高橋 大輔 ツイッター 伊達巻。 村元哉中(かな)の プロフィールや経歴、インスタ、Twitterは?高橋大輔とアイスダンスのパートナーに!

「高橋大輔」 ブログ検索 皆声.jp

高橋 大輔 ツイッター 伊達巻

先日、「氷艶」第2弾「月明かりの如く」を観劇してきた。 先行抽選予約で張り切ってチケット予約し、きっと外れるだろうと複数枠応募したものが全て当選。 しかも当日券も出るという…。 もしや、売れていないのか…?と一抹の不安を覚えたが、断言する。 これを見逃した人は、大きな悔いを背負った。 確かに、安い料金ではない。 しかしアリーナ席23,000円+手数料で23,810円を払ったとしても、これは絶対に観るべき作品だった。 (追記:複数当選はあったが、実際公演は連日ほぼ満員、日によっては当日券を買えないほどの人が会場に押しかけたようだ。 ) 実は筆者も、芝居と歌を齧っている。 合唱団の一員として1,500人レベルのホールで歌ったこともあるし、300人レベルの舞台で芝居を打ったこともある。 その程度と言えばその程度だが、舞台経験がある者からすると横浜アリーナという「舞台」は、正直わけがわからない。 一万人レベルの収容人数に、十間どころの話ではない舞台。 極めつけが「正面がない」こと。 そんな舞台でどうやって芝居をみせればいいのか、はっきり言って見当がつかない。 もちろん、スケーター達はあの舞台でスケートの演技をすることには慣れているだろう。 そういう意味では、芝居人たちよりも「正面がない」ことへの抵抗はなかったかもしれないが、主演 高橋大輔選手はあの舞台で初めて演技をして、初めて歌を披露したのである。 しかもそれがちゃんと成り立っていたのだ。 最早化け物と言っていいレベルだ。 きっと台詞があるであろうことは開演前から予想していた。 しかし、以前バラエティ番組で見せた即興芝居から、「臭い芝居」か「棒読み」になるのでは、と思っていた。 そう、 「高橋大輔」という人を侮っていた自分を大いに反省したい! 純粋に芝居人として観るならば、滑舌や発声など改善できる箇所はあるだろう。 だが、ではそれらがしっかりできる人があそこまでの滑りをできるだろうか。 そう、彼は現在世界で唯一の存在に、再びなったのだ。 かつて 「世界一のステップ」と言われた高橋大輔選手が、世界唯一の表現者に。 それには、競技への復帰も大きく寄与しているだろう。 「変態ステップ」の呼び声高い名プログラム「マンボ」を「前よりいいかも」というレベルまで自分を押し上げた努力には脱帽する。 流石の足裁き、身体のキレと身体的表現力で全ての観客を魅了した。 殺陣や郡舞ももちろん素晴らしかったが、筆者はやはりソロで舞う終盤の滑りに心を打たれた。 昨シーズン終了後に出た「生涯現役」という言葉をどう捉えるか、少し受け取りが難しかったのだが、今回のパンフレットにある宮本亜門氏との対談と、この舞台での演技を観てすとんと腑に落ちた。 表現者として生涯現役を貫き、表現の為になることは何でもやる。 その貪欲な探求心が、この氷艶を成功に導いたのだろう。 そしてそれは後輩たちへの強烈な着火材でもあると思う。 片手間ではなく、全力ですべてに取り組む先輩。 この32歳に現役選手達は、負けてはいられないだろう。 滑りのキレという意味では、織田信成さんにも言及したい。 プロに転向してから四回転を跳んだ織田さんは、彼のキャラクターを存分に活かした悪役を開拓していた。 パンフレットには「新しい織田信成を」と書いてあったが、筆者の目には織田さんらしい悪役で、楽しく演じているのが見て取れて非常に好感度が高かった。 出番こそ高橋選手に比べれば少なかったが、主役以外で唯一空を飛び、大きなインパクトを残してくれた。 出番が少なくて残念だったのが鈴木明子さんだ。 光源氏の異母兄、朱雀帝の妻を演じた鈴木さんは現役時代からの安定した表現力で難しい役所を滑りで魅せてくれた。 前回の氷艶で悪役を開拓した 荒川静香さんは、堂に入った悪役ぶりが見事だった。 オリンピックや現役、引退後もあれほど華麗だったイナバウアーが、華麗は華麗なのだがなんとも禍々しい雰囲気を醸し出し、最高の悪っぷりであった。 (余談だが筆者はこのイナバウアーを見て「ワンピース」のハンコックを思い出した) 今回スケーターでは唯一貴族ではなく海賊を演じた 村上佳菜子さんは、素直な演技が好感だった。 パンフレットによると今後芝居にも興味があるとのこと。 今回はいささか素直すぎる歌と芝居だったが、伸びしろは非常に大きそうなので、今後の活躍に期待したい。 そして今回サプライズのキャスティングは、やはり海外スケーターの2人だろう。 ステファン・ランビエールさんは高橋選手の一度目の現役時代にライバルとして多く戦ってきたスケーターで、その関係性が役の上でも非常に活きていた。 個人的にステファンさんは悪役に見えない!と思いながら観ていたので、納得の納め方でもあり、そのような演技でもあった。 もう1人の海外スケーター、 ユリア・リプニツカヤさんは久しぶりにスケート姿を見たが、キャンドルスピンも健在で、何よりその可憐さが際立っていた。 ロシア広しといえど、紫の上をあの可愛らしさ、可憐さで演じられるのは彼女とシニアに上がったばかりのコストルナヤ選手くらいではないだろうか。 (コストルナヤ選手は年齢の割に大人びているので妖艶寄りかもしれないが。。。 )(あ、でもラジオノワ選手も、もう少し活発な紫の上ができそうである。 ) 役者陣に話を移すと、まず 本当に驚いたのが福士誠治さん。 観劇している時はてっきりスケート経験者だとばかり思っていたが、今回の稽古がほとんど初めてのスケートとのこと。 福士さんは以前ドラマ「のだめカンタービレ」の黒木役で、そこでも難しいオーボエを随分吹きこなしていたと聞いたが、その役作り、芝居に向かう真摯な姿勢がここでも大いに発揮されたようだ。 終始安定した演技力とスケート力で光源氏を支え、芝居とスケートを繋ぐ大きな架け橋となっていた。 それから 平原綾香さん。 筆者は前述のとおり歌も齧っているが、 氷上であの歌唱力はもう意味不明レベルだ。 彼女も相当な努力家であり、出演が決まってからはほぼ毎日、多いときには5時間も氷に乗っていたというから、早い段階からスケート靴のあの細いブレードでも重心を安定させる術を体得したのだろう。 それは 元タカラジェンヌの柚希礼音さんにも言える。 彼女の力強い歌声、広い場所で遠くの相手まで届けるパフォーマンスは圧巻だった。 時間の関係だろうが、「男として育った女」という設定を活かしきるにはあっさりした展開だったのが少し消化不良でもったいなかった。 そして、 西岡徳馬さん。 あの貫禄のある大俳優がカンパニーに加わったことで舞台全体が非常に締まったように思う。 個人的には以前年末のバラエティ番組で大変身体を張った笑いを提供してくれたことが強く印象に残っているのだが、御年72歳にして新しいことに挑戦する意欲に感服である。 そういった意味では高橋選手と通ずるものがあったのかもしれない。 あまり多くの共演シーンはなかったが、カーテンコールなどで良好な関係性が伺えた。 今回興味深く観ていたことの一つに、 アンサンブルの存在もある。 アイスダンスの現役である村元哉中選手を始め、スケート経験者も多くいたようだが、明らかにフィギュアスケート用ではないブレードの出演者もいた。 それぞれがそれぞれの得意分野を持ち寄り、さらに新しいことに挑戦するという姿勢がアンサンブルにも徹底されていたようで、そのことがあれだけ一体感のある全体の作品を作り上げたのだと思う。 それだけのまとまりを作った 座長 高橋大輔選手と、そしてそれを導いた演出家 宮本亜門氏の手腕に最大級の讃辞を送りたい。 ただ一つだけ残念だった点を挙げるとすれば、上演中のお客さんの出入りで扉からかなり光が漏れていたこと。 横浜アリーナという会場を考えれば致し方のないことではあるが、できれば扉の外側に暗幕を垂らすなどの一工夫があれば、文句なしであったと思う。 しかし全体として、とにかく本当に素晴らしい作品だった。 アイスショーでもなく、舞台でもなく、適当な言葉が見つからない、そんな新ジャンルを見事に軌道に乗せたように思う。 また同じ演者を揃えることは至難だとは思うが、再演、そして海外公演の実現を切に願っている。 次なる展開がどうなるか、非常に楽しみに待ちたい。 追記:なお、この公演の様子は9月1日 日 にBS日テレで12:05〜、10月5日 土 、10月26日 土 にはCS日テレプラスにてTV放映されるとのこと。 未見の人はもちろん、会場で見た人も必見だ。

次の

村元哉中(かな)の プロフィールや経歴、インスタ、Twitterは?高橋大輔とアイスダンスのパートナーに!

高橋 大輔 ツイッター 伊達巻

先日以降飽きもせず、高橋大輔という人について考えている。 ソチオリンピックの演技で衝撃を受けて後、彼の主に競技会における演技を2005年〜2014年の間、動画が見られる範囲で延々繰り返し鑑賞させてもらった。 アップダウンの激しい戦績である。 大体において、アスリートなるものは肉体的ピークを迎えた場合徐々に戦績が落ちていくものではないだろうか。 世界選手権一つとっても、2010年1位、2011年5位(アクシデントの為ではあろうが)、2012年2位(1位であってもおかしくはなかったが)、2013年6位。 まあ、アップダウンがあるとは言っても常に10位以内に入っているわけで選手生活の長さから言ってもそれ自体輝かしいことではあるのだが。 私はいわゆる「スケオタ」と言う人間ではないので、技術的なことや採点方法に関してはそんなに興味がない。 ただ高橋大輔を見ていて、彼の演技だけでもってスケートについて語るのも木を見て森を見ず的感が否めないので、主に活躍されている海外選手及び国内選手についても鑑賞してみた。 そこで気になったのがネット上で高橋大輔について調べると必ず出てくるのが、パトリック・チャンと羽生結弦である。 前者は爆上げとされる不可解な高得点と、後者は採点についてもであるが主にそのファン同士の争いについてである。 先にも書いたように私は採点方法に興味がない。 もちろん個人的に見てもチャンの演技を見て、ちょっとほかの人と比べても高くないか?と思うことはないでもない。 でもとりあえずスケートファンでもない人間が見て、あー、綺麗に滑るなあと感じたのはチャンと高橋大輔であった。 感じる質感は違うが力強く途切れることのない、滑り出しから演技の終わりまで1本の線で描けるようなのがチャンの滑りであるとすれば、氷を削っているとは思えない、まるで撫でているかのような柔らかで自由なタッチなのが高橋大輔の滑り(あくまでど素人の『感覚』による感想であってなんの裏付けもない)。 ほかの選手を見ると、スケートって大変なんだなあ、それなのにジャンプとか飛ぶんだ、すごいなあ、と言った心持ちが先行するが、二人の滑りを見ていると、まるで自分も滑れるんじゃないかと錯覚させられるほど微塵も大変さを感じないのである。 どんなことでも大変さを感じさせないまでになるには、相当の技術と体力が必要だ。 そしてそれをこなすだけの精神力も。 長年スケートファンでらっしゃる方々のブログなども覗かせてもらったが、やはりチャンに対して得点が出すぎていると言う方が多かったように思う。 しかしそのチャンと高橋大輔は仲良しなようで、記者会見などでは仲良くじゃれあっていたりお互いにニコニコして讃え合っていたりしていた。 彼の表情からはチャン当人に対してわだかまりはなかったように思う(ジャッジや採点のシステムについては知らないが)。 ここからは全くの推測ではあるが、おそらく高橋大輔はチャンその人の技術に対して負けを認めても致し方ないか、と納得出来るだけのものを持っていたのだろうと思う。 少なくとも本人が納得出来るだけのものをチャンが持っていたのだろう。 チャンその人に接する高橋大輔の表情を見る限り、とりわけ複雑な心境と言うのは見られない。 しかし羽生結弦となると話は別である。 高橋大輔の表情は羽生結弦について語ろうとするとにわかに曇る。 私は今までロックミュージシャンのファンであったことは数々有り、彼らは本当に曲者でしかし曲者でありながら同時に恐ろしい程の正直者で、しかし長年ファンをやっているとライブや雑誌やもちろん曲そのものから、大体ああ、今こんな感じなんだな、と調子の善し悪しまでわかってくる。 顔色や目の動き癖などから分かってしまうものなのである。 (誰かのファンを長年やっている方はわかると思うが) その目線で見ると、羽生結弦という名前を出された時の高橋大輔の表情は、年々曇っていく。 おそらくは高橋大輔の思う以上に羽生結弦が急成長したこともあろうし、なんとなく調べていくうちに周囲から強引な世代交代を図られそうになったとかいう話も目にした。 2012年の全日本で高橋大輔は2位になる。 しかしあの演技は恐ろしい。 フリーの道化師だ。 前も言ったけどあれは競技じゃないって。 ただエモーショナルなものが好きな私としては、あれはなんだろう、少々寂しくもある。 個人的な趣味でしょうと言われればそれまでなのだが(正直あの道化師の曲は好きではないし)、高橋大輔の良さはそこじゃあないんじゃないかと感じてしまう演技でもあった。 もし仮に彼が当時あったとされている強引な世代交代の為に、ショートプログラムの点数を不当に下げられていたとして、それに負けまいとしてあの演技をしたのだとしたら、違うと思うのだ。 この件だけではなくフィギュアスケート全体で不正な採点方法を疑問視する声も多数あるようだ。 男子は4回転を2本も3本も飛ばなければ話にならないのに対し、女子は浅田真央が3アクセルをいくら飛んでも認められないという、男女で明らかに方針の違う採点というのも、単純に考えても統一性はないし。 話を戻す。 なぜ神演技ともいわれている全日本の道化師が違うのかと言われると。 ここからもものすごい憶測だが、前にも書いたのだが、高橋大輔の本質はアーティストだと思う。 アスリートの魂を持っている人間は、対外的に敵となるものを見つめ攻略し倒すことを良しとする。 その敵とは実際の選手であったり、タイムであったり、記録であったりする。 しかしてアーティストとは対外的なものを倒して満足のいく種類の人間ではない。 むしろ虚しさを感じてしまう人種である。 倒してどうなるの?という疑問がわく。 アーティストという種類の人間は、自分の内面を自分なりの方法で表現し、見てもらう、僕はここにいるよと知ってもらう(そして大歓声をもらうのが一番だが)ことが大切なのだ。 もしあの道化師の時、高橋大輔の体の中に自分を不当に評価したジャッジやそのほかよくわからない団体の人間に対する怒りがあって、それと戦おうとしたのなら、私はそれは間違いだったと思う。 彼が戦わなければならなかったのは羽生結弦でもなく、不当なジャッジでもなく、その前一番良い演技をした時の高橋大輔自身でなければならなかったはずだ。 なにせ彼はもうフィギュアスケートという枠では収まりきらないものになっている。 「高橋大輔というジャンル」と書いていた方が居たけれど、本当にその通りだと思う。 羽生結弦は素晴らしい選手だ。 19歳であのメンタリティはすごい。 尊敬に値すると思う。 でもだからこそ高橋大輔は彼を恐るるには足らないのだ。 羽生結弦はもしフィギュアスケート選手でなくても、どんな道であれ成功するタイプの人間だ。 フィギュアスケートを取り上げられても彼は他でいくらでも成功できるだろう。 人としての安心感が高橋大輔と段違いだ。 でもだからこそ恐るるに足らないのだ。 高橋大輔がフィギュアスケートしていなかったら、なんてこの競技を少しでも愛する気持ちがあれば誰もが思いたくもないことだ。 想像もつかないし、したくない。 生まれた時からスケート靴履いてたんじゃないの位の気持ちだ。 きっとオリンピックが終わるまでは、自分が一番だと(少なくとも日本では)思いたかったし思い込ませようとしていたんだろう。 負けを認めたと言っていたが、なんで贅沢なことを言うんだろうと思った。 順位はもちろん6位だったかもしれない。 彼の重石になっていた羽生結弦は金メダルだ。 彼がとった金メダルは紛れもなく彼の力で獲った。 彼自身のものだ。 でも高橋大輔の演技は見ているみんなのものになった。 それを敗北というんだろうか?捉え方次第だが。 まあ、色々書いたけど結局高橋大輔という人は欲張りで贅沢だなあ、と思う。 アスリートとして勝ちたいと思いながらアーティストとしてこだわり、一番でありたいと願いながら本当に望んでいるのは順位ではなく、周囲の人々の関心であったり(じゃなきゃあんなに気は遣わない)。 アスリートなんだからジャージ着てりゃあいいものを、だいたい首になんか巻いているし。 だからこそぶち当たる壁も多いだろう。 そして理解されないことも多い。 しかし調べてみて思ったがアイスショーのチケットの高さったらない。 正直申し上げて私はあの値段では見る気がしない。 これだけ高橋大輔について語ってもだ。 まあ、経費がかかるのは理解できるがあんな価格のチケットを買える年齢層というのは自ずと限られてくる。 だからこそ高橋大輔のファンの方々もある程度妙齢の女性が多いのだろう。 それはアートの側面から考えた場合、非常につまらないことになる。 これではアイスショーというものは妙齢の女性が見るもの、という固定観念ができてしまう(し、もしかしてもう出来てるのかもしれない)。 利益の面では仕方のないことかもいれないが、スケートというものの浸透を図るのであればもっと気軽に見に行けるものにしなければ、いくら私のように関心を持っても経済的に余裕のない人間は見に行かない。 そんな貧乏な客はいらないよ、っていう商売をすると必ず衰退してしまうのにね。 お目ききの通りなんですが、フィギュア界の問題がありまして、少しだけ説明させて下さい。 音楽のライブは自分で場所を借りても路上ですらできます。 でも、スケーターが滑り続けるには、結果を出さないとさっさと辞めなければいけないほどお金がかかるし、大手スポンサーがついてやっと何とか滑っていける。 そしてプロの世界で滑るには、なんといっても結果。 どんな魅力のあるスケーターでも、どんなに上手くとも、メダルの結果がプロスケーターとしての身分に一生関わるのです。 その時の実力だのオーディションだのではありません。 そこが、他のステージの世界と全く違うんです。 やりたいからってやれるものでなくて、みんな続行をあきらめていきます。 メダルが引退後を全て決めちゃうのです。 アイスショーはすごく減ってます。 日本でだけが多いですけど。 バレエとか、他の世界がうらやましい。 踊って歌って食べて行ける人の数がとてつもなく多い。 それだけの仕事がある。 スケートはまだまだすごく狭いです。 はじめまして• 恐らく最後の方のチケット代の辺りに対しての事なのかな、と思いますが、言葉足らずでごめんなさい。 一応そのような事情があることは、フィギュアについて調べる内に目にはしておりました。 その辺りの文章は運営するサイドへ向けたもので、スケーターの方個人に対し向けたつもりはございませんでした。 競技を続けていく上での経済的な問題については、トップ選手とその他の選手の間に大きく違いがあるかと思うので、ショーについて私が思うことを少しお話させて下さい。 例えばはじめましてさんのおっしゃる様に、音楽ならば下は路上ライブから上は外タレのドームツアーまでチケットの価格はピンキリです。 見る方はその中から好きな(または購入可能な)価格帯を選ぶ事ができます。 そこで良いと思えば更に良いものを求めて、上の価格帯に手を伸ばす事もできます。 詳細に調べた訳ではないのですが、日本で行われているアイスショーはほぼ同じような高額だと思います。 氷そのものを張っておく事がとてもコストのかかる事である事は存じています。 なので色んなショーがあっても良いのに、と思うのです。 既存のショーの様なとても豪華なメンバーで華やかな衣装や照明のものも、何の飾りもライトアップも無いような常設リンクで地元の選手が中心に行う様な手作りのショーや、選択肢を見る側に幾つか提示出来ないものなのかな、と感じる事があります。 今のアイスショーの在り方を傍から見させて頂くと、スケーターの皆さんの魅力にだけ頼った物に見えます。 ショーを運営する側が、そのショー単体でどれだけ利益をあげられるかと言うことにフォーカスしている、そんな感じを受けてしまいます。 まあこれはアイスショーに限った事ではなく、日本の経済全体がそのような風潮ですから致し方ない所もあるのかもしれませんが… 何だかまとまらなくなってしまいましたが、つまりもっと気軽にフィギュアスケートの演技そのものに触れる機会を設けた方が良い、と言うことを言いたかったのです。 (もちろんその努力を選手個人に求めるつもりはありません。 ) 選手以外にもフィギュアに関わる人達がいるはずですから、是非そういう人達に草の根的な活動をして頂きたいな、と思います。 17 recent comment.

次の

高橋大輔選手、リノベーションに初めて挑戦。スカイコート「D

高橋 大輔 ツイッター 伊達巻

1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。 今回(3月26日~4月1日)は、フィギュアスケート男子のバンクーバー五輪銅メダリスト、高橋大輔選手がファッション誌に登場したニュース、佐藤健さんが主演する映画が今秋公開されるニュース、高橋一生さんと斎藤工さんが入社式に登場した話題などが注目された。 前後編で取り上げる。 高橋選手が3月28日に発売されたファッション誌「VOGUE JAPAN(ヴォーグ・ジャパン)」(コンデナスト・ジャパン)2019年5月号に登場した。 高橋選手が同誌に登場するのは約5年半ぶりで、昨年の復帰後、初めてファッション撮影を行った。 高橋選手はファッションブランド「ジバンシィ」や「ジル・サンダー」などのモードなアイテムをナチュラルに着こなしている。 高橋選手は、前回の撮影を「ファッション誌の皆さんと撮影するということ自体がほぼ初めてだったので、最初の方はとにかく皆さんのパワーに圧倒されてしまって」と回顧。 今回の撮影を「ここ数年でヴォーグでコラボしたアイスショーが何度もありましたので『いつものチーム』で撮影するという感じで、楽しくリラックスして撮影に臨めました」と振り返った。 誌面には高橋選手のファッション写真のほか、インタビューも掲載。 復帰までの経緯や今シーズンのビジョン、同誌がアーティスティックコンサルタントを務めるアイスショー「氷艶 hyoen2019-月光(あ)かりの如く-」への思いを語っている。 4月13日スタートのテレビ朝日の連続ドラマ「東京独身男子」(同局系、土曜午後11時15分放送)で主演を務める俳優の高橋一生さんと、同ドラマに出演する斎藤工さんが1日、東京・六本木の同局で開かれた2019年度入社式にサプライズで登場した。 思いを持ち続けること、初志貫徹(が大切)」とアドバイスを送り、大きな拍手を浴びていた。 入社式には同ドラマに出演する滝藤賢一さんも登場。 斎藤さんが「元号が変わるタイミングで皆さんと過ごせることは、思い出深いです」と語ると、滝藤さんは「一瞬一瞬を楽しんで」と呼びかけていた。 また8日からテレビ朝日で放送されるバラエティー番組「テレビ千鳥」(月曜深夜1時59分放送)に出演するお笑いコンビ「千鳥」も登場した。 佐藤さんが、映画「孤狼の血」などで知られる白石和彌監督の最新映画「ひとよ」に主演することが3月29日、明らかになった。 「鶴屋南北戯曲賞」「読売文学賞戯曲・シナリオ賞」などを受賞した劇作家の桑原裕子さん率いる劇団「KAKUTA」の舞台作品を映画化する。 今秋公開予定。 佐藤さんは「白石監督の作品はほとんど見させてもらっていますが、ぜひいつかご一緒できたらと思っていた方ですので、今回は念願がかないました」と出演を喜び、「こんな環境で映画作りに励めることを当然と思わずに、幸せをかみ締めながらも精進していく撮影期間であればと思います」とコメントしている。 映画は、稲村家に起きた一夜の事件が、母と子供たち3兄妹の運命を大きく狂わせ、一家は、事件にとらわれたまま別の人生を歩み、15年後に再会を果たす……というストーリー。 佐藤さんは15年前の事件に縛られ、家族と距離をおいてフリーライターとして働く稲村家の次男の雄二を演じる。 鈴木亮平さんが稲村家で唯一、家庭を持っているが夫婦関係に思い悩み、幼少期より人とのコミュニケーションに苦手意識を持つ長男の大樹、松岡茉優さんが大樹と雄二の妹で、事件によって美容師になる夢をあきらめ、スナックで働きながら生計を立てる園子、田中裕子さんは15年ぶりに3兄妹と再会を果たす母こはるを演じる。

次の