ギタレレ チューニング。 【まとめ】昨日まで初心者だった私が送るギタレレのポイント・コツ

【解説】ギタレレをギターと同じチューニングにする最も簡単な方法

ギタレレ チューニング

ぼくがウクレレではなく、ギタレレを買った理由。 弾き語り余裕。 皆さんご存知かどうかわかりませんが、ハワイの楽器のウクレレの弦は4本です。 ウクレレについては僕は持ってないし、語れないのですが、「弦がちょっと4本じゃ弾き語りは厳しいかな?」と思ったのでぼくはギタレレを買いました。 「弾き語りなんかやらないし、たまに家でポロロン引きたいんだ」って人はウクレレでもいいと思います。 ぼくはギタレレをちゃんと弾き語りもできる「ミニギター」として使っていきたいと思ったので買ってみました。 そして、実際、音量はさすがにギターよりは小さいですが「十分、ブルース弾き語りもできるな」というのがぼくの感想です。 YAMAHAのギタレレ、GL1。 その音色は?音は割といい。 かなりいい。 そしてこの機会にぜひ、フォロー、チャンネル登録よろしくお願いします。 ヤマハのギタレレは優しく、弾くと優しい音が鳴りますが、柔らかいナイロン弦なので強く弾くと、割とドギツイ、パワー感のある音が出ます。 特に低音でいい意味でエグミのある音が出ますね。 ツイッター動画を見るとわかると思います。 ギタレレ界で騒然となった動画はこちら爆 — ダリー・ブルースマン・ブロガー DallyUmemo そして、先日投稿したYouTube動画。 ちゃんとギタレレの解説までしていますよ! 動画でも説明していますが、このヤマハのギタレレ、安っぽい感じがなく、細かい部分も満足のクオリティです。 そりゃあ「最高級か?」と言われれば違いますが。 でも一万円以下でこのクオリティは正直言ってあり得ないですね。 子供向けのおもちゃのギターとは音が全然違いますからね。 そこはさすが、天下のヤマハというべきでしょう。 実際、ロバート・ジョンソンの永遠の名曲、「Love in vain」をギタレレで弾いてみました。 いかがでしょうか? ちなみに弾いてみた感想ですが、このギタレレはピックで弾くのは向いてませんね。 指で弾くのがベストですね。 というのも弦の張りが柔らかいのでピックで弾くと何となくぎこちないんですよ。 小さいギターですから、普通のギターよりも指弾きは難易度は低いですね。 「指弾きなんてやったことないよ」という人もこのギタレレから指弾きにチャレンジするべきです。 指弾きは正直、普通のピックより楽しいんで。 関連: ギタレレのチューニングに関して。 通常のギターのレギュラーチューニングより5フレット分高いです。 開放弦で1弦からAECGDAです。 ギター弾いてる人ならわかると思いますが、開放弦のEをこのギタレレで鳴らすと、すなわちAの音が鳴る(5度高い)というわけです。 ググれば、ギタレレをレギュラーチューニングする方法なんてのも出てきますね。 でもなんかややこしそうなのでぼくはやってません。 弾き語りの時は5度高めに歌ったり、歌う側が工夫しております。 ちなみに上記チューニングからの全音下げチューニング(2フレット分)が個人的にはおすすめです。 後ギタレレに、カポタストもちょっと合わないですね。 ネックに近いところでもかなりフレットの間隔が狭いので、どうしてもネック付近を弾くのがメインとなりまして、カポタストなんてはめるとさらに、フレット間が狭くなりますからね。 ネック付近で楽しむ楽器と思ってください。 まとめ:ギタレレは正直、買いだと思います。 持ち運びもギターに比べるとめっちゃ楽ですね。 当たり前ですけど。 ギタレレの全長はギター全長の半分くらいのイメージでOKです。 ちなみにネックストラップをかけるフックはついてませんのでご了承ください。 ソフトケースは付属品でついてます。 何かの集まりとかで、サラッと弾けたらモテそうです爆。 子供にはじめてのギターをプレゼント…とかにもいいかもしれませんね。 ただし3歳以下の子供だと壊してしまう恐れがありますが・・・。 ちょうどうちの4歳の子供に持たせると大人が通常のギターを持った時と同じ比率になりますね(個人差あり)。 というわけで今回は以上です。 ここまで生活に寄り添う楽器もそんなに無いと思うのでオススメです(静かにも弾ける楽器です)。

次の

【比較】ギタレレとは?ギター・ウクレレとの違いをまとめてみた

ギタレレ チューニング

「SAVAREZ サバレス コラムアリアンス ハイテンションセット 500-AJ」 を使ってギタレレ YAMAHA GL1 を EADGBEのレギュラーチューニング仕様にしました。 元ネタは。 有名ですねw さて、張り切って行きましょう! 購入すると、この形で届きます。 ちなみにAmazonで2018年の1月に購入してたのですが、 いろいろあって張り替えたのは数日前。 ミシン目に沿ってビニール袋を外していきます。 ちゃんと密封されてていい感じ。 並べるとこんな感じ。 右側が低音弦、左側が高音弦です。 ちゃんとシリアルナンバーで管理してる。 信頼性が高いのが伝わります。 先日ブログで紹介した、PEPEギター専用弦仕様になっているギタレレ。 ちょっと見にくいですけど、3弦が巻き弦になっています。 これに張り替えていきます。 6弦から始めます。 写真左側の、ヘナってしてるほうがペグ側ですね。 ちなみに弦交換する際にいつも見てるサイトは。 写真も多く、わかりやすくて見やすいです。 5弦も同じ感じで張り替えていきます。 巻き弦が張替え終わり、次はナイロン弦です。 ナイロン弦は青の印がついているほうがペグ側。 こんな感じ。 3弦まで張ったら張り替え完了。 チューニングします。 チューニングし終わって、ペグ側の弦の余ってる部分を切って完了。 以前んですが、 テンションがゆるゆるで、チューニングも安定しなかったんです。 半ば諦め気味でサバレス弦に張り替えたんですが... 良かった! チューニング、バッチリ安定します!!!!! EADGBEでギタレレが弾けます!!!!! 最初からこっちにすればよかった... 生音はこんな感じ。 ライブバーで歌ったときの音源はこちら。 ギタレレの音はブログでも紹介した、「ARTEC A1-OSJ」を本体に付けて拾ってます。 写真の本体に付いてる聴診器みたいなやつです。 くわしくは。

次の

旅とメロディ

ギタレレ チューニング

村役場の安藤です。 でご紹介致しました、コチラの商品 ウクレレサイズでギターの様に演奏できる6弦仕様、リーズナブルなプライスで大人気のロングセラーモデルです。 程よいサイズと音量で、ギタリストではない私が自宅でちょっと遊ぶのには最適。 息子も喜んでかき鳴らしているのでキズだらけですが・・・。 とはいえ、チューニングがギターの5フレットカポ状態(ADGCEA)なのは違和感があります。 ネット上でちょっと調べるだけでも、様々な方がレギュラーチューニング(EADGBE)にトライされていますね。 一番有名なのは、6弦にハードテンション弦を張り、ノーマル弦の2~6弦を1~5弦にずらす方法。 私もトライしてみましたが、やはりこれでも6弦のテンションが緩く、弾いた感じも音量バランスも若干違和感が残るものでした。 そこで、思いつきでこんな事してみちゃいました。 ちょっと判り難いですね・・・。 角度を変えて。 6弦の巻き方を逆にして角度を付けることで、テンションを稼げないか、と思いましてですね・・・ ただ、そのままだと、弦が一部ヘッドに接触してしまうので、丸ヤスリでちょっと削って・・・ 削って塗装が剥げた部分には、日曜大工の関係でたまたま家にあった塗料「オスモカラー」の「パイン」色を塗ってみたところ、かなり自然な感じになりました。 6弦だけがペグの回転方向が逆になるのでチューニングはいつも戸惑いますが、とりあえず完成です。 さて、肝心のテンション感は・・・・・・ 正直、あんまり変わりませんでした。 変わったといっても「ちょっとマシになった程度かな?」レベルです。 弊社工房、の額田総帥に相談したところ、 「ナットの溝の角度も合わせて加工しなきゃダメだ 」 とお叱りを受けてしまいました(汗)が、それでも劇的な効果があるか否かは・・・ との事。 まあ、・・・言いたくはないですが、 正直、オススメしません 悔しいから私はもう少し試行錯誤してみますけどね・・・ 当たり前ですが、 改造は自己責任で。 疑問があればまずやに相談しましょうね。 と、楽器の専門店とは思えない(笑)素人丸出しな人柱記事、お粗末さまでした.

次の