スミチオン 芝生。 スミチオンなどの使用回数の意味初心者なので意味が理解できませ...

スミチオン爆撃

スミチオン 芝生

オルトランの適用作物・適用害虫 オルトランは菊やどの観葉植物、きゅうりやトマトなど家庭菜園向けにも使われます。 「GFオルトランC」「GFオルトラン液剤」「家庭園芸用GFオルトラン水和剤」「家庭園芸用GFオルトラン粒剤」の製品に分かれます。 「家庭園芸用GFオルトラン水和剤」「家庭園芸用GFオルトラン粒剤」が芝生に使える殺虫剤です。 GFオルトランC:殺虫剤のオルトランとスミチオン、うどんこ病・黒星病に効く殺菌剤のサプロールを配合した即効性あるスプレー式殺虫剤。 芝では農薬登録されていません。 GFオルトラン液剤:有効成分はアセフェートですが 芝では農薬登録されていません。 オルトランDX粒剤:有効成分はアセフェート・クロチアニジンでばら・ベゴニアでコガネムシ類幼虫に効くとされていますが 芝では農薬登録されていません。 家庭園芸用GFオルトラン水和剤:芝の適用害虫スジキリヨトウ、シバツトガ、タマナヤガ、ケラ、シバオサゾウムシ成虫、アカフツヅリガで農薬登録されています。 芝に使えます。 家庭園芸用GFオルトラン粒剤:芝の適用害虫スジキリヨトウ、シバツトガ、タマナヤガで農薬登録されています。 芝に使えます。 コガネムシも殺すにはスミチオンを使ってください。 スミチオンの適用作物・適用害虫 オルトランと並び代表的な園芸用殺虫剤と言われるだけあって列挙しきれないほどの適用作物名・適用害虫を持ちます。 芝ではコガネムシ類幼虫、シバツトガ、スジキリヨトウ、シバオサゾウムシと芝の三大害虫全てに農薬登録されています。 スミチオンの使い方・効果 スミチオン乳剤は水で薄めて散布します。 注意事項としてコガネムシ類幼虫向けには散布量を増やす、また土壌に染み込むよう水を散布する点が挙げられます。 芝のコガネムシ類幼虫には、散布液が土壌中に十分しみ込むようジョロ等で1㎡当り3リットル散布してください。 殺虫剤フルスイングを芝生の害虫に効く! フルスイングは住友グリーンが「ゴルフ場殺虫剤 売上No1!」と謳う殺虫剤。 有効成分はクロチアニジン。 「人畜及び魚介類に影響が少なく」とされていますがフルスイングは「ネオニコ系農薬」です。 ネオニコ系農薬はミツバチの大量死との関連が疑われEUでは予防的措置として使用が制限されています。 では「ネオニコチノイド剤がミツバチの大量死、大量失踪の主たる原因ではない」という立場)。 幅広いスペクトラム 甲虫類、鱗翅目、半翅目、直翅目、アザミウマ目など幅広い害虫に殺虫活性を示すクロチアニジンを有効成分とした殺虫剤です。 チビサクラコガネ、ヒラタアオコガネ、セマダラコガネ、ウスチャコガネ、アシナガコガネ、ヒメコガネ、 シバオサゾウムシ、シバツトガ、スジキリヨトウ。 優れた効果と残効性 コガネムシでは、成虫の発生期・産卵期・幼虫期のどの時期に散布しても優れた残効性を発揮します。 安全・省力・経済的 コガネムシ類とシバツトガとの「同時防除」と「長い残効性」により、経済的防除が可能です。 また、人畜及び魚介類に影響が少なく、、西洋芝ともに薬害の心配が少ない殺虫剤です。 フルスイングの適用作物・適用害虫 上述の通りコガネムシ、シバツトガ、スジキリヨトウの芝生の三大害虫に効きます。 農薬としては芝でコガネムシ類幼虫、4月とが、スジキリヨトウ、シバオサゾウムシ、タマナヤガ幼虫で登録されています。 フルスイングの使い方・効果 希釈してジョウロ等で散布します。 特にコガネムシ類で効果ありという口コミを見かけます。 散布後数日で幼虫の死骸を見かけるようになります。 前述したようにミツバチの大量死との関連が疑われることから 使用上の注意でも「ミツバチを放飼している地域では使用を避けてください。 」「マルハナバチに影響を及ぼす恐れがあるので注意してください。 」となっています。 芝生の三大害虫:ヨトウ、ツトガ、コガネムシ 芝の害虫スジキリヨトウは蛾の一種。 幼虫のイモムシは日中は土中に潜み夜間に出てきて葉や茎を食害します。 芝の害虫シバツトガは蛾の一種。 俗称「ツトガ」。 ツトガの幼虫のイモムシは日中は地表に苞(つと)と呼ばれる芝生や砂粒で作った巣に潜み夜間出てきて葉や茎を食害します。 芝の害虫コガネムシ類はマメコガネやスジコガネなど。 西洋芝の株が部分的に枯れます。 日本芝は面で生育不良になります。 コガネムシの幼虫はカブトムシの幼虫を小さくしたようなイモムシで地中の茎や根を食害します。 成虫は照明に寄ってきます。 粒剤・水和剤・液剤の違いとは? 粒剤とは粉末の集合体が粒状になっているものでそのまま散布します。 水和剤と液剤は水で希釈して散布します。 有効成分は同じで流通形態が異なるだけですが散布の際の取り回しに差があります。 また粒剤の場合すぐ溶けないので水を散布して浸透しやすくしたりします。 まとめ 芝生の害虫退治に代表的なオルトラン、スミチオンを紹介しました。 この2つを使えば芝生の三大害虫を退治できます。 ホームセンターなどで手に入りやすいオルトランと三大害虫全てに効くスミチオンの違いです。 確実にコガネムシを退治したいならスミチオンを使いましょう。 フルスイングの方が高いのでスミチオンでコガネムシ類への効きが悪い場合殺虫剤の選択肢になります。

次の

スミチオン乳剤|作用と効果使用方法

スミチオン 芝生

2019年6月27日付:豆類(種実、ただし、そらまめ、だいずを除く)、ねぎ、トマト、なす、いちご、かんきつ(みかんを除く)、大粒種ぶどう、おうとう、かきの変更• 2018年5月30日付:だいず、らっきょうの変更• 2016年8月24日付:オリーブ 葉 、ごぼう、らっきょう、桑、稲の追加 大粒種ぶどう、りんご、なし 無袋栽培 、かき、もも、小粒種ぶどう、うど、モロヘイヤ、たらのき、樹木類、ばら、きく、豆類 種実、ただし、えんどうまめ、そらまめを除く の変更• 2014年2月12日付:花き類・観葉植物、ほうれんそう、オリーブ、たらのきの変更• 2010年10月27日付:かんきつ他変更• その他のアルカリ性の強い農薬とは混用しないでください(分解)。 梨の早生赤種、りんごの旭及びその近縁種、開花期の花き類への使用はさけてください(薬害)。 ひのきに対しては個体によって落葉、枯損のおそれがあるのでかからないように注意。 なお、普及指導センター、病害虫防除所または販売店等と相談することが望ましいです。 眼に入った場合は直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください(刺激性)。 皮ふに付いた場合は直ちに石けんでよく洗い落としてください(刺激性)。 作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼・うがいをして衣服を換えてください。 作業時の衣服等は他と分けて洗濯してください。 風向きなどを考え周辺の人家、自動車、洗濯物、ペット、玩具などに散布液がかからないよう注意してください。 ・ミツバチの巣箱及びその周辺にかからないようにしてください。 ・受粉目的としてミツバチ等を放飼中の施設や果樹園等では使用をさけてください。 ・養蜂が行なわれている地区では周辺への飛散に注意する等、ミツバチの危害防止に努めてください。 治療法:硫酸アトロピン製剤及びPAM製剤の投与が有効と報告されています。 魚毒性:河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用してください。 使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきってください。 散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないでください。 また、空容器は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。 水産動植物 甲殻類 に影響を及ぼすおそれがありますので、使用残液及び容器の洗浄水等は河川等に流さず適切に処理してください。 殺虫殺菌剤 殺虫殺菌剤• オーガニック栽培にも• 殺虫剤 浸透移行性剤• スプレー剤• エアゾール剤• 広い面積に散布• 特定の害虫の専用薬• オーガニック栽培にも• 不快害虫殺虫剤 不快害虫退治• アリ退治• 殺虫・忌避剤 ヤブ蚊・マダニスプレー• 殺菌剤 予防薬• 予防治療薬• 除草剤 空き地・墓地・駐車場・家周り・庭周り• 芝生内の雑草• 樹木の下• 肥料 液体タイプ• 固形タイプ• 活力剤 活力剤• 切花活力剤• 植物成長調整剤 日産トマトトーン• 日産トマトトーンスプレー• ルートン• STジベラ錠5• 展着剤・ 土壌酸度測定液・ 葉面洗浄剤・ 薬剤散布用資材 展着剤• 土壌酸度測定液• 葉面洗浄剤• 薬剤散布用資材• 用土 培養土• 消臭剤・忌避剤 消臭剤 忌避剤•

次の

芝生殺虫剤の定番オルトラン・スミチオン・フルスイング3種

スミチオン 芝生

ヨトウムシ, スジキリヨトウ:蛾の仲間で芝生の茎・根を食害する害虫 害虫の特徴と芝生の被害:芝生を歩いているのを見かける蛾の幼虫です。 俗称「ヨトウムシ」。 スジキリヨトウの幼虫のイモムシは日中は土中に潜み夜間に出てきて葉や茎を食害します。 園芸品種や農作物の茎を食い荒らし嫌われている俗称「ネキリムシ」はヤガの仲間の幼虫でこちらも日中土中に潜みます。 対象:高麗芝などの日本芝、西洋芝両方に発生。 発生時期:5月〜10月。 被害が大きいのは梅雨明け以降。 大発生することがある。 対策と駆除:MEP乳剤=スミチオン乳剤などシバで登録された農薬を撒く。 俗称「ツトガ」。 シバツトガの幼虫のイモムシは日中は地表に苞(つと)と呼ばれる芝生や砂粒で作った巣に潜み夜間出てきて葉や茎を食害します。 対象:高麗芝などの日本芝、西洋芝両方に発生。 発生時期:5月〜10月。 被害が大きいのは梅雨明け以降。 対策と駆除:MEP乳剤=スミチオン乳剤などシバで登録された農薬を撒く。 西洋芝の株が部分的に枯れます。 日本芝は面で生育不良になります。 コガネムシの幼虫はカブトムシの幼虫を小さくしたようなイモムシで地中の茎や根を食害します。 成虫は照明に寄ってきます。 対象:高麗芝などの日本芝、西洋芝両方に発生。 発生時期:5月〜10月。 被害が大きいのは秋。 対策と駆除:MEP乳剤=スミチオン乳剤などシバで登録された農薬を撒く。 マメコガネ 胸部が緑色で羽根は緑〜茶色。 金属光沢のある小型のコガネムシで成虫は7-8月に活動します。 北アメリカでは農業に大きな被害をもたらす「Japanese Beetle」として侵略害虫になっています。 河原など成虫が群れている様子も見られる普通種。 マメコガネ。 わっしょいわっしょい。 背中の羽根の縦筋が特徴的。 ゴルフ場のグリーンでは糞塚が美観を損ねたり、ミミズを餌とするモグラを呼ぶ原因になります。 具体的な被害がなければ放置して構いません。 対象:高麗芝などの日本芝、西洋芝両方に発生。 発生時期:被害は春先〜、秋が多い。 対策と駆除:ミミズが多いということは有機物が多く湿気が有り日当たりが良くない環境です。 砂を多めにするなど土壌を改良します。 蟻の巣 ある程度広い芝生なら必ずあるアリの巣。 巣の出入り口の土が目に付きますがミミズほど美観上の影響はなく家に入り込んでくるなどの被害がない限り放置して大丈夫です。 2017年から港湾部でヒアリ問題が出ていますが日本の住宅地で定着した例はまだありません。 既存の蟻がいる所ではヒアリが侵入しづらい話もありますので日本在住の蟻まで慌てて殺さないほうが良いでしょう。 大きくはバッタの仲間で雑食性、地中で暮らします。 地表近くに掘る穴が芝生の根が持ち上げて枯らします。 モグラはミミズやコガネムシの幼虫など小昆虫を餌とし芝生に地下トンネルを掘り所々に土の盛り上がった「モグラ塚」を作ります。 臭いや音に敏感な性質を利用して追い払う装置、また捕獲器などがありますがモグラを含む農林業駆除目的以外での動物捕獲には鳥獣保護法により環境省または各都道府県の許可が必要なので注意してください。 マダニは郊外の山や森の草むら、公園や河川敷の草むらなどで待機し、そばを通りがかった鹿や猪、ペットの犬や猫に反応して飛び移ってきます。 つまり都市部のご家庭の芝生のような出入りが管理された所ではまず問題ありませんが草むらに近いような所はリスクがある、ということです。 犬が出先から持ち帰ってしまうことも考えられます。 マダニ対策としてはディート・イカリジンなどの忌避剤を使う、長袖長ズボンで肌を露出しないなどがあります。 国立感染症研究所の集計によれば関西以西で5〜8月の報告事例があり関東以北では神経質にならなくて良さそうです。 芝生地でのマダニ被害報告 例は見つからない。 マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の患者数が増加している。 今年は、今月1日時点で85人と過去最多になった。 病原菌によるピシウム病の可能性が高いです。 病原菌自体はあちこちに常在し、水分が多く芝が弱っている時期に発症します。 【石神の丘の5月】 芝生の上のキラキラ。 蜘蛛の巣なのかな、と思っていましたが、どうやらピシウム菌という菌類らしいです。 ヤブ蚊はボウフラが水溜まりに湧きますから近くに発生源があるということです。 ヤブ蚊は大きな水場よりも車止め用の古タイヤ、詰まりかけの側溝や雨樋・雨水桝、ジョウロや古バケツ、空き缶や植木鉢の鉢受け皿、お墓の花立てなど小さなたまり水で成長します。 庭や近所を見回ってこれらのヤブ蚊発生源がないかチェックしましょう。 文京区のパンフレットが具体例が多く参考になります。 観葉植物から現れるコバエ「キノコバエ」 「キノコバエ」はたまに大量発生して新聞ネタにもなる不快昆虫。 大きさは0. 5〜2mm程度と小さく細部の識別は困難。 水分多めの腐葉土が含まれた土壌に発生します。 羽根が透明なキノコバエ、クロバネキノコバエなど幾つかの種類があり光に集まったり屋内でちょろちょろ動き回るため気が散る虫の一つです。 篠山市内全域で先月末からコバエの一種、 「クロバネキノコバエ」 が大量に発生し、 住民らを悩ませている。 丹波新聞の取材では、 今田地域を除くほぼ市内全域で発生が確認されており、 窓が黒くなるほど張り付いていたり、 溜まった死骸をほうきで掃くケースも。 丹波健康福祉事務所は、 「基本的に無害だが、 抜本的な対処法はなく、 朝方に発生するようなので、 窓を開けないようにするくらいしかない。 梅雨が明ければいなくなるはず」 と話している。 (2014年7月) 幼虫は地中数cmに住むため表土の入れ替えが有効ですが殺虫剤のダントツ水溶剤も有効です。 ハグロケバエ:芝生に現れる黒い虫・黒くて羽根があって飛び回る虫 春先に黒い虫が大量発生して飛び回る…不快ですよね。 ハグロケバエというハエの仲間です。 ハグロケバエは幼虫の芋虫も落ち葉の下にまばらに毛が生えた毛虫がうじゃうじゃいる全体に気持ち悪い生態ですが芝生に実害はないため不快昆虫と言えます。 芝生をよたよたと歩いていた 芝生に現れるムカデとヤスデ 特に芝生を好むムカデはいないのですが草むらより見通しが良いので目に付きやすい、ということはあるかもしれません。 また肉食で噛むこともあるムカデと有機物や枯れ葉を食べるヤスデを混同している可能性もあります。 ヤスデは特に害のない不快昆虫ですので大量発生したのでなければ無視して大丈夫です。 ムカデとヤスデの見分け方としては大雑把には「頭だけ色が赤色など異なる」「単独ですばしこい」のがムカデ、「赤〜黒色で頭も体と同じ色」「群れる(密集する)こともあり動きはゆっくり」なのがヤスデです。 芝生に現れる狩りバチ・土蜂 芝生に現れる蜂で人間に害のあるものはいません。 芝生をセカセカ歩き回る様子が気になる蜂は狩りバチ・土蜂の仲間です。 ジガバチなど狩りバチは芋虫やクモなどを捉えて地中に掘った巣穴に運び込み卵を産んで幼虫の餌にします。 つまり餌の昆虫を探しているか巣穴を掘ろうとしているかどちらかです。 大量発生することはないと思いますので害虫駆除してくれる存在として放置しましょう。 — comic mkhr1164 芝生をアブがパトロールしている 上の土蜂・ジガバチと見間違えている場合があります。 また抜け殻が見つかったり新成虫が見つかったりすることがあるのは大型の「シオヤアブ」と思われます。 シオヤアブはスズメバチすら捉えることがあるムシヒキアブの仲間です。 名前の由来は雄のお尻に白い綿毛が付いてい様子が塩を葺いているように見える所から。 他の昆虫を取ってくれる益虫で敢えて捕まえようとしたりしなければ人を襲うこともありません。 シオヤアブの成虫は高さ1m位に卵を産み幼虫は芝生の害虫コガネムシの幼虫などを食べて育ちます。 つまり卵を埋めるような低木がある芝生ではシオヤアブが羽化することがあります。 ゴルフ場など面積が広い芝生では産卵場所の問題で少ないようです。 幼虫は地中で見つかり白い弾力のあるウジ虫です。 オオスズメバチやオニヤンマが話題になっていますが、それらを待ち伏せして奇襲をしかけ、体液すすって一撃で殺す「シオヤアブ」という暗殺特化型昆虫も日本にはいるんですよ… — delta delta9610 モリチャバネゴキブリ:芝生に出るゴキブリ 実はいるんです。 芝生に出るゴキブリが。 もちろん家の中で出るゴキブリとは別の種です。 「モリチャバネゴキブリ」は小型のゴキブリで雑木林の枯れ葉の下などにいます。 基本的に家の中には侵入してきませんが不快害虫と言えるでしょう。 枯れ葉やサッチなど隠れる場所を取り除くのが良いでしょう。 閲覧注意: ナメクジ対策 せっかく芝生を植えたのにナメクジが気になって遊べないことも。 ナメクジ誘引駆除剤などナメクジ向け駆除剤が出ています。 芝生をぴょんぴょんしている小さい虫はノミではなく「ヨコバイ」 芝生を歩く度に小さな虫がぴょんぴょん跳ねますよね。 子供やペットを遊ばせるのにノミだったら、と気になる方もいるでしょう。 これはカメムシの仲間の「ヨコバイ」という昆虫です。 植物の汁を吸いますが実害はないため放置して大丈夫です。 窓に張り付いていたヨコバイの仲間を激写した。 外のゼラニュームへと誘う。 9〜10ミリぐらい。 — カピ karaco101 まとめ:芝生の害虫の種類と害虫対策 沢山の虫をご紹介しましたが多くが不快害虫です。 芝生の害虫はスジキリヨトウ、シバツトガ、コガネムシが代表的な3種類でスミチオン、オルトランなどの殺虫剤で対策してください。

次の