近くの蕎麦や。 蘇我駅近くに3月オープン、手打ちそば処 空を初訪問! 風味豊かな北海道産の手打ち蕎麦と共に頂く、白海老あられ揚げ丼

千曲市杭瀬下「信州蕎麦 誉(ほまれ)」千曲市役所近くで美味しいお蕎麦が食べられる店

近くの蕎麦や

15秒ぐらいかな(笑) この場所、前は季節限定のお店があったらしいです。 (知らんけど) まだお客さんもいなかったんで、撮影OKをもらって店内を📷パチリ。 まずは、お茶と付きだしが出てきました。 ぶりと大根の煮ものも美味しい! ん????ここで、 もしかて・・・って思ったことが。 何を思ったかは最後に) 天ぷらはサクッと揚がっててめっちゃ美味しい🤤 なんか、こだわりの七味と生の唐辛子が出てた! 唐辛子を切って、お蕎麦に入れるらしい😲 細かく切って入れてみたけど、あっちこっち飛んでいって、あんまり入ってない(笑) Tさんのニシンも美味しそう~。 にしんそばにはこだわりの山椒を入れて食べるみたい。 お蕎麦もお出汁も美味しかった~~~。 何年か前に何度か行ったことのある居酒屋さんで高槻の紺屋町にあった 『araki 8823』ってお店の人と同じ!? 名前も同じやし! 『araki 8823』はTさん行ったことがあって、 お料理はめちゃくちゃ美味しくて、すっごい気に行ったんやけど・・・。 隣との席が近すぎたり、あんまりゆっくりできる雰囲気ちゃうかったから2、3回で行かなくなったお店でした💦 (だから、ブログにも載せてない・・・) お料理は美味しいのに、残念!ってTさんと言ってたの覚えてます。 もしかして・・・って思って食べログを調べると、『araki 8823』は閉店。 もっと調べると・・・。

次の

蘇我駅近くに3月オープン、手打ちそば処 空を初訪問! 風味豊かな北海道産の手打ち蕎麦と共に頂く、白海老あられ揚げ丼

近くの蕎麦や

山中温泉のすぐ近くにある「だんくら」というお蕎麦屋さんに行ってきました。 福井県産の蕎麦を使っているということで、福井県知事からの「おいしい福井県産そば使用店」の認定証が店内に掲げられていました。 おろしそばの大盛りを注文。 鰹節抜きにしてもらいました。 たしか外2の二八そばです。 大根おろしがたっぷりはいった出汁をぶっかけるスタイルのおろしそばです。 蕎麦の麺体は中太でコシも噛みごたえもまぁまぁでしたので、女性でもストライクゾーンですね。 実は、出汁を使わないで食べようとしたのですが、すでに麺の器には少し出汁が入れられていました。 蕎麦の香りを楽しむためには出汁がかけられていないほうがよかったのですが、なにか理由があるんでしょうかね。 メニューは蕎麦中心です。 大盛りが200円増しというのは良心的ですね。 だんくらの入口。 外観だけ見ると蕎麦屋さんでないようですが、蕎麦屋さんです。 場所は山中温泉からトンネルを抜けてすぐのところです。 だんくら 電話 090-8094-3187 石川県加賀市山中温泉中津原町ハ124-6 営業時間 11:00~15:00(月曜のみ14:00終了)(1月2月は14:00終了) 定休日は火曜日 このサイト(北陸の蕎麦食べ歩き)について から送信ください。 この「蕎麦食べ歩き北陸」というブログは遠田幹雄が一人で写真を撮影し主観で記事を書いています。 【特徴と傾向】本人は蕎麦好きのベジタリアンで肉と魚を食べません。 鰹節が苦手なので蕎麦屋ではできるだけカツオ系は外してもらっています。 鰹が強いダシは香りが強すぎて苦手なため、鰹が効いた出汁は使いません。 大根おろし汁で食べるおろし汁蕎麦が一番の好みですが、醤油系のかえしや塩だけで食べる蕎麦も好きです。 また、蕎麦は太めで香り高いものが好きで、蕎麦の香りをじゃまするような種物はあまり一緒に注文しません。 そのような理由から、このWEBサイトの写真は「鰹節なし」「ダシなし」の蕎麦だけのものが中心です。 偏った情報に見えるかもしれませんがご容赦願います。 2015年2月に蕎麦鑑定士4級になり、2018年3月にはされました。 1級認定まで4年かかりましたがよい勉強をさせていただきました。 今後も趣味として(食道楽として)の「お蕎麦の研究」を続けていきたいと思います。 どうぞよろしくおねがいします。 蕎麦好きの方はもご覧になってみてほしいです。 このWEBサイトと連携しているにも蕎麦情報があります。

次の

奈良県 蕎麦甘味処 『風庵』 谷瀬の吊り橋近くの美味しいお蕎麦屋さん

近くの蕎麦や

山中温泉のすぐ近くにある「だんくら」というお蕎麦屋さんに行ってきました。 福井県産の蕎麦を使っているということで、福井県知事からの「おいしい福井県産そば使用店」の認定証が店内に掲げられていました。 おろしそばの大盛りを注文。 鰹節抜きにしてもらいました。 たしか外2の二八そばです。 大根おろしがたっぷりはいった出汁をぶっかけるスタイルのおろしそばです。 蕎麦の麺体は中太でコシも噛みごたえもまぁまぁでしたので、女性でもストライクゾーンですね。 実は、出汁を使わないで食べようとしたのですが、すでに麺の器には少し出汁が入れられていました。 蕎麦の香りを楽しむためには出汁がかけられていないほうがよかったのですが、なにか理由があるんでしょうかね。 メニューは蕎麦中心です。 大盛りが200円増しというのは良心的ですね。 だんくらの入口。 外観だけ見ると蕎麦屋さんでないようですが、蕎麦屋さんです。 場所は山中温泉からトンネルを抜けてすぐのところです。 だんくら 電話 090-8094-3187 石川県加賀市山中温泉中津原町ハ124-6 営業時間 11:00~15:00(月曜のみ14:00終了)(1月2月は14:00終了) 定休日は火曜日 このサイト(北陸の蕎麦食べ歩き)について から送信ください。 この「蕎麦食べ歩き北陸」というブログは遠田幹雄が一人で写真を撮影し主観で記事を書いています。 【特徴と傾向】本人は蕎麦好きのベジタリアンで肉と魚を食べません。 鰹節が苦手なので蕎麦屋ではできるだけカツオ系は外してもらっています。 鰹が強いダシは香りが強すぎて苦手なため、鰹が効いた出汁は使いません。 大根おろし汁で食べるおろし汁蕎麦が一番の好みですが、醤油系のかえしや塩だけで食べる蕎麦も好きです。 また、蕎麦は太めで香り高いものが好きで、蕎麦の香りをじゃまするような種物はあまり一緒に注文しません。 そのような理由から、このWEBサイトの写真は「鰹節なし」「ダシなし」の蕎麦だけのものが中心です。 偏った情報に見えるかもしれませんがご容赦願います。 2015年2月に蕎麦鑑定士4級になり、2018年3月にはされました。 1級認定まで4年かかりましたがよい勉強をさせていただきました。 今後も趣味として(食道楽として)の「お蕎麦の研究」を続けていきたいと思います。 どうぞよろしくおねがいします。 蕎麦好きの方はもご覧になってみてほしいです。 このWEBサイトと連携しているにも蕎麦情報があります。

次の