ふるなび やり方。 ふるさと納税の「ふるなび」でamazonギフト券コードをもらい忘れていませんか?

ふるなび

ふるなび やり方

ふるさと納税がお得って聞いたな(どうやるんだろう?調べてみよう)• うわー、なんか難しそうだな• 年内(当時2017年)にやらなきゃいけないのか(面倒くさいな)• 仕組みが複雑で自分の場合がどれになるかわからない・・・• いつかやればいいや(今年はやめとこう) ほら・・・共感していただけますよね。 お得だと聞いたからやってみたいとは思う。 でも、調べてみると難しい言葉ばっかりでよくわからないし、人それぞれ寄付出来る上限額も違うから、自分がどれに当てはまるかもわからない。 しかも 知らずに上限を超えて寄付してしまったら逆に大損する。 そう思ったら、やっぱり 「今年はいいや」と思ってしまいますよね。 ふるとさと納税とは・・・まず簡単に言いますと、 絶対にやらなきゃ大損の素晴らしい制度です。 そして知ってしまえば大して難しくもなく、やり方は非常に簡単な制度です。 そう、難しいのは言葉だけ。 複雑なのは見た目だけ! 今日は難しい、面倒だという概念を取り除いていって下さい。 ふるさと納税をする意味 まずはふるさと納税の意味を知る必要がありますね。 なぜ皆がふるさと納税をするのかを知り、自分もやりたいと思うかどうか判断しましょう。 上限の目安は61000円• 61000円のふるさと納税をする• 59000円税金が安くなる(5900円の所得税が還付され、翌年の住民税が53100円安くなる)• 約18000円相当の特産品がもらえる(お肉やお米、家電などが人気) ちなみに夫婦ともに年収500万円であれば、2人とも同じようにふるさと納税が出来ますので、あわせて12万円ほどの寄付が出来、税金がそのまま安くなり、36000円くらいの返礼品がもらえます。 これはお得ですよね。 ちなみに日本は累進課税制度なので、年収が多くなれば多くなるほど上限が一気に拡大されていくことになりますので、年収が高い人はやらないと超大損することになります。 なぜ皆がふるさと納税をするのかわかっていただけると思います。 ふるさと納税のやり方とは ふるさと納税がお得なことはわかった・・・わかったよ・・・でも! そう、やり方が面倒なら嫌なんですよね。 上の流れを見ても 「上限額」というのが出てきてるし、調べるのも面倒・・・そう思っていますよね。 またそうやって今年もパスになってしまうのか・・・ 大丈夫です! 私も同じ道を通っているのですから。 上の年収500万円の人の上限だって、ふるさと納税専門サイトで「5000000」という数字を打ち込んだだけで勝手に計算してくれたものです。 今は全てふるさと納税専門サイトが計算してくれますし、納税のやり方も非常に簡単です。 に登録する• ふるさと納税サイトで上限を調べる• 返礼品を調べる(欲しいカテゴリーを見たり、キーワードで検索する)• 欲しい返礼品を見つけたら自分の上限内かチェックする• 問題なければ「寄付を申し込む」ボタンを押す• クレジットカード決済して完了• 数週間以内に寄付証明書と返礼品が自宅に届く これだけです。 ハッキリ言って超簡単です。 「やろう!」と決めたら30分以内に全て終わると思います。 要は気持ちだけなのです。 私もいざやってみたら、「こんなに簡単なら昨年本当にもったいないことをしたんだね」と妻と話したくらいです。 ふるさと納税サイトとは ふるさと納税をするための専門サイトがあります。 まぁ色々調べたり考えたりするよりも、ここに登録してしまえばあとは流れのままで全て出来てしまうようなものです。 難しいことは一切ありませんでした。 ちなみにこのふるさと納税サイトというのはいくつも種類があります。 どこからふるさと納税をしても同じというわけではなく、 サイトによって取り扱っている返礼品も違えば、アマゾンギフト券などのキャッシュバックがあるところもあります。 どんな返礼品が欲しいかによって登録すべきサイトが違ってきます。 例えば米やお肉などの返礼品が目当てであれば、正直どこに登録してもそこまで遜色ありませんし、自分が使いやすいと思ったところを使っていいと思います。 しかし、アイロンや炊飯器、パソコンなどの家電製品なども扱っているサイトもあるので、そういう 家電や日常雑貨のようなものを欲しい人はが断然オススメです。 ふるなびでは、家電製品がとても多く取り扱われているので、我が家でもアイロンやパソコン、ミシンをもらいました。 ホームベーカリーも取り扱っていたので、少し検討しました。 さとふるはよくテレビCMをしていたので、登録して中を見ましたが、やはり私と妻の感覚で言えばふるなびダントツ!といったところです。 モノによってサイトを使い分ければいいのでは?という意見もあるかと思いますが、細かいものをいくつも欲しい場合はオススメ出来ません。 1つのサイトで全部納税がベストです。 ふるなびなら、 その年の総納税額が一発で表示出来ます。 「あといくら納税出来るかな?」という時の目安が簡単にわかるのです。 複数サイトで納税をしていると、いちいち全てのサイトで確認しなければなりませんからね。 ・・・家電製品も多数あり、取扱い品種やサイトの見やすさも最高レベル(アマゾンギフト券によるキャッシュバックもあり、私は断然オススメです)• ・・・言わずと知れた有名ふるさと納税サイト• ・・・使いやすいサイトで、肉やお米などが目当てであれば十分なサイト ふるさと納税は国民の権利 ふるさと納税は、住宅ローン控除やすまい給付金と同じく、国民全員が持つ権利です。 お役所さんはこういう素敵な制度を進んで教えてくれることはありません。 残念ながら自分たちに有利な制度はしれっとそこに置いてあるだけなので、自分で調べて自分できちんと使い、自分で申請するしか使う方法がないのです。 ふるさと納税ももちろん、納税するだけでなく確定申告をする必要があるわけですが、ふるなびで納税したものは全て履歴に残りますので、送られてくる納税証明書と照らし合わせて簡単に確認出来ます。 そしてきちんと申告すれば、めでたく2000円の自己負担で多くの名産品をもらうことが出来るわけですね。 昨年、やるべきとは思いつつも重い腰が上がらなかった私ですが、やらなきゃ損ではなく、大損と思い、実際に今年は動きました。 そして動いてしまえばとても簡単なことだと気付いたわけです。 少しでもふるさと納税に興味があったり、迷っている人は1回・・・たった1回だけでいいので少し頑張ってみましょう。 悩んでいたのがばかばかしくなるくらい簡単ですから。 ふるなびへの登録が私は断然オススメですが、他も自分も目で調べてみたいという方は色々と見に行ってみて下さい。 見るだけでも面白いですし、まずは楽しむことが大事ですから。 2018年の収入に応じたふるさと納税は2018年内であればいつでも出来ます。 駆け込みギリギリでも年内であれば2018年の納税が出来ますので頑張ってみましょう。 まとめ いかがだったでしょうか。 ふるさと納税ってめんどくさそうという意見は昨年までの私を含め非常に多いと思います。 だからと言って利用しなければ、自分の権利を放棄し続けることになります。 今後も続くものですから是非この機会に試してみて下さい。

次の

ふるなびの使い方、ふるさと納税をして返礼品をもらって節税するまで

ふるなび やり方

1.1分で分かる!ふるさと納税のメリットと流れ ふるさと納税は、自己負担2,000円で自治体から豪華な特産品などをもらうことができるお得な制度です。 どういうことなのか、簡単にご説明しましょう。 ふるさと納税制度を導入している自治体の多くは、ふるさと納税を受けたお礼の品(=「返礼品」)として、特産物などの豪華な品を用意しており、ふるさと納税制度を利用する方はふるさと納税を行う自治体を選ぶ(=好きな返礼品を選ぶ)ことができます。 また、ふるさと納税として支払ったお金は「寄附」とみなされ、寄付した額から2,000円を差し引いた分だけ、・が安くなります。 つまり、実質2,000円の自己負担額で、豪華な返礼品を受け取れるのがふるさと納税の大きなメリットなのです。 ちなみに、この税金が安くなることを「控除」といいます。 ふるさと納税で控除される金額には上限が定められており、所得や配偶者・扶養家族の有無などによって異なるので注意しておきましょう。 【ふるさと納税の例】 ふるさと納税を行う自治体をどこにするかは、自分がどのような返礼品が欲しいかで選びましょう。 年内に決済が完了すれば、今年の所得にかかる税の控除に間に合います。 まずはおすすめふるさと納税サイトで気になる返礼品を探してみてください。 2.税理士直伝!ふるさと納税の詳しいやり方 それでは早速、ふるさと納税のやり方を詳しくご説明いたします。 複雑な工程は一切ないので、初めてだという方でも気軽に行えます。 まず、ふるさと納税サイトで気になる返礼品があるか探してみましょう。 「ふるさと」と付いていますが、住んだことのない地域であっても、ふるさと納税は行うことができます。 ただしごく一部の自治体においては、居住者に対しては返礼品を贈らないとしているところもあるため事前に確認が必要です。 STEP1. 自分がふるさと納税できる上限額を知る ふるさと納税を行うと、 寄付金額から2,000円を差し引いた額を所得税・住民税から控除することができます。 ただし、ふるさと納税で控除できる額には上限が設けられています。 上限額は家族構成や年収によって変わるため、一概にいくらといえるものではなく、自分で計算を行うのは大変です。 ふるさと納税サイトでは、年収や配偶者・扶養家族の有無を入力すると上限額を計算してくれるシミュレーターが提供されています。 簡単に自分の上限額を知ることができるので、ぜひ利用してみてください。 STEP2. ふるさと納税サイトで欲しい返礼品を調べる 控除の上限額が分かったら、いよいよ自分の欲しい返礼品を探してみましょう。 ふるさと納税の返礼品として受け取ることができるのは、原則としてその自治体の「地場産品」、つまりその土地で生産されたり獲れたりするものです。 お肉や海産物、お酒、お菓子、名物料理、工芸品など、さまざまな特産品が用意されています。 また、電化製品や温泉宿の宿泊権といったものもあります。 多数の返礼品のなかから、自分が欲しいものを選ぶことができます。 ふるさと納税で納めるお金は、その使い道を指定することができるので、自治体の取り組みを応援したい、災害復興を支援したい、といった目的から探してみるのも良いでしょう。 それぞれの自治体について調べるのは大変なので、 ふるさと納税サイトで検索するのがおすすめです。 返礼品の人気ランキングを確認したり、ジャンル・地域・金額ごとに返礼品を検索したりすることができます。 日本全国のさまざまな自治体がふるさと納税制度を導入しているので、きっと心惹かれる返礼品に出会えるはずです。 STEP3. ふるさと納税サイトから申し込む 気になる自治体が見つかったら、実際にふるさと納税サイトから申し込みます。 魅力的な返礼品が多く迷ってしまうかもしれませんが、 5自治体以内であれば確定申告が要らない場合があるため、できれば数は絞っておきましょう。 ふるさと納税には、確定申告が必要な通常の方法と、確定申告が不要な「ワンストップ特例制度」があります。 会社員・公務員などの給与所得者の方は、確定申告の必要なく住民税が控除されるワンストップ特例制度の利用がおすすめです。 ワンストップ特例制度を利用できるのは、以下の2点に当てはまる方です。 〈ワンストップ特例制度利用の条件〉• ふるさと納税以外の確定申告が不要な給与所得者である• 1年間(1月〜12月)でふるさと納税を行った自治体が5つ以内である これらに当てはまらない方は、確定申告が必要になります。 詳しくは後ほどご説明します。 ワンストップ特例制度を利用する場合は、ふるさと納税の申し込みを行う際に「特例制度申請書」の送付を希望します。 ふるさと納税サイトの返礼品の詳細ページから、チェックボックスなどで簡単に希望を伝えることができます。 STEP4. 返礼品と必要書類を受け取る 返礼品を受け取るのは、ふるさと納税の醍醐味ですよね。 発送までの日時は、利用したふるさと納税サイトの詳細ページで確認できるでしょう。 また、返礼品とは別に、ふるさと納税の申し込みから2週間〜2カ月で「寄附金受領証明書」や「特例制度申請書」が送られてきます。 発送のタイミングは自治体によって異なるので注意が必要です。 自治体によってはインターネット上からダウンロードしなければならない場合もあるため、申し込みの際に確認しておきましょう。 「特例制度申請書」は各ふるさと納税サイトからもダウンロードできます。 STEP5. 控除・還付の手続きをする ふるさと納税をして控除や還付を受けるためには、ここが最も重要なポイントです。 せっかくふるさと納税を行っても控除・還付の手続きを忘れてしまうと、高いお金を支払って返礼品を買っただけになってしまいます。 ふるさと納税は、寄附を行った人と、寄附を受けた自治体とのやりとりです。 しかし、ふるさと納税を行ったことで控除される住民税は居住する自治体が、還付される所得税は税務署が集めています。 そのため、所定の手続きを通じてふるさと納税を行った旨を本来納税すべき機関に伝えなくてはなりません。 手続きには2種類の方法があり、 会社員・公務員などの確定申告が不要な方はワンストップ特例制度を利用し、 自営業などそれ以外の方は確定申告を行うことになります。 ワンストップ特例制度を利用する人(会社員・公務員など) 会社員・公務員など、確定申告の必要がない給与所得者の方は、ワンストップ特例制度を利用して簡単に控除を受けることができます。 ワンストップ特例制度とは、 ふるさと納税の利用者が自治体から送られてきた申請書を返送すると、ふるさと納税を行った自治体から居住地へその旨が伝わって住民税の控除が行われる制度のことです。 ワンストップ特例制度を利用する方の手続きは、非常に簡単です。 【ワンストップ特例制度】• ワンストップ特例制度の利用申請書• マイナンバーカードもしくはマイナンバー通知カード+本人確認書類 特例制度申請書を作成 ワンストップ特例制度の「特例制度申請書」を記入します。 申請書が自治体から郵送されてくる場合、発送時期は自治体によって異なり、一般的には2週間〜2カ月で手元に届きます。 特例制度申請書を自治体からもらいそびれた場合には、ふるさと納税サイトからダウンロードすることも可能です( )。 記入はごく簡単で、住所・氏名、ふるさと納税を行った日時と金額などの情報を指示のとおりに埋めていくだけの数分で済む作業です。 ふるさと納税した自治体に送付 記入した特例制度申請書にマイナンバーカードのコピーもしくはマイナンバー通知カードと本人確認書類のコピーを添えて ふるさと納税を行った自治体に翌年1月10日までに返送します。 ワンストップ特例制度を利用する場合の手続きは、たったこれだけです。 とても簡単ですよね。 なお、ワンストップ特例制度は、ふるさと納税を行った自治体が5つ以内であったときのみ利用できます。 2〜5自治体にふるさと納税を行った場合には全ての自治体に申請書を送付する必要があるため注意が必要です。 ワンストップ特例制度を利用した場合は、住民税から控除が行われます。 翌年6月に居住中の自治体から住民税の控除通知が届きますよ。 確定申告を行う人(自営業・副業がある人など) 自営業や副業をしていて給与の支払い元が複数あるなどの理由で確定申告を行う方は、ふるさと納税による控除・還付のための申請も確定申告時に同時に行います。 寄附金受領証明書• 源泉徴収票• 還付金受け取り用の口座番号• マイナンバーカードもしくはマイナンバー通知カード• 身分証明書(e-Taxを利用する場合は不要)• 印鑑(e-Taxを利用する場合は不要) 通常の確定申告に必要な書類に加えて必要になるものは、ふるさと納税を行った自治体から送られてくる「寄附金受領証明書」のみです。 送付時期は自治体によって異なり、申し込みから2週間〜2カ月で手元に届きます。 確定申告書作成 ふるさと納税をした翌年の2月半ば〜3月半ばに確定申告を行います。 確定申告の日程は毎年数日前後しますが、2020年の確定申告は2月17日〜4月16日です。 確定申告には3つの方法があります。 手書きで確定申告書を作成し、郵送あるいは持参して提出する場合• PCで確定申告書を作成し、郵送あるいは持参して提出する場合• PCで確定申告書を作成し、インターネット経由で提出する場合(e-Tax・電子申告) 確定申告書の「適用を受ける控除」の項目で「寄附金控除」としてふるさと納税を行った旨を所定のとおりに記載してください。 PCの操作に慣れている方であればPCで確定申告書を作成するのが便利でしょう。 国税庁のHPで作ることができます。 確定申告書提出 作成した書類を郵送あるいは持参、もしくはネット上から提出すれば手続きは完了です。 住民税が控除されるワンステップ特例制度を利用した場合と異なり、 確定申告を行った場合は住民税の控除と所得税の還付が行われます。 医療費や住宅ローンなど、別種の控除を受けている場合には控除額が減ってしまう場合もあるため注意が必要です。 会計ソフトを使うという方法も 会計ソフトを使えば簡単にふるさと納税も含めた確定申告申告書を作成することができます。 特にfreeeであればスマホから確定申告書の作成まで行えるため、大変便利です。 以下の記事で詳しく解説しています。 自分の欲しい返礼品が見つかれば、ふるさと納税を行ってまず損はありません。 以下の3サイトを利用すれば、きっと心惹かれる返礼品に出会えるはずです。 サイトのデザインは、 楽天市場ユーザーにとっては見慣れたものです。 普段から利用している楽天市場と同様の操作で、手軽にふるさと納税を行うことができます。 また、楽天株式会社の提供するサービスであるため、 楽天ポイントを貯めることができます。 楽天ポイントには1ポイント1円相当の価値があるため、豪華な返礼品を受け取ることができるだけでなく、貯まったポイントの分だけさらにお得になります。 また 参加自治体数も725と多いので、欲しい返礼品にきっと出会うことができます。 あの楽天が運営するふるさと納税サイトなので 安心感もあり、提携自治体数も多く、またポイント還元が圧倒的お得なので、楽天ユーザーにもそうでない人にも一番おすすめできます。 さとふるはお笑い芸人「東京03」を起用したCMでもお馴染みですね。 返礼品の発送が迅速で、最短1週間で届くのが大きな特徴の一つです。 また、サイトデザインが非常に見やすく、例えば検索タブに「北海道」と打ち込むだけで北海道の人気の返礼品や参加している道内の自治体がサジェスト表示される仕様になっています。 欲しい返礼品を見つけやすいのも嬉しいポイントです。 クレジットカード決済だけでなく、携帯電話料金と合わせて支払うことのできるキャリア決済やコンビニ支払い、銀行決済(Pay-easy)にも対応しており、 自分の便利な方法で支払いが行えます。 参加自治体数は325と、楽天ふるさと納税やさとふるに比べれば少ないものの、 家電や商品券など、少々変わった返礼品を提供している自治体の参加が多く、他のサイトでは出会えない返礼品に出会えるのが大きな特徴です。 また、 ふるさと納税を行うとAmazonギフト券などがもらえるキャンペーンを頻繁に開催しており、返礼品を受け取れるのに加えてさらに得することができてしまいます。 キャンペーンがいつやっているのか、要チェックです。 確定申告が必要な方は、いつもの確定申告の際に寄附控除としてふるさと納税を行った旨の申告を行うだけです。 税金が控除され、たった2,000円の自己負担金でさまざまな自治体の豪華な返礼品を受け取ることができるふるさと納税はとてもお得な制度ですよね。 まずはふるさと納税サイトにアクセスして、素敵な返礼品を探してみましょう。

次の

ふるなび

ふるなび やり方

「ふるなび」を使っていない人は、もらえたはずのamazonギフト券コードをもらい損ねています• かしこく「ふるなび」を使った人は、有効期限内に忘れずに受け取り(コードの発行)をしましょう 「ふるなび」を使っていなかった人は、まずは「ふるなび」で返礼品を探して寄付するようにしましょう。 同じ自治体に寄付して同じ返礼品をもらうのであれば、追加でamazonギフト券コードをもらって、少しでもお得に納税するべきでしょう。 そんな「ふるなび」で寄附した人は、ちゃんと忘れずにamazonギフト券コードの受け取りをしましょう。 受け取りには有効期限があるので注意してください( 寄附した月から8か月後までが受け取り期限です)。 「ふるなび」でamazonギフト券コードを受け取る方法 amazonギフト券コードの受け取りは、「ふるなび」にログインした後のマイページから行います。 マイページの右サイドメニューに「Amazonギフト券コードを確認する」の見出しがあるので、そこから確認したい内容を選択します。 実際に確認するのは「たまるモール by ふるなび」のページですが、「ふるなび」と同じアカウントなので会員登録などは不要です。 確認できるのは下記のメニューですが、まずは「発行可能額」で自分のAmazonギフト券コードの状況を確認しましょう。 発行可能額• 発行予定• 発行済み履歴• たまるモール お申込み状況 すると、現時点で 「発行可能な金額」が分かるので、金額と一緒に 「発行期限」も確認してください。 発行し忘れて失効しないように、その場で発行してしまうのが一番です。 「ふるなび」からのamazonギフト券コードは、「寄附した2ヶ月後」から発行できるようになり、「発行できるようになった月の6ヶ月後」が発行できる期限です。 「amazonギフト券コードを発行する」のボタンから発行手続きに進めますが、本人認証が終わっていない(または前回の認証から1年以上経過している)場合は 「本人認証を行う」を終える必要があります。 本人認証は電話番号へのSMS(ショートメッセージ)とメールアドレスに認証番号が送られるので、それを画面に入力することで完了します(SMS認証・メールアドレス認証の順番です)。 本人認証が無事に終わると「Amazonギフト券コードを発行する」のボタンがアクティブ化するので、このボタンを押せばコードが発行されます。 ちなみに、 押した瞬間に発行完了です。 確認画面はありません。 発行の完了画面に「通常1~2日後」と書かれているとおり、 Amazonギフト券コードは即時で送られるわけではありません。 私のメールボックスを見る限り、全て 申請した翌日にメールが届いていました。 ここからはアマゾンのサイトに遷移して、Amazonギフト券コードを入力して受け取ります。 これで受け取りまでの流れは終了です。 繰り返しになりますが、「ふるなび」からもらえるAmazonギフト券コードは 「寄附した月から8ヶ月後まで」が発行できる期限です。 発行できるようになったときにメールが届くので、それを見落とさないようにしましょう(リマインドのメールがあるのかは知りません)。 そのため、 今後の発行予定もチェックしておくことをオススメします。 ふるさと納税を年末まで待っていた人も多いと思うので、2020年も年末まで寄附を待っていたりすると、 知らないうちにAmazonギフト券コードが失効しているということにもなりかねません。 お得な「ふるさと納税」は2019年6月に事実上終了しました 静岡県小山町のamazonギフト券や大阪府泉佐野市の「さのちょく」など、総務大臣が激怒のコメントまで発表して世間を騒がせていましたが、2019年6月の改正地方税法で 「3割超の高還元率・地場産品以外の返礼品」の面白くない「ふるさと納税」になってしまいました。 2018年度に逃げ切った静岡県小山町や最後まで頑張った泉佐野市が一番得をして、ふるさと納税利用者や利用者から見た優良自治体が割を食う事態に陥っています。 もはや成立・施行してしまった法律は巻き戻せないので、これからは 「還元率3割以内・地場産品に限定」の返礼品を前提に、少しでも得できそうな返礼品を探して寄付先を考えるしかないでしょう。 消えていった三条市や高野町は自治体から取り下げの事前アナウンスがありましたが、 予告なく返礼品がリストから消えるのが通常です。 少しでもお得な商品が掲載されているのを見つけたときは、掲載されているうち手に入れることをオススメします。

次の