高田 聖子 法隆寺。 高田聖子の元夫や子供、家族について。父親は法隆寺の僧侶高田良信?

朝ドラ・エールの怖そうな音楽学校の先生役は高田聖子!経歴と性格についても

高田 聖子 法隆寺

仏教学・歴史学研究でも知られた法隆寺(奈良県斑鳩町)の元住職で長老の高田良信(たかだ・りょうしん)師が26日、老衰のため死去した。 76歳だった。 奈良県出身。 葬儀は近親者で行った。 告別式は5月8日午後1時、奈良市富雄北1の7の7、公益社富雄会館で。 喪主は妻、登久子(とくこ)さん。 昭和16年生まれ。 龍谷大大学院修了。 同28年に法隆寺に入寺して佐伯良謙師の徒弟となり、得度した。 同寺の執事長や副住職などを経て、平成7年から10年まで第128世住職、聖徳宗第5代管長を務めた。 その後は長老。 法隆寺に伝わる寺宝の目録「法隆寺昭和資財帳」や「法隆寺寺史」の編さんを提唱するとともに、途絶えていた伝統行事も復興させた。 住職代行を務めていた平成5年には、法隆寺が姫路城(兵庫県姫路市)とともに国内初の世界文化遺産に登録された。 さらに、寺の悲願だった、百済観音像(国宝、飛鳥時代)を安置する百済観音堂の建立を実現させるなど、飛鳥時代に聖徳太子によって開かれた法隆寺の信仰と文化を守るために尽くした。 長老就任後は教学や信仰、歴史、建築、仏像、絵画など法隆寺にかかわるすべてを包括した学問体系「法隆寺学」の確立に精力的に取り組み、講演活動も各地で展開した。 主な著書に、「法隆寺の秘話」「世界文化遺産法隆寺を語る」「法隆寺辞典」「法隆寺学のススメ」などがある。 女優の高田聖子さんは長女。

次の

高田良信師が死去 法隆寺長老 76歳

高田 聖子 法隆寺

老衰のため、26日に76歳で亡くなった法隆寺(奈良県斑鳩町)の元住職で長老の高田良信師は、小僧時代に史料を見つけ出す「宝探し」に夢中になったことを原点に、法隆寺の教学や歴史、文化財の研究に情熱を傾け続けた。 奈良の代表的な学僧として知られ、独自の「法隆寺学」を提唱しながら、執筆や講演活動にも奔走した。 奈良の代表的学僧、「法隆寺学」提唱 高田師は12歳で法隆寺に入った。 寺では当時、壁画が焼損した金堂の修理が行われ、火災のショックから立ち直れない状況の中、蔵や天井裏で史料を見つけ出すことに没頭。 史料を発見するたびに師匠だった佐伯良謙師のところへ持っていき、説明を受けた。 高田師は生前、こうした「宝探し」が寺の歴史などに興味を抱く原点になったと語っていた。 少年時代の経験は旺盛な研究、執筆活動、さらに「法隆寺学」の提唱にまで発展した。 「法隆学問寺」とも呼ばれる教学の道場である法隆寺を支え、講演ではおおらかで親しみやすい人柄が多くの人たちを惹きつけた。 近年は病気療養していたが、平成27年3月には法隆寺の歴史に関心を抱いてから60年を迎えた記念に、著書『法隆寺学のススメ』を出版。 生涯にわたって抱き続けた同寺への熱い思いが伝わる1冊となった。

次の

法隆寺で生まれ育った女優・高田聖子が佐野史郎を案内!時空を超えた美に迫る『新美の巨人たち』

高田 聖子 法隆寺

sponsored link 高田聖子の元夫 高杉亘 高田さんは、3歳年上の俳優の高杉亘(たかすぎ こう)さんと2003年12月 — 2006年4月まで結婚していました。 二人は1998年ドラマで共演したことをきっかけに同棲を始め、5年後に結婚。 しかし、お互いの性格の不一致のため、結婚生活は3年間で終止符を打ちました。 その後、高杉さんは12歳年下の一般女性と結婚しています。 高田さんと高杉さんは離婚後も、友人として付き合っていて、関係は良好のようです。 高田聖子の子供 高田さんと高杉さんの間に子供はいません。 高田さんは離婚後は再婚していませんので、子供はいません。 子供がいないのなら、可愛いペットを飼っているのかも?と思いましたが、頻繁にあげているご自身のブログにも、特にペットのことは書かれていないので、一人の生活を満喫しているのかもしれませんね。 高田聖子の父親 高田良信 高田聖子さんの父親は、「法隆寺学」をライフワークとしていた、 高田 良信(たかだ りょうしん、)さんで、聖徳宗の僧侶(法隆寺長老)・仏教学者・歴史学者でした。 sankei. 1954年得度し、1965年、龍谷大学大学院修士課程修了。 法隆寺文化財保存事務所所長・法隆寺執事・執事長、法起寺住職を歴任し、法隆寺128世管主・聖徳宗第5代管長に就任。 百済観音堂の落成を機に退任し、法隆寺長老、法隆寺實相院住職を務めました。 出典:ウキペディア 法隆寺学とは 法隆寺などの奈良仏教は祈祷が第一で、檀家はなく、お葬式にはかかわらないので、高田良信さんも、仏教のお話を語ることはほとんどありませんでした。 良信さんは、法隆寺の歴史を徹底的に調べ上げ、古代史や考古学の学者たちとの論争にも積極的に行い、「法隆寺学」を提唱し、さまざまな謎を解き明かそうとしていたのです。 法隆寺に関しての著書を多数出版されています。 yuzankaku. 父親が僧侶だったからといって、聖子さんも熱心な仏教徒というわけではなく、年末には普通にクリスマスも家族で楽しんだとか。

次の