妊娠線クリーム コスパ。 家族で保湿&コスパ◎ 妊娠線予防「フォーファム」のミルクとローション

【2020最新】赤ちゃん本舗で売ってる妊娠線クリーム8選【おすすめ】

妊娠線クリーム コスパ

薬局で買える市販品の妊娠線予防クリームはコレ! そこで、妊娠線予防に使える市販のクリームでおすすめのものをいくつかご紹介します。 ジョンソンボディケア エクストラケア 高保湿ローション 出典: amazon. jp 妊娠線予防専用ではありませんが、高い保湿力と値段の安さから、妊娠線予防に使っている妊婦さんが多いですね。 べたつかなず、香りにも種類があり、気に入ったものが選べるのが嬉しいですね。 ただ、匂いがかなり強いので、匂いつわりが酷いひとは避けた方がいいと思います。 ・価格 約900円 ・容量 400g ヴァセリン インテンシブケア アドバンスドリペア ボディローション 出典: amazon. jp 極小ワセリンジェリーを配合で、保湿力抜群。 ベタつかないので、人気商品です。 特に乾燥肌の方からの指示されていますね。 ただ、生産国が中国製のため、購入後にしまった・・という方も。 jp マタニティ用品のメーカーとして有名な犬印本舗のクリームです。 この商品は、ママ達と一緒に企画していて、使い心地にこだわって妊娠線予防にも使えるように開発されたクリームです。 無添加にこだわって作られてるから、赤ちゃんにも使えるんですよ。 乳液タイプで、ベタつかずサラッとした使い心地。 ただ、市販品の中では値段は高め。 ・価格 約2,000円 ・容量 200ml Pigeon ピジョン ボディマッサージクリーム 250g 妊娠線予防にも使えるように作られたクリームです。 基本的な評価は高いですが、妊娠線ができてしまったという意見もチラホラ・・。 ・価格 約3,000円 ・容量 250ml ニベアの青缶 169g 出典: amazon. jp 誰でも知ってる有名商品のニベアの青缶です! 妊娠線予防クリームではないですが、市販品の中で妊娠線予防に使う妊婦さんが1番多い商品だと思います。 ただ、保湿力は抜群なんですが、「匂いがダメ、べたつく・・」という声が多いのも事実。 でも、 値段の安さでいったらニベアの青缶が最強なのは間違いないと思います。 妊娠線が出来てしまったら、どれだけ安くても意味がないので・・。 正直、 「妊娠線が出来てしまった」「匂いつわりで匂いがダメだった」という声がたくさんありました。 これだと、どれだけ安く買えても、コスパは最悪ですね・・。 もちろん、「妊娠線が予防できた!」という口コミもあったので、肌とクリームとの相性・・ 安くてコスパ最強の妊娠線予防クリームを紹介 結局、薬局で買えなくても安く妊娠線が予防できれば良いと思いませんか? 私は、そう思います。

次の

安い!コスパがいい!と口コミの多い妊娠線予防クリームランキング

妊娠線クリーム コスパ

妊娠線の予防、市販のクリームでもOK? 妊娠線は、妊婦さんの急に大きくなるお腹やバストに皮膚の伸びがおいつかず、表皮の下にある「真皮」「皮膚組織」に亀裂が入ることで出来てしまいます。 妊娠線を予防するためには、皮膚の保湿ケアをして「肌の潤い」を保つことが大切。 妊娠中はホルモンバランスの変化から肌が乾燥気味になりますが、皮膚が乾いていると亀裂が入りやすくなるため、保湿ケアをして肌内の水分をキープする必要があります。 妊娠線を防ぐ専用クリームの使用も効果的ですが、保湿力の高いものであれば、市販のアイテムでも妊娠線ケアをすることができます。 しかし妊婦さんの身体はデリケートな状態なので、市販のものを選ぶ際には、いくつか気をつけたいポイントがあります。 赤ちゃんに悪影響を与える可能性のある成分が含まれるものは避け、低刺激なものを選びましょう。 市販のクリームには香りの強いものもあるので事前にチェックを。 無香料のもの、優しい香りのものが安心です。 ヒアルロン酸やセラミドなどの成分が配合されるものがオススメ。 広く市販されているクリームは「妊婦さん専用」に作られているわけではないので、妊娠線の予防に使うアイテムを選ぶ際は、成分表示をよく見るようにしましょう。 市販の化粧品やクリームなどには、ビタミンA、ハイドロキノン、サリチル酸、パラベン、トレチノインなどの成分が配合されることもありますが、妊婦さんが妊娠線対策に使うアイテムの成分としては不向きです。 また妊婦さんの肌は敏感肌・乾燥肌気味になるため、低刺激なものを選んで。 アルコールや石油成分などが含まれないものがいいでしょう。 妊娠線対策に!ドラッグストアで人気の市販クリーム3選 それでは市販の保湿クリームで、妊娠線予防クリームの代用によく使われるものには、どんなものがあるのでしょうか。 ドラッグストアや薬局で市販されている人気アイテム3つを見てみましょう。 amazon. 人の皮脂に似た「ホホバオイル」や、天然成分「スクワラン」などが配合されています。 「ボディケアにもヘアケアにも使える」と口コミでも人気。 おなじみのニベア「青缶」はコスパが良く、大きいサイズのものでもドラッグストアで500~600円程度で市販されています。 保湿効果の高いニベアには、お肌の水分を内側に閉じ込める成分が含まれていますが、肌の再生を促す成分などは配合されていません。 ニベアとあわせて、潤い成分が含まれたアイテムを併用してもいいかもしれません。

次の

【専門家監修】コスパ&品質で選ぶ!おすすめ妊娠線予防クリーム4選

妊娠線クリーム コスパ

妊娠線予防に大切なこと 妊娠線予防に大切なことはまとめると主に以下の3つだと思われる。 一気に太りすぎない• 保湿する• 肌を柔らかくする 要は、妊娠してお腹が急激に大きくなるにつれ、肌の成長がそのスピードについていけずに肉割れを起こすという仕組み。 お腹が急激に大きくならないようにするのと、保湿しておけば肌の再生力?が高まって肉割れしにくくなるので1と2がとくに重要とされているみたいです。 3に関してはあんまり言及してるサイトがなかったのですが、私はこれも重視しています。 イメージ的には「潤ってプルプル、ハリのある肌」よりも「潤ってなめらか、柔軟な肌」みたいなキーワードの保湿商品を探すようにしています。 重要と思われる成分と打線の基本方針 私は使い心地とかよりも論理的に解決したいタイプなので、保湿に効果がある成分、肌を柔らかくする成分を調べてみました。 そこで浮かび上がってきた重要成分はこの2つ• 保湿する=セラミド• 柔らかくする=ビタミンE(トコフェノール) あとはビタミンEはビタミンCと一緒になると効果がアップするらしいので、「ビタミンC誘導体」というのがあるとより良さそうなんですが、これはお高い。 また、肌の奥の真皮まで保湿できると良いのですが、コスパ重視だと真皮まで辿り着けるものはおそらくない。 真皮まで届きそうなやつはこれまたお高い。 というわけで、 セラミドとビタミンEを中心にコスパ良く揃えて量の力で解決していこうというのが私の基本方針です。 理屈としては、セラミドは表皮の細胞のスキマを埋めて肌のバリアパワーを強化してくれるので、それで保湿して細胞の劣化を防ぐ。 そしてビタミンEは細胞自体を元気にしてくれる効果があるので、それで肌細胞に元気になってもらって、肌本来のパワーをつけて真皮のコラーゲン生成とかは肌に任せる。 ビタミンEの効果アップが期待できるビタミンCは口から摂ろう!という感じです。 セラミド候補 セラミドはいろんな種類があって、とくに1、2、3、6が保湿に良いみたい。 セラミドが入ってるやつは基本高い。 そして探したコスパ良さそうなのは以下の通り。 これ、ボディ用じゃないけどいいんじゃないの? 他の妊娠線予防専用クリームよりコスパも良いし、ご丁寧に詰め替え用まである。 妊娠中じゃなくても使いたくなった商品です。 ビタミンE候補 肌を柔らかくするのに有効なのはビタミンE、成分的には「トコフェノール」というやつです。 によるとひまわり油もめっちゃ多かった。 さらに、先述したようにビタミンEはビタミンCと一緒にすると効果がアップするので、ビタミンC誘導体とビタミンEが合わさっているものとか、別のビタミンC誘導体配合のものと一緒に塗布するのが理想的ですが、ビタミンC誘導体が入ってるものは高い。 気軽に使えそうなものがなかなか見つからねー。 ということでビタミンCは置いといて探してました。 ほかの保湿成分も入っているのでまあいいかと。 ボディショップのボディバターは妊娠線予防に使っている人も多いみたいで、好きな香りのをみなさん使っているみたいですね。 私は成分主義なのでw シア脂の割合が一番高いシアボディバター一択です。 でも、匂いが気になると言う人は好みの匂いでもいいのかも。 なんにせよ、プチプラ、コスパ重視なら質より量だと思うので、量を気にせず使えるものが良いと思います。 もちろんホホバオイルの保湿効果も見逃せないので、ホホバオイルとアーモンドオイルが両方含まれてたらいいんじゃないのー?と思っています。 しかもこれまたビタミンE豊富なコムギ胚芽油まで入ってる! 助産婦さんの協力のもとで開発されたものだそうなのでさすがー!というか私の目の付けどころは間違ってなかったー!と思ったのでしたw 今はコスパ重視で無印のアーモンドオイルを使っているのですが、使い終わったら楽天で買ってヴェレダに切り替えようかなと思っています。 …って思ってたんですよ、この記事を編集していた昨日までは。 今日、ビタミンC誘導体について詳しく調べていて、それが入ってるコスパ良いやつないかなーと調べていたらとんでもない伏兵がいた。 良いの見つけた気がする~。 すいません、自然化粧品研究所のビタミンC誘導体全身美容オイル、妊婦さんは使ったらあまりよくないアロマが含まれているらしいです。 他はいいのに、残念… 涙 妊婦期間終わったら使いたい。 調査不足で失礼いたしました…。 やっぱりオイルはヴェレダかな。 妊娠線予防のオリジナル打線まとめ というわけで、私が今使っている打線と、それが終わったら切り替える打線を発表します。 お風呂上がりに濡れたままミルクとかオイルをつけるのではなくて、軽く拭いてこのローションをたっぷり塗って、そのあとにミルクやオイルを塗布してます。 200ml1,000円なのでコスパ良いです。 ただ、シアの割合が少なそうなので惜しみなく量を使うようにしています。 ビタミンEたっぷりの純粋アーモンドオイル。 200ml1,900円。 私は最後の仕上げにこのオイルを塗ってます。 セラミド配合になるので保湿効果を高められます。 できれば遠慮せずにバシャバシャやりたいので、私は量の力で菊正宗かな~というところです。

次の