ビリオン ロード 評価。 PS4/SWITCH新作ゲームビリオンロードがクソゲーだった!口コミレビュー!

『ビリオンロード』の攻略テクニック・登場モンスターまとめ

ビリオン ロード 評価

友人と数年プレイして、1人で勝ち抜き30年をプレイしました。 街の絵がゴチャついていて見にくいのは、とりあえず置いといて、待ち時間がとにかく長い! 体感では自分のプレイ1に対して待ち時間が5、後半の年数になると10といった感じ。 序盤は他プレイヤーの移動待ちだけですが それもテンポが悪くて結構長い 年数が経つごとにテンテキ種とのバトル映像の時間、季節のイベント、 お店が流行ってる報告、融資の勧誘など増えて、それがいちいち画面が切り替わって時間を取ります。 全部が被った時にはいつになったらプレイさせてくれるんだってウンザリします。 モンスターの出現情報もプレイヤーの順番が一周するまでに2回は多いと思います。 テンテキ種の出現も、撃退後1ターン挟まずに再出現する事が何度もあるくらい出現頻度が高いです。 被害よりバトル映像の待ち時間が鬱陶しく、途中から撃退せず放置してました。 そしてこの殆どの映像が飛ばせないというのが1番の問題です。 桃鉄が大好きだったので、一応勝ち抜き30年やり終えましたが、途中何度も寝ました。 最後はウンザリして早く終わってくれとさえ思いました。 もう一度プレイしようとは思いません。 テンポの悪さ、映像が飛ばせないなどの難点を改善すれば良作になりえると思いますので、 アップデートに期待したいです。 1、2年であれば楽しめますが、もう一度プレイしようと思わないので低評価にしました。 上記が改善されない限りは低評価にしておきます。 小学生の子どもたちが、社会(地理と特産品)を覚えるのに苦労していたので、桃鉄を探して買おうと思っていました。 自分自身がウン十年前にやはり桃鉄で社会を覚えて楽しかったからです。 ところがいろいろ調べていて分かったのですが、プロデューサーのさくまあきらさんが、開発元とあまり良くない関係になっているとのことで、桃鉄の新作が出ないと噂されていました。 半ば諦めかけていましたが、Switchの体験版で本作があったので、試しにプレイしました。 結論を言えば、大変面白かったです。 桃鉄を知らない子どもたちも大興奮でした。 体験版を3回プレイして、子どもたちが口々に「ほしい!」と言っていたので、購入を決めました。 Amazonで新品で3000円を切っているのは大変助かります。 以下、ポイントです。 (1)テンポについて レビュアーの皆さんが「テンポが悪い」と書いていますが、おそらくアップデートのおかげか、テンポは良かったです。 試しにコンピュータ3人と人間1人の4人プレイで、3年間遊んだところ、ちょうど30分でゲームが終わりました。 設定でアニメーションをカットできるほか、文字のスピードも変えられるし、イベントも早送りできます。 桃鉄のそれと、そう大差はないと思います。 (2)コントローラーについて Switchに元々ついているJoy-Con2台で4人まで遊べます。 ゲームを始めるときに「人間が何人いるのか」「コントローラーは何台で遊ぶのか」と丁寧に聞いてくれるので、設定によっては1台でも4名遊べます。 ゲームの途中でうっかりコントローラーがどこかにいっても、途中で設定も変えられます。 ボードゲームなので、ソフト1本で4名が遊べるのはいいと思います。 (3)ゲーム性について(お邪魔モンスター、出目など) 桃鉄のボンビーに比べると、一発逆転感はずいぶん下がりました。 おかげで、あまり理不尽さを感じずにプレイできています。 サイコロの出目については、それほど恣意的なものは感じません。 仲間になるモンスターも、うまく使えば戦略性のあるプレイができるので、頭をうまく使った人が勝てそうな感じにはなっています。 (4)桃鉄との類似性について 各地域と特産品はほぼ同じです。 カードの種類(特急カードなどに相当するもの)も似ています。 まあ、別のゲームなので当然ちがう部分もありますが、タイトルが違うわりにはよく似てる、というのが正直な感想です。 個人的には、子どもたちに社会を覚えてもらうのが目的でしたが、目論見通りたのしんで覚えてくれているので、大満足です。 「福岡にIT企業があるね」「福島のラーメンって有名なの?」などと言いながら、プレイしています。 子どもたちにとっては桃鉄に似てるかどうかはどうでも良いみたいです。 Switchのゲームソフトはどれも高いですが、新品で3000円くらいなら格安だと思います。 家族や友人とボードゲームしたい方におすすめです。 桃鉄がどうしてもしたい方は、3DSの桃鉄(立ち上がれ日本)かWiiのバージョンを買えばいいと思います。 ほぼ桃鉄という事で前から気になっていましたが現在は値段もかなり安くなり、更に不評な部分がアップデートで改善されたみたいなので購入。 なんでしょうねこれ…。 キャラのカスタムやお供のモンスターなど新要素で桃鉄よりも楽しませようとしてる部分はあります。 にもかかわらず面白さが桃鉄には遠く及ばないんですよね…。 逆に桃鉄に寄せすぎて駄作にしてしまってる感じです。 キャラクター、演出、BGM、など基本的な部分がもの凄く微妙。 プレイしてて楽しさやワクワク感がありません。 フルボイスにしてもっと要所に効果音を増やして盛り上げるだけでも全然違ったのでは? 一番わかりやすいのがパッケージ画像を見ればこのゲームのレベルがわかると思います。 微妙な主人公キャラや伝わりにくいタイトルなど中身も全てがこのレベルのゲームです。 私は以前プレステででていた人生ゲームDXとかのシリーズを家族とプレイするのが大好きなのですが、そろそろ新しい感じのものが欲しかったのでゲームショップのチラシなどで見かける度に気になっていました。 でも値段がなあ…と思っていた所、たまたまGWで親戚の子供たちとswitchの人生ゲーム的なものがやりたいね!という話になり検索してみたら、なんと1700円程で販売されているではないですか!! 衝動的に注文をしそうになりましたがレビューの低評価が気になりました。 値段も妙に安すぎやしないか?調べてみた所、進行のテンポの悪さが低評価の原因のようで、今現在2019.5月時点では解決されているようです。 なのでそこを信じて結局衝動買いしました。 次の日に届いたものを早速プレイしてみた所テンポの良さは解決されている様に思えます。 設定で演出のありなしを選べるのようになっているのでハタラキ種モンスターの出現情報の演出は絶対にOFFにしておいた方が良いです。 毎月うざすぎるので。 1人プレイのモードもなかなか充実しているようで勝ち抜き戦のモードを進める事でアバターのパーツがアンロックされていくようです。 フリープレイではアンロックの要素はないので、その点は残念でした。 人生ゲームと比べると能力値や職業等の要素がないので自分の分身の人生に一喜一憂する要素には乏しいのですが、色々なアイテムやモンスターを活用して勝ちを目指すのはなかなか楽しかったです。 テンテキ種と戦う要素も巨大ボスとみんなで力を合わせて戦う感じが良かったです。 気になったのは短い年数だと目的地や展開が固定なのか似通っていてプレイ毎の目新しさがなかった点と1位と最下位の人に憑りつくモンスターの種類が少なかった点でした。 とくに1位の人に憑りつくモンスターが3回ほどプレイした時点で目的地にゴールした回数は15~20回程になるのですがでてきた憑りつくモンスターは有利なものが2種類だけで不利なものも4種類だけだったのでマンネリ感があり、ここをもう少し充実させて欲しかったなと強く思いました。 プレイ毎に新しい体験や気づきがあればもう一回!となるのですがこう同じものが続くとリプレイ性が低下するなあ…と感じました。 なんだかやたらと長いレビューを書いてしまいましたが、4人までできる家族向けのすごろくゲームとしては良くできていると思います。 安い値段なら1本持っておくとワイワイやるのに最適かと思います。 桃電はやり尽くしてしまい、新しい桃電がやりたくて似たゲームを探し買いました。 40年ぐらいやったところです。 だいぶ慣れたけど背景やっぱり見づらいです。 それが私は悔しいかな。 なんとなく一年過ぎるの待ってる感じで、燃えないんですよ。 一番強いのとやってから言えってやつですかね。 でも、ワンコロンがかわいくて手放せません。 めちゃくちゃ役立つし! アップデート後の件は皆さん書かれてるとおりです。 自分の番になったときの効果音?、あれが毎回びっくりする… 評価は中間で。 ずっとswitchの桃鉄新作を待っていました。 まさかこんな形で発売されるとは。 若い頃は99年がっつりやったり 兄弟、友達と恥肉の争いをした友情崩壊ゲーム桃鉄ですが 子どもが生まれ、穏やかに桃鉄をプレイする歳になりました。 子どもにはキングボンビーやハリケーンボンビー、ボンビラス星など トラウマになるようなシステムは厳しいし 途中で投げ出すこと間違いなしですが ビリオンロードは、ファミリー向け 可愛いモンスターを集めてワイワイやるには もってこいだと思います。 アイテム名が変わったりして戸惑うこともありますが、ほとんど桃鉄です。 スリの銀次などの人気キャラがいなくて 少しさみしいですが お安くなっていますし、子どもお友達と 楽しい桃鉄するならオススメです。 鬼畜モードでプレイしたい方 桃鉄ガチ勢の方には、物足りないかもしれませんが。 素直に楽しんでみましょう。 switchのグラフィックとても綺麗で 見ててウキウキします! 桃鉄ってつけたら、もっと売れたのになー。 ゲーム業界の闇ですな。

次の

【レビュー】桃鉄廃人がビリオンロードを10時間遊んでみた感想と強モンスター

ビリオン ロード 評価

お正月は家族でをしたい!というのが、結婚当初からの妻の夢でした。 しかし、は色々あって新作がでません。 正確には、2017年に6年ぶりの新作がでましたが、版。 大画面で家族でワイワイするのにはちょっと向きません(4人家族でやる場合は、4台のが必要。。。 ) そんなこんなで子供たちも9歳と6歳になった2018年の年末、気になるCMを見ました。 あれ?これでは、、、? (大人の事情では出ないことは知っていますが、これは似たようなゲームということで敢えて出したゲームなんだろうなぁ、、、と) で、先ほど家族4人でやっていた5年の対戦が終了したので感想を。 結論から言えば、とても楽しかったです!!!途中で、6歳の娘が泣き出すとかのハプニングがありましたが、無事4人でエンディングを迎えました。 プレイ時間は、初めてということもあり、7時間弱といったところでしょうか。 良かった点 モンスターという要素は新しく、その活用を考えながらプレイするのは面白かったです。 まだ5年の1プレイなのでモンスターも半分くらいしかでてこないので、今後やりこんでいくうちに更に戦略の幅が広がって行きそうです! 物件が増えたこと。 では、あくまで電鉄なので駅がメインでしたが、ビリオンロードはそうではないので、 これまでになかった都市の物件を買えるのも新鮮でした!!グンマーとしては、グンマーカードがあったり、前橋の物件があったりちょっといいです笑。 また家族ユースではとても大事なのですが、 いわゆるボンビー、トリツキ種がちょうどいい!まだ6歳くらいだと とか刺激が強すぎるんですよね。 立ち直れないというか。 その点、ビリオンロードはかなりマイルドで、子供達でも完走が可能になります。 また テンテキ種という災害モンスターがでるのですが、それをみんなで協力して撃退するのが家族の団結を深めるのにいいです!まあ、ちょっと言いすぎですが。 これを大人の本気モードであれば、あえて撃退に協力しないという選択肢もあり、なかなか良かったです。 改良した方が良い点 ちょっと マップがごちゃごちゃしていて、地理と特産品の関係が分りにくいです。 子供とプレイする目的には地理の理解と特産品の理解という裏テーマが存在するので、もう少しマップをわかりやすくしてほしいです。 あと 目的地表示も「呉」だけでなく「呉()」とかしてもらって方が、裏テーマとしてはよかったな、と。 イベントが少ないかも。 であった各種のグランプリなどのイベントが少なかったきがします。 まあ5年しかプレイしていないので、もっと長い時間があればでたのかもしれませんが 、を初代からプレイしているものとしてはちょっと単調に感じる部分がありました。 これは 良かった点の裏返しですが、刺激が弱いかなと。 もちろん、子供たちとプレイするにはちょうど良いのですが、大逆転を狙うことを考えるとカタストロフィが起きないのはちょっと。。。 なので、序盤で差がつくと逆転が難しいゲームになりそうです。 うちにニーズではないのですが、オンラインプレイがないのがガチ勢には物足りないかもしれませんね。 おススメ度 家族でプレイするには十分楽しめる内容になっていますので、みんなで集まってワイワイするのにはとても良いと思います。

次の

【ビリオンロード:感想】桃鉄の劣化だったスイッチ新作ボードゲーム

ビリオン ロード 評価

メンバー紹介 管理人 1979年生まれ 男性 既婚(娘6歳) 趣味:ゲーム、楽器 職業:企画職 好きなゲーム:JRPG全般、レトロゲーム等 先日家族と遊ぶ用にSwitchの「ご当地鉄道 for Switch!! 」を購入。 6歳の娘も楽しんでくれたようで一安心していたら、下記メンバーからビリオンロードの存在を明かされる。 現在聖剣伝説3リメイクプレイ中。 M氏プロフィール 1974年生まれ 男性 未婚 趣味:ゲーム、音楽 職業:技術職 好きなゲーム:FPS、死にゲーアクション、JRPG 夜になるといつもPS4かSwitchのどちらかがオンライン状態の、おしゃべりで愉快なアニキ。 年末に親戚で集まってビリオンロードをプレイしたとのことで 、感想を伺ってきました。 O氏プロフィール 1986年生まれ 男性 既婚 趣味:ゲーム、サッカー、スポーツ観戦 職業:営業 好きなタイトル:JRPG、スポーツ、アクション M氏の会社後輩。 元スポーツマン。 スプラトゥーンが大好き。 FF7リメイクをクリアし、現在聖剣伝説3リメイクをプレイ中。 桃鉄的すごろくゲービリオンロード、ここが面白い! M「見ました、あんな感じなんですね。 桃鉄っぽいゲームだとビリオンロードとかは面白いですよ」 私「聞いたことあります」 O「ビリオンロードはそこそこ有名ですよね」 M「正月に親戚で集まった時に甥っ子たちと遊んでましたね。 ジェネリック桃鉄なんて言われてるみたいですね」 私「凄い表現だ」 M「イラストはどっちも土居孝幸なので、ビジュアルの印象は強いと思いますけど、割と桃鉄とも違った感じしましたけどね」 私「次の桃鉄はテイスト変わってますね」 O「見ました。 コレジャナイ感ありました」 M「それはネットでも言われてるみたいね。 あのちょっと垢抜けない感じが親しみがあって良かったんですけどね。 何か当てつけみたいに変えてきましたよね」 O「しがらみ感じます」 私「ご当地鉄道はビジュアルを見てこれ桃鉄みたいだなって勢いで買いました。 ビリオンロードの存在もどこかで知ってはいたんですけど、実際6歳の子供が遊ぶとなるとご当地鉄道の方が合ってそうかなって。 ルールも簡単そうだし」 M「ファミリーで楽しめそうですよね。 ご当地キャラ出ますしね。 ビリオンロードはモンスターなんかも可愛いですよ。 ここが桃鉄との大きな違いですね。 道中モンスターを3体まで仲間に加えることができて、他プレイヤーに取り付いて悪さをしたり、サイコロを多く振ってくれたり。 桃鉄でいうカードに近い役割ですね」 私「じゃ、本当に桃鉄出る前にSwitchで桃鉄みたいなゲームやりたいっていう時はビリオンロードの方が近かったんですかね」 M「そうだと思います。 買ってから言うのも何ですが(笑)」 桃鉄的ではあるけれどビリオンロードもご当地鉄道も別物! M「ただやっているとやっぱり桃鉄とは違いますね。 桃鉄よりも控えめですね。 桃鉄ってキングボンビーが取り付いてしまうと、トップだったプレイヤーが1ターンでいきなりどん底に突き落とされるみたいな大逆転があるじゃないですか。 そういうところが抑えられていたかなって」 O「バランスが良くなってるんですかね?」 M「良し悪しはプレイヤーによりけりかもしれませんが、だいぶ調整されてますね。 あの過激な感じが面白いよねっていう場合は桃鉄が良いかもしれません」 O「戦略性とかはどうですか?」 M「そこもモンスターがいることで桃鉄とはまた違った布陣の敷き方ですね。 あとイベントは桃鉄よりちょっと少なめかなという印象ですね。 だから桃鉄っぽいけれど、やっぱり桃鉄とも違う。 ご当地鉄道どうでした?」 私「まだ2〜3周しかやっていないけれど、ややパターンは決まってますね。 バリエーションは少ないかも。 子供なんかは理解しやすそうでしたけど。 あとカミさんも」 M「普段ゲームしない人なんかはあまりゴチャゴチャしていない方が良いでしょうね」 ご当地鉄道とビリオンロード、どっちが面白い?低年齢層はご当地鉄道が良い? O「管理人さんが買ったご当地鉄道とビリオンロード、どっちが面白いんでしょうね?」 私「ビリオンロードは実際やってはいないけど、今話を聞く限りでは別物だよね」 M「そうですね。 ただ、小さいお子さんと一緒に遊ぶ分にはご当地の方が良いのかな」 O「物件の強化とか、不動産の概念が分かっていないと難しいのかな」 M「いや、実際甥っ子も同じくらいだったんですけど、普通に楽しんでいましたね。 不動産がどうこうというよりも、マスを進める。 止まったところでとにかく買う!同じ場所に止まったら、また買う!お金が無ければ買えない。 そうすると、なんか年度末になるとお金がいっぱい貰えて嬉しい!みたいな程度に分かってさえいれば全然問題ないかと」 私「子供によるのかも。 戦略的に考えるということがちょっと難しそう。 かけひきだったり、どのくらいの配分で投資するか、お金を掛けるのか?うちの子は割と慎重派なところがあって、キングボンビーみたいなもので理不尽な損害受けたら途端にやる気削がれると思います。 そういう意味ではご当地鉄道は平和的に楽しめた」 M「ビリオンロードの時も甥っ子は拗ねてましたね(笑)ある程度家族の接待はありましたけどね。 もうそこはゲームに限らず家族で楽しむのは鉄則ですね」 私「あとうちの娘はご当地はやれ桃太郎可愛い、くまもん可愛い!で楽しんでましたね」 M「女の子だったらなおさらでしょうね、キャラものは。 326ビュー• 188ビュー• 155ビュー• 140ビュー• 139ビュー• 135ビュー• 129ビュー• 125ビュー• 122ビュー• 97ビュー• 97ビュー• 91ビュー• 85ビュー• 81ビュー• 79ビュー 【通りすがりのゲーマーさんたちのコメント】• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より 【カテゴリー】•

次の