高校野球 なん。 [B!] 【画像】木村沙織の身体wwwwwwwww : なんJ 高校野球まとめ速報

【甲子園・高校・大学・社会人野球】【野球】 球界の大御所がドラフト会議を斬る!東尾修「ピッチャー少ないねえ!」石毛宏典「なんで高校の野手にいくのか分かんない!」

高校野球 なん

野球留学生のリアル 目指すべき甲子園という夢舞台がなくなり、ショックを受ける球児たち。 なかでも、少年時代からの夢を叶えるため、親元を離れての「越境入学」という道を選択した球児たちは、「なんのために……」という思いを抱えていてもおかしくない。 地域によっては、「ガイジン部隊」「第二大阪代表」と心ない名称で呼ばれる球児=野球留学生がそれぞれどんな環境で野球に打ち込み、どんな思いでプレーしているのか? 球児、そして指導者たちの考えに迫った一冊が『オレたちは「ガイジン部隊」なんかじゃない!~野球留学生ものがたり~』(菊地高弘/インプレス)だ。 著者は、大人気シリーズ『野球部あるある』を手がけた現代随一の野球部評論家。 本作でも学校ごとの独自色溢れる「野球部あるある」の紹介を挟みつつ、健大高崎(群馬)、明徳義塾(高知)、創成館(長崎)など「甲子園交流試合」にも出場する強豪校。 さらには巨人・坂本勇人を輩出した八戸学院光星(青森)、東の横綱・帝京(東京)など8校の指導者、関係者、そして実際に「野球留学」を選択した球児たちの声を拾い上げ、懸命に野球に打ち込む姿を明らかにしていく。 盛岡大付・関口監督が語った「日本がこれだけグローバル化しているなかで、県内だ県外だと、ずいぶん狭いところで話をしているな……とは思ってしまいますね」という言葉や、創成館・奥田校長の「私が一番大切だと思うのは、子供たちの学びの場を奪ってはいけないということ。 子供たちには自分の学びたい学校を選ぶ自由があるんです」など、それぞれの指導者の信念ともいうべき言葉には頷けるものが多い。 そもそも「野球留学という言葉が嫌い」と取材拒否の姿勢だった明徳義塾・馬淵監督に投げかけた著者の次の言葉には、この本の基本姿勢が表れている。 〈この取材はどの学校がいい選手をたくさんスカウトしているか、ということに主眼を置いているのではありません。 それぞれの学校に特色や地域性があって、そこで奮闘している選手や指導者がいるということをお伝えしたいと考えているんです。 〉『オレたちは「ガイジン部隊」なんかじゃない! 』菊地高弘/インプレスより そんな「各学校の特色・地域性・奮闘する指導者」がいるからこそ、そこに球児たちが自然と集まり、やがて地域の誇りとして愛されるチームになっていく過程が描かれている。 それが高校野球の原点であり、特色ある各都道府県の代表が一堂に会する甲子園の魅力につながっていくのではないだろうか。 むしろ、今回のコロナ禍によって、高校野球には地域に還元する不思議な力もある、という気づきにもなりえるはず。 コロナだけでなく、災害などが起きたときにも高校野球は地域の力になってきたのだから。 県外球児の多さから、甲子園に出てもなかなか地元民から応援されなかった熊本・秀岳館高校。 だが、熊本地震の際、積極的なボランティア活動に励んだことを契機に、地域からの信頼を勝ち取ったエピソードには大きな学びがある。 当時の鍛治舎巧監督の言葉が印象的だ。 〈野球のグラウンドはホームベースから90度でできているけれど、我々は360度に心配り、目配りができないとダメだと。 グラウンド以外の残りの270度は家庭であり、地域であり、学校であるわけです。 90度のなかだけ一生懸命やっても、地域からは認めてもらえない。 〉同書より 帯に書かれた「野球留学生をもっと応援したくなる本」というコピーに偽りなしの一冊だ。 そこには「野球」以外のものも数多く含まれている。 ブラスバンド、かち割り氷、浜風……思い浮かべることは千差万別。 バラエティ豊かなラインナップこそ、高校野球という文化の芳醇さでもある。 そんな甲子園文化のひとつとして近年、改めて注目を集めているのが、甲子園球場のグラウンドキーパー、「阪神園芸」の存在だ。 土砂降りの雨が降ってグラウンドに水たまりができても、わずか数分の整備でグラウンド状態を回復させ、試合を成立させてしまう技術は「神整備」「マジック」とも称され、試合そっちのけで阪神園芸の技術を見るために甲子園球場を訪れるマニアもいるほど。 この夏、「甲子園交流試合」はあると言っても試合数は少なく、例年のような「神整備」を披露する機会は少ないはず。 そんな満たされない「阪神園芸欲求」を解消してくれそうな本が『あめつちのうた』(朝倉宏景/講談社)。 阪神園芸はついに小説のテーマになったのだ。 主人公、雨宮大地は野球強豪校の元マネージャー。 記録員として甲子園のベンチに座ったものの、甲子園の土に触れることはできなかった。 そんな彼が高校卒業後に甲子園球場の整備を請け負う阪神園芸に入社。 失敗を重ねながら、一人前のグラウンドキーパーを目指す奮闘ぶりが描かれていく。 主人公以上に、脇を固める元高校球児たちのキャラクターがいい。 主人公の高校時代のチームメイトで、LGBTの悩みを抱える親友。 そして、甲子園全国制覇のエースでありながら、投げすぎて肘を故障。 阪神園芸に籍を置くことで失くしたものを探そうとする元高校球界のスーパースター(まるで藤村甲子園だ)。 劇中最後に描かれる試合は、明らかに2020年センバツ大会……つまり、現実世界であればコロナによって失われた大会だ。 作品執筆時には当然、コロナのことなど念頭になかったはず。 ただ、時折、現実世界の球児たちへのメッセージのような一節が出てきてドキリとする。 〉 〈雨だけでは当然ダメなのだ。 雨のあとに太陽が出ないと、土も心も強くならない。 〉『あめつちのうた』朝倉宏景/講談社より コロナという大雨で絶望的な気持ちになる今、乗り越えた先にはより強い大地=高校野球が待っているような気にさせてくれる。 春夏秋冬、それぞれの季節にどんなグラウンドキープの仕事があるのか?というお仕事小説としてもシンプルに楽しい一冊だ。 阪神園芸についてもっと知りたい人には、2年前に同社グラウンドキーパーのチーフを務める金沢健児が『阪神園芸 甲子園の神整備』を上梓。 こちらもおすすめしたい。

次の

高校野球春季大会、47都道府県すべて中止に/一覧

高校野球 なん

つまり、何を問いたいのかがわからないのだ。 さらに困惑したのは「高校野球を特別扱いするのか」という類のものだ。 主語が抜けている。 批判どころか、日本語にすらなっていない。 それぞれの組織が自分で判断するのが公平。 たとえば、高校野球も高体連に属していて、高体連が高校野球以外は夏の大会は中止にし、高校野球のみ開催すると判断を下したとしよう。 その場合、高体連に対し「高体連は高校野球を特別扱いするのか」と抗議するのなら理解できる。 しかし、実際は、高校野球を統括する高野連は独立していて、自分たちで大会を開催するか否かを決める権利がある。 彼らは、そもそも誰かに「扱われる」立場にはない。 ついでに言えば、彼らが独立した組織であるのも誰かから「特別扱い」されたからではない。 一言でいえば、歴史ゆえのことだ。 高校のあらゆる競技が高体連に所属しなければいけないという義務があるわけではないので、当然のことながら、その自由は尊重されるべきだ。 公平ではないという批判も目にした。 だが、それぞれの組織が自分たちで判断できることが公平な世の中なのであって、他の大会も中止なのだからこちらも中止にすべきという論法は、一種の圧力であり、その方がアンフェアなのではないかと思う。

次の

白血病と闘う北別府さんが退院「なんとか帰れました」約2カ月ぶりに自宅へ/広島カープ/デイリースポーツ online

高校野球 なん

近くて遠い。 兵庫県の高校球児にとって、甲子園球場はこの言葉が当てはまる。 甲子園が兵庫大会の会場になっていたのは、04年が最後。 「聖地」と呼ばれる球場の過去、地方大会で使われた歴史を追った。 04年、第86回全国高校野球選手権の兵庫大会。 甲子園で報徳学園-東播工、関西学院-多可の試合が行われた。 兵庫大会の甲子園開催は4年ぶりだった。 兵庫大会でも使用された歴史は古い。 甲子園は1924年(大13)8月1日に完成。 十干十二支のそれぞれの最初の「甲(きのえ)」と「子(ね)」が60年に1度重なり合う年で「甲子園球場(当時は大運動場)」と名付けられた。 同年の第10回全国中等学校優勝野球大会(全国高校野球選手権大会の前身)の舞台となる。 兵庫大会でも使用されたのは翌25年の第11回大会から。 この年は兵庫大会1回戦から決勝までの19試合全てが同球場で行われた。 その後、脈々と歴史は紡がれ、兵庫では特異なケースではなかった。 1928年(昭3)の第14回大会まで、兵庫大会の試合は全て甲子園球場で開催。 その後は他球場と併用されるなど、あくまで地方球場の1つとしての位置づけだった。 全国の舞台とは少し違い、外野席は開放されず、席を埋めるのは各学校の応援団と選手の保護者といった関係者がほとんどだった。 兵庫県高野連理事長の福留和年は言う。 「伝統的に、特に兵庫県以外の人からは『聖地』だと思われていました。 でも兵庫県ではいろんな球場の1つ、というスタンスでした。 むしろ明石球場(明石トーカロ球場)が特別、メイン球場という意識がずっとあります」 しかし、全国のスタンダードは違った。 04年に話を戻す。 全国ネットの高校野球番組が東播工に密着し、3-6で敗れた東播工の背景には甲子園球場が映った。 次の日、兵庫県高野連の電話は鳴り続けた。 「なんで兵庫県だけ使っているのか」「ずるいのではないか」。 疑問や批判が殺到した。 もともと「なぜ地方大会を甲子園でやるのか」という声はあった。 それに加え、甲子園の日程調整や球場使用料の面で開催が難しくなっていたこともあり、05年の第87回大会から兵庫大会で使われなくなった。 第1回全国中等学校優勝野球大会が開催されたのは、現在の大阪・豊中市玉井町3丁目にあった豊中グラウンドだ。 そのため、豊中は「高校野球発祥の地」と呼ばれる。 第3回からは兵庫県の鳴尾球場が使われた。 豊中グラウンドにあふれるほどのファンが押し寄せ、阪神電鉄が鳴尾競馬場内に野球場を造った。 競馬の走路の内側に作られた野球場は、今の甲子園球場の4倍の大きさがあったといわれる。 ただ、第9回大会では、その鳴尾球場でもファンがあふれるようになる。 準決勝の試合で満員の観客が場内に入り込み、試合が続行不可能になった。 この一件が甲子園建設につながり、翌年の第10回から聖地が全国の舞台となった。 「ダンス甲子園」「俳句甲子園」「書道パフォーマンス甲子園」…。 今、高校生が頂点を競う大会に「甲子園」という言葉がよく用いられる。 多くの人の心に刻まれているシンボルの証しともいえる。 第100回大会が開幕するのは8月5日。 また今年も、聖地での夏の戦いがやってくる。 (敬称略)【磯綾乃】• photo• 野球 広島堂林4号2ラン、打率&得点圏打率でリーグ1位 []• プロ野球 [7月17日 1:02]• プロ野球 [7月17日 0:15]• プロ野球 [7月16日 23:45]• プロ野球 [7月16日 23:38]• プロ野球 [7月16日 23:34]• プロ野球 [7月16日 23:34]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 23:33]• プロ野球 [7月16日 23:31]• プロ野球 [7月16日 23:24]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 23:15]• プロ野球 広島堂林4号2ラン、打率&得点圏打率でリーグ1位 []• プロ野球 [7月17日 1:02]• プロ野球 [7月17日 0:15]• プロ野球 [7月16日 23:45]• プロ野球 [7月16日 23:38]• プロ野球 [7月16日 23:34]• プロ野球 [7月16日 23:34]• プロ野球 [7月16日 23:31]• プロ野球 [7月16日 23:24]• プロ野球 [7月16日 23:05]• プロ野球 [7月16日 23:05]• 高校野球 昨秋15打点の新潟産大付・遠藤、数字より「勝利を」 []• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 23:33]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 23:15]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 23:15]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 23:15]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 20:25]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 20:25]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 19:39]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 19:16]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 19:11]• 高校野球 [7月16日 19:11]• 大学・社会人 大商大・吉川を9球団が視察「短いイニングなら」 []• アマ野球 [7月16日 19:55]• アマ野球 [7月15日 21:38]• アマ野球 [7月13日 19:55]• アマ野球 [7月13日 19:55]• アマ野球 [7月13日 17:51]• アマ野球 [7月13日 13:43]• アマ野球 [7月10日 17:48]• アマ野球 [7月10日 17:16]• アマ野球 [7月5日 18:29]• アマ野球 [7月2日 17:12]•

次の