キムゴウン 梨泰院。 ウンギョ青い密の濡れ場やラストがヤバイ?キム・ゴウンのコリアンエロスがおすすめ|韓国ドラマネタバレサイト

イ・ミンホ&キム・ゴウン、8ヶ月間の撮影終了…残り4話で嵐が吹き荒れる「ザ・キング」

キムゴウン 梨泰院

梨泰院クラス(イテウォンクラス)最終回(第16話)あらすじのおさらい 私を跪かせましたと パク・セロイ。 高笑いして、所信を曲げて高々こんなことで跪くのか?力に屈するのではないかと、長家(チャンガ)会長 チャン・デヒ。 また、取るに足らない跪ずきの代償として、息子を捨てたといい、 チャン・グヌォンの居場所を示すメモを書く。 そんなチャン・デヒを鼻で笑う チェ・スングォン。 跪いた気分はどうか?と問うチャン・デヒ。 情けないです・・・会長のご気分はいかがですか?このように跪いたのでうれしいですか?痛快ですか?今まで復讐心でずっと生きてきましたよ、チャンガ会長チャン・デヒ、仇、私の人生を地獄に追い込んだと同時にたいした男・・・ 価値観が違っても認めざるを得なかった男、私はあなたを追ってきた人生を歩みました・・・この戦い、それだけの価値があると思いました、そんな男が人質劇を頼りに跪け?・・・こんな醜悪な年寄りを追ってきた数十年の時間が情けないですと、セロイ。 結局は利得のために跪いたではないかと、チャン・デヒ。 メモを奪い・・・十数年経って、ようやくあなたがわかりましたと言い、去っていくセロイ。 スコップで抵抗する素振りを見せつつ、 チャン・グンスを囮にして走って逃げる チョ・イソ。 頑張ってと言われたので、なんとか抵抗してみるクンス。 キム・ヒフンにとどめを刺されそうになったクンスを、イソを捕まえないのかと言いそれとなく助けるクヌォン。 自分達は兄弟なのは兄弟のようだ、常に方法を間違ってたと、クンス。 イソを見つけたセロイは、クヌォンたちの車に自分たちの車を突進させる。 正面衝突は避けたものの、ダメージは残る。 自分の足で死にに来たんだなと、クヌォン。 スングォンはイソとセロイを逃しヒフンと対峙。 クヌォンは車に乗り二人を追いかける。 調子が悪いセロイ。 セロイを支えながら歩くイソ。 その時を思い出す、オレ達が梨泰院を走った時、お前にすごく会いたくて・・・いつもオレのために頑張って怪我して・・・どうしてこのようなのか・・・オレの頭の中、オレの心に、お前がいっぱいだ・・・お前もこんな気持だったのか、すごくときめくんだな・・・愛してる、愛してるイソ、すごく愛してると、セロイ。 迫ってくる車のフロントグラスに石をぶつけイソを逃がす。 殴り合いを始めるセロイとクヌォン。 犬や豚を食らうときに罪悪感を持つのかと、自分に罪がないスタンスのクヌォン。 最終的に勝利するセロイ。 不正の資料等を証拠に、チャンガを告発する オ・スア。 病院で意識を取り戻すセロイ。 組織暴力団との癒着関係・殺人教唆・拉致・スアの内部告発等で検察の捜査を受けるチャンガ。 上場廃止を避けるために理事会は売却を画策している、良い条件で引き受けてくれるところが一箇所あると、クンス。 クヌォンに面会する イ・ホジン。 ホジンから話を聞き、ようやく自分がいじめていた同級生だとわかるクヌォン。 チャンガの買収について話、高校生の時言われていた「ぼーとするな」と言い返し去っていくホジン。 カン・ミンジョンはソウルへ戻ることに。 ヘウォンに促されるも、ミンジョンを「さん」ではなく「様」と呼び、自分の車でお連れしてはダメかと、 オ・ビョンホン。 快諾するミンジョン。 中卒で前科者なのは我慢していたけど拉致には我慢ならないとキレるイソの母。 正座で謝るセロイ。 しっかりと責任を取れと、イソの母。 はいと、セロイ。 嬉しそうなイソ。 お母様と呼ばれ、聞いた感じが良いと、イソの母。 私が好き?と、イソ。 いや、愛してるんだけどと、セロイ。 金策のために キム・スンレに電話を掛けるチャン・デヒ。 もうセロイに手を出さないと言うも、もう手が出せないんだろと、スンレ。 寿命が短いとの泣き落としにも応じない。 家族のために仕事をすると言っていたのに変わりはないのか?セロイが率いてもお前の家族は死なないと、スンレ。 チャン・デヒがタンバムにやってくる。 スンドゥブチゲを出し、チャンガを引き受けミンジョンを立て、感情のある名前なのでチャンガという名前は捨てるつもりと、セロイ。 うまい食事の対価に金を忘れたので代わりのものではダメかと跪くチャン・デヒ。 ほぼ崩れつつあるチャンガを買収合併してどんな利得があるんだ?すべて私が間違ってたとも。 恨みだけではありません、チャンガはよい企業と思っていますと、セロイ。 残り短い命なので欲心はないと、涙ながらにセロイの父とセロイにひどいことをしたと謝るチャン・デヒ。 望んでいた絵なのに気分は良くないな・・・見るに心苦しいです、もう頭を上げてください・・・私がカモに見えますか?私は商売人です、企業買収がかかった仕事に謝罪がなんの価値があるでしょうか?ビジネスをしてください、会長と、セロイ。 泣き崩れたままのチャン・デヒ。 ICがチャンガを買収する。 金より人と信頼が大切だと挨拶をするセロイ。 父親のことでお前に類が及ぶことはないと、クンスに告げる。 ヒョニの件をリークしたことと、スングォンに近づいたことを告白するクンス。 お前は若造だから、時々飯を食いに来いと、セロイ。 スアからの電話。 どうして内部告発を?と、セロイ。 あんたのためじゃない、おじさんの大学の登録費を借りたときに3倍にして返すと言ったの、この程度なら十分かな?と、スア。 また、友人として自分の人生を応援してくれるかとも。 いつでも応援すると、セロイ。 幸せに生きてと、お願いするスア。 マ・ヒョニに謝るクンス。 一発腹に入れあっさりと謝罪を受けるヒョニ。 その後クンスに会ったイソは、謝罪で終わることなの?と悪びれる。 握手しないかと、クンス。 綺麗に片思いを終える、そんなの?と、イソ。 そう言いつつもクンスにハグしてやる。 理由の是非に関わらず、気持ちは伝わったからと。 スアはカフェをオープンした。 偶然前を通りかかるイソとヒョニ。 知ってる?代表と付き合ってるのと、イソ。 あんたなら安心よ、セロイに良くしてあげてと、スア。 料理人の面接(パク・ボゴム) 試食後、採用するスア。 ヒョニとスングォンは一緒におでかけ。 デートするイソとセロイ。 愛してると言ったのにどうして手を握らないの?と、イソ。 気まずくてと、セロイ。 イソから手を握る。 私が努力するわ、社長と私とは一から十まで違うけどにてるところが一つあるの、人のぬくもりを知らないの・・・前に社長の過去の話を聞いた時、社長の昔の悪いこと、私がすべて包容してあげようと思ったわ、つらがらせないようにしてあげたかった、寂しくないよう・・・ 社長の苦い夜を甘くしてあげたかったの、社長を思うと、虚無な私の日常が、社長でいっぱいになるの・・・ありがとう・・・愛してる・・・私が幸せにしてあげると、イソ。 そして、背伸びしてセロイにキスをする。 幸せになりたかった、自分を失わず、望む全てを叶えたかった・・・辛い日々があった、時には不安で怖かった・・・どのように耐えられるだろう・・・大切な人たちとやりたいことだと正気なく過ごした日々、彼らのそばにいること、彼らと共にすること、幸せを探して・・・と、セロイ。 オレも愛してる、イソ・・・。 そしてキスをする。 幸せ、おまえと分かち合う温もり、もうオレは、この上なく、幸せだ・・・と、セロイ。 タンバムの屋上でみんなで飲んでいる。 キム・トニーがギターを抱え歌い、スングォンは踊っている。 酒の味はどうだ?(セロイの父) 笑顔を見せるセロイ。 エピローグ いつものように仕事をし、いつものようにデートをする。 急にしてきたキスが短く、愛情がちょっとだとクレームをつけるイソ。 イソの髪をなで、長いキスをして、ちょっとだということを否定するセロイ。 普通の一日。 梨泰院クラス(イテウォンクラス) おしまい 文責:韓国ドラマあらすじ団.

次の

ザキング永遠の君主 10話 あらすじ 感想ネタバレ キムゴウン

キムゴウン 梨泰院

イ・ジョギョ…パク・ヘイル ソ・ジウ…キム・ムヨル ハン・ウンギョ…キム・ゴウン ウンギョ青い蜜のキム・ゴウンの濡れ場がヤバイ ウンギョ青い蜜…2回目視聴w 韓国映画ってびっくりする作品あるよね。 まさかここまでキム・ゴウンが体を張って出演しているとは思わなかった…!! キム・ゴウンのヌードがヤバイ まずはキム・ゴウンがこの映画の中ではかなりエロいのです。 ヌード? モチのロンで登場します。 お胸は小さいのですが、プリンとしたカワイイお尻は隠すことなく登場します!(笑) しかも映画の始めの方で登場!!! 思わず『え?!!』って声が出てしまったw 肝心の濡れ場は映画の終盤に登場なのですが、個人的にはウンギョがパク・ヘイル演じるジョギョの家に雨に濡れてやってきて ベッドでゴロゴロしているシーンがエロいと感じました。 ウンギョがベッドに寝転がって、ズボンの間から見え隠れする肌をパク・ヘイルがついつい見てしまう…っという所です(笑) いかにも!って感じではなくこういうチラリズムが【エロいな…】っと感じましたね。 またウンギョの白く透き通った肌と白い下着がなんともエロいです(笑) そう、何って、キム・ゴウンがとにかくエロいのです!! キム・ゴウンって始めて見た時は【なんでこんな子が?】って思う人が多い印象ですよね。 ぜひぜひ皆の意見もお聞かせ頂きたいです! よかったらコメント欄にあなたの意見を書き込んで下さいね^^ Sponsored Link ウンギョ青い蜜のラスト結末は? ウンギョのあらすじやネタバレはこちらの記事で詳しく書いていますが 結末に関して簡単に書くと、自分が書いたウンギョの小説を弟子のソ・ジウ【キム・ムヨル】に無断で使われたイ・ジョギョ【パク・ヘイル】。 しかも、ジウが出版したウンギョは賞を受賞してしまうんですねー。 ジョギョは世に出すつもりは無かったと思います。 自分のどうしようもない気持ちをこの小説に吐き出して、そっとしまっておくつもりだった事でしょう。 しかし、ウンギョはジウがこの小説を書いてくれたと勘違いをして 『可愛く書いてくれてありがとう』とお礼を言います。 その後、ウンギョとジウは体の関係を持ってしまうのですが、ウンギョは寂しいから大人と寝るのだと言い放っていました。 なので、決してジウの事が好きとかではないのだと。 私個人的な意見を書くと、ウンギョもジョギョに思いを寄せていたのでは?っと思いますね。 でもこの感情がなんなのか?わかっていなかったか、現実的に老人との恋は難しいと感じていたのか…なので寂しいから寝るという言葉が出たのかなぁっと。。 で、話を戻しますが、二人が求めあっている所をジョギョは見てしまうんですね。 脚立をかけるシーンとか、早く早く!!って感じでした(笑) その後、怒りが収まらないジョギョは車に細工をしてジウに事故を起こさせようとします。 しかしジウは事故は起こさず、車を修理するんです。 事故起こさんのかい!っと思っていたら、その後ジョギョに復讐しに行く道中で自ら事故って亡くなってしまうのです。 それを聞いたウンギョはジョギョの自宅に急いで向かうのですが、途中でジウの事故った車を見てーーーーー。 ここからしばらくウンギョはジョギョの前に現れなくなりました。 ラストは…皆にとって前向きな展開になっていますね。 最後の結末が気になる人は是非見てみて下さい^^ もっと詳しいネタバレは別記事で書いていますよ!^^.

次の

ザキング永遠の君主 10話 あらすじ 感想ネタバレ キムゴウン

キムゴウン 梨泰院

そして「 カン・ヒョンミンの記憶は夢であってほしいと願っていたけれど…。 会ったんだ。 別の世界の人に…。 僕の妄想だと思いますか? 」と告白した。 しかし、へインはその問いには答えず「 悪夢ではなく、最近見たという良い夢の話をしましょう。 」とさり気なく話題を変えた。 シンジェの本名はカン・ヒョンミン!ずっと自分の記憶を悪夢又は妄想だと思っていたようですね。 その後、行きつけのスンデ屋台へ行ったシンジェ キム・ギョンナム は、そこで何日も張り込んでいたテウルに遭遇した。 SBS 画面キャプチャー 「 連絡が取れなくなったから…。 ここで待ってた。 話の続きをしてもいい? イ・サンドは生きている。 もうひとりの自分がいる別世界があって、2つの世界をまたぐ犯罪がおきているけど証拠がない。 頼れる人は兄さんしかいない。 」 そう助けを求めるテウルに、シンジェは「そんなのはただの妄想だ。 別世界など存在しない! 」と突き放して去った。 まさかヤツはあの場所で年をとらずにいたのか! 」と愕然とした。 その後、ゴンはイ・リムの幢竿 トウカン 支柱 がある唯一の場所と思われる並行世界の境界へ入り駆け巡った。 しかしリムを発見できなかったゴンは、テウルに電話することを思いつき、大韓民国へ入った。 そして、ゴン イ・ミンホ が恋してく竹林まで来ていたテウル キム・ゴウン とつかの間の再会を果たした。 「 会いに来たの? 」と尋ねるテウルに、ゴンは「 完全に戻ってきたわけではない。 君に会いたくて死にそうだったから声だけ聞いて帰るつもりだった。 」と気持ちを打ち明けた。 そして「 私の声? 」と不思議そうに見つめるテウルに「 公衆電話で君に電話をかけるつもりだった。 」とポケットから小銭を出して見せると、再度抱擁した。 その後、宮殿へ戻ったゴンは「 間に合ったか? 元旦は明後日か? 」と気を揉んで待っていたモ秘書 ペク・ヒョンジュ とノ尚宮 キム・ヨンオク に尋ねた。 そしてノ尚宮から「 今日は23日です。 間に合いましたよ。 」と聞くと「 よかった…。 」と胸をなでおろした。 そんなゴンの冷たい態度に、ノ尚宮から「陛下がク首相の前で笑ったことが? 一度もないはずです。 それが応援できない理由です。 」と協力を断られたことを思い出したソリョンは顔をこわばらせた。 その理由は、余命わずかだからだった。 その後、ゴンは本人に会いたいので探してほしいと頼んだあと、大韓民国から連行したキム・ギファン べ・スンギル について、カン・ジュニョク チェ・ムイン 刑事に調べさせた。 そして、逆賊ギファンが自殺していると聞くと、一つの世界の人間がもう一つの世界の分身の命を奪っていると事実を悟り、危機感を抱いた。 そんな中、宮殿の中庭で降雪を見ながら「あけましておめでとう。 チョン・テウル警部補 」と新年の挨拶をしていたとき時間が停止すると、ゴンはイ・リムが大韓帝国に到着した事を確信し、マキシムスに跨った。 そして、ミョン・スンア キム・ヨンジ に連絡をし、リムを誘導するために、皇帝が海雲台へ行くという情報を皇室SNSで広めるよう指示を出した。 その後、SNSでイベントを知り、海雲台 ヘウンデ に集まってきた群衆の中を、マキシムスで進んだゴンは、イ・リムを発見すると「 逆賊、イ・リム! 」と叫んだ。 ドラマでは笛に反応して現れる次元の扉。 このシーンが9話のラストでした しかし「 逆賊の残党だ。 射殺せよ! 」という命令に近衛隊が銃を構えた瞬間、群衆に紛れていたイ・リム イ・ジョンジン の手下が現れ、市民を人質にした。 そんな修羅場の中、イ・リムはゴンの前に体を投げ出したウンソプが代わりに撃たれて倒れる様子を確認すると、悠々と歩いて現場から去った。 ウンソプ! 嫌な予感が現実に… その後ゴンは市民の安全を優先し、リムたちの追跡をしないよう近衛隊に命じると共に、現場映像がSNSで拡散されることを全力で防ぐよう指示した。 しかし、逆賊イ・リムが釜山に現れたという噂は瞬く間に広がり、ソウルのソリョンやイ・ジョンインの耳まで入った。 病院へ訪れたゴンは、幸いにも防弾チョッキで致命傷を免れ軽傷ですんだウンソプに「 おもちゃじゃない。 当たれば死ぬんだぞ! 」と心配した。 その後宮殿に戻ったゴンは、心配して駆け寄ってきたノ尚宮に「 イ・リムは25年前の姿だった。 年を取ってない。 ヤツの狙いが当時の姿でこの世界に復活することだから逃した。 もう一度無事を願ってくれ。 私は必ず勝つ。 」と決意を告げた。 さらに、ソリョンから「 イ・リムですか? イ・リムの残党ですか? 」と電話で聞かれたゴンは「 今日起こった事は、私や皇室だけの問題ではなく帝国に対するテロです。 歴史に刻まれた通りイ・リムは射殺された。 25年後の今日、私はその残党を発見し追い払ったのだ。 」と答えた。 さらに、ファヨンと友人の電話の内容を盗み聞いて、ジフンの母ソン・ジョンへ ソ・ジョンヨン がかってファヨンの家で家政婦として働いていたことを知り、驚愕した。 翌日から、シンジェとヨンと共に2つの世界にまたがって展開している事件の追跡を始めたテウルは、イ・サンド キム・ジョンテ とチャン・ヨンジ ハ・スンリ の共通点がガラケーだと明らかにした。 SBS 画面キャプチャー これにヨンも、ゴンが帝国へ連行したキム・ギファンが受領用のガラケーを保持していた情報を公開した。 その後、シンジェとテウルは、チョンソン拘置所へ向かい、ヨンジに偽りのガラケーを差し出して揺さぶりをかけた。 しかし、ヨンジは、誰から受け取ったのかを最後まで白状しなかった。 そんな中、テウルは、聞かれるままにシンジェに大韓帝国について説明した。 「 南北は分断されていなくて平壌まで電車で行ける。 首都は釜山で、国民から愛されている皇帝がいる。 鐘路 チョンノ 警察署で、制服も車も違うけどパクチーム長とシム刑事に会えて嬉しかった。 でも兄さんだけいなかった。 」 これにシンジェは、テウル キム・ゴウン をジフンの納骨堂へ連れて行き、隠していた自分の正体を告白した。 イ・ゴン、間違っていなかった。 お前があっちの世界で俺を見つけられなかった理由は俺だった。 」 その後、涙をためて「 俺の正体はまだわからない。 いいのかな…。 お前は俺を受け入れてくれるか? 」と尋ねるシンジェを、テウルはギュッと抱きしめて泣いた。 その後、床に倒れたジョンインを見下ろして「 恨まないでくれ。 賢い従兄上なら予想できた展開のはず。 」と冷淡に告げたリムは、皇帝の指輪をジョンインの指に付け去った。 その後「 記憶したから。 この世界に、他の世界の人の痕跡を残すべきじゃない。 」というテウルに、ヨンは「 陛下の許可なしに書いたものを消すことができる人はあなた以外にはいません。 」と話し始めた。 そして「 住む世界が違っても行き来できると?陛下は皇帝です。 皇后になる人に会うべきなのです。 全てを捨てて帝国の皇后になる覚悟はありますか?秘密を封印して永遠に…。 」とリムを捕まえた後のことを心配するヨンに、テウルは考え込んだ。 「 元気だったか?」と話しかけたゴンは「 今回は来るのが遅かったのね」と涙ぐんでいるテウルに「 考えてみたら花を一本もあげたことがなかったと思い、 次元を越えてきた。 」と告げて、花を渡した。 そして「 まだ言ってなかったな。 愛している。 君を心から愛している。 」と告白し、キスをした。 SBS 画面キャプチャー 「 突然私が消えたように思うだろう。 でもあまり心配しないでくれ。 止まった時間を歩いているから…」 そう言ったあと忽然とゴンが消えてしまうと、テウルは地面にへたり込んで嗚咽した。 3% 愛していると言う言葉と花を贈り、別れのキスをしたあと消えてしますゴン! どういう事なんでしょうか? ちょうどあの瞬間に、イ・リムが次元の扉を通過して時間がストップしたため、ゴンが去るところをテウルは見ることができなかったのでしょうか? それとも1話の冒頭以後、ずっーと続いている過去のお話に、現在のゴンがタイムスリップして来たのでしょうか? とにかく様々な想像ができる切ない別れのラストシーンでした。 又、ゴンの服装が海外からの賓客を迎える時とか結婚式とかに王族が着る服だったので、一体何をしている最中に、ゴンは来たのか気になりますね。 10話で、9話の謎ときがあり別の次元の存在が明らかにされたように、11話でこのラストシーンの説明がある事を期待しています。 又、ロマンスの方は、序盤で怒りっぽいテウルにゴンが一方に思いを寄せるパターンから、ゴンに恋したテウルが柔らかくて傷つきやすい女性に変わり両思いになったことで興味深くなってきました。 次回の予告では、大韓帝国内で血まみれになったテウルが逃げ回っている姿が流れていましたね。 一体何が起こったのでしょうか…。 ヨーヨー少年は少女? 2. テウルのIDカード 3. 2年後の誕生日 1. 何度も登場している謎の少年を演じているのがキム・ボミンという少女だとよう判明しました。 中性的だと思ってたのですが、これで謎がとけました。 凄い演技力ですよね。 11話では、[アーサー王]の本を読んでいるヨーヨー少年 少女 とイ・ジョンインを殺害したあとのイ・リムが話をするシーンがありました。 「 高貴な血を引く者ではなく正しい剣の使い手が王になるべきだ。 善人か悪人かは関係ない。 剣を持つものが正義だ 」 そんな身勝手な持論を語るリムに、少年は、彼の血だらけの顔にも光っている首にも全く動じず「おじさんの世界は、めちゃくちゃだね。 さようなら。 」と言っていましたね。 リムのアジトの書店にいるものの、仲間ではなく神の使いなのでしょうか? 2&3. ゴンが2022年5月27日の映像を発見して混乱していましたが、テウルのIDカードから、5月27日が彼女の誕生日だとわかっています。 謎が沢山ありますね。 New!

次の