英語 上達 アプリ。 英語教師が「これはすごい!」と思った英語学習アプリおすすめ10選

英語・英会話・TOEIC勉強におすすめの無料アプリ10選

英語 上達 アプリ

英語ブロガーのアツトです。 最近、英語や英会話を勉強できるおすすめアプリの記事をたくさん書いてきましたが、一度、 全体の地図となるべき記事を書いておこうと思い、筆を取りました。 以下で紹介する英語学習アプリは、外資系のITエンジニアとして海外プロジェクトに関わって仕事をしていた私( 英検一級、TOEIC985)が使用して、「 これは絶対におすすめできる!」と思ったアプリをまとめたものです。 下は子供(小学生、中学生、高校生など)の方から、上は大人(社会人、ビジネスマンなど)の方まで幅広く勉強できるアプリばかりですので、気軽に試してみて下さい! 定期的に内容をアップデートしておりますので、 ブックーマークなどして下さると便利かと思います。 厳選!英語勉強アプリを目的別におすすめ 1. [英語基礎] Duolingo は、世界で一番ダウンロードされている無料の語学学習アプリです(英語以外にも、中国語など多言語の学習に対応)。 単語、文法、リスニング、ライティングなど、 英語の幅広いスキルを超初心者レベルから勉強することができます。 上の画像は、ライティングとリーディングと問題の例です。 パズルのように英語や日本語を並び替えて解答します。 このように、ゲーム感覚でストレスなく英語を勉強できるというのがDuolingoの特徴の1つです。 ニューヨーク市立大学と、サウスカロライナ大学が実施した調査では、「 Duolingoで学習した34時間は、4年制大学における言語教育の1学期分に匹敵する」との研究結果も得られており、効果は実証済み!(参考:) ただ、Duolingoのレベルは、 一番高くても中学校3年レベルという感じなので、実践的な日常英会話やビジネス英会話の習得という点ではかなり物足りなさがあります。 Duolingoで基礎力を身に着けたら、別の教材やアプリに進み、より実践的な力を養いましょう。 *iphone、androidどちらも対応。 私自身、大学時代から800点以上のスコアを持っていたことで、就職や転職の時には、面接官から高評価を頂けました。 は、TOEICでハイスコアを取るために最短距離を突っ走るイチオシのTOEICアプリです(AppStoreで 1位も獲得)。 私自身、TOEICアプリは30以上試してきましたが、現状では最もハイクオリティなアプリと言えるでしょう。 複数のコンテンツがあるのですが、特に良いのは関正生先生による「 パーフェクト講義」。 TOEICのPART1からPART7に関して、それぞれの攻略法や例題解説まで 全150レッスンが提供されており、特に、 TOEICの効果的な勉強法や、頻出パターン、そして、多くの受験生の失敗パターンが絶妙に解説されています。 の 版アプリの講義動画めちゃめちゃ役立つな。 「リスニングは真剣に聞いた量だ。 集中してディクテーション 書き取り しろ!」はまさしく真理!これ一番のTOEIC勉強アプリだわ。 何事もやるかやらないか。 ありがとう。 ありがとう熱血講師 関先生。 凄い伸びた! 100点くらいはスタディサプリの関先生のおかげだと思う。 次の目標は700点。 Keep going! — Takitani takkipon TOEIC対策コースは、月額2980円の費用がかかり、割高なのがネック。 しかし、 メインコンテンツであるパーフェクト講義の150レッスンは、集中すれば1ヶ月で完了させることができるため、1ヶ月限定で集中的に利用するという考えもありでしょう。 関先生のビシビシと本質を突いてくる講義は 、 本当に凄いです!マジで。 通学型のTOEICスクールで同じ講義を受けると、数十万円のお金が必要なので、ある意味、安いとも言えます。 本当に良い時代です・・・ なお、TOEIC対策コースは、 1週間の無料体験が可能ですので、まずは試しに利用してみると良いでしょう。 [英会話] スタディサプリ ビジネス英語コース 「 日常英会話もビジネス英会話もどちらも習得したい」 「 外資系に転職するために、仕事で使える英語を身に着けたい」 そんな方にイチオシなのが、です。 英会話を勉強していた友人が、「スクールやオンライン英会話のビジネス英会話は高いけど、これは良かった」と言っていたので、私も使ってみたのがきっかけです。 スタディサプリ ビジネス英語では、 ゲーム感覚でストーリーを楽しみながら、自然に実践的なビジネス英会話を身に着けられるようにレッスンが構成されています。 上の図のように、 Lv. 1 海外出張編(TOEIC400点レベル)では、「自己紹介をする」、「場所をたずねる」、「連絡先を交換する」など、 日常でもビジネスでも必要な英会話の基本が扱われています。 そこから、 Lv. 4 グローバル進出編(TOEIC860点レベル)では、「会議の進行」、「条件つきの許可」、「代案の比較」など高度なトピックが扱われるのです。 ストーリーは、ドラマ「下町ロケット」などを手掛けた脚本家、稲葉一広さんがオリジナルに書き下ろし。 ストーリーを楽しみながら、簡単な日常英会話から上級のビジネス英会話にレベルアップしていく 自然な流れは本当にお見事! アプリには、ネイティブ講師による丁寧な講義動画(画像左)や、英文法の復習動画(画像右)もあり、学校の英語に自信のない社会人の方でも安心です。 スタディサプリは有料アプリですが、 無料体験が1週間あり、本気で英会話を習得したい方は是非、試してみると良いでしょう。 ビジネス英語を学べる優れたアプリが少ない中、スタディサプリ ビジネス英語コースは、非常に貴重な優良アプリです。 自分への投資として、本気でビジネス英語をマスターしたい方におすすめです。 【スタディサプリENGLISH・ビジネス英語コース】を体験して思ったこと。 🆎仕事をテーマにしたストーリーが面白くて続けやすい。 🆎中学レベルの英文法を、総復習するのにも使える。 — 新けんてぃずむ kentyzm スタディサプリビジネス英語コース、メインストーリー以外に基礎英文法講座もある。 文法忘れてしまった社会人にも良さそうですね。 [英会話フレーズ] Real英会話 上で紹介したDuolingoやスタディサプリは、英語力をじっくり養成するためのアプリです。 でも、中には、 「 1ヶ月後に海外出張の予定が決まった!必要なフレーズをピンポイントで学習したい」 こんな事情がある方もいらっしゃるかもしれません。 (買い切りで980円)は、英会話フレーズを学ぶためのアプリとしては、最高レベルの人気と品質を誇るアプリです(android版は)。 「なぜ、そんなに人気があるのか?」 詳しくは、以下のレビュー記事を見て頂きたいのですが、その理由の1つとして、 知らないフレーズをネイティブのテリー先生に実際に質問することができるリクエスト機能にあります。 そして、リクエストしたフレーズは、 毎月新着フレーズとしてアプリに追加されます。 左の「心配」に関するフレーズは11件ヒットしていますが、これは1年前のデータで、2020年現在では22件に増えています。 まさに、Real英会話は 常に進化するアプリと言えるのです。 また、Real英会話のフレーズは、1度ダウンロードすれば オフラインでも検索可能です。 ですから、海外でネットに接続できない時にも、瞬時にフレーズを検索して利用することができるのです。 [リスニング] NHK WORLD RADIO JAPAN 次にリスニングを勉強したい方におすすめのアプリが、です。 NHK WORLD RADIO JAPANは、NHKによる日本の英語ニュースアプリで、 バイリンガルアナウンサーによる聞き取りやすい英語が特徴的。 例えば、英語ニュースのアプリの場合、CNNやVOAという選択肢がありますが、ネイティブのアナウンサーは たまに早口過ぎると感じることもあるでしょう。 その点、NHK WORLD RADIO JAPANは、発音はネイティブでありつつも、 日本人の英語学習者にとって聞き取りやすい英語になっているのです。 また、上の画像の通り、 全てのニュースにはスクリプトがついているので、スクリプトを読みながらニュースを聞けば、リーディングとリスニングを同時に鍛えられて一石二鳥ですね! 私は、英検一級の二次面接対策としてNHK WORLD RADIO JAPANを毎日聞いていました(英検準一級志望の方にもおすすめできます)。 一方、デメリットとして、やはり英語ニュースであるため、 英語初心者の方には難しいことが挙げられます(最低でも英検2級、TOEIC600点程度の実力は欲しいところ)。 初心者の方は、まずは上で紹介したduolingoやスタディサプリを使って、英語の基礎を身に着けられると良いでしょう。 NHK WORLD RADIO JAPANは、英語の中級者におすすめのリスニングアプリです。 政治、経済、社会問題などの幅広いトピックをカバーしており、英検の二次面接対策にもバッチリです。 [リーディング] POLYGLOTS は、世界中の英語ニュースを読みながら気軽に英語学習ができるリーディングアプリです(*iphone、androidどちらも対応。 無料プランと有料プランの両方がありますが、無料プランでも、驚くほど充実した機能を利用することができます。 まず、見て下さい、この充実したジャンルのラインナップを! ビジネス、マーケティング、テクノロジー、スポーツ、音楽、インテリア等々、他の英語リーディングアプリでは全く追随を許さない充実ぶりです。 自分の興味のあるカテゴリの記事を読むと、学習が長続きして良いですね~。 さらに、POLYGLOTSでは、上の画像を見て分かるように、「 日本語訳がある記事」、「 リスニングができる記事」など、英語学習者にとって利便性が高い仕組みも導入されています。 一方、 POLYGLOTSに掲載される記事は、ネイティブが読む記事と全く同じのため、英文の難易度は高めです。 ですから、英語初心者の方には、もう一つのリーディングアプリとして、を使うのがおすすめです。 studynowは、polyglotsよりも英文のレベルが易しく、真ん中の画像のように、1段落ごとに英文をチェックできる仕組みになっています。 また、スタディポイント(右の画像)では記事に登場した英語表現の解説まであるので、初心者の方には本当にありがたい仕組みです(しかも、画像には載っていませんが、各記事には重要英単語のまとめもあります)。 まとめると、英語中級者以上の方にはpolyglots、初心者の方にはstudynowということですね。 [旅行英会話] スタディサプリ 新日常英会話コース スタディサプリENGLISHには、これまで日常英会話コースがありましたが、2019年11月から、新たにがリリースされました! 新日常英会話コースは、「海外旅行英語」や「おもてなし英語」(=日本文化の説明など)に強みがあり、これまで旅行英語に関してイマイチなアプリが多かったですが、ようやく優秀なアプリがでてきた印象です。 新日常英会話コースでは、「ホテルにチェックインする」、「サービスについて確認する」、「朝食の時間を確認する」など、 海外旅行に必要な英会話をレッスンごとにしっかりと学ぶことができるのです。 かと言って、海外旅行やおもてなしの英語ばかりに特化しているのではなく、 基礎的な英会話もしっかりと扱われています。 「3日後に海外旅行を控えているから、急いで旅行英会話を学びたい」 というよりは、 「 1ヵ月後の海外旅行(or留学)に向けて、まだ時間があるから、しっかりと英語を学びたい」 という方に最適です。 NHK英会話講師のスティーブ・ソレイシィ先生による、分かりやすい動画解説も魅力的なポイントです。 動画解説と言えば、最近youtubeも人気ですが、間違った内容も多いため、 信頼できる教材を選ぶことも重要でしょう。 mikanは、良くも悪くもオーソドックスな英単語アプリで、英単語の意味を4つの中から選ぶ仕組みになっています。 このような仕組みのアプリは複数ありますが、では、なぜmikanがおすすめなのかというと、無料で使えるコンテンツの多さ(中学生、高校生、TOEIC、TOFEL、GRE向けなど)、レイアウトの見やすさ、動作の軽さなど、 総合的なパフォーマンスが優れているからです。 一方、IELTS Vocabulary Flashcardsは、海外製のアプリで、ILETSの試験対策用に作られたものですが、一般的な英語学習用に十分、使えます。 形式としては、mikanと同じく、単語カードを使った学習です。 このアプリのおすすめポイントは、 単語の解説が全て英語であることです。 英英辞典を使うと英語力が大きく伸びると言われますが、このように、 単語の意味を英語で理解する習慣は、英語力を伸ばす上でとても有効です(私自身も、高校生の時から、毎日のようにlongman dictionaryを使って辞書をボロボロにして、東大模試の英語でも偏差値85以上を取ることができました)。 自分が他人に英語で何かを説明する訓練になりますし、特に、日本人が苦手とする 関係詞の使い方が上達します。 このアプリは、日本語の表示が全くありませんが、海外製のアプリも使って、「英語を学ぶ」ではなく、「英語で学ぶ」ことにもチャレンジしてみてください。 なお、以下の記事では、その他にもおすすめの英単語アプリを紹介していますので、合わせて参考にしていただければ幸いです。 英単語の学習をするのであれば、無料アプリで十分です。 mikanやIELTS Vocabulary Flashcardsなど様々なアプリを試してみて、自分にピッタリのものを見つけましょう。 番外編:ごめんなさい!有名だけどあまりおすすめできない「iKnow! 」 さて、あまりアプリをディスるのは心苦しいですが、有名だけどあまりおすすめしないのが「」です。 なぜかと言うと、 提供している機能に比べて、月額1510円という料金が割高だからです。 iKnowは、脳科学に基づいた英語学習ができるというのが一つのウリですが、 結局のところ、中身は英単語の暗記アプリです。 (*iKnowでは単語だけではなく、英文も読むことができますが、それはmikanでも同じです) iKnowがリリースされた2007年当初には意義深いアプリだったと思うのですが、現在では、mikanなどの無料英単語アプリが充実しています。 また、DMM英会話の受講生でなくても、 無料体験が5回分可能ですので、気になる方は試してみても損はないと思います。 題材になっている会話文は実践的ですし、重要なフレーズには複数の例文が掲載されているので、徹底的にシャドーイングすればかなり力がつきます。 シーン別にフレーズがまとまっているので、ちょっとしたスキマ時間に学習すると良いと思います。 英語スピーキング ただフレーズを紹介するだけではなく、「AREA式」という討論の基本パターンを身に着けるという考え方がおすすめできる本です。 題材の英文も豊富なので、この本で論を立てるトレーニングをしましょう。 もちろん、ディベート用のアプリではないのですが、ディベートに必要なボキャブラリーを鍛えることができます。 以上、いくつか紹介しましたが、一番重要なのは、「シャドーイング」をするということです。 ビジネスやディベートでは、あまりじっくり考える時間がありませんので、徹底的にシャドーイングして、使える英語を脳内にストックしましょう! コメントありがとうございます! WSCに参加されるのですね。 一番重要なのは、メンバーとスタディガイドのテーマについてリサーチしたり、英語でのディベート練習をたくさん積むことです(当たり前のことが最も大切です)。 一方、個人的にできる努力としては、NHK WORLD RADIO JAPANよりもTed Talks のアプリを使った方がより実践的だと思います。 Ted Talksはバックナンバーが豊富にあるので、WSCのスタディガイドに記載されているテーマと似たトピックを検索してシャドーイングしましょう。 各スピーチにはスクリプトも公開されているので、知らない単語やイディオムを調べて勉強すれば、とても力がつきます。 また、各スピーカーの堂々とした姿勢から、模範的なパブリックスピーキングも学ぶことができるので、そういった意味からもおすすめです。

次の

【ガチ選び2019】マジでおすすめの英語アプリを厳選して紹介するぜ!改

英語 上達 アプリ

最近は単語から文法まで、さまざまな英語学習アプリが配信されています。 色々なアプリを試して自分にあったものを見つけられれば良いのですが、「これだ!」と思えるアプリに出会うまでに時間がかかり、なかなか大変ですよね。 そんな人にオススメしたいのが、「リアル英語上達の道」。 たっぷりと学習コンテンツが収録されているこのアプリなら、英単語からスピーキング、リスニング力まで総合的な英語力がアップしちゃうかも!? 名称:リアル英語上達の道• 価格:無料• 販売:Modern English Studio Co, Ltd. まるで英会話スクールさながらの、充実した内容です! 「Lessons」の項目では、ネイティブ講師によるビデオレッスンを体験することができます。 講師のあとに続いてフレーズをリピートするよう促されるので、恥ずかしさを感じることなく自然と発話できるはず。 ネイティブが普段の英会話で使う表現を学びたい人にぴったりですよね。 単語だけではなく、例文も一緒に表示されるので、実際の使われ方をイメージしながら学習できるのもポイントです。 また「Lesson」や「Real English Vocabulary」に登場した単語をマークしておくと、自分だけの単語帳「My Vocabulary」をつくることができるんです! 「Conjugation System」では、苦手な人が多い「英語の時制」を重点的に学習できます。 こんなに豊富な学習コンテンツをすべて無料で使えるのだから、ちょっと驚きですよね。 広告表示を鬱陶しく感じることもあるかもしれませんが、ダウンロードして損はない内容です。 販売元のMESは他にもさまざまな英語学習アプリを提供しているので、「Level Test」で自分の英会話レベルを判断してから、より自分に合ったアプリをダウンロードしてみるのも良いかもしれませんね。

次の

無料でビデオレッスンが受けられる! アプリ「リアル英語上達の道」がすごい

英語 上達 アプリ

英語学習で「文法」を学ぶことはもちろん重要ですが、 英語を話せるようになるには「話す練習」をすることも大切です. しかし、練習するには相手が必要ですよね。 なかには、スクールに通う時間がない人や、費用をかけずに自分で学習したいと人もいるでしょう。 そんな人におすすめしたいのが 「スピーキング学習に特化したスマホアプリ」です。 スマホのアプリであれば、英会話スクールなどに通わなくてもいつでもどこでもすぐにスピーキング学習をすることができます。 ここでは、筆者が実際に使ってみてスピーキング力が上がったと感じたオススメのスピーキングアプリをご紹介するとともに、日本人がスピーキングを苦手とする原因、スピーキング力を上げる勉強術まで詳しくお話ししていきます。 話す機会がない• 日本の英語教育は「話す」ことを重視していない• 日本語に馴染みのない音が多い• 間違えるとか「恥ずかしい」と思っている それぞれの原因について詳しく解説します。 話す機会がない 学校で英語の授業を受けても、大半の指導者が日本語を使って説明していることが多く 「英語で話す機会(練習)」がほとんど設けられていません。 また、日本は英語を話せなくても暮らしていける環境であるため、「仕事で必要になった」など特別な理由がない限りスピーキングとは無縁です。 話す機会がなければスピーキングが上達する筈がありません。 日本の英語教育は「話す」ことを重視していない 日本の英語教育では 「文法」を中心に学び、「話す」ことは軽視されています。 その理由は、 「文法中心の教育はテストで採点がしやすい」からです。 したがって、日本人が英語を学ぶ際は「勉強意識」が高くなってしまい、話せるようになるための英語ではなく、受験やテストのための学習目的になっています。 結果として 「英語の読み書きはできても話せない」という人が多いのです。 日本語の母音には【あ(a)・い(i)・う(u)・え(e)・お(o)】の5種類に対し、 英語は母音が16種類もあり、さらに日本語にはない英語特有の子音もいくつか存在します。 これを使い分けなければ話す内容は相手に伝わりません。 以下はその一例です。 耳から聞こえた音を発音してみて、自分の耳で聞き、正しい音なのかどうかを確認してに調整していくものです。 つまり、 ネイティブの発音に慣れていないこともスピーキングができない原因ということです。 間違えるとか「恥ずかしい」と思っている 日本人は「完璧主義者」が多い国だと言われています。 多くの日本人は英語を話す際、「文法が間違っていたら恥をかく」「正確な発音でないと聞き取ってもらえない」と失敗することを恐れ、積極的に話しません。 間違っていても発音が下手でもどんどん話した方がスピーキングは上達します。 スピーキング力を上げる2つの勉強術 スピーキング力を上げるには 「とにかく英語をたくさん声に出す」ことが大切です。 そうすることで、英語の知識だけではなく音などの身体的な感覚を身につけることができます。 ただ英語を声に出して身体に覚えさせる方法だけでもスピーキング力を上達させることはできますが、さらに効率よく身につけるためには、• 間違ってもいいからとにかく話す• 大きな声で話す という2つのポイントを押さえてスピーキング学習を行うことで、より効果を実感しやすくなります。 では、2つのポイントの勉強術について以下詳しくお話ししていきます。 間違ってもいいからとにかく話す 英語がまったく喋れない状態でアメリカのメジャーリーグに挑戦した川崎宗則選手をご存知ですか? 彼は通訳もつきませんでしたが、下手な英語でも臆することなくチームメートとコミュニケーションをとり、メディアのインタビューも受け、チームメイトや多くのファンから愛されました。 以下は川崎選手がインタビューを受けたときの映像です。 正確な文法を学ぶことも大切ですが、英語を話せるようになるには、 間違ってもいいからとにかくたくさん話す方が上達します。 話す相手がいない場合は、後程ご紹介しますが、スピーキング学習に特化したスマホアプリなどを活用してAIロボット(人工知能)と英会話の練習したり、英会話レッスンを受ける方法もあります。 大きな声で話す 英語のスピーキングで一番重要な要素は、 「大きな声で話す」ことです。 なぜなら、少し文章が間違っていても、相手が頑張って理解しようとしてくれる場合が多いからです。 英語は「腹式呼吸」なのに対し、日本語は「胸式発声法」です。 この最大の問題点は「声が小さく、響かない」ということです。 したがって、 日本人が話す英語は声が小さいため、通じないのです。 英語を話すためには、文法や発音などの知識を学ぶことも必要ですが、相手に言いたいことを伝えるには「大きな声で話す」ことも大切です。 アプリを使ってスピーキング学習をするメリット スピーキング力を上達させるには、海外留学や英会話スクールに通うことが最も効果的です。 しかし、働いている社会人など通う時間を確保できない人もいるでしょう。 そんな人におすすめなのが、スマホアプリを使ったスピーキング学習です。 アプリを活用するメリットについてお話ししていきます。 いつでもどこでもすぐに始められる アプリを使って学習するメリットの一つは、「いつでもどこでも学習ができる」ことです。 英会話スクールの場合、決まった時間にスクールに通う必要がありますが、アプリなら 時間も場所も選ばず学習することができます。 また、自宅であれば周りを気にせずに勉強ができるので、外で英語を話す練習をするのが恥ずかしいという人でも安心して取り組めます。 低コストでできる 英会話スクールの場合、週1回のグループレッスンでも月1万円以上は必要です。 アプリの場合、有料アプリも英会話スクールほどの費用はかかりません。 また、参考書よりも安い費用で勉強ができるアプリも多く存在しており、 低コストで効率的に学ぶことが出来ます。 ゲーム感覚で取り組みやすい 英語学習は地道な作業をどれだけ長く続けられるかが重要なポイントになります。 学習となると苦痛に感じる人もいるでしょうが、アプリを使った学習は ゲーム感覚で楽しく学ぶことができますので、3日坊主にならず続けやすいです。 自分の発音を認識してくれて、解析・採点してくれる 英会話スクールの場合、レッスン時間内でしか自分のスピーキング力を採点してもらうことができません。 しかし、アプリであればAIなどによる発音の採点や、 自分が話した英語は正確なのかを24時間いつでも判定してもらうことができます。 テキストや書籍のようにかさばらない スマホ一つあれば教材もCDプレーヤーも必要ありません。 教材が必要な学習は準備に手間がかかるので短時間の学習にも不向きですが、アプリでの学習なら スマホを出してすぐに学習が始められるので、5分程度の隙間時間も学習に活用できます。 スピーキング力アップにおすすめのアプリ6選 英語学習アプリは数多く存在します。 しかし、その中から「スピーキング力アップ」を目的としたアプリを探すのは一苦労です。 また、購入してみたものの思ったより良くないアプリだったというケースもあります。 ここでは、 筆者が実際に使ってみて、スピーキング力がアップしたと成果を実感できた6つのアプリをご紹介していきます。 トーキングマラソン(TALKING MARATHON)• 6秒レスポンスで英語脳が鍛えられる• 1ヶ月あたりの発話量75,000語は英会話スクールの約20倍• 人気教材「キクタン英会話」をベースにした520の頻出フレーズ 人気教材「キクタン英会話」シリーズでおなじみのアルクが提供する、スピーキング・アウトプットに特化したスマホアプリです。 スマホが相手なので、「外国人と話す自信がない」という人におすすめです。 6秒レスポンスで英語脳が鍛えられる トレーニング内容は、表示された日本語文を英語に変換してスピーキングするという内容です。 実際やってみるとわかりますが、あれこれ考えていると6秒はあっという間です。 タイムリミットを設定している効果は 「英語脳が鍛えられる」ということです。 日本人が英語を話すときのプロセスは以下のようになります。 概念化・・・どのような内容の話をするのかを頭の中に思い描く。 文章化・・・単語や構文などの脳内データベースを使って文章を作っていく。 音声化・・・調音=口の中で英語の音声を作る。 日本語を話すときは無意識に上記を処理しているのですが、母国語ではない英語となるとそうはいきません。 そこで、 上記の処理を短時間で行えるようにするトレーニングが必要になります。 瞬間的に処理できる脳の状態が「英語脳」と言われています。 6秒というリミットが設定されていることで、この英語脳を鍛えることができます。 1ヶ月あたりの発話量75,000語は英会話スクールの約20倍 アプリでスピーキングをトレーニングするメリットとして、「間違っても恥ずかしくない」というのがあります。 英会話スクールなんかだと「間違えていたらいやだな」という気持ちでつい発言を控えてしまうことがあります。 しかし、スピーキング力を鍛えるには「とにかくどんどん話す」ことが効果的です。 また、英会話スクールの場合、1回40分のレッスンを週1回という通い方の人が多いですが、このペースで1ヶ月に発話出来る量は3,600語程度と言われています。 一方、トーキングマラソンは好きなだけトレーニングができます。 1日30分を週5日行うだけで、話す量は英会話スクールの約20倍、75,000語と言われています。 人気教材「キクタン英会話」シリーズをベースにした520の頻出フレーズ トーキングマラソンに出てくる会話フレーズは「キクタン英会話」の520個のフレーズをベースに作られています。 「キクタン英会話」は英語の映画・ドラマ、フレーズ集を分析し、よく使われるフレーズで英会話が学べる人気教材です。 フレーズは毎月追加される英会話シーンとともに更新されていくので、飽きることなく学習が継続できますね。 概念化・・・どのような内容の話をするのかを頭の中に思い描く。 言語化・・・頭の中で文章を作る。 調音・・・口の中で英語の音声を作る。 これは第二言語習得研究によって科学的に解明されていることです。 「スピーキングが苦手!」と言っても、じゃあどこでつまずいているのか?スピーキングを上のように3つのプロセスに分解するとわかりやすいですね。 SpeaKing Bizは上記3つのプロセスの「1. 概念化」「2. 言語化」でつまずいている人が、語順力やビジネスシーンで使う語彙力を鍛えるのに最適ななサービスです。 トレーニングの流れ SpeaKing Bizのトレーニングですが、まず最初に学習する単語が表示されます。 以下の画像では「cut」と表示され、日本語訳が下に表示されています。 次の画面で日本語の文章が表示されるので、先ほど出た単語(cut)を使い、英文を作成してスピーキングします。 「言えなかった」「言えた」どちらのボタンを押すと、答え合わせの画面になります。 この画面ではネイティブの発音も聴くことができるので、真似して何度も発話するとよいでしょう。 トレーニングはこのような流れで、学習する単語を使った様々なフレーズを学ぶことができます。 このフレーズは全部で3,360個用意されており、毎日ガッツリ学習してもやりごたえがあります。 実際のトレーニングは公式サイトに「トライアルレッスン」が用意されており、無料で試すことができます。 3つのLEVEL(制限時間)で英語脳が鍛えられる LEVEL1~3の3つが用意されていますが、出題される問題文はどのLEVELも同じです。 では何が違うのかと言うと「制限時間」です。 下のようにレベルによって制限時間が違ってきます。 LEVEL1・・・無制限• LEVEL2・・・15秒• LEVEL3・・・7秒 まずは無制限で試してみて、クリア出来たらLEVEL2、そしてLEVEL3へ、という風に進めることで、短時間で文章化する英語脳を鍛えることができます。 また、クラスは「STANDARD(標準)」と「ADVANCED(上級)」の2つが用意されています。 違いは問題の難易度です。 クラスはいつでも変更することができます。 料金は月1,242円~ 料金プランですが、学習する期間として以下の3つがあります。 速習コース(6ヶ月)・・・1日1時間学習が目安。 短期集中でビジネス英語を身に着けたい方向け。 標準コース(1年間)・・・1日30分学習が目安。 コツコツマイペースで学習したい方向け。 ゆっくりコース(2年間)・・・1日15分学習が目安。 隙間時間で学習したい忙しい方向け。 料金は以下のとおりです。 1,000円安くなるクーポンコードあり 申し込みの際、下のクーポンコードを入力すると全プラン1,000円割引になります。 ぜひご活用ください。 スタディサプリENGLISH新日常英会話コース 費用:無料 App内課金あり 対応OS:iOS、Android 開発会社: 英語初心者~中級者まで日常英会話が学べます。 1回最短3分程度のレッスンなので、通勤途中などの隙間時間で無理なく学習できるのが嬉しいですね。 レッスンの内容ですが、ドラマ仕立てのストーリーに沿って、日常生活や海外旅行で良くあるシチュエーションの会話を楽しみながら学べる仕掛けになっています。 英語アプリはなかなか続かないという経験のある人もいるかもしれませんが、ドラマの脚本は「ごくせん」や「ナースのお仕事」といった大ヒットドラマを手掛けた江頭美智留氏が手掛けています。 ドラマとしても面白いので、続きが気になって飽きることなく楽しくレッスン出来ます。 学べる主な内容は以下の4つです。 ゲーム感覚で学べるリスニングレッスン• リスニングトレーニングに最適なディクテーション• 1回約5分の日本人講師による動画レッスン• スピーキングレッスン&発音チェック 費用は1ヶ月1,580円~ 費用には以下2つのプランがあります。 最初の7日間は無料ですべての機能が使えるので、とりあえず無料で7日間やってみて、続けられそうかどうか考えてみると良いと思います。 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング OKpanda英会話 費用:無料 ライブレッスンは有料 対応OS:iOS、Android 開発会社: OKpanda英会話は、スマホで英会話レッスンを受ける事ができる英語学習アプリです。 採用率1%の厳しい選考をクリアした講師軍から、ハーバード大学、ボストン大学やニューヨーク大学出身の英語教育専門家が開発した学習プランで実践的な英語を学ぶことが出来ます。 わからないことなどがあれば、 チャットで24時間いつでもサポートを受ける事ができるので、これからスピーキング学習を始める英語初心者でも安心です。 初めの1ヶ月の無料お試し期間が終わると有料になりますが、 1レッスンあたりたったの228円と安い料金設定になっているので英会話スクールなどに通おうか迷っている人は、手始めに利用してみることをおすすめします。

次の