犬 が 食べ られる 野菜。 犬も食べられる冬の野菜5つ

【獣医師監修】犬が食べてもいい野菜!犬にあげてはいけない中毒の危険(ダメ)がある野菜!|hotto(ホット)

犬 が 食べ られる 野菜

犬が食べてはいけないものとは 犬が絶対に食べてはいけない 犬が死亡する恐れがある危険な食材• たまねぎ• らっきょう• にんにく• チョコレート• ココア• ぶどう• レーズン• アボカド• ビールなどのアルコール類 犬が過剰に摂取すると危険な食材• 生卵の白身• イカ、タコ• ソーセージ、ハム(人間用)• 牛乳などの乳製品(人間用) 犬が通常食べることは無いが、危険な食材• お茶、紅茶、コーヒー• カニ、エビ• スルメ• 野生のキノコ• お味噌汁• 豚肉 生肉 詳しくは下記の商品毎の説明を見てください。 人間を含め、動物には欠かすことのできない「食」。 私たちが普通に食べている食材でも、犬にとっては食べてはいけないものが数多くあります。 もしそういった食材を犬が食べてしまうと、中毒を引き起こしたり、病気に繋がってしまいます。 最悪の場合、死に至ってしまうことも可能性としては十分にありえます。 ですので、手作りで犬のご飯を作る場合は食材に細心の注意を払わなければなりません。 分量なども重要になってきますので、料理をする前に少し慎重になり、しっかりと犬が食べていい食材と食べてはいけない食材を選別していきましょう。 果物 柿 生食: 〇 加熱: 〇 「ビタミンC」が豊富に含まれていて、利尿作用があるため、尿石症によい食品です。 皮と種と皮を取ってください。 与えていい量は、20g位。 梨 生食: 〇 加熱: 〇 梨の90%は水分でできています。 皮や種、芯をとって与えてください。 缶詰の梨は、「糖分」が多いため、やめましょう。 与えていい量は、30g位。 これは体重1kgあたり10g以上を食べた場合の例です。 ぶどうは犬が食べてはいけないものです。 リンゴ 生食: 〇 加熱: 〇 腸内環境を整えてくれる作用があり、食物繊維や酵素もたっぷりな食材です。 下痢や便秘対策にも使え抗酸化作用も高いです。 スティック状にして食後にかじらせれば歯垢の蓄積を最小限に抑えてくれますし、すりおろしてフードにトッピングするのも良し。 熱を加えれば成分の効果を高めてくれます。 皮は消化が悪いので必ずむいてから与えます。 与えていい量は、10~15g。 桃 生食: 〇 加熱: 〇 種にはアミグダリンという毒性の成分が含まれるので、与えてはいけませんが、果実を食べる分には問題ありません。 ただ、カロリーが高いのであげる量に注意しましょう。 与えていい量は、15g程度。 おやつや、ご飯のトッピングとしてあげてください。 バナナ 生食: 〇 加熱: 〇 「カリウム」や「マグネシウム」が豊富な食品です。 「カリウム」は、細胞の働きをよくし、筋肉の収縮や腸の蠕動運動を助けてくれます。 与えていい量は、20g位。 いちご 生食: 〇 加熱: 〇 「ビタミンC」が豊富にふくまれている食品です。 いちごについている表面の種も与えても大丈夫です。 与えていい量は、20g位。 みかん 生食: 〇 加熱: 〇 「ビタミンC」を豊富に含んでいますが、与えすぎると消化不良を起こし、下痢や嘔吐をの原因になります。 茎や葉、外側の皮には、中毒性物質が含まれているので、気を付けましょう。 与えていい量は、15g位。 スイカ 生食: 〇 加熱: 〇 そのほとんどが水分です。 利尿作用や高血圧、ガン予防になる場合もあります。 食べやすくカットしておやつとして与えるには最適です。 与え過ぎには注意してください。 与えていい量は、10~15g。 メロンには、吸収のよい糖分を含むため、夏バテや食欲不振の時によい食品です。 与えていい量は、20g位。 パイナップル 生食: 〇 加熱: 〇 「ビタミンB2」や「クエン酸」を含み、「脂質」をエネルギーに変えたり、疲労解消をしたりする成分が含まれています。 「食物繊維」が多いため、与えすぎると下痢や腹痛の原因につながります。 与えていい量は、15g位。 「食物繊維」が多いため、与えすぎると、下痢や腹痛の原因につながります。 種がそのまま排便に出てくる時がありますが、健康上には問題はありません。 与えていい量は、10g位。 さくらんぼ 生食: 〇 加熱: 〇 「ビタミン類」を含む食品ですが、茎や葉、種には中毒性物質が含まれているので、必ず取って与えましょう。 皮は向かなくても大丈夫です。 与えていい量は、15g位。 「食物繊維」が多いため、与えすぎには気を付けましょう。 「アントシアニン」は、人間の目には良いと言われていますが、犬の目には関係はありません。 与えていい量は、15g位。 皮を種を除いて与えましょう。 また、アレルギーがある犬が食べると、かゆみが出たりしてしまうことがありますので、気を付けましょう。 与えていい量は、15g位。 食べてしまうと、嘔吐や、よだれが大量に出たり、口の中が炎症してしまったりしまいます。 いちじくは犬が食べてはいけないものです。 また、茎や葉、種には毒物性物質があり、呼吸困難やショック症状がでます。 与えないでください。 また、根皮や樹皮に中毒性物質が含まれているので、与えないでください。 レモンは犬が食べてはいけないものです。 与えないでください。 与えないでください。 与えていい量は、10g位。 ライチ 生食: 〇 加熱: 〇 「ビタミンC」が多く含まれており、疲労回復作用があります。 与えすぎると、消化不良を起こしますので、気を付けましょう。 与えていい量は、15g位。 デコポン 生食: 〇 加熱: 〇 外皮には「ソラレン」が含まれており、毒物性物質です。 薄皮もむいてあげるとよいでしょう。 「ビタミン」が豊富に含まれているので、代謝機能を高めます。 与えていい量は、15g位。 渋皮を取り除いて細かく刻んで与えましょう。 与えていい量は、1個位。 犬が食べてはいけないもの「果物」に関する関連記事• 野菜 大根 生食: 〇 加熱: 〇 酵素たっぷりですが、酵素は熱に弱いので生でおろしなどにします。 おろす場合は葉に近い部分のほうが犬は食べやすいです。 葉のほうも与えてOK。 生の場合は細かく切ってください。 生の場合はスティック状にして食後にかじらせれば歯垢の蓄積を最小限に抑えられます。 あげてもいい量は、すりおろした場合は、10g前後。 加熱し皮ごと与えられます。 甘くて犬にも食べやすい野菜ですが、糖分多めなので与えすぎると肥満の元になります。 与えていい量は、15g前後で、これは他の食材を一緒にトッピングすることを想定しての1回の量です。 低カロリーなのでダイエットにも向く食材です。 皮をむいて塩もみ後、水から2~3分ゆでます。 与えていい量は、15g前後で、これは他の食材と一緒にトッピングすることを想定した1回の量です。 キャベツ 生食: 〇 加熱: 〇 ビタミンを多く含み、その中でもビタミンUが傷ついた胃粘膜を修復する作用があります。 生キャベツは細かく切って、加熱する場合は千切りにします。 芯の部分は食後に生のままスティック状にしたものをかじらせれば歯垢の蓄積を最小限にしてくれます。 他の食材を一緒にトッピングすることを想定して1回に15g前後。 ストラバイト結石を持つ犬や与えすぎには注意してください。 生食・加熱ともに問題ありません。 与えていい量は、他の食材を一緒にトッピングすることを想定して1回に15g前後。 種とワタを取り除いて小さく切って加熱し与えます。 与えていい量は、ゆでて20g位で、これは他の食材も一緒にトッピングすることを想定しての1回分の量です。 茎のほうが栄養があります。 ビタミンCは熱に弱いので軽く加熱し、細かくして与えます。 シュウ酸を多く含む食材なので結石を持つ犬や与えすぎには注意してください。 与えていい量は、ゆでて15g位で、これは他の食材を一緒にトッピングすることを想定しての1回の量です。 与えるときには必ず芽をきちんと取ってください。 また緑色の皮の部分もNG。 与えすぎには注意してください。 他の食材と一緒のトッピングを想定して1回に与える量は15g程度。 レタス 生食: 〇 加熱: 〇 ほとんど水分と言われているレタスですがビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な食材です。 生で与える場合は細かく切ります。 与えていい量は、10~15g程。 加熱し細かく切って与えてください。 与えていい量は、15g。 小松菜 生食: 〇 加熱: 〇 ほうれん草に比べるとシュウ酸がとても少ないので生で与えてもOK。 必ず細く切ってください。 与えていい量は、10~15g。 白菜 生食: 〇 加熱: 〇 繊維質たっぷりですが繊維がやわらかいのでお腹に優しい食材です。 ビタミンCも豊富。 加熱はもちろん生で食べれば酵素も補給できる。 食後に生の芯をかじらせれば歯垢の蓄積を最小限にしてくれます。 他の食材も一緒にトッピングすることを想定して1回に与える量は10g前後。 かぶ 生食: 〇 加熱: 〇 カルシウム豊富で内蔵の働きをよくします。 根はほとんど水分で葉に栄養があります。 どちらも生食、加熱OK。 根は皮のままおろして与え、葉は細く切って与える。 与えていい量は、10~15g。 たんぱく質と炭水化物が主成分で種皮には食物繊維がたっぶりです。 解毒作用の効果もあります。 加熱して細かく切って与えます。 与えていい量は、10g。 パセリ 生食: 〇 加熱: 〇 「不溶性食物繊維」が豊富に含まれているため、排便を促進します。 与えすぎると、下痢や腹痛の原因につながります。 生のままでみじん切りにして与えるとよいでしょう。 与えていい量は、小さじ1杯位。 オクラ 生食: 〇 加熱: 〇 食物繊維豊富で、内臓の働きを助けると言われています。 熱に弱いので生で与えるか、加熱は最小限でOK。 細かく切って与えます。 与えていい量は、 10g程度。 「ビタミンC」が含まれています。 薄皮をむいえ、ゆでて与えてください。 与えていい量は、5g位。 「ビタミンC」や「カリウム」が含まれていて、「食物繊維」もあります。 豆の部分まで、熱が通るまでしっかりとゆでて細かくきざんで与えてください。 与えていい量は、小さじ1杯位。 消化促進や解毒作用の効果あり。 必ずゆでてフードプロセッサーにかけるか細かくみじん切りにしてから与えてください。 与えていい量は、10~15g。 特にBカロテンが豊富です。 シュウ酸やが多い食材なので過剰摂取すると結石症を引き起こす原因にもなります。 必ず加熱をしてシュウ酸を減らし与え過ぎには注意しましょう。 与えていい量は、10g。 「リン」という成分も含まれている為、腎臓疾患がある犬には与えないでください。 ゆでて細かくきざんで与えてください。 与えていい量は、小さじ1杯位。 クセがが少なくカルシウムやビタミンもたっぷりです。 加熱して細かく刻んでから与えましょう。 与えていい量は、15g。 れんこん 生食: 〇 加熱: 〇 ビタミンCやミネラルもたくさんで食物繊維豊富な食材です。 免疫力をあげてくれます。 加熱する場合は細かく切って、生の場合はすりおろすと食べやすくなります。 与えていい量は、15g。 ネギ類の仲間で過剰に摂取すると中毒症状を起こす場合があります。 個体差はありますが与える場合は極少量にしておきましょう。 他の食材も一緒にトッピングすることを想定した1回の量は15g程度です。 また、「食物繊維」が多すぎるため、下痢や腹痛の原因になります。 トマト 生食: 〇 加熱: 〇 葉の部分や熟していない青いトマトには、ソラニンという有毒成分が含まれていますが、熟した実を与えるのは大丈夫です。 与えていい量は、15g程度。 赤血球が壊されると急性の貧血や血尿を引き起こします。 エキスにもその成分は含まれるので一緒に調理したものもNGとなります。 微量ならば問題のない犬もいますが極力与えないでください。 また、人参は犬が消化しきれないこともあるので、小さく刻むか柔らかく煮て与えるようにしましょう。 与えていい量は、10g程度。 ノミやダニなどの寄生虫が体につきにくくなる効果もあるといわれています。 与える場合は極々少量で。 初めは下痢をすることも考えられますので様子を見ながら与えてください。 ゴーヤ 生食: 〇 加熱: 〇 ビタミンC豊富な繊維質の食材です。 免疫力をあげてガン予防にも効果的です。 苦味はみじん切りにして水にさらすと抑えられます。 生で与える場合は細かく切って、加熱する場合は油でいためるとBカロテンの吸収率が上がります。 他の食材を一緒にトッピングすることを想定した1回の量は10gです。 死亡することもあるの、与えないください。 にらは犬が食べてはいけないものです。 消化も悪いので与えるメリットは特にありません。 どうしても与えたい場合にはみじん切りにして、少量与えてください。 与えると心臓血管系の問題を起こし死に至る場合もあります。 アボカドも犬が食べてはいけないものです。 食物繊維豊富で便秘解消に、ビタミンB群やビタミンDもたくさんです。 きのこ類に含まれるグルカンは強い抗がん作用があります。 野生のきのこは毒性があるものもあるので与えないでください。 与えていい量は、15g 1種類につき。 くるみ 生食: 〇 加熱: 〇 「たんぱく質」や、「ビタミンE」を豊富にふくんでいる食品です。 「脂質」が多いため、与えすぎるとカロリーオーバーになるますので、与えすぎに気を付けてください。 与えるときは、すりつぶして与えてください。 与えていい量は、2分の1個位。 「糖分」や「食物繊維」も多い為、腸内環境も悪くなり、下痢や腹痛の原因につながります。 犬が食べてはいけないものなので、口にしないように注意しましょう。 犬が食べてはいけないもの「野菜」に関する関連記事• 与えていい量は50g前後で、これは主食として肉や野菜など他の食材をトッピングすることを想定しての1回分の量です。 また、おかゆにすれば消化吸収も良くなります。 野菜やお肉をトッピングすることを想定しての1回の量は50g前後。 うどんをゆでることによって、塩分が90%近く減塩されます。 与えていい量は30g前後で、これは主食として肉や野菜などをトッピングすることを想定しての1回分の量です。 米よりたんぱく質が多く消化吸収に優れた食材です。 パスタソースのついた部分は与えない。 そばをゆでて、しっかりと水で洗ってから与えましょう。 与えていい量は、2本位。 パンによってはカルシウムを豊富に含み結石症の危険因子になることもあります。 食パンは犬が食べてはいけないものです。 メロンパンも犬が食べてはいけないものです。 犬が食べてはいけないもの「穀物」に関する関連記事• 長時間加熱するか、発酵加工させればトリプシン・インヒビターの毒性を消す事ができるので、大豆アレルギーにも注意しながら、必ず加熱したものをあげましょう。 与えていい量は、20g程度。 豆腐 生食: 〇 加熱: 〇 消化吸収性が抜群で、たんぱく質も豊富な胃に優しい食材です。 ただし、与えすぎは、肥満の原因につながります。 他の食材と一緒のトッピングで1回に30g前後が適量です。 ゆでて余分な油を取り除いてから与えましょう。 与えていい量は、油揚げ1枚の10分の1位。 おから 生食: 〇 加熱: 〇 繊維質が便と一緒に余分なものを排出する効果があります。 低カロリーで腹持ちが良いのでダイエット時の食べ過ぎ防止にも役立ちます。 お腹で水分を吸って膨らむので水分を多めに用意します。 与えていい量は、15g前後で、これは他の食材も一緒にトッピングすることを想定しての1回分の量です。 豆乳 生食: 〇 加熱: 〇 「鉄分」の量が豊富です。 「塩分」や「糖分」など、植物性油脂を含むものもあるので、与えすぎには注意してください。 与えるときは、水でうるめるとよいでしょう。 与えていい量は、大さじ1杯~1杯半位。 納豆 生食: 〇 加熱: 〇 発酵食品なので酵素がたくさん摂れます。 つぶしたものかひきわりタイプの納豆が良いでしょう。 他の食材と一緒にトッピングすることを想定した1回の量は15gです。 あずきの作用は、排便促進をし、体内の毒素を排泄します。 与えていい量は、小さじ1杯位。 犬が食べてはいけないもの「豆類」に関する関連記事• 腸の働きを助け整腸作用があります。 尿結石の原因になることもあるので与えすぎや常食は控えましょう。 与えていい量は、15g程度。 下痢をしない場合は乳糖が分解されてない可能性があります。 またカロリーも高いので犬に与えるには適していません。 犬用専用の牛乳があるのでそちらを与えましょう。 塩分少なめで低脂肪のカッテージチーズならば肝臓の解毒作用を高めます。 犬用のチーズでも良いでしょう。 犬が食べてはいけないもの「乳製品」に関する関連記事• 小さく切り水で1~2分煮て、そのゆで汁も一緒にかけても良いです。 与えていい量は、15g位。 味付けはしない状態で、煮たり、焼いたりしてから与えましょう。 与えていい量は、10g位。 他にもビタミン類がたっぷり。 焼いてほぐした身を与えましょう。 骨は取り除いてあげましょう。 内臓は鮮度の良いものならOK。。 与えていい量は、15g位。 塩つけはしないでください。 与えていい量は、15g位。 犬が食べてはいけないものですので、絶対に与えないでください。 マグロ 生食: 〇 加熱: 〇 たんぱく質豊富で、DHAが多く含まれる食材ですので学習能力を高めます。 ビタミン類もたっぷり。 生でも加熱しても与えられます。 生で与えるのはお刺身用のみにしてください。 与えていい量は、10g位。 干物は「塩分」がおおいので、与えないでください。 焼いて小骨を取って与えてください。 与えていい量は、大さじ1杯位。 下痢や嘔吐の原因につながります。 下痢や嘔吐の原因につながります。 タコやイカは犬が食べてはいけないものです。 下痢や嘔吐の原因につながります。 下痢や嘔吐の原因につながります。 下痢や嘔吐の原因につながります。 与えていい量は、10g程度。 与えていい量は、小さくひとつまみした程度。 犬が食べてはいけないもの「魚類」に関する関連記事• 海苔はミネラルが豊富で、その香りが好きなわんちゃんも多いようです。 ごはんのトッピング・ふりかけとして少量与えるようにしましょう。 与えていい量は、刻んだ海苔を小さくひとつまみした程度。 スープのだしにしてフードにかけスープごはんに。 乾物のままミルサーなどで粉末状にすればストックできます。 わかめ 生食: 〇 加熱: 〇 食物繊維やミネラル豊富です。 抗酸化作用もありガン予防にも役立ちます。 水で戻してみじん切りにして与えるか、加熱するなら油でいためると栄養の吸収率が良くなります。 他の食材を一緒にトッピングすることを想定した1回の量は戻した状態で15gです。 犬が食べてはいけないもの「海藻類」に関する関連記事• 加熱するか黄身と一緒に与えれば問題ありません。 与えていい量は、30g程度。 新鮮なものであれば鶏肉と牛肉は生でも食べられますがが心配であればさっとゆでて半生に。 牛肉は過剰摂取すると動脈硬化や高血圧などの原因になりますので与え過ぎに注意してください。 お肉を与えるときは必ず野菜も一緒に与えるようにしましょう。 与えていい量は、15g位。 また、がん予防に注目されているビタミンAも多く含まれています。 犬に与える際は加熱して調理したものをおすすめします。 生食は新鮮な状態のレバー以外は控えたほうが無難です。 ただし、豚などの肉類と比較するリンの含有量が高めな食材であるため、偏った与え方は避けて下さい。 卵などと組み合わせてカルシウムの補充をしてバランスを取りましょう。 馬肉 生食: 〇 加熱: 〇 牛肉や豚肉に対して馬肉のカロリーは約半分なので、肥満防止やダイエットに適した食材です。 さらに牛や豚・鳥に比べ、鉄分は3~4倍、カルシウムが3~4倍、グリコーゲンも3倍以上含まれています。 ただし、一度にたくさん食べさせると下痢や嘔吐を引き起こしてしまうため、犬の体が慣れるまでは少量ずつ(犬の体重の1~2%)与えるようにしましょう。 馬肉は加熱すると酵素が分解されてしまうため、犬に与える際は「生」の状態が好ましいとされています。 また、油で揚げたものは、脂肪分が多いため、健康上よくないので与えないでください。 犬が食べてはいけないもの「肉類」に関する関連記事• 心不全などの病気の原因になりますので、絶対に与えないでください。 心不全などの病気の原因になりますので、絶対に与えないでください。 下痢をする可能性もあります。 アイスクリームは犬が食べてはいけないものです。 痙攣を起こす原因につながったりするので、与えないでください。 また、高カロリーの為、与えないでください。 与えるのは、やめましょう。 「食物繊維」が多いため与えすぎると、下痢や腹痛の原因になりますので、気を付けてください。 のどに詰まりやすくなっているので、つぶして、少量ずつ与えてください。 犬が食べてはいけないもの「お菓子」に関する関連記事• 調味料 はちみつ 生食: 〇 加熱: 〇 はちみつを与えること自体は問題ありませんが、カロリーが高いので与える量にはきをつけましょう。 与えていい量は、小さじ半分程度。 たまねぎも入っているので、中毒症状の原因につながります。 ケチャップは犬が食べてはいけないものです。 犬が食べてはいけないもの「調味料」に関する関連記事• 犬が食べてはいけないもの「漬物」に関する関連記事• 呼吸困難や痙攣の原因につながります。 「シュウ酸」は結石の原因になることがよく知られており、「緑茶ポリフェノール(カテキン・タンニン)」については、食欲不振や下痢などの中道症状を引き起こし、犬の体に蓄積し続けると肝臓に大きな負担を与えてしまいます。 アルコールが入っているお菓子も同様に与えないでください。 アルコール類は犬が飲んではいけないものです。 犬が食べてはいけないもの「飲み物」に関する関連記事• また、香辛料などの刺激物が多いため与えないでください。 また、脂肪分や塩分が多いので、与えないで下さい。 調味料など、刺激物がたくさんはいっているので、与えないで下さい。 犬が食べてはいけないもの【まとめ】 人間にとっては、何事もない食材が犬にとっては、中毒を起こしてしまう食材のものもあります。 少しでも飼い主が知識をいれてもらえるといいものです。 飼い主が犬の健康食材をしっかりと管理してくださいね!.

次の

【獣医師監修】犬が食べてもいい野菜!犬にあげてはいけない中毒の危険(ダメ)がある野菜!|hotto(ホット)

犬 が 食べ られる 野菜

com 「犬に野菜は必要ない。 犬は野菜を消化できないから与える必要はない」というのを聞いたことがある方は少なくないようです。 また特に室内飼いしている犬の場合は身近にいるため、ついつい人間が食べているものをあげてしまう傾向にあり、野菜を与える飼い主さんは多いようです。 では実際のところ犬に野菜を与えても良いのでしょうか?それとも必要ないものなのでしょうか? 今回はそんな犬と野菜の関係について紹介したいと思います。 犬が必要な栄養素 犬が必要としている栄養素は、人間と同じく「炭水化物」「脂質」「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」「水」です。 しかし犬と人間とでは体のつくりが違うため、必要な栄養素の割合が違います。 例えば人間にとって大切な栄養素である炭水化物は、犬にとってはあまり必要ないものとみている専門家もいます。 犬は炭水化物の消化吸収が苦手なため消化不良を起こすことがあるようです。 他にも体内でビタミンCを作り出すことができるため、食事からビタミンCを摂取する必要がありません。 それに対して犬にとって必要な栄養素は「タンパク質」です。 筋肉や血液など健康なからだを作るのに大切な欠かすことのできない栄養素です。 犬が必要としている必須アミノ酸は人間よりも多く10種類あるといわれています。 ですからバランスよくタンパク質を摂取する必要があります。 また「脂質」も健康な皮膚や被毛の維持に欠かすことができない大切な栄養素です。 このように犬も哺乳類ですので、必要な栄養素は基本的には人間と同じなのですが、中には必要でないもの、あまりたくさんは摂取しなくても良いものもあります。 com では「野菜」はどうなのでしょうか? 人間にとって野菜は健康維持に欠かすことができません。 ですから愛犬に健康で長生きしてほしいと思って野菜を入れた手づくりフードを作ったり、トッピングに野菜を与える飼い主さんは少なくありません。 食物繊維を消化 中には犬は野菜の繊維が消化できないので野菜を与えてはいけない。 という考えを聞いて、愛犬に野菜を与えないようにしている飼い主さんも少なくはありません。 実際はどうなのでしょうか? 牛や馬などの草食動物の場合、食物繊維を分解する酵素を持っているため栄養素として消化吸収することができています。 人間の場合はどうでしょうか?人間はいわゆる雑食動物です。 肉も野菜も消化吸収できるようになっています。 犬も雑食動物ですが肉食に近いといわれています。 そのため犬は野菜に含まれる繊維を消化するのが苦手といわれています。 繊維の吸収が苦手なのでしたら、犬に野菜は不要ということになるでしょうか? たしかに消化率は低いのですが、これが悪いことばかりではないようです。 消化されにくいことによるメリットもあるようです。 どんなメリットがあるのでしょうか? 食物繊維の効果 食物繊維(野菜)を摂取することのメリットは何でしょうか? 一つ目は、食物繊維が消化されないため大腸内でうんちの量を増やします。 そしてうんちが腸を進む際に腸壁を刺激し便通を促します。 これによりを予防することができるのです。 二つ目は食物繊維が消化されないことにより、胃の中に長時間とどまるようになります。 胃の中にいつまでもあるということで腹持ちがよいということになります。 最後は、適度な量の食物繊維の摂取によって小腸内の腸内細菌のバランスを整える働きをします。 このように犬は野菜に含まれている繊維の消化が苦手なのですが、そのことによるメリットというのも存在するのです。 犬に野菜を与える際の注意点 ここまで犬に野菜を当てることのメリットを見てみました。 しかし野菜を与える際には注意していただきたい点があります。 まずは野菜をたくさん摂取するとガスがたまりやすくなると言われています。 また何度も述べているように繊維の消化が苦手ですので大量に摂取すると消化器官に負担をかけます。 与える量を考えなければいけません。 ですからフードのトッピング程度に抑えておくとよいでしょう。 ダイエット中の犬の場合はドッグフードの量を減らして野菜を加えるとカロリーを抑えることができますね。 また野菜はアルカリ性食品です。 人間の場合アルカリ食品を食べ続けていると尿のpHがアルカリに傾いてきます。 中にはアルカリ性尿結石症を患っている犬もいます。 そんな犬には野菜は与えない方が賢明かもしれませんね。 さらに野菜の中には、人間にとっては体に良いものでも犬の健康には良くないものもあります。 ですから野菜選びはいい加減にしてはいけません。 これらのことを注意すれば、犬にとって野菜は健康をサポートしてくれる良い食材ということができます。

次の

「犬でも食べられる野菜」「犬に食べさせてはいけない野菜」まとめ

犬 が 食べ られる 野菜

今回は、犬に与えてもいい野菜や果物とその特徴を、犬を飼っているワンぺディア編集部員に聞いた人気順にランキングしてまとめました。 ワンちゃんには、基本的にドッグフードを与えるのが一番ですが、愛するワンちゃんのために手作りフードを作って与えたり、たまには贅沢に果物などを食べさせてあげたいとお考えの飼い主さんも少なくないはずです。 しかし、どんなものであったらワンちゃんにあげてもいいのか?という疑問を抱く方も多いと思います。 ぜひ参考にしてください! 1位:便通を良くしてくれる、食物繊維が豊富な野菜 さつまいも さつまいもには抵抗力を高めてくれるビタミン群の他、便通を改善する食物繊維も含まれており、健康的なおやつになります。 100gあたり132kcal程度ありますので、食が細くなっている犬にとっては良い栄養素となります。 カリウムの利尿作用によって塩分などの排出にも効果が期待できます。 注意点としては食物繊維が多いため、食べすぎは腸内環境に逆効果です。 生で食べてもあまり問題になりませんが、加熱したものよりも消化は悪くなりますので、ふかしたり、茹でたりと熱を通してから食べさせるようにしましょう。 加熱せず生で与えると消化不良を起こして、便が緩くなったり下痢をする可能性があります。 また、大きな状態であげてしまうと、あまり噛まずに飲み込むため消化に良くありません。 与える時は細かく切り刻んで、食べやすい状態で与えましょう。 さつまいもは糖質(炭水化物)が多く含まれていますので、与え過ぎると太る原因になります。 したがって、与える際は適量を守りましょう。 2位:ゆがけば犬に適した食物繊維が腸内環境を整える野菜 キャベツ キャベツの食物繊維は犬の胃腸によいとされています。 野菜の中ではビタミンCが特に豊富に含まれており、抗酸化作用に優れています。 また、ビタミンU(キャベジン)は胃や十二指腸の粘膜の修復を促進することから、潰瘍などに効果があります。 キャベツはデザイナーズフーズ(デザイナーズフーズとは、ガンの予防に効果のある、期待のある食品群のことです。 )としてもトップにあげられるほどの食材であり、ガン予防としての効果もあります。 ただし、生のままだと吐き戻しの原因や、腸内で発酵してガスがたまり腸内環境を乱す事があります。 また、生のまま与え過ぎると高カリウム血症(四肢のしびれ、筋力低下、吐き気、脈拍の異常(不整脈、頻脈))のリスクが高まります。 なので、与える際は、愛犬の体調に合わせて適切な量をあげることが大切です。 食べやすい大きさにカットし、茹でてからあげるか、レンジで加熱してからあげるなどすると、胃に負担がかかりません。 犬は人間の1. 6倍ものビタミンAが必要と言われていますので、かぼちゃは健康に非常に良い食べ物です。 また、食物繊維により便通が良くなるだけでなく、茹でたりすることでかぼちゃ自身が水分を多く含むので、水分が不足しているワンちゃんにとっては、水分補給の役割を果たします。 ただし、食物繊維が多いため与え過ぎは下痢の原因になります。 特に皮ごとかぼちゃを与える場合は量を少なめにしましょう。 また、炭水化物が多く、カロリーは100gで92kcal程度ありますので、食事とは別に与え過ぎると肥満になる恐れがあります。 茹でたものを潰してペースト状にすると、消化も良くなります。 また、フライパンで焼いただけでもおやつとしてワンちゃんが喜んで食べてくれます。 4位:含まれるビタミンCが免疫力を高める野菜 ブロッコリー 免疫力を高めるビタミンCと食物繊維が豊富です。 ブロッコリーには、「スルフォラファン」という成分が含まれている事がわかっており、この物質には解毒作用や抗酸化作用などの身体にとって良い働きをしてくれます。 また、89%が水分で出来ていると言われており、食物繊維はブロッコリー100gあたり3. 7g含まれていますので、水分が足りていないワンちゃんや便通を良くしたいワンちゃんに向いています。 気をつけなければならない事は、ブロッコリーはアブラナ科の野菜で、アブラナ科の野菜を食べすぎると甲状腺の機能が低下する可能性があります。 甲状腺機能が低下すると、体重の増加、肥満、毛が抜ける、脈拍が弱まる、貧血などの症状が出ることがあるので注意が必要です。 ビタミンAは眼病予防、皮膚病予防に効果的です。 また、根菜類であるために、体を温める効果があり、特に冬の寒い時期には良い野菜です。 にんじんは甘いので、軽く茹でスティックにすると、そのままおやつとしても最適です。 にんじんを与える時には、処理をしてから与えてあげましょう。 生のまま与えると、消化せずにそのまま便として出てきたり、大き過ぎると喉に詰まらせてしまうこともあります。 生のまま与える場合は、薄くスライス・刻む・茹でる・すりおろす等の処理をしてから与えましょう。 食物繊維が多い野菜ですので、茹でたり煮たりすることで食物繊維はある程度分解されますので、気になる場合は生ではなく、加熱処理をしてから与えるようにしましょう。 ごく稀に、にんじんアレルギーを持っているワンちゃんがいます。 その場合、アレルギーの度合いにもよりますが、少量食べさせただけでも、嘔吐、吐き気、下痢、目の充血などの症状が現れる事があります。 初めて食べさせるときは、少量与えて様子を見て何かいつもと様子が異なるようでしたらにんじんを与える事を控えてください。 ワンポイントアドバイス 愛犬に与えてもよい野菜をランキング形式で紹介しました。 普段の食事と組み合わせることによって、食事のバリエーションが広がると思います。 その時に、正しい与え方と、正しい量を把握して与えるようにしていきましょう。

次の