コバエ駆除アイテムとして有名なのがアース製薬のコバエがホイホイやキンチョーのコバエがポットン置くタイプが人気が高いです。 さらに、コバエとり棒などの棒に引き寄せってくっつける粘着タイプなども人気で気軽に使えると好評です。 このようなコバエグッズはやはり夏に近くなると販売されていることが多いです。 秋ごろになると片付け・棚替えされることが多いので、このようなタイミングでセールがある場合に狙って購入するとお手頃な価格で手に入れることも可能です。 【楽天:コバエがポットン置くタイプ】 コバエ駆除の屋外での方法は? コバエ駆除の室内でお勧めの方法についてご紹介しましたが、屋外では室内と比べてるとさらにコバエが発生しやすいと思います。 特にキャンプなどを長期間行った際にはごみの処理をしっかりとしていないとコバエも発生してしまいやすいです。 このような屋外で効果的なコバエ駆除方法は途中でもご紹介したお酢などがおすすめです。 コバエなどは種類にもよりますが、腐敗臭などを好んで近寄ってくるものも多いです。 そのため、お酢などのトラップを設置しているとその腐敗臭に似たお酢にコバエが引き寄せられることが多いです。 さらに、途中でもご紹介しためんつゆトラップなども屋外では活躍してくれやすいと共に即興で作りやすいのでおすすめです。 コバエ駆除としてアルコールも使える? コバエ駆除の方法としてアルコールをコバエにかける人もいるようです。 このようなアルコールをコバエに吹きかける人は多いと思いますが、アルコールは効果があるのか調べる人も多いです。 このアルコールでのコバエ駆除効果は正直ご紹介するとまちまちです。 サイトによっては賛否両論書かれていることが多いのですが、必ずしもアルコールによってコバエが死ぬという可能性は低いです。 コバエなど害虫にはふだん薄い油膜でおおわれていることが多いのですが、この油膜をアルコールが落とす作用をしてくれます。 そのため、アルコール成分が高いスプレーで溺れさすぐらい吹き付けると死ぬ可能性は高いです。 しかし、実際に私も経験したことがありますが、アルコールを吹き付けて死ぬと思っていてもしばらくするとコバエが復活してまた飛び出すということも多くあるので、アルコールで必ず死ぬとは限りません。 そのため、アルコールでのコバエ駆除はあまりお勧めできないと言えます。 もちろん実際に試して効果があったアルコールスプレーなどは実施して駆除するのもおすすめです。 コバエ駆除 ペットがいるご家庭は? ペットがいるご家庭のコバエ駆除も対策同様にとても難しいと思います。 ペットにも刺激が強いものも多いのですが、ペットがいるご家庭などでは粘着式の駆除タイプを利用するとペットに触れないところでコバエを駆除することが可能です。 途中でもご紹介しましたが、ペットにも刺激が強くない天然成分のスプレーなども多く登場していますので、そちらと合わせて使うのもおすすめです。 コバエ駆除の業者はあるの? 一度コバエが発生してしまうと何匹、何百匹と発生してしまうのがコバエでもあるのですが、一度多く発生してしまうと駆除はかなり大変になります。 そのような場合はコバエ駆除の業者に一度依頼し、綺麗な状態にして清潔な状態を維持するのもおすすめです。 コバエなどの駆除を行ってくれる業者で有名なのがダスキンです。 ダスキンではコバエだけでなく、ゴキブリやネズミの駆除も行ってくれるので、一度綺麗にしてもらう際には合わせて行ってもらうのもおすすめです。 コバエ駆除 amazonで人気の物は? コバエ駆除についてご紹介しましたが、コバエ駆除としてAmazonで商品を購入する人も多いです。 Amazonでコバエ駆除の人気アイテムはやはり先ほどご紹介したアース製薬でのコバエがホイホイが圧倒的な人気を誇っています。 コバエがホイホイは400円程度で購入することができ、セールとしてお安くなっている場合も多いです。 コバエ対策としてめんつゆが効果的! コバエ対策としてめんつゆが効果的とご紹介しましたが、めんつゆでコバエ対策は可能です。 めんつゆだと普段の料理で使う機会も多いと思いますが、めんつゆで簡単にトラップを作ることができるので、ソーメンを食べると共にめんつゆでトラップを作るのはおすすめです。 コバエ対策にもなる「めんつゆトラップ」の作り方 めんつゆトラップは作り方が非常に簡単です。 めんつゆと水と洗剤を合わせて組み合わせるとトラップの完成です。 水の中にめんつゆを適量加え、洗剤を数滴たらすとお酢トラップの時と同様にコバエがそのめんつゆトラップにおびき寄せられコバエを溺死させることができるというものです。 コバエ対策でのめんつゆの割合は? めんつゆトラップの作り方を簡単にご紹介しましたが、めんつゆトラップのめんつゆの割合はどのくらいにしたらいいのか気になる人も多いと思います。 めんつゆトラップを作る際のおすすめの割合は水5に対してめんつゆが1ぐらいの割合で大丈夫です。 めんつゆをたくさん入れてより効果が大きくなるというものではないので、ある程度の量でめんつゆは大丈夫です。 コバエがホイホイとは コバエがホイホイは魅力的だとご紹介しましたが、コバエがホイホイとはアース製薬の商品です。 オレンジのとんがり頭が印象的なデザインですが、コバエがホイホイの容器の中にはコバエが好きなジェルが入っているタイプとなっています。 値段も肥料にリーズナブルで、複数セットするとより効果的なので、特別セットなども販売されていることが多いです。 途中でもご紹介したAmazonでも人気ですが、アース製薬のコバエがホイホイは薬局でも購入することができるのでおすすめです。 コバエがホイホイの仕組みはどのようなもの? コバエがホイホイは多くの方が好評と挙げているのですが、コバエがホイホイはかなり使い勝手がいいです。 実際に私も飲食店を経営している際には商品をケースに入れることができなかったため、むき出しのような状態になり、夏場などはコバエが湧きやすい状態でした。 しかし、コバエがホイホイを何個も設置することによって一気に問題解決したのですが、コバエがホイホイの仕組みはジェルがコバエが好きな臭いを放ち、引き寄せてジェルの粘着力で逃がさないというものです。 そのため、人目につきにくいところに置いていてもコバエを臭いで誘惑し、駆除することが可能です。 【楽天:コバエがホイホイ】 コバエがホイホイではチョウバエが取れない? コバエがホイホイは効果がたくさんあるとご紹介しましたが、コバエがホイホイではショウジョウバエは取れるのですが、チョウバエは残念ながらあまりとれません。 というのも、こちらも後述で照会しますが、コバエでも種類がたくさん存在します。 一般的にコバエと言われるのがショウジョウバエなのですが、 ショウジョウバエはコバエがホイホイでとりやすいです。 しかし、チョウバエはどちらかというと蚊に近い生態でもあるので、コバエがホイホイには引き寄せにくいので取りにくいです。 チョウバエ対策を行いたい場合は違う蚊に近い手段を取るようにしましょう。 コバエがホイホイではスリムタイプも登場! コバエがホイホイが魅力的とご紹介しましたが、コバエがホイホイは最近ではスリムタイプも登場しています。 名前からもわかるように、スリムな細長いタイプとなっており、隙間などに設置しやすいのが魅力的です。 あまり人眼に見られたくない場合におすすめです。 コバエがホイホイの値段は? コバエがホイホイの魅力についてご紹介しましたが、コバエがホイホイの値段ははおよそ350~450円程度です。 スリムタイプも同じぐらいで購入することができるのですが、お近くの薬局でもお安く購入できることも多いのでそちらも合わせてご確認いただけたらと思います。 コバエがホイホイの捨て方は? 次はコバエがホイホイの捨て方についてご紹介します。 ゴミとしての捨て方はもちろん各地方自治体の指示に従って捨てるのが最も正しいのですが、中の仕切りや箱は紙ごみとして捨てましょう。 使用した容器などはその中身と一緒にプラスチックごみとして捨てたので大丈夫です。 コバエがホイホイの復活方法が存在! コバエがホイホイでは復活方法が存在すると言われています。 このコバエがホイホイの復活方法はいたって簡単で、 ビールとお酢・めんつゆを適量加えたものを容器に入れるだけで大丈夫です。 多すぎるともちろん粘着性が落ちてしまうので問題ですが、少量加えるとコバエをおびき寄せて粘着でくっつけることが可能です。 コバエがホイホイの臭いは? コバエがホイホイは臭いでコバエをおびき寄せ、粘着力で捕まえるのですが、臭いが気になる人も多いと思います。 コバエがホイホイは黒酢のような臭いではあるのですが、普段の生活で気になるような鋭い臭いではありません。 そのため、臭いは比較的気にしなくても大丈夫です。 コバエがホイホイの効果は絶大! コバエがホイホイの魅力についてご紹介しましたが、コバエがホイホイは効果が絶大です。 他のメーカーのコバエ対策も行ってみたことがあるのですが、やはりコバエがホイホイが断トツで取れます。 コストも低いという点も魅力的なので気になる方はぜひ試してみていただけたらと思います。 コバエはどこからやってくる? コバエがホイホイの魅力についてご紹介しましたが、次はコバエがどこから現れるのかについてご紹介したいと思います。 最初にもご紹介したように夏場などは特にコバエが現れやすい時期でもあるのですが、どこから来るのか疑問に感じる方も多いです。 次はコバエについてご紹介していきますので、ぜひご参考いただけたらと思います。 コバエどこから発生 コバエがどこから発生するのか気になる方も多いですが、コバエは外部からやってきます。 ゴミのところに発生するので蛆が湧いてコバエが生まれるようなイメージがありますが、コバエは外部から侵入し、ごみなどの餌を食べて卵を植え付け繁殖します。 そのため、外部からの侵入防止をしっかりと行うとコバエ発生防止が行えやすいです。 コバエはどこからわくの? コバエがどこから発生するのかご紹介しましたが、一度コバエを見かけると湧いているような状態になっている人も多いと思います。 コバエが湧くのはやはり ゴミからです。 先ほども触れたようにゴミを餌として生態環境を作り、繁殖していくのでゴミからコバエが湧いてしまいやすいです。 その影響もあってコバエはゴミから生まれやすいイメージがありますが、外部からの侵入なので注意するようにしましょう。 エアコンの室外機で湧くことも? 皆さんはエアコンの室外機を点検に出していますか? 実はエアコンの室外機もコバエが湧きやすいポイントでもあります。 一度湧いてしまうと続々と増えてしまいやすいコバエですが、エアコンの室外機は暖かい環境でもあるのでコバエにとっては住み心地がいい環境です。 そのため、できればエアコンの室外機でコバエを見かけた際には点検に出すのが好ましいと言えます。 コバエの種類はどのくらい? 次はコバエの種類についてご紹介したいと思います。 コバエの種類として主に良く挙げられるのが4種類存在し、その種類は 「ショウジョウバエ」「ノミバエ」「キノコバエ」「チョウバエ」に分けられます。 コバエの種類ごとの対策 先ほどもご紹介したようにコバエの種類は大きく分けて4種類に分かれます。 ショウジョウバエやノミバエはコバエがホイホイで捕まえることができるのですが、キノコバエやチョウバエは捕まえにくいです。 チョウバエなどはハエとり棒で捕まえることができるので種類を見分けて対策を行うのがおすすめです。 キノコバエなどは室内とかではなく、どちらかというと、外の植物などでくっついていることが多いです。 キノコバエなどにはスプレータイプが特におすすめなのでぜひ実施してみていただけたらと思います。 コバエの種類で茶色種類は? コバエの種類として茶色い種類のコバエもいます。 この 茶色のコバエの種類はノミバエになります。 まさに名前の通り、蚤のようにぴょんぴょん飛び跳ねて移動するのですが、ノミバエはゴミなどを好んで食べるのでコバエがホイホイなどを設置して取るようにしましょう。 コバエの種類で緑色は? コバエの種類と一緒に考えられやすく、緑色に見えるのが ユスリカです。 ユスリカはコバエとも間違えられやすいのですが、コバエとは違うので注意しましょう。 どちらかというと、蚊に近いのですが、虫コナーズなどの虫よけを設置すると寄ってきにくいです。 コバエの種類で小さいのは? コバエの種類で小さいタイプのコバエもいると思います。 コバエの中でも大きいのはチョウバエなのですが、小さい目障りなタイプのコバエは一般的にコバエとされるショウジョウバエになります。 ショウジョウバエは見た目からもとても小さいのでうっとうしくなりやすいうえに外部から侵入しやすいので注意するようにしましょう。 コバエの種類の見分け方は? コバエの種類についてご紹介しましたが、コバエの種類の見分け方は主に場所で行うとわかりやすいです。 生ごみの近くや不衛生な場所で発生しやすいのがショウジョウバエとノミバエで、観葉植物などで発生しやすいのがキノコバエ、トイレや洗面所と言った水回りで発生しやすいのがチョウバエになります。 大きさもチョウバエ>ノミバエ>ショウジョウバエ>キノコバエの順になります。 ノミバエとショウジョウバエは生ごみの部分に生息しやすいのですが、動きを見ていると見分けがつきやすいです。 コバエの卵はどのようなもの? コバエは卵から生まれるのですが、コバエの卵はタブレットのような卵型で、わずか1mm程度の大きさです。 色も半透明の物が多いので、見つけにくいという欠点がありますが、しっかりと見つけて処理をすることができると繁殖を防ぐこともできやすいのですが、かなり難しいと言えます。 コバエ卵はどのような場所にあることが多い? コバエの卵はコバエの種類によって場所が当然変わるのですが、やはり主に不衛生な部分に植え付けられやすいです。 特に生ごみや排水溝、水回りや観葉植物の隙間などに卵がある場合が多いです。 そのため、しっかりと清潔な状態を保つように維持しましょう。 コバエの卵は観葉植物にもつく! コバエの卵は先ほどもご紹介したように、観葉植物にもつくので注意しましょう。 観葉植物は意外と油断してしまいがちなのですが、観葉植物はキノコバエが卵を植え付けやすいです。 観葉植物もできれば定期的にメンテナンス・お手入れをしてあげることによってコバエの発生、卵の除去をすることが可能です。 コバエが生む卵の数は? コバエは卵を産み付ける量も多いことが湧く原因でもあります。 というのも、コバエは一生のうちに数百以上の卵を産み付けるので、卵を産むコバエが何十匹、何百匹というと、もちろん発生する数は見当がつくと思います。 そのため、コバエに卵を産み付けられると大変なので注意が必要です。 コバエの卵は服につくことも! コバエの卵で気を付けていただきたいのが服です。 生ごみや水回りにコバエは生息することが多いのですが、実はコバエは人の服にも卵を産み付けることがあります。 これはもちろん服が不衛生な場所で放置されていた場合に起こりやすいのですが、このような場合は粘着テープなどで卵を取り、塩素系洗浄剤で服を洗うようにしましょう。 それでも心配な方はクリーニング屋さんに持っていき相談してみるのがおすすめです。 コバエの卵の大きさはどのくらい? コバエの卵の大きさは途中でもご紹介したようにわずか1mm程度です。 1mm程度は想像もつくようにかなり小さい状態で、それが無数についていることが多いです。 半透明でもあるので気づきにくいですが、コバエの卵を見かけた際にはその周りにも卵がある可能性が高いので注意して見るようにしましょう。 コバエの卵に茶色もある? コバエの卵で茶色の物もあると感じる人も多いです。 茶色のコバエの卵の場合は蛹の場合が多いです。 羽化したらそのまま生ごみ部分で湧いてしまう場合が多いので、早急に対処するのがおすすめです。 コバエ卵の色は? コバエの卵の色は先ほどもご紹介したように、半透明がほとんどです。 そのため、さっきも触れましたが、米粒や胡麻に間違われることも多いので要注意です。 コバエの卵で黒色もある? コバエの卵は半透明であるとご紹介しましたが、コバエの卵は黒である場合もあります。 どちらかというと、胡麻や米粒と間違えられることが多いのですが、黒色の場合は違う虫の卵である場合もあります。 ただし、どちらもできるだけ除去したほうがいいので、黒色の卵がある場合も早急に対処するようにしましょう。 コバエの卵にはハイターが効果的! コバエの卵はハイターが効果的と言われています。 もちろんコバエの卵だけでなく、コバエ自体にも効果的と言われているのですが、塩素系はコバエの弱点で撃退することができるとも言われています。 清潔な状態にすることもできるので、ハイターを使って除去するのもおすすめです。 コバエの寿命は? コバエについてたくさんご紹介しましたが、コバエの寿命がどのくらいか気になる人も多いと思います。 コバエの寿命は虫の種類の中でも短いです。 しかし、コバエは卵として生まれてからわずか10日ほどで成虫にもなるので、すぐに大量発生しやすいです。 そのため、コバエの寿命はほかの虫と比べて短いと言えます。 コバエ成虫の寿命は? コバエの寿命はほかの虫と比べて短いとご紹介しましたが、コバエの成虫の寿命はおよそ1か月程度とされています。 成虫になる期間も短いのですが、成虫になってもすぐに卵を産むので大量発生する原因とも言えます。 卵になってからはわずか1日程度で孵化するので、卵を見つけた際には早急に対処するようにしましょう。 コバエいなくなるのはいつごろ? コバエについてたくさんご紹介しましたが、冬になるとコバエもあまり見かけなくなると思います。 このことからもわかるように、コバエにもいなくなりやすい時期も存在します。 次は実際にコバエがいなくなる時期についてご紹介したいと思います。 コバエいなくなる時期 コバエが居なくなる時期はやはり秋から冬にかけてになります。 途中でもご紹介したように、コバエの寿命はわずか1か月程度で、暖かい環境を好んで生息します。 寒い環境だとやはり生息活動も鈍るので、孵化しても育ちにくいです。 そのため、寒いとされる秋から冬になると発生しにくいです。 しかし、室内で常に暖かい環境を維持していると秋や冬でも生息しますので注意しましょう。 コバエいなくなるにはどうすれば? コバエが居なくなる方法を探す人もいると思います。 次は実際にコバエが居なくなる方法についてご紹介していきますので、ぜひご参考いただけたらと思います。 コバエがいなくなる方法 まず最初にご紹介するのはやはり清潔にするという点です。 生ごみなどを放置しているとコバエにとって絶好の環境になるのですが、定期的に掃除して清潔な状態を維持することができればコバエも湧きにくいです。 排水溝や水回りの掃除も徹底するとさらにコバエを見ることが少ないので、清潔にして事前にコバエ駆除・対策を行うのがおすすめです。 コバエいなくなるスプレー 次にご紹介するのはコバエがいなくなるスプレーです。 コバエがいなくなるスプレーで有名なのが最初にもご紹介したように、キンチョーのコバエがいなくなるスプレーです。 無香料で臭いを気にすることなく吹き付けることができるという点や、60回程度使用可能であるのに600円程度とコストが安い点が人気です。 コバエで悩んでいる方はコバエがいなくなるスプレーもおすすめです。 「まとめ」コバエについてしっかりと知って対処を! 今回はコバエについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。 夏場になるとコバエが湧いてしまいやすいのですが、しっかりと把握すると対処ができやすいです。 最近では特にいろいろな対策グッズが登場していますので、しっかりとコバエについて知り対策を行っていただけたらと思います。

次の