怖い話 殿堂入り。 洒落にならない怖い話 ぽぽぽぽぽ・・・:殿堂入り

怖い話にハマっています。みなさんが名作だ!殿堂入りだ!と思うような怖い話が...

怖い話 殿堂入り

なんというか、よく問題を当てられても答えられなくて、笑われるような感じ。 でも本人はへらへら笑ってて、特に暗くも無いし、鈍感という言葉が当てはまる奴だった。 ちなみにAは喋るとき少しドモり気味で、それも笑いのネタにされていた。 夏休み前、遊びと称して心霊スポットへ連れて行って脅かしてやろうという、 工房丸出しの幼稚な考えを思いついた俺達グループは、そいつに声をかけた。 一つ返事で承諾したA。 場所は現地でも有名なダムで、その周辺の探検という事に決まった。 そして当日。 真夏の夜、Aを含め5人はいたものの、 場所が場所だけにやっぱりひんやりとして、ちょっと不安になった。 それでもここまで来たなら行こう、という事で、 膝の辺りまで茂った草、湿って不安定な地面を進んでいく。 もちろん先頭はA。 ある一定の所まできたら4人そろって隠れてやろうという事になっていた。 (バカ高校の生徒の頭で考える作戦はこれが限界) 10分くらい彷徨ったとき、廃屋、というか小屋みたいなものを見つけた。 それを見つけてここがタイミングだな、と隠れようとしたとき。 小屋の入り口付近に、白い女が、もう本当にイラストとかで見る「髪の長い白いワンピースの女」がいた。 誰かが逃げろ!と叫んだ。 俺も走り出そうとした。 ところが。 Aが逃げない。 「おい、A!後ろ見てみ!早よ逃げるぞ!」といっても、きょとんとした顔でAは、 「ん、んー?なんか、お、おるんかー?(ドモってるからこんな感じ)」と。 どうやら彼だけ「見えて」ないらしく、きょろきょろしてそこから動こうとしない。 置いていくわけにも行かず、逃げるに逃げれなくなった俺達。 女が滑るように近付いてくる。 Aの方向ををこれ以上ない、恐ろしい笑顔で見ていた。 こいつを連れて行こう、みたいな、こいつなら気付かずに、見たいな・・・ やばい・・・とは思うものの何も出来ない。 とうとう女がAの隣りまで来た。 「なあんてな。 Aは女の顔に自分の顔を近づけ、面と向かって言い出した。 「おい、コラ。 こんなトコで彷徨う事しか出来んのかお前は。 いい加減死んだ事に気付け、このアマ。 」 ワンピースの女はもう笑っていなかった。 明らかに動揺した顔を2,3秒浮かべた後、ふっと消えた。 Aは最後に「そのほうがいい。 」と呟いた。 途端、雨が降りはじめた。 Aは唖然としていた俺達に向かって「ん?行こ、行こ。 いつもの口調に戻っていた。 俺達はAと本当の友達になった。 後にAにあの時の事を聞いた。 「んー、ん、あれはな、でき、できんねん、なんかな。 」 としか言わなかった。

次の

【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話まとめ【殿堂入り】

怖い話 殿堂入り

なんというか、よく問題を当てられても答えられなくて、笑われるような感じ。 でも本人はへらへら笑ってて、特に暗くも無いし、鈍感という言葉が当てはまる奴だった。 ちなみにAは喋るとき少しドモり気味で、それも笑いのネタにされていた。 夏休み前、遊びと称して心霊スポットへ連れて行って脅かしてやろうという、 工房丸出しの幼稚な考えを思いついた俺達グループは、そいつに声をかけた。 一つ返事で承諾したA。 場所は現地でも有名なダムで、その周辺の探検という事に決まった。 そして当日。 真夏の夜、Aを含め5人はいたものの、 場所が場所だけにやっぱりひんやりとして、ちょっと不安になった。 それでもここまで来たなら行こう、という事で、 膝の辺りまで茂った草、湿って不安定な地面を進んでいく。 もちろん先頭はA。 ある一定の所まできたら4人そろって隠れてやろうという事になっていた。 (バカ高校の生徒の頭で考える作戦はこれが限界) 10分くらい彷徨ったとき、廃屋、というか小屋みたいなものを見つけた。 それを見つけてここがタイミングだな、と隠れようとしたとき。 小屋の入り口付近に、白い女が、もう本当にイラストとかで見る「髪の長い白いワンピースの女」がいた。 誰かが逃げろ!と叫んだ。 俺も走り出そうとした。 ところが。 Aが逃げない。 「おい、A!後ろ見てみ!早よ逃げるぞ!」といっても、きょとんとした顔でAは、 「ん、んー?なんか、お、おるんかー?(ドモってるからこんな感じ)」と。 どうやら彼だけ「見えて」ないらしく、きょろきょろしてそこから動こうとしない。 置いていくわけにも行かず、逃げるに逃げれなくなった俺達。 女が滑るように近付いてくる。 Aの方向ををこれ以上ない、恐ろしい笑顔で見ていた。 こいつを連れて行こう、みたいな、こいつなら気付かずに、見たいな・・・ やばい・・・とは思うものの何も出来ない。 とうとう女がAの隣りまで来た。 「なあんてな。 Aは女の顔に自分の顔を近づけ、面と向かって言い出した。 「おい、コラ。 こんなトコで彷徨う事しか出来んのかお前は。 いい加減死んだ事に気付け、このアマ。 」 ワンピースの女はもう笑っていなかった。 明らかに動揺した顔を2,3秒浮かべた後、ふっと消えた。 Aは最後に「そのほうがいい。 」と呟いた。 途端、雨が降りはじめた。 Aは唖然としていた俺達に向かって「ん?行こ、行こ。 いつもの口調に戻っていた。 俺達はAと本当の友達になった。 後にAにあの時の事を聞いた。 「んー、ん、あれはな、でき、できんねん、なんかな。 」 としか言わなかった。

次の

【厳選23話】殿堂入りの怖い話

怖い話 殿堂入り

セレクトショップ勤務の俺は時々海外買い付けに走らされる。 有名どころのブランドでなく、誰も知らない良いものを世界から買い付けて日本に紹介するのが俺の仕事だ。 出張は主に欧州が中心だが、ある時オーナーの思いつきでアジア圏を旅しながら面白いアイテム探しをする事になった。 海外慣れしているとはいえアジア圏は欧州と違い、独特な街が多く、また風変わりなものを扱った店も数多くあった。 タイからベトナムへ渡る道中、某地方都市の散策中に日本語の看板が目に止まった。 日本語併記の看板自体はそう珍しくなく、目をこらせば結構見つける事が出来る。 しかしそれでも思い切り目を引いたのはその字面だ。 見世物あります 見世物なんて言葉、現代日本でもなかなか見やしない。 そういう店が日本にあったとしても倫理的な問題でソッコー潰されるだろう。 大いなる好奇心と一握りの怖さを胸に店内に入ると、そこは至ってフツーのシーシャ屋だった。 シーシャってのは水タバコね。 ぼんやりした髭面の店主はこちらを見つけると、何やら現地の言葉で嬉しそうに話ながら奥へ来るよう俺らの手を引いた。 奥からは濃いバニラの香りが漂ってくる。 天井から下がった、かつては美しかったであろう薄汚れた布をめくるとそこには五人ほどの痩せた人間が身を寄せ合い、体育座りをしていた。 全員腰布だけを身につけており上半身は裸。 何より異様だったのはその頭部だ。 普通の人間の頭のサイズの3〜4倍はある。 汚い包帯でぐるぐるに巻かれているため顔の確認は出来ない。 黒く乾いた血のようなものがこびり付いた包帯は、もうずっと取り替えられていなさそうだ。 「うっ・・」 思わず声をあげると、そいつらは一斉にこちらを見た。 見た?と言っても顔が分からないんだが、とにかくこちらの気配に気づいたようだ。 立ち上がろうとするそいつらを尻目に、俺らはさっさと店を出て走って逃げた。 残念そうな声で何か喋ってる店主の声なんか気にしてる余裕も無かった。 オチも何もないけどこの話はこれで終わり。 店に残っていたら何を見る事が出来たんだろうか。 あの奥の部屋に充満していたバニラの香りを嗅ぐと、今でも脂汗が出てくる。 朝起きて家の前でタバコふかしてると、隣に住んでるAさんに声をかけられた。 4時頃には帰ると言っていたので、その間Aさんの家でみさきちゃんと遊ぶ事にした。 みさきちゃんは本を片手に、嬉しそうに私に話しかけてきた。 「あんねー、これがみさきがもってるなかで、いちばんこわい本なの!」 手渡された本は、著作権侵害だか何だかでオカ板で話題になったあの本…… Aさん。 2ちゃんねらーだったのか……ていうか、子供に見せるなよ。 とか思いつつも、みさきちゃんの相手をしていた。 昼食を食べ、みさきちゃんの怖い話に耳を傾けているうちに、3時になった。 「あ、3時だ……そろそろお母さん帰ってくるかもね?」 私がそうみさきちゃんに言うと、彼女はなんともいえないくらい素っ頓狂な声で呟いた。 「……かえってこないよ?」 「……なんで帰ってこないって思うの?」 「だって、おかあさん、おばあちゃんのところにいったんでしょ?」 ……なんで知ってるんだろうと一瞬ぞっとしたが、朝の電話の話を聞いていたんだろう、と思った。 4時頃には帰ってくるって言ってたから」 「でもおばあちゃんしんじゃったもん。 かえってこれないよ? おねえちゃんも、おかあさんがかえってくるまでかえれないね~」 そう言って、みさきちゃんは楽しそうに笑ったが、私は笑えなかった。 私は意を決して聞いてみた。 「どうして、おばあちゃんが死んじゃったって分かったの?」 みさきちゃんは私の背後を覗き見るように動いた後、私に視線を戻して言った。 「おばあちゃん、おひるからずっとまどのそとにいるもん。 テレビでやってたよ? くちからちをながしたひとがね、まどからのぞいてて、そのひとはもうしんじゃってるんだって」 ……私は振り返れなかった。 背後の窓から来る外の寒さが、嫌に強く感じられた。 結局Aさんが帰ってきたのは7時前だった。 Aさんの母……みさきちゃんのおばあちゃんは、病院で急に容態が変わって、お昼頃に急死したらしい。 Aさんの感謝の言葉を背に、ドアを開け家を出ようとしたとき、みさきちゃんがこう言った。 「おばあちゃん、おねえちゃんについていかないで。 みさきとあそんでよー」 みさきちゃんの視線は私のほうを向いていたが、私自身には向けられていなかった。 みさきちゃんはすぐに何かを追いかけるように視線を移し、台所の方に笑いながら走っていった。 30代。 嫁とちっちゃい娘あり。 俺の嫁さんはちょっと変わった人でまあ、一言で言うと俗に言う「見える」人だ。 人並み程度 ? の霊感くらいしかない俺にとっては結構刺激的な経験も多くてそれはそれで楽しいんだが、中には本気で肝を冷やす瞬間もあったりする。 まだ娘が生まれる前。 季節は初夏。 新婚ホヤホヤの頃だ。 週末で特に何もすることがなかった俺たちは家で昼食を食べたあと、暇つぶしに晩メシの買い物がてらドライブに行こうということになった。 ドライブと言っても俺たちが住んでるところは嫁さんの地元のごく近くで正直なところ超がつくほどのド田舎。 真昼間、特に目的地も決めずに車を走らせていた。 20分くらい車を適当に走らせてみると、少し細い路地の向こうに古びたスーパーがポツンとあるのが見えた。 嫁さんも初めて見るところだそうだ。 もともと目的があるドライブをしてたわけでもないし、どうせだからそのスーパーで晩メシの買い物をして帰ることにした。 そのスーパーはまさに「田舎のスーパー」って感じの造りだった。 都会のスーパーみたいに商品も整理されてるわけじゃなく、照明も若干薄暗い。 スーパーというよりはむしろ市場のような雰囲気だった。 お客さんも年配の人が数名いたくらいだ。 俺たちは初めは晩メシの相談なんかしながら普通に買い物してたんだが、ふと気づくと嫁さんの様子がちょっとおかしい。 目だけで周りを見ながら「んー」と考え込むような仕草をしてた。 俺が「どうした?」と声をかけると 「あんまりよくないねぇ。 ここ」と嫁さん。 何が?品揃え?値段? むしろ行きつけのスーパーよりも全然安いし、珍しいカップラーメンとかもあったりして俺的には全然OKなんだけど。 その言葉の意味を尋ねるよりも先にニヤニヤしながらこっちを見る嫁が目に入った。 ああ…そういうこと。 この独特の笑顔は俺にとってはちょっと不吉な予兆だ。 付き合ってた頃からちょくちょく目にする笑顔。 これから先考えられるパターンとしてはあまりいい目に遭った試しがない。 「ついてきてみ」 チョイチョイと手招きする嫁に促されるままに店の奥の方に歩いて行く。 こじんまりしたスーパーだからそんなに奥まったところでもない。 所狭しと並べられた商品のせいでカゴを持って歩くのも一苦労するほどの狭い通路を嫁と俺が並んでズンズン歩く。 店の一番奥には冷蔵ケースに納豆やら豆腐やらコンニャクやらが雑に並べられていた。 なんてことないスーパーの日配品売り場。 だけど、なぜかその一帯だけ他と比べて一層薄暗くてジメッとしてる感じがした。 「とりあえずその辺のかまぼこでも見てて」 初めてのスーパーはちょっとしたものを見つけるのにも手間取る。 かまぼこ…かまぼこ…。 あった。 俺がかまぼこを見つけたと同じくらいのタイミングで嫁さんが背後から囁く。 「私がいいよって言ったら一瞬だけ振り返ってみて。 一瞬よ、一瞬」 少し生唾が出てくる。 店内には他の客もいるはずなのに、今は俺と嫁だけしかこの世にいない気がするくらいその瞬間の雰囲気に飲まれていた。 「1秒以上目を合わせたらヤられるから」 そんなもんを旦那に見せようとする意味がわからん。 そして、かまぼこをじっと見つめてドキドキしてる俺は他人から見たら一体何だと思われるだろうか。 「いま。 見て」 嫁の言葉を合図に思いっきり振り返ってみる。 少し勢いが良すぎてよろけそうになりながらもはっきりとソレを見た。 見たというよりは視界の端に入った。 と言った方が正しいかもしれない。 でも、一瞬だったけどわかる。 この世ならざるものの雰囲気。 全裸で、右腕が削げ落ちたような風体の男…。 はっきりとはわからなかったけど、そいつの両目はそれぞれ別の方向を見ているような気がした。 心臓がバクつく間もなかった。 ただただ、そこに「居た」ということ。 その事実だけが俺の頭の中で反芻されていた。 「もういいよー普通に振り返っても」 全身の力がほーっと抜けて、嫁の方に振り返る。 いつもと変わらない嫁さんの姿がそこにあった。 さっき視界の端に映ったモノは…やはり見当たらない。 もう一度嫁さんを見るとやっぱりニヤニヤしながらいつものいたずらっぽい笑みを浮かべていた。 多分その時は俺がよっぽど疲れた顔してたんだろうな。 帰りは嫁が運転してくれた。 ありがたい。 正直、あのかまぼこタイムで今日1日分、いや来週1週間分の力を使い果たした気がした。 帰って晩メシまでの時間少し寝込みたいくらいの気分だった。 緊張感から解放された俺は助手席で少しウトウトしてた。 天気は快晴。 初夏のぽかぽかした日差しが天然の掛け布団みたいでえらく気持ちいい。 「あそこは昔水辺だったのかもしれないねー」 ハンドルを握る嫁が前を見ながらつぶやく。 なるほど。 確かに水辺には霊が集まるというな。 トイレ、井戸、風呂場。 怪談や心霊といえば相場は水場だ。 「どうして水辺には霊が集まるんだろうな?」 少し夢うつつになり掛けてた俺は頭の中に浮かんだ疑問をそのまま口にしてみる。 もしかするとその質問を待たれていたのかもしれない。 間髪入れずに嫁から答えが返ってきた。 「死ぬ間際には喉が乾くのよ」 まるで本人から直接聞いたかのような口ぶりがきつい。 しかも、それもこの嫁に限っては別にありえない話じゃないと思わせるところがまた怖い。 「死に水を取るって言葉があるでしょ。 遺された人にとってはただの形式的な儀式かもしれないけど、旅立っていく人にとっては大事なものなのよ」 なるほどなぁ…。 少しずつ強くなるまどろみの中でボーッと考える。 じゃあ俺がチラッとあの時見たものは死に水を取ってもらえなかった人なわけだ。 突然の事故とか、事件に巻き込まれたとか。 すべての人が近しい者に看取られながらベッドの上で逝くわけじゃないもんなぁ…。 そんな事をアレコレ思いながらのんびりした田園風景を眺めていると眠気はどんどんと強くなっていった。 運転を人に任せて助手席で一人だけ寝るっていうのはあんまり好きじゃない。 眠気を覚ますために話題を探す。 「しかし、そんな可哀想な霊だったら別に目が合っただけで何かするってわけでもないんじゃないか?ヤられるは言い過ぎだろ 笑 」 気持ち自分の中のテンションを上げてみるが嫁からは意外な言葉が返ってきた。 「ああ、あれは別のやつ」 は? その一言で少し眠気が覚めた気がした。 そして今自分たちが走っている道が自宅に帰る道ではないことにも気づく。 この道は全く知らない道じゃない。 うっすらと記憶の片隅に残ってる。 嫁さんが小さい頃から知り合いだっていう神主さんの家へ向かう通りだ。 確か結納の後一度だけ挨拶に行ったっけ。 「連れてきたのか…」 「連れてきたんじゃなくて勝手についてきたの。 ちょっと面倒くさそうなのがね 笑 」 笑いごとじゃねえ。 笑いごとじゃねえんだ。 それは。 ここまでくると今嫁がハンドルを握っていることに合点がいった。 疲れてる俺を気遣ってくれたのもあるんだろうが、何かの拍子にさっきのヤツがまた俺の視界に入ってきたら単純に危ないからだ。 緊張から解き放たれて散漫になってる俺が、例えばバックミラーなんかでさっきのヤツを見てしまったら…。 最悪事故っちゃうかもな…。 多分それを危惧して運転を変わったんだろう。 そして俺は、この車のどこかにヤツがいるのかと思うと、もう風景を楽しむ気にも心地よいまどろみを感じる気にもなれなかった。 日が傾いて空が真っ赤になる頃に神主さんの家を後にした。 いつもより随分ハードなドライブだった。 いや、ハードどころじゃない。 普通の人間だったら一生のうちに一回あるかないかの1日だ。 けど嫁さんはいつもと変わらない顔で晩飯の準備に取り掛かる。 そんな嫁さんの後ろ姿を見ながらふと思う。 きっと彼女にとってはこれは日常なんだろう。 そして俺もこれからその日常が当たり前になっていくのだろうか。 少しずつ少しずつ、彼女の日常が俺の日常を侵食して、それに慣れていく。 子供ができても。 喧嘩をしても。 家族旅行に行っても。 老人になっても。 非日常への引き金が常に傍らにある。 恐怖も奇怪も不気味も悲劇も全部ひっくるめて俺たちの人生の一部となるんだろう。 好奇心をくすぐられるような出来事ばかりじゃない。 本当に気が滅入る時もある。 だけど、唇の端っこを少し持ち上げてニヤっといたずらっぽく笑う彼女の顔を思い出すと、 不思議とそんな日常もそれはそれで悪くないかもしれないと思えてしまうのだった。 友達が二人お見舞いに来た時に、その子のお母さんはまだ、 その子の体がベットの上で起こせるうちに最後に写真を撮ろう とおもい、病気の子を真ん中にして三人の写真を撮りました。 結局それから一週間ほどで急に容体が悪くなり、三ヶ月ともたずに その子はなくなってしまいました。 葬式も終わり、多少落ち着きを取り戻したお母さんはある日、 病院で撮った写真の事を思い出しました。 それを現像に出し取りにいって 見てみると、その写真が見つかりません。 写真屋さんに聞いてみると、 「いや、現像に失敗して、、、」というそうです。 不審に思ったお母さんは 娘の生前の最後の写真だからとしつこく写真屋さんに迫ったそうです。 写真屋さんもしぶしぶ写真をとりだし、「見ない方がいいと思いますけれど、 驚かないで下さいね。 」と写真を見せてくれました。 そこには、三人の女の子が写ってましたが、真ん中の亡くなった女の子だけが ミイラのような状態で写っていたそうです。 続きます。 「なぁ、人肉館に行かないか?」 夏休み。 私は休みを利用して久しぶりに実家のある長野県へと帰ってきた。 普段は東京で働いているのだが、実家は山あいの町。 気温は高いが湿度は低く蒸し暑くない。 左右にはアルプスが走り、絶景を作り出している。 都会に比べとても快適な気候と、久しぶりの故郷に嬉しさを感じながら、 私は実家へ向かった。 どうやら家には誰もいないようだ。 自営業を営んでいる父と母は今働きに出ている。 兄弟も何処かに遊びに行っているようだ。 私は居間に腰を下ろし一息付こうと考えたが、 先日までの仕事の疲れと朝早く家を出たことが重なってか、 私は極度の疲れを覚え家族の帰りまで少しの間眠ることにした。 ピピピピピ。 ピピピピピ。 電話の着信音で私は目を覚ました。 どうやら私の帰郷を知っている友人からのようだ。 用件は晩御飯の誘いだった。 久しぶりに実家に帰ってきたこともあり、 家族と食事を取りたいと思っていたが、やはり友人と会えるのは嬉しい。 私は二つ返事で誘いに乗った。

次の