草野マサムネ 身長。 草野仁

佐々木亮介の彼女や身長や大学など3分で紹介!スピッツとの関係って何?

草野マサムネ 身長

草野マサムネ スピッツ のプロフィール 本名 :草野 正宗 くさの まさむね 生年月日:1967年12月21日 出身地:福岡県福岡市早良区 身長:167. 実家の家族構成は、両親、弟、妹のいる5人家族のようです。 草野マサムネさんは、3人きょうだいの長男だったんですね! ちなみにスピッツのメンバー全員が、長男なんだそうですよ。 全員が長男と聞くと、しっかり者の集まりのような気がします。 ですが、草野マサムネさんはご自身の性格について「あまのじゃくでひがみっぽい子分肌」と語られていますので、長男タイプではないのかもしれません。 草野家では、代々長男には名前に「正」の字が入っているそうですよ。 草野マサムネさんも漢字で「正宗」と書きますが、お父さんは「正典」さん、お祖父さんは「正実」さんというそうです。 草野マサムネさんは、小学生の頃から音楽好きだったようです。 幼少期から、ラジオのヒットチャートカウントダウン番組のベスト10を毎週ノートに記録していたんだそうですよ。 また、当時から様々なジャンルの曲を聴いていたそうな。 浜口庫之助などのフォークソングや歌謡曲、チープ・トリックなどの洋楽を好んでいたそうです。 特に、チープ・トリックは影響を受けたアーティストとして挙げています。 出身中学校は、 福岡市立原北中学校です。 中学時代は、1年生の1学期だけテニス部に所属し、その後は陸上部に所属されています。 陸上部では出席率がいいという理由で部長を任されていたそうです。 部長に抜擢されるくらいですからきっと信頼も厚かったのでしょう。 偏差値の高さからも分かるように、同校は福岡県でも有数の進学校です。 草野マサムネさんは成績も優秀だったんですね。 そして高校時代に始めて友人とコピーバンドを組んだことでバンド活動にハマります。 当時から「スピッツ」という名のバンド名はいつか使おうと温めていたそうですよ。 高校卒業後は、 東京造形大学 偏差値49-58 に進学。 そこで同級生だった現スピッツメンバーの田村明浩さんと意気投合してバンドを結成されています。 大学時代は音楽サークルの「重音」に所属していたそうですよ。 その後、THE BLUEHEARTSを初めて聴いたときにショックを受け、音楽活動を休止したこともあったそうです。 その後は、東京造形大学を中退して 武蔵野美術大学 56-64 へ入学したりと、様々な出来事があったようです。 しかし、再びバンドを再結成して活動を再開。 1987年から「スピッツ」として活動を始め、1991年にメジャーデビューを果たしています。 まとめ 草野マサムネさんの学歴や家族構成をご紹介しました。 スピッツの曲はほとんどの曲を草野マサムネさんが作っています。 これだけ日本中から愛される曲をたくさん作り続けているなんて、やはり素晴らしい才能の持ち主ですね! 草野マサムネさんの今後ますますのご活躍を期待しています。

次の

スピッツ「名前をつけてやる」ー 草野マサムネともう一人の “くさっち”

草野マサムネ 身長

結論を申しますと、 草野マサムネさんは、本記事作成時点では結婚していません。 草野マサムネが結婚しない理由 草野マサムネさんが 「結婚しない理由」ってあるんでしょうか・・ 結婚に関しては、以前婚約を破棄されたとの訴えを起こされていました。 結婚を破棄した?「結婚公表&発表」の噂 それが、以下の情報です。 11年以上という長い間、Tからのストーカー被害を受けていた草野マサムネ。 一時、草野マサムネは急性ストレス性障害で歌手としての活動を休止せざるを得ませんでした。 ストーカー行為が始まったきっかけは、スピッツのライブでした。 ファンの一人としてライブに行った加害者はステージにいる草野マサムネが自分だけを見つめているという妄想に駆られていったと言います。 アーティストとして人を引き付けたり、自分だけの為に、歌ってくれているってファンが勘違いしてしまっても仕方ないといえば、仕方ないと思いますが、いかに草野マサムネさんのファンだからといって、迷惑をかけるのはよくないですよね。 スポンサーリンク 草野正宗へのストーカー行為 ましてや、活動休止せざるを得ない状況というのはよほどだと思いますので。 この妄想がどんどん拡大し草野マサムネを苦しめる迷惑行為を引き起こしていきます。 草野マサムネと付き合っているというような情報を家族や友人、さらに2ちゃんねるといったインターネット上にあげたり、ネットのメル友を草野マサムネと思い込み必要にメル友に迫っていました。 また、こうした行為は11年以上続いていたと言います。 興信所に草野マサムネの身辺調査を依頼したり、草野マサムネの家を突き止めてポストをあさったり、近隣住民に草野マサムネのことを聞きまわったりといった迷惑行為を繰り返していたようです。 また、2007年には草野マサムネの マネジメント会社がストーカーに警告文を送付しました。 ストーカーはこの警告文をネットにアップし、更には直筆の謝罪文を本人画像とともにアップしました。 あまりにも身勝手なストーカー行為によって、 恋愛も結婚の約束もしていないのに付きまとわれ訴えまで起こされて、草野さんはもしかしたら、結婚や女性に対しての苦手意識を持ってしまったかもしれませんね。 ストレスで倒れてしまうまで追い詰められるなんて、普通ではありませんから。

次の

草野マサムネ(スピッツ)の学歴と偏差値:出身校(小学校・中学校・高校・大学)と家族構成

草野マサムネ 身長

「くさっち」 廊下を歩いていると、不意に背後から名前を呼ばれた。 振り返ると、目の前に一人の少年の後頭部が見える。 彼も振り返っているのだ。 声のした方を見ると、他のクラスの男子が立っている。 次の瞬間、2人は会話を始めた。 後のスピッツのボーカル、草野マサムネである。 そんな次第で、今回は草野クンの昔話をしたいと思う。 奇しくも今日11月25日は、今から27年前の1991年にスピッツの 2nd アルバム『名前をつけてやる』がリリースされた日。 言わずもがな、ファンの間で今も高い人気を誇る名盤中の名盤である。 僕が初めて買ったスピッツのアルバムでもある。 思い返せば、草野クンとは小・中・高の12年間、ずっと同じ学校だったけど、不思議なことに、同じクラスになったのは高校3年の時が初めてだった。 以来、草野クンとあだ名が被る心配はなくなった。 原北小を卒業して、僕らは原北中学に進学した。 まだ出来て4、5年の真新しい校舎だった。 僕らの校区は福岡市の西に位置する新興住宅地で、近くを室見川が流れ、まだ田畑が多く残る、のどかな土地だった。 そんな牧歌的風景が少なからず草野少年に影響を与えたのは想像に難くない。 中学では僕は水泳部に、草野クンは陸上部に所属した。 別に、草野クンを巻き込む意図はないが、僕らは非モテのグループに属していた。 そんな切ない環境が少なからず草野少年に影響を与えたのも想像に難くない。 中学を卒業すると、僕らは福岡市内の城南高校に進学した。 僕は再び水泳部に入り、草野クンは陸上部には入らず、中学の時に密かに始めたギターを生かしてバンドを結成した。 バンド名は「ラディッシュ」。 彼はギターを担当した。 僕らの高校には3年に一度、文化祭があった。 僕らは2年生の時、これに当たった。 文化祭の花形イベントといえば、生徒たちによる体育館のライブである。 出演バンドは事前にオーディションで10組程度に絞られ、その中の1つが「ラディッシュ」だった。 今のスピッツからは想像できないが、ラディッシュはハードロックというかヘビメタのバンドで、草野クンは髪を逆立て、ギターを掻き鳴らした。 文化祭の花形イベントで、一番ギターが上手い男。 こう書くと、草野クンはモテモテのリア充のように聞こえるかもしれないが、残念ながら、そんな気配はなかった。 普段の彼は平凡な男子高校生の身なりで、音楽に対するスタンスは職人的ですらあり、むしろロック好きの同好の男子から慕われるタイプだった。 高校3年の時、僕は初めて草野クンと同じクラスになった。 当時、お互い遊び仲間が違ったので、それほど積極的に話す機会はなかったが、たまに喋ると、彼は決まって面白いことを口にした。 やたら昔のテレビ番組に詳しかったのを覚えている。 ある時、SL の形をした車が日本を縦断するドラマの話になり、僕がタイトルを思い出せないでいると、すました顔で『走れ! ケー100』と教えてくれた。 そう、彼はサブカル好きの少年でもあった。 その後、僕らは別々の大学に進み、疎遠になった。 しばらくして、風の便りで彼が東京でインディーズのバンド活動をしていることを知った。 バンド名は「スピッツ」と言って、その界隈では、そこそこ有名らしい。 「ただ、いくら草野クンのギターテクでも、売れるのは厳しいだろうなぁ」そんな風にボンヤリと思ったのを覚えている。 時代は90年代になった。 僕は就職してサラリーマンになった。 ある日、何気にサブカル雑誌を立ち読みしていると、思わぬ写真が飛び込んできた。 それはスピッツの歴史を紹介する記事で、オーバーオールを着て歌う草野クンの姿があった。 髪はマッシュルーム風で、昔のよう逆立てていない。 驚いたのはそれだけじゃなかった。 僕らは出席番号が1番違いだったのだ。 但し、僕の目の部分は黒く塗りつぶされていた。 僕はレコード店に走った。 驚いた。 スピッツはメジャーデビューしていた。 CD を手に取る。 ジャケットは赤地に猫の顔のアップ。 タイトルは『名前をつけてやる』。 一目見て「あぁ、草野クンの世界だ」と思った。 そう、あの面白いことをボソッとつぶやくサブカル少年の世界がそこにあった。 僕は迷うことなく購入し、家に帰って聴いてみた。 素晴らしかった。 そこには、どこか懐かしい香りのする、ちょっと屈折した少年のやさしくも切ない歌があふれていた。 まるで絵本の目次を眺めてるみたいに。 一度聴いただけで耳に残る。 どこか童謡的であり、歌謡曲風でもあり、フォークっぽくもあり、ポップで、サブカルで、そして独創的。 捨て曲が一曲もない。 あっという間に聴き終わった。 全11曲もあるのに、39分弱しかない。 まるでビートルズのアルバムみたいだ。 名もない小さな街の 名もないぬかるんだ通りで 似た者同士が出会い くだらない駄ジャレを吐き笑った ぼやけた雲の切れ間に なぜなのか安らぎ覚えて まぬけなあくびの次に 目が覚めたら寒かった アルバム表題曲の「名前をつけてやる」は、どこかの小さな街を舞台にした、ちょっとこじらせた男の子の甘酸っぱい青春のエレジー(哀歌)だ。 メロディは気持ちコミカルにアレンジしてある。 田畑が残る新興住宅地で育ち、非モテ期だった中高時代を過ごした少年の横顔がストレートに、そしてユーモラスに投影されている。 スピッツが「ロビンソン」で本格的にブレイクするまでには、あと少し時間が必要だったが、このアルバムを聴いて僕は、間違いなくそう遠くない将来、スピッツの時代が来ると確信した。 彼らが時代に追いつくのではない。 なぜなら、草野クンはあの頃と、まるで変っていなかったから。 2018.

次の