ペルソナ 5 スクランブル ネタバレ。 【ネタバレ】ペルソナ5スクランブル ストーリーまとめ2 P5S あらすじ 考察 渋谷ジェイル

【ネタバレ】ペルソナ5スクランブル ストーリーまとめ2 P5S あらすじ 考察 渋谷ジェイル

ペルソナ 5 スクランブル ネタバレ

P5Rにおける芳澤かすみと明智吾郎の結末 前提として、芳澤かすみと明智吾郎の結末を書いておきます。 まず芳澤かすみと呼ばれていた少女はかすみではありませんでした。 その正体はかすみの妹、「すみれ」です。 芳澤すみれは丸喜拓人により、認知を改竄され自分をかすみと思い込んでいた可哀想な子でした。 ジョーカーのおかげで過去と向き合うことができ、芳澤すみれとして最終戦に臨みます。 その後駅でジョーカーとすれ違い、ジャージ姿だったことからも、新体操を続けていることが伺えます。 P5Rで明智吾郎は三学期に姿を表しました。 ペルソナ5無印ではシドウパレスで死んだと思われていた彼ですが、三学期の明智はジョーカーの認知上の存在であり、実際彼は死んでいます。 と思ったら真エンディングでまた生きていることがほのめかされました。 2度死んで2度生き返る男ですね。 思い返してみるとペルソナ5無印廉価版の頃に、 明智は「4 , 980円の男」なんてネタにされていました。 (顔に価格シールが貼られていたため) 元画像: 話題に事欠かない男です。 P5S(ペルソナ5スクランブル)に芳澤かすみと明智吾郎は出るのか予想 ジョーカー、明智、芳澤の3人組は丸喜パレスで一緒に行動しました 最初に結論を述べるとP5Sに明智と 芳澤さんは 「出る」と思います。 その根拠を書いていきます。 根拠1:ペルソナ5で人気の高いキャラクターである 芳澤かすみと明智吾郎どちらも人気の高いキャラクターであることは間違いありません。 特に明智はペルソナ5で最も人気のあるキャラクターであるというデータがあります。 (芳澤かすみの人気度がどれだけ高いのかは調べていません) 引用: なんとジョーカーよりも人気が高い・・・ PQ2(ペルソナQ2 ニュー シネマラビリンス)でパーティに入れたいキャラクターで、堂々の5位です。 人気だからって出るとは限らないですが、最も人気が高いキャラとなるとどうでしょう。 逆に出さない理由がないのではないでしょうか。 根拠2:過去作ではネタバレキャラでも普通に出ている 過去作で、存在そのものがネタバレになるキャラの扱いがどうだったか確認してみます。 ペルソナ4の事件の犯人こと、足立透です。 出典:P4D 引用元: 留置所にいるはずなのに、踊ってます。 お分かりのとおり、続編にはほとんど顔を出しています。 制作側もわかってやっているとしか思えないペースです。 足立は非常に人気の高いキャラクターです。 独特の世界観と、マガツイザナギという中二病全開のカッコイイペルソナで人気を獲得していました。 ここから何が言えるかというと、アトラスは人気キャラクターは続編に出す傾向にあるということです。 足立の他にも「マリー」、「キタロー」という人気キャラクターは続編に駆り出されています。 根拠3:出す理由はいくらでも作れる環境にある(例え死んでいても) 出典:ペルソナ3fes 先ほどのキャラクター人気投票で1位だったペルソナ3の主人公ですが、彼はペルソナ3のラストで死にます。 (肉体的に) でも続編に出てきました。 未練という形であり、実際の彼ではありません。 しかしここから言えることは、過去作をみてくと、人気キャラクターは例え死んでいても続編に出ているということです。 明智が本当に死んだかどうかはP5Sでも焦点になるような気がします。 しかし仮に死んでいたとしても、認知の存在として、登場させることは難しいことではないでしょう。 明智は怪盗団の認知という理由で登場させることが できる 思います。 それから芳澤かすみですが、彼女は新体操で各地に遠征に行ったり、大会に出場したりして、全国を回っています。 実際ペルソナ5ロイヤルでもハワイで芳澤かすみに偶然ばったり出会うみたいなイベントがありました。 怪盗団が日本を一周するという設定でも、大会という理由で違和感なく、彼女を合流させることが可能です。 根拠4:人気キャラ追加キャラクター(DLC)は課金対象になることが多い(だからPVに出ない) 先ほどの足立透の場合、P4U2、P4D共に、後になって追加されたキャラクターでした。 「マリー」も同じようにDLCコンテンツとして配信されたように思います。 P4Gより「マリー」 この傾向からいくと、ペルソナ5スクランブルでも、明智や芳澤かすみがDLCとして後日配信される可能性は高いです。 P5Sの開発元であるコーエーテクモゲームス(オメガフォース)ですが、ペルソナの他にもコラボ企画をしています。 例えば「ファイアーエンブレム無双」や「ゼルダ無双」などがそうです。 P5Sと同じ開発元のオメガフォース制作の、ゼルダ無双とファイアーエムブレム無双 これらのゲームでは、追加パックが多く配信されています。 引用: 人気キャラクターがプレイアブルキャラクターとして配信されているようでした。 あ・・・(察し)。 となるかどうかはわかりませんが、P5S(ペルソナ5スクランブル)も何かしらの追加パックは用意されているものと思います。 例えばジョーカーのペルソナだったり、コスチューム、BGMなどがそうです。 もしかしたらDLCとして芳澤かすみや明智吾郎のプレイアブルキャラが用意されているかもしれません。 というかその確率は高いのではと思います。 PVに芳澤かすみと明智吾郎が出ないのも、発売後の追加パックにインパクトを与えるためと考えることができるかもしれません。 P5SはP5Rの続編ではない? ここまで予想してきましたが、P5SはP5Rの続編ではないということが明言されたという噂が流れてきました。 この記事をみているとわかりますが、 P5SがP5Rの続編ではないということが公言された訳ではなさそうです。 そうやって言っている人根拠もよくわからないものでした。 想像するに、P5Sは「P5 2」であって、「P5R 2」ではないからという理由のようです。 まぁそりゃそうでしょうという感じです。 仮にP5Rの続編でも「P5」と表現すると思います。 しかしペルソナ5スクランブルがP5Rの続編であるということはないと思います。 野暮ったい予想になりますが、P5とP5Rの出荷数がこちらです。 wikipedia. 芳澤かすみがいくら人気キャラと言っても、プレイヤーの10人中7人は彼女のキャラクターを知らないのです。 であれば、ペルソナ5無印の続編とした方が、より多くの人がストーリーを楽しめるという考えに至っても仕方ないのではないかと思いました。 まとめ 結論芳澤かすみと明智吾郎はP5S(ペルソナ5スクランブル)に登場すると思います。 芳澤かすみ、明智吾郎共に人気キャラクターであること• ペルソナの続編では人気キャラクターは必ず登場してきていること• 二人とも登場させる理由が用意しやすいこと• PVに出てきていない理由はDLCとして追加要素になる可能性が高い• そのためP5Sのストーリーに芳澤かすみが関わってくるということはない。 その代わり、明智は関わってくる可能性は少しある。 (P5Rだけのキャラではないため) 以上の6点から、何かしらの形で明智吾郎と芳澤かすみはゲームに登場すると思います。 ただしP5Sのストーリーに二人がガッツリ関わるということはないと思われます。 PVやプレイ動画をみる限り、怪盗団にフォーカスされたストーリーであり、芳澤かすみと明智吾郎は人気キャラクターとは言え怪盗団ではありません。 二人がもし登場したとしても、ちょっと顔を出すだけだったり、敵キャラ(認知上の)としての登場になるのではと予想します。 そして後日、プレイアブルキャラクターとして追加配信という流れが、妥当な予想ではないかなと考えております。 私としては芳澤かすみも明智吾郎も好きなキャラクターなので、追加されたとしたら買うと思います。 でも折角なら、ストーリーにもガッツリ絡んできてくれると嬉しいなと思う次第です。 以上です。 読んでいただきありがとうございます。

次の

【ゲーム感想】ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ

ペルソナ 5 スクランブル ネタバレ

ジェイルに侵入するが、すぐに脱出する。 現実世界でアリスや被害者を調べる事が決定。 杏殿がアリスに会うタイミングで、アリスの調査をする事になる。 杏殿はアリスを調べる事に賛成ではないらしい。 渋谷での調査の結果、アリスに「ねがい」を奪われた人たちは、熱狂的なアリスファンになってお金を貢いだり、アンチを襲うなどの行動をしていた。 杏殿は、アリスの大ファンだと判明。 アリスは陰キャだった事が判明。 番組収録中、急にアリスに土下座して告白する番組司会者。 アリスに「ねがい」を奪われると、アリスに操られる事が分かる。 杏殿は、アリスと同じ夢を持っており、アリスに共感(同情)していた。 控室前の廊下で、アリスとマネージャーがSMプレイを楽しんでいる。 KYのジョーカーたちが止めに入る。 怪盗団の作戦会議で、アリスを改心させる事が決定。 ジェイルに「オタカラ」があるか議論になる。 ソフィアは、アリスを殺せばいいと提案する。 「皆がアリスのせいで苦しんでいるのに、なぜ悪党をたおさない?」 モルガナは「心の怪盗団は人を殺さない。 改心させるのが信条だ。 」と話す。 ソフィアのコードネームは、「ゾフィー」に決定。 ベルベットルーム 渋谷センター街から、ベルベットルームに行けるようになる。 ペルソナ合体・強化ができるようになる。 渋谷ジェイル ソフィアショップが利用できるようになる。 アリスに「ねがい」を奪われた人たちは、渋谷マルクシティにある牢獄に閉じ込められていた。 シャドウアリスの本拠地に向かうために、サーチライトを解除すると、警戒が強くなり「隔壁」が現れ、いったん退却する事に。 長谷川善吉 登場 怪盗団を追っていた警視庁・公安部の長谷川善吉 警部補が登場。 怪盗団と接触し、「怪盗団の知るアリスの事件の情報と、長谷川の知る警察内部の情報」を取引しようと持ちかける。 ジョーカーは警察・公安部に常に監視されており、長谷川の取引に応じず追い返す。 長谷川はまた来ると言って去る。 長谷川からの情報によると、アリスの事件でジョーカーに疑いがかかっており、このままだと逮捕されると分かる。 警察への対応の前に、先にアリスを改心させる事が決定。 渋谷ジェイルに出現した「隔壁」を消す方法を考えることに。 ジョーカーとアリスがオトリになって敵をひきつける。 その間に、双葉が「隔壁」を解除する作戦になる。 双葉が隔壁の解除に成功する。 渋谷705に着くが、アリスはおらず、アリスのオタカラを奪うには、アリスの隠された記憶(心の障壁)を解除する必要があると分かる。 渋谷駅・連絡橋 アリスの隠された記憶を知るために、アリスの通っていた学校を調べる。 しかし双葉やソフィアを持ってしても、アリスの学校が分からない。 そこに長谷川善吉が登場し、アリスが通っていた学校は、杏殿や竜司たちが通っている「秀尽学園」だと分かる。 秀尽学園 秀尽学園から渋谷ジェイルに侵入する。 教室では、アリスをいじめていた女子生徒が「ロックキーパー」になり襲ってくる。 ロックキーパーをたおすと、渋谷705にかかっていたカギが開く。 渋谷ジェイル 渋谷ジェイルに侵入。 ボス「マッドラビット・アリス」と戦闘になる。 たおすと、アリスが改心する。 アリスが集めた人々の「ねがい」が砕け散り、牢獄に囚われていた人たちが目を覚ます。 しかしジェイルは崩壊しなかった(パレスとの違い)。 その原因を探るために、杏殿がアリスに話を聞きに行く事になる。 善吉と協力する事に ルブランで怪盗団が、アリスに会う方法を考えていると、タイミングよく、長谷川善吉が現れる。 アリスと会わせてやるから取引に応じろと迫る善吉。 「アリス以外にも全国で改心事件が発生している。 警察は怪盗団を疑っている。 」と語る善吉。 善吉は、怪盗団は犯人ではないと考えており、真実を知るために、怪盗団と情報交換(取引)したいと話す。 ジョーカーたちは話し合って、善吉と取引する事に。 善吉に本当の事を話すと「頭がおかしい。 薬物検査を受けろ」と話にならないので、異世界の事を信用させるために、ジェイルにつれて行くことになる。 渋谷ジェイルに善吉を連れて行ったところ、「昨日飲みすぎたかな?…ネコがしゃべった!」などと混乱する。 飛行機や電車は危ないので、車で北海道の札幌中央市まで行けと言われる。 アジトに戻った怪盗団は、夏休みを活かして、全国各地で発生している改心事件の解決を、善吉と協力して解決していく事に決定した。 EMMAについて EMMAには、人のシャドウをジェイルに入れる機能がある。 EMMAを開発したのは、マディスという日本の会社。 ジェイルについて パレスは、主の「認知」が具現化した世界だった。 ジェイルは、人間から「ねがい」を奪う世界だった。 ジェイルがある場所は、ソフィアが"におい"で分かる。

次の

【ゲーム感想】ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ

ペルソナ 5 スクランブル ネタバレ

P5Rにおける芳澤かすみと明智吾郎の結末 前提として、芳澤かすみと明智吾郎の結末を書いておきます。 まず芳澤かすみと呼ばれていた少女はかすみではありませんでした。 その正体はかすみの妹、「すみれ」です。 芳澤すみれは丸喜拓人により、認知を改竄され自分をかすみと思い込んでいた可哀想な子でした。 ジョーカーのおかげで過去と向き合うことができ、芳澤すみれとして最終戦に臨みます。 その後駅でジョーカーとすれ違い、ジャージ姿だったことからも、新体操を続けていることが伺えます。 P5Rで明智吾郎は三学期に姿を表しました。 ペルソナ5無印ではシドウパレスで死んだと思われていた彼ですが、三学期の明智はジョーカーの認知上の存在であり、実際彼は死んでいます。 と思ったら真エンディングでまた生きていることがほのめかされました。 2度死んで2度生き返る男ですね。 思い返してみるとペルソナ5無印廉価版の頃に、 明智は「4 , 980円の男」なんてネタにされていました。 (顔に価格シールが貼られていたため) 元画像: 話題に事欠かない男です。 P5S(ペルソナ5スクランブル)に芳澤かすみと明智吾郎は出るのか予想 ジョーカー、明智、芳澤の3人組は丸喜パレスで一緒に行動しました 最初に結論を述べるとP5Sに明智と 芳澤さんは 「出る」と思います。 その根拠を書いていきます。 根拠1:ペルソナ5で人気の高いキャラクターである 芳澤かすみと明智吾郎どちらも人気の高いキャラクターであることは間違いありません。 特に明智はペルソナ5で最も人気のあるキャラクターであるというデータがあります。 (芳澤かすみの人気度がどれだけ高いのかは調べていません) 引用: なんとジョーカーよりも人気が高い・・・ PQ2(ペルソナQ2 ニュー シネマラビリンス)でパーティに入れたいキャラクターで、堂々の5位です。 人気だからって出るとは限らないですが、最も人気が高いキャラとなるとどうでしょう。 逆に出さない理由がないのではないでしょうか。 根拠2:過去作ではネタバレキャラでも普通に出ている 過去作で、存在そのものがネタバレになるキャラの扱いがどうだったか確認してみます。 ペルソナ4の事件の犯人こと、足立透です。 出典:P4D 引用元: 留置所にいるはずなのに、踊ってます。 お分かりのとおり、続編にはほとんど顔を出しています。 制作側もわかってやっているとしか思えないペースです。 足立は非常に人気の高いキャラクターです。 独特の世界観と、マガツイザナギという中二病全開のカッコイイペルソナで人気を獲得していました。 ここから何が言えるかというと、アトラスは人気キャラクターは続編に出す傾向にあるということです。 足立の他にも「マリー」、「キタロー」という人気キャラクターは続編に駆り出されています。 根拠3:出す理由はいくらでも作れる環境にある(例え死んでいても) 出典:ペルソナ3fes 先ほどのキャラクター人気投票で1位だったペルソナ3の主人公ですが、彼はペルソナ3のラストで死にます。 (肉体的に) でも続編に出てきました。 未練という形であり、実際の彼ではありません。 しかしここから言えることは、過去作をみてくと、人気キャラクターは例え死んでいても続編に出ているということです。 明智が本当に死んだかどうかはP5Sでも焦点になるような気がします。 しかし仮に死んでいたとしても、認知の存在として、登場させることは難しいことではないでしょう。 明智は怪盗団の認知という理由で登場させることが できる 思います。 それから芳澤かすみですが、彼女は新体操で各地に遠征に行ったり、大会に出場したりして、全国を回っています。 実際ペルソナ5ロイヤルでもハワイで芳澤かすみに偶然ばったり出会うみたいなイベントがありました。 怪盗団が日本を一周するという設定でも、大会という理由で違和感なく、彼女を合流させることが可能です。 根拠4:人気キャラ追加キャラクター(DLC)は課金対象になることが多い(だからPVに出ない) 先ほどの足立透の場合、P4U2、P4D共に、後になって追加されたキャラクターでした。 「マリー」も同じようにDLCコンテンツとして配信されたように思います。 P4Gより「マリー」 この傾向からいくと、ペルソナ5スクランブルでも、明智や芳澤かすみがDLCとして後日配信される可能性は高いです。 P5Sの開発元であるコーエーテクモゲームス(オメガフォース)ですが、ペルソナの他にもコラボ企画をしています。 例えば「ファイアーエンブレム無双」や「ゼルダ無双」などがそうです。 P5Sと同じ開発元のオメガフォース制作の、ゼルダ無双とファイアーエムブレム無双 これらのゲームでは、追加パックが多く配信されています。 引用: 人気キャラクターがプレイアブルキャラクターとして配信されているようでした。 あ・・・(察し)。 となるかどうかはわかりませんが、P5S(ペルソナ5スクランブル)も何かしらの追加パックは用意されているものと思います。 例えばジョーカーのペルソナだったり、コスチューム、BGMなどがそうです。 もしかしたらDLCとして芳澤かすみや明智吾郎のプレイアブルキャラが用意されているかもしれません。 というかその確率は高いのではと思います。 PVに芳澤かすみと明智吾郎が出ないのも、発売後の追加パックにインパクトを与えるためと考えることができるかもしれません。 P5SはP5Rの続編ではない? ここまで予想してきましたが、P5SはP5Rの続編ではないということが明言されたという噂が流れてきました。 この記事をみているとわかりますが、 P5SがP5Rの続編ではないということが公言された訳ではなさそうです。 そうやって言っている人根拠もよくわからないものでした。 想像するに、P5Sは「P5 2」であって、「P5R 2」ではないからという理由のようです。 まぁそりゃそうでしょうという感じです。 仮にP5Rの続編でも「P5」と表現すると思います。 しかしペルソナ5スクランブルがP5Rの続編であるということはないと思います。 野暮ったい予想になりますが、P5とP5Rの出荷数がこちらです。 wikipedia. 芳澤かすみがいくら人気キャラと言っても、プレイヤーの10人中7人は彼女のキャラクターを知らないのです。 であれば、ペルソナ5無印の続編とした方が、より多くの人がストーリーを楽しめるという考えに至っても仕方ないのではないかと思いました。 まとめ 結論芳澤かすみと明智吾郎はP5S(ペルソナ5スクランブル)に登場すると思います。 芳澤かすみ、明智吾郎共に人気キャラクターであること• ペルソナの続編では人気キャラクターは必ず登場してきていること• 二人とも登場させる理由が用意しやすいこと• PVに出てきていない理由はDLCとして追加要素になる可能性が高い• そのためP5Sのストーリーに芳澤かすみが関わってくるということはない。 その代わり、明智は関わってくる可能性は少しある。 (P5Rだけのキャラではないため) 以上の6点から、何かしらの形で明智吾郎と芳澤かすみはゲームに登場すると思います。 ただしP5Sのストーリーに二人がガッツリ関わるということはないと思われます。 PVやプレイ動画をみる限り、怪盗団にフォーカスされたストーリーであり、芳澤かすみと明智吾郎は人気キャラクターとは言え怪盗団ではありません。 二人がもし登場したとしても、ちょっと顔を出すだけだったり、敵キャラ(認知上の)としての登場になるのではと予想します。 そして後日、プレイアブルキャラクターとして追加配信という流れが、妥当な予想ではないかなと考えております。 私としては芳澤かすみも明智吾郎も好きなキャラクターなので、追加されたとしたら買うと思います。 でも折角なら、ストーリーにもガッツリ絡んできてくれると嬉しいなと思う次第です。 以上です。 読んでいただきありがとうございます。

次の