さつまいも天ぷら フライパン。 ソレダメ!天ぷらの揚げ方まとめ!家のフライパンで超サクサク技

フライパンで「桜えびのかき揚げ」を作るコツ。少量の油でサクッと食感!

さつまいも天ぷら フライパン

友人から「フライパンで揚げ物をすると、油が少しで済むよ。 」って聞いて 試してみたのがきっかけです。 実際にフライパンで揚げてみたら、意外にうまく仕上がったので、 それ以来、我が家ではコレが定番スタイルに。 口径が広い=揚げやすい フライパンは口径が広いので、食材を入れやすいし、 食材同士がくっついてしまうのを防ぎやすいです。 揚げ具合もよく見えるので、 引き上げるタイミングが分かりやすく上手に仕上がります。 ただし、揚げ物をするにはある程度の深さは必要。 フライパンの中にも浅型、深型とありますが、浅すぎると調理中に油がハネたりするので使いづらく、あまりおすすめできません。 コーティングされた小型フライパンなら、もっと便利! いろんな種類のフライパンがありますが、 小型でコーティングされたものがおすすめ。 油の量もより少なくてすむので、2~3人家族の揚げ物用にピッタリです。 油の量が少ないと熱する時間も短くてすむし、 1度使った後は気兼ねなく新しい油へチェンジできます。 残った油の処理にも悩まされず、汚れもスルッと落ちますよ。 油が入っていないと局所的に熱くなることもありますが、 揚げ物でコーティングが劣化するほどの温度に達することはありません。 実践レクチャー!フライパンで揚げ物のコツ では、フライパンで揚げ物をしたことがない方へ向けて 基本的な作り方と押さえておきたいポイントをご紹介します。 食材は小さめに切る 揚げる時間が長いとベチャッと仕上がる原因になるので 食材はできるだけ小さめに切ります。 さらに、薄く切ることで中までしっかり火が入り、加熱時間も短縮できますよ。 菜箸を使って油の温度を確認する おいしく揚げるコツのひとつは、油の温度にあります。 食材に適した温度で、短時間でサッと揚げると、カラッとおいしく仕上がります。 家に温度計がない人もいるかもしれませんが、 菜箸など、木製のツールで温度が分かるんですよ。 さつまいもやレンコンなど、デンプンの多い食材や根菜類といった火の通りにくいものを揚げるのに最適な温度です。 とんかつ、かき揚げなど、揚げ物全般の適温といえます。 魚介など水気を多く含む食材は、高温で揚げます。 必要以上に温度が高くなると、食材に火が通りすぎておいしくないし、 油が劣化しやすくなるので、ご注意を。 食材を油へ入れる いよいよ食材を油へ。 このとき一度にたくさんの食材を入れると せっかく適温に温められた油の温度が、また冷えてしまいます。 適温がキープできているか、こまめにチェックしながら、少量ずつ揚げていきます。 1~4までの手順、わかりましたか? この通りに進めば、揚げ物は上手に仕上がるはず。 食材の種類によって油の適温は変わりますので、 この点はレシピなどを参考にしてくださいね。 ココが注意!フライパンで揚げ物 どんなフライパンでも揚げ物はできますが、タイプによって合うもの、合わないものがあります。 使い方にも少し注意が必要です。 薄いフライパンは温度が安定しにくい 揚げ物は油の温度を一定に保つことが大切ですが、 厚みのない薄いフライパンは、食材を入れた時、油の温度が下がりやすいのが難点。 薄いフライパンを使うときは、 油の温度をこまめに確認し、適温を保つよう火加減も調節してください。 浅いフライパンは油ハネに注意 薄いフライパンだと、ハネた油がフライパンの外へ飛んでしまい、掃除が手間。 深型を使うと油ハネは抑えられますが、油をなみなみと入れると急激に温度が上がってしまうこともあるので要注意です。 深型のフライパンを使って、油は深さ半分以下の量を目安に入れるのが安心だし、後片付けの手間がかかりません。 結論:厚みと深さがあるフライパンがおすすめ! まず、自宅のフライパンが揚げ物に向いているかチェックしてみましょう。 私が愛用しているような、厚みと深さがあるタイプのフライパンなら問題なし! フライパンに厚みがあると温度変化も少なく、少量の油でサクッと揚げられますよ。

次の

もう、天ぷら鍋はいらない?フライパンでお手軽揚げ物!|アサヒ軽金属工業

さつまいも天ぷら フライパン

1 さつまいもをフライパンで焼き芋にする方法 1-1 材料 ・フライパン、フタ 1セット (作りやすい分量 ・さつまいも 1本 3本 ・新聞紙 1枚 3枚 ・キッチンペーパー 1枚 3枚 ・アルミホイル 適量 適量 1-2 手順と時間 1-2-1 水洗いする さつまいもをしっかり水洗いする。 1-2-3 アルミホイルで包む アルミホイルをくしゃくしゃに一度丸めて広げ、包む。 1-2-4 蓋をして25分弱火で焼く フライパンに包んださつまいもをのせ、蓋をして弱火で25分焼く。 1-2-5 ひっくり返して、25分弱火で焼く 25分経ったらさつまいもをひっくり返して、さらに弱火で25分焼く。 1-3 上手に作るコツ ・ 太さの均一な さつまいもを選ぶ。 フライパンで焼くとき、太すぎるさつまいもは中まで火を通すのに時間がかかるので、直径7cmほどの 太さのさつまいもを選びましょう。 ・ アルミホイルを一度丸めてから包む。 アルミホイルのくしゃくしゃと丸めることで、さつまいもの表面とアルミホイルの間に不規則な空間ができ、熱が間接的に伝わるのでじっくりと火が通る。 まとめ フライパン&フタで、焼きいもは作れる。 弱火設定で低温じっくり焼くのがポイント。

次の

ソレダメ!天ぷらの揚げ方まとめ!家のフライパンで超サクサク技

さつまいも天ぷら フライパン

さつまいもを揚げた時の油の吸収率は? さつまいもの生20gは26kcalです。 さつまいもを素揚げにすると、油の吸収率3%で32kcalになります。 天ぷらにすると、油の吸収率12%で50kcalになります。 衣の厚みに比例して油の吸収率も変わってきます。 衣を薄くつけることが低カロリーに仕上げるコツになります。 素揚げ・唐揚げ・天ぷら・フリッター・フライ・かき揚げの順番に油の吸収率が高くなります。 揚げ物の油吸収率を抑えるコツは、衣を薄くして油の吸収を少なくする。 低温だと加熱時間が長くなってしまい、油の吸収率が高くなるので適温であげます。 揚げたら網の上で油を切り、さらにキッチンペーパーで油を吸わせて油をよく切ります。 油を使う料理で気を付けることは? 炒め物とフライパンは、フライパンを十分に熱しておくと油は少量でも馴染みやすいです。 テフロン加工のフライパンか、よく使い込んだフライパンだと少量の油で済みます。 材料に油が染み込む前にさっと短時間で仕上げるために、火の通りにくい材料は小さく切っておきます。 揚げ物は、衣を付けずに素揚げにします。 キッチンペーパーなどで余分な油を切ります。 揚げ物の衣を取り除いて食べます。 油を吸収する材料は避けるようにします。 サラダのドレッシングは、油と酢の割合を1:1にします。 水切りを十分にします。 油の風味を強調するために、オリーブオイルやゴマ油を使います。 酢の酸味をまろやかにするために、摩り下ろしの野菜などを利用します。 スポンサードリンク さつまいもの栄養は? 風邪の予防や疲労回復や肌荒れなどに働きのあるビタミンCを含んでいて、さつまいもの場合はでんぷんに守られていて加熱しても壊れにくいとされています。 さつまいもに含まれている食物繊維の比率はそんなに多くないのですが、他の野菜に比べると重量が多くなる場合が多いので、効率よくたくさんの食物繊維を摂取することが出来ます。 さつまいものみに含まれている成分のヤラピンと食物繊維の2つの働きで、便秘の改善が期待できます。 カリウムを豊富に含んでいるので、ナトリウムを体外に排泄し高血圧の効果に期待できると言われております。 紫品種は、アントシアニンが含まれていて、目の改善に良いとされています。 またアントシアニンはポリフェノールの一種でもあるので、がんやさまざまな生活習慣病の原因になっている活性酸素を抑制する効果に期待できると言われております。 ビタミンEも含んでいて、抗酸化の働きもあり体内の活性酸素を減らす働きもあります。 まとめ 油の吸収率や油を使う時に気をつけることを実践して、健康のために少しでもヘルシーなお料理を心掛けたいと思いました。

次の