徳山競艇 日程。 ボートレース鳴門|開催日程

ボートレース児島16#

徳山競艇 日程

徳山競艇場の水面特徴 海水、潮の満ち引きがレースに大きな影響を与える徳山競艇場 ボートレース徳山(徳山競艇場)の競走水面は海で、水質は海水です。 太華山の麓に位置し、風の影響を受けやすい競艇場です。 瀬戸内海に面した、普段は水面の穏やかなレース場です。 1マーク側に太華山(365m)があり、西側の向かい風を遮断するのでこの方向の風はほとんどありません。 ほぼ年間を通して南東の風(左斜め後方からの追い風)が吹きます。 夏は東側からの追い風、秋は南風に近い南南東の追い風となる傾向が高くなっています。 冬場は強い東からの追い風が吹くと、2マーク周辺はかなり引き波が残ります。 大潮時、干満差は約3.5mあります。 潮位によってレースの流れが変わります。 干潮時は、パワー勝負、満潮時は、さばき勝負になりやすくなります。 ボートレース徳山(徳山競艇場)の競走水面は、海水、潮の満ち引きがレースに影響を与えるのでボートレース徳山HPには潮見表が公表されています。 ボートレース徳山(徳山競艇場)の潮見表に関してはを参照ください。 よほどダッシュが効かないと内側に入れないと思われるのですが、実際は1号艇のイン奪取率は低いランクにあり、かなりの確率で2号艇がインコースを競り勝っています。 競走水面は変則的な形状の徳山競艇場 1マーク・2マークの見通し線はSの字型で、2マークを若干バック側 左 に振ってあります。 ホーム側の消波装置までの水面幅は60mとかなり広めにしてありますが、慣れないと初動時の懐が狭いので、膨れて消波装置にニアミスすることもあります。 1マーク水域はターンマークを右に15m振って、横幅を45mと広くしてあるので、イン絶対の水面ではありません。 ただし、基本的には追い風水面なのでインコースが有利な事は揺るぎません 徳山競艇場の企画レース ボートレース徳山(徳山競艇場)では一般戦などではいくつかの企画レースが組み込まれています。 第1レース:1号艇にA級選手を配置し、尚かつ進入固定で争われる「モーニングSP」 第2レース:シリーズリーダーや好調な選手等を配した「グランプリ戦」 第3レース:A級選手が軸となり、尚かつ進入固定で争われる「プライド戦」 第8レース:様々な企画で行われる「お昼のゴチ走戦」 引用元:ボートレース徳山HP 徳山競艇場のコース別データ 引用元:ボートレース徳山HP ボートレース徳山(徳山競艇場)は、前述したように風向きがどの季節であっても追い風になるので基本的にはスロースタートの1コース、2コースが勝率が高くなっています。 徳山競艇場のモーター情報 ボートレース徳山(徳山競艇場)のモーターデータに関してはを参照ください。 ボートレース徳山(徳山競艇場)のモーター交換時期は4月になります。 4月よりも以前であれば、データはかなり重要度が高いですが、4月以降の5月や6月であれば、まだデータも定まっていませんので要注意です。 *上記リンクは外部リンクです。 まとめ ボートレース徳山(徳山競艇場)は、追い風の影響もあってインコースの勝率が高く、アウトコースはかなり苦戦をする競艇場です。 確実に舟券を当てたいのであればインコース中心に予想していけば比較的予想しやすい競艇場なのではないでしょうか。 ボートレース徳山(徳山競艇場)で開催されるレースの時の参考に是非してみてください。

次の

ボートレース児島16#

徳山競艇 日程

徳山競艇場の特徴 徳山競艇場の競走水面は瀬戸内海に面しており、笠戸湾の奥深い場所に位置しているので、満潮と干潮では水面にも影響が出ます。 また、徳山競艇場はインが強く、 全国の競艇場でも1コースの勝率はトップクラス。 その他にもサンライズレースを開催しているため、他の競艇場に比べて1時間半ほど開催時間が早くなっているんですよ。 水面の特徴 徳山競艇場の水質は柔らかくて浮力がある海水ということから、 体重の重いレーサーに有利と言われています。 潮の満ち引きにより 満潮時にはインコース、干潮時にはアウトコースが有利となる特徴があります。 また、風の影響による水面のうねりなどは少なく、穏やかなコンディションが多くなっています。 風の影響 徳山競艇場は太華山の麓に位置しているため、これが防風壁の役割を果たし向かい風を遮っています。 これにより、年間を通して吹く風は 追い風という特徴があります。 また、冬場には強い風が吹くこともあり、 この強い追い風が影響で2マーク周辺では引き波が残りやすいのも特徴。 なお、強風により水面が酷く荒れるというほどの影響は、ほとんど無いようです。 1コースの勝率はトップクラス! 徳山競艇場のコース別着順率ですが、 1コースが1着となる割合が6割を超えています。 次いで2コースの3連対率も全国で上位のため、 インコースが強い競艇場と言えますね。 そして、3コースからの着順率が一気に下がり、その順位は下から数えた方が早いものとなっています。 インコースが重要なコースとなっているため、予想をする際には1コースの艇を軸に組み立てるのがセオリーです。 サンライズレースは狙い目! 徳山競艇場ではサンライズレースを開催しているため、 1~4レースの番組表が予想しやすいものになっています。 主にインコースには強い選手を当てているため、これを軸に予想していくと良いでしょう。 進入固定となっているレースもあるため、インの信頼度は高めとなっていますよ! 予想ポイントまとめ 徳山競艇場の1番の特徴は、何と言っても インコースの勝率の高さ。 軸となる艇が決めやすいということは、予想が立てやすいということ! また、サンライズレースの番組表も狙い目となっているため、初心者の方でも競艇を楽しむことができると思います! 開催日程 徳山競艇場のレース開催日程は、こちらから見ることができます。 予想・オッズ情報 徳山競艇場のレース予想はこちらから見ることができます。

次の

ボートレース津|開催日程

徳山競艇 日程

徳山競艇場の水面特徴 海水、潮の満ち引きがレースに大きな影響を与える徳山競艇場 ボートレース徳山(徳山競艇場)の競走水面は海で、水質は海水です。 太華山の麓に位置し、風の影響を受けやすい競艇場です。 瀬戸内海に面した、普段は水面の穏やかなレース場です。 1マーク側に太華山(365m)があり、西側の向かい風を遮断するのでこの方向の風はほとんどありません。 ほぼ年間を通して南東の風(左斜め後方からの追い風)が吹きます。 夏は東側からの追い風、秋は南風に近い南南東の追い風となる傾向が高くなっています。 冬場は強い東からの追い風が吹くと、2マーク周辺はかなり引き波が残ります。 大潮時、干満差は約3.5mあります。 潮位によってレースの流れが変わります。 干潮時は、パワー勝負、満潮時は、さばき勝負になりやすくなります。 ボートレース徳山(徳山競艇場)の競走水面は、海水、潮の満ち引きがレースに影響を与えるのでボートレース徳山HPには潮見表が公表されています。 ボートレース徳山(徳山競艇場)の潮見表に関してはを参照ください。 よほどダッシュが効かないと内側に入れないと思われるのですが、実際は1号艇のイン奪取率は低いランクにあり、かなりの確率で2号艇がインコースを競り勝っています。 競走水面は変則的な形状の徳山競艇場 1マーク・2マークの見通し線はSの字型で、2マークを若干バック側 左 に振ってあります。 ホーム側の消波装置までの水面幅は60mとかなり広めにしてありますが、慣れないと初動時の懐が狭いので、膨れて消波装置にニアミスすることもあります。 1マーク水域はターンマークを右に15m振って、横幅を45mと広くしてあるので、イン絶対の水面ではありません。 ただし、基本的には追い風水面なのでインコースが有利な事は揺るぎません 徳山競艇場の企画レース ボートレース徳山(徳山競艇場)では一般戦などではいくつかの企画レースが組み込まれています。 第1レース:1号艇にA級選手を配置し、尚かつ進入固定で争われる「モーニングSP」 第2レース:シリーズリーダーや好調な選手等を配した「グランプリ戦」 第3レース:A級選手が軸となり、尚かつ進入固定で争われる「プライド戦」 第8レース:様々な企画で行われる「お昼のゴチ走戦」 引用元:ボートレース徳山HP 徳山競艇場のコース別データ 引用元:ボートレース徳山HP ボートレース徳山(徳山競艇場)は、前述したように風向きがどの季節であっても追い風になるので基本的にはスロースタートの1コース、2コースが勝率が高くなっています。 徳山競艇場のモーター情報 ボートレース徳山(徳山競艇場)のモーターデータに関してはを参照ください。 ボートレース徳山(徳山競艇場)のモーター交換時期は4月になります。 4月よりも以前であれば、データはかなり重要度が高いですが、4月以降の5月や6月であれば、まだデータも定まっていませんので要注意です。 *上記リンクは外部リンクです。 まとめ ボートレース徳山(徳山競艇場)は、追い風の影響もあってインコースの勝率が高く、アウトコースはかなり苦戦をする競艇場です。 確実に舟券を当てたいのであればインコース中心に予想していけば比較的予想しやすい競艇場なのではないでしょうか。 ボートレース徳山(徳山競艇場)で開催されるレースの時の参考に是非してみてください。

次の