アッコ に おまかせ アシスタント。 アッコにおまかせ!

「アッコにおまかせ」アシスタント横山愛子が妊娠

アッコ に おまかせ アシスタント

アッコにおまかせはどんな番組? かわいいアシスタントとして有名な4人を紹介する前にまず、「アッコにおまかせ! 」が一体どういう番組なのかおさらいしていきましょう! 「アッコにおまかせ!」とは、先程も軽く紹介しましたが TBSテレビで1985年から放送開始された、毎週日曜の昼に放送されている番組のことです。 内容は、直近1週間のニュースを視聴者のランキング順で取り上げ 和田アキ子さんが紹介していきながら、ゲストと絡んでいくというワイドショー的な要素が強いです。 そのため、ニュースを取り上げてはいますが、バラエティ番組と捉えて見ている方が多いと思います。 ちなみに「アッコにおまかせ! 」のメイン司会は放送初回から出演している 和田アキ子さんです。 そしてパートナーの役割を担っている男性司会者は 峰竜太さんです。 彼は、男性司会者の4代目ですが初出演は1993年でして、以降、交代はされていません。 番組進行は初代を除いてTBSの男性アナウンサーが務めています。 なお初代男性司会者は、 古舘伊知郎さんが担当していました! その他、お笑い芸人や若手女性タレント、ベテランのご意見番タレント、弁護士など多数の出演者によって番組は構成されています。 1985年から今現在、2019年の 34年間も放送され続けているとはかなり長寿な番組ですよね。 この記事の作成者である私が生まれる前から放送されていたと思うと、驚きです!.

次の

アッコにおまかせの出演者とアシスタント4人がかわいいと評判!実は。。。 | ページ 2 | 季節の情報局

アッコ に おまかせ アシスタント

編集前にをご覧下さい(・抵触について) アッコにおまかせ! 『 アッコにおまかせ! 』は、で(60年)から毎週の11:45 - 13:00()にされているの。 を務めるので、の日曜12時台では唯一のネットワークセールス枠でもある。 の時点での放送回数は1687回 [ ]。 概要 [ ] 沿革 [ ] 番組開始1年前の1984年10月7日、『』司会にとが就任。 (当時TBSアナウンサー)の後任としての登場であったが、TBSの日曜正午台の長期低落傾向に歯止めをかけた。 1985年4月に『』に改題を経て、さらにリニューアルして1985年10月に本番組がスタート(古舘は1コーナーのみの出演となる)。 1987年10月には、『』の枠を吸収、約70分間の大型番組となった。 1986年4月、オープニングBGMを変更。 オープニングのタイトルコールを廃止(ただし現在までエンディングは継続)。 CM入り時のBGMも変更された。 1990年4月、タイトルロゴがカラーとなり、それまでの白に黒枠からピンクに黒枠となる(ただしCM入り時の右下に表示するロゴのみは従来のまま)。 1994年10月には、CM入り時の右下タイトルのロゴに関してもオープニングと同じカラーとなる(TBS社屋移転による放送機材更新のため)。 1998年10月、中継コーナーが正式に廃止(ただし特番時等、現在までにかけ単発で復活する場合もある)。 番組開始以来の大幅なリニューアルを実施。 それまで行われなかった硬派な話題も取り上げる形式も兼ねたバラエティ番組に一新する。 さらに、12年半ぶりにオープニングBGMを変更。 CM入り時のBGMも変更されたため、エンディングの演出を一新。 それまでエンディングトーク中のBGMはなかったが(不定期に新曲発表時等、和田の楽曲をかける場合もあった)、各歌手のを数週替わりでエンディングテーマ扱いとして流すようになり、エンディングタイトルコール後にCM入りBGMが流されなくなった(現在までこの形態である)。 それでも新聞上や番組表では45分開始となっていたが、この形態は2017年3月まで19年間続いた。 それまで基本的に出演者名・コーナー名・タイトルのロゴ以外は必要最低限では画面に表示していなかった字幕テロップを常時表示するようになる(ゲストトークのコーナーではトーク内容、芸能のコーナーでは触れる話題の内容、ゲームコーナーではテーマ等)。 この演出手法は他の長寿生放送バラエティ番組と同様である。 2001年4月、番組のメインコーナーであったゲストトークのコーナーを廃止。 ゲストの登場は現在に至るまで原則不定期となった。 2004年3月、6年ぶりにオープニングBGMを変更。 CM入り時のBGMも変更。 タイトルロゴも現在の2代目となり、リニューアルした。 2014年4月以降、最長寿の生バラエティ番組となる。 2014年5月4日より、音声モードがからとなる。 2015年10月に放送開始30周年を迎えた。 2017年3月、芸能コーナーの後のゲーム・クイズコーナーを廃止。 原則、1998年10月に始まった芸能ニュース・世間のニュースコーナーを和田とレギュラーがコメントするだけのワイドショー形式の番組となった。 2020年4月5日より12:54 - 13:00の枠を吸収し、11:45 - 13:00枠での放送となった。 内容 [ ] 放送開始から長らくは「トークバラエティ」として、ゲストとのトーク、生中継のクイズなどで構成され、ハプニング性も取り入れた内容(予告なしに特別ゲストが登場しスタジオが騒然とするなど)である。 1998年10月からトークや中継主体だった内容を一新、和田の毒舌を生かした「バラエティ」として下記各コーナー参照の単発の企画を除き、先述の通り、原則スタジオのみの番組へ衣替えする。 前半ではワイドショーさながらに芸能ネタや珍事件などを紹介し、中盤にそれまでどおりゲストトーク、後半は一転して主に知能や世間の常識を問うやゲームを行う構成になり、2001年3月にゲストトークが終了してから芸能コーナーとゲーム・クイズコーナーの構成になったが、2017年3月にゲーム・クイズコーナーが終了し現在のスタイルとなっている。 生放送中にかかってきた電話で会話したり(など)、和田が強引にゲストや非番のレギュラー陣を呼んできたりすることもある。 このためかつてはこれが長引き、ゲームコーナーが中止に追い込まれることも少なくなかった。 毎週出演者のちょっとしたハプニングがあり、生放送らしい展開が見られるが、OA前のカメラリハーサルでは、出演者全員が台本を持ち、和田が取り仕切り、振りや立ち位置の指定に至るまで、本番さながらの綿密な打ち合わせをしている。 また、和田の番組中の発言が、その当日中にインターネットのニュースサイトの速報や、その翌日のの芸能欄の記事に載ることが多い。 スタジオには一般観覧者がおり、番組の盛り上げに一役買っている。 毎回オープニングとテーマ曲が流れスタジオに和田らが登場、 「ようこそいらっしゃいました! 今日も元気な生放送・『アッコにおまかせ! 』」(1998年までは、「はーい! 皆様こんにちはー! 今週も元気に生放送・『アッコにおまかせ! 』」等毎週異なる言い方をしていた)とピースサインを出しながら挨拶をして始まる。 番組開始翌年のに和田が『』にカムバックして以降まで30年間、毎年11月中旬の放送では、和田が紅白に出場が決定したことについて、共演者が「出場おめでとうございます」と和田を祝福する演出も恒例だった(最初に触れたのは生島ヒロシ。 2016年は1年目の1985年以来、31年ぶりに落選しているため、当おまかせとしては2度目の落選に当たる)。 同時に2015年まで紅白の特集コーナーも行っていた。 また、本選開催後には和田の後輩になるグランプリ受賞者(年度によっては審査員特別賞も)がお披露目の場として出演する。 出場者募集期間中にはその告知も番組エンディングで行われる(現在は第34回グランプリのが出演時に告知する)。 収録・放送休止など [ ] 基本的に生放送だが、総合司会やレギュラーおよびスタッフの季節別夏季・冬季休暇や、和田の・コンサートの準備などに配慮し、稀に収録を行うことがある。 その際、生放送を行った直後に翌週分の収録を行う。 録画の週では収録であることははっきりと言わないが、編集、テロップの出し方などで分かるだけでなく、出演者があえて録画であることを匂わす発言をしてそれがそのまま流れることもある。 その週の出来事を伝える「どばっと一週間」コーナーのVTRが挿入されることもあるが、スタジオ部分は事前収録なので、当然それに対するコメントはない。 また、番組冒頭の和田の挨拶も、通常は「今日も元気に 生放送」と言っているのに対し、収録の場合は「今日も元気に お送りします」 になる。 日曜日がの特別編成時にあたる場合や、「」(例年11月下旬)および「」(・共同制作。 毎年2月第1週)が行われる週は休止する。 2007年までは「」(例年10月第1週)が行われた週も休止になったことがあった。 また2011年からは、毎年最後の日曜日に大型『』を放送、がアジア開催に限り時差によっては中継を優先するため休止となる。 2月9日はダイジェストを編成したため12:00 - 12:54に短縮の上生放送 した。 2015年12月27日は、この年の『報道の日』放送が3日後の12月30日(水曜日)になったため 、1時間拡大して13:54までの放送 、2010年12月26日放送分以来、5年振りに最終日曜での放送となった。 2016年1回目の放送でレギュラー陣全員が・協力の下、事前収録のロケで高級旅館に泊まるスペシャルを放送したほか、番組初期にハワイから生中継で放送を行ったこともある。 2016年10月23日以降毎年10月の最終日曜は、「クイーンズ駅伝 in 宮城」の出場チームが決まる「」の中継 のため休止となる。 2018年は『報道の日』編成の12月30日が日曜日になるため、2014年以来4年振りに最終日曜が休止になる。 TBSを代表する長寿番組 [ ] 現在、 TBS制作による全レギュラー番組(ドラマ放送枠は除く)では 最長寿番組である(前身番組の『ゆうYOUサンデー! 』『アッコ・古舘のアッ! 言っちゃった』は含まず)。 出演者 [ ] 総合司会(レギュラー) [ ]• (第1回 1985年10月6日 - )• (4代目 1993年10月3日 - )• 1992年からコーナーのレギュラーとして出演していたが、田中義剛の降板の後任として総合司会に抜擢。 歴代の男性総合司会では一番長く、2020年現在で27年総合司会を務めている。 進行役 [ ]• (TBSアナウンサー、2019年8月4日 - )• 2019年9月29日までは、引継ぎの為の見習いと研修を兼ねて、おまかせ! トピックスの一部を担当しハセンと2人体制であった。 10月6日より1人で担当。 準レギュラー [ ] この記事にがあります。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2017年6月) 準レギュラーは、「 男性タレント」「 お笑いコンビ」「 女性タレント」の組み合わせで不定期出演する(出演間隔はまちまちで勝俣は月2回、他は月に1回または2か月に1回の出演となることが多い)。 準レギュラーは流動的でかつて出演していたにもかかわらず後に全く出演しなくなった者もいる(峰曰く、「1度でも出演したタレントは準レギュラー」とのこと )。 2017年以降は、おおむね50代以上のベテラン男性タレント も「準レギュラー」に加わっている。 また近年番組が情報バラエティ化し、芸能人の話題以外の社会ニュースも多く取りあげられるようになっていることから、準レギュラーとして出演するタレントもコメンテーターとしての役目が強くなっている。 また、テレビタレントもこなす弁護士・文化人もほぼ毎週準レギュラーの一員として出演している。 男性タレント• ユーキ()• お笑いコンビ• 女性タレント• 文化人など• (弁護士)• (弁護士)• (弁護士)• アシスタント [ ]• (2016年5月 - )• (2016年5月 - )• (2016年7月 - ) 過去の出演者 [ ] 総合司会• キッチュ()(男性初代 1985年10月6日 - 1986年9月28日)• (男性2代目 1986年10月5日 - 1991年3月31日 元TBSアナウンサー)• (男性3代目 1991年4月7日 - 1993年9月26日)• (和田アキ子の代役) 進行役• (男性初代 前番組「アッ! 言っちゃった」より出演続投、出演期間は不明。 短期間で降板)• (男性2代目 1991年4月 - 1992年9月 当時・TBSアナウンサー、「団地じゃんけん中継」初代リポーター)• (男性3代目 当時・TBSアナウンサー、1998年10月 - 2014年9月28日) - 他のアナウンサーが代理出演することもあった• (男性4代目 TBSアナウンサー、2014年7月6日 - 2019年9月29日、2014年10月5日から進行役)• (不定期出演、当時・TBSアナウンサー)• (「藤井隆のおでかけクッキング」の進行担当、当時・TBSアナウンサー、現TBS広報部) 準レギュラー• (1985年10月 - 1998年9月) - 歩道橋クイズ・アッコジャンボ宝くじなどの中継担当• バカルディ(現:) - 中継担当。 1993年に吉村に代わってジャンボを短期間だけ担当していた他、1993年に「団地じゃんけん中継」を小林豊アナに代わり2代目を担当。 (TBSアナウンサー)- 「おまかせ! ネットワーク」中継担当• ほっしゃん。 (現:)• (品川だけが単独出演もあった)• (2003年 - 2013年)• (過去、アシスタントを担当。 - 和田と同じ所属で後輩となる。 (超特急)• (元)• (元AKB48)• (元AKB48)• (元AKB48)• (元NMB48)• (元)• (、相方のも代役で数回出演している)• (AKB48)• (SKE48)• (SKE48)• (元NMB48)• (弁護士)• リポーター等• 小林豊(当時TBSアナウンサー)• バカルディ(現:さまぁ~ず)• など アシスタント• (初代)• (金魚ばち)• 十文字ゆりか(現:)• ( - 2012年3月)• ( - 2012年12月)• 中村まいこ(、2013年1月 - 2014年)• 根城清美(2010年 - 2016年3月27日) 主なコーナー [ ] この記事にがあります。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2019年8月) かつてオープニングアニメは、6秒の番組キャラクター「キューブアッコ」が暴れまわる内容のアニメーションが放送されており、直後に2分45秒のCM(ローカルセールス)が入り、安東による「今日の内容」のコーナー(20秒)に入いっていた。 (その後はオープニングアニメは廃止となり、そのまま今日の内容に入いるようになった。 )その後また1分30秒のCM(2014年3月30日放送分まではネットセールス・2014年4月6日放送分からはローカルセールス )が流れ、本編に入る。 したがって、本編が始まるのは11時49分41秒であった。 上記の通り安東(2014年9月まで・現在は国山が担当を引き継いでいる)が本日の内容を紹介する構成であったが、2017年3月頃より11時45分から本編開始、和田らの挨拶後に「週刊おまかせ! 芸能」が始まり、下位のランキングのニュースを発表、その中で決定的瞬間映像が紹介されると、直前でCMが入る構成に変わった。 2017年2月頃までは、本編開始から前半コーナーが終了するまで毎回約1時間はCMが一切入らない構成になっていた。 エンディングは、12時52分54秒から6秒間、スタジオ観覧者へのプレゼント抽選会の映像で終了していた(2012年7月~2015年10月)。 2004年4月から2012年6月まではオープニングと同種のアニメーションで放送終了していた。 1985年10月から2000年3月までは3秒程度の番組オリジナルBGMにのって終了していた。 現在は12時52分50秒から10秒「東京マガジン」の予告が放送されている。 現在放送されているコーナー [ ]• 芸能(2013年1月27日 - )• 普通の芸能情報に加え、他局(いわゆる他所)ではやらないB級ニュース(いわゆる三面記事)、そして『おまかせ』独自で取材したインタビュー内容などを紹介している。 かつては次のコーナーが始まるまでCMを挟まなかったが、2017年3月の放送より途中でCMを挟むようになった。 VTR内で紹介される芸能人は放送時点での年齢も合わせて読み上げられる。 VTR中は、和田ら出演者の表情が「ワイプ」で映し出されている。 エンタメ 今週の10人」というタイトルだった。 また、2017年3月からは、後半のコーナーが廃止になったため提供クレジット2回目の入れ替えも行うようになった。 おまかせ! トピックス(1998年10月4日 - )• VTRの中から数本ニュースを選び紹介。 スタジオの中に大きなパネルが運ばれ、安東と国山(2014年9月までと2019年9月まで・現在は小林が担当を引き継いでいる)が「めくり」(マスキング)をはがしながらニュースを面白おかしく紹介していく。 芸能ニュースが中心で、あまり深刻な内容のものは取り上げない。 このコーナーでは和田の毒舌が生かされる。 内容があまりにも瑣末なものについては本番中、和田が苦言 を呈することもある。 小林(2014年9月までは安東、2019年9月までは国山)が「めくり」をめくる前に和田が内容を言ってしまう場合 も多く、それを勝俣州和や出川哲朗らに指摘されて恐縮するなど、主従逆転するところが見どころとなっている。 2017年3月下旬から、「週刊おまかせ! 芸能」とこのコーナー一本のみになり、長年にわたり行われていた後半のクイズ・ゲームコーナーは廃止になった。 以降、一つの内容に「めくり」が増えて、和田のコメントや準レギュラー出演者の発言、質問などで時間が長引く ことが多くなり、そのため、一部の「めくり」がはがされないまま、次の話題に進んだり、終了する場合もある。 エンディングトーク• 毎回終盤に放送し、和田などの出演者がトークしたりまたは、次回の予告などをする。 その後は「アッコにおまかせ! 」と出演者たちがコールして番組は終了する。 過去の後半のコーナー [ ] 2017年3月に後半のコーナーは廃止となった。 ゲーム企画(「おまかせ! ブレインショック」など)• 和田とゲストがチーム戦または個人戦で頭を使うゲーム企画に挑戦する。 勝ったチームおよびクリアした正解者には商品として高級デザートなどが食べられる。 ただし、放送時間の都合からドローとなった場合は全員に贈呈される場合もある。 司会は以前は峰と安東が担当だが、末期は準レギュラーが担当することもあった(2014年1月時点まで出川、ますだおかだ、竹山、月亭方正が担当 )。 企画は週代わりで数本の企画が行われ不定期で入れ替わっている。 過去には『』や『おまかせシックスセンス』などのように、ゲーム化・独立番組化した企画もある。 また、2014年1月12日からはの内容が間違えて掲載されていることもあるとして「直してウィキペディア」と称するコーナーが開始された。 ゲーム企画の前に週替わりの企画(「おまかせ! 調査隊」、「がっぽりサンデー!! 」など)が放送されていたが、2010年以降は放送されていない。 2012年3月11日は「おまかせTOPICS」が長引いたため、時間の都合によりゲーム企画が中止になった。 この日はのが仕切る予定だった。 過去の生中継コーナー [ ]• みんな見て来い来い来い(1985年10月6日 - 1989年頃)• が各地でロケを行う。 番組冒頭に場所を伏せて中継を行い、「近所の方はここに 指定の時間までに 頭に「あ」や「い」(日によって違う)の付く物を持って来て下さい。 」と呼びかける。 番組の後半で再度中継が入り、特にインパクトのある物を持ってきた人に吉村がインタビューを行う。 上記のコーナー時、「た」の付く物の中には自宅からタンスを担いできた人もおり、吉村やスタジオの和田らは驚いていた。 おまかせ! ネットワーク(1986年頃 - 1988年頃)• TBSアナウンサーのが担当。 中継はネット各局の協力により全国津々浦々から行った。 内容はかつて日本テレビ系列で放送されていたのように、その地元に在住する変わった特技や曲芸を得意とする人、さまざまな日本一の人などを当てるクイズ(問題は3問。 すべて三択で、解答者は和田をはじめスタジオの観客も参加)。 出演者で一番インパクトのあった人を和田が選び、中継先にて岡崎から当時の携帯型テレビが賞品として贈られた(メーカーや型番は不明)。 またスタジオの観客にも最終的に残った人数で賞品(主に日本各地の特産品や名店のスイーツが多かった)を山分けしたが、週によっては観客一人のみ全問正解だったり、全問正解者なしということもあった。 アッコジャンボ宝くじ(1988年頃 - 1998年9月27日)• 「みんな見て来い来い来い」に代わるコーナー。 が各地でロケを行う。 番組冒頭に具体的な地名を伏せて中継を行い、「近所の方はここに(指定の時間 までに)を持ってきてください。 車では絶対に来ないでください。 」と呼びかける。 その場所には番組特製のが置いてある。 そして番組の最後(概ね12:45頃)にスタジオの和田が「1の位」「10の位」「100の位」の順に抽選を行い、持ってきた通帳に記載されている最終残高の下3ケタが一致すると賞金10万円がもらえる企画。 当選者が複数いる場合は人数で頭割りとする。 例えば3人当選の場合は33,333円がもらえ、余った1円はに寄付。 当選者が出ないと翌週(次回)放送回にとなる。 毎回わずかなヒントしかないにもかかわらず、近所の人ならすぐに分かるようで、ほとんどの場合100人前後は集まっていた。 和田も「近所の人なら分かるもんだねぇ」等と毎週感心していた。 中には、「当選番号の通帳を持っていたにもかかわらず、勘違いで申告が漏れ、番組終了後に名乗り出た」ケースがあったが、当選とは認められず、番組特製ティッシュだけを持ち帰ったケースがある。 他にも、最終残高ではない数字を見て当選と勘違いしていたケースもあり、その週は1人占めだったため、念のために吉村が通帳を確認したところ「ちょっと待った」と言ってその事実が発覚し、一転キャリーオーバーになったこともある。 毎年の最終放送には、100万円がもらえる特別大会が行われた。 この時は、当選者が出なくても100万円はキャリーオーバーしなかった(次回は元より翌年最終放送でも)。 これは当時による「」・通称 オープン懸賞告示によって、100万円を上限とする規制がなされていたためである(懸賞の上限は2006年4月に撤廃)。 なおこの時は吉村だけでなく、レギュラーの中から2名をリポーターに加え、計3か所で行っていた。 このコーナーの後期には、視聴者に和田が引きと思われる番組を予想しFAXで応募、中継で出なかった場合(2桁目で全滅するケース場合は視聴者のみ)は出た番号を当てた視聴者から5万円(キャリーオーバー発生時はこの回の金額の半額)を1名にプレゼントするが、5コール以内に出ない・和田が前に言ったキーワードを言わないと無効となる。 キーワードは「アッコに」と言われて「おまかせ! 」では番組を見てなくても答えられて意味がないという理由から、必ずその週の時事問題や芸能スポーツの話題を絡めたものにして、見ていないと絶対に分からないようになっていた。 月末には中継で出た場合、賞金とグアム旅行をプレゼント。 もし、出なかった場合は視聴者には賞金は出ず、グアム旅行のみの1名にプレゼントとなった。 キャリーオーバーは上記にあるオープン懸賞告示のため最大で100万円までであった。 キャリーオーバーでは最大70万円まで膨れていた。 また、アッコ芸能生活30周年を記念した回は従来の10万円ではなく30万円をプレゼントになっていたが、この回は30万円が出ず、翌週にやっと30万円が出た。 「みんな見て来い来い来い」「アッコジャンボ宝くじ」は、ともに番組初期 - 1990年代初頭の名物企画で、スタジオから和田が中継先を呼びかけた後に吉村が発した 「は〜ひふへほ〜! 」(番組司会の和田のモノマネ)は人気を博した。 なお「ジャンボ宝くじ」特別大会の時は、吉村以外のリポーターも 「は〜ひふ〜へほ〜! 」と叫んでいた。 「おまかせ! ネットワーク」同様、当選者が出ると、スタジオ観覧者にも何かしらの商品がプレゼントされるようになっていた。 しかし、商品は果物等の食品が多かったため、保存の問題から、当選者なしであっても「今日は気分が良いから」「来週は別大マラソンで番組が休み」等何か理由をつけてほとんどの場合プレゼントされていた。 しかし保存がきく商品の場合、稀にプレゼントなしにした回もあった。 2015年12月27日放送で、番組30周年(番組スタートの1985年(昭和60年)から30年後の2015年(平成27年))を記念し17年ぶりに特別に復活した。 30周年スペシャルを記念し「30」つながりから、賞金は30万円とし、リポーターを先代の吉村明宏から「吉村」つながりで平成ノブシコブシの 吉村・徳井が担当した。 "元祖"・吉村明宏は先述のとおり、30周年を祝いに東京・赤坂のスタジオのほうにアッコへ花束を届けにきた。 団地でじゃんけん中継(1991年頃 - 1994年頃)• リポーターが初代をアナウンサー、2代目としてバカルディ(現:)が担当した。 リポーターが全国各地の団地へ出向き、まずベランダに出てもらい手を振る。 そのあとに抽選で選ばれた家庭にリポーターがおじゃまし、スタジオの和田にじゃんけんで勝利すると、超豪華料理がプレゼントされるという企画。 レギュラー時代の和田の勝率は8割と視聴者プレゼントにもかかわらず、連勝という珍事が続いていた。 2015年12月27日放送の30周年記念スペシャルで21年ぶりに特別復活し、リポーターをハマカーンが担当した。 その他の過去の主なコーナー [ ]• ゲストトーク(1985年10月20日 - 2001年3月25日)• 正式なコーナー名は不明。 番組開始3週目である10月20日にスタートし、毎週異なるさまざまなジャンルの芸能人・有名人・著名人1組(末期は1組の2名)をスタジオゲストに迎えて和田・男性司会者の2人がゲストと生トークを行う。 その際、和田・男性司会者の持つ原稿をもとに進行したり、アシスタントがボードをスタジオのセンターへ持ってきたあと、そのボードに表示されているゲストの「秘」情報や意外な素顔などを明かして、それも見ていきながら進めていた。 記念すべきコーナー第1回ゲストは芸能リポーターの梨元勝だった。 それまでもお笑い・歌手のデュオコンビで2名ゲストの場合もあったこのコーナーだったが、1997年から徐々にではあるが「関口宏の東京フレンドパークII」同様に2人1組でゲスト出演が増えてゆき、2000年4月以降は正式に2人ゲスト体制となった。 前述の通り、通常放送1週に出演するレギュラーの増員に伴い、1998年10月以降は、セット後ろにレギュラー陣が座って出演するようになった。 番組開始当初より約16年間もの長期間途切れず続いていた長寿コーナー。 一時期は番組メインのコーナーだった。 しかし、特に和田ら出演者から終了の説明はなく、ひっそりと終了している。 2015年12月27日放送分は番組開始30周年記念としてぶりに、ゲストを迎える形式ではなく総集編として復活し、過去放送のうち一部ゲストの放送を再構成した名場面集を放送した。 峰 竜太コーナー• 峰が毎週異なるクイズ・ゲーム・インタビュー企画をスタジオでプレゼンターとして担当していた。 クイズおめでとうアッコさん! 1992年10月25日放送。 和田の芸能生活25周年記念を祝して行われた、和田に関するクイズを行う企画で、司会は峰竜太と田中義剛。 スペシャルゲスト解答者パネラーに大橋巨泉、逸見政孝、ダウンタウンの2人を招いた。 が、優勝賞品は「和田アキ子さんの熱い口づけ」。 優勝は大橋巨泉だったが、あまりの恐怖から逃げてしまい、ダウンタウン浜田が口づけするという「」となった。 藤井隆のおでかけクッキング• 当時準レギュラーの藤井隆司会による、料理コーナー。 進行は広重玲子アナが担当。 (現在は広報部へ異動• クイズ! 流行ジャングル• 現場へGO! 若手芸人勝ち抜きネタ合戦• 2004年頃放送。 毎週オーディションで勝ち抜いてきた無名の若手芸人3組がネタで競い合い、誰が一番面白かったのかをリアルタイムで番組公式ホームページや、携帯サイトなどで投票できるシステムにより、面白かった1組を決めるコーナー。 このコーナーには当時まだ全国的に知名度が低かったやが出演していた。 (2005年8月21日放送分からコーナーレギュラー化)• この企画のみ5度位、として単独化され、それが人気になり2005年10月から独立してレギュラー番組になることが決定された(水曜20:00-20:54 初回は18:55 - 20:54の2時間スペシャル)。 2006年2月8日の放送をもってレギュラー放送は終了した。 おまかせ! シックスセンス• 応援プロジェクト• 始まった当初は前半の冒頭で中継の・(初回はTBSアナのだった)が直接横浜の選手に会って本番組内で生出演し、週間MVPの表彰を行いおまかせメンバーとのトークをしていた。 しかし、TBSが買収した同球団PRのためにむりやり挿入された感は否めず、「自体よく分からない」 と話す和田はもとから興味がなく、ファンの峰、ファンの安東、ファンの出川、ファン()の松村、ファンの竹山など出演者陣には横浜と競合するの他球団ファンも多く、シーズン途中から番組後半に回され、VTRで表彰されることが多くなった。 2006年度でコーナーは終了。 おまかせ! ハサンデー! ランチ(タイトルは「挟んで」と「サンデー」を掛けたもの)• 有名店のランチを紹介、その値段を予想する。 実際の金額に対し、「内輪」と「オーバー」で最も近かった1人ずつがそのランチを食べることが出来る。 全員の予想よりも実際の金額が最も高かった(もしくは最も安かった)場合、「挟めなかった」ことになり、司会者がランチを食べる。 九面待ちでロン! 次々と発表される9つのヒントからある人名を当てる。 3つ目までに正解した先着1名限りには賞金が出たこともあった。 おまかせ! ロストワールド• 30個程度並んだ文字や絵の中に、1組だけ同じ物のペアがある。 それを探し出す。 (の「モジモジさがし」と同じ)後に「1組だけあるトリオを探す」や、「1つだけあるペアじゃない物を探す」といった応用編の問題も作られた。 教えて! ルーキーワード• 現在、そして将来流行しそうな商品、言葉などの紹介をするコーナー。 2007年10月14日に「」を紹介したが、その内容が初音ミクが何なのかを説明するものではなく、初音ミクを使用しているユーザー(いわゆる)を面白半分に取り上げただけの代物で、VTR終了後に和田が感想を聞かれても「よく分かりません」としか答えなかった。 その結果、インターネット上で放送内容に対する抗議が各所で発生した。 この放送の次の回(スポーツ中継のため2週間後に放送された)から、このコーナーは何の説明もなく突然終了した。 ジャパネットたかたテレビショッピング(2008年4月 - 2012年3月)• 生放送終了の12時50分39秒または12時50分54秒または12時51分09秒から1分間放送されるコーナー。 これは『アッコにおまかせ! 』のコーナーではなく、『アッコにおまかせ! 』に内包されたコマーシャルである。 また生放送ではなく本放送前の事前収録である。 2008年4月6日から2011年3月5日までは『That's宝くじ』を放送していた。 1週間内に行われた「」「」「」の抽選結果を発表。 司会は峰竜太と週替わりのアシスタント2名 が務める。 結果的に()の影響により2011年3月5日の放送で「That's宝くじ」は終了し、2011年4月3日放送分からテレビショッピングに変更された。 「That's宝くじ」同様収録で、峰と週替わりアシスタントが進行。 高田の部分は勿論VTRで納品されたもので、生放送の中に疑似生放送のコーナーが入り、さらに高田のVTRも疑似生という形で放送される。 2012年4月以降は後半コーナーの尺拡大に伴い内包されたコマーシャルは終了した。 なおその分本編のネットセールスが3分から4分に再び拡大されたが、2014年4月は2分に縮小されたが、2014年5月以降は本編のネットセールスが2分に維持したまま2年1か月ぶりに内包されたコマーシャルが復活したが2015年9月27日をもって内包されたコマーシャルは終了した。 auにおまかせ! (2014年5月4日 - 2015年9月27日)• 2014年5月4日から始まった提供の1分間の(内包されたコマーシャル扱い)。 峰(峰が出演できない場合は ますだおかだから一人または ハマカーンまたは くみっきー)と春香(春香が準レギュラー時は松澤)がauの最新情報を伝えた(大半は仲谷のナレーションによる事前収録のVTR)。 2014年4月のみ一般的な1分間CMが放送されていた。 2015年10月以降は後半コーナーの尺拡大に伴い内包されたコマーシャルは終了したが、本編のネットセールスが2分から3分に拡大した。 今朝のスポーツ紙(1998年10月4日 - 2017年3月下旬)• その日の朝発行の主要6紙(・・・・・)から芸能・スポーツ・社会面の記事をチョイスして紹介。 以前は2 - 3紙の一面と芸能・社会面からそれぞれ記事を紹介していた。 19年間の歴史に幕。 芸能ネタ関係 [ ]• 1997年8月31日放送分 エンディング内(放送終了約10秒前)で、ニュース速報でイギリス元皇太子妃・(当時)死去のニュースが流れ、和田の「エー! 」という驚きの表情のまま番組が終了した。 1999年5月 - 6月 「」が起こり、ある週の放送ではその渦中にあったをゲストに迎える予定であった。 しかし、彼女は結局出演を無断でキャンセルしたため、スタジオには最後まで現れず、この件をきっかけとして和田との関係が一時悪化した。 2007年12月9日放送分にて作曲家・が「すぎもとまさと」名義で『』に出場する話題について触れ、和田が「(すぎもとを)全然、存じ上げません! 」と発言。 その後、スタッフの調べにより、過去に杉本が和田に楽曲を提供していたことが明らかになり、番組中に和田が杉本に向けて土下座して謝罪するという珍事が起こった。 2008年11月30日放送分で和田が『』出場者の一部に対し「絞めてやりたい」と発言した。 番組ではどの出場者であるのかは言及しなかったが、『週刊新潮』によると()に向けられたものではないかとのこと。 また、同誌は()にも向けられていたと報道していたが、和田自身が好意的な発言 をしていたため、事実上の誤報となった。 2011年7月3日放送分にて来日についてガガ本人に取材したところ、スタッフが先にインタビューを終えたキャスターに握手を求めたこと、インタビュー中、見えているガガの腋を凝視していたこと、ガガにサインボールをねだり、その理由が「アメリカ人だから」と意味不明だったことなどの行状をわざわざパネルで説明。 説明途中から和田はこの行状に怒り、番組終了時にはスタッフに説教を行うことを示唆していた。 備考 [ ] 問題になった放送内容・不祥事 [ ]• この放送に対し、翌日からTBSに対し複数の抗議があったとされ、翌週の放送で安東が経緯説明と謝罪を行ったものの、当の茶化した和田からは謝罪の類がなく、別の批判を招くこととなった。 クリプトン社代表取締役の伊藤博之は、番組制作サイドに問題があったとしつつ、ユーザーを不快にさせたことへの謝罪コメントを発表している。 なお、TBS側はこの件に関して後にの取材に対し「謝罪のコメントを出す予定はない。 具体的にどの辺が問題なのか指摘してもらいたい」とコメントしている。 2007年に競走馬・に薬物乱用というニュースを扱った際、和田が「いいじゃない。 人間じゃないんだから」と失言をした。 番組の最後に安東が「お伝えしたコーナーの中に一部不適切な表現がありました」と謝罪。 2008年11月9日放送分 同番組スタッフが、詐欺事件で逮捕され大阪拘置所に収監中だったに和田アキ子の著作『大人の叱り方』を差し入れた。 安東は「アッコさん本人は関知しておりません。 この取材は行き過ぎたアプローチであったと考えております」と述べた。 2008年11月16日放送分 和田がに「結婚するならどんな人がいいか」と尋ねたら「普通に歩ければそれでいい」と返してきたと話した。 エンディングで安東が「足の不自由な方に配慮の欠ける発言があった」と謝罪し、和田も反省する態度を見せた。 2009年8月23日放送分 の子供の写真をモザイクなしで映してしまい、翌週の放送で酒井の話題を取り上げた後に、画面にお詫びが表示され安東が謝罪した。 2014年6月8日放送分 の愛車が「イタズラ」され、子供に車体を落書きさせたうえ座席に犬を放った演出、一方で「やりすぎ」などと批判がわいている。 2019年7月21日放送分 前日に行われたとによるに関するに出席した番組スタッフが、で報じられた不倫疑惑について否定する宮迫が取材担当の文春の記者から「本当に真っ白ですか?」と糾問された際に「オフホワイトです」と弁明したことを引き合いに出して、「もし可能であれば、今の気持ちを何色で言い表せますか?」と宮迫に質問したことでネット上で番組に対する非難が殺到し 、番組内にて和田と国山がこの件に関して謝罪し、準レギュラーのヒロミが番組スタッフに苦言を呈する事態に至った。 プロ野球日本シリーズとの連携 [ ] がデーゲームで行われていた時代(まで)は、大抵日曜開催の試合のをTBS系列が持っていた関係で、試合直前の開催球場からの生中継を織り交ぜたことがあった。 その際のリポーターは当時TBSのスポーツ実況アナウンサーだったが担当しており、球場の石川や解説者(、など)とスタジオの和田らのやりとりもちょっとした名物となっていた。 そのうち、本編で前記の石川が名実況(「が優勝目前、涙を流しています! 」)をしたことで有名な(対)の第6戦の際には吉村明宏がに出向き、スタンド内の観客が和田らに出題する「観客席クイズ」(「歩道橋クイズ」の変形版)が実施されたことがある。 フジテレビとの二元生中継(2005年7月24日) [ ] とが途中乱入し、鶴瓶は下半身はブリーフ1枚(下にボクサーパンツを履いていた)、上半身はTBSのロゴの付いた黒Tシャツ姿で登場した。 また、鶴瓶はこの日が生放送していた『』(『』)の総合司会であり、フジテレビのカメラも同伴していたため、TBSとフジテレビの二元生中継となった。 さらに、「」をフジテレビと行い、TBS側に鶴瓶とココリコが加わり、フジテレビ側では、、が参加した(TBSアナウンサーの安東(当時)はフジテレビ系列の番組に、フジテレビアナウンサーの西山と高島(当時)はTBS系列の番組にそれぞれ初出演となった)。 番組エンディングはいつも「アッコにおまかせ! 」と和田をはじめ出演者がピースをすることとなっているが、当日は鶴瓶が突然逃亡したため行わなかった。 レイトン教授シリーズとのコラボ(2009年12月) [ ] TBSが映画『』の制作に協賛することになりそのコラボ企画として2009年12月のクイズ企画は『おまかせ! レイトン教授からの挑戦状』と題し様々な暗号クイズにアッコたちが挑戦した。 この企画があったため、同映画内のEDでプロモーション協力として当番組の表記が掲載されている。 家族みんなで楽しめるナゾトキアカデミー! 』と題された番組が放送されている。 地上アナログ放送終了 [ ] 2011年7月24日正午に行われたアナログ放送から地上デジタル放送への切り替えはTBSでは本番組内で実施。 番組から派生したゲーム [ ] 番組内でコーナーになっているクイズブレインショックがタイトーによってニンテンドーDS用ソフトとして制作・発売されている。 2006年12月7日に発売されたゲーム『アッコにおまかせ! ブレインショック』はジャンルが脳トレーニング(脳ゲー)であり、同名の携帯電話アプリの配信も行われている(12月1日からYahoo! ニュースウオッチ9とのコラボ [ ] 2013年10月に『』で「の未公開映像が見つかる」とのニュースを紹介する際に実際にウルトラマンをゲストに迎え、メインキャスターの()がウルトラマンと絶妙なやりとりを展開した。 最後は「ウルトラマンさんは地球には3分程しか居られないので先程お帰りになりました」などと真顔で大越が発言。 大きな話題となり、これを本番組内で紹介し両番組の交流が始まった。 その際の本番組の放送をNHKの報道局長が視聴しており、翌朝、大越のもとに「快挙だよ! 」と駆け込んで来たという(スタッフ一同は感動したという)。 そして、大越・(同メインキャスター。 NHKアナウンサー)が揃って2014年には和田に年賀状を送った。 大越は合わせて直筆による手紙やメールも送り、その中で「いつか番組同士でコラボしたい」と綴った。 和田は即座に反応し2014年1月5日放送分の本番組で「(1月6日の)『ニュースウオッチ9』のエンディングで2人に『ニュースウオッチ9におまかせ! 』と唱えて、Vサインをして欲しい」と要望した。 その結果、1月12日放送分でその後の報告があり(大越・井上はピースサインは行わなかった) 、大越は出張で出演できなかったが、番組内でイラストとして実現した。 和田はそのことに対し「イラストがとても可愛い」と感激していた。 スタッフ [ ]• ナレーター:(『週刊おまかせ! 芸能』担当)、(『週刊おまかせ! 芸能』担当)、(中井和哉の代役)• 企画協力:• TM:山下直(以前はTD)• VE:木野内洋、高橋康弘、平井郁雄、平子勝隆、青木智奈未、沖田祐貴、對間敏文、榊聖一、竹若章、塚田郁夫、森竜二、佐藤希美、安部講志、宮本民雄、久保澤知史、鈴木祭(週替り)• カメラ:佐々木三恵、遠藤貴史、中島文章(週替り)• 音声:渡邉学、朝日拓郎、宇野仁美、小岩英樹(週替り)• 美術プロデューサー:渡邊秀和• 美術制作:鈴木直美• 装置:坂本進• 操作:権田博之• レタリング:齊藤孝一• 電飾:大平絵梨子、金井梨奈• メイク:アートメイク・トキ• MA:小林研人、園田智明(週替り)• 効果:芦田功• 編集:北崎太郎• CG:鶴田隆司• TK:岩橋千枝、田中理奈子(週替り)• リサーチ:斉 斎 藤隆光(以前はディレクター)• 演出スタッフ:、、SACCESS Produce、NOAH Creative、MIP、、BMC(週替り)• ディレクター:高見澤博光、安部昌希、大山祐美、田中葉、玉置智之、石﨑大地• 製作著作:TBS 過去のスタッフ [ ]• ナレーター:、吉田知恵(『週刊おまかせ! 芸能』担当)、(2015年12月27日放送分はサブナレーターとして復帰。 )、(『auにおまかせ! 』担当)他• 構成:、西川晋、北村のん、、小笠原英樹、山崎純、、利光宏治、佐藤研、瀬川ダイスケ、、、清水寛生、望月佐一郎、、梅田道人、津田仁次、ポキール伊藤、平岡達哉、石川裕郁、、羽柴拓、清J一郎、片岡章博、岩崎元哉、あべ• 技術:椎谷光雄、永田俊昭• TD:永田俊昭• カメラ:上村信夫• VE:松浦卓雄、水越俊之、真島稔• 音声:高橋進、山田紀夫、森和哉、田村真紀、小澤義春、川島雅裕• 照明:和田洋一、松村劦、吉田武志• 中継:ほか• 美術プロデューサー:笠松和明、長谷川隆之• 美術デザイナー:相野道生、橘野永、中川日向子• 美術進行:佐野雅次• 電飾:伊吹英之、金坂雅之• 装飾:東山浩美、小野保菜美• 装置:荷田豊• レタリング:齊藤順一• 操作:三谷剛大• 効果:小堀博孝、新谷隆生• 選曲:林章雄• TK:末武芙美子• メイク:吉田謙二、高梨祐子• 演出スタッフ:エムワン、サクセス・プロデュース、、• 芸能デスク:稲垣吉昭、川澄博雄• AP:長橋良子• ディレクター:、三谷良通、本間敦、山崎玲、佐藤徹弥、平川達、島崎栄生、、上原一節、藤原直軌、、清水徹郎、宮本稔、浅井健二、柄雄彦、長野超、武次裕、後藤友紀、佐藤祥、二葉淳、塚本洋史、東頌三、高市廉、木下桃子• 制作進行:刀根鉄太• チーフプロデューサー:海本泰(以前はプロデューサー)• 』ネット局 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考 (TBS) 日曜 11時45分 - 13時 制作局 (HBC) (ATV) (IBC) (TBC) (TUY) 1989年10月開局から (TUF) (UTY) (BSN) (SBC) (SBS) (TUT) 1990年10月開局から (MRO) (CBC) (MBS) (BSS) (RSK) (RCC) (tys) (itv) 1992年10月開局から (KUTV) (RKB) (NBC) (RKK) (OBS) (MRT) (MBC) (RBC)• ネットワークセールス番組で、TBS系列局全てで同一時間に放送され、下記の例外を除いて他系列での放送や、遅れネットの類は一切ない。 毎日放送ではの決勝戦開催日が日曜日に重なった場合に限り休止(扱い・1999年、2011年が該当)。 中国放送ではの初日が日曜日に重なった場合に限り、ひろしまフラワーフェスティバル・花のパレード中継を優先するため時差ネット(・1987年、1992年、1998年、2009年、2015年が該当)。 テレビ高知・RKB毎日放送では、終了後に『』が放送される(制作局のTBSや他の系列局と逆)。 琉球放送では12月の第1日曜日()、熊本放送では2月中旬の日曜日()、南日本放送は3月の第1日曜日()に限り、終了後に『』が放送される(長崎放送では過去に10月7日が日曜に重なった場合に限り終了後に『サンデーモーニング』が放送された)。 長崎放送では10月7日が日曜日()に重なった場合に限り、終了後に『』が放送される。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• より実施。 それまではを実施。 開始当初は番組1パート目CM前と本編終了BGM後にの提供コメントを行なっていたが、以降は提供コメントを一切行なっていない(右下のテロップ表示のみ)が、以降終盤に限り提供コメントを復活した。 ただし、スポーツ中継で本番組が休止の場合やおまかせのスペシャル時(2015年12月27日30周年SP等)は本番組とは別に大会協賛が入るため提供コメントを行う(『』除く)。 ただし吸収された12:54 - 13:00枠は、実質的には「番組ナビ」(枠)となるため、内容は拡大はされない。 リニューアル初回放送前日の10月3日に放送された『 』にて当時本番組の準レギュラーだったが「 「アッコにおまかせ! 」がこの秋リニューアル! パワーアップしてお送りします! 」と番宣告知をするCMを担当していた。 2004年3月まで使用されていた番組の初代ロゴにもピースサインがかたどられている。 ただし、テロップでは「今日も元気に 放送中」と表記される。 短縮放送は過去に数回ある。 本来は年明け1月10日に拡大版を放送する予定であったが、後座番組(ただし後座番組となるのはTBSと一部系列局のみ)『』の司会であるが腰の治療が長引き年内に復帰出来ないことから『東京マガジン』を27日休止にして、急遽本番組の拡大版を12月27日に放送した。 2015年12月27日放送・和田のコメント• 2016年10月23日はのみ中継を編成したため12:50 - 16:00の時差ネットで放送。 TBS制作以外では、『』(制作で、開始。 TBSでは放送開始)が最長寿番組である。 日曜朝から昼にかけて放送されるTBS制作の報道・情報番組では、『』が1987年10月開始、『』が1989年10月開始、『』が2001年10月開始となっている。 タレントにとってはうれしい半面、定義付けによって同時間別局の裏番組に出られなくなる。 勝俣、出川、松村は含まない。 2014年4月以降ネットセールス枠とローカルセールス枠の交換でローカルセールス枠が4分15秒に拡大した。 その和田の苦言が物議を醸すこともあり(前例としての新曲発売と同時に出産を公表したことに対しての批判など。 )、ネットニュースにも取り上げられ、その発言内容や苦言に対して批判や抗議が殺到することがある。 中には和田アキ子個人に嫌悪感を持ち、さらに和田がかつては在日韓国人であったことに対して、発言内容とは何の関係のないな批判(和田をかつての旧名・ 金福子と呼ぶなど)をなどネット掲示板サイトにコメント投稿をする心無い者もいる。 同様なことが、野球解説者ののでの発言でも起きている。 前日土曜日に放送された『』で和田が発言した内容が掲載された新聞を紹介する場合がある。 「めくり」の中身を言ってしまう癖は、この『いいかげんに1000回』でも時事問題を取り上げていて、内容を知ってしまっていることが主な原因である。 一つの話題に関して約30分~40分くらいかかっている。 特に後述のレイトン教授とのコラボ企画において。 場所にもよるが、大抵12:15か12:20• の敷地内(風の建物)が中継された時には、駐車場が豊富だったため、「車で来ても大丈夫です」と言った例外がある。 たまに、ネットされている地域に中継があった場合は系列局が技術協力という名目でクレジットされていた。 決して野球アンチではなく、和田はを通じたの選手との交流がある。 その後、宝くじは2011年4月から『』の複数社に移動し、2014年4月から『』の終盤枠にも流れるようになった。 全て和田と同じ所属の女性タレントである(出演当時)。 当初はから大島麻衣、河西智美、の3人が週替わりでアシスタントを務めた(2008年12月まで)。 2009年1月から2009年6月まで週替わりで、。 2009年7月から2010年6月まで週替わりで、。 2010年7月から週替わりでアシスタントを、が務めた。 同グループがデビュー3か月で紅白出場を果たしたことに和田が不満を抱いたためと理由付けされている。 裏付けとして和田は同回の放送で「昔の紅白はどれだけヒット曲を出してもデビュー1年目の歌手は紅白に出られなかった風習があった」と語っていた。 PerfumeのCDをレンタルショップにて借りた経験がある、同グループの話題が振られた時も喜んで対応している、むしろファンであるかのような対応も度々見せている。 出典 [ ]• 「」()関東版2016年1号 80頁• 「TVステーション」関東版2016年1号 74頁• AbemaTIMES 2017年6月26日. 2018年3月18日閲覧。 2007年10月15日. 2008年11月15日閲覧。 2007年10月15日. 2007年10月19日閲覧。 有村悠「VOCALOID Leads Us to the Future. 」『 増刊号 総特集 初音ミク ネットに舞い降りた天使』第40巻第15号12月臨時増刊号、、2008年、210-228頁。。 島田昇(編集部) 2007年10月23日. 2008年11月15日閲覧。 2014年6月9日. の2014年6月9日時点におけるアーカイブ。 2014年6月9日閲覧。 ,スポーツニッポン,2014年1月5日• ,J-CASTニュース,2014年1月7日• ,goo• ,スポーツニッポン,2014年1月12日• 2014年3月30日(2013年度最終放送日)までは認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、中部日本放送。 2019年3月31日(2018年度最終放送日)までは認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、山陽放送。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 公式サイト• - VERY BEST OF AKIKO WADA'98 - DYNAMITE PARADE - LOVE BALLAD BEST - 和田アキ子 ベスト・ヒット - 和田アキ子リサイタル〜日劇に於ける実況録音 - (株)ワダアキコ - Haaah!

次の

アッコにおまかせのアシスタントは4人?人気女性を紹介!

アッコ に おまかせ アシスタント

もくじ• もともと東京アパッチのダンスチームに参加されており、またSHAKEという女性歌手グループのメンバーとしても活躍されていました。 そのSHAKEを卒業した後はホリプロダクションに所属され、FM NACK5「マジカルスノーランド」のレギュラーとしても出演されています。 また、2012年からは「しーくいーん」というお笑いコンビとしても活動されています。 「アッコにおまかせ!」のアシスタントとしては、2016年5月から出演されていて、「可愛い」と話題となっており、三田寺理紗さんを見るためにアッコにおまかせ!を視聴している視聴者も多くいるようです。 また三田寺理紗さんと2012年から「しーくいーん」というお笑いコンビとしても活動されています。 元々アイドルを志しており、AKB48に入りたいと思っていて板野友美さんらが所属しているホリプロダクションに応募し所属することとなりました。 特技はクラシックバレエで幼少期の頃11年間も習っており体が柔らかいというのが特徴だそうです。 父親がもともと山口百恵さんのダイファンだったことから、「百恵」という名前を名付けたそうです。 自身も「平成の山口百恵です」という風なキャッチフレーズで名乗ることもあるそうで、自分の名前の凄さに気づいたのは小学校の時だったそうです。 元々浅井企画からスカウトされ、当事務所に所属し芸能人女子フットサルチームに所属し貢献していました。 アシスタントなので少し裏方のような存在ですが、可愛さに応援しているファンも多くいるようです。

次の